ありふれた職業で世界最強 2nd seasonのアニメ動画を全話無料フル視聴する方法!見逃し配信サービスまとめ

引用元:U-NEXT

\ありふれた職業で世界最強 2nd seasonを無料視聴するならココ!/

配信サービス 配信状況 無料期間とポイント 月額料金
danimedアニメストア
見放題
地上波同時・単独最速配信
31日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
440円

※月額料金は全て税込。2022年2月時点。

 

 

放送 2022年1月13日~
地上波ch TOKYO MX など
放送日 毎週木曜日24時00分~
話数 放送中
制作会社 asread.×studio MOTHER
監督 岩永 彰
登場人物:声優 南雲ハジメ:深町寿成/ユエ:桑原由気/シア・ハウリア:髙橋ミナミ/ティオ・クラルス:日笠陽子/白崎香織:大西沙織/八重樫雫:花守ゆみり/ミュウ:小倉 唯/畑山愛子:加隈亜衣/リリアーナ・S・B・ハイリヒ:芝崎典子/ノイント:佐藤利奈/フリード・バグアー:小西克幸/ミハイル:石井真
主題歌 オープニングテーマop「Daylight」/MindaRyn

エンディングテーマed「外道賛歌」FantasticYouth

公式サイト ありふれた職業で世界最強|公式ポータルサイト
シリーズ/関連作品 原作:白米良

ありふれた職業で世界最強 2nd seasonのあらすじ

高校生の南雲一は、クラスのアイドル・かおりとの交際を理由に同級生からいじめられている。

ファンタジーの世界に飛ばされたクラスメイトたちは、強力な魔法の力を手に入れたが、ハジメが手に入れたのは、職人や鍛冶屋によくある、固体の物質を変化させる錬金術の基礎魔法だけだった。

ダンジョン攻略の際、クラスメートに裏切られ、ダンジョンの底に落とされる。

ダンジョン攻略中に同級生に裏切られ、ダンジョンの底に落とされるが、生き延び、武器を作ってダンジョンから脱出し、さらに強くなる。

旅の途中、幽閉されていた吸血鬼ユエと出会い、その後、うさ耳のシア、変態竜ティオらと合流する。

 

TVアニメ[ありふれた職業で世界最強 2nd season]PV

 

ありふれた職業で世界最強 2nd seasonの動画を無料視聴できる配信サイト比較一覧

\ありふれた職業で世界最強 2nd seasonを配信中のおすすめサービス!/

配信サービス 配信状況 無料期間とポイント 月額料金
danimedアニメストア
見放題
地上波同時・最速配信
31日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
440円
unextU-NEXT 見放題
31日間無料
600ポイント今すぐ視聴
2,189円
fodFODプレミアム 見放題
14日間無料
900ポイント今すぐ視聴
976円
huluHulu
 見放題
14日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
1,026円
abemaABEMA
 見放題
14日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
960円
telasaTELASA
 見放題
15日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
618円
primevideoAmazonプライムビデオ
 見放題
30日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
500円
netflixNetflix

見放題

無料期間なし
ポイントなし今すぐ視聴
990円
musicjpmusic.jp

レンタル

30日間無料
1,600ポイント今すぐ視聴
1,958円
dtvdTV

未配信

31日間無料
ポイントなし未配信
550円
paraviParavi

未配信

14日間無料
ポイントなし未配信
1,017円
crankinクランクイン!ビデオ

未配信

無料期間なし
3000ポイント未配信
990円
tsutayaTSUTAYA DISCAS

未配信

30日間無料
ポイントなし未配信
2,052円

※月額料金は全て税込。また付与されるポイントは無料期間中のものになります。

 

dアニメストアお試し期間を利用すれば[ありふれた職業で世界最強 2nd season]の動画を全話無料視聴できます。

ありふれた職業で世界最強 2nd seasonもそうでしたがdアニメストアは先行配信が多く、おすすめの配信サービスです。

dアニメストアの特長一覧表
dアニメストアの特長一覧表

danime 月額料金:440円(無料期間終了後に課金開始)
無料期間:31日間
解約料金:0円
アニメ専門の動画配信サービス
アニメ作品数:約4,200作品以上
【dアニメストアの5つの特⻑】

    • アニメに特化したの動画配信サービスで、アニメの見放題数は業界1位
    • 月額料金が安い!
    • ダウンロードして場所を問わずアニメが楽しめる!
    • アニソンライブの配信も多い
    • 新作アニメの独占先行配信も多い!

 

ありふれた職業で世界最強 2nd seasonのアニメ動画をYouTubeなどの動画共有サイトで視聴する方法は?

YouTubeなどを含む海外の動画共有サイトでは非公式にアニメのありふれた職業で世界最強 2nd seasonが配信されていて無料で視聴できる動画もありますが、画質が悪かったり、余計な広告が出てくる場合もあります。

注意:海外の動画共有サイトからアニメをダウンロードしたり視聴する方法は違法で危険!

