明日ちゃんのセーラー服のアニメ動画を全話無料フル視聴する方法!見逃し配信サービスまとめ

引用元:U-NEXT

\明日ちゃんのセーラー服を無料視聴するならココ!/

配信サービス 配信状況 無料期間とポイント 月額料金
danimedアニメストア
見放題
地上波同時・単独最速配信
31日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
440円

※月額料金は全て税込。2022年2月時点。

 

放送 2022年1月8日~
地上波ch TOKYO MX など
放送日 毎週土曜日24 時30分~
話数 放送中
制作会社 CloverWorks
監督 黒木美幸
登場人物:声優 明日小路:村上まなつ/木崎江利花:雨宮 天/兎原透子:鬼頭明里/古城智乃:若山詩音/谷川 景:関根明良/鷲尾 瞳:石上静香/水上りり:石川由依/平岩蛍:麻倉もも/四条璃生奈:田所あずさ/神黙根子:伊東美来/龍守逢:伊瀬茉莉也/峠口鮎美:三上枝織/虹森生静:神戸光歩/苗代靖子:本渡楓/戸鹿野舞衣:白石晴香/大熊実:小原好美
主題歌 オープニングテーマop「はじまりのセツナ」蠟梅学園中等部1年3組

エンディングテーマed「Baton」明日小路(CV.村上まなつ)

第四話エンディングテーマed「風にまかせて」明日小路(CV.村上まなつ)

公式サイト TVアニメ「明日ちゃんのセーラー服」|公式サイト
シリーズ/関連作品 原作漫画:博 となりのヤングジャンプ(集英社)

明日ちゃんのセーラー服のあらすじ

明日小路(あけび こみち)は幼い頃からセーラー服に憧れ、中学入学時には母・優和にセーラー服を作ってもらった。母の母校である蠟梅(ろうばい)学園中等部に入学が決まり、自作の制服が着られると喜んでいたが、入学してみると、蠟梅の制服はセーラー服ではなく、ブレザーに変わっていることに驚かされる。しかし、校長先生の計らいで、セーラー服の着用を許される。思春期を迎え、葛藤しながらも、多くの仲間と出会い、楽しい学校生活を送る。

 

TVアニメ[明日ちゃんのセーラー服]PV

明日ちゃんのセーラー服の動画を無料視聴できる配信サイト比較一覧

\明日ちゃんのセーラー服を配信中のおすすめサービス!/

配信サービス 配信状況 無料期間とポイント 月額料金
danimedアニメストア
見放題
最速配信
31日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
440円
unextU-NEXT 見放題
31日間無料
600ポイント今すぐ視聴
2,189円
fodFODプレミアム 見放題
14日間無料
900ポイント今すぐ視聴
976円
abemaABEMA
 見放題
14日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
960円
huluHulu
 見放題
14日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
1,026円
primevideoAmazonプライムビデオ
 見放題
30日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
500円
telasaTELASA
 見放題
15日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
618円
musicjpmusic.jp

見放題

30日間無料
1,600ポイント今すぐ視聴
1,958円
netflixNetflix 未配信
無料期間なし
ポイントなし未配信
990円
paraviParavi

未配信

14日間無料
ポイントなし未配信
1,017円
dtvdTV

未配信

31日間無料
ポイントなし未配信
550円
crankinクランクイン!ビデオ

未配信

無料期間なし
3000ポイント未配信
990円
tsutayaTSUTAYA DISCAS

未配信

30日間無料
ポイントなし未配信
2,052円

※月額料金は全て税込。また付与されるポイントは無料期間中のものになります。

 

dアニメストアお試し期間を利用すれば[明日ちゃんのセーラー服]の動画を全話無料視聴できます。

明日ちゃんのセーラー服のアニメもですがdアニメストアは先行配信が多く、おすすめの配信サービスです。

dアニメストアの特長一覧表
dアニメストアの特長一覧表

danime 月額料金:440円(無料期間終了後に課金開始)
無料期間:31日間
解約料金:0円
アニメ専門の動画配信サービス
アニメ作品数:約4,200作品以上
【dアニメストアの5つの特⻑】

    • アニメに特化したの動画配信サービスで、アニメの見放題数は業界1位
    • 月額料金が安い!
    • ダウンロードして場所を問わずアニメが楽しめる!
    • アニソンライブの配信も多い
    • 新作アニメの独占先行配信も多い!

 

明日ちゃんのセーラー服のアニメ動画をYouTubeなどの動画共有サイトで視聴する方法は?

YouTubeなどを含む海外の動画共有サイトでは非公式に明日ちゃんのセーラー服が配信されていて無料で視聴できる動画もありますが、画質が悪かったり、余計な広告が出てくる場合もあります。

注意:海外の動画共有サイトからアニメをダウンロードしたり視聴する方法は違法で危険!

海外の動画共有サイトを利用してアニメを視聴する方法はウィルスに感染するなどのリスクは当然つきまといます。

さらに2020年から法律が厳しくなったので海外の動画共有サイトを利用してアニメを視聴していると違法になり処罰される可能性が高くなります。

なので動画配信サービスの無料のお試し期間やポイントを利用して安全に安心して、全話無料でフル視聴しましょう!

明日ちゃんのセーラー服はdアニメストアであれば通常、月額440円ですが登録して最初の1ヶ月は完全無料で全話フル視聴ができるのでおすすめです!

 

\登録はこちらから!/

dアニメストアで「明日ちゃんのセーラー服」の動画を無料視聴する

明日ちゃんのセーラー服の登場人物の紹介

明日小路
声優 :村上まなつ

幼い頃からセーラー服に憧れ、入学式には母親にセーラー服のレプリカを作ってもらう。入学式、他の生徒がブレザー姿の中、セーラー服(雄和が在学していた頃の蝋梅学園の制服)であることに違和感を覚える。しかし、こみちは校長からセーラー服の着用を許可され、クラスでただ一人、オリジナルの制服を着ることになる。新しい学校で、何人もの友だちを作りながら、青春を過ごす。

 

木崎江利花(きざき えりか)
声優: 雨宮 天

出席番号5番。
こみちが初めて出会ったクラスメイト。
お嬢様のような外見だが、釣りや山登りが好きなアクティブな一面もある。

 

兎原透子(うさぎはら とうこ)
声優 :鬼頭明里

出席番号2番。
コミュニケーション能力が高く、明るい性格の持ち主。
クラスメイトの噂をたくさん知っている。

 

古城智乃(こじょう ともこ)
声優:若山詩音

出席番号6番。
物静かで優しい性格で、読書が好き。
こみちのハンカチを借りたことがきっかけで、こみちと話すようになった。

 

谷川 景(たにがわ けい)
声優 :関根明良

出席番号9番。
名門・楼白学園の入試に合格した秀才。
こみちとの出会いをきっかけに、自撮りに興味を持つようになる。

 

鷲尾 瞳(わしお ひとみ)
声優 :石上静香

出席番号16番。
クラス一の長身で、すでにバレーボール部員として将来を嘱望されている。

 

水上りり(みなかみ りり)
声優 :石川由依

出席番号13番。
水泳が得意で、関西弁で話す。
クラスではあまり喋らないが、こみちとは話しやすいようだ。

 

平岩蛍(ひらいわ ほたる)
声優 :麻倉もも

出席番号14番。
クラスで一番体が小さく、現れたり消えたりする不思議な少女。

 

四条璃生奈(しじょう りおな)
声優 :田所あずさ

出席番号7番。
受験勉強を始めるまでは硬式テニスをやっていた。
ある種のコンプレックスを抱えている。

 

