賢者の弟子を名乗る賢者のアニメ動画を全話無料フル視聴する方法!見逃し配信サービスまとめ

\賢者の弟子を名乗る賢者を無料視聴するならココ!/

配信サービス 配信状況 無料期間とポイント 月額料金
danimedアニメストア
見放題
地上波同時・単独最速配信
31日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
440円

※月額料金は全て税込。2022年2月時点。

 

 

放送 2022年1月11日~
地上波ch TOKYO MX など
放送日 毎週火曜日24時30分~
話数 放送中
制作会社 studio A-CAT
監督 元永慶太郎
登場人物:声優 ミラ:大森日雅/ソロモン:村瀬歩/ルミナリア:日向未南/マリアナ:堀江由衣/アマラッテ:佐倉綾音/ゼフ:斉藤隼一/アスバル:安元洋貴/フリッカ:櫻弥恵/エメラ:夏吉ゆうこ/タクト:井澤佳の実/ダンブルフ:ささきいさお
主題歌 オープニングテーマop「Ready Set Go!!」/亜咲花

エンディングテーマed「Ambitious」エラバレシ

公式サイト TVアニメ『賢者の弟子を名乗る賢者』|公式サイト
シリーズ/関連作品 原作:りゅうせんひろつぐ(web小説)

漫画:賢者の弟子を名乗る賢者(マイクロマガジン社)

賢者の弟子を名乗る賢者のあらすじ

ベテランの貫禄と長い白髭を持つ召喚魔導士ダンバルフは、仮想現実のオンラインマルチプレイヤー・ロールプレイングゲーム「アークアースオンライン」において、一騎当千の強者と謳われるプレイヤーキャラクターの一人であった。9人の賢者、ソロモン王とともに、魔導士プレイヤー王国アルケイトを形成していた。しかしある日、ダンバルフたち9人の賢者が突然、跡形もなく行方不明になってしまう。

期限切れのクレジットを消費しようと、コスメキットを購入してキャラクターをいじっていたダンバルフは、カスタマイズの途中でうっかり眠ってしまったのだ。目覚めたダンバルフは、アークアースオンラインの世界がよりリアルになっただけでなく、自分がかわいい女の子に変身していることに気がつく。アルケイトに到着すると、自分がいなくなってから30年経っていることを知る。

ソロモン王から行方不明の魔導士たちを探すよう命じられた彼は、「ダンバルの弟子ミラ」と名乗り、自分の遺志を証明するために旅に出る。

 

TVアニメ[賢者の弟子を名乗る賢者]PV第1弾

賢者の弟子を名乗る賢者の動画を無料視聴できる配信サイト比較一覧

\賢者の弟子を名乗る賢者を配信中のおすすめサービス!/

配信サービス 配信状況 無料期間とポイント 月額料金
danimedアニメストア
見放題
地上波同時・単独最速配信
31日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
440円
abemaABEMA
 見放題
地上波同時・単独最速配信
14日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
960円
unextU-NEXT

見放題

31日間無料
600ポイント今すぐ視聴
2,189円
fodFODプレミアム

見放題

14日間無料
900ポイント今すぐ視聴
976円
huluHulu

見放題

14日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
1,026円
telasaTELASA

見放題

15日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
618円
primevideoAmazonプライムビデオ

見放題

30日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
500円
netflixNetflix

見放題

無料期間なし
ポイントなし今すぐ視聴
990円
musicjpmusic.jp

レンタル

30日間無料
1,600ポイント今すぐ視聴
1,958円
crankinクランクイン!ビデオ

レンタル

無料期間なし
3000ポイント今すぐ視聴
990円
paraviParavi

未配信

14日間無料
ポイントなし未配信
1,017円
dtvdTV

未配信

31日間無料
ポイントなし未配信
550円
tsutayaTSUTAYA DISCAS

未配信

30日間無料
ポイントなし未配信
2,052円

※月額料金は全て税込。また付与されるポイントは無料期間中のものになります。

 

dアニメストアお試し期間を利用すれば[賢者の弟子を名乗る賢者]の動画を全話無料視聴できます。

賢者の弟子を名乗る賢者もそうでしたがdアニメストアは先行配信が多く、おすすめの配信サービスです。

dアニメストアの特長一覧表
dアニメストアの特長一覧表

danime 月額料金:440円(無料期間終了後に課金開始)
無料期間:31日間
解約料金:0円
アニメ専門の動画配信サービス
アニメ作品数:約4,200作品以上
【dアニメストアの5つの特⻑】

