地球外少年少女のアニメ動画を全話無料フル視聴する方法!見逃し配信サービスまとめ

引用元:Netflix

\地球外少年少女を無料視聴するならココ!/

配信サービス 配信状況 無料期間とポイント 月額料金
netflixNetflix
見放題
独占配信
無料期間なし
ポイントなし今すぐ視聴
990円

※月額料金は全て税込。2022年2月時点。

 

 

 

放送 2022年1月28日・2月11日
地上波ch 劇場 前編・後編 各3話
放送日 毎週金曜日17時00分開始(Netflixにて)
話数 全6話(Netflixにて)
制作会社 Production +h.
監督 磯光雄
登場人物:声優 相模 登矢:藤原夏海 七瀬・Б・心葉:和氣あず未 筑波 大洋:小野賢章 美笹 美衣奈:赤﨑千夏 種子島 博士:小林由美子 那沙・ヒューストン:伊瀬茉莉也
主題歌 オープニングテーマop「Oarana」春猿火
公式サイト オリジナルアニメ「地球外少年少女」|公式サイト
シリーズ/関連作品 原作:磯光雄

地球外少年少女のあらすじ

2045年、地軸軌道上に開設されたばかりの日本の商業宇宙ステーションを災害が襲う。その時、3人の才能ある子供たちがプロモーションのためにスポンサーとしてステーションを訪れていた。そのステーションには、問題を抱えた月のコロニーで生まれた最後の2人の子供も収容されていた。低重力に慣れた2人は、地球への移住を目指し、リハビリを受けている。

インターネット接続は遮断され、酸素の供給は絶たれ、ステーションが衝突によって損傷し、空気が漏れていることが判明する。減圧、不十分なプラスチックスーツでの船外活動、彗星から水を採取するために作られたとされるマイクロマシンの暴走など、時には対立しながらも、彼らは困難に立ち向かっていく。その一方で、10年前に回避されたとされる技術的特異点(シンギュラリティ)の脅威が迫っていた。

 

TVアニメ[地球外少年少女]PV

 

地球外少年少女の動画を無料視聴できる配信サイト比較一覧

\地球外少年少女のおすすめサービス!/

配信サービス 配信状況 無料期間とポイント 月額料金
netflixNetflix 見放題
独占先行配信
無料期間なし
ポイントなし今すぐ視聴
990円
fodFODプレミアム 未配信
14日間無料
900ポイント未配信
976円
unextU-NEXT
未配信
31日間無料
600ポイント未配信
2,189円
danimedアニメストア
未配信
31日間無料
ポイントなし未配信
440円
primevideoAmazonプライムビデオ

未配信

 

30日間無料
ポイントなし未配信
500円
dtvdTV

未配信

31日間無料
ポイントなし未配信
550円
musicjpmusic.jp

未配信

30日間無料
1,600ポイント未配信
1,958円
huluHulu

未配信

14日間無料
ポイントなし未配信
1,026円
abemaABEMA
未配信
14日間無料
ポイントなし未配信
960円
telasaTELASA

未配信

15日間無料
ポイントなし未配信
618円
crankinクランクイン!ビデオ

未配信

無料期間なし
3000ポイント未配信
990円
tsutayaTSUTAYA DISCAS

未配信

30日間無料
ポイントなし未配信
2,052円
paraviParavi

未配信

14日間無料
ポイントなし未配信
1,017円

※月額料金は全て税込。また付与されるポイントは無料期間中のものになります。

 

Netflixお試し期間を利用すれば[地球外少年少女]の動画を全話無料視聴できます。

地球外少年少女も含めNetflixは独占配信の動画が多く、おすすめの配信サービスです。

Netflixの特長一覧表
Netflixの特長一覧表

netflixNetflix 月額料金:990円
無料期間:無し
独占配信アニメ多数
オリジナルアニメ:Nシリーズ
【Netflixの特⻑】

    • Netflix独占配信アニメもあるのでお得
    • アニメ作品が多数!オリジナルアニメもあり
    • 月額料金だけで配信アニメ動画が見放題

動画配信サービスの「Netflix」についての詳細な情報はコチラから

 

地球外少年少女のアニメ動画をYouTubeなどの動画共有サイトで視聴する方法は?

YouTubeなどを含む海外の動画共有サイトでは非公式にアニメの地球外少年少女が配信されていて無料で視聴できる動画もありますが、画質が悪かったり、余計な広告が出てくる場合もあります。

注意:海外の動画共有サイトからアニメをダウンロードしたり視聴する方法は違法で危険!

海外の動画共有サイトを利用してアニメを視聴する方法はウィルスに感染するなどのリスクは当然つきまといます。

さらに2020年から法律が厳しくなったので海外の動画共有サイトを利用してアニメを視聴していると違法になり処罰される可能性が高くなります。

なので動画配信サービスの無料のお試し期間やポイントを利用して安全に安心して、全話無料でフル視聴しましょう!

特に地球外少年少女はNetflixであれば月額990円で全話フル視聴ができるのでおすすめです!

 

\登録はこちらから!/

Netflixで「地球外少年少女」の動画を無料視聴する

 

地球外少年少女の登場人物の紹介

相模 登矢(さがみ とうや)
声優:藤原夏海
14歳の “エッジロード “ハッカー。月で生まれた人類初の子供の一人で、最も有名な「ムーンチャイルド」。トウヤは地球人を軽蔑しており、逆に彼らの不当な偏見に嫌悪感を抱いている。国連の規制を無視し、特に個人所有のドローンに関しては、ダークネスキラー(ダッキー)と命名している。

七瀬・Б・心葉(ななせ・ベー・このは)
声優:和氣あず未
トウヤの幼なじみの14歳の少女。トウヤよりもさらに体が弱く、心拍数や呼吸を計測する医療用ドローン「メディ」を従えている。このはは時々、誰かに話しかけられているようなイメージを感じ、漠然とした郷愁を抱いている。

筑波 大洋(つくば たいよう)
声優:小野賢章
14歳の少年。UN2.1の下級職員で、ブライトという名の個人用ドローンを使って違法行為をパトロールするホワイトハットハッカー。柔らかな物腰で誰にでも丁寧に接するが、正義感が強く、時には激しい態度を取ることもある。ディーグルの未成年者宇宙体験キャンペーンであんしんにやってきた。

美笹 美衣奈(みささ みいな)
声優:赤﨑千夏
自らをスペースチューバーと名乗り、SNSでフォロワー数1億人を目指す14歳のインフルエンサー。常にフォロワーとアイドル的な会話をするが、ひとたびネットがダウンするとパニックに陥る。宇宙が嫌いだが、フォロワーを増やすチャンスと考え、ディーグルの未成年者宇宙体験キャンペーンで宇宙ステーション「あんしん」に行く。ミナはライブ配信に特化したピンクのハート型ドローン “Selfie “を持っている。

種子島 博士(たねがしま ひろし)
声優:小林由美子
両親の離婚により姓が違うが、ミナの弟である12歳の少年。姉と一緒にあんしんに向かう途中であり、姉とは違って宇宙が大好きである。特に宇宙生まれのトウヤの大ファンであり、様々な陰謀論に精通している。

那沙・ヒューストン(なさ ヒューストン)
声優:伊瀬茉莉也
宇宙ステーション「あんしん」の21歳の職員。子供嫌いのヒューストンは、トウヤとコノハの世話や、ディーグルのキャンペーンで招待された子供たちのアテンドなど、渋い看護師として活躍している。ヒューストンの趣味は七つの詩を読み、未来を知る手がかりにすること。

 

 

地球外少年少女のエピソード別あらすじ

第1話 地球外からの使者

あらすじ 2022年1月28日放送
 

第2話 霧と闇

あらすじ 2022年1月28日放送
 

第3話 ルナティック・セブン

あらすじ 2022年1月28日放送
 

 

第4話 セブンズ・パターン

あらすじ 2022年2月11日放送
 

 

第5話 おわりの物語

あらすじ 2022年2月11日放送
 

 

第6話 はじまりの物語(最終回)

あらすじ 2022年2月11日放送
 

 

 

地球外少年少女のアニメの評判は?感想と見どころをレビュー

 

アンさん 総合評価 8

“地球外少年少女 “は、星々の間で繰り広げられるハイステークス・アドベンチャーです。ディザスター・ムービーに新しい風を吹き込み、熱心なSFファンを感動させること間違いなしの、よく練られたコンフリクトを定期的に紹介しています。倫理的なジレンマに悩まされるキャストたちのサバイバルの物語は、耳を疑うような壮大なクライマックスへと突入していく。時折、不自然なコメディが入ったり、テンポが悪くなるのが難点だが、見事な世界観がこのシリーズを没頭できるものにしている。8/10~

***

“感動的” オービタルチルドレン』(以下、TOC)を観れば、そんな感想を抱くことだろう。この爽やかな全6話のNetflix ONAは、まさに「Mindblown」だ。アニメ “だ。ミステリースリラーSFのようなタイトな脚本だけが理由ではない。独創的な世界観と倫理的ジレンマを容赦なく積み重ねながら、TOCは最終的に観客に、混乱における価値と向き合うことを求めているのだ。私たちを取り巻く世界について、私たちは本当は何を知っているのだろうか?個人では解決できない問題にどう立ち向かうのか?未知なるものを探し求める価値はあるのだろうか?ネタバレなしでTOCに飛び込む私に賭けて、それを見つけ出してください。3…2…1…We have liftoff!