神黙根子(かみもく ねこ)
声優 :伊東美来

出席番号4番。
いつも眠そうにしていて、授業中に居眠りをしては先生によく注意されている。

明日ちゃんのセーラー服のエピソード別あらすじ

第1話 あこがれのセーラー服

あらすじ 2022年1月8日放送
あけびこみちは、小学校を卒業したばかりの、元気で人懐っこく、運動神経抜群の女の子。私立の女子中学、楼白学園に入学が決まり、憧れの福本美紀にならってセーラー服を着るという夢もあと少しで叶いそうだ。家に帰ると、幼い頃、楼白学園に通っていた母・優和が制服を仕立ててくれていた。あけびは妹のかおとも仲が良く、もう会えなくなることを寂しがっていた。あけびと優和は生地屋を訪れ、制服に使う生地を選ぶ。家に帰ると、あけびは優和が制服に集中できるようにと、嬉々として家事をこなしていた。その夜、あけびの父・佐藤から電話があり、来月中に家族を訪ねるために仕事を終わらせるようにと言われる。前夜、ついに制服が完成し、あけびを喜ばせる雄和。しかし、翌日の入学式で、あけびは自分だけがセーラー服で、他の学生はブレザーを着ていることに気づく。校長と打ち合わせをしたところ、こみちの家への連絡不足と、かつて雄和が在学していた頃にセーラー服を着ていたことから、あけびの希望で制服の着用を認めることになる。恥ずかしくなったあけびは、ブレザーの制服に切り替えようとするが、花王は「自分に正直に、恥ずかしくないように」と説得する。そんなわけで、あけびは1日目からセーラー服を着ることになる。早朝に到着したあけびは、自分一人しかいないと思っていた。しかし、先に到着していた別の女の子も変わった癖があることを知り、あけびはすぐにその女の子と仲良くなる。

 

第2話 また明日

あらすじ 2022年1月15日放送
最初の自己紹介。初めての給食。クラスメートがいない小学校生活を送ってきたこみちにとって、すべてが新鮮で楽しい体験だった。
そして、同級生の木崎えりか、兎原徹子、古城智乃と一緒に給食を食べていると、校内放送から福本美希の声が聞こえてきた。
そのことから、こみちが美樹を慕っていることを知った灯子は、口紅を渡した後に美樹のMVを真似してほしいと頼むのだが..

第3話 部活はもう決めた?

あらすじ 2022年1月22日放送
体育の時間、あけびは裸足でかけっこをし、見事1位を獲得する。そんなあけびの才能を見抜いた3人の先輩が、ホームルームの時間にあけびの教室にやってきて、それぞれの部活に誘う。決めかねているあけびに、谷川は「部員募集はまた今度」と言う。校内着に着替えると、あけびは谷川に自分の脚が好きだと言い、もっと脚を見せてほしいと頼む。恥ずかしかったが、谷川はそれを断り、あけびに早く部活を決めるようにとアドバイスする。その日、帰り際、楽しそうに踊るあけびを見た谷川は、何を聴いていたのか尋ねる。あけびはイヤホンを貸してくれ、二人は美樹のソロデビュー曲を聴く。あけびは再び谷川に、自分の脚がきれいだと思うので写真を撮ってほしいと頼む。帰り道、谷川はあけびの大胆さと人懐っこさに内心感心する。谷川は、あけびへの思いを胸に、あけびの脚の写真を1枚撮る。しかし、気がつけば、あけびとの軽いセクスティングに発展し、その場の勢いで何枚も写真を撮ってしまう。しかし、あけびに写真を送るかどうか迷っていると、母親がやってきて驚き、間違えてあけびに写真を送ってしまう。ショックを受けたあけびは、メールでその写真を誰にも見せないことを約束し、彼女の写真の腕前を褒め称える。翌日、あけびは、どのクラブを選ぶか迷いながら、古城と一緒にいろいろなクラブを回る。しかし、雨が降り出し、あけびもコジョーもずぶ濡れになってしまい、小屋の下に避難することになる。そこでコジョーはあけびを乾かし、寒さをしのぐためにブレザーを貸してやる。ポケットの中には、文芸部に持っていく予定だったという小城の本があった。小城はあけびに「読んでほしい」と言うと、あけびは登場人物の物まねをして喜んで読む。読みながら小城はあけびに近づき、その肩で眠ってしまう。雨も上がり、あけびの膝の上で目を覚ました小城は、あけびが眼鏡をかけようとするところを目撃してしまう。帰り道、同じようにあけびのことが好きになった小城は、あけびの朗読に感謝の気持ちを伝える。翌日、谷川は自分が写真部を、あけびは小城の勧めで演劇部を選んだことを明かす。

 

第4話 私のイメージ?

あらすじ 2022年1月29日放送
谷川は、写真部が制作している「友達」のパンフレットのモデルをあけびちゃんに依頼する。谷川は、あけびの “自然体 “を撮りたいのだと説明する。あけびは部活の会長に許可をもらい、ポーズをとることを谷川に伝える。校内を歩き回りながら、谷川はそれぞれの部活で活躍する友人たちを撮影する。彼女もあけびも、彼らがやっているスポーツの実力に感心していた。谷川はあけびにポーズをとるように頼む。しかし、どんどんかわいいポーズをとる彼女を撮影し、ついには近づきすぎてあけびを困らせる。帰り道、谷川があけびの労をねぎらうと、突然、流れ球が二人に当たりそうになる。駆けつけてきた兎原とうこは、深く謝罪する。しかし、野球のボールであけびのユニフォームに泥がついたため、兎原はあけびと谷川に、自分の寮で洗濯をするように勧める。あけびと谷川は、放課後、家以外の場所に行くのはこれが初めてだと嬉しそうに振り返る。寮に着いた二人は、兎原に自分の部屋に連れて行かれる。洗濯中のあけびにワンピースを着せ、その新しい姿に谷川は驚く。宇佐木原は彼女たちのためにお菓子を作ることを提案し、その腕前は驚くほどだった。お菓子を食べているうちに、他の女の子たちが兎原の家にやってきて、あけびは、もうこんなに友達がいるんだと感心する。そして、あけびは料理に挑戦するが、兎原の指導のもと、うまくいかない。セーラー服の洗濯が終わり、それを着たあけびは、再び谷川とそのカメラに追われることになる。帰り際、谷川はあけびに、自分が撮った写真には「素直で正直なあけび」が写っていると言う。家に帰り、あけびは花王と一緒に谷川の完成したパンフレットのページをめくる。そこには、あけびの写真と友人たちの写真が掲載されていた。

 

