ハコヅメ~交番女子の逆襲~のアニメ動画を全話無料フル視聴する方法!見逃し配信サービスまとめ

引用元:dアニメストア

\ハコヅメ~交番女子の逆襲~を無料視聴するならココ!/

配信サービス 配信状況 無料期間とポイント 月額料金
danimedアニメストア
見放題
地上波同時・単独最速配信
31日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
440円

※月額料金は全て税込。2022年2月時点。

 

 

放送 2022年1月5日~
地上波ch TOKYO MX など
放送日 毎週水曜日25時05分~
話数 放送中
制作会社 MADHOUSE
監督 佐藤雄三
登場人物:声優 川合麻依:若山詩音/藤聖子:石川由依/源誠二: 鈴木崚汰/山田武志:土屋神葉/牧高美和:花澤香菜/北条保:小山力也/副所長:ケンドーコバヤシ
主題歌 オープニングテーマop「知らなきゃ」/安月名莉子

エンディングテーマed「Change」nonoc

公式サイト TVアニメ「ハコヅメ~交番女子の逆襲~」|公式サイト
シリーズ/関連作品 原作漫画:泰三子「モーニング」(講談社)

ハコヅメ~交番女子の逆襲~のあらすじ

高校を卒業した川合麻依は、父親のようにならないように、安定した収入のある仕事に就くことを第一に考えていた。しかし、様々な公務員試験を受けても、ほとんどの機関で不合格という厳しい現実を目の当たりにすることになる。唯一、受け入れてくれたのが警察大学校で、しぶしぶ入学した。

警察官となった今も、麻依にとって世の中は残酷なものだった。警察官という職業柄、思いがけず不満のある市民から批判を受けることもある。そんな中、麻依はやりがいを感じられず数ヶ月で退職願を出すことに。

しかし、その日、麻依は元刑事課のエースで、新たに教官となった藤聖子と出会う。この同僚の魅力に惹かれた麻依は、退職を延期し、不本意な仕事に再挑戦する。

 

TVアニメ[ハコヅメ~交番女子の逆襲~]PV第1弾

 

ハコヅメ~交番女子の逆襲~の動画を無料視聴できる配信サイト比較一覧

\ハコヅメ~交番女子の逆襲~を配信中のおすすめサービス!/

配信サービス 配信状況 無料期間とポイント 月額料金
danimedアニメストア
見放題
先行配信
31日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
440円
primevideoAmazonプライムビデオ

見放題
先行配信

 

30日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
500円
unextU-NEXT

見放題

31日間無料
600ポイント今すぐ視聴
2,189円
fodFODプレミアム

見放題

14日間無料
900ポイント今すぐ視聴
976円
abemaABEMA
 見放題
14日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
960円
huluHulu

見放題

14日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
1,026円
dtvdTV

見放題

31日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
550円
telasaTELASA

見放題

15日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
618円
paraviParavi

見放題

14日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
1,017円
netflixNetflix

見放題

無料期間なし
ポイントなし今すぐ視聴
990円
musicjpmusic.jp

レンタル

30日間無料
1,600ポイント今すぐ視聴
1,958円
crankinクランクイン!ビデオ

レンタル

無料期間なし
3000ポイント今すぐ視聴
990円
tsutayaTSUTAYA DISCAS

未配信

30日間無料
ポイントなし未配信
2,052円

※月額料金は全て税込。また付与されるポイントは無料期間中のものになります。

 

dアニメストアお試し期間を利用すれば[ハコヅメ~交番女子の逆襲~]の動画を全話無料視聴できます。

ハコヅメ~交番女子の逆襲~もそうでしたがdアニメストアは先行配信が多く、おすすめの配信サービスです。

dアニメストアの特長一覧表
dアニメストアの特長一覧表

danime 月額料金:440円(無料期間終了後に課金開始)
無料期間:31日間
解約料金:0円
アニメ専門の動画配信サービス
アニメ作品数:約4,200作品以上
【dアニメストアの5つの特⻑】

    • アニメに特化したの動画配信サービスで、アニメの見放題数は業界1位
    • 月額料金が安い!
    • ダウンロードして場所を問わずアニメが楽しめる!
    • アニソンライブの配信も多い
    • 新作アニメの独占先行配信も多い!