    • アニメに特化したの動画配信サービスで、アニメの見放題数は業界1位
    • 月額料金が安い!
    • ダウンロードして場所を問わずアニメが楽しめる!
    • アニソンライブの配信も多い
    • 新作アニメの独占先行配信も多い!

 

賢者の弟子を名乗る賢者のアニメ動画をYouTubeなどの動画共有サイトで視聴する方法は?

YouTubeなどを含む海外の動画共有サイトでは非公式にアニメの賢者の弟子を名乗る賢者が配信されていて無料で視聴できる動画もありますが、画質が悪かったり、余計な広告が出てくる場合もあります。

注意:海外の動画共有サイトからアニメをダウンロードしたり視聴する方法は違法で危険!

海外の動画共有サイトを利用してアニメを視聴する方法はウィルスに感染するなどのリスクは当然つきまといます。

さらに2020年から法律が厳しくなったので海外の動画共有サイトを利用してアニメを視聴していると違法になり処罰される可能性が高くなります。

なので動画配信サービスの無料のお試し期間やポイントを利用して安全に安心して、全話無料でフル視聴しましょう!

特に賢者の弟子を名乗る賢者の場合はdアニメストアであれば通常、月額440円ですが登録して最初の1ヶ月は完全無料で全話フル視聴ができるのでおすすめです!

 

\登録はこちらから!/

dアニメストアで「賢者の弟子を名乗る賢者」の動画を無料視聴する

賢者の弟子を名乗る賢者の登場人物の紹介

ミラ / 咲森 鑑 / ダンバルフ・ガナドール
声優:大森日雅 / ささきいさお
VRMMORPG「アーク・アース・オンライン」のプレイヤーであり、召喚魔法の第一人者である咲森 鑑氏。彼のキャラクターであるダンバルフ・ガナドールは、魔法の頂点に立つエキスパートクラスのプレイヤーとされています。バニティケースというキャッシュアイテムに力を入れた結果、誤って少女に変身してしまう。それが偶然にも、アーク・アース・オンラインが現実となった「第二世界」に連れてこられることになる。正体を隠すために、「賢者の弟子」と名乗ることを強要される。

ソロモン
声優:村瀬歩
ソロモンは、ミラと同じくアークアースオンラインの世界に移り住んできたプレイヤーです。アーキサイト王国の王です。ミラとは異なり、30年前からゲームの世界にいる。プレイヤーの身に何が起こったのか、調査も行っている。

ルミナリア
声優:日向未南
ルミナリエは、ミラと同じくアークアースオンラインの世界に移り住んだ九賢人の一人です。

エメラ
声優:夏吉ゆうこ
エメラはエルフの女性で、一見すると親切で優しい女性に見える。しかし、武器、特に剣に対する情熱はちょっと常軌を逸している。

フリッカ
声優:櫻弥恵
普段は冷静沈着で聡明な美人。しかし、美少女を前にすると変態に変身してしまう。魔法への関心が非常に高く、美少女を凌駕することもある。

アスバル
声優:安元洋貴
ギルド「エカラス・カリヨン」に所属する戦士。巨体を活かして大きな槌を振り回す、ギルド「エカルラス・カリヨン」に所属する戦士。ギルドの兄貴分的存在で、竹を割ったような活発な性格をしている。ダンブルフを尊敬している。

