ドールズフロントラインのアニメ動画を全話無料フル視聴する方法!見逃し配信サービスまとめ

引用元:U-NEXT

\ドールズフロントラインを無料視聴するならココ!/

配信サービス 配信状況 無料期間 月額料金
U-NEXT 見放題 31日間無料
今すぐ視聴
月額2,189円

※月額料金は全て税込。2022年2月時点。

 

U-NEXTは 31日間の無料お試し期間中に[ドールズフロントライン]が見放題!

 

放送 2022年1月7日
地上波ch TOKYO MXなど
放送日 毎週金曜日25時00分~
話数 放送中
制作会社 旭プロダクション
監督 上田繁
キャスト:声優 M4A1:戸松 遥/M16A1:山根希美/ST AR-15:加藤英美里/M4 SOPMOD II:田村ゆかり/ジャンシアーヌ:小松未可子/カリーナ:東山奈央/エージェント:生天目仁美/スケアクロウ:奥野香耶/エクスキューショナー:伊藤 静/クルーガー:大塚明夫
主題歌 オープニングテーマop「BAD CANDY」yukaDD(;´∀`)

エンディングテーマed「HORIZON」TEAM SHACHI

公式サイト TVアニメ『ドールズフロントライン』|公式サイト
シリーズ/関連作品 原作:スマホゲームアプリ(SUNBORN Network Technology, Mica Team)

 

ドールズフロントラインのあらすじ

第三次世界大戦で世界の人口が激減し、多くの土地が居住不能になった後、様々な民間軍事会社が不安定な国の平和を維持するために戦闘用アンドロイド、通称「T-Dolls」を使い始めた。T-Dollは肉体的には生身の人間より優れているが、複雑な計画を立てることができないため、人間の指揮官が指示を出さなければならない。

サングヴィス・フェリ社は業界トップのTドールメーカーだったが、特殊なTドールを唯一の指揮官として導入しようとした結果、その施設の全員が即死する事態となった。サングヴィスの工場を掌握した不正なAIは、人類の残党に宣戦布告した。グリフィン・アンド・クリューガーは、ロボットの侵略に立ち向かう唯一の準軍事組織であり、彼らの破壊的な前進を食い止めることができる。

サングヴィス・フェリの襲撃に関する事件を調査していた精鋭部隊「チーム・アンチレイン」は、廃墟と化した倉庫で極秘情報を探すが、間もなく待ち伏せに遭う。調査結果を守るため、チームは一時的に解散し、ドールたちはそれぞれ身を隠す。一方、グリフィンは、怠け者だが才能のあるジェンティアンを新米司令官として採用し、最初の重要な任務を与える。

 

TVアニメ [ドールズフロントライン] PV第1弾

 

ドールズフロントラインの動画を無料視聴できる配信サイト比較一覧

\アニメ ドールズフロントラインを無料で視聴できるおすすめ配信サービス!/

配信サービス 配信状況 無料期間とポイント 月額料金
unextU-NEXT

見放題

31日間無料
600ポイント今すぐ視聴
2,189円
danimedアニメストア

見放題

31日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
440円
abemaABEMA

見放題

14日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
960円
huluHulu

見放題

14日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
1,026円
primevideoAmazonプライムビデオ

見放題

30日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
500円
telasaTELASA

レンタル

15日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
618円
musicjpmusic.jp

レンタル

30日間無料
1,600ポイント今すぐ視聴
1,958円
netflixNetflix

未配信

無料期間なし
ポイントなし未配信
990円
fodFODプレミアム

未配信

14日間無料
900ポイント未配信
976円
crankinクランクイン!

未配信

無料期間なし
3000ポイント未配信
990円
tsutayaTSUTAYA DISCAS

未配信

30日間無料
ポイントなし未配信
2,052円
dtvdTV

未配信

31日間無料
ポイントなし未配信
550円
paraviParavi

未配信

14日間無料
ポイントなし未配信
1,017円

※月額料金は全て税込。また付与されるポイントは無料期間中のものになります。

 

U-NEXTお試し期間を利用すれば[ドールズフロントライン]の動画を全話無料視聴できます。

お試し期間中は600円分のポイントもくれるので、非常にお得な配信サイトです。

 

U-NEXTの登録方法と解約方法
[登録方法] U-NEXTの公式サイトから「まずは31日間 無料トライアル」をクリック
お客様情報を入力、「次へ」をクリック
決済方法を選択し、決済情報を入力
入力した情報に間違いがなければ「送信」をクリック
「ご登録ありがとうございました」が確認出来れば登録完了。
※ちなみに決済方法をキャリア決済にすると登録がスピーディーです。[視聴方法] U-NEXTの検索窓から作品名など入力。
検索結果から視聴したい作品を選んで視聴。[解約方法] U-NEXTのメニューの中にある「設定・サポート」をクリックして「契約内容の確認・変更」をクリック
”ご利用中のサービス”内にある「解約はこちら」をクリック
解約前の無料期間を確認し、「次へ」をクリック
任意のアンケートあり(回答はしなくても大丈夫です。)
解約時の注意事項を確認し、「同意する」にチェックして「解約する」をクリック
「解約手続き完了」と画面に出てきたら解約は完了です。
※解約するまでにポイントは出来るだけ使い切りましょう!
U-NEXTの特長と楽しみ方
U-NEXTの特長一覧表
unext
月額料金:2,189円(無料期間終了後に課金開始)
無料期間:31日間
解約料金:0円
ポイント付与:1,200P(無料期間中は600P)
アニメ作品数:4,000作品
マンガ作品数:320,000作品
ラノベ作品数:40,000作品
【U-NEXTの6つの特⻑】
  • 【U-NEXTの特⻑】
      • 見放題動画220,000本、レンタル動画30,000本の作品を配信中!
      • 映画やアニメはもちろん、漫画をアプリで読める!
      • 毎⽉1,200ポイントもらえる。
      • マンガを購⼊する場合、最⼤40%ポイント還元。
      • ファミリーアカウントで、さらにお得。
      • ダウンロードして好きな時間、好きな場所で視聴が可能。

ドールズフロントラインのアニメを全部見終わった後でもU-NEXTではドールズフロントラインをさらに楽しむことができます。

ドールズフロントラインの原作はマンガで、そちらもU-NEXTで配信されていて登録すると読めるようになります。

【ドールズフロントラインの続編をU-NEXTで漫画で見る

 

 

 

ドールズフロントラインの動画をYouTubeなどの動画共有サイトで視聴する方法は?

