ドラゴンクエスト ダイの大冒険(2020年)のアニメ動画を全話無料フル視聴する方法!見逃し配信サービスまとめ

引用元:dアニメストア

\ドラゴンクエスト ダイの大冒険(2020年)を無料視聴するならココ!/

配信サービス 配信状況 無料期間 月額料金
U-NEXT 見放題 31日間無料
今すぐ視聴
月額2,189円

※月額料金は全て税込。2022年2月時点。

 

U-NEXTは 31日間の無料お試し期間中に[ドラゴンクエスト ダイの大冒険(2020年)]が見放題!

 

放送 2020年10月3日~
地上波ch テレビ東京系列など
放送日 毎週土曜日9時30分~
話数 放送中
制作会社 東映アニメーション
監督 唐澤和也
キャスト:声優 ダイ:種﨑敦美/ポップ:豊永利行/マァム:小松未可子/レオナ:早見沙織/アバン:櫻井孝宏/ヒュンケル:梶 裕貴/ブラス:緒方賢一/ゴメちゃん:降幡 愛/ハドラー:関 智一/クロコダイン:前野 智昭/フレイザード:奈良 徹/ミストバーン:子安 武人/ザボエラ:岩田 光央/バラン:速水 奨/バーン:土師 孝也
主題歌 オープニングテーマop「Bravest」向井太一

エンディングテーマed「名前」ハンブレッダーズ

公式サイト ドラゴンクエスト ダイの大冒険|公式サイト
シリーズ/関連作品 原作:三条陸 週刊少年ジャンプ(集英社)

ドラゴンクエスト ダイの大冒険(2020年)のあらすじ

物語は、ダイという少年が、養父である怪物魔術師ブラスから聞いた、アバンと呼ばれる勇者の手によって魔王ハドラーを倒した話を思い出すところから始まります。魔王ハドラーを倒したことで、すべてのモンスターが魔王の悪意から解放され、10年の間、再び世界に平和が訪れた。一部のモンスターや魔物たちはダームリン島に移り住み、平和に暮らしていた。シリーズの若き主人公ダイは、孤児であり、島に住む唯一の人間である。ブラスと親友の魔物・ゴメに育てられたダイは、ヒーローになることを夢見て成長する。

パプニカ王国の王女レオナと仲良くなり、彼女を危機から救ったアバンは、弟子の魔法使いポップを伴って島にやってきて、彼女の依頼でダイの師匠となる。しかし、大魔王ヴァーンによって復活し、大軍の指揮官となったハドラーが戻ってきたため、彼の修行は中断される。アバンは弟子たちを守るために自分を犠牲にし、ハドラーは自分の中にある不思議な力を目覚めさせ、ダイによって一時的に追い払われる。

アバンの最後の願いを叶えるため、ダイ、ポップ、ゴメは島を離れ、世界に平和を取り戻すため、ハドラーとその師匠を倒すための旅を始める。旅の途中、ダイの一行は、癒し系のマーム(後に武闘派となる)、ハドラーの元部下ヒュンケル、レオナの3人を仲間にする。敵は、ハドラー軍の名誉ある冷酷な司令官である獣王クロコダイン、ミスティック軍団の司令官ザボアラとその息子ザムザ、氷と火のエレメンタル「フラザード」、幻のミスト=ヴァーンなどである。ヒュンケルの黒魔術の師匠でヴェアンの大隷属者であるキル・ヴェアン、ヴェアンの刺客である道化師、伝説の戦士で妻の死と息子の失踪によりヴェアンに味方したダイの父、バランがいる。

 

TVアニメ [ドラゴンクエスト ダイの大冒険(2022年)] PV

ドラゴンクエスト ダイの大冒険(2020年)の動画を無料視聴できる配信サイト比較一覧

\アニメ ドラゴンクエスト ダイの大冒険(2020年)を無料で視聴できるおすすめ配信サービス!/

配信サービス 配信状況 無料期間とポイント 月額料金
unextU-NEXT

見放題

31日間無料
600ポイント今すぐ視聴
2,189円
danimedアニメストア

見放題

31日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
440円
huluHulu

見放題

14日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
1,026円
abemaABEMA

見放題

14日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
960円
telasaTELASA

見放題

15日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
618円
primevideoAmazonプライムビデオ

見放題

30日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
500円
dtvdTV

見放題

31日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
550円
paraviParavi

見放題

14日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
1,017円
netflixNetflix

見放題

無料期間なし
ポイントなし今すぐ視聴
990円
musicjpmusic.jp

レンタル

30日間無料
1,600ポイント今すぐ視聴
1,958円
tsutayaTSUTAYA DISCAS

レンタル

30日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
2,052円
crankinクランクイン!

未配信

無料期間なし
3000ポイント未配信
990円
fodFODプレミアム

未配信

14日間無料
900ポイント未配信
976円

※月額料金は全て税込。また付与されるポイントは無料期間中のものになります。

 

U-NEXTお試し期間を利用すれば[ドラゴンクエスト ダイの大冒険(2020年)]の動画を全話無料視聴できます。

お試し期間中は600円分のポイントもくれるので、非常にお得な配信サイトです。

 

U-NEXTの登録方法と解約方法
[登録方法] U-NEXTの公式サイトから「まずは31日間 無料トライアル」をクリック
お客様情報を入力、「次へ」をクリック
決済方法を選択し、決済情報を入力
入力した情報に間違いがなければ「送信」をクリック
「ご登録ありがとうございました」が確認出来れば登録完了。
※ちなみに決済方法をキャリア決済にすると登録がスピーディーです。[視聴方法] U-NEXTの検索窓から作品名など入力。
検索結果から視聴したい作品を選んで視聴。[解約方法] U-NEXTのメニューの中にある「設定・サポート」をクリックして「契約内容の確認・変更」をクリック
”ご利用中のサービス”内にある「解約はこちら」をクリック
解約前の無料期間を確認し、「次へ」をクリック
任意のアンケートあり(回答はしなくても大丈夫です。)
解約時の注意事項を確認し、「同意する」にチェックして「解約する」をクリック
「解約手続き完了」と画面に出てきたら解約は完了です。
※解約するまでにポイントは出来るだけ使い切りましょう!
U-NEXTの特長と楽しみ方
U-NEXTの特長一覧表
unext
月額料金:2,189円(無料期間終了後に課金開始)
無料期間:31日間
解約料金:0円
ポイント付与:1,200P(無料期間中は600P)
アニメ作品数:4,000作品
マンガ作品数:320,000作品
ラノベ作品数:40,000作品
【U-NEXTの6つの特⻑】
  • 【U-NEXTの特⻑】
      • 見放題動画220,000本、レンタル動画30,000本の作品を配信中!
      • 映画やアニメはもちろん、漫画をアプリで読める!
      • 毎⽉1,200ポイントもらえる。
      • マンガを購⼊する場合、最⼤40%ポイント還元。
      • ファミリーアカウントで、さらにお得。
      • ダウンロードして好きな時間、好きな場所で視聴が可能。

ドラゴンクエスト ダイの大冒険(2020年)のアニメを全部見終わった後でもU-NEXTではドラゴンクエスト ダイの大冒険(2020年)をさらに楽しむことができます。

ドラゴンクエスト ダイの大冒険(2020年)の原作はマンガで、そちらもU-NEXTで配信されていて登録すると読めるようになります。

ドラゴンクエスト ダイの大冒険(2020年)の続編をU-NEXTで漫画で見る

 

 

 

ドラゴンクエスト ダイの大冒険(2020年)の動画をYouTubeなどの動画共有サイトで視聴する方法は?