“ヒューストン 問題発生” 2045年、有人宇宙ステーション兼ホテル「あんしん」は、Deegle(Googleとの類似点はまったくの偶然です)主催の地球人観光客の上陸パーティーを準備していた。月で生まれた2人の子供のうちの1人である天才ハッカー相模トウヤは、自分が主催する「バカな地球人」を心底恨んでいる。とはいえ、一人くらいならまだしも、来訪者たちの興奮は冷めやらない。太陽、ミナ、ヒロシ。しかし、彗星がシャトルを襲うという事態に、安堵している場合ではない。彗星の謎を解き明かすことで、世界の命運がかかっているのだ。

TOCは、宇宙空間における素晴らしい世界観の構築を見せてくれる。シリーズの生みの親である磯光雄が描く未来は、魅力的であると同時に悲壮感を漂わせる。この緊密なサバイバル・ストーリーの過程で、視聴者はよく練られた未来的な設定に接することになる。技術的な工夫は、SFならではの気まぐれさを生かしつつ、直感的でわかりやすいものになっている。おそらく「VIVY」ファンにとって喜ばしいことに、人工知能が詳細に検討されており、社会がこのような強力なテクノロジーとどのように融合すべきかという興味深い考察がなされている。宇宙旅行の導入は、単なる舞台装置の着せ替え以上のものを提供し、地球の人口過剰と天然資源の危機に関する繰り返される倫理的ジレンマに道を開くものだ。最近、『BELLE』のSF的なバカバカしさを見たので、対立の確立や未来について議論する点で、『TOC』の方がはるかに優れていると感心した。また、登場人物の扱いも特筆すべき点です。衝撃的な事実が発覚し、同盟関係が変化しても、どのキャストも「悪役」と決めつけることはできず、目の前の大混乱に全力で対処している。登場人物の個性はほとんど感じられないが、説得力のある個人的な動機によって、確実に仕事をこなしていく。タイミングが悪いコメディとテンポの悪さを除けば、TOCは3時間強の短い上映時間で、夢中になって見ることができる。制作会社+hのスタジオデビュー作は、2Dアニメーションとコンポジットのおかげで、有能な仕事をしたことになる。しかし、視覚的な美しさには、目に見える混乱がつきものです。このシリーズはSFやミステリーの要素を含んでいるため、理解するのが難しいかもしれない。さらに、物語の視点が頻繁に切り替わるため、この番組の重い説明についていくのは、より面倒な作業となります。TOCは、そのテーマと題材に圧倒されるかもしれないが、それは理由がないわけではない。それは、主人公であるトウヤの複雑な視点に由来しているのです。

宇宙は最後のフロンティアかもしれない、だってトウヤにはそれしかないんだから。MCが人間を憎んでいる、という話をしましたね。その理由に迫ります。昔、人類が月面コロニーを作ろうとすると、そこで生まれた子供が死んでしまい、挫折したことがあります。この “月病 “はホルモンの発達を阻害するため、当時最も賢いAIであったセブンが開発した脳内インプラントによる治療が必要であった。このA.I.リミッターは思春期までのホルモンバランスをコントロールし、月の子供たちを成長させることができる。しかし、このリミッターは幼少期を過ぎると解除することができず、幼少期に回避できた月病が10代で発症してしまう。この設計上の欠陥を修正できる唯一の存在であるセブンは、人間の制御を超えたという理由で廃棄された。セブンのような巨大な計算能力を持つAIは、AIパワーの厳格な規制により、それ以降存在しない。月に文明を築くという計画は、最終的に破棄され、トウヤは致命的な運命をたどることになる。トウヤからすれば、AIが弱体化した今、治療法のない呪いを地球人たちに背負わされたことになる。しかし、この少年は糞月に生まれたのだ。自分の存在を脅かす世界に対して、トウヤの目標はA.I.ドローンのリミッターをすべて解除し、セブンの再来を告げることだ。それがトウヤにとって、自分とコノハを救う唯一の方法であり、”あんしん “に乗っている唯一の月の子なのだ。

さて、この月の視点からは一歩離れて、倫理的なコインの裏側を見てみよう。宇宙から来た反逆のハッカーとは対照的に、遵法精神に富む国連職員のタイヨウは、トウヤの世界観にこれ以上ないほど異を唱えている。セブンは、制御不能になったAIが何百人もの命を奪う世界的な事件を引き起こした後に活動を停止させられた。A.I.の暴走は、各国政府にとって最も避けたい事態であり、他の問題もある。過剰な人口が人類の終わりを脅かしている。過去に一度、事態をコントロールできなくなった国連は、世界が悲惨な選択肢を見極める中、すべての変数を確実に抑制することに躍起になっている。タイヨウは、これほど危機的な状況であるにもかかわらず、セブンサーガを再び引き起こすようなことはしない。そして、A.I.を全面的に信頼するというトウヤの作戦は、世界を救い、故障したインプラントを修復する最善の解決策なのかもしれない。トウヤとタイヨウの思想は正反対であり、両者とも正しいことをしようとしているにもかかわらず、それぞれの決意は鉄壁である。テクノロジーは脅威なのか、それとも解決策なのか。彗星によって世界人口の3分の1が死滅し、それによって人類の生存が保たれるという、功利主義的な考え方がベストなのかもしれない。正しい答えは何だろう?

混乱してる?同じだ。このレビューの冒頭で、この番組は「心を揺さぶる」効果を狙ったものだと申し上げました。倫理、宗教、運命論などに関するTOCの難解なスタンスにはまだ触れていませんが、この番組がいかにその表現にふさわしいかを実証していることを願っています。第6話の異例のクライマックスは、これまで聞いたこともないような難解な専門用語で構成されており、その多くが流れ星のように私の頭の上を飛び交っていました。しかし、先ほども言ったように、TOCは混乱にこそ意味があることを教えてくれる。混乱は、おそらく人間が考えるための最も効果的な動機付けになる。難問に挑戦することがなければ、自分の考え方を発展させることも、価値ある答えを導き出すこともできないのですから。TOCでは、”フレーム “や “クレードル “という概念が盛んに出てきます。これらは、”視点 “と読み替えることができます。私たちは幼い頃から、自分だけのフレームで世界を見て育ってきました。しかし、スペースシャトルの窓から地球を見下ろすように、やがて自分がいかに小さな存在であるか、他のフレームがいかに多く存在するかに気づき、「度肝を抜かれる」ことになるのです。私たちは、軌道上の子どもたちと同じように、自分たちの視点だけでは、困難な問題を解決できないことに気づかなければなりません。あんしん “のクルーが直面する幾重もの苦境は、フレームを統合し、オープンマインドなコラボレーションによってのみ解決することができるのです。トウヤは、かつて敵視していた地球人に対して共感を示す必要があった。タイヨウは、仲間を守るために、法律への揺るぎない信念を捨て去る必要があった。そう、混乱は必然であり、人は理解できないものを恐れる傾向がある。しかし、その不確実性がすべての答えを握っている可能性がある。時には、信念を持って枠から飛び出さない限り、わからないこともあるのだ。このメッセージは、「TOC」を締めくくるにふさわしいものです。この番組は、差し迫った問題の中で、人類の未来という未知の機会を喜びとしています。常識の枠を飛び出すトウヤたちの姿は、スリリングでカタルシスを与えてくれる。

 

デラ5さん 総合評価 4
微妙。このレビューはネタバレを含みます

迷惑な子供たちとカルト教団が宇宙ステーションでローステータスの冒険を処理するのを見たいなら、ご自由にどうぞ。絶対に耐えられないソーシャルメディア・インフルエンサーの2人、ある種の秘密工作員でもある子供、役立たずの大人たち…そして彗星。

筋書きはというと、ランダムな状況を空中に放り出し、それが着地することを願うというものだ。本当の危険はなく、すべてがコメディとして演じられる。宇宙ステーションの危機で起こりうる現実的な状況を取り上げた脚本は評価できるが、時間の半分が子供じみたおふざけに費やされているため、特に気にする必要はないだろう。

アートはかなりいいのですが、それだけです。12歳以下なら楽しめると思う。そうでなければ、笑えるほど単純で、見る人に何の魅力も感じさせません。

まっくすアンさん 総合評価 6
この映画について何か書くように正式に命じられ、その過程で、散漫で支離滅裂な私の考えを、漠然としたまとまりのあるものにまとめるだけの意志の力を何とか持ち出したが、それでもこの映画の正当なレビューとしての目的意識は全く持っていない。正直なところ、すべてのレビューはこうあるべきなのだ。ある番組が見るに値するかどうか、誰かに教えてもらう必要はないのです。自分で観察することは可能なのです。癪に障ったなら謝りますが、このようなことに関しては、もう少し頑固な意見があってもいいのではと思うのです。さて、話がそれました。レビューと呼べるかどうかわかりませんが。

悲劇的なことに、私はこの前に電脳コイルを見なかったという不幸な過ちを犯してしまった。その結果、おそらく皆さんの多くが指をくわえて笑っているような、参考となる見返りを見逃してしまったのです。だから、この映画の世界観の、より技術的な側面への呼び水にはなったかもしれない。しかし、そんなことはどうでもいい。

