ジョジョの奇妙な冒険 第6部 ストーンオーシャンのアニメ動画を全話無料フル視聴する方法!見逃し配信サービスまとめ

引用元:ABEMA

\ジョジョの奇妙な冒険 第6部 ストーンオーシャンを無料視聴するならココ!/

配信サービス 配信状況 無料期間とポイント 月額料金
netflixNetflix
見放題
独占配信
無料期間なし
ポイントなし今すぐ視聴
990円

※月額料金は全て税込。2022年2月時点。

 

 

 

放送 2022年1月7日~
地上波ch TOKYO MXなど
放送日 毎週金曜日24時30分~
話数 全12話(Netflixにて)
制作会社 david production
監督 加藤敏幸
登場人物:声優 空条徐倫:ファイルーズあい/エルメェス・コステロ:田村睦心/フー・ファイターズ:伊瀬茉莉也/エンポリオ・アルニーニョ:種﨑敦美/ウェザー・リポート:梅原裕一郎/ナルシソ・アナスイ:浪川大輔/空条承太郎:小野大輔/エンリコ・プッチ:関智一
主題歌 オープニングテーマop「STONE OCEAN」ichigo from 岸田教団&THE明星ロケッツ

エンディングテーマed「Distant Dreamer」ダフィー

公式サイト アニメ「ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン」|公式サイト
シリーズ/関連作品 原作漫画:荒木飛呂彦「週刊少年ジャンプ」 (集英社)

ジョジョの奇妙な冒険 第6部 ストーンオーシャンのあらすじ

2011年、フロリダ。空条徐倫(クウジョウジョリーン)は、かつて父・丈太郎がそうであったように、自ら望んで監獄に投獄されたわけではない。無実の罪を着せられ、長い刑期を強いられたジョリンは、グリーン・ドルフィン・ストリート刑務所の囚人としての悲惨な運命に身を任せようとする。しかし、承太郎からの贈り物が彼女の潜在能力を目覚めさせ、スタンド「ストーン・フリー」となって現れる。運命を変える力を手に入れたジョリーンは、石の海からの脱出を目指す。しかし、自分の監禁は、家族を狙った壮大な計画のほんの一部に過ぎず、さらに大きな影響を及ぼすことがすぐにわかる。しかも、その黒幕は同じ刑務所に潜んでいて、脅威のスタンド使いに守られていた。ジョリーンは、彼らの陰謀を阻止し、汚名を返上し、人生を取り戻すため、思いがけない協力者を見つける。

 

TVアニメ[ジョジョの奇妙な冒険 第6部 ストーンオーシャン]PV

 

ジョジョの奇妙な冒険 第6部 ストーンオーシャンの動画を無料視聴できる配信サイト比較一覧

\ジョジョの奇妙な冒険 第6部 ストーンオーシャンのおすすめサービス!/

配信サービス 配信状況 無料期間とポイント 月額料金
netflixNetflix 見放題
独占先行配信
無料期間なし
ポイントなし今すぐ視聴
990円
fodFODプレミアム 未配信
14日間無料
900ポイント未配信
976円
unextU-NEXT
未配信
31日間無料
600ポイント未配信
2,189円
danimedアニメストア
未配信
31日間無料
ポイントなし未配信
440円
primevideoAmazonプライムビデオ

未配信

 

30日間無料
ポイントなし未配信
500円
dtvdTV

未配信

31日間無料
ポイントなし未配信
550円
musicjpmusic.jp

未配信

30日間無料
1,600ポイント未配信
1,958円
huluHulu

未配信

14日間無料
ポイントなし未配信
1,026円
abemaABEMA
未配信
14日間無料
ポイントなし未配信
960円
telasaTELASA

未配信

15日間無料
ポイントなし未配信
618円
crankinクランクイン!ビデオ

未配信

無料期間なし
3000ポイント未配信
990円
tsutayaTSUTAYA DISCAS

未配信

30日間無料
ポイントなし未配信
2,052円
paraviParavi

未配信

14日間無料
ポイントなし未配信
1,017円

※月額料金は全て税込。また付与されるポイントは無料期間中のものになります。

 

Netflixお試し期間を利用すれば[ジョジョの奇妙な冒険 第6部 ストーンオーシャン]の動画を全話無料視聴できます。

ジョジョの奇妙な冒険 第6部 ストーンオーシャンも含めNetflixは独占配信の動画が多く、おすすめの配信サービスです。

Netflixの特長一覧表
Netflixの特長一覧表

netflixNetflix 月額料金:990円
無料期間:無し
独占配信アニメ多数
オリジナルアニメ:Nシリーズ
【Netflixの特⻑】

    • Netflix独占配信アニメもあるのでお得
    • アニメ作品が多数!オリジナルアニメもあり
    • 月額料金だけで配信アニメ動画が見放題

動画配信サービスの「Netflix」についての詳細な情報はコチラから

 

ジョジョの奇妙な冒険 第6部 ストーンオーシャンのアニメ動画をYouTubeなどの動画共有サイトで視聴する方法は?

YouTubeなどを含む海外の動画共有サイトでは非公式にアニメのジョジョの奇妙な冒険 第6部 ストーンオーシャンが配信されていて無料で視聴できる動画もありますが、画質が悪かったり、余計な広告が出てくる場合もあります。

注意:海外の動画共有サイトからアニメをダウンロードしたり視聴する方法は違法で危険!

海外の動画共有サイトを利用してアニメを視聴する方法はウィルスに感染するなどのリスクは当然つきまといます。

さらに2020年から法律が厳しくなったので海外の動画共有サイトを利用してアニメを視聴していると違法になり処罰される可能性が高くなります。

なので動画配信サービスの無料のお試し期間やポイントを利用して安全に安心して、全話無料でフル視聴しましょう!