YouTubeなどを含む海外の動画共有サイトでは非公式にアニメのドラゴンクエスト ダイの大冒険(2020年)が配信されていて無料で視聴できる動画もありますが、画質が悪かったり、余計な広告が出てくる場合もあります。

注意:海外の動画共有サイトからアニメをダウンロードしたり視聴する方法は違法で危険!

海外の動画共有サイトを利用してアニメを視聴する方法はウィルスに感染するなどのリスクは当然つきまといます。

さらに2020年から法律が厳しくなったので海外の動画共有サイトを利用してアニメを視聴していると違法になり処罰される可能性が高くなります。

なので動画配信サービスの無料のお試し期間やポイントを利用して安全に安心して、全話無料でフル視聴しましょう!

特にドラゴンクエスト ダイの大冒険(2020年)の場合はU-NEXTであれば通常、月額2,189円ですが登録して最初の1ヶ月は完全無料で全話フル視聴ができるのでおすすめです!

\登録はこちらから!/

 

ドラゴンクエスト ダイの大冒険(2020年)の登場人物の紹介

ダイ
声優:種﨑敦美

12歳。ダームリン島で唯一の人間として育ったダイ。友人のゴメをさらった偽勇者たちを倒し、レオナ姫を刺客から守ったことで名声を得る。冥王ハドラーが復活したとき、先代ヒーローのアバンが彼を次のヒーローに育てるためにやってくる。ダイは、竜騎士の血筋である竜の紋章が体に現れると、力が強くなり、魔法をうまく操れるようになる能力を持っており、後に自分の本来の名前が竜騎士バランの息子、ディノであることが判明する。ダイはアバンのもとで地斬りと波動斬りを習得することに成功したが、天空斬りは独学で身につけることになった。また、武器に元素の魔法をかけ、より強力な剣技を生み出すことができる。ドラコニックオーラでも同様のことができるが、普通の武器では負担が大きく、ヒュンケルの魔導剣はダイが紋章を使ったアバンストラッシュを行うと折れてしまう。この能力に合わせて、ダイは伝説の剣術師ロン・バークからオリハルコン製の剣を手に入れ、その圧力を受け止めることができるようになった。バランの死後、ダイは父の印とその専用能力、そして先代のドラゴンナイトたちの戦闘経験を受け継ぐ。さらに、2つの紋章の力を合わせて使うことを学び、攻撃力を2倍にする。

ポップ
声優:豊永利行

武器商人ジュンクの息子で15歳のポップは、故郷のランカーク村を離れ、アバンに弟子入りして魔法使いになるための修行をすることを決意する。最初は臆病で怠け者だったが、ダイたちと仲良くなってから徐々に良い方向に変わっていく。シズ系を中心とした火の魔法を得意とするが、物語が進むにつれて重力圧力の攻撃など、より強力な魔法を習得していく。また、カミカゼやクラック系の魔法も使えるようになる。その後、攻撃と回復の魔法が使える最高クラスの魔法使いであるセージになります。シリーズを通して、ポップは様々な武器を使用しますが、シリーズ後半では、ベアンの杖に匹敵する、魔力を攻撃力に変える力を持つ杖をロンバーグから手に入れ、マトリーブの修行を経て、得意呪文の「フリーズクラッカー(メドローア)」とともに使用するようになりました。さらに、ポップの杖はどんな形にも変形することができる。

マァム
声優:小松未可子

16歳のマームは、レイラとロカの娘で、ハドラーとの最初の戦いでアヴァンに協力した巫女と戦士である。アバンのもとで修行し、ヒールなどの治癒呪文に長けているが、攻撃呪文をうまく習得することができなかった。アヴァンは彼女に魔法の呪文を発射する銃を渡し、他の流派の魔法に精通していないことを補ってくれた。しかし、その銃が壊れてしまったため、ファイターへの転向を決意し、一時的にパーティから離れ、武術の神と呼ばれるブロキーナのもとで修行をすることになる。ブロキーナのもとで、マームは究極の技「屈折拳」を習得する。屈折拳は、治癒魔法を使って敵の再生能力を過剰に高め、体を破壊する攻撃である。その後、マームはロン・バークから変形する鎧の武器を手に入れ、技の破壊力を高めることができるようになる。

レオナ
声優:早見沙織

14歳のレオナは、パプニカの王女。賢者になるための修行中で、魔法に精通している。ヒュンケルの手によるハドラーの帰還で国は滅亡寸前となるが、彼女はそれを許し、「アバンの真の弟子」となることを言い渡される。父親が行方不明となり、王国の再建と究極の魔王との戦いの手助けをすることになった。ダイとは友人だが、ダイが彼女に何かを感じていることは示唆されている。シズ系とクラック系の呪文が得意だが、フルヒールなどの回復系呪文を得意とし、バランとの戦いではこれを効果的に使っている。アバンの弟子ではなかったが、シリーズ後半でカールの女王フローラからアバンの5つ目の印を受け継ぎ、正式にアバンの弟子となる。

アバン
声優:櫻井孝宏

31歳のアバンは、魔王ハドラーを倒した先代勇者。若い頃はカール王国の統治者フローラ姫やカール軍の将軍ロカと仲良くしていた。普段は、自分の本当の力を皆から隠すために分厚いメガネをかけて、おふざけをして過ごしていた。ハドラーがフローラを殺そうとしたとき、アバンはもう隠れるのはやめようと思い、フローラと王国全体を魔王から守ることにした。ハドラーを一時的に倒した後、ロカと共に旅に出て、マームの母レイラ、強力な魔法使いマトリブと出会い、ハドラーを永遠に終わらせることになる。勝利の後、彼は次世代のヒーローのトレーナーになることを決意する。ハドラーが復活して彼を倒しに来た時、アバンはダイ、ブラス、ポップを守るために自己犠牲の呪文カミカゼを唱える。後に、アバンはフローラからもらった護符を身につけており、カミカゼのダメージを代わりに受けて命を救っていたことが明らかになる。そして、ダイたちがヴェルンに対抗するために、レベルアップを選択した。

ヒュンケル
声優:梶 裕貴

21歳のヒュンケルは、モンスターの攻撃で両親を殺され、モンスターに育てられた。アバンがハドラーを殺し、養父が死んだのを知ったヒュンケルは、父を殺したと信じているアバンを密かに恨んでいた。その後、ヒュンケルはアバンの最初の弟子となるが、卒業後、自ら考案した技Bloody Scraidで師を殺そうとし、失敗した。その後、ミスト=ヴァーンに引き取られ、ハドラーとヴァーンの支配下にある六大軍の一つである不死軍の総帥に育てられ、「アンデッド騎士団ヒュンケルのリーダー」と呼ばれるようになった。ハドラーがアヴァンの代わりに養父を殺したことを知り、ダイのパーティに参加する。ヒュンケルはもともと鎧に変形する魔導剣(アムード)を使っていたが、ダイがバランと戦った際に折れてしまう。以後、ヒュンケルは同じ人物が作った同じ性質を持つ槍を使うようになる。ヒュンケルは魔神掌握のほか、アバンの基本的な技をすべて使うことができる。剣から槍に持ち替えたため、アバンの槍の要素技を習得する必要があった。