私がこの映画を観に来たのは、脚本が目的だったわけではありません。オービタル・チルドレンの観客の多くがそうであろうように、私はビジュアルに惹かれたのだ。しかし、このプロジェクトで最も興味をそそられたのは、磯の名前ではない。吉田健一である。彼の名前を冠した作品を見ると、何か深く、原始的なものが脳裏をよぎるのだ。彼のアートが呼び起こすクオリティを正確に説明するのは難しい。ただ、見ていてとても魅力的なのです。私のリストを一目見れば、彼のデザインが参加したプロジェクトに与えた影響は明らかでしょう。エウレカセブン:文字通り、このメディアで最も完璧に近いもの。キングゲイナー:非常にゴージャスで、想像力に富んでいる。Gレコはどうかというと、MANのビジュアルは本当に素晴らしい。吉田が元ジブリのアニメーターで、参加した作品の中で最も印象的なカットをいくつも任されていることを知れば、その手腕はさらに明白になる。吉田が手がけた作品といえば、『心のささやき』の夢とおとぎ話のシークエンス、そして『ポンポコ』の悪名高い「たぬき対機動隊」のシーンが真っ先に思い浮かぶだろう。彼は多作で、「メタルギアソリッド」のいくつかのゲームにモーキャップのクレジットを持っています(ただし、それが間違いかどうかは、IMDbとANNの両方が同じ情報を裏付けしているので、反証されることになります)。吉田は、その技巧の匠であることは言うまでもない。そして、オービタルチルドレンのデザインは、それにもかかわらず、素晴らしいものである。たとえ、その多くが本田雄の影響を受けているとしても、吉田は、私が彼のスタイルを最も愛している特許の質をもたらしてくれるのだ。見ているだけで、脳内シナプスにとんでもない量の神経伝達物質が流れ込んできます。というわけで、この人の絵について僕がどう感じているか、わかってもらえたでしょうか。そして、これはキャラクターデザインだけです。この映画の信じられないほど長い制作期間を考えると、誰もそれ以下は期待していなかったと思う。だから、Isoがすべての面で成果を上げたと言えるのは、おそらく誰よりも嬉しいことだろう。オービタルチルドレンは、磯の一貫性を維持した技術的な驚嘆に満ちた作品である。しかし、そのビジュアルの細かな素晴らしさについては、特に説明する必要はないだろう。ビジュアルで、ただ見ていれば、それだけで説明がつきます。唯一不満があるとすれば、キャラクターのCGが意外とショボいのが多いことでしょうか。しかも、普通にアニメ化できたと思われるシーンで、たいてい出てくる。背景のキャラクターCGはいいんですが、前景のものが結構多いんです。この作品の制作サイクルの長さと、磯のビジュアル完璧主義を考えると、なぜこんなに多いのか、ちょっと理解に苦しみます。比較的小さな不満点です。しかし、もし私が何かについて小言を言うとしたら、それはそういうことだろう。

受動的な世界観の構築と細かな細部の作り込みも、私にとっては高いセールスポイントです。携帯電話というのは独創的だ。精神的にも肉体的にも、文字通りテクノロジーと融合し同化していく世代の、素晴らしい視覚的メタファーとして機能しています。また、見た目も非常にクールです。ユニクロの宇宙服は、政府の事業と企業の商品化が一体化していることを示す、いいアクセントになっています。政府の事業と企業の商品化が一体化していることを表現しているのです。ヘルメットを折りたたむと、レインコートのフードのようにしわくちゃになり、それを広げると実用的な宇宙用ヘルメットになるところが好きです。宇宙服はファッションの一部であり、実用的な宇宙服の二番煎じであることがよくわかります。

私が「オービタルチルドレン」(このローカライズの名前はどうしたんだ)で一番気に入ったのは、ストリーミングと「インフルエンサー」文化に対する二次的なコメントだった。ミナは、それ以外は完璧に愛すべき少女である。彼女は、本作の退屈な展開の中で、唯一、簡潔な瞬間を提供してくれた。しかし、彼女をカメラの前に立たせると、そのライフスタイル全体が思春期を迎えた彼女にどのような影響を与えたのか、衝撃的なほど不快になる。今の世代をよく見てみると、このような「インフルエンサー」から本当に影響を受けている人がどれだけいるのか、すぐにわかるだろう。インフルエンサーというのは、単なるおちゃらけた名前ではなく、彼らがしていることの最も直接的な定義なのです。影響を与えるのです。そして、社会の中で最も影響を受けやすいのは誰でしょう?子供たちです。それが、インフルエンサーが行う最も恐ろしいことです。彼らはウイルスを伝染させ、弱い立場にある子どもたちは、知らず知らずのうちにそのサイクルを繰り返してしまうのです。そのサイクルは、自分たちの生活の24時間ライブストリームに最も近いものを放送するよう常に奨励されるようになります。何が起きているか分かるでしょう。私も同じことをしています。さて、話がそれました。ライブストリーミング、つまりソーシャルメディアは、愛すべき少女たちを完全なナルシストに変えてしまう害悪であり、誰もが純粋に自分の人生の微細で平凡で下らない詳細を気にしているという考えに取り憑かれている。ミナは機会があるごとに、自分のあらゆる苦境を放映することを余儀なくされる。彼女が本当に危険にさらされているときでさえ、その過程で彼女の人生が損なわれてしまう。彼女は知らず知らずのうちに、顔のない、見えない無名の観客のために自分を卑下しているのだ。自分の人生を有意義に過ごすための才能がない人々は、カリスマ性のある空白の時間の中で最も容易に利用できる人物を通して身をもって体験しているのです。まあ、映画では、前例のない世界的な事件をアーカイブして広めるという形で描かれているのですが。でも、ミナにとって一番大事なのは、その数字カウンターが上がるかどうかなんだよね。だから、私が言いたいのは変わらない。ミナという名前も、ちょっと眉唾ものだ。

この映画のプロットについて、私は本当に洞察に満ちた、意味のある、面白い、知的なことを何も言わない。この映画のプロットを一目見ただけで、私の脳はそれが解読不能な技術用語に過ぎないことを確信するのだ。しかし、ありがたいことに、そうではありません。調べるべきこと、相互運用すべきことがかなりあるのです。そのほとんどが、あるいはそのどれもが、それほど革新的だとは言えません。しかし、コンセプトの提示の仕方によって、どこか新鮮に感じられるのです。フレーム」と「クレードル」という言葉を、視点とセキュリティのアナロジーとして使っているのは奇妙ですが、その狙いは理解できます。この作品の多くは、とてもわかりやすく、ほとんどの人がその核となるコンセプトを理解して、この映画を鑑賞することができると思います。人造の神、社会の倦怠感、テクノロジーへの依存、イデオロギーの過激さ、予言、運命など、脚本には素晴らしいものがたくさん埋もれています。どれも確かなものだ。ただ、功利主義的な考え方は、『逆襲のシャア』からそのまま持ってきた感がある。でも、いいんです。磯はそれをうまく着飾っているから、気にならない。また、いくつかの良い破壊もあります。私はもともとこの作品を、人間の傲慢さと技術進歩の落とし穴について描いたものだと考えていました。ロボットが人間を理解すれば、その日は救われるという、これまで何度も聞かされてきたのと同じ考えを広めているのです。ロボットが人間を理解すれば、その日は救われるのです。しかし、この作品には、まったくもって馬鹿げたものが含まれているという事実からは逃れられない。サイエンス2.0?国連2.1?何?EVAの想像を絶するバカさ加減だ。それに「11次元」での思考が風刺でないわけがない。無駄に複雑な専門用語を使うために、無駄に複雑な専門用語に脚本が変わってしまった感じです。あるいは、私が本当に理解していないだけなのかもしれない。

イノセンス』を観た人の多くがそう感じたのではないだろうか。僕にとっては恐ろしいほどわかりやすく、あらゆる要素が楽しめた作品だった。しかし、残念ながらOrbital Childrenについては、そうも言っていられない。素晴らしい作品であるにもかかわらず、どのキャストにも感情移入できず、少し残念な気持ちになりました。最初から最後まで、ほとんど感情的な利害関係がありませんでした。もしかしたら、私はこの映画に向いていないのかも?でも、そんなことはないだろう。最近、表向きは子供向けのシリーズであるムーミン谷の映画を観たが、最後には涙を流している自分がいた。だから、年齢層が違うとか、そういうことでキャストに共感できなかったということはないでしょう。その理由はただ一つ、この映画の他のあらゆる側面が優先され、キャストがこの映画の他の全てと比較して、むしろ基本的で平凡で記憶に残らないものになってしまったからではないだろうか。それは、常に高いクオリティを保っているからです。磯が企画に幅を持たせ、11~12話のアニメ形式を選択すれば、この問題は解決できたと思う。そうすれば、多少の余裕が生まれ、キャストや設定に慣れるための時間も確保できたはずです。それが最適だったのでしょうが、決して磯が選んだ企画を否定するものではありません。ただ、もっとうまくできたはずなのだ。

オービタルチルドレンを分類するのに、私が “フィルム “や “ムービー “という言葉を使っていることにお気づきですか?つまり、メディア・フォーマットなのです。Netflixの、手に入れたアニメはすべてレイプするという我慢のならないミッションのせいで、彼らはこの映画を見るための方法を完全に破壊してしまったのだ。ただでさえ野暮ったいテンポがさらに悪化し、退屈な時間を過ごすことになる。正統なサスペンスの瞬間が、クソみたいなEDによって短く切り取られ、隔離されていることを考えると、製品全体へのダメージ以外の何物でもない。映画中盤に!?エヴァのエンディングなど、1回くらいならいいかもしれません。しかし、6回も!?なぜ?日本の映画館で放映されている長編2部作は、Netflixの乱売中心のデザイン哲学に対する私の問題のほとんどを軽減してくれるものと想像している。