第5話 いっぱい知りたいなって

あらすじ 2022年2月5日放送
あけびの教室の同級生、大熊稔は、昆虫、両生類、爬虫類が大好きで、寮の近くの森を彷徨っている。あけびちゃんとその妹を見つけ、遠くから見とれている。あけびがクラスに紹介された日のことをよく覚えており、あけびが昆虫に囲まれても平気なことを知った。ある日、学校の廊下にネズミヘビが現れ、周囲は怖くて近寄れない。大熊はその蛇を平然と拾ってしまう。大隈が蛇を拾ってくると、あけびも一緒に森へ蛇を放しに行く。アケビは大隈の生物に対する造詣の深さに感心する。大熊は、毎日見ている生き物の情報を記録している調査手帳を明美に見せる。あけびは、初めて同級生ができたことに感動し、自分も同級生のことをメモする手帳を持っていることを話す。二人は、一緒にクラスメートを調査することに同意する。まず自動販売機の近くに隠れたふたりは、小さな同級生、平岩蛍が自販機の上のほうにある商品に手を伸ばそうと奮闘しているのを目撃する。あけびは彼女を手の届くところまで持ち上げ、平岩はあけびに感謝する。大隈は、平岩が自分で取れるかどうかを確かめたかったのだ、と明美を叱咤する。二人はその日一日、クラスメイトを観察し続け、何度も気まずい思いをする。そんな中、大熊はあけびを観察している女子に気づき、後を追うことにする。その女子生徒、峠口あゆみは、現在あけびのハンカチを所持しており、あけびと直接話ができないことを理由に屋上でバケツに悲鳴をあげていた。あけびと大熊はそこで彼女を見つけ、あけびは自分のハンカチを認識し、峠口に突撃する。灯衣口は、あけびから渡された日のことを思い出す。受験当日、不安でたまらない峠口は、トイレでストレス解消の薬を飲み、気持ちを落ち着かせる。そんなとき、あけびを見つけ、手を乾かすためにハンカチをもらう。しかし、試験会場に呼ばれたあけびは、峠口に「また会ったら返してね」と言い残し、出かけてしまう。現在に戻り、あけびは峠口に抱きつき、かつての少女の正体を知る。ようやく話せてよかったと峠口に言うと、峠口は喜んで帰っていく。森の中を歩いていたあけびは、大隈にお礼を言う。惚れ込んだ大隈は、またいつか昆虫観察をしてくれないかと頼み、あけびはそれを承諾し、彼女を抱きしめる。

 

第6話 明日、お休みじゃないですか

あらすじ 2022年2月12日放送
ここ数日降り続く雨で、あけびの家も何度も雨漏りしている。自信満々のあけびは、花王に友人を家に呼びたいと申し出る。しかし、今は一人しか呼べないことを説明し、木崎を呼ぶことにする。あけびと花王は、あけびの部屋を掃除し、木崎が来るための準備をする。しかし、あけびは木崎を誘うことができず、学校中をうろつきまわっていた。金曜日。木崎はついに、いつもより自分を観察していることに気づいたと明美に告げ、何か言いたいことはないかと尋ねる。明美は、自分の家のことを指して、雨漏りのする家に行ってもいいかと聞く。しかし、その問いかけに木崎は不満げな表情を浮かべる。まだ聞きたいことがあるようなので、図書館に誘って話をする。そこで明美は、木崎を家に誘うことはできないが、翌日、木崎が初めて釣りに行くことを約束し、2人は喜ぶ。翌日、釣り道具を揃えて早めにやってきた木崎は、水に慣れるためにウェーダーを履いて海に入ることにする。そこに現れたあけびは、木崎を助けるために湖に飛び込み、泳ぎが得意なことを証明する。二人は誤解を解き、釣りを始める。木崎は、米粒を糸に見立てた棒だけで2匹の小魚を釣り上げたあけびに感動し、以前鳥が魚を捕るのを見た場所に糸を投げようとする。あけびは、釣竿を正しく調整してルアーを打ち出すのを手伝うが、うまく投げた後、ルアーが木の枝に引っかかってしまう。木崎が取りに行くと、魚が木崎の糸に引っかかっていた。アケビが飛び込んできて魚を捕らえ、二人は喜び合う。岸に上がったふたりは写真やビデオを撮り、魚を湖に放つ。木崎は、あけびが着替えのために自分の家を提供し、あけびの家が湖まで歩いてきたときに見た家であることに気づく。木崎は、あけびの家が湖まで歩いてきたときに見た家であることに気づく。一緒にお風呂に入りながら、あけびは、もう木崎を名前で呼べるようになった自分の家族に嫉妬する。木崎は、自分の代わりに髪を乾かしてくれるあけびの無欲さに気づく。木崎は花王に、姉のどんなところが好きなのかを聞くが、花王と母は代わりにあけびの恥ずかしいビデオを見せ、花王を激怒させる。雄和の運転で木崎の家へ向かった一同は、木崎から早く帰りたいという言葉をかけられる。木崎はあけびを「こみちさん」と呼び、これからは「エリカ」と呼んでほしいと懇願し、あけびを喜ばせる。家に帰ったあけびは、ベッドでその日の写真やビデオを嬉しそうに見ている。

 

第7話 聴かせてください

あらすじ 2022年2月19日放送
教室で2人きりになったとき、あけびは木崎に、湖で撮った写真を父親に見せたら、木崎の手がきれいだと言われたことを話す。あけびは木崎に、木崎がバイオリンを弾けるからだと父親に言ったと話し、木崎が楽器を弾けるようになったことを褒め称える。同じクラスの女子生徒がエレキギターで遊んでいるのを聞いていた押津蛇森は、エレキギターが好きだと言う。音楽雑誌を読んでいたところ、あけびが彼女を見つける。その雑誌に目をとめたあけびは、蛇森に楽器を弾けるかと聞く。弾けないと答える蛇森だったが、あけびのキラキラした目を見て、ギターを弾けると答える。あけびは、彼女の演奏を聴いてみたいと言い、蛇森はそれを受け入れる。楽譜の読み方がわからないと言いながら、家路につく。寮に着くと、父のギターの弦を数本引き、独学で弾き始める。学校では、バスケの練習後に演劇部の部長と発声練習をしているあけびを、同室の戸叶麻衣が見つける。演劇の練習をしていると言うあけびは、トガノに、蛇森がギターを弾いているのを聞いたことがあるか、と聞く。部屋に戻ったトガノは、ヘビモリにチェッカーゲームを誘われる。戸叶は、あけびがギターを聴きたがっていると蛇森に話すが、蛇森は学校の勉強についていけず、ギターの弦を切ってしまったと言う。トガノは、「何事も始めてすぐに身につくものではない」と励ます。翌日、部活に励む同級生たちを見て、戸叶の言葉を理解する。自室に戻ると、戸叶はバスケットボールをする自分の姿を見せ、練習を続けるよう勧める。元気を取り戻した碧森は、弦を直して毎日練習を続け、自分の知っている曲を独学で勉強する。ある日、学校でついにあけびを誘い、音楽室までついてくる。その直前、部屋のドアが開く音がして、グランドピアノの下に隠れる。その人は木崎といい、座ってピアノを弾き、あけびと蛇森を喜ばせる。そこに別の少女が入ってきて、木崎は驚き、怒る。そんな木崎を見たことがなかったので、あけびは悲しみに暮れるが、彼女のピアノの腕前を褒める。木崎の演奏についていけないと思っている、と説明する。しかし、あけびは「それでも聴きたい」と引き止める。ヘビモリは見事に演奏し、歌い上げ、アケビを喜ばせ、スタンディングオベーションをさせる。部屋に戻った蛇森は練習を続け、次回はもっといい演奏を明美に聞かせようと戸叶に話す。

 