 

ハコヅメ~交番女子の逆襲~のアニメ動画をYouTubeなどの動画共有サイトで視聴する方法は?

YouTubeなどを含む海外の動画共有サイトでは非公式にアニメのハコヅメ~交番女子の逆襲~が配信されていて無料で視聴できる動画もありますが、画質が悪かったり、余計な広告が出てくる場合もあります。

注意:海外の動画共有サイトからアニメをダウンロードしたり視聴する方法は違法で危険!

海外の動画共有サイトを利用してアニメを視聴する方法はウィルスに感染するなどのリスクは当然つきまといます。

さらに2020年から法律が厳しくなったので海外の動画共有サイトを利用してアニメを視聴していると違法になり処罰される可能性が高くなります。

なので動画配信サービスの無料のお試し期間やポイントを利用して安全に安心して、全話無料でフル視聴しましょう!

特にハコヅメ~交番女子の逆襲~はdアニメストアであれば通常、月額440円ですが登録して最初の1ヶ月は完全無料で全話フル視聴ができるのでおすすめです!

 

\登録はこちらから!/

dアニメストアで「ハコヅメ~交番女子の逆襲~」の動画を無料視聴する

ハコヅメ~交番女子の逆襲~の登場人物の紹介

川合 麻衣
声優:若山詩音
川合は警察学校を卒業したばかりの新入社員。会社の不正で生計を圧迫された父とは違い、安定した収入を得るために警察に入庁した。しかし、警察官として心ない言葉を投げかけられることに、もう限界だった。しかし、辞表を出そうとした矢先、新たな教官が配属される。

藤聖子
声優:石川由依

源誠二
声優:鈴木崚汰

山田武志
声優:土屋神葉

牧高美和
声優:花澤香菜

北条保
声優:小山力也

副所長
声優:ケンドーコバヤシ

ハコヅメ~交番女子の逆襲~のエピソード別あらすじ

第1話 アンボックス&サンドバック

あらすじ 2022年1月5日放送
警察学校を卒業したばかりの河合は、警察官としての悪評に嫌気がさしていた。しかし、辞表を出す前に、新しい教官が配属されることになる。藤課長は元刑事だが、後輩に嫌がらせをした疑いで異動になった。

二人はパトロールに出かけ、河合は初日に空き巣の容疑者を捕まえるなど、藤の対処の仕方や刑事としての腕前を目の当たりにすることになる。

第2話 ビギナーズ・ラック/ポリス・ジャングル

あらすじ 2022年1月12日放送
河合は同僚の藤から警察官として必要なことを学び続ける。今回は、家庭内で起きた事件や、すぐにわからないことの推理を学ぶ。

第3話 エース登場/遺体は語る

あらすじ 2022年1月19日放送
藤巡査部長の抜けた穴を埋めるべく、皆本刑事がエースとして存在感を示す。河合と藤は、年長者の扱いをめぐるさまざまな社会問題に直面する。

 

第4話 拝啓お犬様/ランナーズ・ハイ

あらすじ 2022年1月26日放送
追いかけっこは、それでいい! そんな河井に、行方不明の老人を捜すために警察犬がやってくる。そして、マラソン大会の交通整理をすることになり、追いかけっこは続く。

 

第5話 深夜のパトロール/VS.チカン

あらすじ 2022年2月2日放送
深夜のパトロールで、藤は河合に責任について教えようとする。そんな中、山田は電車内痴漢の捜査に乗り出す。

 

第6話 合コン狂騒曲/暴走ポリス

あらすじ 2022年2月9日放送
藤と源は、負けず嫌いなところなど、案外共通点が多い。そのため、いつ警察から電話がかかってくるかわからない。

 

第7話 尾行選手権/人たらし

あらすじ 2022年2月16日放送
メスの売人を尾行することになり、競争は一転。河合は源に協力し、売人の愛人を尋問することになるが、その際、源は彼の異様なやり方を目の当たりにすることになる。

 

第8話 正義の暴走/筋肉バカ

あらすじ 2022年2月23日放送予定
ある日、河合は掟破りの熱血漢・式根と一時的にコンビを組むことになる。

 

 