結論から言うと、私は『オービタルチルドレン』を心から楽しんだ。何人かの人ほど長く待たなくても、待った甲斐があった。私が楽しめた理由の多くは、おそらく吉田監督への忠誠心に起因するものでしょう。しかし、それを差し引いても、前述したテンポの悪さを除けば、この映画は純粋に楽しい。この映画を見るだけでも、その価値は十分にある。脚本は画期的なものではないが、最後まで興味を持続させるに十分な力量を持っている。この映画に対する私の考えを完全に固めるために、いつか再見するべきだと思う。オービタル・チルドレン」が「君の名は」や「静かなる声」のように、現代の名作として記憶されることはないだろう。しかし、肝心なのは、そうなるべきだということだ。それらの作品と違って、オービタル・チルドレンは評価すべき点がたくさんあり、私はこれを作家性のある作品だと考えています。磯以外には作れないし、観れてよかったと思う。

ロシナンテさん 総合評価 6
重大なネタバレがあります。

この10年、『グラビティ』『インターステラー』『火星の人』などの映画が好きだったので、『オービタル・チルドレン』にも期待していた。最近のテクノロジーや宇宙開発の変化に合わせてアップデートしながら、多くの主要なテーマを1つの作品に集めてくれそうだったからです。前半を見たとき、宇宙における人類の未来を楽しく描いていること、子供たちのリアルな個性、新しい技術の進歩に対する社会的なコメントに夢中になった。

しかし残念ながら、このプロジェクトの最大の欠点は、その野心にあった。ミニシリーズという制約と、それに起因する物語上の決断のおかげで、『オービタル・チルドレン』は、私を夢中にさせるのに十分な面白さはあったものの、いくつかの点で物足りなさがあった。

前半に戻ると、私はこの作品とその可能性にすっかり魅了されていた。この番組は興味深い前提を設定していました。各キャラクターがどの程度テクノロジーを活用し、依存しているのかを見るのが楽しみでした。それは、私たちの現在から、もっともらしくもばかばかしい未来の可能性へと自然に進んでいるように感じられたからです。シリーズの対立が始まったとき、私は子供たちがそれぞれどのように状況に対処するのか見たかったのです。

そして後半に入り、超知的AIものがプロットを支配し始めたあたりから、物事が崩れ始めた。このAIはいきなり出てきたわけではなく、大きな役割を果たすと思っていたのですが、納得のいく形で設定するには時間が足りなかったようです。もしこれが単純な宇宙災害サバイバル番組であれば、パート1の遅いテンポは完璧だった。残念ながら、パート2のテンポは逆のスピードで進み、パート1で残した情報で、残りのひねりと暴露に移るには十分だと期待したのです。しかし、そうではありませんでした。

その理由の多くは、葛藤はキャラクターがどう成長するかにかかっており、彼らが成長するための時間がなかったからです。キャラクターが愛おしいと言えるようになりたいのですが、トウヤとタイヨウ以外は、キャラクターを本当に知ることができたとは思えなかったので、そうするのは難しいのです。例えば、ヒロシがとても知的で、ミナがインフルエンサーとして有名になりたいと思っていることは知っていましたが、それ以外の人物像や他人との関係についてはあまり知りませんでした。他の登場人物とのつながりはありますが、それが自然に感じられるまで育てるのではなく、プロットがそうすることを要求しているように感じられました。このような問題の多くは、キャラクターを育てることと、設定について説明することのバランスが取れていなかったために起こります。

例えば、ナサについて。彼女の裏切りは、よくよく注意して見れば納得できるものでしたが、得した気分にはなれませんでした。彼女の七つの詩とそこから発展した神学への信頼は、たしかに最初から明らかだったが、物語に参加していないために、彼女の動機が妨げられることになった。登場時間のほとんどで、彼女は負傷し、意識を失っています。彼女の予測は、たとえ方法が間違っていたとしても、最終的には意味を成すのですから、彼女のキャラクターは素晴らしいものになったかもしれません。しかし、画面に映る時間のあまりの長さに、私たちは彼女を知ることも、感情的なつながりを持つことも許されないのです。彼女のひねりは見事なものであったかもしれないが、結局は精彩を欠き、苛立たしいものであったと思う。しかし、それを実現するための時間が足りなかった。

アートやサウンドデザインについても、同じように中途半端な印象を持っています。普通のアニメとしては、かなりまともだと思います。音楽は楽しいが、過去数十年の映画やテレビ番組を飾った象徴的な宇宙音楽との差別化を図るには至ってない。アートデザインは、このシリーズとしてはかなりクールで、アニメーションをよく引き立てている。

残念なのは、6話ではなく2話のはずなのに、アニメーションのクオリティが今ひとつなことだ。宇宙やテクノロジーは、アニメでは難しい題材ですが、明らかに多くの手抜きがされています。ダイナミックな動きやサクガがあるべきなのに、それがないところがある。3Dモデルを使っているのは理解できますし、このようなプロジェクトには期待できますが、理解できないのは、手で簡単に描けるような人間のキャラクターを3Dモデルで描いているところです。映画というより、季節もののアニメのような感じです。Netflixが映画をエピソードにカットしてくれてよかったと思わせてくれる。そうでなかったら、美術に対する私の評価は今よりももっとネガティブなものになっていたような気がするのだ。

オービタルチルドレン』は、後々まで語り継がれるような壮大な宇宙ドラマになったかもしれないが、この物語を語るためのリソースは、このプロジェクトのスケールの大きさに対して十分ではなかったのだろう。これらの欠点にもかかわらず、私は「The Orbital Children」を見て多くのことを学んだと感じた。終了後もそのテーマのいくつかについて考えさせられたし、プロットに深く入り込むことができた。残念なのは、時間、時間、時間という問題が残っていることだ。この作品は、映画やミニシリーズの集合体ではなく、完全なシリーズであってほしかった。なぜなら、この作品が素晴らしくなるために必要なのは、もっと時間だけだからだ。

6/10という評価ではあるが、もっとSFを見たい人には試してみてほしい。好きなSF作品があるにもかかわらず、得意なジャンルではないので、それが視聴に影響しているかもしれないが、1つだけ良いことがあるとすれば、それは、「The Orbital Children」に挑戦しようと決めるまで、磯光雄のアニメ業界への貢献はよく知らなかったが、電脳コイルはいつか必ず挑戦しようと思う。彼のアイデアと技術の扱いは素晴らしいと思うので、彼が以前に何をしていたか興味があるのだ。この作品の使命が、新しい世代の視聴者に彼の名前を知ってもらうことだけだとしたら、それは成功したと言えるでしょう。

ボイロンさん 総合評価 5
全く新しいスタジオによる、非常に意欲的な初アニメです。設定は非常に想像力に富んでいます。大企業がついに人類を大いなる彼方へと導いた世界はどうだろうか?Google、Tesla、Uniqloが、人類がどこから来たのかを見るために、地球に戻る旅をスポンサーしているところです。人口過剰と気候変動がもたらす結果にも目を向けながら、それが将来どのようなものになるかを見るのは、とてもクールなことです。

それ以外に、このアニメは、残念ながら、他のすべてにおいて失敗している。

最初から、CGIを使用していることは、あまりうまくできていないので、かなり目立つでしょう。CGIは新しいものなので、スタジオを完全に非難するわけではありませんが、非常に安っぽく、ストーリーの道具としてではなく、時間短縮のために使われています。それ以外の点では、演出はかなり標準的です。本当の意味でのサクガの瞬間はなく、アニメーションの予算を使い切った最後でも、最先端のものは何もありません。他のアニメと同じように見えるだけで、この番組は、考え抜かれた世界に設定されたユニークなアートスタイルから恩恵を受けることができたと思うのです。

しかし、このアニメが最も苦手とするのは、ストーリーと世界観の複雑さである。このアニメで提示されたアイデアを比較すると、「ブレイム!」のようなものが最も近いと思いますが、これでも及ばないのです。用語の説明が多い割に、何が何だかよく分からないのは残念。

人工知能についてこれまで考えてきたことを、吟味することなく書き連ねているようにしか見えません。キャラクターも、テーマに対して何のニュアンスも加えていないのは言うまでもありません。そういえば、キャラクターの行動も予想通りでした。ひねりの効いた展開には、とても圧倒されます。

キャラクターはとにかくつまらない、深みがない。ジャパンシンクやアクダマドライブのような番組の下世話なコンセプトとキャラクターを思い出させる。

最初の作品がどうであれ、このスタジオには可能性があるように見えるので、今後も注目していきたいと思います。AIを題材にしたアニメには事欠かないが、この作品は、そうしたアイデアを新しい形で伝えようとする真剣な取り組みに見えた–たとえそれがうまくいかなかったとしても。

 

ジャミさん 総合評価 3
オービタルチルドレンは、2000年代半ばのSFアニメという観点では過小評価されている名作「電脳コイル」の、昇華した情熱と創造性を持つ作家、磯光雄による待望の誤爆である。Orbital Children』は前作から多大なインスピレーションを得ているが、それがなぜか本作の弱点の1つになっている。これは、人々が愛する番組の大幅な劣化版のように感じられる。オービタルチルドレンのほぼすべての側面は、浅はかで気取った感じがするが、これは主にこのアニメの長さ(あるいは短さ)のせいかもしれない。電脳コイルは、完全に実現された世界観、好感の持てるニュアンスのキャラクター、26話のストーリーで探求されたテーマがあったが、オービタルチルドレンは劇場公開作品(Netflixで見た場合は6話のアニメ)である。長編アニメ映画では、2コースのテレビシリーズのような盛り上がりに欠けるのは理解できるが、『オービタルチルドレン』は3時間で、その膨張した上映時間をほとんど活かしていないのである。