第8話 次は勝ちたい

あらすじ 2022年2月26日放送
試験の結果が発表され、今まで順位がつかなかったのに、学年で5位になったことを喜ぶあけび。谷川の満点に次ぐ2位に悔しがる辰森は、体育祭の運動部員を決めると言い出す。あけびは、応援団と水泳部のメンバーに選ばれる。しかし、水泳部のアンカーには、水泳部の水上莉里が選ばれてしまう。木崎は、釣りで湖を泳ぐあけびの速さを目の当たりにし、あけびもまた優れた水泳選手であると反対する。辰森は、水上とあけびでアンカーを競うことに同意する。授業後、皆神はあけびが勝ったら制服を交換すると賭けをする。あけびは緊張しながらも、それを受け入れる。帰り際、皆神に辰森が現れ、自分のしたことに腹を立てる。皆神は動じることなく、辰森に「アケビに勝ったら何かしてほしい」と告げる。帰宅したあけびは、落ち込んだまま母に事情を話す。あけびの夏服を作っていた友和は、あけびを慰め、がんばれと声をかける。レース当日、皆神とあけびはプールに到着する。辰森がホイッスルを吹き、レースが始まる。水泳部員である皆神に、あけびは追いつくことができる。全力で走るあけびに、スタンドから木崎が声援を送る。しかし、惜しくも敗退してしまう。皆神は「全速力だった」と祝福し、「ユニフォームを賭けたのは本気になってもらうためだ」と明美に説明する。二人は抱き合い、スタンドからは他の女子生徒が拍手喝采を送る。教室に戻った皆神は、成績が上がらないと部活に入れないと皆に告げる。しかし、皆神はレース前に辰森に頼んだのは、自分を助けてくれることだったと言い、辰森が作ってくれた特別な学習帳を手に取る。辰森が丁寧に作ってくれたことに驚き、お礼を言うと、辰森は顔を赤らめる。あけびは、文化祭で皆神に勝つことを目標にする。家に帰ると、雄和があけびの夏服を仕上げており、あけびはワクワクしながらそれを着ている。父親に見せると、「似合う」と言われる。あけびは喜んで、美樹の真似をして制服を着てくるくる回る。

ポストクレジットのシーンでは、花王があけびの部屋で制服を試着しています。それを見つけたあけびは、「あけびのようにかっこよく着こなせない」と悔しがります。そんな花王を、あけびは「大きくなったら似合うよ」となぐさめる。花王はマフラーだけ巻いてもらい、そのかわいらしさに大喜び。

 

第9話 せ~のっ!

あらすじ 2022年3月5日放送
あけびの教室では、文化祭に必要な資料を集めることになっている。そんなわけで、あけびがバスに乗って街に向かうと、そこにはすでに古城がいた。本を読むのに夢中になっている小城を見て、あけびは気にしないことにする。ショッピングモールに着いたふたりは、木崎と兎原と合流し、古城はあけびに声をかけなかったことを謝る。初めて見る制服姿に興奮する二人に、宇佐木原は何を買えばいいのか教えてくれる。宇佐木原は、彼女たちが買うべきものを教えてくれる。以前にもショッピングモールを訪れたことがあるあけびは、自分が彼女たちの案内役を買って出るが、宇佐木原が彼女たちを案内しているのを見て少し緊張する。当初はお祭りに必要なものを買うつもりだったが、あっという間に複数の店を回り、試着したり、遊んだり、はしゃいだりするようになる。フードコートでは、初めてハンバーガーを食べた木崎をからかう。そして、本屋に行き、木崎が気になる本を見つける。小城は、木崎が前に読んでいた本と同じものだと言い、貸してあげると言う。木崎は、幼い頃に母親からもらった手作りのしおりを愛用していることを話す。資料を持って外に出て、本を開くと、しおりがないことに気づく。しおりがないことに気がつき、商店街を探し回る。しかし、しおりはどこにもない。心を痛めた古城は、もう心配することはないと言い、4人はしぶしぶ探すのをやめる。しかし、あけびは、外の風船に結び付けられたしおりを、利用者が見つけ、見つけやすいように風船に結びつけたのを見つける。しかし、コジョーが結び目をほどくと、強い突風で風船が飛ばされ、近くの木の枝に絡まってしまう。小城はジャンプして紐をキャッチしようとするが、失敗してしまう。あけびは、風船と一緒に浮かんでいた小城の気持ちを見たのだと言い、小城を助けるために動き出す。あけび、木崎、兎原の3人が位置取りをして、小上を持ち上げて届かせようとするが、小上は届かない。あけびは、自分が上に突き上げて、落ちてくるところを受け止めると言う。小城はようやく栞を取り返すことができ、あけびはそれを受け止める。喜び勇んでバスターミナルに向かうが、雨が降り始めている。傘が1本しかない彼女たちは、雨の中でも楽しもうということになり、ずぶ濡れになりながらも楽しい時間を過ごす。雨がやむと、雲の切れ間から太陽の光が差し込む。

 

 

第10話

あらすじ 2022年3月12日放送予定
 

 

明日ちゃんのセーラー服のアニメの評判は?感想と見どころをレビュー

めおぽりさん 総合評価 10

このアニメについて、10段落のエッセイを書くつもりはない。なぜなら、私は楽しみ方や物事を単純に評価する方法を知らない、生気のないスパーグではないので、代わりに、できるだけ短い文章にする(最低500文字に達する間)。

プロットやストーリーは期待しないでください。

このアニメには若干のエッチとファンサービスがあります(何を期待してたんだ)。

CGDCTの萌えアニメであって、シェークスピアによる深い哲学的な社会批評ではないし、「筋書き」や少年漫画的な「キャラ作り」は必要ない、ただ楽しければいい、このアニメはクソ楽しい

まず、美術は原作を裏切らず、とにかく美しい。PVを見れば、アニメーションが最高品質であることは一目瞭然で、やりすぎず、正しく、ユニークに見せるための奇抜な特殊効果もなく、ただ純粋に生の品質です。

キャラクターも、こみちが主役の脇役になるのではなく、こみちとアケビがどう関わっていくのかに焦点が当てられていて、とても良い作品だと思います。また、他のSoLアニメと同様に、登場人物の性格が対照的で、それがまた面白い。

 

ソフィアさん 総合評価:2

同名の漫画から映画化された「アケビちゃんのセーラー服」は、クローバーワークスのような質の高いスタジオで制作されて今シーズンデビューしましたが、本当に無関係な内容で悲しいくらいもったいないです。

漫画との比較を考えると、特徴の質がアニメで悪くなっていること以外に違いはありません。なぜなら、作者はあまり絵が上手くないと思うし、彼の「カリカチュア」は作品自体からすると不必要にデフォルメされていて意味がないし、何があったか知りませんが、すでにあまり構成されていないものをクローバーワークスが脱構築してしまったのですから。

プロット」は、明るく優しい少女あけびこみちが、母の母校である私立学校への入学を控え、その不安を「制服を着て」友達を100人作るという「夢」、つまり名門私立学校への旅立ちを喜び、人気女子たちと「並んで歩く」ために制服を着ている、といった内容になっている。 その理由は、他の学校(部屋、クラス)には「友達」になれるような女の子がいなかったからであり、彼女が非常に明るく幸せであることと一致しないのは、少なくともそれ以前から悲しく孤独であることだったのである。

この作品の最大の問題点は、SOLの単純さではなく、この種のメディアではよくある、現実世界の無能で無価値な理想との組み合わせであり、「印象派」という、いくつかの異なる文脈で使用できる言葉の最初の前提として、プログラムの内部動作または外部動作(著者からの直接)から来る何らかの方法で、視聴者/読者に感銘を与えるために、この種のメディアが繰り返し行うことです。この場合、内部的なもの、特に「プロット」から来るものですが、もちろん、常に作者からの二次的な意図を持っています。

その意図はほとんど隠されておらず、例えば、冒頭の制服の問題や友達の問題などです。例えば、制服の問題、友達の問題などです。制服を間違えて、みんなと違うところに行かなければならない、そうすると注目されるし、どう思われるかを気にする、そんなことを気にする、それはとても無関係で無駄なことなのです。

