現実主義勇者の王国再建記 2期のアニメ動画を全話無料フル視聴する方法!見逃し配信サービスまとめ

引用元:FOD

\現実主義勇者の王国再建記 2期を無料視聴するならココ!/

配信サービス 配信状況 無料期間とポイント 月額料金
fodFODプレミアム
見放題
先行独占配信
14日間無料
900ポイント今すぐ視聴
976円

※月額料金は全て税込。2022年2月時点。

 

 

放送 2022年1月8日~
地上波ch TOKYO MXなど
放送日 毎週土曜日25時30分~
話数 放送中
制作会社 J.C.STAFF
監督 渡部高志
登場人物:声優 ソーマ・カズヤ:小林裕介/リーシア・エルフリーデン:水瀬いのり/アイーシャ・ウドガルド:長谷川育美/ジュナ・ドーマ:上田麗奈/ハクヤ・クオンミン:興津和幸/トモエ・イヌイ:佳原萌枝/ポンチョ・イシヅカ・パナコッタ:水中雅章/カルラ・バルガス:愛美/ロロア・アミドニア:M・A・O/マリア・ユーフォリア:金元寿子
主題歌 オープニングテーマop「REAL-EYES」水瀬いのり

エンディングテーマed「LIGHTS」愛美

公式サイト TVアニメ 「現実主義勇者の王国再建記」|公式サイト
シリーズ/関連作品 原作:どぜう丸(小説家になろう→pixiv小説)  漫画:コミックガルド

現実主義勇者の王国再建記 2期のあらすじ

リアリストのヒーロー “相馬一也は、優秀な側近たちとともに、行政改革によるエルフリーデン王国の再興を目指し、日々邁進している。アミドニア公国の首都ヴァンの攻略に成功したカズヤの前に、グラン・カオス帝国の使者が現れ、人類宣言条約による戦争禁止を破ったとして、処罰を求める。悲惨な状況だが、カズヤは無用な争いを避け、新たな同盟を得る道を見出す。完璧に見えた計画は、特使の承認を得ることで、成功へと導かれる。

 

TVアニメ[現実主義勇者の王国再建記 2期]PV

現実主義勇者の王国再建記 2期の動画を無料視聴できる配信サイト比較一覧

\現実主義勇者の王国再建記 2期を配信中のおすすめサービス!/

配信サービス 配信状況 無料期間とポイント 月額料金
fodFODプレミアム 見放題
独占配信
14日間無料
900ポイント今すぐ視聴
976円
unextU-NEXT
未配信
31日間無料
600ポイント未配信
2,189円
danimedアニメストア
未配信
31日間無料
ポイントなし未配信
440円
primevideoAmazonプライムビデオ

未配信

 

30日間無料
ポイントなし未配信
500円
dtvdTV

未配信

31日間無料
ポイントなし未配信
550円
netflixNetflix

未配信

無料期間なし
ポイントなし未配信
990円
musicjpmusic.jp

未配信

30日間無料
1,600ポイント未配信
1,958円
huluHulu

未配信

14日間無料
ポイントなし未配信
1,026円
abemaABEMA
未配信
14日間無料
ポイントなし未配信
960円
telasaTELASA

未配信

15日間無料
ポイントなし未配信
618円
crankinクランクイン!ビデオ

未配信

無料期間なし
3000ポイント未配信
990円
tsutayaTSUTAYA DISCAS

未配信

30日間無料
ポイントなし未配信
2,052円
paraviParavi

未配信

14日間無料
ポイントなし未配信
1,017円

※月額料金は全て税込。また付与されるポイントは無料期間中のものになります。

 

FODプレミアムお試し期間を利用すれば[現実主義勇者の王国再建記 2期]の動画を全話無料視聴できます。

現実主義勇者の王国再建記 2期も含めFODプレミアムは独占配信の動画が多く、おすすめの配信サービスです。

FODプレミアムの特長一覧表
FODプレミアムの特長一覧表

fodFODプレミアム 月額料金:976円(無料期間終了後に課金開始)
無料期間:14日間
解約料金:0円
アニメ総本数 約1,400本
フジテレビ系列のアニメがメイン
独占配信動画などあり
【FODプレミアムの5つの特⻑】

    • 話題の人気アニメの豊富なラインナップ!
    • 最大900円分のポイントをゲットしてでレンタル視聴もできます。
    • FODの独占配信アニメ動画が見られる。
    • フジテレビ系の人気アニメ、ワンピースやノイタミナなど見る場合、FODがおすすめ!
    • 原作マンガも読めるのでアニメがよりいっそう楽しめる!

動画配信サービスの「FODプレミアム」についての詳細な情報はコチラから

 

現実主義勇者の王国再建記 2期のアニメ動画をYouTubeなどの動画共有サイトで視聴する方法は?

YouTubeなどを含む海外の動画共有サイトでは非公式にアニメの現実主義勇者の王国再建記 2期が配信されていて無料で視聴できる動画もありますが、画質が悪かったり、余計な広告が出てくる場合もあります。

注意:海外の動画共有サイトからアニメをダウンロードしたり視聴する方法は違法で危険!