特にジョジョの奇妙な冒険 第6部 ストーンオーシャンはNetflixであれば月額990円で全話フル視聴ができるのでおすすめです!

 

\登録はこちらから!/

Netflixで「ジョジョの奇妙な冒険 第6部 ストーンオーシャン」の動画を無料視聴する

 

ジョジョの奇妙な冒険 第6部 ストーンオーシャンの登場人物の紹介

空条徐倫(クウジョウジョリーン)
声優:ファイルーズあい
グリーンドルフィンストリート刑務所の収監者で、スターダストクルセイダースの主人公・空条承太郎の娘である。彼女のスタンドはストーンフリーで、自分の体を複数の糸に解きほぐすことができる。

エルメェス・コステロ
声優:田村睦心
妹を殺したギャングのスポーツ・マックスを追うために、わざと投獄された受刑者です。妹を殺したギャング、スポーツ・マックスを追うため、わざと収監された囚人。

フー・ファイターズ
声優:伊瀬茉莉也
プランクトンからなる生物であり、F.F.と略される。プランクトンのコロニーを一体または個別に制御する能力を持ち、プランクトンで傷を塞いだり、人の体に憑依する能力を持つ、それ自体がスタンドであり、後者はアトロエという亡くなった囚人の姿になるために使われる。

エンポリオ・アルニーニョ
声優:種﨑敦美
グリーン・ドルフィン・ストリート刑務所に収監されていた無名の囚人から生まれた少年です。彼のスタンド「バーニング・ダウン・ザ・ハウス」は、旧刑務所のものなど、もはや存在しないものを顕現させる能力を持ち、ウェザー・リポート、ナルシソ・アナスイとともに、自分が作った幽霊部屋に密かに住んでいる。

ウェザー・リポート
声優:梅原裕一郎
記憶喪失の囚人で、エンポリオの依頼でジョリンに協力することになる。本名の記憶がないため、天候や大気を操ることができるスタンドの名で通っている。また、彼のスタンドは「ヘビーウェザー」と呼ばれる能力を隠し持っており、サブリミナルメッセージを送ることで人を徐々にカタツムリに変化させていく。

ナルシソ・アナスイ
声優:浪川大輔
ジョリンに執拗なまでに恋心を抱き、結婚を望む収容者である。彼のスタンドであるダイバーダウンは、自分自身や自分のスタンドを物体に、あるいは他人の体に相乗りさせ、与えられたダメージを吸収することができる。

空条承太郎
声優:小野大輔
ジョリンの父親として「スターダストクルセイダース」「ダイヤモンドは砕けない」から復帰した空条承太郎。中年となった彼は、ジョリンの汚名を晴らし、エンリコ・プッチを止めるために、グリーンドルフィンストリート刑務所にやってくる。スタンドはスタープラチナで、圧倒的な強さと正確さ、スピード、そして時間を止める能力を持つ強力な近距離型スタンドである。

エンリコ・プッチ
声優:関智一
ローマカトリックの神父で、ジョリンのグリーンドルフィン街監獄の所長であり、ディオへの最後の忠誠者の一人である。プッチはスタンド「ホワイトスネイク」を使い、囚人の記憶とスタンドをコンパクトディスクに抽出し、囚人の傍観者にこのディスクを挿入し、囚人を裁判なしで容赦なく磔にすることで、限界まで拷問を行うことができる。ホワイトスネイクは最終的にC-Moonに進化し、プッチに彼の周囲の重力だけでなく、スタンドが触れたものの重力を逆転させる能力を与える。さらに進化したC-MoonはMade in Heavenとなり、新たなパラレルワールドに到達するまで時間を徐々に加速させる力を得る。現実ではディオの仇を討ち、ジョリンとその家系であるジョースター家を消滅させ、現実をディオの姿に書き換えることで計画を続行しようとしているプッチ。

 

 

ジョジョの奇妙な冒険 第6部 ストーンオーシャンのエピソード別あらすじ

第1話 石作りの海 (ストーンオーシャン)

あらすじ 2022年1月7日放送
「黄金の風」から10年後の2011年、空条徐倫(クウジョウジョリーン)の恋人、ロミオ・ジッソが歩行者に衝突する事故が発生する。ロミオは彼女に死体処理を手伝うよう説得するが、結局彼女は被害者死亡の罪で逮捕される。裁判を控えた彼女は、弁護士から母からの様々な品物と、別居中の父・空条承太郎から、彼女の指に刺さった破魔矢の破片が入ったペンダントを渡される。フロリダ州ポートセントルーシーの水族館ことグリーンドルフィンストリート刑務所に拘留中、ジョリーンはアーメス・コステロという受刑者に出会い、親しくなる。彼女は自分の体から細長い糸を出すことができ、それを使って遠距離から人の声を聞き、攻撃することを発見する。それを使って、腐敗した2人の看守からエルメスを救い出す。その後、ジョリンの弁護士は減刑のための司法取引に彼女を説得するが、彼女はそれが彼が処分される前に、被害者が当時まだ生きていたことが明らかになったときに刑務所で15年に刑を宣告されてしまう。その後、弁護士がロミオの家族に雇われ、自分を事故の犯人に仕立て上げようとしていたことを知った彼女は、新しい能力を使って高速道路で弁護士の首を絞め、事故を起こさせるのだった。