あけびは、この「どう思われるか」を考える軌道から外れて、手に入れた「注目」を使って、人気のある友達を征服し、また、人気があってみんなから観察されて、注目を浴び、隠れた欲求を征服して、ただ友達が欲しいという彼女の単純な欲求を無効にします。友達を作りたい、そう、あけびはこのタイプのキャラクターなのだが、作品はそれをできるだけ覆い隠し、親しみやすく居心地の良いSOL、かわいい、明るい、などの感覚を通して、そんなことは気づかれないように、明らかにこのマスクを考慮に入れて、私はただの狂人のように錯乱したランダムなもの「示されていない」、それは私が信じるほとんどのためですが、あけびの本当のポピュリズムと現実世界のステレオタイプの人格を反映している少数の人々は、私が言うことは本当であると知っています。

あけびは前の学校では友達がいなかったそうですが、あけびがとても積極的であることを考えるとそんなことはありえませんし、おそらく通っていた学校は男女共学だったと思いますが、クラスに女子がおらず、自分一人だけで後は男子だったと書かれていますし、日本の「混合」校の男女分けは鋭いのにどうしてそんなことがあるのでしょう?

X

技術的な検証を行う。

ストーリーは存在しない

アニメはさすがクローバーワークス、華麗な演出が光るシーンもあった。

経営は有能だが、平均的

文章と脚本は存在しない

語り口は変態ロコモーション

サウンドトラックは、OPとEDが揃っていて、プログラム全体の音もOK

美術が悪い、「風刺画」が脚色でより歪んでしまっている、単純なだけでなく稚拙。

X

あけびがセーラー服を着て大学に入学することに「疑問」があった、あけびは母親と一緒に上官室を通り、なぜ「疑問」があったのか、セーラー服はあけびの母親が勉強した時代の制服だから明らかに何年も経てば普通は変わる、あけびの母親はそれに気づいていない、そんなことがありうるのか?脳みそがセメントなのか?ありえますね。校長や学校ネットワークの管理者も同様です。どの学校が、当然、通知しない、つまり、使用する制服の情報を送らないのでしょうか?例えば、制服の縫製の依頼を、学校は自分たちのやり方で送る責任があり、そして生徒や学生の親がそこに行き、制服の価値を支払うことで依頼を受けるだけ、これは合法的にシンプルで複雑でないもののはずだったのですが。.F.₩.€.K.

この作品の学校と教室について私が持っている厄介な点は、それが本当に作品の中で何の機能も持たないということです。もし別のシナリオで同じプロットだったとしても、何の違いもありません。唯一の目的は、非生産的で価値のないSOLに由来し、少女たちの子供っぽいナンセンス(発言、行動、意図)を集約し、機械主義、(未成年の)性的化、文脈のないユーリ、フェチを意図し、無用の製品と副産物によって公共の時間をすべて占有することなのですから。

この学校環境は学校環境ではなく、むしろ「シミュレーション」に近い。少女たちはずっと一人で、家庭教師も現れず、この少女たちには授業もなく、本物の学校にはいないのだ。その環境の唯一の目的は、あけびと彼女の「知人」の間の「関係」を継続することであり、その関係は、実際には、性差別的、性的、百合的、フェティッシュな作品を覆うカバーであるため、すべてを支配しているのは、教師ではなく生徒であることを示している。

X

性差別的な意図

この番組には、女性に関する「目標」というか「義務」「可能性と不可能性」の扱い方が怪しいところがあります。

女子校で調理実習があり、女子生徒が他の生徒に給仕をし、服や台所用品を使い、鍋やカトラリーや大鍋を使う。だから、この学校には給食係はいない。目的はただ一つ。SOL pacificoが目の前のものを殺して見えなくする一方で、筋にもたらされる性的アピールによって引き起こされる大衆の性的渇望と一緒にマッチズモをよく激化させ悪化させるためだ。つまり、SOLのランダム性は、作者から日本のマンガ/アニメ作品に拡大した権威主義的マッチョ思考の隠れ蓑として、非日常的で受け入れがたい場面に正常性と受容性を適用するために、そうした教育を受ける少女たちの学校において機能しているのである。

その隣で、例えばカウントダウンレースが行われ、あけびが女の子の中で一番速く、そしてキャラクターが何人かの男の子よりもさらに速かったと言及する。これは、女性のキャラクターに声で与えられた非常に原始的な思考であり、女性に優れた男性を課すという意図を再び隠すだけだが、今回は料理(女性がすべきことや存在することを言う意図があった)とは違うのである。その結果、男性が得意と言われることを女性はできないという言い方ができるのです。真面目な話、走るという単純なこととの比較はとても平凡で豊穣です。男性と女性のスピードの違いはいくつかの状況に依存し、その中には変えられるものと変えられないものがあり、これらの状況はどちらも男性と女性に当てはまり、それぞれに依存するものなのです。

X

セクシャル化、百合餌、フェチ。

あるキャラクターが他のキャラクターにする質問で、こんなものがあります。”私の太ももの上に寝てみてどうだった?”とか。- このような質問とシーンは、この作品がいかに性的で、体の部位に対するフェチを満足させることが好きかということを、ますます我々に教えてくれる。

制服姿の未成年者、細く儚げな体、そして容疑者を惹きつけるその純粋さ、そんな足ジャンキーにはたまらないシーンが、上から下まで、足を揃えて伸ばしたカメラアングルで画面を覆い尽くしている。

脚と太ももは、ここでは常に歓迎されているようだ。コンテンツの中で最も大きな割合を占めているからだ。例えば、あけびはあるキャラクターの太ももや脚を突然愛し始めた。(彼女からの)奇妙な賞賛にすぎないが、キャラクターから出るものはすべて、コンテンツに参加している人間の心の結果と意図であることは誰もが知っている。だからすぐにすべてが彼らに直接反するようになる。あとは現実ではないのだから。

あけびの姉は一度だけ彼の尻を叩いた、わあ、これは最も汚い手の一つだ、これは本気で「面白い」はずだった、「冗談」ですらあった、しかしそれは意味がないので私には通用しなかった、なぜ彼女のような小さな少女が、不機嫌な時に愛する姉の尻を叩くのだろうか。そして、彼女はファンにアピールするためにわざとうめき声で言い返すのでしょうか?フェチや百合好きを満足させるのが目的だが、今回はマゾヒズムも入っているのだ。

そうそう、忘れちゃいけないのが、あけびちゃんとその妹が一緒にお風呂に入っているシーン、ここまでは普通なのですが、お風呂に入っているときはどちらも極端に「赤く」「赤く」なっていて、伝わる音は不穏なアズムのようですが、それでパンチラ拝みが止まらないのは満点、その上あけびちゃんの妹はロリコンやロリコンに対して顔や音を派手に出して、小さな子供(ロリ)萌えになってるんです。

あけびは以前、「リップ剤」を使って、自分がファンである人気少女の真似をして、女優のように周りの女の子に自分をアピールしていたが、この時はアスムル(割れ目)とアヘ顔(ニヤリ)を一緒にして、若者のXXXを高めるだけの役割をしている、わけではないが……。

雨に濡れたアケビと少女が(偶然)、体だけ濡れて暖かくなり、服はすでに変形し、着替えを選択し、若い体の一部を見せるだけのような、予想できる決まり文句も指摘されています。また、くぐもった低い声でわざとらしい喘ぎ声も一緒に。