海外の動画共有サイトを利用してアニメを視聴する方法はウィルスに感染するなどのリスクは当然つきまといます。

さらに2020年から法律が厳しくなったので海外の動画共有サイトを利用してアニメを視聴していると違法になり処罰される可能性が高くなります。

なので動画配信サービスの無料のお試し期間やポイントを利用して安全に安心して、全話無料でフル視聴しましょう!

中でもありふれた職業で世界最強 2nd seasonはdアニメストアであれば通常、月額440円ですが登録して最初の1ヶ月は完全無料で全話フル視聴ができるのでおすすめです!

 

\登録はこちらから!/

dアニメストアで「ありふれた職業で世界最強 2nd season」の動画を無料視聴する

ありふれた職業で世界最強 2nd seasonの登場人物の紹介

南雲ハジメ

声優 :深町寿成

オタク系高校生。クラスメイトとともに異世界に飛ばされ、超低レベルの変身スキルしか得られない。

オルクスのダンジョンでの最初のハイキングで、ハジメはクラスメートを守るためにスキルを使うが、クラスメートの一人に裏切られ、そのままダンジョンの深淵に投げ込まれてしまう。

モンスターに片腕を奪われ、絶体絶命のピンチに陥った彼は、治癒効果のある珍しい鉱物に出会い、モンスターの体を食べて生き延び、その能力を得て加速度的に強くなっていく。

ユエを助け、ダンジョンを攻略したハジメは、ダンジョンが作られた秘密を知り、その秘宝を授かる。

それ以来、彼は7つのダンジョンをすべて攻略し、すべての古代魔法を手に入れ、それを使って元の世界に戻ることを決心する。

やがてハジメは冷酷になり、人を守るために戦うようになるが、他のパーティと交流するうちに、かつての優しさの片鱗を見せるようになる。

オルクスのダンジョンでは、独学で鍛冶を学び、強力な武器や道具、乗り物などを作り、パーティーのために使っています。

ジョブクラスは「シナジスト」。

ユエ

声優: 桑原由気

叔父と家来に裏切られ、オスカーオークスの迷宮の底に300年間幽閉されていたが、ハジメに発見され、変身術で解放された吸血鬼の王女。

あらゆる元素の魔法を使いこなすことができ、さらに自動再生機能によって老化せず、傷もすぐに治すことができる魔法の天才。

ハジメと恋に落ち、彼の最初の伴侶となる。

ハジメが他の女の子にアプローチされても嫉妬することなく、ハジメの正式な妻になることを約束する。

彼女が裏切られた理由は、その圧倒的な力によって堕落した神エヒトの器とならないように守るためだったことがすぐに明かされる。

ハジメの旅に同行することになり、ジョブクラスは神巫女となる。

 

シア・ハウリア

声優 :高橋未奈美

ハジメとユエが遭遇したウサギの女の子。

他の一族とは異なり、未来を見通す能力を持っているため、一族とともに故郷を捨てなければならなくなった。

また、怪力の持ち主で、ハジメの特注武器「ドラッケン」を使って戦う。

また、村を助けてくれたハジメに想いを寄せ、執拗に追いかけるため、ハジメを困らせることもある。

ハジメのライバルでありながら、ユエとは姉妹のような絆で結ばれている。

未来予知ができるため、ジョブクラスは占い師。

 

ティオ・クラルス

声優: 日笠陽子

肉体的にも精神的にも変態だが、素直で話し方が昔の伝説に似ている。

変態でマゾヒスティックな性格は、ハジメに敗れた後、ハジメとその仲間に手酷く扱われた結果である。

清水のマインドコントロール能力から救われた後はハジメに献身的に尽くして彼の奴隷となり、ハジメを “ご主人様 “と呼ぶ。

ティオはもともと竜人族の出身。

両親は数百年前に神と戦った際に自らを犠牲にし、娘にいつか神を倒すことができる人物に巡り会うことを望んでいた。

魔力と防御力が非常に高く、特に竜の姿の時はハジメのパーティーの攻撃もこの竜の鱗を砕く程度である。

563歳で、当初はユエに尊敬されていた。容姿は20代の女性で、「スイカ」のような胸と金色の瞳を持つ。竜の姿は全長数メートルで金色の目を持ち、黒い竜の鱗を持っている。

ジョブクラスはガーディアン。

 

白崎香織

声優 :大西沙織

ハジメのクラスメイトで、クラスのアイドル的存在。

ハジメに唯一積極的に話しかけ、漫画やアニメ、エロゲまで調べて会話をしていた。

しかし、香織は肇が奈落の底に落ちてから自分の気持ちに気づき、また唯一、肇の死を信じなかった。

再会後、冷酷になったハジメに最初は怯えたが、やがて恐怖を乗り越えて愛を告白し、ユエたちと競い合ってハジメの旅に同行するようになった。

異世界に飛ばされた後のジョブクラスは「ヒーラー」である。

 