海外の動画共有サイトを利用してアニメを視聴する方法はウィルスに感染するなどのリスクは当然つきまといます。

さらに2020年から法律が厳しくなったので海外の動画共有サイトを利用してアニメを視聴していると違法になり処罰される可能性が高くなります。

なので動画配信サービスの無料のお試し期間やポイントを利用して安全に安心して、全話無料でフル視聴しましょう!

特に現実主義勇者の王国再建記 2期はFODプレミアムであれば通常、月額976円ですが登録して最初の2週間は完全無料で全話フル視聴ができるのでおすすめです!

 

\登録はこちらから!/

FODプレミアムで「現実主義勇者の王国再建記 2期」の動画を無料視聴する

 

現実主義勇者の王国再建記 2期の登場人物の紹介

ソーマ・カズヤ:小林裕介/リーシア・エルフリーデン:水瀬いのり/アイーシャ・ウドガルド:長谷川育美/ジュナ・ドーマ:上田麗奈/ハクヤ・クオンミン:興津和幸/トモエ・イヌイ:佳原萌枝/ポンチョ・イシヅカ・パナコッタ:水中雅章/カルラ・バルガス:愛美/ロロア・アミドニア:M・A・O/マリア・ユーフォリア:金元寿子

ソーマ・カズヤ
声優:小林裕介

魔王領の脅威への対処を報告され、異世界に召喚されたカズヤは、代わりにエルフリーデン王国の王位とリシア・エルフリーデンの手を強要されることになる。王となったカズヤは、王国の生活水準を向上させるため、抜本的な改革を開始する。一週間戦争では、ゲオルグ・カルミネ、カストル・バルガス両公爵との内戦に加え、アミドニア公国とも戦うことになる。そして、一連の軍事戦略によって勝利を収め、アミドニア公国を併合し、エルフリーデン&アミドニア統一王国、通称フリードニア王国を建国する。そして、グラン・カオス帝国のマリア・ユーフォリア女帝と密かに同盟を結ぶ。

 

リーシア・エルフリーデン
声優:水瀬いのり

エルフリーデン王国の皇太子妃で、和也の最初の婚約者であるリーシアは、最初からカズヤの側にいた。当初は婚約内定に不満を持っていたが、やがてリーシアはカズヤに深い想いを寄せるようになる。一週間戦争が終わった後、カズヤとリーシアは互いの愛を確認しあい、毎晩のように行動を共にするようになる。リーシアは和也が多くの女性を愛することに寛容で、カズヤにもっと妻を持つように勧める。しかし、最初の妻であり続けることに固執する。

 

アイーシャ・ウドガルド
声優:長谷川育美

神に守られた森のダークエルフの族長の娘。アイーシャ・ウドガルドは、カズヤが即位して最初に行った政策「能力者の集い」で発見された5人のうちの1人で、「能力者の集い」は、カズヤの王座につく前に行われた。カズヤの護衛を務め、故郷を襲った土砂崩れ事件でカズヤと深い仲になる。一週間戦争の後、敵対するアミドニア公国との戦争での活躍が認められ、カズヤの第二の婚約者となる。戦士でありながら大食いの彼女を、カズヤはかわいいペットのように思っている。

 

ジュナ・ドーマ
声優:上田麗奈

エルフリーデン海軍海兵隊のカナリア夫人としても知られるジュナ・ドーマは、エクセル・ウォルター公爵夫人の孫娘で、カズヤが新国王として発表された当初、スパイとして送り込まれた。能力者の集まりで発見された5人のうちの1人。和也が日本のアイドルの概念を取り入れたプリマ・ローレライとして、主に戦時中と平時に和也を補佐している。和也と恋に落ち、密かに和也の3番目の婚約者となったが、婚約の事実を伏せた理由は、有名なアイドルが結婚することを知った庶民が暴動を起こす可能性があるからである。

 

ハクヤ・クオンミン
声優:興津和幸

エルフリーデン王国(現フリードニア王国)の宰相であるハクヤ・クオンミンは、能力者の集まりで発見された5人のうちの1人。カズヤの右腕として活躍し、人間の心理に極めて優れた洞察力を持つ。グラン・カオス帝国の女帝マリア・エウフォリアの妹ジャンヌ・エウフォリアとは気の置けない友人。
和也が参考にしている哲学に敬意を表し、地球が持つ叡智を見抜いている。

 

トモエ・イヌイ
声優:佳原萌枝

能力者の集いで発見された5人のうちの1人、ミスティックウルフ族のトモエ・イヌイは、あらゆる獣や動物と話すことができる珍しい能力を持っている。悪魔と話せることが判明したとき、カズヤは彼女を非常に貴重な存在として認め、アルベルトとエリシャ・エルフリーデンの養女として保護し、和也の義理の姉、リーシアの養女の妹となる。

 

ポンチョ・イシヅカ・パナコッタ
声優:水中雅章

エルフレドン王国の農林大臣であるポンチョ・パナコッタは、能力者の集いで発見された5人のうちの1人。食用珍味の知識が豊富なため、王国の食糧難を解消した立役者である。カズヤは彼にイシヅカという名前をつけた。

 