ある出来事では、あけびというキャラクターが他のキャラクターと着替えようとしたところ、他の女の子が「あけびが下着だけなのが気になる」と邪魔をする。そこには女の子しかおらず、あけびは明らかに外向性の最中であり、母親や姉(特に妹)との明確な共存が、こういう場合の「普通」をもたらすため、恥ずかしがることはないだろうというのが第一の理由だ。そしてその結果得られるのは、またしてもクラスメイトに渇を入れる女子の百合的な暗示である。

また、ある少女がベッドに横たわる「親密な」写真(脚にフォーカスしたもの)をあけびに送ったときのように、その少女は大きく影響され、あけびがその少女の脚を褒め、それに執着し、そしてその少女の褒め言葉と意志(性的、百合要素)があけびに自分を見せたいという欲求を生みました。というわけで、もはや目的も目標もない作品に脈絡もなく百合の意図が増長され、残ったものを捨てて、幼女から少年少女まで、すべてが百合のエサのゴミとフェチのエサになっただけなのである。

あけびが少女にかけた心理的圧力は、あけびへの信頼を生み、より多くの賞賛を求め、あるいは自分の体を見せることであけびを満足させる、これらはすべて百合の餌への反応として機能する果実であり、その心理的圧力はあけびから来る醜いものである。なぜならあけびは醜悪で、大衆社会の真ん中でそのマスクをしっかりと接着したタイプのキャラクターで、彼女は悪と影響力、自分勝手で所有欲、何が行われたか、されなかったかという司令塔であるそのタイプの人間である。私たちが目にするのはあけびの願いだけです。というのも、あけびが人々の信頼を獲得し、彼女に圧力をかけ、その人がそうすることで、彼女は満足するのです。彼女は人に親切にする(しすぎる)タイプで、あけびのような行為をするほど親切な人がいたら、何かおかしいと疑ってかかるのがいい。

この学校は、あけびが友達を作るための女子校ではなく、百合乱交パーティーのために作られた学校なので、レビューを通して述べたような点を含むために、わざと女子校にしているということです。このテーマを直接的に求める様々なタイプの異なる観客を喜ばせるための性的なものでありながら、結局はこの意味で直接的ではない作品に出会ってしまう、しかし彼らが求める「テーマ」は同じで、ただ下心として存在している、そう、すべては作品を大衆化し利益を生むためだ、いつもながらそう言えるだろう。

アケビ以外の登場人物。

あけびの母(名前は知らない):あけびの母で、大人になってもバカで無能なところがある女性キャラクター。

あけびの父(名前は知らない):存在しない空っぽのキャラクター(作中で唯一男性が消えて女性だけが残る…うーん、偶然かな?) 年寄りではないが、仕事やら何やらで消耗して疲れているように見える男、要するに燃え尽き症候群に悩まされ、家族との時間もない鬱陶しいスモーカー。

あけび姉さん(名前知らない)。姉を過剰に愛し、(家では)ほとんど何でも一緒にやる正統派出不精の子で、ペド萌えロリの餌にもなっている。

木崎えりか。あけびが学校で初めて出会った「友達」で、あけびに執着してわがままを言うようになり、また「百合の願望」として暗示される。結局まだ他の目立たないキャラクターの中にいるだけなので、この作品にはキャストだけのキャラクターの提示はなく、正直言って存在しない。

上条友野(誰だか忘れた):他の生徒と同じく一寸法師で忘れられがちな生徒、ハニカミながらこの百合の餌仕事のために作られた少女。

兎原橙子(見ないと分からない)。どうだろう、ハニカミながらこの百合の餌の番組のために作られた女の子。

谷川けい:あけび組の右腕で、あけびに「ちょっと押せば出るようになる」と追い込まれ、実は地球上で最も危険な悪党がやったと思われる高位な影響力のある心理的圧迫を受けた女の子。この百合の餌番組に、ハニカミながら作られた/右の女の子。

四条里緒菜/辰森愛/水上りり/峠口あゆみ/蛇森おしず(MAL(忘れ物)に掲載):女子高生/ほとんど存在しないキャラクター/何の見どころもない/百合エサビジネス。

X

彼らの季節のSOLアニメに似て、同じではありませんが、同じフォームを使用して、唯一の具体的に価値のないSOL、そのほかに、これはあらゆる方法で、誰にとっても不快と意図的であり、健康ではなく、完全に疲れる。あけびちゃんのセーラー服』は、セーラー服に憧れる女の子が学校に入って友達を作り、学校を楽しく過ごすという普通のSOL期アニメとして始まり、「最後」には、この目的から「退路もなく、顔に物をぶつける」という価値のない、より意図的な目的に、見せたり意図として与えられたりして、分けられているのです。未成年の性的描写、百合の餌、意図フェチ、極端な性差別的立場。

アケビのセーラー服は、すでに価値のない商品から、なんとかどん底に落ちていったのです。

 

宮永さん 総合評価 8

母が通っていた名門中学に合格したあけびこみちは、慣れ親しんだ田舎町を離れ、お金持ちの集団の中に身を投じることになるにもかかわらず、とても喜んでいる。そして何より、セーラー服を着ることが楽しみで仕方がない。しかし入学式で、制服の規定にとんでもない誤解があることに気がつく。

でも、入学式で制服の規定がめちゃくちゃなことに気づくんです。また、伝統的な言葉の使い方である「ファンサービス」ではなく、露骨な性的イメージやフレーミング、女性キャラクターを危うい立場に置くものでもないため、議論するにはもろい話題と言えます。こみちと妹が一緒にお風呂に入っているシーンでは、裸体であることを非常に率直に、かつ潔く表現しており、私はそれに感銘を受けたが、絵コンテが少女の体に対して特別に輝く唇や特別にしわくちゃな布地など、他のものに熱心に注目し始めるまではそうではなかった。

アニメのキャラクター、アニメの女の子は、その個々の性質がどうであれ、観客の消費のために作られた想像上の構築物なのである。このことは、すべてのクリエイティブ産業、とりわけこの産業にとって不可欠なものなのに、それを心配するのは、回りくどいと思われるかもしれない。しかし、私は「あけび」の消費方法が、まるで目と歯が余分にあるかのように奇妙に感じられるのを拭い去ることができない。いくつかのショットの親密さへの違和感が拭えないのだ。この甘えん坊の少女が、あまりにも意図的に私たちの前に置かれているのだ。

こみちと母親の甘い関係についても触れたい。かわいらしいが、簡単に回避できたはずのコミュニケーションの断絶に依存するプロットについて話したい。こみちは、セーラー服を着るという夢を叶えますが、入学式の日に、母親が通っていた頃とは制服が変わっていることを知ります。こみちは、自分の願いと母の裁縫の苦労に報いるため、他の生徒と被らなくてもセーラー服で通うことを決意するのだが…。

ジャビビさん 総合評価 7

まずはシンプルに、「あけびちゃんのセーラー服」は、セーラー服で授業に出たい女の子の話です。しかし、問題は…。このアニメは何が特別なのでしょうか?とてもシンプルです。

このアニメは、典型的な日常生活における女子学生の楽しくて幸せな物語を、素晴らしいアニメーションと明るさで、とても美しく描いているのです。
このアニメはすべてが美しく、キャラクターも愛着がわきます。このアニメの冷静な雰囲気のため、(神に感謝しつつ)冗談抜きのコメディが非常に良い。

間違いなく、あけびは今シーズンのリラクゼーションの宝石です。彼女は残念ながら放送では園ビスクドールと競合しており、それはこのアニメの不透明さゆえですが、彼女に我慢させられることはありません。
でも、そんなことはありません。