第2話 ストーン・フリー

あらすじ 2022年1月14日放送
刑務所では、ジョリーンのペンダントと奇妙な鳥を飼っている気分屋のグウェスと同室だった。ジョリーンは、グウェスの鳥が殻をくりぬいたもので、その中には縮んだ看守が入っていることを知り、グウェスもペンダントから力を得ていることを推理する。グウェスはその力を使ってジョリーンを縮小し、彼女が刑務所のロックを解除し、それらを脱出するために制御室に潜入できるように、強制的にネズミの死骸を身に着けています。しかし、グウェスからの距離の増加は、ジョリーンがゆっくりと彼女の通常のサイズに戻ることを引き起こして、彼女の縮小の能力を弱める。その途中、グェスの凶悪なスタンド「グーグー・ドールズ」に襲われるが、自らのスタンドを実体化させて撃退に成功する。グウェスにペンダントを売られたことを暴露されたジョリーンは、ストーンフリーと名付けた自分のスタンドでグウェスを激しく殴り、自分を解放するよう迫る。

第3話 面会人 その①

あらすじ 2022年1月21日放送
グウェスは、刑務所内で受刑者間の金と権力がどのように操られているかをジョリーンに示す。そんな中、野球のユニフォームを着た謎の少年に出会ったジョリーンは、翌日面会者が来るから面会室には行くなと言われ、身を守るための骨を渡される。とにかく行ってみることにしたジョリンは、その訪問者が父・承太郎であることに嫌気が差す。彼は、ジョンガリAという盲目の暗殺者の受刑者が交通事故の犯人であり、承太郎がディオを殺した復讐として彼女の長い服役を手配したことを明らかにする。承太郎は彼女の脱獄を手助けすると言うが、彼女はそれを拒否する。彼のスタンド「マンハッタン・トランスファー」によって気流を感じ取り、狙撃弾の方向を決めるのに役立つ。

 

第4話 面会人 その②

あらすじ 2022年1月28日放送
ジョリーンは、スプリンクラーを作動させ、面会室のジョンガリ・Aのスタンドを混乱させようとする。謎の少年はジョリーンに柱の根元を蹴り出すよう指示し、秘密の通路を発見する。承太郎は脱出を提案するが、ジョリーンは少年が敵のスタンドに狙われているため、救出を試みることにする。彼女は壊れたガス管を使って暗殺者の方向感覚を狂わせ、スタンドを動けなくすることで、一見、暗殺者を阻止したように見える。しかし、夢の中であることに気づき、少年から渡された骨で手を切り、目を覚ますことに成功する。そして、自分と承太郎、そして部屋が腐食性のスライムで覆われているのを発見する。

 

第5話 プリズナー・オブ・ラヴ

あらすじ 2022年2月4日放送
ジョリーンによって目覚めた承太郎は、スタンド「スタープラチナ」を使い、融解室から解放される。彼はジョリーンをスピードワゴン財団の潜水艦が待つ浜辺へと導き始める。しかし、刑務官に変装したジョンガリAによって銃撃される。負傷した承太郎は、自分がターゲットであり、自分とジョリーンを眠らせた別のスタンド使いと協力している狙撃手であることに気づく。もう一人のスタンド使い、ホワイトスネイクは、承太郎のスタンドと記憶をディスクに変換し、彼から抜き取る。承太郎が昏睡状態に陥る中、ジョリーンは父がどれだけ自分のことを思ってくれていたかを知る。ストーン・フリーでジョンガリを倒し、承太郎を海辺に残してスピードワゴン財団に拾われた彼女は、ディスクを回収して彼を蘇らせるべく刑務所に戻る。刑務所に戻った彼女は、彼の名前はエンポリオであり、彼は彼の収容者の母親がホワイトスネイクによって殺された刑務所で生まれたことを彼女に告げる少年に連絡してください。一方、ホワイトスネイクは自殺に見せかけるため、ジョンガリを自分の銃で撃ち殺す。

 

第6話 エルメェスのシール

あらすじ 2022年2月11日放送
ジョリーンは脱獄未遂の罪で5年の刑期を追加され、懲罰病棟の独房に入れられる。ジョリーンのペンダントに穴を開けられ、発熱したエルメスが医務室で目を覚ますと、囚人管理人のサンダー・マックイーンに泥棒に入られていた。彼女は手のひらからステッカーを出すことができ、そのステッカーは触れたものを複製し、ステッカーを剥がしたり破壊したりすると、破壊的な方法で元のアイテムに合体することができることを発見する。彼女はマックイーンを攻撃するためにステッカーを使用し、彼女は彼の頭から突き出た2つのディスクを見つけることができます。彼女は1を取り、それは彼がホワイトスネイクと会う1を含む彼の記憶が含まれていることがわかります。マックイーンは、エルメスに彼の痛みを与えるために彼のスタンド地獄にハイウェイを引き起こす絶望感から自分自身をハングアップしようとしたが、彼女は自分自身を保存するために彼女のスタンドを使用しています。エンポリオに出会ったエルメスは、マックィーンの中にあるディスクに彼のスタンドが入っていることを知らされる。スタンドのディスクがマックィーンの体内に残っていることを知らされる。エルメスはディスクを手に取り、彼女のスタンドである「Kiss」が現れると、自分の試練のためにホワイトスネイクへの復讐を計画する。

 

第7話 6人いる!