カルラ・バルガス
声優:愛美

カストル・バルガスの娘で、ドラゴニュート。カストルの長女であり、弟のカールがいる。リシアとは士官学校時代からの友人。リシアはカルラとキャスターの関係を利用しようとしたが、南北戦争では両者にカズヤを支持するよう説得することができなかった。カルラは、キャスターから母や弟を勘当され、反逆罪に問われるのを覚悟で父に味方した。一弥は、カルラを謀反の罪で処刑することを免れ、代わりに王家の女官となることを強要した。

 

ロロア・アミドニア
声優:M・A・O

旧アミドニア公国の王女であるロロア・アミドニアの策略により、カズヤは彼女を4番目の婚約者として迎えるだけでなく、公国が戦争に負けた後、トゥルギス共和国と正教会ルナリア国が領土に爪を立てないよう、首都だけでなくアミドニア領全域を併合させることになった。経済観念が非常に鋭く、知人のセバスチャン・シルヴァディアを表向きの顔とする民間企業「シルバーディア」を率いている。

 

マリア・ユーフォリア
声優:金元寿子

グラン・カオス帝国の女帝で、聖女と呼ばれるマリア・ユーフォリア。対魔族人類共同戦線宣言」(通称「人類宣言」)を掲げており、カズヤとは正反対の理想主義者である。一週間戦争とアミドニア併合後、魔王領との全面戦争に備え、カズヤとマリアは密かに同盟を結んでいた。

現実主義勇者の王国再建記 2期のエピソード別あらすじ

第14話 虎の威を借るアミドニア

あらすじ 2022年1月8日放送
夜、アルバートとエリシャは、アルバートが王位を退くことを決意したことについて会話を交わす。翌日、ヴァン城で修行中のカズヤ、リーシア、アイーシャは、ハクヤとルドウィンがそれぞれヴァンの再開発と交通網の状況について会いたがっていると聞かされる。その後、ジャンヌとユリウスと会談したカズヤは、ユリウスからヴァンの返還を要求される。しかし、和也はアミドニア公国が人類宣言に違反している証拠を示し、反論する。ジュリアスが退室すると、和也とジャンヌは別の場所で交渉を始めることに同意する。

第15話 莫逆ばくぎゃくの友と為る

あらすじ 2022年1月15日放送
交渉の場を別室に移すと、ジャンヌは10年前にグランカオス帝国が魔王領に懲罰的な措置をとったことを明かす。さらに、悪魔がモンスターを食べたと信じていることを明かす。それを聞いたカズヤは、獣人と魔物の区別がつかないことを衝撃的に告白し、この問題に対する自分の考えを説明する。交渉は夜まで続き、カズヤはアミドニア公国が賠償金を払うなら、ヴァンを返してもいいと言う。そして、グラン・カオス帝国との極秘二国間同盟を提案する。その後、カズヤはジャンヌの申し出を断り、マリアと共にグラン・カオス帝国を統治することになる。そして、ジャンヌは魔王の名前が「ディヴァロワ」である可能性を示唆し、疲れ果てたカズヤはどこかで聞いたことがあると思うのだった。そして、リーシアに甘えるのであった。

第16話 苛政は寅よりも猛し

あらすじ 2022年1月22日放送
ジュリアスは賠償金を払うことに激怒するが、やむを得ず承諾する。和也は担保として、アミドニア唯一の放送用宝石を軍事利用されないようにすることと、アミドニア王立図書館の書物を要求する。さらにカズヤは、戦争犯罪を犯した者とマルゲリータ・ワンダー将軍を除く、捕らえたアミドニアの貴族たちの身代金も要求する。ユリウスが父の過ちを繰り返すことを恐れたカズヤは、ユリウスが軍事独裁者になれば、民衆の反乱で再び王国を失うことを印象付けようとする。アミドニアの人々は、カズヤが与えてくれた自由をユリウスに奪われることを恐れ、カズヤの旅立ちを目に見える形で動揺する。ジャンヌはマリアのもとに戻る。マリアはカズヤから帝国との秘密同盟の話を聞き、早くカズヤに会いたがっていた。彼女は、和也が魔王を倒すためではなく、社会の大改革を担う勇者であると信じ始める。小武蔵坊に変装した和也は、冒険者たちとの祝勝会に出席し、偶然にも酔っぱらってしまう。リーシアはユノと出会い、彼女の可愛らしさにカズヤをからかう。

 

第17話 士は己を知る者の為に死す

あらすじ 2022年1月29日放送
和也は地下牢にいるゲオルグを訪ねる。そこで和也は、反乱軍に加わった兵士や腐敗した貴族たちに何が起こったかを説明する。ゲオルグは、自分の計画が最終的に自分を処刑することになることを最初から知っていたことを明かすと、和也は、なぜそんなに殉教者になりたがるのかと憤慨する。しかし、ゲオルグは答えようとしない。そして、和也は毒入りのワインを手渡す。一方、白哉とジャンヌは二国間同盟について話し合い、ロロアはコルベールに退屈だと愚痴をこぼす。ある式典でカズヤはグレイブにランデルの街とその周辺地域、そしてゲオルグの権限の一部を授与する。アイシャは、次のアップであり、彼女はカズヤの個人的なガーディアンのランクが割り当てられています。ウォーダンはカズヤにアイシャとの結婚を申し込み、カズヤはリシアの許しを得て、結婚を承諾する。最後に、ジュナはカストルとカルラに関する依頼をしようとするが、エクセルに止められる。そこで、ジュナは代わりにカズヤに結婚を申し込む。しかし彼は、王国にもっと歌い手が増えてからにしようと言い、ジュナもそれを受け入れる。一方、王国を裏から操ろうとする評議会があった。