ゼフ
声優:斉藤隼一
ギルド「エカルラート・カリヨン」に所属するスカウト。偵察や調査だけでなく、ナイフでの格闘も得意とする。病気の妹を救うためにギルドに入った。

タクト
声優:中 博史
タクトは現在、鎮魂都市カラナクで元冒険家の祖父と暮らしている。普段は人見知りだが、やると決めたら何事もやり遂げる勇気を持つ。死者に会える鏡のあるダンジョンに連れて行ってもらうため、戦士ギルドに出向く。

賢者の弟子を名乗る賢者のエピソード別あらすじ

第1話 わし、かわいい……

あらすじ 2022年1月11日放送
VRMMORPG「アーク・アース・オンライン」では、可能性に限界はなく、ルールや指示もなく、プレイヤーの進歩は努力と知性と実験のみに基づいている。27歳の加賀美咲望は、何年もかけてひたすら上達し、彼のキャラクターであるダンブルフ・ガンガドーレは、今やアークサイト王国の最強の魔術師である9人の賢者の一人となっています。ある日、ダンブルフは、昔一緒にアーカイト王国を作った親友のアーカイト王ソロモンから、1万匹のモンスターの軍勢を殲滅する任務を与えられます。その数の多さから、他国の魔術師が召喚したものと思われる。ダンブルフは、ドラゴンを含む大規模な軍隊を自ら召喚する力を持っており、モンスターを破壊して勝利を収めた。数日後、ダンブルフが行方不明になったことでゲーム内の全世界が衝撃を受け、アルカイトは大混乱に陥る。荒野で目覚めた銀髪碧眼の少女がアルカイトに向かい、自分の姿を見てショックを受け、自分がかわいいと感じる。

第2話 わし、うそついた……

あらすじ 2022年1月18日放送
少女はダンバルフと名乗り、ソロモンにヴァニティケースで外見を変える実験をしていたが、その変更を削除する前に眠ってしまったため、別のケースを手に入れるまで少女になっていると説明する。ソロモンは、ゲームは大規模な現実のアップデートを受けたことを明らかにした。ダンバルフはいつの間にか30年前にいなくなり、残っている賢者は20年前に現れたルミナリエだけになってしまった。ソロモンは幾多の戦争を経てアーカイトを守り、工業化時代を経て自動車などのテクノロジーを手に入れた。自宅に戻ったダンバルフは、妖精のNPCであるアシスタントのマリアンヌと出会い、リアリティアップデートによってすべてのNPCが本物の人格を持つようになったことを知る。そのためダンバルフは、外国に滞在するダンバルフの代わりに派遣されたダンバルフの弟子のミラだと名乗ることになる。ミラはソロモンのアドバイザーや軍のリーダーに会い、自分がダンバルフの代わりにふさわしいことを証明するために、小さなモンスターの軍隊を破壊します。顧問たちはモンスターが悪魔に操られているのではないかと疑い、さらに他の王国との不穏な動きもあり、ソロモンは不安になるが、ダンバルフが戻ってきたことで、ようやく楽しみが戻ってきたと考える。

第3話 わし……こういうのに弱いんじゃよなぁ

あらすじ 2022年1月25日放送
ダンバルフが消えてから20年後、人間と悪魔の間で戦争が起きたことをソロモンは明かす。人間が勝利した後、彼らは10年間戦争を禁止する協定を結んだが、これは1年で終わりを告げる。アルカイトは再び9人の賢者を必要とするが、残りの7人はソロモンの友人リストによると全員がゲームの中にいることが証明されているにもかかわらず、まだ行方不明である。そこで彼はミラに協定が切れる前に彼らを見つけるように命じる。ミラはネブラポリスの地下墓地で黒魔術師のソウルハウルを探すことを提案する。ミラは、ネブラポリスに行って、死者とコンタクトする鏡の中の両親に会いたいという少年タクトと出会う。また、エメラ、ゼフ、アスヴァル、フリッカーという数人のNPC冒険者も志願してきた。ネブラポリスの中でゼフは、鏡の中に病死した妹のリリカを見て、自分のせいではないと断言する。ミラは、今までよりもずっと人間らしいNPCに対する考えを見直さなければならないことに気づく。タクトは両親の姿が見えないことから、両親は死んでいないのではないかと考える。ソロモンの依頼を受けたミラは、死んだNPCで悪魔の専門家であるハワードに連絡を取り、モンスターに関する最近の活動について尋ねようとする。

 

第4話 わし、もう限界!