八重樫雫

声優 :花守ゆみり

香織の親友で、光輝の幼なじみ。

努力家で優しく面倒見の良い女の子で、剣道の練習に明け暮れている。

非常に頭の回転が速く、普段からあまり説明しなくても物事を処理することができる。

クラスメイトの中でも特に現実的で、他のクラスメイトのようにやみくもに突っ走るのではなく、理性と慎重さの代弁者として行動している。

クールビューティーと言われるが、かわいいものが好きな女の子らしい一面も秘めている。

その後、雫はハジメの傑作のひとつである、最も硬い鉱物アザンチウムでできた黒いキサキモロハズクリシラサヤカタナを新しい武器として受け取り、侍の剣術を存分に発揮できるようになる。

ジョブクラスはソードマスター。
召喚クラス

 

ミュウ

声優 :小倉唯

エリセン出身のマーフォーク(ダゴン)の少女で、奴隷として売られるために誘拐されたが、フーレンで出会ったハジメとその仲間に2度助けられる。

はじめはハジメのことを「お兄ちゃん」と呼んでいたが、後に「パパ」と呼び、カオリを困らせる。

はじめは「おにいちゃん」と呼んでいたが、香織が「パパ」と呼ぶようになり、香織を困らせる。

はじめはしぶしぶ父親になったものの、香織を泣かせようとした人がいたため過保護になり、仲間の前で親としての姿をさらけ出す。

 

畑山愛子

声優: 加隈亜衣

クラスのみんなと一緒に異世界に飛ばされてしまった学校の先生。

ハジメと会って生きていることを知ったとき、外見や雰囲気の急変にショックを受けるが、毒殺された自分を口移しで解毒剤を与えて助けてくれた彼に恋をする。

ハジメが一滴の疑いもなく清水幸利を殺したことに非常にショックを受けたが、やがてハジメが自分を守るためにやったことだと知る。

最初はハジメと自分は師弟関係だと主張して自分の気持ちを認めなかったが、やがてそれを打ち破って青年への愛を認識する。

また、エヒトの悪事を暴き、堕ちた神を崇拝することで騙されていた人々を団結させ、エヒトに反抗するように仕向けた英雄でもある。職業は農家。

 

リリアーナ・S・B・ハイリヒ

声優: 柴崎典子

カオリやシズクなど、召喚クラスのメンバーと友達になったハイリ王国の王女。

ノイントがアイコをさらったのを目撃したリリアナは、ハジメのパーティに助けを求めに行く。

魔物の襲撃を受け、彼女は他国の支配者の家に嫁ぐことを決意する。

しかし、婚約者に襲われそうになったところをハジメに助けられ、ハジメ特有の礼儀知らずの態度にもかかわらず、ハジメに好意を抱くようになる。

 

ノイント

声優: 佐藤利奈

エヒトの意思を継ぐ使徒で、人間、魔物、獣人の間に不和をもたらし、主人を楽しませるのが常である。

エヒトの目的を召喚級に明かさないようアイコを拉致し、魔族がハイリク都に侵攻しようとしている時にハジメと戦った。

 

フリード・バグアー

声優 :小西克幸

魔族軍の最高司令官。大迷宮のひとつを攻略してモンスターを強化する能力を手に入れ、王と神の意思を継いで人間を殲滅しようとする一方、さらなる古代魔法の入手を模索している。

グリュン火山迷宮でハジメ一行と出会い、ハジメを翻弄するが、結局倒すことはできなかった。

 

ミハイル

声優 :石井誠

フリードの配下で、カトレアの恋人で、彼女の死を知ったハジメ一派に復讐を誓う悪魔。

 

天之河 光輝

声優 :柿原徹也

召喚されたヒーロー。自分の正義を心から信じ、それを他人に押し付けようとし、自分の考えと一致しない意見は誤りであると考える。

香織のハジメに対する本当の気持ちを知らないのは彼だけだった。

ハジメの変わりようを見た光輝は、肇を軽蔑し、悪人だと思うようになった(ハジメが岳たちに無理やり自分を手伝わせたと考えたため)。

香織がハジメに「好きだ、一緒に行きたい」と告白すると、光輝は「香織とは幼なじみでずっと一緒にいるべきだ」と嫉妬の抗議を始める。

そして、魔物がハイリクの都に侵入した後、コウキはハジメに残りの迷宮の攻略に参加することを要求し、自分がもっと強くなってハジメよりも自分の理想が有効であることを証明しようとする。

しかし、ラビリンスの誘惑に負けたことや、雫がハジメに告白したことを知ったことで、コウキはさらに否定と抑うつに陥ってしまう。

 

相模龍太郎

声優 :木島隆一

ハジメのクラスメイトで、コウキの親友。猪突猛進なところもあるが、仲間思いのところがある。素手で戦い、超人的な力を持つ。ジョブのクラスはモンク。

 

谷口鈴

声優: 伊藤彩華

ハジメのクラスメイトで、当初はヒーローズパーティに所属していた。

エリに裏切られ、スズのことを友達ではなく、自分の本性を隠すためにしか見ていなかったことが発覚し、ショックを受けている。

それでもエリともう一度話すことを決意し、そのために強くなろうとハジメのパーティに同行して他の迷宮を攻略していく。ジョブクラスはバリアマスター。

 