YouTubeなどを含む海外の動画共有サイトでは非公式にドールズフロントラインが配信されていて無料で視聴できる動画もありますが、画質が悪かったり、余計な広告が出てくる場合もあります。

注意:海外の動画共有サイトからアニメをダウンロードしたり視聴する方法は違法で危険!

海外の動画共有サイトを利用してアニメを視聴する方法はウィルスに感染するなどのリスクは当然つきまといます。

さらに2020年から法律が厳しくなったので海外の動画共有サイトを利用してアニメを視聴していると違法になり処罰される可能性が高くなります。

なので動画配信サービスの無料のお試し期間やポイントを利用して安全に安心して、全話無料でフル視聴しましょう!

特にドールズフロントラインの場合はU-NEXTであれば通常、月額2,189円ですが登録して最初の1ヶ月は完全無料で全話フル視聴ができるのでおすすめです!

\登録はこちらから!/

 

ドールズフロントラインの登場人物の紹介

M4A1
声優:戸松 遥

16LAB所属のエリートTドール。自身とST AR-15、M4 SOPMOD II、M16A1、RO635からなるアンチレイン(AR)チームを率いる。

M16A1
声優:山根希美

エリートT-DollでARチームのメンバー、M4のお姉さん。

ST AR-15
声優:加藤英美里

エリートT-DollでARチームのメンバー。

M4 SOPMOD II
声優:田村ゆかり

エリートT-DollでARチームのメンバー。

ジャンシアーヌ
声優:小松未可子

カリーナ
声優:東山奈央

エージェント
声優:生天目仁美

スケアクロウ
声優:奥野香耶

エクスキューショナー
声優:伊藤 静

クルーガー
声優:大塚明夫

 

 

ドールズフロントラインのエピソード別あらすじ

第1話 THE SEED タネ

あらすじ 2022年1月7日放送
2062年、カルパチア山脈。グリフィン&クリューガーPMCのエリートTドール、アンチレイン(AR)チームは、M4A1を先頭に、M16A1、ST-AR15、M4 SOPMOD IIのチームメイトと共にミッションに臨む。彼らの目的は、悪党AI軍団サングヴィス・フェリ(SF)が支配する地域にある廃墟となった司令部に、故ライコ科学者が残した秘密データを収集することであった。ARチームは、優秀なTドール科学者ペルシカの遠隔操作により、ライコの古いコンピュータにアクセスするが、そのデータを狙っているのは、エージェントと呼ばれる首謀者が率いるSF軍であることが判明する。ARチームはG43、Scorpion、PPSh-41のT-Dollで構成された、近くに放置されたグリフィン・エシュロン部隊に協力を求め、M4がデータをダウンロードする間、SF部隊と戦うことにする。M4はエシュロン部隊にSFの増援を阻止するよう依頼し、ARチームは教会にあると思われるSFの司令部へ向かうが、そこがエージェントの罠であることが判明する。エージェントのクローン・ダミーはグリフィン・エシュロンを壊滅させ、エージェント自身ともう一人のダミーはARチームを攻撃する。チームは電子通信がハッキングされていることに気づき、古い非言語戦術を使ってエージェントを混乱させ、SOPIIが手榴弾を発射して彼女を排除することを可能にする。M4はしぶしぶ、Lycoのデータを持ってグリフィンに戻りながら、SF部隊を混乱させるためにチームが分割して別の方向に向かうことに同意します。信頼できるグリフィンの司令官を見つけると約束する。一方、グリフィンの基地には、ジェンティアンと名乗る人間の新兵士官が着任していた。

今すぐドールズフロントラインのアニメを視聴する

第2話 WAKE UP 目覚め

あらすじ 2022年1月14日放送
グリフィンフォワード基地の司令官に任命されたゲンティアンは、早速基地の兵站担当者カリーナから、最初の任務として近くの町でSFの偵察隊を迎撃することを告げられる。ゲンティアンは配下のTドールたちと面談し、彼らの長所と短所を見極めた上で、最小限の犠牲で効果的に敵を倒す作戦を立てる。ミッション成功後、ジェンティアンの上官であるヘリアンは、ロボットが人間の代わりに戦う今日の戦争に適応できる新しい世代の将校を求めているため、このミッションは試練であったと認める。Tドールたちを人間のように扱うことで、ゲンティアンは部下のTドールたちから憧れと尊敬を集める。その後、巡回中のエシュロン部隊が負傷したイングラムを発見し、彼女のチームメイトであるスコーピオンが、M4の最後の居場所に関する情報を求めてSFの首謀者スケアクロウに捕らえられたことを明らかにする。ゲンティアンはスコーピオンの救出とスケアクロウの捕獲のためにチームを派遣し、後者が高レベルのサングビスTドールであるにもかかわらず、彼らは成功した。しかし、スケアクロウはスコーピオンの暗号通信からM4の居場所を計算することができたと自慢し、自爆する前に彼女の仲間、エグゼキューターに座標を送信している。一方、M4は追っ手から逃れ続けていた。

今すぐドールズフロントラインのアニメを視聴する

第3話 THE ECHO エコー

あらすじ 2022年1月21日放送
M4はペルシカに連絡を取り、回収作戦が進行中であることを伝える。一方、ヘリアンはグリフィン&クリューガーのベレゾビッチ・クリューガーに報告し、スケアクロウが機密情報を入手できたのは、G&K内の二重スパイが原因ではないかと疑う。一方、MP5はT-Dollsが殺されても、アーカイブされたマインド・アップロードから復活させることができるとGentianeに保証する。GentianeはPersicaに紹介され、M4の最後の居場所を教えられるが、FN-49とFNCはその地域を調査するものの、M4は見つからなかった。ゲンティアンはARチームの訓練映像を確認し、M4が部下のTドールたちの命を大切に思っているからこそ、回収チームがSF軍に巻き込まれないように自分の正体を明かさなかったのだと気づく。M4はブービートラップを仕掛けていたが、エグゼキューターとベスピッド部隊はすぐにM4を追い詰める。しかし、M4の前の場所に隠された手がかりからM4の作戦を考えていたMP5とMG3が背後から襲ってくる。AR部隊をバカにしたエグゼキューショナーは、怒りに任せて彼女の頭を撃ち抜き、救助隊とともにG&Kの基地に戻っていく。