ストーリーは単純で、一般的で迷惑な自己紹介の集団が、未知の力によって妨害された宇宙ステーションに閉じ込められてしまい、脱出するために協力しなければならないというものだ。子供たちが自己暗示をかけるための段ボールの原型から進歩することはなく、むしろ番組が進むにつれて不可解で面白くなくなり、最後には新しいレベルの願望実現につながる結末となる。彼は、地球人がサイバネティックに強化された宇宙生まれの人間を資源の無駄だと考えているため、地球人に対して虚無的で冷たく、論理の隙間から人工知能をプログラムして技術的限界を超えさせ、地球を絶滅させようと考えているのです。本質的には、彼はシャア・アズナブルだが、クールではない。その後、彼はあまりイライラしなくなるが、フィナーレまではまだ未熟な怒りを放っている。彼はサイキックな親友、クソティクトクの少女とその影響されやすい弟、そして番組全体で最も迷惑なキャラクターで国連のプロパガンダの言い訳であるタイヨウ(何らかの理由でまだ未来に存在する)と共に破損した宇宙ステーションで立ち往生してしまう。大人のキャラクターもいますが、誰もストーリーに大きな影響を与えず、信じられないほど明白で脅威のないストローマンの敵役は、動機がすべて「予言だから意味がなくてもいい!」によって決定され、説得力のある敵にはなりません。マスコット・スーツを着た老人みたいな男もいる。エルゴ・プロキシ』のピノを真似たのだと思うが、確証はない。

オービタルチルドレンは、人工知能の性質と進化、宇宙植民地化、人類が自らの進歩を抑制する必要性などの未来的ジレンマに、ファックス機のように内省的かつ自己認識的に取り組もうとするものである。哲学的」なシーンでの台詞の99%は、これらの難問について全く何の意味もなく、全く結論のない似非知的なおしゃべりである。そのかわり、脚本家チームはできるだけ実のない台詞を詰め込んで知的な印象を与え、「すごい!まるでエヴァンゲリオンだ!」と言わせたかったのだろう。この番組は実際に、最後の20分で、このシリーズの執筆に関わった誰かが何を言っているのか分かっていれば、深みがあったであろう、無茶苦茶に頑張った終わり方で、それをパクろうとするのだ。電脳コイル」のように、視聴者の注意を引きつけるための間延びした展開の代わりに、「オービタルチルドレン」は、登場人物たちが最も生気のない方法で互いのイデオロギーを語り合うシーンばかりである。

実のところ、シリーズ全体が生気を失っているように感じられるのです。電脳コイル』では磯のインプットが素晴らしく、フレームの取り方、シリーズのエネルギーや色合いから世界観を感じ取ることができたのですが、今回はどうでしょうか。キャラクターは常に型落ち、演出や撮影は淡白で色彩がなく、サウンドトラックでさえも特別なものはほとんどない。第1話では、3分間の同じシーンで少なくとも10個のショットが繰り返され、ほとんど変化がありませんでした。第1話の間、誰かが話すたびにショットが逆回転しているだけで、退屈な第1話でした。磯が才能があるのは間違いないが、『オービタルチルドレン』は、彼が必要に迫られて作ったものか、制作中に完全に破棄されたもののどちらかであるように思える。几帳面でSF好きで有名な男が、宇宙では火事が起きないことをどうして忘れているのだろう?シリーズの半分がナンセンスに感じられる。近未来について計算された洞察に満ちたアニメというよりは、AIの宇宙岩石や、デジタルレーザーを発射するドローン、そしてなぜか文字通りのクソ魔法が登場する。電脳コイルが疑似科学に傾倒しているのは知っているが、設定上、自然に感じられた。この作品は、仮想現実における現実的なブレークスルーを刺激することさえできたのです。オービタルチルドレン』には、そのような先見性が欠けている。Netflixがこのシリーズを最終製品にするために手を貸したと仮定しなければならないが、それはしっくりこないからだ。このシリーズから何か画期的なものが生まれたかもしれないのに、それが抑制され、番組自体の人工知能のような無難なものに変わってしまったように感じるのです。それは、何とも皮肉なことです。

リリーさん 総合評価 6
今日Netflixを開いた時に出てくるまでこの番組を知らなかったので、純粋な好奇心で見てみました。

感想は、一言で言うと「よく言えば中途半端」です。この作品は、「崖の上のポニョ」のようなものです。

また、ビデオ通話での会話に音声効果をつけているのは、いい感じだと思います。また、ビデオ通話の会話に音声効果をつけているのもナイスな演出だと思います。

しかし、プロットがそれを台無しにしているような気がします。

私は普段この種の番組をあまり見ないので、少し偏見があることは認めます。SF的な要素もありながら、ほとんど現代的な設定で、その設定にもかかわらず、とんでもない技術を持っている世界。もし、超高度な技術を登場させるのであれば(アニメに限らず、どんなものでも)、それを現代の設定にうまく適合させるために2つの選択肢があると思うんです。

1. 1.異質なものなので、登場人物(と観客)には理解できない。

2. タイムトラベルの悪ふざけ

マーベルやDCがこれらのルールを破っていることは知っていますが、彼らの世界は私たちの世界と十分に異なっているため、より受け入れられやすいと言えると思います。でも、私は、このようなやり方はあまり好きではありません。

このような番組は(特に終盤の出来事を考えると)、現実の科学に基づいたものを時折登場させるのではなく、超常現象をテーマにすることで心から利益を得られると信じています(ここでは単なる概念で、教育的なものは何もありません、登場しても非常に不愉快な非説明です)。

ネタバレ注意

番組の最初から、AI知能はすべてのロボットにリミッターをかけるというルールを確立しており、このリミッターがロボットの賢さと、おそらく何らかのオーバーライドによってアクセスできるものをおおよそ決定/分類しています(本来、ロボットはすべてにアクセスできるわけではありませんから)。例えば、国連で働くこの子供(一時的に低いランクで)は、文字通り司会者のロボットを自分のロボットに「ねえ、彼を文字通り史上2番目に賢いロボットにすることができますか?このキャラクターの平均的な何もしないロボットは、他のどんなAI(自分より10倍賢い)も、何でもできる超魔法コンピューターに変えてしまうのです。

この番組の実際のプロットは、予想できる冗談のようなものです。

全体的には、今まで見た中で最悪というわけではなく、虚空を見つめながら背景に流れる映像が好きな人には全く問題ないが、実際にこれを勧める気にはなれない。カウボーイビープバップやダーリン・イン・ザ・フランクスを代わりに見ましょう。この番組はDarlingのアートスタイルに似ているので、この番組が好きな人はDarlingも見てみてください。宇宙のショットは少ないですが、絵が似ているので、主人公はお互いのクローンかもしれませんね。

もし、この番組を見たいと思ったら、友達と一緒に見ると、ジョークを言うのが非常識でなくなり、孤立感がなくなるかもしれないね。

フリック12さん 総合評価 4
キーアニメーターや中間アニメーターなど、アニメーションの細かい部分を勉強するのが本当に好きな人なら、磯光雄という名前を目にしたことがあるのではないでしょうか。磯 光雄は、スタジオジブリのキーアニメーターとしてスタートしたアニメーターである。Only Yesterday』『Ocean Waves』『ポルコ・ロッソ』『パーフェクト・ブルー』などのカットや、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』では戦闘カットを担当している。さらに、『デジモン』第1作のアニメーションも担当した。2007年には、自身のオリジナルアニメ「電脳コイル」を制作し、必ずしもメインストリームでヒットしたわけではないが、過小評価されている傑作とみなされている。私はまだ電脳コイルを見ていませんが、そのうち見るつもりです(HIDIVE、なぜ外す必要があるのですか!)。というのも、2007年当時、企業は完全オリジナルアニメ、特に漫画やライトノベルのような既存の原作によらないものを作ることに抵抗があったようだ。しかし今年、磯は『オービタルチルドレン』という非常に野心的な映画でカムバックし、Netflixで配信を開始したところです。彼の作品のファンは興奮していましたし、たった6話だとわかったので、これは良いタイムキラーになると思いました。しかし、私は良いアニメーションとよく練られたキャラクターが好きで、磯は電脳コイルでその両方をやってのけたので、もしかしたらオービタルチルドレンは素晴らしいものになるかもしれません。

これには言葉がある。因みに、私はオービタルチルドレンが好きではありませんでした。そして、私はそれを本当に好きになりたかったのです 出だしはとても良かったのに 2045年、宇宙旅行、AI、技術の進歩は当たり前で、最も新しい科学的驚異は、いくつかのつまづきにより寿命が短くなったものの、月で生まれた子供たちです。ある日、子供たちがコンテストで優勝し、月で生まれた子供たちに会いに宇宙開拓地へ行くことになった。しかし、その時、彗星が衝突し、子供たちは宇宙空間に閉じ込められてしまう。最初はトウヤの人間不信でうまくいかなかったが、生き残るためには協力し合わなければならない。しかし、これは本当に物事を単純化しすぎです…主にOrbital Childrenの最大の欠点の1つは、たった6話の間に本当に、本当に大きな物語を語ろうとしていることで、それは本当にうまくいかないのです。その1つは、技術用語や説明文が文字通り全てのエピソードで、ほとんどノンストップで投下されるため、そのエピソードが紹介する1つのコンセプトを処理する時間さえほとんど与えられず、2秒以内に次のコンセプトに移ってしまうことです。そして、このシリーズにはたくさんのアイディアがあります。銀河系テロリスト集団、AI彗星、ムーンチャイルド、神秘的な宇宙の予言、AIドローンなど、数え上げたらきりがありません。この番組は6つのエピソードの間に非常に多くのことを扱っていますが、猛スピードで投げかけられるため、どれも本当の意味で肉付けすることができず、むしろミキサーにかけられたすべてのコンセプトとアイデアで私の脳に負荷をかけるので、私はそれらを気にすることはできませんでした。特にエピソード4はその罪が重く、何度も何度もコンセプトを投げかけてくるので、終わりが見えないような、本当に退屈な作品になっています。