園部優花

声優: 富田美憂

ハジメの同級生で、ハジメの死後、迷宮での勇者一行の修行をやめることを選択した。

迷宮でハジメに助けられた恩義を感じ、ハジメの死を無駄にしないよう努力し、代わりに王国でのアイコの活躍を手助けする。

その後、ハジメが生きているのを確認し、安堵する。

ハジメに未練はないと言いながらも、クラスメイトからハジメの愛人になることをからかわれるようになる。

職業はアクロバットで、ナイフの扱いに長けている。

 

遠藤 浩介

声優 :榎木淳弥

ハジメの同級生で、当初はオルクスの迷宮でヒーローズパーティーの訓練に参加していた。

存在感が薄いため、クラスメイトにうっかり見落とされたり忘れられたりすることが多く、トルテュスに来てからその傾向が強くなっている。

カトレアに襲われた勇者一行のために、他の仲間に見送られた後、ハジメに助けを求める。

エリとヒヤマの裏切りにより、メルド隊長を救えたかもしれないという罪悪感から落胆し、他のクラスメイトと共に首都に残っている。

ジョブクラスはアサシン。

 

檜山大介

声優: 白石稔

ハジメの同級生で、ハジメをよくからかい、カオリと仲がいいことからハジメに嫉妬していた。

ダンジョン内のボス戦の際、密かにハジメに火の魔法をかけ、奈落の底に落とさせた。

ハジメが生きていることを知り、恐怖のあまり、否定しようとした。

香織を所有したいというマニアックな願望を持っており、そのために中村絵里と契約し、香織をアンデッド人形にして楽しむために、王室騎士の皆殺しに協力した。

その後、檜山は都への侵攻の際に肇に翻弄され、怪物たちに殺され、食べられてしまった。

 

中村恵理

声優 :西明日香
ハジメの同級生。当初は心優しい少女に見えたが、やがて悪魔の侵略の際に光輝に取り憑かれ、人を操り狂うサイコパスとしての本性を現す。

当初はハジメの命を狙った檜山を脅迫していたが、後に悪魔やノイントと行動を共にするようになり、何人ものハイルイの貴族や兵士を殺害し、自分が操れるアンデッド人形として蘇らせる。

本性を現し、クラスメイトを裏切り、自らの手でクラスメイトを死なせてしまったエリは、その後悪魔と共に退却する。

ジョブクラスはネクロマンサー。

 

清水幸利

声優: 石田彰

召喚クラスの一人で、愛子を殺すために魔物の軍団を育て、戦いに導くという悪魔の申し出を受け、不甲斐なさを感じていた。

ハジメのパーティに敗北した後、愛子の和解に反論するが、愛子を暗殺しようとした悪魔に致命傷を負わされる。

肇の懇願にもかかわらず、肇は清水を助けるのではなく、清水の死の責任を愛子に負わせないために、清水を殺すことを選ぶ。

 

カトレア

声優 :那波多目仁美

フレイドの配下で、オルクスの大迷宮の攻略を任され、フレイドから提供された複数の強化モンスターを使って主人公一行を勧誘または殺害する魔物。

最後はハジメに殺され、彼女の恋人であるミハイルが仇を討とうとする。

 

エヒト

シリーズの主な敵役であるエヒトは、神として知られているが、生まれは人間で、不老不死を獲得し、代わりに神として崇められるようになった。

トルテュス世界を長年支配した後、この世界を「生と死のチェス盤」にすることを決意し、人間と魔界を戦わせ、永久に続く戦争状態を楽しむ。

 

レミア

声優: 大原さやか

ミュウの母親で、エリセンに住むマーフォーク/ダゴン型の半人半獣。

娘が誘拐された時に奴隷商人に襲われ負傷したが、ハジメ一行がレミアをエリセンに連れ帰った時に、カオリがレミアの足を治してくれた。

ミュウがハジメに執着しているのを煽り、ハジメとイチャイチャするのが趣味。

 

オスカー・オルクス

声優: 寺島拓麿

神に対抗する解放者の一人であり、オルクスの大迷宮の生みの親。

ハジメとユエが彼のダンジョンを攻略した際に見たオスカーの古い記録から、死後にエヒトとリベレーターの真実を明らかにした。

数々のアーティファクトを生み出してきたことから、一度も会ったことはないが、ハジメはオスカーのことを師匠のように思っている。

 

ミレディ・ライセン

声優 :ゆかな

大昔に神に敵対した解放者の一人で、自分の作ったゴーレムに魂を移し替えて現代まで生き延びている。

大声で騒ぐお茶目な性格で、冷泉峡のラビリンスに挑んだハジメ、ユエ、シアは、その悪ふざけですっかり苛ついてしまった。

 

 

ありふれた職業で世界最強 2nd seasonのエピソード別あらすじ

第1話 イレギュラー

あらすじ 2022年1月13日放送
王都に戻った雫たち生徒たち。死との遭遇、そして南雲肇との劇的な再会は、生徒たちの心にそれぞれ異なる影響を与えた。ハジメはカオリと共にグリュンデザートに到着する。