ウィッキーさん 総合評価 8

このレビューを始める前に、まず1つのセクションを、その素晴らしさと詳細な見た目から説明します。このような細部まで作り込まれているため、あなたはそれをとても高く評価することになるでしょう、それは…

アート:10/10
このアートについて、まだ言われていないことがあるのでしょうか?マジで?まるで、アニメの映画コンテンツを見ているような、超ハイレベルな演出が背後にあるのです。草、水、服。何もかもがすこぶる良い。色も、ディテールも。何よりアニメーションのスタイルがいい。この番組について、ひとつだけ良い点を挙げるとすれば。それは、続きを読む

あらまにめウォッチャーさん 総合評価 7

この作品は、2022年冬アニメとして期待されている作品の一つです。基本的なあらすじは、田舎に住んでいた主人公が有名な女子校の入学試験に合格し、友達を100人増やしたいというものです。

ストーリー:2021年秋に放送された、コミはコミュニケーションがとれず、友達も100人欲しいというストーリーで、その点ではユニークな作品です。そのため、このような「萌え萌え」現象が起こるのです。
そして、今のところ、このストーリーは良い。

アート。このアニメは、クローバーワークスがいつも良いアニメーションを作るので、良いアニメです。

音:声優は本当に良いです。彼らは彼らの仕事をしたgood.The音楽は、私は悪くないと思います。

キャラクター。多くのキャラクターのデザインが最悪で、目が大きくて耳の近くにあるため、口や鼻が見えないことがあります。また、キャラクターは、その都度、変更されます。

楽しみ方 このシリーズは面白かったです。でも、ほとんどのシリーズがそうだったように、結末を台無しにしないでほしいです。

けんけんさん 総合評価:2

アニメはこういうものだと思われているのが残念です。子供と青春に魅力を感じる人のためのファンサービス。

私はスライス・オブ・ライフが好きで、この番組は「22年冬に見るべきもの」リストの多くを占めているのを見ました。私はこのアニメについて、1つの映像以外、何も知りませんでした。少女が足の爪にバリカンをかけ、その匂いを嗅ぐことに喜びを感じるシーン。これは変人キャラの特異な瞬間で、あとは普通の番組だろうと思った。

うわー。この番組は不気味だ。長い脚と細い太ももをたくさん見せられる。カメラが常にそれを強調しているような感じです。靴や細かい素足のクローズアップが多く、足の指の間を曲げたり、握ったり、こすったりしている。子供の体の一部の近くに大人をクローズアップして、コントラストを与え、子供の骨格がいかに痩せて未発達であるかを示す。

このスタジオは普段から素晴らしいアニメーションを作っているのだが、それについてはコメントすることもできない。この番組の本質は、子供に魅力を感じる人たちへのファンサービスにある。アニメを見る人が見下す理由はこれだ。

Botさん 総合評価 10

現在の「最も参考になった」レビューは、反論せずには読めません。このアニメの良さを全く理解していない、独り言のような、取っ付きにくい戯言で埋め尽くされているようです。

私は漫画を全部読んでいるので、その知識を活かして、否定的なレビューがあっても「あけびさん」を見てみてくださいと呼びかけようと思っています。このアニメには生命力と面白さがあるので、みんなに見てもらいたいです。

アケビちゃんのセーラー服」は、世の中にある物語の中で最も楽しくて、嬉しくて、心に響く物語の一つです。この漫画の核心は、あけびちゃんとそのクラスメイトに焦点を当てたところにあります。この漫画の核心は、あけびちゃんとそのクラスメイトにあります。

デリバリさん 総合評価 8

アケビちゃんのセーラー服は、主人公の性格とは正反対の地味なムードが漂っています。学校でただ一人、セーラー服を着ているだけで自信満々のアケビちゃん。そのため、会話のきっかけになる。セーラー服の女の子というだけでなく、彼女の好奇心や押しつけがましさが、物語を大きく進展させる。クラスメイトも、彼女の明るさに惹かれていく。

転機となったのは、第3話で、あけびちゃんが友達の脚を何度も褒めたことだろう。アケビちゃんは、「脚を全部見たい」「直接は無理なら、写真を送ってほしい」と言います。お友達の谷川ちゃんは、控えめで、あけびちゃんの人懐っこさに感心して、自撮りした後、何枚か写真を撮ってくれます。アケビちゃんに褒められたことで、谷川ちゃんは自分が美少女であることを自覚し、調子に乗って写真を撮っている自分は「変態」かもしれないと考える。そんな谷川ちゃんが、偶然にもきわどい写真をアケビちゃんに送ってしまう。この一連の小さな出来事は、翌日、谷川ちゃんがあけびちゃんに、学校の写真部に入るという選択を伝えることで終わる。

アケビちゃんの世界は、私たちの世界と同じようには動いていない。アケビちゃんの行動には陰湿なところがない。他の番組であれば、写真を連絡先に送ったり、谷川ちゃんのスカートをめくって写真を撮ったりすることもできたかもしれない。逆説的だが、アケビちゃんがクラスメートにパンティを見せながら、そのことを視聴者に明示しない一方で、彼女たちの身体を盗撮するケースもあるように、この番組は行き過ぎた行為を十分承知しているのである。第3話では、髪を結んでいるあけびちゃんの脇の下を中心に撮影しているところから始まります。私は何とも思わなかった。その後、ネットで他の人がこのショットを「ピットサービス」と表現しているのを読みました。ここでは、他のものにしない限り、見えるものは見えるのである。

顔が少し大きく描かれているので、ぷにぷにしていて可愛いし、もちろん目が大きいので表情も豊かに見える。もちろん、目が大きいので表情も豊かになりますし、不器用なところが愛おしいデザインです。アニメーションの出来も良く、アケビちゃんが好きなアイドルの曲に合わせて小さなダンスをするところなど、素晴らしい場面もあります。この番組では、しばしばスローダウンしたり、ポーズをとって、より詳細で異なる照明のショットを強調することがあります。このような細かい演出やスローな演出は、登場人物を自分の世界の中で見るような親しみやすさを与えてくれます。

サウンドは、スライス・オブ・ライフ・ショーから期待されるようなものです。ほとんどの場合、控えめで軽いピアノの音と弦楽器が、気楽な雰囲気を引き立てています。また、あけびちゃんの初登校時の駆け足など、あけびちゃんの気持ちを盛り上げるような曲調もあります。第4話の撮影シーンのように、BGMを消して、彼女たちの会話だけが聞こえる宇宙の音は最高です。

私の年齢のせいかもしれませんが、時々、誰かのほろ苦い夏の思い出を見ているような切なさを感じることがあります。見せびらかすというより、誘うような設定。自分たちが何者であるかを自覚し、そのことに満足している。毎週20数分、ふわふわとした世界に入りたい人に、『アケビちゃんのセーラー服』をおすすめしたい。

———————————————————————
最初の餌の段落をここに移動するために編集されました。
アケビちゃんのセーラー服』をどれだけ楽しめるかは、あなたの脳みそがどれだけ腐っているかで決まります。少女がお姉ちゃんのお尻を叩くという発想が性的だとしたら、あなたは子供と一緒に過ごしたことがないのだろう。それが戸籍上のことであろうと、幼い兄弟間の肉体関係が本質的に性的であると純粋に信じていようと、この番組に落ち度はないのです。淫らなシーンやフェティシズム(ほとんどの視聴者が大げさで偽善的です)が気になるようなら、この番組をスキップするのが一番です。