ブラス
声優:緒方賢一

ブラスはダイの養父である。魔王軍に属していたモンスターだが、ハドラーが死んだ後、ダームライン島で生き残った他のモンスターたちとともに平和に暮らしていた。幼い頃、島にやってきた難破船からダイを拾い、育てた。アバンが作った魔法の壁を出ることで邪悪なモンスターになってしまうため、『闇の王』ヴァーンの影響により島を出ることができないでいる。クロコダインとダイの戦いに意に反して参加。この罠からポップに助けられ、島へ戻ることになる。

ゴメちゃん
声優:降幡 愛

ゴールデンメタルスライムという特殊な生物で、「ゴメちゃん」とも呼ばれている。ダイの最初の友達であるゴメは、他のモンスターと違って闇の帝王の影響を受けないため、ダイの冒険のお供として島を出ていく。物語中、小さな奇跡を起こし、ダイたちを助けてくれるが、やがてゴームは神様が純粋な心の持ち主を助けるために作った願いを叶えるアイテムであることが明らかになる。

ハドラー
声優:関 智一

357歳、大魔王軍のリーダー。ハドラーはアバンに倒されるまで先代の暗黒卿であった。ハドラーは大魔王ヴァーンによって復活させられたため、彼に仕えるようになった。ハドラーの得意な呪文は、カブーンとカシズルの2つで、それぞれのタイプの最高レベルの呪文である。ハドラーはアバンに殺された後、ベアンの魔法で何度でも蘇ることができ、蘇るたびに力が増すという強力な肉体を手に入れた。しかし、このままではダイたちに対抗できないため、ハドラーはザボエラを使ってハイパーデーモンとなり、大幅なパワーアップと再生能力を手に入れた。ハドラーはこの新しい力を使ってダイを倒すと、ベアンは報酬としてオルヒカルクムのチェスの駒を5個与え、ハドラーはこれに禁断の魔法をかけてオルヒカルクムのロイヤルガード戦士を作り出した。ハドラーはダイとの最後の戦いの後、体が損傷して再生できなくなり、塵と化して死んだ。

クロコダイン
声優:前野 智昭

30歳。かつて百獣軍の総帥「獣王クロコダイン」として名を馳せた、巨大な擬人化ワニ。ダイとポップのチームワークに敗れた後、ポップの勇気に感化され、パーティに参加するようになる。ハドラーが世界中に影響を及ぼしているにもかかわらず、いまだに多くの獣を支配下に置いている。ヴォイドアックス “という強力な武器を持ち、2種類ある風の呪文のうち、”フーシュ “を使うことができる。

フレイザード
声優:奈良 徹

ハドラーによって禁断の魔法で生み出されたフレイザード。炎と氷が混ざったような体をしており、両方の要素を使って攻撃することができる。栄光と勝利のみを追い求め、そのためには手段を選ばず、フェアな戦いには全く興味がない。栄光のない長い人生には意味がないと考えているため、今を生きることに重きを置いている。
声優:子安 武人

大魔王バーン軍の司令官の一人で、ヒュンケルの悪の師匠だったミストバーン。マンガの終盤のどんでん返しで、ミストバーンの正体はヴァーンの体の半分に宿り、同時にそれを守るゴーストのような存在であることが明らかにされる。真の姿では物理的な戦闘能力は一切ないが、誰にでも憑依して自分の操り人形にする能力(シャドウパペットグラブ)を持っている。おそらく最も古くから存在する生物の一人である。

ザボエラ
声優:岩田 光央

約800歳のザボエラは、小柄で高い知能を持ち、策略を駆使して欲しいものを手に入れる。また、ハイパー・デーモンの開発に必要な情報を入手するために息子のザムザを利用するなど、誰にも気を遣わず、皆を自分の道具とみなしている。自分の手を汚すことを嫌うため、部下に戦わせる。陰に隠れ、自分の計画に役立つことであれば、誰の功績でも自分のものとする。

バラン
声優:速水 奨

超竜旅団の司令官であり、ダイの実父。この時代の真の竜騎士であり、若いころはヴェルサーを倒した。戦いの後、彼は瀕死の重傷を負い、アルキードの王女ソアラの看病がなければ死んでいただろう。二人は恋に落ちたが、彼女の父である王がバランが人間でないことを知ると、彼は悪魔の従者であるとして城を追い出され、ソアラは彼に妊娠したことを告げた。数ヵ月後、バランとソアラは赤ん坊のダイ(二人はディノと名付けた)の世話をしながら、何の心配もなく幸せに暮らしていた。二人が王に見つかると、バランは妻子を守るために自ら自決した。そして、アルキッドに連れ戻され、死刑を宣告された。バランが火の呪文で処刑されることになったとき、ソアラは彼を守ろうとして飛び込み、致命傷を負った。ソアラの父親は彼女を恥だと言い、バランは怒りのあまりアルキード王国をすべて破壊してしまった。その後、彼は必死で息子を探したが、ダイを見つけることはできなかった。守るべき人間の手によって妻と子供を失った彼は、すべての人間を絶滅させるべきと考えた。その後、ダイとは敵同士として再会する。ダイの竜騎士マークを見て、自分の息子であることを悟り、ダイの記憶を消す。ダイを説得しようとするが、ダイは自分がバランの息子であることを信じようとしない。2度目の戦いでダイの記憶を取り戻すため、ポップは自分を犠牲にするが、カミカゼでバランに傷をつけることに失敗する。その後、バランはダイと共にベアンと戦うが、ハドラーとの戦いでブラックコアクリスタルの爆発からダイをかばった際に死亡している。バランは紋章を高度に使いこなし、悪魔と人間と竜が合体した竜騎士の究極形態である竜魔神に変身することができる。この形態では、すべてが死ぬまで敵味方の区別がつかなくなる。また、究極の電気魔法「カザップ」と伝説の剣「魔竜剣」を使った強力な技「ギガブレイク」、「ザップ系魔法」、「ドラコニックオーラ」を持っている。バランの究極の魔法は「ドラウラ(龍煌拳)」。この魔法はドラコニックオーラを大砲に変換し、一国を消滅させることができるもので、龍馬神の姿でのみ使用できる。