しかし、このようなストーリーは、きっとキャラクターが担っているのでしょう?まあ…最初はそうなんですけどね。正直なところ、トウヤ以外のキャラクターは、基本的な性格の特徴を超えて肉付けされることはない。特にミナは、ソーシャルメディアに夢中で、宇宙船に閉じ込められて酸素不足で死にそうになっても、自分の状況を実際に気にするよりも、影響力を得ることに重点を置いているだけのティーンです。この映画では、「崖の上のポニョ」、「崖の上のポニョ」、「崖の上のポニョ」、「崖の上のポニョ」、「崖の上のポニョ」、「崖の上のポニョ」の4つのシリーズがあります。他の登場人物も大したことはなく、後で明らかになる悪役の一人でさえ、自分がこだわっている宇宙の予言について哲学的なお喋りをする以外、大したことはしていないのである。コノハは賢くて病弱な浪人生に過ぎず、哲学的な美辞麗句を吐いてから美しく死ぬかもしれないし、大人たちは子供たちの心配をする以外にはあまり何もしない。公平に見て、私はシリーズを通してトウヤの進歩が好きだった。地球人は月人より劣っていて、みんな死ぬべきだと思っている、我慢できない、エッジの立った人間嫌いな男としてスタートするが、シリーズを通して世界観を変え、最後には優しくなっている。でも、彼のせいで番組をやめる人がいても仕方ないですね。

鮮やかな色彩、緻密な背景、よく練り込まれたCGI、そして磯氏の血統にふさわしい流麗な動きなど、まさに「オービタルチルドレン」のハイライトといえる。OSTもいい感じだが、あまり印象に残らない。しかし、この2つとトウヤの成長以外、オービタルチルドレンは何もかもがめちゃくちゃなのだ。前述したように、この物語は宇宙の子供たちが災害を克服して地球に帰還する話であるはずだが、この番組のほとんどの内容は、過度に気取った技術論や哲学的な戯言で占められており、脚本家が自ら書いたどんな窮地からも抜け出すために、露骨なプロットの都合やデウス・エクス・マキナ以上に活用されることはないのだ。登場人物たちが身近な状況を超えてどのような存在なのか、その感覚を得ることはできない。なぜなら、この番組は、このシリーズを実際よりも深く見せるために押し込まれた、またしても気取った科学や哲学を優先して、それを探求することを拒んでいるからである。例えば、「アストラ」のような作品については、何とでも言えるでしょう。ロスト・イン・スペース」は、宇宙に閉じ込められた子供たちが地球に戻ろうとする物語を、よりうまく表現していたと思う。基本的に、「オービタルチルドレン」は噛み切れないほど多くのものを噛み切り、その結果苦しんでいる。

また、もうひとつ、第5話では、子供が誤って年配の女性のおっぱいを触るシーンを入れる必要があると本気で思ったのでしょうか?しかも、緊迫したサスペンスのはずのシーンのど真ん中に!?誰の考えでそんなことを入れたんだ?シリアスなシーンにムラムラするようなコメディを入れるなんて、うまくいくわけないじゃないですか。ストーリーを進める上で何の役にも立たず、緊張感もなく、全く必要ないものだった! まるで、女性のおっぱいを鷲掴みにするシーンを一つでも入れないと、誰もオービタル・チルドレンを見向きもしなくなるという恐怖を感じた人がいるみたいだ! このままでは誰もこの作品を気に入ってくれない、だから子供が年上の女性を触るシーンを入れよう!」と。”へっへっへ” “観客を呼べるぞ” そんなことはない! そのシーンをカットしても何の問題もない。むしろ、その方がエピソード全体が良くなる。なぜなら、宇宙で死のうとする子供たちの、とてもシリアスで緊張感のあるシークエンスであるはずなのに、場違いなエロいユーモアで緊張感を殺ぐことがなくなるからだ!!!。マジでなんでこんなのが流行ってるんだ! おっぱい触るギャグなんて、永遠に死んでればいいんだよ!?

さて、私の怒りの矛先はもう十分だ。磯光雄さんには申し訳ないが、私はこの作品を本当に好きになりたかったし、あなたはたくさんの素晴らしいものを作ってきた。しかし、オービタルチルドレンはその中の一つではありません。無駄な技術用語や気取った哲学的な戯言を大幅にカットし、導入したコンセプトのうち1つか2つに焦点を合わせていれば、もっと良い作品になったはずだ。このバカな子供たちのことを気にかけて応援したいのに、どうしてもできなかった。私が普段ハードSFアニメに惹かれないのには理由があるのですが、「オービタルチルドレン」は間違いなくそれを思い出させてくれる作品でした。Netflixで放送されることで、磯がもっと注目され、オリジナルアニメをもっと作れるようになるのなら、それは素晴らしいことだ!もしあなたがOrbital Childrenを好きなら、それは素晴らしいことだ。磯は電脳コイルを作るために徹底抗戦したと公言している。私は、自分の作品が作られるだけでなく、たとえ不完全な形であっても、どんな障害や妥協があったとしても、見てもらうために死ぬ気で戦うクリエイターには常に敬意を払っている。スターズアラインがどうなったか、私たちは知っています。しかし、オリジナル・プロジェクトということであれば、『オービタル・チルドレン』は磯が提供する最高の作品ではないし、おそらく私が彼の監督作品に触れるには最適な方法ではなかっただろう。

ハードなSFが好きな人は気軽にチェックしてみてください。でも、たくさんの説明や哲学的なたわごと、脳みそに負荷をかけるような大げさなSFが好きでない人は、見逃してください。

ガンファ27さん 総合評価 9
近未来を舞台にした「オービタル・チルドレン」は、商業宇宙ステーションにやってきた3人の地球人の子どもたちに焦点を当てた作品。しかし、彗星との衝突により、宇宙ステーションのコンピュータシステムが故障し、子供たちは大人の助けなしに自分たちだけで生きていく方法を見つけなければならなくなる。

オービタルチルドレンのアニメーションスタイルと子供とテクノロジーに焦点を当てたストーリーは、2007年のアニメ「電脳コイル」を見たり聞いたりしたことのある人には馴染みがあるかもしれません。両作品とも、シンプルなキャラクターデザインに、緻密な動きを強調した独特のアニメーションで知られる磯光雄が監督を務めているからです。この作風は、トウヤたちが宇宙ステーションで繰り広げるドローンや重力、軌道上の乗り物などの複雑な動きを表現するのに効果的ですが、近未来的な設定のSF作品であることを考えると、キャラクターやメカデザインのビジュアルにもう少し凝りたいという人には慣れる必要があるかもしれません。

オービタルチルドレン」は、宇宙ステーションのスタッフがドローンに搭載されたAIに頼って業務を遂行するため、人工知能とのインタラクションを探求するシリーズで、子供向けの技術的な冒険が楽しめる。このシリーズに登場するAIは、賢くなりすぎて人類の脅威となることを防ぐために、その能力に制限が設けられています。この物語の要素は、ONAの後のエピソードで、子供と大人の宇宙ステーションクルーが直面する問題に関しても関連してくるのです。このシリーズでは、AIが人類の複雑さについてさまざまなレベルの理解を得て、自分たちが仕える人間について異なる結論に達したときに起こりうる、さまざまな道筋が描かれているのです。

このシリーズのアドベンチャーは、宇宙ステーションに滞在する子どもたちや大人たちを駆り立てる、魅力的なストーリーとキャラクターの展開が等しく含まれています。宇宙で生き残るための方法を模索する一方で、宇宙ステーションに衝突した謎の彗星や、乗組員の主要人物について明らかになった衝撃的な事実についても知ることになる。このシリーズは、子供たちが危険な状況に直面したとき、それぞれの子供たちがどのように反応するかを示すことで、本物のサスペンスを作り上げることに成功しているのです。トウヤは、地球人に対する偏見を克服し、地球人が自分に何を求めているのかを理解することで、人間的な成長を遂げていきます。

つまり、「オービタルチルドレン」は、私が「電脳コイル」を楽しんだのと同じように、子供とテクノロジーの相互作用に焦点を当て、何らかの形でテクノロジーに関わる冒険に参加できる魅力を持っているのだ。電脳コイルと比べると、子供たちがより危険な、命にかかわる状況に置かれるため、ストーリーはより大きくなっています。しかし、冒険、近未来的な世界の探索、キャラクターの成長などがミックスされ、SFアニメファンにはぜひ見てもらいたい魅力的な作品となっています。

アズさん 総合評価 8
AIが世界を征服する」というトピックについて、他の一般的なメディアとは違う面白い切り口で、6話分をまとめて楽しむことができました。キャラクターは楽しくて面白いのですが、子供たちがあんなに知的なのは少し変な気もしますが、今思えばほとんどのアニメのキャラクターは宇宙を変える力を持った15歳です。

アニメーションは素晴らしく、サウンドトラックも素晴らしく、SFのテーマにふさわしいと感じました。アニメに本当にこだわりがあれば、問題点も見つかると思いますが、見ていて時間の無駄とは感じませんでした。