 

第4話  SILENCE01 沈黙01

あらすじ 2022年1月28日放送
修理室で療養中のM4が密かにチームメイトを呼び出すと、M16が応答し、その後SOPIIと一緒にいるAR-15が応答する。MP5をはじめとする基地のT-Dollたちは、M4を連れてジェンティアーヌ司令官に会いに行くが、司令官はM4の依頼に応じ、ARのチームメイトを救出することにした。彼女はM4を含む3人のエシュロン部隊を、AR-15が最後にいたSF軍に占領された街へ送り込む。弱者であるグリフィンTドールの犠牲を最小限に抑えるため、ジェンティアンは1チームにSF部隊をキル・ゾーンに誘い込み、他のチームが彼らを包囲するように指示する。M4はSOPIIと再会し、M4との通信によりSFに発見されたため、AR-15がSOPIIを逃がすための囮になったことを知らされる。一方、SF軍はVespid軍と共にGriffinのForward基地を攻撃し、M4、SOPII、Echelon軍は彼らを助けるために呼び戻されます。M4は、新司令官のもと、ドールたちが個々の部隊ではなく、同志として共に戦っていることを実感する。M4とSOPIIは新しい仲間と一緒に戦うために、最終的にSFを破るが、GentianeはAR-15を見つけるために別の救助隊を送ることに抵抗している。一方、サングヴィスの首謀者ハンターはAR-15を捕らえ、M4を捕らえるための囮にしようと企んでいた。

 

第5話 SILENCE02 沈黙02

あらすじ 2022年2月4日放送
M4とSOPIIの喜びをよそに、ヘリアンはジェンティアンに対し、AR-15の救出作戦を組むことを許可する。ブリーフィングルームで、M4とSOPIIはゲンティアンに救出されたスコーピオンとPPSh-41と再会する。ゲンティアンはT-Dollsに、AR-15がSFの補給基地に収容されていること、今回は偵察のみのミッションであることを説明し、他の2人のグリフィン司令官、ベース601のシージャンとベース737のカモロフがチームをサポートしてくれることを説明する。グリフィン軍はSFの基地が厳重に守られていることを知り、ハンターはM4と接触、降伏と引き換えにAR-15を解放すると申し出る。しかし、基地の補給列車が墜落し、SFベスピッド軍は突如として反旗を翻す。M4とグリフィンはこの急展開に乗じて、基地の防御を解除し、侵入を果たす。ハンターは一部の部隊の統制を取り戻すが、AR-15が逃亡しているのを発見する。追跡中、ハンターは爆風に巻き込まれ、AR-15が仕掛けた爆薬で瓦礫の下敷きになる。AR-15は、自分が捕まることを許し、ハンターが気を取られている間に、彼女はSFを互いに戦わせるために基地のコマンドモジュールにハッキングしたことをハンターに伝える。AR-15はハンターを処刑し、その後チームメイトと再会し、まだM16を救出する必要があることを思い出させる。一方、ヘリアンはジェンティアンに対し、T-Dollsの特別チームと新たな任務を課す。

 

第6話  THE MESSAGE01 メッセージ01

あらすじ 2022年2月11日放送
数日前、グリフィンはS09山頂都市圏のサングヴィス活動地域に特殊作戦部隊を派遣したが、激しい銃撃を受ける。ゲンティアンはM4が率いるチームの派遣を要請され、陽動作戦を行う。戦闘の合間にM4、AR-15、Scorpion、PPSh-41は、数ヶ月前にAgentに襲撃された場所でG43の遺体を発見する。M4はG43を連れ戻そうとするが、Scorpionは彼女の精神はバックアップから新しい体に復元されると断言する。ベース601はエージェントとサングヴィスの首謀者たちが録音したパラプルイ計画[b]、「遺物」についての録音を復元し、サングヴィスの戦力増強について言及する。司令官シジュンはそれをゲンティアンに送り、衛星放送からサングビスの増勢を確認する。ヘリアンは、これが部隊の指揮を専門とするイントルーダーと呼ばれるサングヴィスの新しい首謀者の仕業であることを確認する。彼女が安全であることを知らせるためにM4に連絡した後、M16はHK416、スペック-OPチーム、スクワッド404に割り当てられていた元同僚によって攻撃されるが、今では非公開の理由のためにM16を殺すために望んでいる。M16はHK416を倒すが、彼女を逃がす。そこへHK416のリーダー、UMP45が彼女を奪還するために姿を現す。UMP45はペルシカが理解できそうな「雨」に関する暗号文をM16に渡し、秘密兵器を背負わせたM16を自分の任務へと送り出す。

 

第7話 THE MESSAGE02 メッセージ02

あらすじ 2022年2月18日放送
M4はサングヴィスの補給基地を占拠するが、イントルーダーは通信回線を通じて、自分たちが罠にかかったとほくそ笑みながら、他の2つのグリフィンチームに対するサングヴィスの猛攻撃をコーディネートしていた。404部隊の協力でヘリアンはイントルーダーの居場所を聞き出し、ジェンティアンもM4部隊にイントルーダーの居場所を指示する。M4、AR-15、PPsh-41、ScorpionはIntruderを追ってコンサートホールに行くと、そこには彼女が待っていた。彼女は自動機関銃を乱射し、グリフィン・ドールたちは激しい銃撃戦に巻き込まれる。しかし、AR-15が死角を見つけ、グリフィン・ドールを撃退する。一方、他チームは夜戦に弱いPPKのおかげでサングヴィスの増援を引き受ける。自暴自棄になったイントルーダーは、巨大な大口径マシンガンを乱射する。しかし、そこに現れたM16に倒され、M4チームの死角を作ったのが自分であることが判明する。死ぬ間際、イントルーダーはM4たちに「この物語はまだ終わっていない」と警告する。