バーン
声優:土師 孝也

闇の王バーンは、闇の軍団の最高指導者であり、自らを闇の民の神と称するシリーズの主な敵役である。神々が人間に表世界を与えたのに、ダークリングは太陽なしで生きなければならないことを憎んでいる。そのため、彼の目的は六角形のブラックコアの爆発フィールドを使って地表を吹き飛ばし、弱い人間を世界から排除すると同時に、太陽をダークリングに与えることである。バーンは不老不死を実現するために自分の体を2つに分けたことが明かされた。自分が直接操る体には知性と魔力を残し、ミストに与えた体には体力を残した。2つ目の身体はミストバーンになった。バーンはその強大な魔力を使って、ミストバーンに「凍てつく時」の呪文を使った。ミストはその呪文にかかった体を操ることができるという特殊なケースであるため、ミストバーンの体は事実上不老不死を獲得し、バーンの体は知性と魔力を高めつつも、老化を続けていた。ダイに敗れたバーンは、元の肉体を取り戻すことを決意し、かつてないほどの強さを手に入れた。しかし、再びダイに敗れ、石にされてしまった。ほとんどの魔法を使えるが、その中でも最も得意な魔法がある。その中でも最も得意とする魔法は「縮地」である(縮地はポップの「カフリズル」よりも強い)。また、治癒の魔法も使えるため、魔法使いの中でも最高級のセージクラスとされている。また、ロン・バークからもらった杖は、魔力を物理的な攻撃力に変えることができるが、その分電力の消費が激しくなる。バーンの最強の攻撃は、不死鳥の形をしたカフリズル、カイザーフェニックス、攻撃や呪文を跳ね返すことができるトウキの踵打ち、フェニックスウィング、ダイの剣のように鋭く致命的なトウキのハンドチョップ、カラミティエンド、伝説の杖か素手で作り出すエネルギーの壁、そして最後にカイザーフェニックス、フェニックスウィング、カラミティエンドを同時に繰り出す究極のカウンター技、天地魔動である。

ドラゴンクエスト ダイの大冒険(2020年)のエピソード別あらすじ

第50話 我ら獣王遊撃隊

あらすじ 2021年9月25日放送
仲間とはぐれてしまったチウとゴメは、他のモンスターを募って自分たちのパーティを作り、敵の本拠地に関する思わぬ秘密を知ることになる。

今すぐドラゴンクエスト ダイの大冒険(2020年)のアニメを視聴する

第51話 アバン流究極奥義

あらすじ 2021年10月2日放送
ヒュンケル、ポップ、クロコダインがゴメとチウを救出。ポップが負傷者を安全な場所まで運ぶ間、ヒュンケルとクロコダインは残り、ヴァーアンたちに単独で挑むことを決意したバランを思いとどまらせる。

今すぐドラゴンクエスト ダイの大冒険(2020年)のアニメを視聴する

第52話 父子竜出陣

あらすじ 2021年10月9日放送
ダイとバランは力を合わせてベアンの要塞の海中門を破ろうとするが、ハドラーの王室兵の一人である司教フェンブレンが立ちはだかり、他のパーティは他の兵と戦闘に臨む。

今すぐドラゴンクエスト ダイの大冒険(2020年)のアニメを視聴する

第53話 ハドラーの挑戦

あらすじ 2021年10月16日放送
フェンブレンを倒したダイとバランは、ヴァーアンの領地に侵入し、ハドラーと対峙する。その際、バランはハドラーの体内に強力な爆弾「ブラックコア」が埋め込まれていることを突き止めるが、それを爆発させないように注意しなければならない。

今すぐドラゴンクエスト ダイの大冒険(2020年)のアニメを視聴する

第54話 ハドラー対バラン

あらすじ 2021年10月23日放送
ハドラーの体内にあるブラックコアを懸念し、大きなハンディキャップを背負うことになったダイとバラン。バランはハドラーを倒し、コアの爆発を食い止めるために独自の作戦を立てるが、失敗し、ダイは重傷を負ってしまう。

今すぐドラゴンクエスト ダイの大冒険(2020年)のアニメを視聴する

第55話 黒の核晶

あらすじ 2021年10月30日放送
息子を守るため、バランはダイを眠らせ、ハドラーと素手で戦うが、ハドラーのブラックコアの爆発を防ぐことができず、死の野を消し去り、ヴァーンの宮殿の真の姿を明らかにする。

今すぐドラゴンクエスト ダイの大冒険(2020年)のアニメを視聴する

第56話 受け継がれる心

あらすじ 2021年11月6日放送
バランの犠牲を受け、再集結したダイたちは、ヴァーン本人と対面する。

今すぐドラゴンクエスト ダイの大冒険(2020年)のアニメを視聴する

第57話 魔界の神

あらすじ 2021年11月13日放送
ダイたちは冥王ヴァーアンと戦うが、ヴァーアンは一人で立ち向かいながらも、あっさりと一行を制圧してしまう。

今すぐドラゴンクエスト ダイの大冒険(2020年)のアニメを視聴する

第58話 意外な救世主

あらすじ 2021年11月20日放送
ダイの勇姿を認め、本気で戦うことを決意したヴェアンは、ダイを倒す。しかし、ダークキングがパーティを全滅させようとしたその時、ハドラーが現れて挑み、その隙にパーティを救出する。

今すぐドラゴンクエスト ダイの大冒険(2020年)のアニメを視聴する

第59話 生存者たち

あらすじ 2021年11月27日放送
ヴァーン宮殿から辛うじて命からがら逃げ出した一行は散り散りになってしまう。ポップとマームがカール王国の海岸に打ち上げられる中、ダイは聖母龍に連れられ、龍騎士の血統は終わったと宣言されるが、バランの霊が現れ、もう一度チャンスを与えてほしいと説得される。

今すぐドラゴンクエスト ダイの大冒険(2020年)のアニメを視聴する

第60話 ダイとポップ

あらすじ 2021年12月4日放送
ヴァーンは表世界の破壊計画を開始し、ヒュンケルとクロコダインは自分に反対したため、間もなく処刑されると宣言する。ダークキングを止めるだけの力が自分にあるのか不安になるダイを、ポップは励ますように声をかける。

今すぐドラゴンクエスト ダイの大冒険(2020年)のアニメを視聴する

第61話 勇者アバン

あらすじ 2021年12月11日放送
フローラ女王配下のカール騎士団の一員として、冥王ハドラーと初めて出会い、英雄への道を歩み始めたアヴァンの青年期を描いた短編集。

今すぐドラゴンクエスト ダイの大冒険(2020年)のアニメを視聴する

第62話 破邪の洞窟

あらすじ 2021年12月18日放送
レオナはフローラ女王、マーム、メルルとともに、ヴァーンの宮殿にたどり着くための強力な呪文を習得するため、古代の迷宮に足を踏み入れる。一方、ポップは自分がアヴァンの弟子としてふさわしいかどうか疑い始める。

今すぐドラゴンクエスト ダイの大冒険(2020年)のアニメを視聴する

第63話 聖なる継承

あらすじ 2021年12月25日放送
レオナ一行は、儀式を行う間、彼女を守るために迷宮の底で強力なモンスターと戦う。一方、ダイは新たな強力な技を携えてやってきて、ポップは相変わらず不安な気持ちを抱えながら、マトリブに助言を求めていく。

今すぐドラゴンクエスト ダイの大冒険(2020年)のアニメを視聴する

 

第64話 決戦前夜

あらすじ 2022年1月8日放送
ロンベルクはダイたちと再会し、ダイとヒュンケルの修理した武器、そして他のパーティーのために作った新しい特殊武器を持参し、ヴェルンとの決戦に備える。