あらすじ 2022年2月18日放送
マックイーンのディスクをエンポリオに渡して保管してもらったエルメスは、ホワイトスネイクと父親のディスクについて何か手がかりがないかと、メモリーディスクをジョリーンに渡す。一方、2人の受刑者がブロブ状の怪物に飲み込まれる。刑務所長Loccobaroccoはすべての収容者を集め、脱走者を捜索するためにボランティアを呼び出します。ジョリーンとエルメスは、アトロエという受刑者と他の2人の女性とともに志願する。彼らは、先頭の看守から50メートル以上離れると爆発する腕輪を強制的につけられる。ジョリーンはマックィーンの記憶から、ホワイトスネイクが農場のトラクターのタイヤの中に何十枚ものスタンドディスクを隠し持っていることをエルメスに教える。湿地帯に近づくと、5人しか志願していないのに6人の受刑者がいることにエルメスは気づく。ガードが突然攻撃され、彼女を殺し、爆発するアトロエのブレスレットを引き起こし、遠くまでドラッグされます。エルメスは突然、増殖する覚醒プランクトンで構成された敵のスタンドによって水の中に引きずり込まれる。ジョリーンは彼女を解放し、スタンドは内陸にそれらをフォローすることを拒否し、水の中に残っています。そして2人は、誰が偽者なのかを見極めるため、捜索隊の他の3人と対峙する。

 

第8話 フー・ファイターズ

あらすじ 2022年2月25日放送
ジョリーンとエルメスは、捜索隊の2人が殺され、敵であるプランクトンのコロニー「フー・ファイターズ」通称「F.F.」の延長に憑依され、犠牲者の遺体を利用して変装していることを発見する。F.F.は、ホワイトスネイクからスタンドディスクを守るための知能を付与され、スタンド使いであると同時にスタンドであると説明する。ジョリーンはF.F.を近くの納屋に追いやり、エルメスはスタンドの替え玉が警備員を引きずり出し、ブレスレットを作動させるのを防ごうとする。エルメスは、スタンドの替え玉を水中から引きずり出し、囚人の死体で脱水させ、倒します。納屋では、F.F.が水で地面を覆った後ジョリーンに優勢を得るが、ジョリーンはトラクターをアクティブにして、ディスクを追い払うためにストーンフリーの糸を使用しています。F.F.はトラクターを追いかけるが、体が土に吸収されバラバラになってしまう。ジョリーンは、それがホワイトスネイクのためではなく、自分のためにディスクを保護していたことに気づいたとき、彼女は瀕死のエンティティを助けることを決定し、同盟国としてFFを募集しています。ジョリーンは承太郎のスタンドディスクを見つけるが、彼の記憶は見つからなかった。F.F.はアトロエの死体に憑依し、ジョリーンとエルメスの牢獄に入り、ジョリンの体内に承太郎のディスクを隠す。その後、この農場はホワイトスネイクと彼の使い魔である刑務所の神父長エンリコプッチによって調査される。

 

 

第9話 取り立て人マリリン・マンソン

あらすじ 2022年3月4日放送
ミラションという囚人泥棒が仮釈放を求めてプッチに近づくが、代わりに彼女に2枚のディスクを挿入し、彼女を使って承太郎のスタンドディスクを取り戻そうと画策する。一方、運動場ではF.F.が徐々にアトロエの体に慣れ、ジョリーンとキャッチボールをする。そこへミラションが現れ、100回連続でキャッチボールができないかどうか100ドルを賭ける。成功すると、ミラションは1000ドルでもう100回キャッチボールをするよう挑む。ジョリーヌは断るが、エルメスはその賭けに応じ、彼女の代わりにキャッチボールをする。しかし、衛兵に手袋を没収され、スタンドでごまかされ、賭けに負けてしまう。そこにミラションのスタンド、「マリリン・マンソン」が現れ、エルメスから金を引き出そうとする。エルメスが持っていないため、マリリンは肝臓を取り出し、残りの借金を返済する。そしてジョリーンは、エルメスから奪われたもの全てと引き換えに、1000回ボールをキャッチできることに賭ける。ミラショーンは再び牢獄に入り、ジョリーヌとF.F.は彼女を追いかけながらボールを投げ続けることを余儀なくされる。再び看守に邪魔されてボールを奪われるが、ジョリーンは糸でボールを回収し、ゲームを続ける。相手が決まらないので、ジョリーンはストーン・フリーにミラションに向かって1000回ボールを投げてもらう。その結果、彼女は賭けに勝ち、エルメスを助け、2枚のディスクを手に入れる。

 

 

第10話 サヴェジ・ガーデン作戦 (中庭へ向かえ!) その①

あらすじ 2022年3月11日放送予定
ジョリーンはミラションの賭けで得た賞金で、スピードワゴン財団に電話する時間を稼ぐ。担当者から、承太郎のスタンドディスクを20分後に中庭にある「サベージ・ガーデン」に届けるよう指示される。その道中、エンポリオに引き寄せられ、刑務所の過去の音楽室の亡霊に遭遇。エンポリオは、記憶喪失のスタンド使い、ウェザー・リポートを紹介し、彼女を助けようとする。天候をコントロールする彼のスタンドの力を発揮している間、ウェザーレポートはラングラングラーという名前の受刑者が彼らの後を追うのを発見します。ラングラーは、彼のスタンド、ジャンピンジャックフラッシュ、重力を操作し、彼女と彼女が触れるものは無重力に、空中でジョリンを中断するために使用します。そして、承太郎のスタンドディスクを奪うが、退却する際にウェザーのスタンドが大気圧で対抗する。そして、ウェザーはジョリーンに触れて無重力になり、二人はディスクを取り戻すため、ラングラーを追って工場のメインエリアに入る。

 

第11話 サヴェジ・ガーデン作戦 (中庭へ向かえ!) その②

あらすじ 2022年3月18日放送予定
プッチは、ジョリーンがスピードワゴン財団に電話したことについて知るため、最近の電話の録音を閲覧するよう依頼する。工場の部屋では、ジョリーンとウェザーが無重力状態でラングラーの金属弾に撃たれ、体から血が漏れて酸素不足で窒息の危機に陥っていることに気づく。ウェザーは彼のスタンドと残りの空気を使用して、それらが呼吸し、短い時間のための彼らの血液の損失を停止することができ、雲のスーツを作成することができます。ジョリーンはジャンピンジャックフラッシュが部屋の中で限られた範囲にいることを把握し、彼が空気を操作できるようにウェザーがそれに到達するのを助けようとするが、彼のスーツはラングラーの攻撃からかなりのダメージを受ける。ラングラーは彼女の保護スーツを破裂しようとしますが、ジョリーンは彼の投影に複数の糸を添付し、彼女は彼の血が沸騰する原因となるゼロ重力真空領域に彼をプルすることができます。 彼は彼女に爆発ガラス瓶を投げてジョリーンのスーツを破壊するが、天気は彼女に彼の雲のスーツの残りの部分を与えることによって彼女を保存しています。ラングラーは、重力を復元するために強制されますが、空気の受信バーストは、彼女がストーンフリーで彼をパンパンすることができ、ジョリーンの方に彼をプッシュします。彼女はラングのカードを使用して、ドアを開くために警備員を要求するが、彼女はプッチに迎えられています。