 

18話 杯中の蛇影

あらすじ 2022年2月5日放送
リシアは地下牢にいるカルラを訪ね、現状に対する本当の気持ちを打ち明ける。そしてカルラはリーシアの取り成しを拒否する。それからしばらくして、カズヤと貴族会議の前で、カストルとカルラの裁判が行われる。裁判では、ピルトリー・サラセンとオーウェン・ジャバナの二人の貴族が被告人のために発言し、他の貴族は二人の処刑を望んでいた。しかし、ピルトリー・サラセンとオーウェン・ジャバナは、カズヤの諜報部隊「ブラック・キャッツ」によって殺される。カストルはエクセルに送還され、旧バルガス公国への入国を禁じられ、息子や妻との接触も禁じられるという判決を受ける。そして、カルラはカズヤとリスチャの奴隷になることを言い渡される。そしてカズヤは、もし自分が暴君になったら殺してくれと頼むのだった。裁判を終え、疲れ果てた和也は自室へと向かう。その後、リーシアとアイーシャは彼を励ますことにする。一方、ロロアはコルベール、セバスチャンと打ち合わせをする。

 

第19話 奇貨おくべし

あらすじ 2022年2月12日放送
ルドウィンは幼なじみのジェニア・マックスウェルが大変なことをしたと報告し、和也とリスチャを廃墟のダンジョンに案内する。ダンジョンからはモンスターが出なくなったため、マクスウェル家はそこをひとつの巨大な研究所にしたのだ。ジェニアは、自分がオーバーサイエンティストを自称し、魔法以外の力を研究していることを明かす。例えば、ブロードキャストジェムストーンは、実はダンジョンの死者の心臓である。ブロードキャストジェムストーンがないと、ダンジョンはモンスターを生み出すことができず、彼女の研究所のように廃墟と化してしまう。宝石が生きて機能している間に調べるのが、彼女の夢なのだ。また、エルフリーデン王国が大量に保有する、これまで使い物にならなかった危険な鉱物「呪いの鉱石」に魔力を貯蔵する方法を発見したことも明かす。カズヤは、彼女が充電式の魔法電池を作り、産業革命だけでなく、嫉妬深い近隣の王国との戦争につながる可能性があることを悟る。ジェニアがエルフリーデンに縛られるように、和也とリーシアはジェニアがいくつかの恥ずかしさの後に、彼らは両方の同意、ルドウィンと結婚する気になるかどうかを尋ねます。ジェニアが竜の骨を盗んでスキャンダルを起こしたため、今、婚約したルドウィンは、彼がカズヤとリーシアを求めたことを覚えています。

 

第20話 ⻄施のひそみにならう

あらすじ 2022年2月19日放送
ジェニアは発掘現場から骨を持ち出し、機械龍「メカドラ」を建造した。星龍山脈との国際的な事件を引き起こすことを恐れた和也は、謝罪のために連絡を取ることにする。さらに、ジェニアから目を離さないために、新しい研究室をプレゼントする。一方、アミドニアを独裁国家に戻そうとしたユリウスは、民衆から恨みを買う。王宮に戻ったカルラは、客室係になる。アミドニアの民がエルフリーデンに忠誠を誓ったことで、ユリウスは帝国への亡命を余儀なくされる。カズヤとハクヤは、突然の反乱の様子から、一人の人間によって組織されたものではないかと考える。指導者を失ったアミドニアは、隣国のルナリア正教国、トゥルギス共和国から侵略を受け、アミドニア貴族は正式にエルフリーデン王国の傘下に入ることを要請する。不利な条件にもかかわらず、カズヤはこれを承諾し、アミドニアの元財務大臣コルベールをアミドニア再建の責任者に任命する。ジュリアスの妹ロロアは、絨毯に乗ってカズヤの宮廷に潜入するが、クレオパトラとシーザーの出会いの伝説を知っていたため、カズヤに見つかってしまう。感激したロロアは、和也に結婚を申し込む。

 

第21話 蝦で鯛を釣ろうとしたら鮫が掛かった

あらすじ 2022年2月26日放送
ロロアはカズヤの政治と私生活に詳しく、ジュリアスを倒した反乱軍を組織していたことを認める。そして、ルナリア正教会の危険性を指摘する。感動した一弥は、婚約者全員の同意のもと、ロロワと結婚し、彼女の商人ネットワークを運営させることに同意する。そして、アミドニアはエルフリーデンに吸収され、フリードニア王国と改名される。和也は魔法の鏡を通して、マリアと出会う。彼女は、アミドニアの統治が人類宣言に反するとして、個人的な思いとは裏腹に、反対せざるを得なくなる。しかし、和也が宣言にまつわるパラドックスを指摘すると、マリアは和也にアミドニアを残すことを決断する。また、すべての王国に信者が存在し、宣言を破ることなく、特に魔族との戦争に乗じれば、計り知れない混乱を引き起こす可能性がある教会の危険性についても意見が一致する。翌朝、リシアとアイシャは、カズヤのベッドにロロアがいるのを見て激怒し、カズヤがリーシアとの子供を作るのを遅らせることについて気まずい会話をすることになる。