 

第8話 THE KINDLING01 火種01

あらすじ 2022年2月25日放送
再集結したARチームが任務を続ける中、ゲンティアンはセーフハウス3での極秘任務の際にチームを指揮したのは誰か、なぜチームの記憶から自分たちの正体が消されたのかを疑問に思う。その後、ゲンティアンは副官であるT-ドールG36とともにグリフィンの地下秘密基地で行われる会議に出席する。そこで彼女はシジュン、カモロフ、副官であるスーパーサス、PKK、そして川崎とフランクリンという2人の司令官と出会う。ヘリアンはクリュゲールがサングヴィスのパラプルイ計画を説明すると司令官たちに伝えるが、基地は突然激しい砲撃を受け、サングヴィスの大軍の攻撃にさらされる。ゲンティアンは負傷しながらも、司令官たちや基地のT-Dollと一緒にサングヴィスと戦う。ゲンティアンはクリューガーを説得し、ARチームが単独で活動できることを認めさせ、サングヴィスの司令塔を破壊し、攻撃を中断させるよう再指名する。ARチームに加わったMKVとVectorは、AR-15の偵察能力でサングヴィスの基地を突き止め、警備の甘い通路から侵入する。中には誰もいなかったが、脱出したサングビスのリーダー、デストロイヤーからのビデオメッセージを受け取る。

第9話 THE KINDLING02 火種02

あらすじ 2022年3月4日放送予定
デストロイヤーはARチームの努力を嘲り、通信を終了させる。AR-15は追撃よりも再編成を提案し、チームはグリフィンの秘密基地に戻り、クリュウガーとヘリアンはAR-15を逮捕する。そこでクリュウガーとヘリアンがAR-15を逮捕する。彼女が基地の場所をサングヴィスに漏らしたことが判明し、AR-15は尋問に応じる。分析の結果、ヘリアンはサングヴィスに捕まった後、AR-15がウイルスに感染し、データを送信したため、グリフィンは彼女のツェナープロトコルを停止したことをゲンティアンに知らせる[c] その後、ゲンティアンはこの基地を「ルクセンブルク」として使用することを提案し、彼女と他の司令官は最初に彼らの心のバックアップを注文した後に、デストロイヤー見つけるために別の任務にTドールを送っている間[d] 。グリフィンはAR-15が逃亡したことを知らされるが、その前にもう一人の首謀者ドリーマーが通信を遮断し、デストロイヤーの潜伏を許してしまう。復活したG43に励まされ、ARチームは現在の任務を放棄し、行方不明の仲間を探すことにした。一方、デストロイヤーはドリーマーに助けを求め、セーフハウス3の作戦でAR-15にウィルスを仕込んだことを思い出す。しかし、ドリーマーはデストロイヤーにもう用はなく、グリフィンチームとともに全滅すると説明し、ドリーマーが自分を犠牲にして記憶を消して再構築したのは今回が初めてではないと明かす。

 

第10話 THE KINDLING03 火種03

あらすじ 2022年3月4日放送予定
ドリーマーはデストロイヤーを見捨てないと断言し、デストロイヤーに接近してきたAR隊に巨大レールガン「ジュピターキャノン」を発射する。クリューガーはARチームの罠に気づき、撤退を命じると同時に、他のT-Dollsチームを送り込み、攻撃するが、その多くがキャノン砲で破壊される。一方、デストロイヤーを密かに追っていたAR-15は、ドリーマーに発見されるが、パラプルイウイルスによって彼女を搾取されたとして復讐を誓う。一週間後、破壊されたT-DollのNeural Cloudsを新しい体にアップロードしている間、GentianeはARチームの上級T-Dollは感情や個々の思考ができるため会社にとって重要で、彼らのNeural Cloudsはバックアップすることができないことを思い出す。その後、グリフィン領域での任務中に、ARチームは装甲スーツを着た武装した人間たちを逮捕する。彼らはクリューガーとその傭兵で、サングヴィスの技術の残骸を戦場で調達していることが判明する。クリューガーとヘリアンは、装甲Tドール「イージス」と戦術機械化歩兵「ネメウム」の部品から、サングヴィスがグリフィンを破壊するためにパラプルイウイルスと共に進化したTドールを生産し、進化していることを突き止める。彼らはサングヴィスより先にAR-15を見つけ、ウイルスを解析する必要があると判断する。

 

 

 

ドールズフロントラインのアニメの評判は?感想と見どころをレビュー

めじろ999さん 総合評価 8

なぜ多くの人がこのアニメに失望しているのかわからない。でも、このアニメはゲームをベースにしていて、漫画の要素も取り入れているのは知っています。このアニメはゲームであり、漫画の要素も取り入れている。

私はGFL/DLをプレイしているので、このアニメは私がゲーム上で行ったことを少しまとめたような感じがしますし、ゲームをアニメに翻訳するのはそう簡単ではありません。少なくともこのアニメは理解できるといつも言っています。

 

アリさん 総合評価 4

おそらく私がMALで書く唯一のレビューになると思いますが、長年のファンとして、このアニメ化は大きな失望と言わざるを得ません。このゲームは、表面的には一般的なワイフコレクターガチャゲームのように見えるが、私の意見では素晴らしいストーリーを持っていることを誤解しないでほしい。

では、アニメのどこが悪いのか?