第2話 灼熱の光

あらすじ 2022年1月20日放送
安ヵ寺に到着したハジメ一行。ハジメはこの公国の危機を救うために奇跡を起こし、次の目的地である大グルエン火山へと向かう。

第3話 黒と白

あらすじ 2022年1月27日放送
大グルーン火山の迷宮の果てにある過酷な試練をクリアしたハジメだったが、その瞬間、悪魔の司令官フレイドが奇襲を仕掛けてきた。ハジメは重症を負い、絶望的な戦いが始まる。

 

第4話 親子の再会

あらすじ 2022年2月3日放送
ティオは一人で火山を脱出し、安ヵ井に向かって飛び立つ。一方、まだ火山の中にいるハジメたちは、迫りくる溶岩から目的のものを犠牲にすることなく脱出するための作戦を立てる。追手から辛うじて逃れたティオは、アンカレッジに戻り、カオリとミュウの治療を受け、ハジメ、ユエ、シアは迷宮の核に到達してその力を奪い、ハジメの作った潜水艇で脱出する。しばらくして、一行は海の真ん中で再集結し、マーフォークの住む海都エリセンに到着、ミュウは母親と再会する。一方、雫は愛子に相談し、ハジメが教会の命令に従わないため、正式に異端者の烙印を押されたことを知る。さらに愛子は、国王や貴族たちの様子がおかしいこと、ハジメによれば、教会もエヒト神も、その真の目的を知っているので信用できないことを明らかにする。

 

第5話 海底の記憶

あらすじ 2022年2月10日放送
エリセンの街を出発したハジメたち一行は、メルシンの沈没遺跡を目指す。いくつもの謎を解きながら迷宮にたどり着いた一行の前に、謎の幻影が立ちはだかる。

 

第6話 大切な人

あらすじ 2022年2月17日放送
みんなと別れたハジメとカオリは、迷宮の奥へと進んでいく。しかし、香織はそれよりも、本当に肇とこのまま付き合っていていいのだろうか?

 

第7話 新たな誓い

あらすじ 2022年2月24日放送
ハジメ一行がメルシーヌの沈没遺跡から無事に帰還してから数日が経った。ハジメはそろそろ行かなければと思いつつも、ミュウの心を傷つけたくはない。

 

第8話 不穏な影

あらすじ 2022年3月3日放送予定
大輔と影の協力者は、あからさまにメルド司令に行動を起こし、計画の最終局面を迎える。一方、ハジメは以前会ったことのある人物を襲う山賊の一団に出くわす。

 

 

ありふれた職業で世界最強 2nd seasonのアニメの評判は?感想と見どころをレビュー

 

YAMIさん 総合評価 8

ありふれた職業で世界最強 2nd seasonは、史上最高のイセカイ番組ではありませんし、それどころではありません。

クオリティで言えば、それ以上の番組はいくらでもある。しかし、史上最もフャンタジーな番組である。

この番組には、今まで伊勢海老が好きだったことや不満に思っていたことがすべて盛り込まれており、そのため、この番組はあなたが今まで見た中で最も狂気に満ちた番組の一つになっています。

この番組にはカークラッシュのような雰囲気があり、それが良い意味でこの番組を際立たせている。

バニーガール、ヴァンパイア、ドラゴン、マーメイドが一つのハーレムにいる。

オークやエルフ、一般的な形のないモンスターなど、この手の番組でよく見られるファンタジーの生き物に加え、舞台には魔法が存在する。

人間には超能力があり、主人公は最高の力を手に入れることはできないが、とにかく最高の力になるように力を発揮する。

性的で不適切なジョークが多く、胸の谷間はいたるところにあります。少女たちは主人公に身を投じ、彼は長い間拷問を受けても優しい心を持ち続ける。

これは、おそらく番組の中の異世界ものの半分もないでしょうが、私が気になるのはこれだけです。

ほとんどの番組はこれらの特徴のいくつかを持っていますが、「ありふれーた」はそのすべてを備えています。

したがって、この番組は、誰もが見ることのできる最もイセカイ的な番組なのである。

万人受けはしないが、好きな人はとことん好きな番組である。

第1シーズンは低予算とひどいCGIにもかかわらず、商業的に非常にうまくいったので、現在シーズン2が進行中である。

ありふれーたーのシーズン1が好きなら、ありふれーたーのシーズン2エピソード1も好きだろう。

シーズン1のプロットをうまく引き継いでいる感じがして、見ているうちに時間を忘れてしまうほど優雅に飛んでいくエピソードだった。

また、シーズン1では、いろいろなことが飛び飛びになっていたため、イセカイを手に入れたオリジナルクラスにも注目したい。

また、シーズン1では、いろいろなことが飛び飛びになっていましたが、今回は、キャラクターが全員復活し、調子も良くなっています。

この番組の他の部分についてはどうであれ、「ありふれーた」のキャラクター、特に女性陣が美しくデザインされていることは否定できないでしょう。

特に女性陣のデザインは素晴らしいです。私は全員の個性が好きですが、ハーレムにどんどんキャラクターが増えていくので、シャアの影が薄くなるのは確かです。

そういえば、ハジメは義務感でハーレムを作っているだけで、ユエ以外の人間には何の期待もさせていないところがいいんですよね。

ハーレムはあまり好きではないのですが、今回はその扱いが良いので、気になりません。全体的に、このシリーズは堅実なスタートを切っている。

 