 

 

第22話 人学ばざれば智なし、智なき者は愚人なり

あらすじ 2022年3月5日放送
カズヤにはもっと社員が必要だ。残念ながら、国民の識字率は高くない。そして、奴隷制度が合法であることが説明される。一方、ジンジャー・カミュの祖父は亡くなり、ジンジャーに奴隷商人を残す。彼の奴隷、特にアライグマの女の子サンと話をした後、彼は唯一の親切な所有者にそれらを販売することを約束します。ジンジャーは、読み取りおよびカウントする方法を奴隷に教え始めると、サンは混乱しています。カズヤは突然、貴族は自分の土地をいかにうまく管理するかで昇進や降格を決めると宣言し、読み書きのできる従業員の需要につながる。ジンジャーは、奴隷を解放し、従業員として雇うという条件で、すぐに奴隷をすべて売り渡す。その後、ジンジャーのもとに和也が訪れ、サンを買い取ると言い出す。しかし、サンに惚れ込んでいるジンジャーは、サンを売ることを拒否する。ジンジャーの親切な評判が本当であることを知ったカズヤは、内戦を避けるために奴隷制度を改革し、その結果、奴隷はすべて給料をもらって社員となり、トレーニングセンターで教育を受けられるようになると説明する。そこでジンジャーは、カズヤの申し出を快く受け入れ、サンと一緒に個人事業としてそのセンターの所長になることにした。

 

 

第23話 うがい手洗いは防疫の基本

あらすじ 2022年3月12日放送
カズヤはリーシア、カルラ、オーウェンとともに街を巡ることにし、スラム街を再建させた場所を案内する。治癒魔法が存在するため、薬は原始的なもので、衛生状態もよくわからない。カズヤは市民に細菌について教育することを望み、第三の目が実際に細菌を見ることができる三つ目の種族とコンタクトを取っている。彼らの高度な医療行為には抗生物質まで含まれており、カズヤはそれを「三つ目の薬」と名付けた。ゲルメディックと呼ばれるゲリンの亜種から抽出されたものであるため、トモエが協力している。一行は、ジンジャーの研修所で衛生指導を行い、和也を助けていた三つ目の医師ヒルデ・ノーグに遭遇する。また、カズヤは子供たちに無料の給食を提供し、さらに上級の科目も学べるようにしたいと考えている。ジンジャーが、読み書きのできない大人が参加したがらないことを心配すると、カズヤは彼らを説得することを約束する。そんな中、城壁の外にある難民キャンプを訪れた和也は、王国が関心を示さないだろうと考えた違法な奴隷商人が子供たちを誘拐しようとするのを目撃する。その時、カズヤは初めて戦うことを強いられる。王であることがバレる前に、カズヤは逮捕の手柄をユノとその一派に譲る。そして和也は、難民の長に会うことを決意する。

 

 

第24話 家郷に離別して歳月多し

あらすじ 2022年3月19日放送予定
 

 

 

現実主義勇者の王国再建記 2期のアニメの評判は?感想と見どころをレビュー

ゾルミールさん 総合評価 4

という問いに対する答えがこのアニメです。”マキャベリの「イル・プリンチペ」を生まれて初めて読んだ高校生に、ありきたりな日本のナショナリズムと官僚へのどうしようもない賛美が散りばめられた、刺激のないハーレムアイセカイを書かせたらどうなるのか?”

第1シーズンと同様、「リアリストのヒーローが王国を再建するまで」は、リアリズムやマキャベリの著作を頻繁に引用しているが、それとはほとんど関係がない。一般的なハーレムもののイセカイで、主人公の超能力は『イル・プリンチペ』を読んだ日本の高校生であることだ。彼は、作家の不作為によってのみ存在するこのファンタジー世界の常識の欠如を修正することで、設定上のすべての人を眩ませる。

例えば、飢餓状態にあるはずのこのファンタジー世界の人々に、これまで考えられなかった動物や植物を食べてみることを教えているのだ。しかし、このような深い洞察力を持ち、何世紀にもわたる厚かましさを修正できるのは、日本で高校教育を受けた主人公だけだと信じなければならない。

リアリズム」についての言及も、同様にうんざりさせられる。タイトルから、このアニメは陰謀と政治的裏切り、裏取引と便宜的な同盟に満ちているのだろうと想像される。しかし、この作品の権力者はほぼ全員、主人公を(女性の場合は文字通り)崇拝しており、頭を撫でてもらったり、拡大し続けるハーレムに入るチャンスをもらったりする代わりに、疑う余地のない完全な支援と忠誠心を提供してくれる。彼らは政治を行う利己的なエージェントではなく、権力の均衡に気を配り、自分の影響力を維持・拡大しようとする。彼らはハーレムの疑う余地のないメンバーなのだ。超大国のトップリーダーでさえ、国益に反する弱小国の専制君主とすぐに恋に落ちる(当然、女性だけのチームである)。初対面で結婚の申し出があり、国際的な総ハーレムを予感させる。主人公に真っ向から反対するような人物は、主人公の男らしさにひっかからなかった頭の固い男性ばかりである。本当に、これがリアリズムの極致なのだろう。