ハコヅメ~交番女子の逆襲~のアニメの評判は?感想と見どころをレビュー

えるさん 総合評価 7
今期、警察モノが出ると聞いて、表紙を見たとき、「理想の刑事モノで、かわいくて、百合がたくさんある」作品だと思い、後者だけを目当てに手に取りました :3。

しかし、この作品は単なる警察ものの百合ではないことを、正直言って私は見くびっていた。
このアニメの作者は元警官なので、明らかに自分のことをよく分かっている。

最初は、このアニメがどういうものなのか分かりにくかったです。

タグに青年と警察とあるので、アクション満載のクライムドラマとクールな警察モノを期待した。

それからPVを見たら、明らかに百合の餌みたいな可愛いポリスウーマンがいた。

しかし、これは現実的なスライス・オブ・ライフです。女子高生のスライス・オブ・ライフといえば、ご想像の通り、高校生活のスライスで、かわいらしい女子高生ものなので、ふわふわしています。ここでは、警察官のスライス・オブ・ライフなので、青年のタグが付いています。
また、著者が元警察官ということで、日本の警察の機能や評判がよくわかります(自国の警察が好きな国はないでしょうね)。しかし、コメディは……………………….好みにもよるだろうが、アウトな感じ。しかし、私は何度かニヤニヤしたり、笑ったりしました。この作品には、サウンドとアートへの十分な投資が必要で、マッドハウスはその栄光の日々を忘れてしまったのだろうかと思い始めています :/。

さて、レビューです。

ストーリー 8/10
日本の警察の現場をリアルに描いていて、基本的に警察生活の一コマ。登場人物にはそれぞれ裏話があり、説得力があり、プロットにうまく織り込まれているが、本当の緊張感があるかどうかを判断するには早すぎる。

キャラクター 7/10
基本的にかわいい女の子と、やる気がなくてすぐ傷つく女の子と、頼りがいのある先輩と。

サウンドとVA 6/10
この作品は、「萌え萌え」なのです。

美術・アニメ 6/10
でも、この作品は、低予算のスライス・オブ・ライフなので、手抜きをしようとしているのかもしれないが、おいおい、もっといいものを期待していたのに。 美術はいい。背景美術は、アケビちゃんやプリコネなどのこの季節の高予算スライス・オブ・ライフと比べると、汎用性があって全く淡白だ。

日本文化にとても興味がある人なら、このアニメは簡単に売れると思いますが、そうでなければ、Slice of lifeのファンでなければ、このアニメは勧められません。マッドハウスのようなスタジオでさえ、このような低予算のものを作っているのは悲しいことですが、アニメ単体では悪くない広告で、楽しく見ることができます。

 

ポンさん 総合評価 7
警察の訓練が独自の訓練アニメになるとは誰が予想しただろう。

でも、最近、警察を中心としたアニメはあまり見かけないので、これも驚きです。正直言って驚きです。結構な数のシリーズがあると思うんですけどね。あるアニメでは、探偵事務所があったり、警察の友人がいたりしますよね。でも、それだけなんです。だから、もっと警察をテーマにした番組があってもいいと思うんです。その点では、この番組に賛辞を送りたいです。

番組の内容については?でも、見る価値はあると思います。このような番組を楽しめる理由は様々で、最初から最後まで飽きることなく見ることができます。

この番組に関して言えば、美術と音響は本当に素晴らしいタッチです。細かいディテールがたくさんあって、フィールドの両端にあるものが雑に見えません。アニメーションの動きも実にいい。アートスタイルは、他のあるもののように息を呑むようなものではありませんが。しかし、それでも見どころがあるのは確かです。

ストーリー自体は本当に単純で、それはこの番組を貶しているわけではありません。しかし、もっと重要なのは、そのテーマです。世界の危機を伝える筋書きではないし、そうする必要もない。この番組は、よく考えられた警察番組であり、正直なところ、私たちはもっと多くのことを必要としています。この番組では、警察官であることを非常に真剣に扱っていますし、物事を曖昧にすることもありません。ストーリーの要素については?そうですね。自分の仕事が好きになれず、もがき苦しむ姿を想像してみてください。心の琴線に触れるような深い裏話とともに。しかし、その仕事の経験豊富なモデルが新しく入ってきて、あなたの師匠になるのです。自分には合わないと思っていたものが、やりがいのあるものに変わっていく。でも、ストーリー的には まるで「刑事の刑事」を見ているような気分になります。もっとキュートで、時には面白い方法で。時にはとても個人的なことも。彼らは本当に何も省みないんです。第2話はその典型的な例です。とても扱いにくい話題ですが、警官の生活がどれほど深刻なものであるか、すぐにわかるでしょう。