今すぐドラゴンクエスト ダイの大冒険(2020年)のアニメを視聴する

第65話 暗黒のヒュンケル

あらすじ 2022年1月15日放送
ヒュンケルとクロコダインは処刑場に連れてこられるが、ミスト=ヴァーンはヒュンケルの体を黒魔術で堕とし、かつての弟子を自分の側に戻そうと最後の試練に挑む。

今すぐドラゴンクエスト ダイの大冒険(2020年)のアニメを視聴する

第66話 五色の光

あらすじ 2022年1月22日放送
ようやく再会した5人のアバンの弟子たちは、浄化の魔法儀式を始めるが、完成するまでは弱体化する。ミスト=ヴァーンは彼らを止めようとするが、ロン=ベルクと他の同盟国は彼らを守るために立ち上がる。

第67話 大破邪呪文の危機

あらすじ 2022年1月29日放送
ポップが記章をパワーアップできないために浄化の儀式が失敗しそうになる中、ザボエラが現れて罠を仕掛け、パーティを守る戦士たちにモンスターの大群を投げつけ、毒入りの短剣でポップを殺そうとするが、マールは身を呈して彼を保護する。

第68話 最後の挑戦

あらすじ 2022年2月5日放送
浄化の儀式を成功させたアバンの弟子たちは、ヴァーンの宮殿に戻り、ヴァーンに立ち向かうが、代わりにハドラーとその部下が一行に最後の戦いを挑んできた。ダイはハドラーから決闘を申し込まれ、仲間たちは残された王室兵と対峙する。

第69話 愛の超激突

あらすじ 2022年2月12日放送
ポップはナイトのシグマと、ヒュンケルはポーンのヒムと再戦し、マームはクイーンのアルビナスと対峙することになるが、マームの制止を振り切り、主人のために全身全霊で闘う。

第70話 勝利か消滅か

あらすじ 2022年2月19日放送
ポップはシグマと苦戦を強いられるが、敵を出し抜いた末に勝利する。戦闘後、ポップとマームはようやく互いの気持ちを話すことができた。

 

今すぐドラゴンクエスト ダイの大冒険(2020年)のアニメを視聴する

第71話 真竜の闘い

あらすじ 2022年2月26日放送
ロイヤルガードをすべて倒したダイは、ハドラーとの決戦で修行の成果を発揮し、仲間たちが遠くから見守っていた。

 

今すぐドラゴンクエスト ダイの大冒険(2020年)のアニメを視聴する

第72話 最後の一太刀

あらすじ 2022年3月5日放送
激戦の末、ダイはハドラーに勝利する。しかし、その隙をついてキル=ヴァーンが放った罠にかかり、魔法の炎に包まれる。しかし、ポップが介入したことで即死には至らなかった。他のメンバーは彼らを救出する方法を探すが、無駄だった。

今すぐドラゴンクエスト ダイの大冒険(2020年)のアニメを視聴する

第73 話 炎の中の希望

あらすじ 2022年3月12日放送
ダイ、ハドラー、ポップはキル=バーンの罠で焼却されようとしている。ハドラーは、友人を守ろうとするポップの意志を理解し、残りの生命力を結集して彼を助ける。

今すぐドラゴンクエスト ダイの大冒険(2020年)のアニメを視聴する

 

 

ドラゴンクエスト ダイの大冒険(2020年)のアニメの評判は?感想と見どころをレビュー

 

せいやきにくさん 総合評価 10

名作が名人芸で蘇る。
懐かしいヒーローもののストーリーに、ワクワクするような作り込まれたキャラクターたち。この作品は、後に続くほとんどの少年漫画の学校としての役割を果たし、フランチャイズのゲームのプロットが持つ魔法とリズムをすべて捉えることに成功した。

アニメーションやサウンドトラックもクールで、愛情たっぷりに作られている。これは東映アニメーションが提供できる最大限のものだ。脚本は漫画に忠実で、ユーモアや暴力などの細かい脚色はあるが、番組を台無しにするようなことはない。

初心者の方は、世代を超えて形成されてきた原作を活用してみてはいかがでしょうか。

ソメ12さん 総合評価 10

ヒーローになることを夢見る少年ダイの物語。このアニメは、彼が夢見たヒーローになるために、冒険とその過程で生まれる絆、そして乗り越えなければならない苦悩を描いています。
この旅の中で、彼は周りの世界について学び、自分自身についても学び、一人の人間として成長し、さらに強くなっていきます。仲間や大切な人を大切にする彼は、アバンと呼ばれる男の弟子であり、ダイの仲間たちの師匠でもある。
ドラゴンクエスト ダイの大冒険』(2020年)は、素晴らしいアニメです。その後のマンガに大きな影響を与えた古典的なマンガをアニメ化したものです。
素晴らしい世界観と伝承、素晴らしいファンタジーの仕組み、そして素晴らしい冒険のセンスを持っています。キャラクターは記憶に残り、アニメーションはよく動き、OSTは素晴らしく、インパクトがある。
キャラクターは肉付けされ、よく練られている。彼らは試練を経て、肉体的、精神的、感情的に成長する。
ストーリーは、ファンタジーで、感情的で、感動的で、魅力的です。冒険、ファンタジー、世界観、伝承のあるアニメが好きな人にはおすすめです。

キズルクさん 総合評価 8

ドラゴンクエストの世界の初心者として、このシリーズが100週以上続いたとしても、私は間違いなくこの作品について行くと断言できる。

ドラゴンクエスト(2020)は、典型的な少年アクションアニメだが、このリブートは絶対に美しい。また、この作品はCGが巧妙でよくできていて、目を楽しませてくれる。

 

ストーリー: 7/10

このアニメは最初のアークが遅いですが、面白いです。ドラゴンクエストの世界観は普通の少年漫画とあまり変わらないが、原作が古いので、その点は文句ないだろう。ただ、原作が古いので、その点は文句なし。

 

アート:9/10

前にも書きましたが、私はドラゴンクエストの新ファンなのですが、1話からこのアニメにはまりました。この作品は作画もアニメーションも綺麗です。このようなハイクオリティなCGの使用、美しいCGの使用は、あまり見たことがありません。

このアニメは、美術だけでも見る価値があると思います。

 

キャラクター:7/10

キャラクターは今のところ(第5話)、特筆すべきことはない。どのキャラクターも典型的な少年漫画の雰囲気を持っている。でも、ダイのキャラの成長には期待できる。物語が進むにつれて、もっと明るいキャラクターが登場するはずだ。

サウンド:7/10

オープニングもエンディングも、ベストとは言えないが、アニメの内容とよく合っている。BGMもいい感じです。

 

声優:6/10

美術やアクションシーンに感動した分、VAにはちょっとがっかりです。でも、この番組はまだ初期段階なので、許せます。でも、全体的に改善されることを期待しています。まあ、VAが悪いと言っているわけではなく、改善される可能性はあります。

 