 

第12話 集中豪雨警報発令(最終回)

あらすじ 2022年3月25日放送予定
1988年、ディオはプッチに「死なずに天国に行く方法を見つけた」と言い、その方法をノートに書き残し、丈太郎は彼を殺して燃やした。プッチは、承太郎のメモリーディスクからディオのノートの中身を読み取ろうとする。現在、プッチはホワイトスネイクの正体がばれないようにジョリーンを中庭に行かせるが、配下の警備員に撃たれ、ディスクを落としてしまう。自暴自棄になったウェザーは、ポイズンダートフロッグを降らせてジョリンを助けようとするが、ジョリーンを撃った警備員は死んでしまう。ジョリーンは落ちてくるカエルから身を守るため、糸でシェルターを作り、プッチも何とかカエルを避けようとする。大雨が止むと、プッチはホワイトスネイクに中庭で承太郎のスタンドディスクとジョリンの遺体を探すように指示する。スタンドディスクを見つけたジョリーンは、糸でディスクを掴み、スピードワゴン財団の訓練された伝書鳩、サベージ・ガーデンに渡す。プッチは、ジョリーンがディスクの使用者を特定できないよう、ホワイトスネイクを引き止める。ポストクレジットのシーンでは、ホワイトスネイクはスポーツマックスと出会い、ディオの体から骨で彼の能力をテストするために彼に依頼します。

 

 

ジョジョの奇妙な冒険 第6部 ストーンオーシャンのアニメの評判は?感想と見どころをレビュー

おでんさん 総合評価 9
簡単なネタバレありのレビューです。

Davidプロダクションは、どうにかして毎回ゲームをアップさせることができました。

ストーリー 7/10: jjbaは決してストーリーが大事なわけではないが、今回は刑務所の中ということで、テーマは間違いなく面白い。悪役は非常によく練られていて、実際にあちこちにちょっとした工夫がある。

アート 10/10:すごいな、彼らは毎回成功させている。アートスタイルは美しく、ユニークで、ジョジョの流儀に忠実である。オープニングを見ればわかるように、たくさんの小さなディテールと参考文献があり、ジョータローの旅やその他にもたくさんの参考文献がある。

サウンドは10/10: どうにかして、黄金の風を1つ上に持っていくことができた。

キャラクター 8/10: ジョリンは実にユニークで、真のシグマの女性です。他のアニメでこのような少女像を持つものがどれほどあるでしょうか?彼女だけでなく、悪役でさえも。

楽しさ9/10: ジョジョは本当にユニークです。

エースさん 総合評価 9
アニメ版を見る前に漫画を読んでいたので(読んでいる人も多いと思う)、この後どうなるかは一目瞭然でした。それでも、この番組から得られる楽しみを妨げることはなかった。
私はJOJOシリーズが大好きで、パート6の発表を聞いたときはとても興奮しましたが、心のどこかでこのパート(前半)はアニメだけを見ている人には満足できないだろうと思っていました。JOJOのアニメシリーズは、次々とアニメの評価が上がっているので、漫画を読んだ後では、漫画を読んでいる時のように楽しめないのではないかと思っていましたが、それは間違いでした。
原作に忠実であるため、アートスタイルもあまり変わっておらず、漫画に忠実です。
Davidプロダクションは、JOJOの脚本が本当にうまいので、アニメーションについては文句のつけようがありません。
私が本当に夢中になったのは、この作品に使われているサウンドトラックだと思います。他のJOJOパートと同じように、David productionsは常に最高のサウンドトラックと音楽を提供することに長けています。
キャラクターに関しては、すべてのキャラクターが徹底的に詳細な描写と成長を与えられているわけではありませんが、私は天気予報のキャラクターが好きです。でも、いい作品です。もし、今シーズンをマンガを読まずに見るのが初めてだったら、点数に変化があったかもしれませんね。

狭い範囲での取材であっても、その場所の調査やスタンドの力の使い方がとてもよくできている。
キャッチボールひとつで、こんなにも真剣に、そして威圧的になるとは…この「ビジーネス」こそが、「JOJO」シリーズの特徴だと思います。

私はJOJO石の海半部が本当に大好きです。次の作品の発売が楽しみです。

がっちゃんさん 総合評価 8
ストーンオーシャンの前編はスローで少し物足りない。私はストーンオーシャンの漫画のファンですが、アニメは細かいところが抜けていました。ストーンオーシャンの漫画は、シリーズとしてはジョジョの半分くらいがいい感じです。このパートは少しスロースタートですが、しかし、すぐにストーリーを盛り上げていきます。アニメはストーンオーシャンの最初の部分をカバーし、それは良い仕事をしました。アニメで気になるのは、静止画のフレームが多く、妙に彫像のようなシーンが多く、生きている感じがしないことで、これは第5部でも同じ問題がありました。このパートを代わりに読むことをお勧めしますが、私はほとんど見たものを楽しみました。漫画は、この最初の12話よりも、出来事や人間関係をよりよく表現しています。オープニングはそれほど好きとは言えませんし、エンディングもまあまあです。ストーンオーシャンのスタンドは大好きで、アニメで続きが見られるのが待ち遠しいです。次のシーズンは、ストーリーがより奇抜になり、より速くなるので、かなり素晴らしいものになるはずです。最後に、これを見てください、ジョジョであり、楽しいです。