登場人物そのものについては。彼らは楽しい集団で、いい特徴を持っていますし、好感が持てるような性格をしています。仕事もできるし、それなりにいい。聖子ちゃんは、そのプロ意識に負けないくらい美しい。彼女はメンター役が超よく似合う。舞を指導する側として、刑事になるために頑張る、今はその戦いの中に入ってしまった舞と。控えめに言っても、いいコンビだ。もちろん彼らだけでなく、この番組内だけでも好感の持てるキャラクターはかなりいる。

正直言って、これはやってみてもいいと思う。可愛くなれる。魅力的でもある。上記の全てになり得ます。コメディは当たり外れがあり、すぐにはハマらないが、その魅力で驚かせることができる。見る価値ありです。

 

たかさん 総合評価 7
これは「警察官の日常」です。ズートピアのジュディ・ホップスのように、主人公の二人はほとんどの時間をスピード違反の切符を切ることに費やしています。そして、このアニメは日本が舞台なので、未成年の喫煙者や家出・不登校のティーンエイジャーを捕まえるのにも時間の半分が費やされている。

河合真衣(かわいらしい名前ですね)は、警察学校を卒業したばかりの新米警察官です。彼女はなぜ警察に入ったのだろう?父親が会社の不祥事で職を失ったので、公務員になれというのだ。そして、彼女が就ける唯一の公務員の仕事だったのだ。そんな立派なことを! しかし、彼女はこの仕事が大嫌いだ。というか、警察官である自分を一般人が侮辱することに違和感を覚え、辞めようとした時に出会ったのが…。

元刑事捜査課の藤聖子巡査部長。彼女の「攻撃的な激励」がいじめとして通報されたため、交番に降格し、河井の指導係になる。船乗りのように罵倒し、警察や刑事の中で最も有能な人物である。

警察官として、河合と藤は小児性愛や高齢者虐待の疑いなど、よりデリケートな問題を扱うようになる。警察や刑事は人を尊重し、思いやりがあり、どのシーンも必ず明るい雰囲気で終わります。

一般人から女性警察官への性差別も多いが、警察署の対応も良く、仕事ぶりも素晴らしい。河合と藤の先輩後輩の関係もほほえましいですね。藤は間違いなく、私たちに必要なメンターです。

グリーンさん 総合評価:2
ハコヅメは、警官のコンビが警官らしいことをすることで、警官の有用性を知ってもらう、それだけのアニメである。ということです。アニメでは、警官の仕事に失望し、警官になった理由も忘れて、交番の警官を辞めようとする少女が登場します。そこに別の警官が現れ、全く退屈で一般的な出来事を通して、警官が命や家族、クジラ、世界、そして宇宙人を救うことができることを彼女に教えてくれる。もし私が偏執狂なら、主人公の少女は、現代社会における警官の重要性を忘れ、金を奪い、民衆に暴力を加える獣として考えている観客であるはずだと思うだろう。そして、私は完全なクソ田舎に住んでいるので、ここでは過去の定義が警官に当てはまるのですが、日本ではそうではないのでしょう。では、これが警察に人を集めるための広告であることを無視して、このアニメは見る価値があるのでしょうか?

このアニメは、創造性の欠如に満ち溢れています。台詞もひどいもので、シリーズにエネルギーや個性、生命力を全く与えず、ただ画面に映し出される出来事から推測される思考のラインを、不可知論的でストレートな形で説明するだけです。台詞をGPT-3で動くチャットボットに置き換えることは簡単で、そのチャットボットは、ここで描かれているものにもっと人間らしさを与えてくれるでしょう。忌まわしい台詞は、犯罪者と警官のやり取りをただ平板にしただけで、漫画的で説教臭く感じるのですが、それは意図したものなのでしょうか?同じように創造性の欠如は、シリーズを通して起こる様々な犯罪事件のセットで見つけることができます、私はここでゲームを行います、次の質問に答えてください。

– 未成年の少女が補導され、死体数が多く、新しい義父がいる。その少女はなぜそうなのでしょうか?
– あるおばあさんは孤独で、家族から注目されないために犯罪行為をしています。解決策はどれ?
– ある人が警官に番号を聞いています。オチはどっち?