あらすじ 2022年2月1日放送
ハワードは鏡の中に現れなかったが、ハワードが悪魔の専門家として知られていたことから、エメラはアルカイトだけでなく他のいくつかの王国でも悪魔が目撃されていることを明かす。ミラは皆をカタコンベの6階に案内し、自分だけが入る方法を知っている大きな城に行き、他の皆には外で待つように言う。ソウル・ハウルの王座の部屋にたどり着くと、ハウルが死に取り憑かれた絶望的な変態であることが明らかになる。ミラは、何百人もの命のないメイドと、まだわずかに生きている少女を発見する。ハウルの研究室を見つけたミラは、ハウルが彼女の命を救うために天の光の聖杯を見つけることができるように、時間内に少女を凍結実現しています。そこへ突如として魔物が襲いかかり、ミラは一人で戦うことになる。一瞬、冒険者たちはミラがダンバルフに似ていると思ったが、それは馬鹿げていると否定する。ミラは魔法とイモータルアーツを駆使して魔物を倒し、ダンバルフの弟子であることを冒険者たちに明かすが、彼らはそれを簡単に信じてしまう。ミラは、彼らが幼い頃の記憶を持ち、両親もいることから、もはやただのNPCとは言えないことに気づく。そのためには、この王国に住むすべての人の安全を守らなければならないと決意する。そして地上に戻ると、モンスターの群れが街を襲っていた。

 

第5話 わし、再・誕!

あらすじ 2022年2月8日放送
ミラはヴァルキリーを召喚し、モンスターを倒す。タクトはミラと同じサモナーになることを決意する。冒険者のボス、キャプテン・シリルはミラに感謝する。ミラは略奪された宝物をすべて山分けし、シリルが悪魔の重い武器をカタコンベから持ち上げることができたことに驚く。ミラはタクトに召喚能力があるかどうかを確認するためにギルドに送り、ソロモンが他の賢者たちに送った手掛かりを回収する。タクトはソーサラー、プリースト、ディバイナーの能力を持っていたが、サモナーの能力はなかった。ミラはシリルもNPCではなくプレイヤーだと判断し、ミラがダンバルフだと推測するところまでいったので、ミラはダンバルフと実生活で友達だったと主張する。シリルは、ゲームの中で目が覚めたとき、家に帰る道を探そうとしたと説明する。途中でNPCと仲良くなり、村に嫌がらせをしているゴブリンを退治したり、農作業を改善して護身術を教えたりして、仲間に再合流したという。ミラにギルドへの加入を勧めるが、任務の重要性を理由に断られ、代わりにソロモンの最新の手掛かりを調べることを申し出る。ミラはダンバルフのローブを着て帰宅するが、マリアナからローブのレプリカが子供の衣装として人気があることを聞き、ミラは自分が着せ替え遊びをしている子供のように見えることに猛烈に気づく。

 

第6話 わし、きせかえ!

あらすじ 2022年2月15日放送
ミラとソロモンは、ミラがソウルハウルで持ち帰った手がかりをもとに、作業を進める。また、他の9人の賢者の存在を示唆する手がかりに出くわす。

 

第7話 わし、最強!