がるさん 総合評価 10
このアニメ化については、多くの正直なレビューを目にしました。

漫画の読者としては、いくつかのシーンが削除されたり変更されたりしているので、残念でなりません。しかし、なぜこのような変更点が気にならないのかがわからない。もし、デビッド・プロダクションがこのアニメのシーンを一切変更しなかったとしたら、ジョリンが監禁される「魅惑の演技」に入るまでの時間が長すぎて、大半の視聴者は退屈してしまうだろうからだ。

Netflixで放送されたため、漫画を買って応援することができないのが残念ですが、ジョジョの世界を応援するために、このプラットフォームで視聴するようにしています。

David Productionがこのパートでまた完璧なアニメーションを作ったのを見るのが好きです。これまでのところ、これらの点すべてについて点数をつけることにします。

声優・女優:10/10
キャラクターデザイン:10点
特撮デザイン:10/10
タイミング:10/10
CGI:7点
ストーリー、プロット、設定 9/10.

 

エスパーさん 総合評価 8
ジョジョがアニメ化されるということで、とても楽しみにしていたのですが、期待を少しも裏切りませんでした。

でも、その期待を少しも裏切りませんでした。 ジョジョが冤罪で刑務所に入っているなど、すべてをうまく説明してくれています。この番組の主な部分についてお話します。また、いくつかのエピソードでは、DIOと関係のある敵役が登場し、ストーリーの重要な部分を担っているのも素晴らしい。このパートのアートもとても素晴らしく、パート5のスタイルをミックスしたような、異なる側面と色彩を持つアートで、とても美しいです。また、音楽も素晴らしく、テンションミュージック、オープニングテーマ、エンディングテーマ、そして主にジョリンのテーマはどれも期待を裏切らないものでした。このパートのキャラクターも素晴らしいです。ジョジョである主人公はもちろん素晴らしいキャラクターで、初の女性ジョジョというのも変わっていて面白いですし、主人公を助ける「ジョブス」と呼ばれる脇役たちも素晴らしいです。ウェザーリポート、エンポリオ、アナスイも全体的に良いキャラクターです。 今回の主役はエンリコ・プッチという神父で、第3部や第1部の主役であるディオ・ブランドとつながりがあり、彼らは皆、天国という概念を持っていて、どうやって天国に行くのか、それはこれからのエピソードでもっと深く説明されると思いますが、プッチは悪と同時に神のオーラを持った素晴らしい主役で、とにかく素晴らしいです。この12話での私の楽しみ方は本当に素晴らしく、総合的には8/10です。

エパーさん 総合評価 7
ジョジョの奇妙な冒険、私がひたすら世論と反対側にいるアニメシリーズです。「1部は最悪!」、実は好きなんです。「第3部は最高」、第1部は全く好きになれない。「第4部は最高!」、私は全体として最も嫌いな部類に入る。幸い、シリーズのダークホースであるパート6の出だしは、自分で言うのもなんですが、かなり良い出来だと思います。

ストーリー: 8/9

ストーンオーシャンのストーリーは、ジョリンが達成しようとしている目標に関心を抱かせるもので、他のジョジョの主人公の旅に感じた投資不足を考慮すると、私にとって大きなプラスである。戦いは、第5部同様、考えなければならないこと、スタンドの持つ力など、とても良いものでした。最初の2つのエピソードは、物語の良い導入部として機能し、物語だけでなく、ジョリンのキャラクターもよく設定されていました。第3話から第5話までは、戦闘だけでなく、ストーリーの進め方も素晴らしく、アークが進むにつれて、常に新たな要素が追加されていきました。第6話は、ストーリー的にはイマイチでしたが、本当に面白かったです。第7話から第9話までは、最初の12話の中では最低の出来で、私が本当に気に入ったのは第9話のエネミースタンドだけでした。最後に、最後の3話を妥協した最初のコースの最終アークがあり、ドープなスタンド使いと神秘的なオーラを持つウェザー・リポートが登場し、彼のテーマによってさらに強化され、簡単に最高の作品になりました。このような、「エネミースタンドユーザー」と「スタンド」も、最初は「ユーザー」がグダグダな感じだったのが、どんどん楽しくなってきました。この作品には、満足のいく第1話、よくできた第2話、そして全体的に素晴らしい最終話があるので、ストーンオーシャンは、私が今まで見たジョジョの部の中で、おそらく最も好きな12話の始まりだと思います。しかし、シーズン中盤の4つのエピソードが平凡であることと、最初の12エピソードの包括的な悪役に圧倒されたことから、点数は8点となった。

キャラクター 5/9

ジョジョの奇妙な生き物としてのジョリンは、承太郎と同じように知的でありながら、実は感情を表に出しており、サポート、防御、攻撃といった能力によって戦いをうまく操っているところから見ていてとても楽しい作品です。さて、脇役は……。荒木は本当に脇役を書けないんだなあ。ジョジョの一番の問題は、主人公や悪役以外の好きなキャラがいないことなんですが(ブルーノは別。 ブルーノはすごい)、これは第6部でも変わりませんね。ジョジョの典型的な右腕キャラと、エルメスとフー・ファイターズというバカ以外何もしない面白くてバカなキャラがそれぞれいますね。このガキは正直言って、番組から外されるだけで、ちょっとカッコいいんだけど、僕には雰囲気が合わないんです。一方、ウェザー・リポートは最高にクールで、彼の神秘的なオーラが私に興味を抱かせ、彼のパワーとテーマがとてもクールです。このパートの悪役は、これまでのジョジョの悪役と比べると驚くほど圧倒的で、全体的に平凡で、唯一脅威なのは、彼のスタンドが強力であることです。好きなキャラクターが2人しかおらず、脇役と悪役も圧倒的なので、点数は5点です。