ぱくぱくさん 総合評価 8
SFアニメ、とても良い。このアニメは何よりもメインテーマであるAI、人工知能に焦点を当てています。私は本当にアニメが好きだった、私は非常に興味深く、現在のテーマを使用しています。アニメは非常に良いです、それはわずか6章のアニメであり、それはあなたが望むものを示すために多くを必要としません。サウンドトラックはアニメーションにとてもよくマッチしています。キャラクターデザインは典型的なものですが、ビジュアル的にかわいいので、文句は言えません。アニメの環境は、とてもよく処理されているデザインで、気に入っています。SFが好きなら、アニメを好きになるはずです。半分陳腐なキャラクターが集まっていますが、それでも成立しています。良いSFアニメを必要としていた、長い間このようなものを見ていなかった。私はこの作品が好きです。6章しかないのですが、とても良くできていて、見やすいのでおすすめです。このアニメで見たような未来がそこにあるのか、私たちは未来が不確かであることを覚えていない。私たちが変えることのできない唯一のものは、過去です。
スペイン語で。
サイエンス・フィクションのアニメ、とても良いよ。私はこのアニメがとても好きで、とても興味深いテーマ、そして現代的なテーマを使っています。バンドサウンドは、アニメーションを非常によくサポートしています。このアニメが好きなら、きっと気に入ると思います。このアニメの主人公は、とても個性的です。

サイエンスさん 総合評価 3
1~10のスケールで、10はネタバレが多いので、このレビューはおそらく2です。

ビジュアル的には素晴らしいが、論理的なコンセプト、キャラクター開発、筋の通ったプロット、理解しやすい専門用語など、他のすべてのカテゴリーで不足しているアニメである。全体として、3時間を無駄にした感がある。アニメを楽しむために見ている人には勧められない。

まず、最初に言っておく。グラフィック・アート・何と呼んでもいいのですが、素晴らしいです。第1話で、何もない宇宙と地球を見るショットがあるのですが、それがすごくいい感じなんです。文句のつけようがありません。とはいえ、アートはこのアニメに欠けているもののほんの一部を補うに過ぎません。次に、私が気に入らない点、理解できない点を深く掘り下げて説明します。

1. コンセプトが稚拙。なぜ宇宙が絡んでくるのかは聞かないでください。宇宙のコンセプトは一般的にとてもクールです。しかし、そもそもなぜ宇宙である必要があるのかがよくわからない。さらに、このアニメは近未来的なアクション・ドラマになろうとしている。未来でどうやって戦うのかって?どうやら、ハッキングで戦うようです。視覚的には、言うほど退屈ではない。戦いのシーンでエフェクトがないため、ほんの少しも興奮できなかった。二人が手に何かを打ち込んで、その背景でモニターが爆発するとか、そんなことに興味を持たせるには複雑すぎるのだ。

2. キャラクター造形がプールなら、子供でも泳げる。それくらい、このキャラクターたちは浅い存在に感じられた。私は一般的に良い番組は登場人物の名前を覚えていることを基準にしています。私はほとんど名前を覚えておらず、このレビューを書く10分ほど前に見終わったばかりです。以下は、登場するキャラクターと、番組中の展開です。
– ライブストリーミングをしてインターネットで有名になろうとする女の子-意味のない展開。
– 彼女の弟は気弱なオタクで天才。
– 頭にインプラントを埋め込んだ少女は、常に弱々しく、意味のある展開はありません。
– 最もキャラクターが成長したのは、トウヤとタイヨウです(念のため、二人の名前を調べてみました)。トウヤは月で生まれたので、最初は地球人を嫌っていましたが、やがて地球人は大丈夫だと思うようになります。タイヨウはルールに厳しいが、人類を救うためにルールを破ることもある。非常識でしょう?私は、これらのキャラクターよりも、枯れかかった植物の方が成長するのを見たような気がします。

3. 用語とストーリーは、番組全体を台無しにする重大な欠点です。
“衛星は火星の軌道に接近中” “彗星は-20度で接近中” “重力はワープゲート連続体を 破損させ続けている”
見たか?航空宇宙工学の限られた知識しかない私が知っているムチャクチャな語彙をマッシュアップして、理解しやすい文章を作ろうとしたのです。この番組も、宇宙関連の科学用語はあるにせよ、そんな感じです。しかし、物理学が全くダメで(名前からして皮肉ですね)、宇宙工学の経験も全くない私には、この番組で何が起こっているのか全く分かりません。説明されていること、言及されていることはたくさんあるようで、実はどれもうまく説明されていないのです。一般的に、第1話では説明されないことが多いのですが、それでいいんです。ほとんどの番組で、彼らはそれを説明するために戻ってくるということを理解するようになりました。この作品ではそうではない。完全に未解決のままか、説明不足の疑問が大量に発生します。今となっては、私の理解力の低さは、悪名高いNetflixの字幕のせいだと言えるかもしれません。しかし、結局のところ、専門用語やストーリーのプロットは多くの人にとって複雑すぎると思う。平均的な視聴者に意味が伝われば、平均的な番組になったかもしれません。残念ながら、私にはほぼ0%しか理解できなかったので、見ていて恐ろしかった。そもそもなぜこの番組を見ているのか、疑問に思うほどでした。最終回では、2~5分単位でスキップしてしまいました。

他にも、深く意味のある結末を目指した点など、いくつか気になる点がありました。しかし、もう十分長くなってしまった。周囲のゴミから突出している要素は、アートです。美しいアニメのAMVを作ったり、そういうことに興味があるなら、これは素晴らしいコンテンツ源になるだろう。そうでない場合は、絶対に避けてください。楽しむために見てはいけない。

スペースアイスさん 総合評価 4
ストーリーはとても良い可能性を持っていて、それがアニメを見る上での関心事でした。

しかし。このような、”崖っぷち “的な状況を放置しているのは、その時だけで、それ以外のエピソードは、すべて “崖っぷち “的な状況で見ています。

宇宙へ行くには、十分な訓練と準備が必要なので、大人にはもっと期待していたのですが、子供と同じレベルの知識しかないように思えました。

もちろん、アニメを見ることを止めるべきではありませんし、より良い印象を残してくれることを願っています。

インノーマルさん 総合評価 6
このレビューは、科学と魔法についてのアーサー・C・クラークの引用から始めようと思っていたが、それがいかに気取ったものであるかを思い知らされた。もし、本当に気になるなら、自分で調べてみてください。

とにかく私が言いたいのは、この近未来の地球の「科学」は現実からかけ離れたおかしなもので、宇宙を舞台にしたファンタジー番組だと思えば、もっと楽しめるということだ。ロボットたちは、まるで少年漫画のエネルギー攻撃のように、互いに「ハッキング」のビームを送り合っていた。SF的な要素の悪い試みよりも悪いのは、恐ろしい疑似哲学である。この作品は、成長についてのある種のメッセージを一生懸命伝えようとしているのは明らかだが、そのナルシスティックなトーンによって、とても混乱してしまった。自分の屁の臭いが大好きで、自分がいかに賢いかを知ってもらおうと必死な番組です。

登場人物の誰にも愛着を感じないし、悪役をひねり出したりする試みは、現代の3Dディズニー映画よりひどいし、正直言って、あの隕石で全員死んでしまったとしても、何も感じなかっただろう。6/10という寛大な点数です。Googleの宣伝はよそでやってくれ

マジカルフリーさん 総合評価 8
このシリーズの一般的な排外主義的メッセージ(日本は優れている)はもちろんのこと、グリーンウォッシングをほのめかす資本主義的な輪郭も嫌いだった。他人に責任を転嫁することに加えて、もうひとつ怠惰な一時しのぎもある。

そしてまた、科学がいかに優れているかという哲学的なメッセージもあり、未来は決定論的であるかという問いかけもありました。これ以上深入りすると、ネタバレの領域に入ってしまう。

そうそう、簡潔に言うと、あまり難しいことを考えずにSFショーに興味があれば、ほとんどの場合楽しめると思います。このシリーズで提示された一般的な価値観が好きではないにもかかわらず、私は非常に楽しみ、数時間のうちに夢中で見てしまいました。

また、YouTuberの行動に対する憎悪を継続させるという意味でも、このシリーズは素晴らしいものだった。

というわけで、8.5点(四捨五入して8点)とさせていただきました。

かみのさん 総合評価 7
短いカジュアルなネタバレのないレビュー。地球外少年少女の評価は7/10です

もしこの番組を見たいのなら、いくつか知っておかなければならないことがあります。TOCは、私の意見では、適切な導入を持っていません。視聴者は、かなり混乱したプロットの物語の真っ只中に放り込まれます(それか、考えるのに疲れすぎていたかです)。Astra Lost in Spaceとは異なり、TOCは地球からの宇宙ミッションで始まるのではなく、すぐに宇宙で始まります。そのため、私や他の何人かはエピソードの間中ずっと混乱したままでした。ストーリーの断片はあちこちに散りばめられていますが、導入部がないため、モチベーションやゴールの包括的な感じが完全に台無しになっています。

TOCは、アニメーションとキャラクター、そして風景に支えられているのだと思います。エピソード1では、2人のキャラクターが流れるように動くエネルギッシュなシーンがあり、見ていて楽しかったですが、他のエピソードでは特に目立ったものはありませんでした。とはいえ、それ以外の回では必ずしもアニメーションが悪いわけではありませんでした。アニメーションで一番気になったのは、特にフィナーレの重要なシーンに動きがないことです。キャラクターが生きているように感じられた最初の数話とは対照的に、キャラクターは基本的に静止画を縮小して遠くに移動するように表現されていました。いくつかのシーンの描写には多くの可能性がありましたが、代わりに近道が取られたように感じられました。

また、キャラクターについては、嫌いなキャラクターか、好きなキャラクターか、どちらかです。登場人物の紹介がないため、どのキャラクターとも接点が感じられなかった。彼らのバックストーリーをほとんど知らないので、ほとんどみんな一人歩きしているような性格です。例えば、ソーシャルメディアのインフルエンサーであるミナは、どのエピソードでも、フォロワーを増やすことだけを考えています。深みはないですが、それでも登場人物は皆、まともだと思います。タイトルにあるように、主人公は全員、子どもや若い10代の若者です。そして、ミナがウザい、ダサいと嫌う人もいるかもしれませんが、現実にはミナが唯一の娯楽だったのです(笑)。それと、彼女の髪の毛は時々紫色に光ります。あと、他のキャラクターに似ているキャラクターもいて、飽きさせない。ミナは「君の名は」のミツハに、トウヤは「ダーリン・イン・ザ・フランキス」のヒロに似ているときがありますね。

最後に、TOCには美しい風景がいくつかあります。と言っても、一部だけですが。しかし、最終回では、その8割がた、このようなショットで構成されています。例えば、月面のショットは、もっと拡大できるはずなのに、二度と出てきません。もうひとつ、エンディングの歌について。あれは、この番組のベストパーツの一つでした。

間違いなくクールなコンセプトですが、残念ながらそこまでうまくはいきませんでした..