1. 1.テンポの悪さ – 第1話の冒頭から全開で、新しい視聴者には理解できない専門用語を、自分でも理解できないほどのスピードで投げかけてきます。
アニメは漫画に忠実と言えるが、漫画も1コマ1コマをアニメのキーフレームに直せば、テンポに問題がある。
マンガとアニメの違いは、マンガのテンポをコントロールできること、コマをじっくり読めることですが、そのため、第1話では、まるで世界記録のスピードランをやっているような感覚に陥ります。
第1話以降、スピードは落ちるが、特にアクションシーンはまだ速く感じる(これは銃をテーマにしたアニメとしては良いことのはずだが、そうではない)。

2. 2.作画の不統一 – 例えばM4A1の銃が全く違って見えたり、PPSh-41というキャラの銃がカット間で全く違う銃に変わったりするコマがある(どうやってこれを台無しにするんだ)。
良い作画はOPとEDだけで、アニメの作画自体は特徴に乏しく、当たり障りのない一般的な作画に見えてしまう。

3. 3.変な音楽とSFXの選択 – アニメのテンポが速いので、音楽・SFXもそれに追随し、ただでさえ平凡なアニメをさらに悪くしている。
銃のSFXが使われているのを聞いたことがある。

4. 銃が主役のアニメなのに、ハリウッド的なマガジンを使った銃撃戦がいいと思ったのは誰だろう?しかし、アクションシーンは非常に短く、戦闘の振り付けも面白くなく、戦術や戦略も全くない。

実際、どんなところが良かったのでしょうか?

1. キャラクターは、脇役であっても、一般的なハーレムアニメのように、それぞれのワイフキャラクターが型通りで、プロットに何の役にも立たず、目の保養になるようなものとは違い、キャラクター性と役割を与えられていました。登場人物たちが日常生活を送る(短い)シーンを見るのは楽しいが、その直後には退屈なアクションシーンに戻される。しかし、やはりペースが速いので、現在のところ、すべてのキャラクターのキャラクター設定をする時間はほとんどありません。

2. OPはこのアニメのハイライトです。

結論は?

このアニメの前提に興味がある人は、代わりに携帯ゲームだけをプレイすることをお勧めします。このアニメは、テンポ、アクションシーン、美術、アニメーションが非常にお粗末です。良いところもあるが、悪いところに隠れている。もしあなたが自分の時間を大切にしたいのなら、このアニメで時間を無駄にしないようにと私は思います。

その一方で、このゲームは非常にFree2Playに適しており、ゲームリソースの仕組みから、ガチャゲーのような日々の雑務ではなく、実際の普通のゲームのようにゲームをプレイすることができます。ストーリーはかなり長いですが、アンドロイドやロボット、政治や戦争に関する現代・近未来型のストーリーを求めている人には興味を引くような内容がたくさんあります。

ゲームの舞台は2062年、第三次世界大戦の後、世界が大きく汚染され、人が住めなくなった異世界の時間軸です。ロシア(新ソビエト連邦)、アメリカ、汎欧州連合は、第三次世界大戦後に弱体化し、軍隊を再建するために消極的な停戦に同意し、アンドロイド(ドール)は汚染された地域で人間の労働者に代わって働いています。
そして、弱体化した政府の穴を埋めるべく、民間軍事会社(PMC)が立ち上がる。グリフィン&クリューガー(G&K)は、民間部門のドールを雇用し(そう、彼らは雇用されて給料をもらっている)、人間の兵士の代わりに特定の武器に適合させるというユニークなPMCである。
ドールはIOP(Important Operations Prototype Manufacturing Company)から提供され、敵対するのはIOPのライバルであるSF(Sangvis Ferri Industrial Manufacturing Company)が製造する不正なドールである。悪党ドールたちは、ゲームストーリーの中で説明される理由から人類を根絶やしにすることを決意し、ゲームをスタートさせることになる。

ストーリーはビジュアルノベルのカットシーンが中心ですが、ストーリーミッションマップがとてもよくできていて、それぞれのマップはストーリーを伝えるだけでなく、キャラクターが取る戦術や戦略を視覚化するようにデザインされています。
ぜひ、一度遊んでみてください。

 

ウィッチさん 総合評価 7

またもやゲームの映画化である。今ここで、超すごいとか、そういうことを書くつもりはない。そうではないので。この番組にはいくつかの欠点があり、それは本当にもっと改善されるべきなのです。しかし、この番組の内容からすると、ここでの評価は正当なものではありません。このシリーズに初めて参加する人にとっては、このシリーズがどんなものかを知る良いきっかけになると思います。

ストーリー: 6
自分で自分を説明している。あるいはよくわかる。しかし、各エピソードで最初から情報ダンプを行うため、視聴者に感情移入する機会を与えず、とても速く進んでしまいます。また、あるシーンでは緊張感がなく、あっという間というか、見ている人があまり気にならない程度に終わってしまう。これは、実際のストーリーの欠点であり、ちょっと不思議で面白い。しかし、あなた次第で望みは大きく変わります。アニメは、文脈をよく見せてくれるし、その中にある謎も含めて、全体として面白く見ることができる。でも、ゲームをやるか、マンガを読んだほうがいい。

登場人物 7
それでも、かなり良いキャラクターが揃っています。彼らはワイファーの餌ではなく、実際に応援するだけでなく、評価できるキャラクターのように思えます。その理由は複数あり、まともなキャラクターの集合のために構築されたストーリー要素の中にあります。間違いのない作品です。

アート&サウンド:7点
アートスタイルに関しては、愛するべき点がたくさんある。ダークで重厚なスタイルを見事に捉えていますが、同時に番組全体を通して素敵な色調を提供してくれています。このような素敵で素晴らしいOPと相まって、美術と音響のどちらを選んでも失敗することはないでしょう。もちろん、息をのむほど素晴らしいというわけではありませんが、よくできているのは確かです。

ドールズフロントラインは、あまり好まれませんが、そうではないはずです。面白いシリーズで、面白いコンセプトの作品なので、ぜひ見てほしいです。

ロビンちゃんさん 総合評価:2

アニメはそんなに悪くないと思います。プロットがない。キャラが立っていない。司令官登場 人形を大事にしてる。なぜ?理由はない そして最強のフロンティア
ダメダメ。人形は歩きながら撃つだけ あるいは立って撃つ。戦闘の戦略性もなく、子供レベル。面白みがない。だから、戦闘はとても退屈です。もし、あなたがワイフが射撃しているのを見るのが好きなら、あなたは幸せになれるかもしれません。でも、センスがない。本当にがっかり。 時間の無駄。このアニメを見るためにレビューをチェックしている人は、これをスキップして他のアニメを探しましょう。