あらすじ 2022年2月22日放送
ソウルハウル探しの旅を続けるミラは、アルケイト学園へ向かう。そこで彼女は、精霊を呼び出すための召喚魔法が、かつてのように尊重されなくなったことを知る。

 

第8話 わし、ダンブルフ

あらすじ 2022年3月1日放送予定
 

 

 

賢者の弟子を名乗る賢者のアニメの評判は?感想と見どころをレビュー

くいんさん 総合評価 7
“おっさんがロリになったら”
このアニメを一言で言うと、そういうことなのですが、その一言の殻を破ってみると..何も出てきません。
というのも、このアニメを際立たせているのはおそらくその点だけで、それ以上のことは何もないからです。
このアニメは、ファンタジーの世界に住む悪名高い強力な賢者についての物語です。
しかし、このアニメでは、1人ではなく9人が登場します。オリジナリティは私にとってそれほど重要ではないので、それはさておき、このアニメは、今シーズン放送されたファンタジー美少女十二子おじさんのテーマと同じである性別を超えたテーマを除けば、他のアニメから際立つことはできません。
だから、新鮮で面白いストーリーのアニメを探している人には向かないし、私のような人間にとっては餌になる。
ストーリーについて
異世界で目が覚めて、あれがどうした、これがどうした、みたいな、よくある異世界アニメのような始まりで、漫画を読む限り、そこからの展開はないんですけどね。

OPとEDは特に言うことはないです、まあまあかな。
アニメーション
このアニメにCGIを入れるのはどうなんだろう?
キャラクター
正直に言うと、MCのおっさんバージョンはガンダルフのパクリです。
この番組が受けた厳しい評価については、私は人々がそれを嫌いなことを責めることはできません。
総合6/10+かわいい女の子に1なので、7/10です。

 

ソウルさん 総合評価 5
このアニメに興味がある人は漫画を読むことをお勧めしたいのでこのレビューをしています。第2話、第3話では、多くの情報が省略され、これを書いている時点では第3話が最新です。すべてを要約しようとしているだけで、私の意見としては全く良くないです。

 

ジャンプ33さん 総合評価 4
基本的な冒険イセカイの話です。それ以外は何もない。

ゲーム要素も表面的なものでしかない。ゲームであるという表記を削除しても、あまり変わりません。ストーリーは「男が女になったらどうする?すごい、斬新ですね。エピソード2以降、そのことを忘れてしまうんです。それ以降は、ゲームをやっている人を見ているような感じです。少なくとも「防御力MAXのあのアニメ」は、ゲームの仕組みを壊すことで、多少なりとも面白さを保っていました。キャラクターは、ちょっと……。OPとEDは、浅香を引っ張ってきてOPで歌わせればまあまあ。映像はCGIを使った時以外は普通で、これはひどい。

第1話は、ひどいCGの使用と、最後の4分の1がアニメーションの時間が足りなくなったかのように無音になっていることから、これまでの中で最悪のエピソードです。その後のエピソードは、私の意見では、より良い運賃です。これは、あなたが第一印象として望むものではありません。少なくとも、日本と同時に吹き替えが行われているので、それはプラスです。そうでしょう?

イセカイが好きな人以外は飛ばした方がいい。

 

伊勢さん 総合評価 5
この番組については、良いことも悪いこともたくさんあります。でも、まずはポジティブなところから。

アート:7点、サウンド:6点
画風や世界観、キャラクターのルックスなど、最高の出来だと思います。ただ、CGIの使い方に問題がある。あまり気にならないのですが、違和感があります。主に、他のすべてがよく見えるときにね。色彩豊かで、暗いところでも見栄えがする。あらゆる意味で、このアートスタイルに間違いはない。サウンド全般についても同じことが言えます。この番組の中では、どのタイプの音にも間違いはないのです。以上が主な良い点です。

キャラクターとストーリー;5
問題は、ストーリーそのものにあります。キャラクターには厳しいようですが、ストーリー自体が、一方通行で、一方向にしか進んでいない場合。このような番組では、視聴者が本当に楽しめるような緊張感がない。私が今まで見た季節ものの中で、最も退屈なオープニングエピソードであることは言うまでもありません。でも、このような作品はとても面白いです。世界観やプロットは悪くないと思うのですが、それよりも、すべてがうまくいっていて、何もかもがうまくいっていないのが残念です。結果的にえーって感じです。8番目の息子を思い出します。すべてがうまくいけば、OPのイセカイのようなものに。ストーリー的に何を楽しめばいいのか?何もないですね。起伏のある展開ではあるが、そのせいで台無し。