音と美術はサービス精神旺盛。特筆すべき点はない。

このアニメは、ハーレム系のイセカイが見たい人で、作者がわざわざマキアヴェッリの言葉を引用しておきながら、プロットがその作品への理解を全く示していないような陳腐なシーンを許容できる人だけにお勧めします。プロットが露骨なだけに、気取った作品とも言い切れない。また、この作品は、”so bad it’s good “な番組を見るのが好きな鉄道マニア仲間にもお勧めしたい。この作品は、本当に良いものではないが、確かに列車事故である。

ジム541さん 総合評価 8

この番組は、「狼と香辛料」や「ログ・ホライズン」に残された痒いところに手が届くような番組だと個人的には思っています。アクションは好き嫌いが分かれるけど、政治や面白い会話は好き。それがこの作品の最大の魅力だと思います。アクションがたくさん欲しい人、登場人物が座って話しているだけの番組だと退屈してしまう人は、この番組が嫌いでしょう。

また、主人公が強すぎるという典型的なイセカイの図式を回避していると思います(少なくとも個人的にはそう思います)。彼が賢すぎるという議論はありますが、彼の説明や思考回路は理解できると思います。学歴のある人が基本的に理解できないような知識で登場することはないと思います。彼は金属片からコンピューターや銃を発明しているわけではありません。彼は部外者の視点と、需要と供給の仕組みについての基本的な理解、そして、これらの問題の多くがすでに解決されている、より進んだ社会からの知識を持っています。

一夫多妻制が広く行われているこの新しい世界では、一種のイセカイ・ハーレムの型にはまりますが、それは後回しにされ、番組を見ていてもほとんど記憶に残っていません。主人公の女の子たちがイチャイチャして、司会者に惚れさせるための口実として使われたのだと思います。だから、その辺は大目に見てください。

2ndシーズンは、前シーズンが築き上げたものを引き継いでいるだけです。

 

バンクマンさん 総合評価 6

まだ、シーズン公開中なので、最後まで見ていませんが、感想をいくつか。

1. ハーレムアニメであること。
ハーレムが好きな人がいるのはわかりますが、私は特に見続けることを選びますが、ハーレムではありません。私は、ハーレムというジャンルのアニメの大半が、私の意見では、過度にドラマチックで、少女や女性を過度に性的に表現していることに嫌悪感を抱いています。(悲しいことに、それがほとんどのアニメの現在の傾向であり、私にとっては腹立たしいことなのです。私は、人々がセックスについてもっと自由になることができるし、そうするべきだと理解していますが、センス良くする方法があるはずです。- だから私はハーレムが嫌いなのです)。

2. 正直なところ、このアニメの第一部は本当に好きでした。第1部の評価は9点か10点だったと思います。このような結果になり、本当にがっかりしています。ハーレムのヒントがありましたが、主にMLが自分の王国を運営する方法を見つけることに重点を置いていました。私にとっては許容範囲内でした。私はロマンスの側面が、王国を立て直すという本筋の邪魔にならないところが好きでした。

シーズンの最終回が終わったら、アニメの残りを見ようと思っています。願わくば、本格的なハーレムアニメにならないように。
参考になった
少なく見せる
パーマリンク|レポート
2022年2月7日
13話中5話視聴
総合評価 4

MeanEYE(全てのレビュー)
10人がこのレビューを参考にしました
ヤバいです。それ以外にはない。ハーレム願望者と、部屋にいる20人以上を平気で殺しながら、同時にスケスケの「妻」に慌てふためく人物の奇妙な混合物は、うまくいっていないだけである。

さらに言えば、この番組は筋書きの都合ばかりで、タイトルにその言葉があるにもかかわらず、「現実的」な行動は全く描かれていない。前回の(5)のエピソードで、私の中でブレイクしました。このエピソードは、事態がいかに下降しているかを示す良い指標です。見たことのないランダムなキャラクターが殺される一方で、以前からいるキャラクターは幸せに暮らしている。でも、私には6人の妻がいないので、怖くてハグもできません。

フィッシャー1600さん 総合評価: 2

げんじつシーズン2は失敗するところです。1期は前提が良かったが、2期は明らかに落ちている。このアニメは、自分のことを実際よりずっと賢いと思っているアニメだ。

ストーリー3 :

ストーリーは退屈だ。2期のストーリーは、アミドニア戦争の余波を描いているだけ。

あと、司会者がハーレムを作る話。まあ、日本の高校生だから完璧なんだろうけど。もちろん、そんなにたくさん結婚したいわけではありません。でもね、女の子はそれがいいんでしょう?ありがとうございます、シナリオライター様。

8話の間、文字通り、他に語るべきことはありません。

美術4.