スカイフィッシュさん 総合評価 5

GFLをプレイしていない/GFLの漫画を読んでいない人としてのレビューです。

ストーリー:基本的にここに行って、誰かを殺し、誰かを救出し、何かを回収し、何かを確保する。このマークエピソード3で、私はまだショーが私に見せたいものを知らなかった、基本的にこれまで重要ではありません。このドラマのストーリーはあまりに淡白で、第1話から第3話までいつも同じことの繰り返しです。特別なことは何もなく、ただただ淡々としている。

美術:これはこれでいいのですが、モシン・ナガント(ライフル/スナイパーライフル)をなぜかハンドガンと表記していたり、ウォーゾーンのカスタマイズで呪われたおかしな武器があったりと、今日放送の3話では間違いが多いですね。

サウンド : このアニメの良い点です。イントロとアウトロの曲は本当に素晴らしく、おそらくsportifyでもう一度聞くことになるでしょう。

キャラクター : ストーリーが淡白な分、キャラクターも淡白。

楽しみ : ワイフが銃を持って戦うのを見るのはいつもいいもので、このアニメのアクションはかなりいい。

総合評価:平均5点。
銃とワイフとミリタリーが好きなら。
しかし、もしあなたがストーリーに興味があるなら、おそらくそうではないでしょう。

アルパカさん 総合評価 4

少女前線は、じわじわと心を引き裂かれるような感動的なストーリーが特徴です。携帯ゲームではスロースタートですが、これは当然、新米指揮官として、指揮することの意味を知るために、スローペースが必要なのでしょう。アニメでは、そのような余裕はありません。

5話目にして、誰にも関心を持たせるような重要なことは何も起こっていません。最初のエピソードでは、あまりに多くのことが一度に起こるので、「いいけど、なんで私が気にしなきゃいけないの」という感覚に陥ってしまいます。しかし、次のエピソードでは、何も起こらない戦闘シーンが何度も出てきて、それがあまりにも長く続くのです。

戦闘シーンが長くなるのは、戦闘中にキャラクターが成長するか、すごいアクションを作る予算があるか、どちらかだからです。ここではどちらもない。ただ、一般的な白い縞模様のある女の子たちの射撃の一般的なワイドショットがたくさんある。ただ撃つだけのショットに次ぐショット(ダジャレではありません)。これだけシーンを長くするなら、せめて銃身から弾丸が吐き出されるときの反動をスローモーションで見せてほしい。あるいは、銃のフラッシュで照らされた少女の顔のアップ、弾倉を完全に空にしたときに飛び散る薬莢のショット。リロードのアップもいい(あるいは、誰かがリロードするのを見るのもいい)。何でもいいんです。ハイスクール・オブ・ザ・デッド」の方が銃や銃撃のシーンは良かった…。でも、話がそれました。

この番組が気になる最大の理由は、少女前線のストーリー自体は素晴らしいのに、その脚色とペース配分が完全に間違っているからです。ストーリーとキャラクターが重要であるために、そのような投資が必要なのです。多くの人が、細かい部分や、めちゃくちゃにされていることについて怒っているのは知っています。しかし、美術はもっと細かく、音楽は激しく、ショットの構成はアングルや照明に工夫を凝らすことができたはずです。私は、それが楽しいからというだけで、きっと好きで見ていただろう。でも結局、脚色の仕方がスパークノート版みたいなので、気にならないでしょう。何が起こっているかはわかるけど、気にならない。

ウーバーさん 総合評価 3

大志を抱き、明るい未来が待っていた知人が、後に落ちぶれたり、消息が分からなくなったりするのを目撃したことはないだろうか。そのような辛い感情の対比や困惑に、渋滞で速度を落として横の車線の事故を見つめるような病的な好奇心を加味すると、アニメのドールズフロントラインを見るような体験ができます。

もしインゲームのストーリーが好きで、漫画が好きなら、この番組は嫌いになるか、耐え難い苦痛を感じながら見ることを引きずることになるだろう。

ストーリー:FNヘルスター10個中、カリコ4個くらい。
ステーキハウスでそれなりの食事をすることを想像してください。あなたはステーキ、たぶんニューヨークストリップを注文することになるでしょう。ステーキの濃厚さに圧倒されるかもしれないので、何か付け合せが必要だし、食欲を損なわないようにあらかじめ食べておくことも必要だ。また、ゆっくり時間をかけて食べないと、せっかくの料理が冷めてしまい、テイクアウトしなければならなくなります。女子フロントラインは、そんな感じです。女子前線』のストーリーは、第1話から、おかずをかき分け、濃厚なステーキにかぶりつくような感覚だった。演出や絵コンテを担当している人は、マンガを読んでいる人、伝承を大切にしている人たちを、アニメで丸ごと取り込んでいるんです。

IPや原作を知ってる人は、漫画やゲームでの絶望感をアニメの感情やトーンで裏切られてることに違和感を覚えるだろうけど。ゲームに触れていない人、あるいはゲームやマンガを表面的にしか見ていない人にとっては、かなり酷な話だと思います。いきなり試練に放り込まれ、原作のシリアスで脅威的なオーラではなく、銃を持ったファンキーなアニメの女の子が雪の中を走り回っているという印象しか与えられないのです。何が起こっているのか、何がこのキャラクターを特別なものにしているのか、ほとんど説明されておらず、最初のエピソードはとてもひどいので、次のエピソードに移る前に、全エピソードが単なる説明の伝承ダンプだった方が良かったかもしれないほどである。このテンポの悪さは、ロケットエンジンを後ろにくくりつけたジェットコースターか、電池が切れそうなテレビのリモコンを時々振ってエネルギーを補給しなければならないようなものです。この後、良くなることを祈るばかりです。そして、絵コンテ担当者がこの混乱を解決してくれることを祈るばかりです。

美術:アークナイツのCG10枚のうち、カンコレポテト3枚。女の子の走るサイクルが3、4フレームでループしているのが見えると思うほど、信じられないほどぎこちないアニメーションで、銃は、銃使いのイアン・マッコラムが胸を張って痛がるほどお粗末な描き方で、ジョン・ガランドはわざと親指を切り落としています。もともと銃が大量に巨大化するのは許していたのですが、M4A1が・・・。M4A1が溶け始め、シーンとカットの間で銃のパーツがリープフロッグするようになりました。どのショットも目の保養にはならないし、ダミーリンクされた人形がすべてコピーペーストされループしているところに、非常に明確な怠慢があった。