楽しさ:9/10

このアニメには多くの問題がありますが、1つだけ言えることは、私はこのアニメをとても楽しんでいるということです。どのエピソードもアクションに溢れています。戦闘ではCGが多用されていますが、それは全体のパフォーマンスを向上させるだけです。毎週、新しいエピソードを待ち望んでいると言っても過言ではありません。この2020年版のオリジナル版は見ていませんが、本当に楽しませてもらいました。

この番組はなぜかとても懐かしい感じがする。毎話、10代の新鮮な息吹を感じることができ、良い思い出になる。

評価:

アニメとしての完成度:8/10

アニメの可能性について : 9/10

ディアブロマスクさん 総合評価 6

この番組はリブートであり、漫画化であり、同時にビデオゲーム化でもあるのだが、それはいい意味でのリブートではない。

ドラゴンクエスト ダイの大冒険』(2020年)は、何十年も前に打ち切られたアニメのリブートで、長く続いているマンガを映画化したものだが、なぜそれが重要なのか?なぜなら、以前にアニメ化されたものなので、このプロジェクトに携わっている人たちは、わざわざ同じものを再アニメ化することに力を入れないでしょうから、テンポを急ぐことが予想されたからです。

この2つのバージョンを比較してみたのですが、今のところこのリブート版は30話分の内容を15話に収めることに成功しています。最初の4話はきちんと設定されていたので、最初はそれほど悪いようには見えませんでしたが、画面外で大(MC)が修行して大きく成長したのを見て、それが全く報われないことが明らかになり始めています。
さらに、主人公のダイとポップが船で出発するシーンで、突然森の中で少女を助けるために走るシーンに切り替わるのですが、まるで監督が努力していないかのように、この2つのシーンの間に多くのコンテンツが省かれていることがわかります。

ただ、ストーリーを急ぎすぎると素人っぽくなってしまう。
ダンジョンが短すぎて、ボスから次のボスまで5分程度で到達してしまうようなRPGを想像してください。
この番組から感じるのは、何も得られない、満足できない、ただやり遂げるためだけにプレイしている、ということです。

ビデオゲームといえば、「ダイの大冒険」のゲームが実際にあったのかどうか気になるでしょう。私はドラゴンクエストをプレイしませんが、フランチャイズは知っていますし、漫画はそこからインスピレーションを受けていますがオリジナルストーリーを持っていることを知っています。なぜそれが重要なのですか?CGIがあるからです。

このアニメのCGIの使い方は奇妙で、安っぽくは見えませんが、うまくもありません。皮肉なことに、アートスタイルが2Dすぎるため(意味があるのかどうか)、CG効果が合っていないように見え、たとえば火の玉が発射されても、キャラクターがそれに触れたり相互作用するようには感じられず、とても奇妙で場違いな感じがします。
また、CGIで描かれた戦闘シーンは、まるでゲームのシーンをそのまま持ってきたかのような印象を受けました。

アニメーションといえば、東映アニメーションの人たちは、おそらく良いアニメーションをごまかすことにかけては最も才能があると思います。ほとんどの人は、鮮やかな色を見て「素晴らしいアニメーション」と言いますが、私がこの番組を見ているときに見るのは、たくさんの静止画像で、先ほど話したCGIと組み合わせ、それらの効果を使って物が動いているように見せています。キャラクターの静止画がカメラに近づくと、両キャラクターが静止したままカットされ、すでに斬りつけたかのように見せかけたり、キャラクターの顔をクローズアップして口だけを動かすことも多く、最初はいいアニメーションに見えても、よく見ると実はチープな作りになっていることが多いんです。

東映アニメーションらしい雰囲気は、ドラゴンクエストの世界観に合っていると思うが、漫画や旧作と比べると、暴力描写や全体の雰囲気がトーンダウンしていて、明るい色彩のために暗く見えないシーンもあり、個人の好みもあるかもしれないが、無視できない問題であった。

音楽は特別なものではなく、まだあまり多くの曲が作られておらず、毎話数曲が流れ続けるだけで、音楽で目立つシーンは一つもありませんでした。
オープニングとエンディングも、私的にはかなり忘れっぽく、チャンスを与えるために何度も聴いたにもかかわらず、全く思い出せません。

演出的なことはさておき、ストーリーやキャラクターについて触れていこう。
ストーリーは、世界をほぼ支配している魔王軍と、モンスターに育てられた島で一生を過ごした主人公のもとにレオナ姫が訪れ、襲われた彼女を助け、家庭教師をつけてもらい、正しい勇者になって魔王軍と戦うという、何の変哲もないストーリーで、ダイの家庭教師アバンには他にもたくさんの弟子たちがいて、ダイは途中で出会うことになるのですが、それ以上のことはないでしょう。

一方、キャラクターは、このシリーズの長所といえるでしょう。
ダイは決して諦めない勇敢なお人好しヒーロー、ポップは臆病者だが事態が深刻になると一転、マァムは戦いは強くないものの、グループのサポートと重要な決断に長けた頼れる強い女性、この3人は個々に特別なことはないが、相性が良く、非常によく機能している。

世界を支配しようとする魔王軍ということで、一面的な悪役になるかと思いきや、中にはそうでもないものもありますが、これまでに登場したほとんどの敵は、意外にもそれ以上の存在です。魔王軍の兵士の中には善人(正確には善良なモンスター)もいることが描かれる場面もありました。
一面的でないからといって、必ずしも深くて面白いとは言えないと言われるかもしれませんし、それはそれで一理あるのですが、戦いの中で双方に関心を持たせることができるので、見ていて楽しいですし、もちろん、敵役の中には面白い展開になるものもありますよ。

では、全体的にこの映画化をどう表現すればいいのでしょうか?旧版の方が良かったからダメなのか?鋼の錬金術師やHUNTER×HUNTERなど、リブートされた少年漫画の人気シリーズが、最初は駆け足でトーンダウンしていたものの、旧作から流用するうちに良くなっていったことを思い出すので、全く別の人が作ったとはいえ、ドラゴンクエスト ダイの大冒険は可能性を秘めていると言え、今後も期待しているのである。
今のところ、6/10以上の評価はできませんが、それは結局のところ楽しんで見ることができたからであり、ノスタルジーが大きく影響しているのです。
もしアドバイスが欲しいなら、この番組を目立たないようにしながら、あと15話ほど待ってみることだ。

キングオブヘブンさん 総合評価 10

私自身は、この作品が始まった当初から追いかけてきました。
おそらく皆さんは、幼い頃にダイの冒険を見たことがあると思いますが、この新シリーズは、素晴らしい作画と、演出、音響、アニメーション、全ての基準で信頼できる作品に仕上がっています。
さて、ストーリーについてですが、ちなみに私は漫画を読んでいません。63話までの出来事は強烈です。そして、相互に関連しています。作家が過去に起こった出来事を見失わず、そこに戻って現在の原因と将来の結果を示していることがわかります。ストーリーがナルトを思い出させるという事実は、ストーリーがうまく、驚くほど編まれており、ストーリー自体は複雑ではありません : ストーリー自体は複雑ではなく、悪の王を倒し、平和を取り戻そうとする英雄の物語です。ストーリーは明快で、出来事も力強く、加速していくので、1話を見終わると、次の話を見たくなります ストーリー、イベントともに10点満点です。
そして、このアニメを見るべきか、見ないべきかという疑問が湧くでしょう。もし、あなたがグラフィックとアニメーションの美しさを楽しむのが好きなら、素晴らしい効果音、常に進化するイベント、ゼロから始まり最後まで生き抜くストーリー、このアニメはあなたのためのものです。