ウェブ2121さん 総合評価 3

このレビューには軽度のネタバレが含まれます。

今回は、より多くの迷宮を攻略して、より多くのエイジ・オブ・ゴッズの魔法を手に入れようと向かいます。また、新たな敵が登場します。

ありふれたS2について、少しお話します。まず、S1の内容やストーリーを楽しめた人は、これも楽しめるだろうし、逆にS1が嫌いな人は、これも嫌いだろう。

これはS1と比べて新しいことはあまりしていません。どのキャラクターも、完全に無個性ではないにしろ、相変わらず一本調子です。

この作品は、S1と比べて新しいことはあまりしていません。いつものように最小公倍数に迎合している。

S1のような脱力系の願望達成エンターテイメントを求めるなら、これは間違いなくあなたのものになるでしょうし、好きになるでしょう。

脚色という観点からは、カットされた内容の量はS1ほどひどいものではありません。

テンポは相変わらずめっちゃ速いし、正直このスピード感の方が自分には合っていて楽しい。少なくとも、完全に飛ばしたようなアークは今のところない。

もちろん、魔法のシステムやmcの「錬金術」についての専門的なことはまだほとんど説明されず、見落とされていますが、これはおそらく普通の視聴者には何の意味もないでしょう。

演出面では、これはひどい。褒めるべきところは褒め、CGIはS1よりほんの少しですが改善されています。

しかし、それでもまだひどい有様だ。

フレームは時に硬く、巨大なサンドワームからのチェイスでは、彼らのトラックが左から右に動き、CGの醜悪さが地面を叩きつける、正面からの視点だけでアニメーション化されたものがありました…

控えめに言っても、粗雑なやり方でした。戦闘シーンもS1より少しですが良くなっています。映像に感動することは期待しないでください。

サウンドデザインは平凡です。

サウンドのほとんどはS1からの再利用で、新しい曲はほとんどなく、ほとんどが忘れ去られたものです。この番組が作り出そうとしている雰囲気を多少サポートしている。

戦闘シーンは戦闘音でバックアップされるなど、様々な工夫がなされています。

効果音は十分なもので、モンスターが地面を打ち砕くとき、私を気づかせるのに十分なインパクトがありますが、もう一度言いますが、特別なもの、驚くべきものはありません。

正直なところ、「ありふれーたーS2」を気に入るかどうかは、「ありふれーたーS1」を楽しんだかどうかで、すでに決まっているのではないでしょうか。

この新シーズンの「ありふれーた」は、S1と比べて、いろいろと変わったことはしていない。

 

ラッキー7さん 総合評価 4

ありふれたは、どうにかしてゴミ箱行きになるのを避けた、ダメなファンタジーの典型である。

すべてが揃っている。

文章が悪い。プロットの矛盾、既成事実の無視、性格の悪い登場人物。

→テンポが悪い。あらゆる問題やストーリーが早すぎたり遅すぎたりしており、ほとんどの場合、本当の意味でのクライマックスや見返りがない。

→ 繰り返される一般的な異世界の題材、モンスター、世界観、動機など。世界観を満たすためだけに存在し、あまり発展しない。

そして、この作品は続編としてより悪いものとなっており、それは明らかに、彼自身のコメディ精神を受け入れる代わりに、よりシリアスなトーンにコミットしているためです。

この番組は、自分のくだらなさを自覚しすぎていて、どんどん掘り下げていくので、実はいい番組で、それを理解するのに必要な8次元チェスの思考能力が、僕たちにはないだけなのかもしれないと思うこともある。

 

ミントさん 総合評価 4

このサイトでアニメのレビューをすることはあまりないので、今回が初めてのレビューになります。

まず、なぜ?

というところから始めたいと思います。しかし、それぞれのカテゴリーで一つずつ始めましょう。

ネタバレがありますが、なぜネタバレを期待せずにレビューに来たのか?
(ネタバレはしていないと思います)。

ストーリー
典型的なイセカイアニメで、ストーリーのプロットが悪いので、脳を閉じて気にしなければ楽しめるし、テンポも最悪なので死ぬほど面白い

サウンドトラック。
しかし、第2話の溶岩ヘビとの戦いのようないくつかのシーンでは、音楽のトーンが再生されているシーンのトーンと非常に異なっているため、それは別のシーンであることが仮定され、それが私をオフにします。悪い点

キャラクター

ハジメ=クソみたいなMCでクソつまらない

ユエ=個性がない一方的な淫乱ロリ吸血鬼(忍のクローン、ただし悪者)。

シア=巨乳ウサギ娘淫獣(デザインは好きです)

ティオ=ムラムラ竜の売春婦(私の中では大丈夫です)