サウンド:なんて言ったらいいのかわからない。銃を持つ女の子のアニメなのに、銃が吠えない、ピューと弱々しい音がする。平均以下なのが痛々しい。

キャラクター:「ジュンヤ」10点満点中「エムフォウ」5点。例えばAR班の特徴などが誇張されすぎている気がする。M4A1はセイソウに振る舞いすぎ、M16は経験豊富で賢いというより、のんきで無鉄砲な印象がある。そうなんです。少なくとも、典型的なタイプは押さえています。

結論:ゲーム原作のアニメはクソになりがちで、残念ながらガチャゲーの世界にある巨大なスケールの超伝説の巨人でも、その呪縛を解くことはできなかった。最善を願うしかないが、ステーキハウスの比較につなげる。リッチに対応できないので、ステーキは冷ましておいて、食べ物がないときは後で家で温め直しています。

ビリー01さん 総合評価 3

(このレビューは第4話以降に書かれたものです。シリーズ全体を代表するものではないかもしれませんが、これまでの経過を見る限り、このレビューの正当性が劇的に変わるとは思えません。)

このアニメに初めて出会った時、”なんという時代だ!”と思いました。銃を擬人化した可愛い女の子?と思いました。銃が大好きな私にとって、夢のような作品です。今期一番のガッカリシリーズになるとは思わなかった。

ストーリーは悪くもなく良くもなく、なんとなくそこそこといった感じです。一つ言えることは、何かについて説明する不可解なナレーション以外に、実際に何が起こっているのか、なぜ起こっているのか、何の知識もないまま、すぐに大きな対立と思われるものに突き進むので、最初はついていけない。4話以降も、サングヴィスが銃を持った悪者で、グリフィンが銃を持った善人で、AIの反乱か何かがあったということ以外、何が起こっているのかよくわかりません。一般的な感じですね。

美術は、かわいい女の子の静止画が嫌いでなければ、まあまあです。アクションシーンのほとんどは3枚の静止画をつなぎ合わせたもので、大きなセットピースはアニメーションのループに頼り、たまに印象的でない爆発や銃口の閃光と弾痕の束が入る。キャラクターも無表情だが、機械仕掛けの人形だから仕方ないだろう。

さて、本題の銃のモデルです。静止画としてはよくできているが、ディテールに乏しかったり、MG3のようにほとんど隠れていたりして、その美しさを見ることはできない。このアニメの最大の売りであるのに、今のところ期待はずれなのは残念です。特に銃には可動部がないので、マズルフラッシュが一番迫力があります。リロードのアニメーションも今のところ一度も見ていないような気がします。また、銃の機械的な動作も一切ありません。銃はただそこにあり、静止したモデルで、ほとんど見えないか、シーンが切り替わるまでの2秒ほどの間にそこにあるため、よく見ることもできません。

音に話を移すと、ひどいものです。音楽は、ブラウザゲームでしか聞けないような、ひどい一般的なシンセサイザーのようなものです。台詞やVAは問題なく、特に言うことはない。

しかし、銃声が..ひどい。低予算のゲームで何度も聞いたような、ロイヤリティフリーのライブラリから引っ張ってきた汎用的な音ばかりだ。このアニメで銃声を聞くたびに、その音が使われていたゲームをプレイしたときのことが文字通りフラッシュバックする。銃が好きな人なら誰でもすぐに敬遠するような、恐ろしく耳障りな体験だ。もし、本当にあの銃撃戦を売り物にしたいのなら、アメリカの射撃場にスタッフを送り込み、実際にその銃が発する音を録音したはずだ。そんなに難しいことでもないし、お金もかかることでもないのですが、お金を節約したいからロイヤリティフリーの音を採用したのでしょう。はっきり言って、がっかりです。

キャラクターはそこそこ。これ以上言うことはない。ただ、典型的なトロフィーとステレオタイプの配列です。しかし、最大の失望は、このアニメの主人公がAR15パターンのライフル銃に集中していることだ。銃の擬人化アニメなのに、銃器の多様性を見せる代わりに、見た目も機能もほとんど同じで、同じ銃器の異なる構成であるAR15パターンライフルの数々を選んでしまったことです。もちろん、後のエピソードでは、ドイツのMG3、G36、MP5、MAC-10、PPSh-41やモシン・ナガントなどのロシアの銃器が少し出てきますが、ほとんどの場合、それらは脇役で、AR15シリーズに話が戻る前にほんの少し出てくるだけです。だから、AR15パターンのライフルが好きな人なら、多少は満足できるかもしれないが、そうでもないだろう。

全体として、非常に残念な作品です。このシリーズは、その前提に沿えないばかりか、ほとんど意図的にそれを避けている。私の意見では、このくだらない作品のスポンサーになった人物の金儲け以外の何物でもない。私のようなガンマニアなら、この作品をスキップしても何も損はない。

ジャクソンさん 総合評価 5

私はドールズフロントラインが大好きで、アニメがゲームを正しく表現してくれることを期待していました。
残念ながら、私は間違っていた
この映画化は(多くのガチャの映画化と同様に)非常に中途半端なもので、アニメーションや美術はただ手抜きで、サウンドデザインは全く合っておらず、サントラの選択はいくつかの場面で全く意味をなさず、テンポやセリフは非常にずれているように感じられます。
このアニメは、「ゲーム」ではなく、「アニメの女の子」が好きで、「ゲーム」をプレイする気が全くない人だけが見るべきアニメです。