私がHENTAIを読みすぎ、刑事ドラマを見すぎのお調子者なのかもしれませんが、このアニメは過去のどの前提を提示しても、全体的に目を覆うような展開にしかなりません。刑事ドラマを何本も見てきた人間には、何の面白みもなく、既に知っているはずのことをそのまま描いているだけで、味付けするキャラクターもいないので、興味を引くことができません。問題は、直接的なモラルの方向性や、簡単に推測できる直接的な因果関係を持つ一連の出来事に面白みがないことで、面白みはジレンマや矛盾、議論合戦、刑事世界の機能に関する問題点に存在します。箱詰めの問題点は、番組の意図が、何も議論できないような共通基盤を作り、迎合することに他ならないこと、登場人物がカリスマ的ではないので、その存在に疎外感を感じないこと、事象がつかみやすいので、多角的な解釈ができないこと、ジョークが、食事で飲みすぎた後のおじさんのような軽妙さであり、ただ、感心以外のものを引き起こそうとはしないことである。

そういう問題がある一方で、この番組には良い面もある。カラフルな色使いとメリハリのある絵柄で、すんなりと心地よいゾーンに入ることができ、まさに目で見て消化しやすいアニメです。また、男性優位のフィールドにおける女性の役割とその視点が交錯する面白さもありますし、ほとんどの出来事には道徳的な教訓があり、それについて何も見たり読んだりしたことがない人にとっても有益ですし、自分の考えを確認するためにも、アニメで自分の道徳を確認することは本当に楽しいです!

結論から言うと、この番組の悪いところは、その無難な語り口がいかにも攻撃的なところです。この番組は、警官になりたい人(だからモチベーションが上がる)、警官とは何かを知らない人(だから偏った視点をしっかり持てる)、ACABの思いが強くなって引退しそうな警官のどれかがいれば見る価値があるだけです。それ以外の場合、このアニメは、面白い(このアニメがお笑い殺人で逮捕されるエピソードはできないか)、面白い、革新的、感情的、驚くべき、その他視聴に耐えうるあらゆるポジティブな形容詞に失敗しています。結論としては、日本の刑事がこんなにつまらないのなら、なぜロボットではないキャラクターを登場させることができなかったのだろうか?

ゼロ2さん 総合評価 7
3人がこのレビューを参考にしています
当初は、二人のポリスガールが近所を闊歩し、法律を遵守させるというコメディバディ刑事アニメを見ようとは夢にも思わなかったが、ここに来て、この作品の内容に満足している。

ストーリー: 6/10
もしあなたが、自分の人生を永遠に変えた人生経験についてエッセイをするよう強制されたら、これがそうだろう。少女は婦人警官という仕事が嫌いで、そのために自分の決断を悔やんでいる。そんな彼女の人生に突然、ロールモデルが現れ、パートナーになり、メンターにもなってくれる。

ごく普通のことで、それ以上のことは何もしていない。ユーモアがある場面もあり、唐突で成熟したテーマを敬意と共感を持って扱うという標準的な方式を踏襲し、感動的な世界を提供したり、世にも奇妙なファンタジーに引き込まれるわけではありませんが、私が述べたように、いくつかのことをきちんとやっています。

アート:7/10
絵が少し厚ぼったく、統一感がないように見えることもありますが、キャラクターは、普通のロリ、かわいい、巨乳の女の子と、一般的ないい男として固まった一人の男以外は、見ていて爽快感があります。CGIを使用しているため、没入感が損なわれることもありますが、すべてを把握するのは実に楽しいことです。

キャラクター:7/10
先ほども言ったように、主人公はやる気がなく、無能で、困難な道を近道していくような人物に見えます。欠点が目立ちますが、それを気にすることなく、ただ普通の人間として生きていく。一方、野心的で小賢しい元刑事がいて、放っておくとかなり不愉快になるのに、どちらも我慢できなくなるようなところであまりくよくよしないので、嫌いじゃないです。他のキャラクターも問題なく、彼女たちをより良く賞賛するのに役立っている。