ファントムヘブンさん 総合評価 9

このレビューはネタバレを含むので、自己責任で読んでください。

ドラゴンクエスト ドラゴンボールと並んで、週刊少年ジャンプで最も成功した漫画の一つである。

DQ:ダイ」は、日本最大のゲームフランチャイズである「ドラゴンクエスト」だからというだけでなく、少年漫画の最高峰であるからこそ、傑出した成功を収めたのである。決してあきらめず、「やり抜く力」と「友情」でどんな戦いにも勝つ主人公と、かつての敵も当然ながら仲間にする。以下、さらに続きます。

ストーリー: 9
確かにDQ:ダイのストーリーは2020年代に見ている人たちには陳腐で退屈に見えるかもしれないが、この漫画が80年代に書かれたものであることを思い出してほしい。あなたの好きな少年漫画は、この作品と『ドラゴンボール』から多大な影響を受けている可能性があります。ダイは平均的なハッピー・ゴー・ラッキーの少年主人公だが、世界一のヒーローになり、ハドラー、師匠のアバンが数年前に一度倒したが殺せなかった闇の王、そしてさらにぶっ飛んだJRPGの最後の悪役ヴァーン(シリーズの大部分では影に隠れている)から地球全体を救うためにめちゃくちゃ早くステップアップし成長しなければならないことをすぐに学ぶ。
もしこれがファイナルファンタジーに似ていると感じるなら、それはドラゴンクエストが間違いなく世界最大のJRPGシリーズだからであり、西洋では全く流行らなかったとはいえ、ほとんどのファイナルファンタジーシリーズのプロットはドラゴンクエストから大いに引用されているのである。でも、日本ではとても人気があるんですよ。
ダイは旅の途中で、アバンの弟子であるポップ、マーム、ヒュンケル、そして獣王クロコダイン、レオナ姫、戦うネズミのチウなど、シリーズを通してサポートするキャラクターと出会います。どのキャラクターも個性的で、それぞれの得意技を持っています。
あとは典型的なJRPGだが、繰り返しになるが、「ドラゴンクエスト」、そしてそれに代わる「ドラゴンクエスト」であることは強調しておかねばならない。が、現在のJRPGの基礎となった作品です。この物語は、おなじみのビートをすべて踏襲しているが、非常にうまく実行されており、そのビートがそもそもおなじみである理由の一部になっている。

アート: 9
さて、本題のCG戦闘シーン。
第1話から登場し、ダイからパプニカ評議会のキラーマシン、ダイ対ヒュンケル、そしてシリーズ最高の振り付けであるダイ対バランまで、すべての大きな戦闘シーンに登場し、視聴者を和ませるCG戦闘シーンは、インターネットにそう書いてあるからどんなCGもダメだと決めつける、知的障害者でないならば、絶対に見るべきものだと思います。
このアニメのCGは、実際のドラゴンクエストのゲームから飛び出してきたようなものですが、恐れることはありません。クライマックスでは2Dのキャラクターが登場しますが、3Dのキャラクターが登場したら、その時は覚悟してください。
2Dのシーンが悪いわけでは決してありません。東映アニメーションは「ワンピース」と「ドラゴンボール」の版権を獲得したことで、膨大な予算を獲得しており、業界最高のスケジュールと相まって、バトル少年漫画に期待される数多くのアークに見事なクライマックスをもたらすことになった。このアニメは、週ごとのエピソードですでにかなり良い感じですが、アークの大悪党に直面するとき、多くのサクガと満足のいく最後の一撃の準備をする必要があります。この番組のビッグバトルは、決して劣勢になることはなく、見ごたえがある。

サウンド:9
僕は僕を愛しぬくこと
このシリーズの音楽と声優は一流である。最初のOPは全50話で使われるうちにだんだん好きになるし、声優の演技はどのキャラクターも完璧だ。ダイ役の種崎敦美さん、ポップ役の豊崎利行さんは、登場するすべてのシーンで感情を揺さぶります。この2人は番組の核となるキャラクターなので特に強調しましたが、バラン役の早見沙織さん、ハドラー役の関智一さん、ミスト=ヴァーン役の子安武人さん(DIO BRANDO)、謎の闇王ヴァーン役の橋貴哉さんも素晴らしい演技をしています。
ドラゴンボール」から「ワンピース」、そして「聖闘士星矢」のような旧作まで、東映のあらゆるシリーズに見られる純正の効果音は、訓練されていなければほとんど気にならないだろうし、戦闘中のサウンドデザインもこのような長期シリーズにぴったりだ。東映がこのシリーズで何をしているかを知っていることは明らかだ。

キャラクター:10
この番組は、あらゆる少年漫画の型にはまった演出をしているが、それはおそらく、これらの型を最初に作り出したことに部分的に責任があるからだろう。
ダイは典型的な少年漫画の主人公だが、悟空(彼もまた、彼とほぼ同時期に作られた)のように食べ物に執着したり、話すたびに大声で叫んだりしないのは、このジャンルに新鮮な風を吹き込んでいる。
ポップは、元祖ウソップ(『ONE PIECE』)と言うにふさわしい。最初は臆病な友人で、よくイライラさせられるが、シリーズを重ねるうちに恐れを知らない悪党に成長し、見ている人は最後には彼を死ぬほど尊敬することになるだろう。
マームは、この物語が80年代に書かれたことを考えると妥当なところだが、メインパーティーの中では最も面白みに欠ける。しかし、彼女は元祖ワル女の一人で、仲間の弟子を抑えながら、実の母親を知らないダイの母親のような役割も果たします。また、ビッグバトルでも活躍する。
ヒュンケルは、ベジータ、クラピカ、サスケ、そして最近ではユーノなど、数え切れないほどの少年漫画のライバルに影響を与えた、エッジの効いたライバルから友人になった人物である。彼は陰気でクールだが、独自の道徳観を持っており、それが評価されている。
最後に登場するクロコダイン(巨大なワニのような怪物)とレオナ姫(グループの癒し手であり外交的な味方)は特に驚くような存在ではないので、悪役の話に移ろうか。
闇の帝王ハドラーは、数年前に世界征服を企て、成功しかけたが、メインキャストの師匠である英雄アバンに倒された闇の帝王である。当然、復活して最初にすることは、アバンを殺して自分の強さを見せつけることです。ハドラーは非常に強力な脅威ですが、彼はあくまで闇の軍隊の副司令官であり、このシリーズの利害関係を考慮する必要があります。シリーズを通して、ハドラーはポップとは異なり、信じられないほどの人格的成長を遂げ、失敗から学び、真の力となる、典型的なアーチネメシスと呼ぶべき存在です。
バランは闇の軍隊のドラゴン軍団長で、あまりネタバレにならない程度に、メインキャストと非常に親密な関係を持っています。彼はまた、キャラクターを成長させることによって、最終的にそれ以上のものになる悪役の一人であり、後の多くの少年漫画にインスピレーションを与えたものです。
最後に、闇の軍隊の影の司令官ミスト=ヴァーン、その秘密の執行者キル=ヴァーン、最高司令官ダークキングヴァーンは、それぞれの方法で威圧的で恐ろしいが、それは彼らの声優の素晴らしい演技に助けられているのである。
また、戦闘ネズミのチウ、パプニカの衛兵長バダックなど、一行に同行する多くの脇役も非常に好感が持て、主にコミックリリーフを提供しているが、決して長引かせてはいない。