サウンドとアート:8/9と7/9

まずOSTからですが、私は音楽に疎いのですが、ジョリンのテーマとウェザーリポートのテーマは最高にカッコよくて8点です!(OPも良いですね!)。

美術はとても細かいのですが、時々承太郎のバイザーが漫画的に大きすぎたり、ジョリンの顔が統一されていなかったりと、とても不自然に見えてしまう癖があり、笑ってしまいます。アニメーションも良いのですが、キャラクターが静止している場面やアクションのセリフの使い回しが多いです。しかし、正直なところ、それらは細かい点であり、体験にそれほど影響を与えないので、7点です。

ジョジョ6部は、ジョジョの部の最初の12話の中ではおそらく最高で、素晴らしい音楽としっかりした美術とアニメーションがあります。しかし、私が挙げた2人以外のキャラクターにはあまり期待しないでください(これはあくまで私の意見ですが、それでも好きかもしれません)。もしあなたがジョジョのファンなら、このシーズンを楽しむことができるでしょうし、もしあなたがジョジョを初めて見るなら、第1部を見に行くことをお勧めします。

ジョジョの奇妙な冒険 第6部 ストーンオーシャン」は7/9の高得点を獲得。このシーズンも、今のところ私の推薦承認が得られます。

こわいせんぱいさん 総合評価 9
anmeオンリーでお願いします!!! 100%言いますが、私はジョジョはストーリーで見ているわけではありません。3部の終わりからストーリーが一番気になるようになりました。どんなアニメでもストーリーは重要であることは否定しませんが、私の考えるジョジョはNARUTOやONE PIECEのようなシリアスな展開にはならないはずです。私はこのアニメを「異能」なキャラクターデザインのために見ています。「オラ」は楽しくて、「オラ」をするのに十分なほど私を興奮させるのです。残酷な戦い、ランダムでおふざけが多く、興味をそそる、ユニークで、しかしミームに値するスタンド能力です。善玉が、誰も実際に引き出そうとしないような適当な科学的知識で、下級の悪玉を出し抜いて勝利に導くのです。第6部では、ジョジョが最終的に友人を1人か2人失うことが明らかになっているため、すべての1vs1がMCの友人のために筋書き通りの勝利を収めないことが分かっています。この番組が一部の人たちのように深刻に捉えるべきではない究極のギブアウェイ、KONO DIO DA!の公式見解を各パートは私に求め続けます。とはいえ、皮肉なことに、私は第6部のストーリーが他のどの部よりも気になります。なぜなら、承太郎の命と引き換えになったからです(笑)。第3部では、承太郎のお母さんのことを完全に忘れていて、これから生きていく中で最高のジョジョがディオのお尻を叩くんだと知っていました。でも、ジョリンが最後のS級アニメキャラの一人を救える唯一の存在になってしまったので、彼が失う友人でないことを望んでいます。ジョジョの奇妙な冒険は、ストーリーではなく、戦い、スタンド、コノ・ディオ・ダー(または彼の「精神」)、そしてジョジョのスタンドの成長に焦点を当てたものである。

モーさん 総合評価 9
最初の12話だけで、ストーンオーシャンが私の好きなアニメの1部になることが分かります。このアニメは、私の予想を遥かに超えるものであった。ストーリーは、他のパートより少し強いと思います。刑務所の設定や、主人公たちが耐えなければならない制約が、魅力的に見せてくれますし、謎の設定も非常にうまく、タイトル通り、他のパートと同じように、いやそれ以上に奇抜だと思います。アートスタイルは見た目も華やかで、戦闘シーンのアニメーションも非常に滑らかです。また、ビジュアル面でも、オープニングは全シリーズの中で最も優れており、カラフルで個性的なものになっています。CGIも目立ちますが、やはりよくできています。このアニメの最も強力な側面の1つは、サウンドデザインです。サウンドトラックは素晴らしく、OPは何度も見ているとだんだん好きになり、EDはシリーズ中最も好きな曲で、哀愁を帯びながらも希望に満ちたトーンがジョリンのキャラクターと完璧にマッチしています。声優陣の演技も素晴らしく、特にジョリンとエンリコ・プッチ(ホワイトスネイク)は最高です。特にジョリンとエンリコ・プッチ(ホワイトスネイク)の演技は素晴らしい。キャラクターも素晴らしく、最初の2話を見ただけで、ジョナサンやヨースケ、ジョルノよりもジョリンに興味を持ちました。彼女のキャラクターは見ていてとても楽しいし、JJKの野ばら、OPのニコ・ロビン、CSMのクァンシーなどと並ぶ、漫画史上最も悪女と言える存在です。漫画を通しての彼女のキャラクター形成はハイライトの一つであり、アニメでも彼女の成長を見るのが楽しみです。ストーン・フリーも私のお気に入りのスタンドの一つで、超万能で、かなりの強さを発揮します。アーメス、フー・ファイター、ウェザー・リポートも見ていてとても楽しいし、承太郎は相変わらずの悪人ぶりで、エンリコ・プッチは信じられないほどよくできている。エンリコ・プッチは信じられないほどよくできている。彼は魅力的な部分と威嚇的な部分が等しく、彼のスタンド・ホワイトスネイクはデザインも性格もとても悪い。全体的に、最初の12エピソードは絶対的な爆笑もので、今後、もっととんでもないものがアニメ化されるのが待ち遠しいです。このアニメは非常に強力なスタートを切ったので、DPが他にどんなものを用意しているのか、本当に楽しみです。