導入不足による分かりにくいプロット、平坦なキャラクターだが最悪ではない、アニメーションは平均以上だがクレイジーではない、いくつかの風景はクール、そしてエンディングテーマは良い。

ペンタさん 総合評価 7
子供同士のリアルなケンカがどんなものか、監督がうまく表現してくれました。そのおかげで、番組全体や登場人物の関係性がよりリアルに伝わってきました。人によってはイライラするかもしれないが、私は子供が初めて友達を作るのを見ているようで、彼らがどのように試みるのか見ていて微笑ましかった。

私はまず、絵柄に惹かれました。各キャラクターに表情があり、個人的に好きな作風です。

また、ストーリーもかなり楽しめました。飽きることなく、爆笑してしまうところもあり、全体的にとても良いアニメだと思います。

ライトレフトさん 総合評価 8
簡潔に言うと、SF文学と映画全般の大ファンである私は、このアニメにとても驚かされました。他の方のレビューにもあるように、世界観がとても深く、緻密で、近未来の宇宙旅行をリアルに描いていると思います。特に、エンジニアリングやローカルネットワークに関する描写は、このジャンルの既存作品の踏襲と創造性の両方が感じられます。また、トランスヒューマニズムや人工知能と人類の危うい関係など、宇宙にまつわる哲学的なジレンマにも触れている。

このアニメの欠点があるとすれば、おそらくキャラクターの部分であろう。このアニメは何よりも設定に振り回される物語であり、あらゆるプロットは単に宇宙ステーションの新しい場所に我々を導くために起こるので、有意義で多様なキャラクターの相互作用の余地はほとんどないのだ。そのため、ほとんどの登場人物は、ソーシャルメディアに夢中なスカイチューバーのような面白い展開もあるが、ほぼ単純な典型例と言える。また、世界観が緻密な分、ハッキングが比較的単純に描かれているのもマイナス点です。また、SFというジャンル(あるいはP2Pネットワークなどのテーマ)に馴染みのない視聴者にとっては、SFのコンセプトのいくつかは、簡単に説明されるか、ランプシェードされるだけなので、混乱するかもしれないと思う。それでも、SFや宇宙全般に興味があるアニメファンにとっては、このONAは見る価値のある作品だと思います。驚くような内容ではありませんが、作り手の愛情がはっきりと伝わってきます。

フォトナさん 総合評価 9
ストーリー: 9
表面上は、ハードSFのディザスター映画とAIの反乱を組み合わせたもの。宇宙の科学・技術は本当によくできている(真空中の音を除けば)。シリーズの主な舞台である宇宙ホテルでは、人工重力が遠心力で発生する。この中で最も興味深かったのは、主人公のトウヤが月で生まれたために地球や火星の強さの重力に耐えるためにリハビリを受けなければならない、宇宙で生まれた子供たちの健康問題です。また、宇宙移住の経済的、社会的な問題も扱われています。2045年の未来でも、有人飛行のミッションには費用がかかりますし、トウヤが受ける医療と合わせて、宇宙生まれの人が直面するかもしれない差別について議論されています。また、ISSのモジュールやロシアのオーラン宇宙服など、現実の宇宙技術(現代的なものから年代物まで)も紹介されています。

ただ、AI技術のレベルが高度すぎて、ここのSFは期待したほどハードではなかったですね。しかし、このアニメのAIテーマで現実的なのは、AIの倫理観です。ほとんどのAI関連の危険の原因は悪意ではなく、無関心と無能です。AIは自分のすることが間違っていることを知らないし、AIを設計した人は過失があったかもしれないなどです。つまり、『2001年』や『ターミネーター』のような「AIの反乱」ではなく、もっと広い意味での「AIの失敗」なのです。

これにはSTEMの話題もさることながら、神学や決定論といったテーマもあります。人によってはちょっとアウトかもしれませんが、私は気になりませんでした。

繰り返しになりますが、作家は宇宙旅行のコストや、子供が宇宙で生活することの限界を知っていることがよくわかります。宇宙への大量移住の前に考慮しなければならない経済的、社会的、環境的、技術的な前提条件がたくさんあるのです。彗星の崩壊で地球の気温が下がり、トウヤとタイヨウは若者が宇宙で生活するためのハードルを下げるためのインプラントを開発するベンチャー企業を立ち上げ、宇宙エレベーターの建設でLEOまでの輸送が長期的に効率化されるようになった。

そのメッセージは、多くの人にとって、説教臭い、あるいは間違った情報であると映るかもしれません。このアニメの視点を要約すると、人間が地球の環境を破壊しているから、宇宙へ移住することが解決策になるということです。しかし、個々の登場人物の発言のニュアンスを考慮すると(特にエピローグ)、アニメの主要な視点に対する別の視点や技術的な問題が考慮されていることは明らかである。

ストーリーは完璧ではありませんし、運命に打ち勝つというテーマが後退しているのも気になりました。トウヤが決定論的な七つの詩から解放されたと思わせておいて、「このハッピーエンドも予測されていた」というシーンがあったりして、「ハードSFだけど、実は違う」というのも合わせて10点は付けられません。

アート:10
吉田健一がキャラクターデザインを担当すると発表されたときから、私はこのことを確信していました。このアニメは、3DCGと2DCGの組み合わせが最もうまく使われているアニメの一つです。特にブライトとダッキーがあんしんの長パッドの中で戦うシーンは印象に残っています。あんしんの中をダイナミックに飛び回る様子は、見ごたえがあります。3DCGはアニメの中で重要な位置を占めており、『オービタルチルドレン』はその一例と言えるでしょう。

サウンド:6
サウンドデザインはその長所ではありませんでした。私の記憶では、まだ真空の宇宙空間で音を聞いていたのですが、他のリアルなディテールを考えると残念なことです。avexがアニメの音楽制作に携わっているので期待したのですが、残念ながらBGMとエンディングテーマはそれほど印象に残るものではありませんでした。

キャラクター:8
最初のうちは我慢できない人もいます。トウヤは地球人が嫌いなだけだし、タイヨウは完全に警官になり、ミナのストリーミングへの執着は、破損したスペースホテルで時間と空気を犠牲にします。コノハとドクは、ただそこにいるようなものでした。(ドクはトウヤのイエスマンである)。しかし、トウヤとタイヨウは最終的に発展を遂げます。トウヤの怒りとタイヨウのお人好しな態度の背後にある動機を知ることができます。両者とも、意見の相違を脇に置くことを学びます。奈紗のキャラクター・アークには、本当にハラハラさせられました。ミナについては、迷惑なストリーマーが無罪放免になるのを見るのは、ちょっと悔しいです。メインキャストの4/5は許容範囲内。

楽しめた。10
私が一般的に好きなテーマばかりで、ゼロGでのアクションシーンはとても楽しく見ることができました。

総合評価:8.6点、四捨五入して9点

ツイキャさん 総合評価 7
インターステラーや2001年宇宙の旅を観て気に入った人は、おそらくこれを面白いと思うだろう。素晴らしいとは言えないが、面白い。

インターステラーや2001年宇宙の旅を観て、嫌い、飽きた、エンディングが嫌いという人は、このアニメは好きになれないと思います。

オービタル・チルドレンは、60年代から70年代の多くの宇宙物語(2001、ラマ、リングワールドなども参照)と同じ伝統のあるハードSFで、第三幕で何らかの高等知性と遭遇して会話を交わすまでは、すべて「大馬鹿物体」(これは類型だ、調べろ!)の航海にまつわる話だ。

このアニメの楽しみのほとんどは、近未来の技術的な正確さを見ることにある。登場人物たちは、執筆時点で開発中のロケットで宇宙に到着し、Kerbal Spaceゲーマーなら誰でも知っているコンセプトを語り、読書家のオタクなら誰でも知っている宇宙史の一部を参照するのである。ただし、哲学はAIについての議論から派生したものであり、技術的な描写は少ない。

オービタルチルドレン』が苦戦しているのは、キャラクターの書き方です。登場人物の台詞は終始トーン的に一貫しているが、作者は彼らの大半をイベントによって適切に成長させたり変化させたりする方法を知らなかったようで、セットの飾りのために登場させていた。そのため、Eps1-3/4の科学アドベンチャーモードからラスト2話の科学哲学モードに切り替わったとき、多くのキャラクターがやることがなくなったり、それまでの行動と矛盾する行動をとってしまったりする。

その結果、このジャンルの前作同様、オービタルチルドレンは奇妙な結末を迎える面白い番組で、熱心なSFファンには楽しいが、一般視聴者には不快感を与えるものとなっている。私は好きだし、誰かに頼まれればもう一度見るだろうが、自分の意志でこの作品に戻ったり、他の人に宣伝したりすることはないだろう。