ちびお団子さん 総合評価 10

フィート・ザ・アニメーション!!! この番組を作っている人は、クエンティン・タランティーノの親戚に違いない。このアニメは、「萌え萌え」なんです。しかし、マジで足がたくさん出てくるので、ちょっと不愉快ですが、非常にセクシーでもあります。主人公はとても好かれたいと思っているが、クラスメートにもとても可愛がられている。本当に愛おしいです。まだ1/3しか見ていませんが、すでに10年に一度のwaifuと叫んでいます。まだ1/3しか見ていませんが、10年に一度のワイフの叫びです。この先どうなるかわかりませんが、かわいい女の子がかわいいことをする雰囲気はこの作品に強く出ています。このようなシンプルなコンセプトで、アニメ品質の予算は、見ていて本当にほのぼのとします。

ジュピターさん 総合評価 8

原作漫画の大ファンである私は、このアニメについて慎重に楽観視していました。しかし、これまでのシリーズを見てきて、クローバーワークスがマンガを本当にうまく脚色していると自信をもって言えます。

ソフトなビジュアルも、声優の演技も、すべてが私の心に響きました。

しかし、この番組の最大の主役は歌兼さんでした。

ヒロの絵がマンガを次のレベルに引き上げてくれたとしたら、アニメでは歌音の音楽がその役割を担っている。

結局のところ、漫画と同じように、これは万人向けのシリーズだとは言いません。でも、個人的には完璧な「シンプルでリラックスできる」番組だと思います。

はくまいさん 総合評価 10

あけびちゃんのセーラー服は、本当に本当に良いです

アニメーションはCLOVERWORKSさんで、期待通り、とても素晴らしいです。
髪の動き、表情、そして特に目。
原作者の落書きのようなきれいさはないものの、マンガに負けない出来栄えです。アニメでは絵の静止画を見ることができ(あけびのポーズなど)、とてもいい味を出しています。

また、声優の選択も非常に良く、キャラクターとマッチしている。
カリスマ性、個性がある。あけびちゃんの声優さんは、他の方と違ってあまり知られていません。しかし、彼女にはとてもよく似合っていると思います。

かわいい女の子がかわいいことをするのが好きな人(けいおん、ゆるキャン△など)。
このアニメはあなたのためにあります。

隠れた名作のような、今期のベストアニメの一つだと思います。

読んでくれてありがとうございました <<33

 

コナコナくんさん 総合評価 9

このアニメに何を期待するか?
素晴らしい映像とアニメーション、魅力的なOST、そして心を和ませるキャラクター。シンプルなSoLで、人の心を浄化することができる。私立学校に通う女子高生たちの生活を中心に描かれています。MCの参加だけでなく、全編に渡って登場するものの、各章でそれぞれの生徒の生活を紹介し、フォローするというエッセンスがあることを明言します。

ただ、個人的な評価としては、ファンサービス(足や脇の下など)が多いので、私は好みではありませんが、皆さんは好みかもしれません。

煮えないさん 総合評価 5

今まで書かれたレビューの中で、私はアケビを好きになれなかった数少ないレビューかもしれません(4話で脱落)。その理由は以下の通りです。

ストーリー: 2/10
今、私はスライス・オブ・ライフの見過ぎで、ストーリーイベントに対してより批判的になっているのかもしれない。しかし、私が好きな他のスライス・オブ・ライフと比較すると、アケビのプロットは退屈に感じられます。ストーリーの展開が遅く、淡々としていて、あまり好きな要素がないように感じます。(ちなみに、制服の件に関しては、無視しています。)

アート:9/10
さすがはクローバーワークス、トップレベルのアニメーションで、あけびが輝いているところでしょう。しかし、アケビは、画面上でも画面外でもファンサービスが多く(例えば爪切りのシーン)、それが作品を悪くしているように思います。

サウンド:7/10
特に言うことはありません。

キャラクター: 4/10
一週間の放送の間に、アケビ以外の登場人物の名前を忘れてしまったので、そこが残念。普段はゆるキャン△のなでしこやスロループの小春のような元気なキャラが好きなのですが、あけびはポジティブすぎて二の足を踏んでしまいますね。

楽しさ。5/10
私は普段、見るアニメのほとんどを完走しています。しかし、アケビは5話まで見るのが面倒になり、落としてしまいました。

総合評価: 5/10
正直なところ、1-2話くらい見て、自分に合うかどうか判断するのがいいと思う。しかし、私はお勧めしません。この冬に見た2つのCGDCTのうち、スローループは正直言って、ほぼ全ての面でアケビを上回っている。他のスライス・オブ・ライフと比べても、あけびはつまらないと思う。

ばななちさん 総合評価 5

このアニメにはいくつか不満がありますが、その不満がこのアニメを楽しむ上でとても重要なので、このアニメに5点をつけることにしました。

美術・アニメ
このアニメは今シーズンのベストの一つです。クローバーワークは間違いなくこのアニメのトーンを設定する良い仕事をしました。

プロット
筋書きはなく、ただかわいい女の子がかわいいことをしているだけです。

キャラクター
この番組のMCを一言で言うと、「あけびは、車いすをこぐことが自分の個性になっているような子」であり、車いすをこぐことが感動的だと思っていて、それが腹立たしい。そして、そのことが「すごい」と思っている。彼女は料理ができないし、裁縫もできないし、制服も学校中で間違っているのはShesだけだ。あるシーンで、湖に腰まで浸かっている女の子がいて、その女の子が溺れていると思ったので、あけびは5つの脳細胞を駆使して、その女の子のところまで泳ぐために服を脱ぐことにした。歩いて行けばいいじゃないですか!!そんなに深くないですよ!?

結論
作画良し、アケビ悪し、同人誌に期待。

ダスキーボイスさん 総合評価 6

アケビちゃんのセーラー服は奇妙な番組だが、もっと奇妙なのは、ファン層が「これは何なのか」と主張することである。一方では、中学1年生と、彼女があまりにも簡単に作った友人たちが、一緒にいろいろなことをして楽しむという、あまりにも尊大なシリーズであり、ほぼ純粋な「かわいい女の子がかわいいことをする番組」の例であると言えるでしょう。あまり争いもなく、みんなすぐにあけびを好きになる…ちょっと「アリア」や「あまんちゅ!」を彷彿とさせるような作品です。

一方、原作はエッチな青年コミックです。特に最初の4話くらいからトーンダウンしていますが、それはそれ、原作は原作です。それを見て不快に思う人がいても全くおかしくはないと思うのですが、ここのコミュニティがそうだったら大変です。

とにかく、素晴らしいか?いや、「のんのんびより」や「空飛ぶ魔女」、「ゆるキャン△」、あるいは「きんいろモザイク」の方がCGDCTの番組としては上だ。悪いか?いや、もっともっとひどいのがある。この番組は、ある種の驚くべきアニメーションによって支えられている、当たり障りのない番組なのです。というのも、アニメーションの実際の質は素晴らしいのですが、この番組にはあまり合わない露骨なCGがいたるところにあるからです。超細密なCGの背景に描かれたアニメのキャラクターは、耳障りです。キャラクターデザインも賛否両論ありますね。もっとひどいのを見たことがあるという意味で、私はあまり気にならないのですが、ほとんどのキャラクターが溶けたロウソクのような見た目をしています。キャラクターもストーリーもコメディも、あまり盛り上がらず、無難で同じようなものが多い。この番組はいいんです。傑作でもなく、大失敗でもなく、ただただ素晴らしい。そして、ここでやめてもいい。