平均/悪い、アニメーションは醜いですが、美術は平均的で、ある時点では悪いです。

ドラゴンボール超に少し似ていて、ある特定のタイミングで一時停止すると、たまにヒドイ作画を見ることができるような。

サウンド4 :

OSTはごく普通です。

声優は、ソーマのハーレムをめぐって争ったり、ソーマのために賢いように見えるように何時間もくだらない説明をしたりと、同じつまらない脚本で、あまり良い仕事をしていない。そのため、同じようなイントネーションで会話し、声優の実際の仕事ぶりが見えない。

OP・EDが悪い

キャラクター1 :

この2期は本当にキャラがうざい。第1期ですでに少しは出ていましたが、まだ控えめでした。しかし、ここでは、それが大々的に表出されている。

まず、ソーマがOPすぎる。日本の高校生でマキャベリを読んでいるから、それだけでこの新世界の最大の征服者のレベルになるのだろうか?

子供の頃シムズをやっていて、高校生の時にマキャベリとソクラテスを読んだから、世界征服ができるんだ、それでいいんだ ?

それはさておき、今のサイドキャストは、ソーマのサポータークルーとしてしか存在しない。ただ、”You are amazing Soma !” とか “That’s what I expected from you Soma !” とかを言うためだけにいるんです。

最後に、この相馬はとても迷惑だ。自分が一番賢いと思っているようだが、明らかに筋書きに助けられた凡人である。

戦略や複雑な状況を見抜くことができるのは、相馬ではないのです。相馬に理解できるように作られた状況なのです。いつも、運良く見つけた抜け穴か、教育を受けているのかさえ疑わしいほど愚かな敵のどちらかである。

基本的に、ソーマは自分が思っているほど賢くない。そして、優越感に浸り、世界を解明したかのように振る舞い、すべてを理解したかのようなモラルを持つ。でも、謙虚に振る舞うのは、自分が完璧だから?

というわけで、キャラクターライティングが大味なのはお分かりいただけたかと思います。

総合2.

第1シーズンはそこそこ楽しめました。平均的ではありますが、それでも楽しめました。

でも、2ndシーズンは苦痛です。この痛々しい傲慢で知ったかぶりの道徳的に優れたMCは、見ていてクソうざい。そして、女の子はみんなキリトのように理由もなく彼のチンコを欲しがるのは、ケーキの上のサクラのようだ。

レオンハートさん 総合評価 4

このアニメは非常に誤解を招きやすい前提で、ソーマを間違ったことをしない超凄いリーダーとして称揚し、彼の非現実的な業績のリストは無限大であり、第1シーズンからハーレムの一部ではないすべてのキャラクターを捨てて、脚本は深刻な急降下をした。

また、この作品では、”萌え “と “癒し “をテーマにしていますが、”萌え “は “癒し “ではなく、”癒し “であり、”癒し “ではないのです。

このアニメはもっといろいろなことができたはずだが、作家は、啓蒙時代の少し前の知恵遅れの本と、決してうまくいかず、それを行ったすべての国に生産の3倍の負債をもたらし、2桁のインフレに近づいている愚かな経済介入との組み合わせに基づいて、それを決めるのは素晴らしいアイデアだと思ったのだ。

このアニメの言うことは基本的に信じるな。私は肌の黒いエルフのためにここまで来たが、もう我慢できない。

ザンウェイスティングさん 総合評価 3

リアリスト・ヒーローの2期目ですが、まるでその1期目が業界を揺るがすような成功を収めたかのように、それに乗じています。
この作品は、高校生が現代の知識を使って、剣と魔法の世界で自分の居場所を見つけるという、まあまあのイセカイだったのだが。そして、その居場所探しの旅は第1シーズンで終わってしまった。
今シーズンは、主人公が… 正直なところ、よくわからない。このクソ野郎はあちこちで、全く関係のないことをやっている。確かに、彼は「REBUILDING THA KINGDAHM!™」なので、各エピソードには「奴隷制度は悪い」とか「教育は良い」とか、あるいは「衛生と手洗いは体に良い」とか、議論を呼ぶような深いテーマがある。
でも、どれも全く関係ないし、MCはそのテーマについて面白いことを言わないし、感動ドラマは特撮レベルのゴミだし、お笑いの「冗談」はいちいち聞いていて体が痛くなるし。
キャラクターは総じて、それぞれの原型に化石化しつつある。MCは、説明ばかりして、「物議を醸す」話題について「深い」考えを持つ、いつも過労気味の男、その相棒の知恵遅れ姫は、すべての質問をし、その答えにいちいち驚かなければならない、もう一人のおまけの相棒の日焼けした巨乳のエルフ姫も、馬鹿な質問をして驚かされている、そんな感じだ。
他のキャストも紹介したいのですが、この番組には出てきません。
グルメなデブとキツネロリは全く登場しないし、人魚の女の子とスマートな本の虫の男も、段ボールの切り抜きで処理できるほど取るに足らない役回りだ(まあ、正直そんな感じなんだけど)。
技術的な観点からも、もうどうでもいいという感じです。あるエピソードでは、上映時間の70%を1つの部屋で過ごしています。15分間、ただくだらない話をして、上映時間を使い果たしているのです。アクションシーンもひどいが、これもまた、決して良いとは言えない。

これはただの悪いアニメで、もし1stシーズンが好きなら、これはもっと嫌いになるだろう。
このシリーズを見なかったことにして、先に進むしかない。

ブレックファストさん 総合評価 4

このアニメは、最初はとても期待され、実際に何か違うことをやっていたのですが、今はどうでしょうか?って感じです。

このアニメは、ファンタジーの設定とはいえ、国家を運営する上での現実的な問題を見ている。

序盤では、この世界では結婚が多夫多妻制で、妻と夫が同等の地位を占め、それぞれが好きなだけ多くの相手と自由に結婚できるという考え方が確立されています。これは経済の天才でなくても、税制上の理由だけで許されることではありません。しかし、これを論理的に考えると、全員が他の全員と結婚している国全体ができ、その結合は法的にもその他の面でもまったく意味を持ちません。そして、誰かがこれが何らかの形で包括的または進歩的であると言おうとする前に、主人公自身以外のこのような性質の結婚は決して見られないことに注意してください!