楽しさ:8/10
この番組がかなり面白いとは思っていなかった。画面に映し出される公平な生活が好きな人なら、時間をかけてでも楽しめる作品です。途中で何か暗い計画が明らかになるとか、ストーリーを台無しにする可能性のあるエッジの効いた側面など、大げさな筋書きは一切ないのです。ただただ、ポリスウーマンのシンプルな人生の物語なのです。そして、私はそれを十分に尊重しています。

 

みきなさん 総合評価 5
この先、ネタバレはありません。

皆さんは、華麗なる探偵番組をご覧になったことがありますか?普通のものでも、CSIマイアミと言ったような骨太なものでも、どちらでもいいのですが?一方、いくつかのコメディ(ホットファズと言う)で陽気な、そして/または、愚かな政治についての何かはどうですか?あるいは、ただのポリスアクション映画はどうでしょう?というのも、ほとんどの人が、それぞれの作品がいかに素晴らしく、興味深いものであるかを知っていると思うからです。

警察もののスライス・オブ・ライフはどうだろう?そうですね…。そこも面白くなる余地があるんじゃないですか?そうかもしれませんが、これは絶対にNGです。

まず、要素を分解してみましょう。ストーリー。日常を切り取ったもので、ほとんど何もないと言っていいのでは?美術。マッドハウスなので、良いかと思いきや・・・。そうではありません。非常に淡白で、半手抜きな感じで、まったく様式化されていない。音楽は?一般的なものです。キャラクターは?退屈で平板。コメディ?まあ少しはあるが、稀にしかなく、せいぜい軽く笑うに値する程度。じゃあ、何があるんだ?まあ、時には健全で親しみやすいこともあるんだろうけど。

今となっては、最後まで見ずに3分の1だけ見たが、もうこれ以上この番組を見るのは耐えられない。また、この番組は、まるで警察の広報資料か何かのように、かなりぎこちなく、説教臭く見えることが多く、これを作った人がかつて警察で働いていたことを考えると、それは的外れでもない。

つまり、私は警察を愛しているが、例外もあり、警察をテーマにしたメディアはたくさんあり、非常に面白いのだが、公務員やスライス・オブ・ライフが本当に好きな人以外には、この作品はお勧めできない。あるいは、いつか日本の警察官になりたいと思っている人。あるいはソーシャルワーカー?この番組を見る限り、日本の警察もそういう部分があるようです。

 

ジャムさん 総合評価 4
15年ほど前、1994年に発売された「You’re under arrest」というovaを見たことがあります。交通警察を題材にした4話構成で、好感の持てる女性キャラが2人いて、作画も緻密で非常に面白かったです。そのOVAがテレビシリーズ化されたのですが、強欲なシリーズオーナーが3シーズンも作ってシリーズを台無しにし、元のOVAとの共通点がほとんどない、魂の抜けたような作品に変えてしまったのです。

だから ハコヅメ」を見たとき、私は「逮捕しちゃうぞ」のような、あの楽しいオリジナルOVAのようなものを期待したのです。もしかしたら、パトレイバー(ロボットなし)のような作品になるかもしれない。2人の面白い女性キャラクター、日常生活、警察という設定。

箱詰めはそういうのとは全然違うんです。

絵はすごくいいし、大人っぽいプロポーション、リアルで細かいキャラクター(実際、少女漫画のようなスタイルで描かれている)だが、みんな木訥で、キャラクターの力関係が面白くない。さらに、いくつかの点で説教臭くなり、ある種の警察の広告のようなものになり始めている。彼女と出会ってから、僕の悩みが始まった」という最初のアイデアはすぐに捨て去られ、多くのことが起きない。また、扱うトピックの幅が大きく変動している。死や虐待を扱った後に(あくまでも話題として)、いきなり軽いノリのエピソードを挟んでくる。

実に奇妙だ。

映像はいいのですが、このアニメは、文章とキャラクターに問題があり、さらに説教くさいと私は思います。それゆえ、あまり面白いとは思えなかったので、お勧めしません。

4/10ストーリー、6/10アート、5/10サウンド、4/10キャラクター、4/10楽しさ、4/10総合。