楽しめる。10
バトル少年は私が最も好きなアニメのジャンルなので、この点では偏見があるかもしれませんが、ドラゴンクエストは私の好きなジャンルです。しかし、「ドラゴンクエスト ダイ」は、古典的な少年漫画のストーリーのすべての要素を完璧に満たしている数少ない作品のひとつである。
この作品は、80年代のアニメを2020年の水準にアップグレードしたものであることを念頭に置く必要があるが、そうすれば、このシリーズが、間違いなく多くの人をアニメの世界に導いたこのジャンルにどれだけの貢献をしてきたかを理解できるはずである。
少年フォーミュラ」は「ドラゴンクエスト」のようなシリーズで誕生した。ドラゴンボールでは、作者の鳥山明氏が間接的にこのシリーズに関わっています(鳥山氏はドラゴンクエストのゲームのキャラクターデザインを担当し、このシリーズはそれを再現しようとしています)。
真の少年漫画ファンにとって、このシリーズは絶対的な喜びを与えてくれる。私のような若いファンにとっては、ストーリー展開に多くのヒントを得ることができますが、そもそもこのシリーズがそのヒントを生み出すのに貢献したことを知れば、このシリーズの展開に驚かされることでしょう。バトル系少年漫画が好きな人は必見です。

そうそう。文化的なインパクトだけでなく、東映アニメーションが21世紀のアニメーションのスタイルでそれをうまく捉えている点でも、私はこのシリーズを本当に愛しています。もちろん、どの長寿シリーズもそうであるように、完璧な作品ではないけれど、思い出を辿る旅として最後まで楽しめる。
この番組については、ずっとレビューを書きたかったのですが、少なくとも最終回まで我慢して、全体を通して同じように洗練されていることを確認するために書きました。
これはピークショウネン™️であり、私の心を変えるものは何もありません。もしあなたが、私のように少年漫画のゴミであり、それを誇りに思っているならば、この作品は必見です。

3N478さん 総合評価 9

このアニメは私が子供の頃に見ていて、一番好きなアニメでした。

最初のストーリーはつまらなかったが、だんだん面白くなってきたので、ストーリーで8/10をつけた。

古いアニメなのに、新しいアニメのように感じられる。

卓越したサウンド 10/10 このアニメの声優とエフェクトが本当に大好きです。

このアニメに登場するすべてのキャラクターが大好きで、おそらく新しいアニメでこのキャラクターがいなくなるのは寂しいので、10/10をあげます。

私はこのアニメを本当に楽しんだ 特に戦いと悲しい瞬間 それはあなたがより多くのエピソードを見たいと思わせるので 楽しみのために10/10

このアニメは9/10で、偉大な古典アニメの一つで、今の世代のオタクは90年代のアニメを知ることができます。

 

アモスタさん 総合評価 10

このアニメはすごいです。新しい3Dグラフィックは素晴らしいです。昔の音楽も良かったですが、新しい音楽も壮大です。音楽というよりシンフォニーです。

ストーリー自体は13歳以上には難しいですが、90年代にこのアニメを見て育った私たちは、このアニメを完結させたいと思います。ストーリーは、旧アニメの全46話と全く同じだが、全編の約25%にあたる25話までは、スピード感がある。そして、完結に向けて動き出したのです。

 

ファイロファウクさん 総合評価 9

このアニメは私にとって隠れた名作でした。私は90年代にドラゴンボールとセーラームーンと共に育ちました。このアニメは、その同じ感動を蘇らせてくれました。プロットはそれほど深くないのですが、飽きさせません。主人公のダイは強いですが、最近よく見られるような絶対的な壊れ方をしているわけではありません。実際、私がこれまでに見た37話を通して、彼がやり遂げるかどうかは分からないと言っていいでしょう。毎週、次のエピソードが楽しみで、見るのが億劫になることはない。この作品には “フィラー “が存在しないのです。すべてのエピソードが何らかの形でストーリーを進展させている。

もちろん美術は鳥山ドラゴンボール/ドラゴンクエストのスタイルです。非常にノスタルジックです。確かにCGIはありますが、それは芸術を損なうものではありません。また、ゲームをプレイしたことがある人なら、多くのモンスターや呪文に見覚えがあるはずだ。アニメーターはゲームを正しく再現しているのです。

どのアニメを見るべきかと聞かれたとき、私はいつもこのアニメを最初に考えます。悪いエピソードは決してありません。90年代のアニメが好きな人にはぜひおすすめしたい作品です。

 

クブカファイさん 総合評価 8

ドラゴンクエスト大は素晴らしいアニメです。昔のシリーズからの映画化です。このアニメは少年漫画であり、その役割を十分に果たしています。主人公を応援したくなるような、そして次の敵にどうやって勝つのか見たくなるような、そんな古典的な感じを持っているのです。アクションも豊富で、時間稼ぎのために大量のフィラーを使うこともない。時には予測可能なこともありますが、この番組はあちこちにひねりを加えるのも得意です。もし私が初めてアニメを見る人だったら、この作品は素晴らしいアニメのスタート地点になるでしょうね。心からお勧めします。

テレンス7さん 総合評価 7

このアニメは、絵と音は素晴らしいが、ストーリーとキャラクターが違うので、説明しよう。まず、キャラクターから。ダイは他のアニメのキャラクターと同じで、例えば、世界を救うとか、偉大な英雄になるとか、そういうものなので、オリジナリティは最高ではありません。しかし、展開という点では、このアニメには展開のあるキャラクターは一人しかおらず、それはポップです。しかし、このアニメは発展しているキャラクターが一人しかおらず、それはポップです。

ナタン34さん 総合評価 9

東映はアニメーションでスパッと決めているし、素晴らしい少年漫画のプロットを持っている。東映はアニメでスパスパやっているし、少年漫画のプロットも素晴らしい。80年代に書かれた漫画としては、一般的と感じるものもあるが、少年漫画のトロフィーを見事に覆していると思う。伝統的な「魔王狩り」タイプのストーリーですが、特に敵役に関しては、それ以上のものがあります。特に敵役に関しては、私がジャンプで一番好きな敵役が何人かいる。特にハドラーは、その成長ぶりが素晴らしく、もっともっと悪役のシーンが見たいと思わせてくれる。私は本格的なレビューを書くにはあまりに怠惰ですが、どうかDaiを眠らせないでください。今放送されている番組の中で、最も過小評価されている番組の1つです。この7.12という数字が信じられないくらい低いんです。もしDaiにもっと大きなファンベースがあれば、この評価はもっと高くなると思う。このままアニメが終わると、漫画の内容も充実してくるので、8点/10点、9点くらいになりそうです。