スワッガーさん 総合評価 5

このアニメはかなり資金力があり、クオリティも高いと思っていたのですが、かなり期待はずれでした。

この作品は3話までのストーリーなので、ネタバレはありません。

携帯ゲームのファンでないなら、わざわざアニメを見る必要はない。「好きなキャラがアニメ化された」以外に救いがないのだから。

そもそもガールズの最前線は、銃とアニメのワイフの2つ。

前半。銃。銃は、敵が簡単に予測して武器で防ぐことができる豆鉄砲か、同じ敵に一発で戦いを終わらせるか…一貫性がないように思えます。プロットが何を望んでいるかによって、不正確でもあり、正確でもあるのです。敵があらゆる角度からARやSMGに囲まれて銃撃を受け、それを受け流すような戦いがあるのですが、Mac-10が茂みから出てきて銃撃し、倒れた仲間(ロボットなのでどうせ作り直されますが・・・)のために敵に復讐しようとしているので、彼女の弾はなぜか魔法でダメージを与えています。
また、特定の銃の描写にも問題があり、これは誰でも気付くと思うので、あまりオタクっぽいことは言いませんが、ソプモッドIIがライフルから40mmグレネードを撃つシーンがあるのですが、そのライフルにはランチャーがついていないにもかかわらず、40mmグレネードを撃ってしまいます。また、PPS-43がライフルを構えるシーンで、クローズアップされると、ロシア製のPPS-43がなぜかドイツのUMP-45に変わってしまうというシーンがあります。

まあ、銃には十分な配慮がなかったかもしれませんが、ワイフのほうは。GFLの第一声は「Girls」なんだから、ワイフの表現も最高級でなきゃね。

いや。

ゲームではファンサービスがありますが、アニメではオープニングでソプモドUのおっぱいショットがある他は、淫らなシーンやショットは全くありません。一方、キャラクターの個性はかなり発揮されているので、その点は評価したい。

他にもいくつかあるのですが、音楽のチョイスが設定ごとで貧弱です。MP5が司令官と平凡な話をしているときに、激しい戦闘音楽が流れているシーンがあるのですが、アニメーションはあまり印象的ではなく、普通で目立たないです。戦闘シーンが意味不明なのは、銃の描写をどうするかという優柔不断さもあるが、どのシーンでも「なぜ…」「なぜ…」と細かい不満が出るほどだ。

アニメの映像をそのままゲームに取り込み、派手な「必殺技」として課金させるのだろうが、それ以外はアニメ全体がギミックに思えてしまう。

黒さん 総合評価 8

どこかミリタリーな雰囲気のある、なかなかユニークなアニメだと思います。ゲームのゲーム性をかなりうまく取り入れていて、実際にポジショニングや戦術を駆使した戦いが見られるのは嬉しい。

このアニメの特徴は、「ジェンティアン」の存在が大きいことです。ゲーム側でもそれに気づいたのか、ストーリーの中で反応があったり、寮の司令官がちっちゃくなったりしています。

第1話では、チームARの関係性がゲームより多少良くなっていますが、テンポが少し悪すぎです。ガールズフロントラインは、序盤は普通で、後半になるとすごく良くなったので、特に残念です。

アニメーションが一番残念です。CGIはあまり使われていないのですが、奇妙なショットやジャンクなアニメーションが多く、多くの戦闘では、弾丸が落ちたり、銃口が点滅したりするのを、適切と感じるより長く見せるだけです。

GFLは、ファースト・シーズンでは絶対に映像化されないポイントでこそ、真に素晴らしいものになるのだと思います。

フューリーさん 総合評価 6

ドールズフロントラインは、かわいい女の子がカッコいいことをするゲームという印象があります。とはいえ、私は2018年夏にGlobal向けにリリースされたときから、このゲームをプレイしています。アニメが発表された当初は、こんな思いがありました。ついに来たか! 実際にアニメ化されるんだ! これは自分が楽しんでいるゲームにとって、とても嬉しいことです

何がダメだったんだろう?

ストーリー 4
初めて見る人や好奇心旺盛な人には面白い魅力とキャッチがあるストーリーでした。しかし、何が起こっているのか、大まかな方向性が見えてこない。この番組はマンガの映画化であるため、答えよりも疑問が多く残るような筋書きが派生することになります。何が起こったのか、何が起こっているのか、混乱が残ります。敵役やメインキャストの裏話、女子前線の世界観などをもっと紹介するよう、ストーリーを改善したほうがいい。

美術:4点
私の主な不満点の1つは、美術です。描かれている銃器やT-Dollsの非常に細かいところまできれいに描かれているショットがいくつかある。その反対に、左利きの人が右手で描いてギャラを集めようとしたようなシーンもある。この2つの組み合わせが手元にあれば、タンネライトを満載した船が今にも動き出しそうなのだ。

アニメーションのクオリティはまずまず。グダグダなシーンが結構出てくるが、それがエンターテインメントとして成り立っている。

予算のかなりの部分が銃のモデリングに費やされたようだが、それさえもうまくできなかったようだ。

この美術のおかげでコミュニティが作った素晴らしいミームの数々は、この番組の数少ない記憶に残る魅力のひとつでしょう。

音。3
BGMの残念さは計り知れません。緊張感やシーンの雰囲気を盛り上げるのに、良い効果を発揮してくれません。もっと良い選曲があるのは間違いないのですが、いくつかのシーンに馴染んでいません。数少ない良い点は、オープニングとエンディングの曲だけです。

SFXのチョイスもOKで、いくつかの音は他の効果に変えることができるだろう。低予算映画でよく使われる一般的なストック効果音が何度か登場するが、目立つものでもなく、大きなインパクトもない。

キャラクター:6
キャラクター展開は、メインキャストや番組に関わる人物の紹介があり、ほぼ平均的です。世の中のほとんどの番組で期待できる程度のものです。

楽しさ 7

では、なぜこの番組で楽しみ度7をつけたのか。欠点があるにもかかわらず、笑いを誘うシーンがかなりあり、また、一部のデザインの矛盾や疑問のあるアートチョイスのためにコミュニティが出す編集があります。ということで、私の笑いのツボを刺激してくれるこの作品に7点を献上します。

総合評価 6
ガールズフロントラインが私の主な関心事であり、注力しているコンテンツであるという偏見があるため、この番組に6点をつけるのは寛大です。アニメ自体は、見るに耐えるものであり、できれば友人たちと一緒に見た方がより楽しめると思います。

もし、ストーリーに興味を持たれたのであれば、「ゲームズストーリー」を読まれることをお勧めします。この作品は、より洗練され、キャラクターの背景が追加されて紹介されています。また、世界観や成り立ちなどのバックストーリーも確立されています。