前編では、これはただのバカなアイデアで(その背後にある考えは全くない)、必要ないアニメにハーレムの型を押し付ける方法だった。このパート、このシーズンで、このアイデアは、実際に国家のトップである主人公のためにそれを実装し始めるという、真の狂気へと踏み出したのです!

この時点でソウマは、前国王の娘、部族の長の娘とその護衛、有力貴族の娘、併合国の国王の娘と婚約している。これは政治学を学んでいなくても、政治的に全く実行不可能であり、実際、政略結婚の通常の利益(と責任)は全く無効であることがわかるだろう(もう一度論理的に結論づけると、ソウマはこの世界のすべての国のすべての娘と結婚することができるのだ!)。

というわけで、私はこのバカバカしさを見過ごそうと頑張ったのですが、4話以降、延々とこのバカバカしさが続き、実質4話連続で、タイトルに「リアリスト」とある番組で、このまったくもってバカバカしいアイデアに大きく割かれてしまいました。この番組が国家運営の内情や問題点を見ているときは本当に面白く、ユニークだったのに、本当に残念です。

アロハレキシスジェッターさん 総合評価 8

1stシーズンはとても楽しくて幸せな時間でしたが、2ndシーズンは落とすことにしました。

なぜかというと、ハーレムです。ハーレム作りが中心となり、王国作りができなくなる。現実主義」の部分が徐々に薄れていく。そもそも、司会者の「現実主義」属性が本当に何もない。他のアニメでは当たり前のようにある「常識」が、この作品ではごく稀にしかなく、MCを含むごく一部の人間だけが持っていて、しかもそれを無理矢理押し付けられてるようで不気味です。

また、ストーリーが暗示するだけで、専門的なことは省かれているため、視聴者が説明できないプロットの穴がたくさんあり、それを埋める必要があるようです。

ハーレムもの、ハーレムもの。このジャンルはあまりに使い古されすぎて、今ではイライラするほど味気ない。

メグメグミントさん 総合評価 6

(このレビューの時点は、2022年2月18日です。アニメはまだ放送中なので、その他の詳細は関係ないかもしれません)

この作品は、シーズン1では、テンポの悪さに耐えかねてエピソードが公開されるのを待つ必要がないため、深夜にベンチで見ていたので、今でも楽しんでいます。

シーズン2はいまいち。

ストーリー。
しかし、第1話と第2話は、戦争に勝利したときに主張した敵の土地を返還するために議論・交渉しているだけで、ちょっと馬鹿げていたように記憶しています。この辺は、私のようなド素人でも理解できるような、ちょっと面白い会話であれば問題ないでしょう。そして、今となってはバカバカしいハーレム式に突入。

登場人物。
彼らのファイン、ソウマはちょっと一方的というか、当たり障りのない、典型的な善人です。6ヶ月間そこにいたにもかかわらず、彼はすべてを知っているように感じています。本当に必要なのは、ちょっとした大失敗と、その大問題をどう処理するかということです。もっと現代的なアイデアを取り入れてほしい。

リシアはそこそこ、他のキャラクターもそこそこ。
ポンチョは親友ですが、アニメではトモエを含めて忘れられているような気がします。
皇后は聖女とされているが、ソーマに対する印象は娼婦のようだ。

音。
私は音の専門家ではないし、音痴なのでよく分かりませんが。平均的だと思う。

テンポの良さ。
早すぎたり遅すぎたりして、ひどい。時々、穴を埋めるために、ちょっとしたシーンやディテールを追加するのを忘れていることがあった。

ビジュアル。
これと似たようなアートスタイルを見たことがあるが、いずれにせよ、彼らはよく見える。

楽しさ
黎明期(シーズン1)のこの不良少年をベンチウォッチしたが、楽しめなかったことは否定できない。でも、シーズン2は……うーん、でも、後のエピソードで改善されるかもしれませんね。

 

レシャインさん 総合評価 5

シーズン1が本当に好きで、一日で読み切った。新鮮で、ハーレムのような雰囲気もあったが、それほどでもなかったので、本当に好きな作品と言える。

ストーリーもいいし、プロットも面白いのに、なぜHAREMが必要なのかがわからない。この作品は、他の伊勢海老アニメとは違うと思っていたが、それは間違いだったのか?シーズン1が素晴らしく、完全に好きになれるのに、シーズン2は不必要なハーレムのために好きになれないという、他の伊勢海老アニメと同じです。蒼魔のハーレム。