みゅーちゃん=クソガキ

かおり=この中で一番いい子です、だってただの人間だし、それがいいんです。人間だから良いのであって、実は個性があって、もっと感情がある。

雫=まだ分からない。

 

アート
このアートスタイルは何度も見たことがあり、平均的ですが、金髪のキャラクターがフレームに入ったとき、目がとても眩むシーンがあります。明るすぎる。

声優。
なぜ日本の声優に期待するのか?いつもその場しのぎです。ただ、これにはこだわりがあります。

楽しめました。
シーズン1を見たときのように、頭をフル回転させて楽しむことをお勧めします。

OPキャラクターがクソを破壊するのを見るだけでも楽しいです。しかし、プロットやキャラクターのために見るのであれば、この作品をお勧めします。

駄作アニメが好きな人以外は楽しめないでしょう。

他のアニメを見ながら、良いアニメが来るのを待ちます。

 

スナップさん 総合評価 5

ありふれた職業で世界最強 は、おそらく私の罪悪感のある番組の一つである。

シーズン1はPS2初期のCGを使ったしょぼいエッジフェストだと思ったが、少なくとも「悪いから良い」的な面白さはあった。

2019年夏にはその人気を取り戻し、続編が出るのは必然だっただろう。

最近学んだことがあるとすれば、続編を望むなら伊勢谷であることが最善の策であるということだ。で、どうなんだろう?

この作品は良くなっているのだろうか、それとも、そのくだらなさに磨きがかかっただけなのだろうか?

まあ今期で確実に良くなったのは、アニメですね。

asreadが戻ってきた一方で、White Foxはこの第2シーズンには何の関係もなく、新しく設立されたスタジオMotherが手伝いに来ています。

そして、信じられないかもしれませんが、CGは完全なクソゲーには見えません。

同じモーションを繰り返し使っていることはわかるが、実際にはもっとうまく動いているし、ファンタジーの生き物のように動こうとしているレンガのように見えることもない。

その最たる例が、シーズン1と比較した今シーズンのティオのドラゴンフォームで、ブロック状ではなく、静的な動きをしているように見えます。

また、キャラクターデザインも、シーズン1のようなマットな質感ではなく、陰影のあるものになっています。また、「ドラゴンボールZ」シリーズの最大の問題点であったアニメーションは、今作では顕著に改善されています。

今のところ、ストーリーは急ピッチであちこちを駆け回っている感じではありません。

ハジメがハマーに乗るから早くなるのは当然ですが、急ぐという感じではありません。

ハジメが神を倒すためにラビリンスを探しているところから始まり、神の使徒がそのことに気づき始めたところから始まる。

つまり、ハジメの新たな敵が登場したわけです。ハジメを強すぎるエッジロードに見せないために、事態をより面白くすることができます。

その代わり、強いエッジロードに見えるようになりました。そう、それは大したことではありませんが、少なくとも戦いをより興味深いものにしています。

しかし、キャラクターはまだ問題があります。しかし、幸いなことに、今回はもう少し深みが出ている。

シャアを除いて、シーズン2での彼女の役割はとても小さく、彼女がそこにいることをほとんど忘れてしまうほどです。

ハジメはハーレムだけでなく、周りにいる人たちの中ではまだエッジロードのように振る舞っていますが、ミュウがいると、キャラを破って過保護な父親のように振る舞うのが面白いです。

ハジメのハーレムに香織が加わったことで、肇の心をユエに奪われている香織が、肇の心を掴んで離さないという面白い場面もある。

しかし、このハーレムに彼女が入ることで、ハーレム全体が肥大化した感がある。しかし、「ありふれた」はそのバランスを取るのに苦労している。

なぜなら、すでにユエが勝っていることが分かっているのに、このハーレムにカオリを入れることは、物事を複雑にしようとするが、すでに勝負がついているためうまくいかないからだ。

サントラも相変わらずですが、少なくともシーズン1よりは適切に使われていて、私はOPもEDもファンです。

MindaRynの “Daylight “は、私がシーズン1のOPに抱いていた主な不満、つまりビジュアルに対処しています。

また、EDのFantasticYouthの “外道賛歌 “も、静止画をパーンしているだけですが、とても格好良いビジュアルです。

正直なところ、「ありふれたー」のシーズン2は、シーズン1より改善されたと言えるが、ハードルが低かったので、感動的な出来とは言い難い。

しかし、そのハードルは低く、感動的な作品とは言えません。

しかし、この作品はまだ良いギルティプレジャー番組として機能しており、ただ今は目に余るほど少なくなっている。

キャラクターやサウンドトラックなど、シーズン1から引き継がれた大きな問題はありますが、現時点ではストーリーはよりきちんと語られていますし、アニメーションも明らかに向上しています。

しかし、このシーズンが人々の考えを変えることはないだろう。

シーズン1が駄作だと思うなら、シーズン2でもそれは変わらないし、その駄作ぶりを楽しんでいるのなら、良いニュースだ、きっとこの作品を気に入るだろう。

シーズン1の大失敗を考えるとあまり期待はしていなかったが、少なくとも見ていて楽しい作品であることに変わりはない。

ストーリー 5/10
キャラクター 3/10
アニメーション 6.5/10
サウンド 4.5/10
個人的な楽しみ方 6/10
総合評価: 5.0/10

 