ツイギーさん 総合評価 8
ジョジョの最高部(8部未完成)がついにアニメ化されるとは、なんという時代だろう。このサイトでは初めてのレビューになるので、行き当たりばったりな構成で我慢してください。ストーンオーシャンは、ジョジョのフランチャイズ全体に関して言えば、かなり物議をかもす謎の人物である。文章が悪いからではなく(私はシリーズ中最高の出来だと主張する)、視聴者が求める注目度が高いからである。このシリーズには、積極的に注意を払ったり、真剣に筋書きを読んだりしていないと、迷ったり、作者が最も消化しやすいシリーズを作らなかったと責めたりする場面がたくさんある(これからもある)。しかし、だからこそ、私はこの部分がとても好きなのです。設定に凝れば凝るほど、この部分がいかによく練られているかがわかる。まず「世界観」ですが、これは(ここまでで)唯一、物語の完成度の高さに驚かされた部分だと思います。刑務所という親密な場所である以上、その設定に十分な正当性がなければ、見る者の興味は薄れてしまうかもしれない。しかし、この12話を通して、刑務所は積極的に探索され、拡張され、スタンドバトルに創造的に利用されている。刑務所の親密さといえば、ここでも全体を通して、深い共感と個人的な感情が込められています(他のパートでは欠けていると思う点です)。各キャラクターには境界線と義務があり、それが挑戦されたとき、新たな葛藤や意味のある関係の源となる(他のパートと同様)。この刑務所が採用しているルールは、キャラクターがより戦略的に考える動機付けにもなっています。登場人物や観客がこの刑務所について知れば知るほど、心理戦の面白さやご都合主義が増していくのは言うまでもない。このパートでは、状況依存的なアイロニーが大きな、そして楽しい役割を担っている。キャラクターもかなりしっかりしていて、ジョリンはこのフランチャイズが生んだ最高のキャラクターの一人です。しかし、この点に関しては、キャラクターに関しては、パート4とは逆の理由で苦戦していると言えるでしょう。また、荒木氏は、ジョリンがこのパートの主役であり、そのように扱われていることから、それを知っているのでしょう。サウンドも、満足のいくものではありませんでしたが、それでもかなりテンションが上がりました。しかし、SFXはこれまでのところ、本当によくできています。もちろんアートもとても良いのですが、全体的に見ると、ストーンオーシャンは今までの中で最も面白く、複雑で、魅力的なプロットを持っています。この作品は、ジョジョパートの中で最もジョジョらしい作品だと思うし、最後もいいところで終わっている。

インスタ55さん 総合評価 9
このレビューはネタバレを含んでいます ストーリー : 主人公のジョリーン・クジョー(なぜ九条でないのかわからない)は、ジョータローの娘です。 彼女はひき逃げと殺人の冤罪で刑務所に入れられました。しかしこれはすべて、ジョータローの記憶を盗んで彼が焼いたディオの本の内容を得ようとするディオの子分/友人の1人の計画だったのです。白蛇は、承太郎の記憶と、白蛇のスタンド能力であるディスクを盗もうとします。このような、「萌え萌え」なストーリーは、とても魅力的だと思います。でも、唯一の悪いところは、他のJOJOと比べると、パート6のテンポがとても速く、そのシーンで何が起こっているかを説明しようとしないところです。

スパゲッツさん 総合評価 7
今のところ、良い感じです。ただ、12話という未完成なストーリーなので、あまり語れることはない。この作品は、バトルテンデンシー以来、最悪の部類に入ると思う。他の3つのスタンドベース・パートは、今のところ間違いなく優れている。でも、だからといって悪いわけではありません。ジョジョが好きなら間違いなく見て損はない。

ストーリー (7/10)
ストーリーは安定して良い感じです。スターダストクルセイダースやヴェントアウレオのようなもので、ダイヤモンドは砕けないとは違って、非常に安定した品質だと思う。MCが刑務所にいる時が好きなんです、何て言えばいいんでしょう。突出したものがあるわけではありませんが、十分な緊張感を保ちつつ、テンポよく仕上がっています。

アート (6/10)
ジョジョの美術は、今も昔も象徴的なものです。キャラクターデザインは「ヴェント・アウレオ」よりも改善されていると思うし、アニメーション全体も同様に良い。DP、その調子で頑張ってください。でも、CGは本当にひどいと思う。PS2のラングリッサーはひどい顔をしている。

サウンド (8/10)
オープニングとジョリンのテーマがなんだかドタバタしている。ブラッディストリーム、スタンドプラウド、イルヴェントドーロの方が断然好きですが、サウンドは聴いていて楽しいです。効果音や声優もいつも通り素晴らしい。

キャラクター(7/10)
ジョリンを除いて、どのキャラクターもあまりフォーカスされていない。エンポリオ、フー・ファイターズ、エルメス、プッチがちょうどいい感じです。プッチは、これまでほとんど出番がなかったので、これからもっと良くなると思いますが、今のところ、ちょうどいい感じです。十分に脅威的な悪役ですが、本当に威圧的な悪役ではありません。ディオやディアボロと違って、彼の前では恐怖を感じることはありませんでした。でも、もっと出番が増えれば、もっと良くなると思うんですけどね。承太郎と、特にジョリンが好きです。この男性中心のシリーズで、女性のジョジョがいるのは素敵だと思う。第1部から第3部までのブルドーザー男子が好きだけど、いい変化だと思う。彼女は今までのジョジョにはない魅力的なキャラクターの葛藤を持っているので、そこが大きなプラスになっていますね。

楽しみ方 (7/10)
は良い

この部分については、先ほども言ったように、今は特に言うべきことはありません。Netflixが続きを出してくれるのを待つばかりです。