ザジーさん 総合評価 6

正直、s2はちょっと疲れるので、とりあえず落とします。

キャラは、魔法の性質とinnuendosのトロフィーに強く依存しています。男向けに書かれたものだと思います。だから、あなたがそれを好きなら、素晴らしいです。

ストーリー — (7)このアニメがゴミであることについては、他の人と同意見です。というのも、これは「バカとテスト」をいまだに見返している人が言っていることだからです。このすば」もゴミでしたが、私はとても楽しめました。雰囲気でわかる。

ENJOYABILITY — (6) ゴミみたいなアニメが好きな人なら楽しめると思います。魔法少女、文字通り意味もなく渇いたハーレム、ドタバタが好きな人なら、きっと気に入ると思います。個人的には、ワールドのコンセプトが良かったので、S1の方が楽しめました。私は探索とレベルアップが好きなので、いろいろと考えさせられました。S1の最大の落とし穴は予算でしたが、それは全く気になりませんでした。

観賞性 — (5) ここが私のタンクです。

ハーレムシーンが多いのと、女性が多すぎるのが残念。私はおかしいと思うかもしれませんが、世界観をもっと知りたいのにハーレムが大きくなったら、あなたもそうなるかもしれません。

盾の勇者は私にはこんなに混雑しているようには感じませんでした。OPジャンプと似たような零式がありましたが。

このヒーラーは、S1のラストで、なんとなく/飛び込んできた感じでイライラしますし、このロードトリップの状況も閉所恐怖症のように思えてきました。

恋愛が嫌いなわけではありませんが、疲れるのは、もっと女性が増えるかもしれないと思うことです。

ただ、HAREMはこの物語の大きな要素なので、それが全く我慢できない人はS1以降を気にしない方がいいと思います。

私はシーズン終了まで待つつもりです。この作品は、私の嫌いなキャラクターがゆっくり話すのをスキップするために、ビンジしたいんです。

(うう、私はこんなに小心者なんだ)。とりあえず、落とします。でも、初めて見る人は、一度見てみる価値はあると思います(特にs1)。

 

かくさん 総合評価 8

いくつか言いたいことがあります。

ライトノベル、ウェブ小説、サイドストーリー、漫画、アニメなど、すべての形式の作品を読んできた、完全なアリフレタ好きの人間として言わせてもらえば、テンポは良くなかった。

つまり、悪くはなかったが、同時に少し急いでいた。

また、音楽もまあまあ良かったですが、悪くもなく、シーズン2はその辺りが大きく改善されています。

もう一つ、急ぎすぎたプロットについて、くだらないレビューを書いている人たちは間違っています。

また、アニメではシャアの名シーンを見逃したが、シーズン2ではもっとシャアの活躍が見られるといいなと思うし、物語のもう少し先のシーンも楽しみにしている。

また、人々が抱いている大きな誤解のひとつに、「ミュウはハジメのハレムの一部ではない」というものがあります。

この部分はネタバレを含みます

私は船
ユエ×ハジメ
シャア×ハジメ
ティオ×ハジメ
アイ子×ハジメ
レミア(ミュウの母)×ハジメ
リリアナ×ハジメ
しずく×ハジメ
でも、かおりは個性がないし、好きではない。

 

ヘルンさん 総合評価 4

この番組を毎週見続けている唯一の理由は、友人がライトノベルを読んでいて、一緒に見させられたからです。

この番組を毎週見続けているのは、友人がライトノベルを読んでいて、一緒に見させられたからだ。マンガで発表されたものをすべて読んだ人の立場から見ても、これは質が悪い。

この作品は、「ハーレムと一緒に世界を冒険する」というコンセプトのアンソロジーであり、少なくともその大部分については、第1シーズンは、より良いイセカイでした。そのようなタイプの方には、このアニメのシーズンはお勧めですが、私のようなタイプは、気にしないでください。

そのため、このアニメのような、”萌え “と “癒し “をテーマにした作品を作るのは難しいのです。このような、”萌え “と “癒し “が同居している作品は、”萌え “と “癒し “が同居している作品と言えるでしょう。

このアニメは、1stシーズンより良くなっていますが、まだ残っていて、ひどい状態です。

また、音も他のアニメと同じなので、音質だけを重視するのであれば、他の作品を見た方が良いと思います。この番組は音質の面で他の番組より優れているわけではありません。

このシーズン全体も、他のシーズンも、多かれ少なかれ同じように感じられます。肇がどこかに行って、ハーレムメンバーが裸になって性行為をしようとする。キャラクターを成長させたいなら、1stシーズンや他のショーを見てください。

このアニメは、「ソードアート・オンライン」のどのシーズンよりも面白いです。

ライトノベルを読んだことがあるか、ストーリーが本当に好きな人以外は見ないほうがいい。