この手の番組はたくさん見てきましたが、この番組とは大違いです。完全なブタ箱ではないものの でも、今のところ見る価値はない。

 

いおり8さん 総合評価:2
1人がこのレビューを参考にしました
原作的には。

原作と比較して、1話目でよりストーリーがブッタ斬られ、その後のエピソードで完全にごちゃごちゃになっている。原作の要素をそのまま伝えるのではなく、なぜか飛ばして長いフラッシュバックを入れたり、原作の要素を抜き出し、ありもしない余計な要素を入れたり。ゴルフのように1番から18番までのホールを回るのではなく、1番から5番の半分、2番に戻り、3番、4番、5番の後半に戻る、といった具合になりがちです。一部、まったく変えているところもある。

美術はかなり物足りなかった。世界観はまともかもしれないが、キャラの絵はシャープさや細かさがかなり劣り、キャラが大人しく見えるというか、シリアスに見える? (妖怪戦記のキャラデザインを漫画・LN絵からアニメまで考えてみると同じ)。明らかにCGIが全員一致で嫌われている。

具体的にどこがカッコイイと思ったのか、思いつかなかった。

キャラクターは、原作から大幅にキャラクター性を失っています。ほとんどは、細部が省略され、特定の情報の断片や、あちこちで発言しそうなことですが、ただただお粗末です。

この番組から得られる唯一の楽しみは、動く絵であるという事実です。見ていて心に残ることがたくさんあり、それが普通に楽しみを奪います。キャラクターが動くのはかっこいいですが、失望させるだけなら、わざわざ番組を作らないでほしいです。

全体的に、レゴで作られた色のついたピラミッドがあると想像してください、それはきちんと統一されていて、素晴らしく見えます。すると、余計なものがなくなり、色もごちゃごちゃになります。

原作を読んだ人に「続きを見るより原作を読め・買え」と言わせ続けて売り上げを伸ばすのが目的だったのなら、よくやったと思います。

 

インダスさん 総合評価 4
アイデアやコンセプトはとても良かったのですが…それだけで終わってしまいました。

私は、良いイセカイとは、登場人物が何が起こったかを理解する際に、彼らを助けるものが何もないものだと考えています。しかし、このアニメでは、MCが何年も前に知り合いが出現している世界に落とされ、ゲームをプレイしていた時と同じようにMCを続けるという、奇妙な違和感を覚える状況になっています。

OPでロリな女性キャラが登場し、色々なイベントや修羅場がありそうですが、代わりに自分の生徒という設定で旅をし、その生徒が別のOPキャラ(実は同じ)に教わっているのを見て、周りがドン引きしているのを見ます。このスタイルのアニメでは見たことのない新しい方向性ですが、もう誰にもお勧めできません。

 

ボザナイさん 総合評価 5
すでにイセカイのプロットに嫌悪感を抱いているのなら、見ないほうがいい。漫画の方が良いですが、強くお勧めできるほどではありません。私は、漫画は読み続けるが、アニメはやめる。

ネタバレにならないように、なるべく曖昧な表現にします。

もともとこのシリーズの漫画を読み始めたとき、私はこの漫画を、あまり注意を払う必要のない、ただ楽しむだけのポップコーン漫画の一つとして扱っていました。キャラクターもストーリーも設定も、特別なことは何もなく、ただ一般的に良い/OKという感じです。7/10で手堅く。でも……。しかし・・・・・。アニメでは、これまでのマンガのプロットからすると、最初の2話で出てくるはずのいくつかの重要なプロットが省略され、少し変更されています。しかし、私が心配しているのは、それらのプロットのいくつかは、漫画の後半で関連してくるので、物語が意味をなさないところまで省略し続けるか、そのプロットを持ち出す意味がないところに詰め込むことになるのではないかということです。また、世界観の構築という点では、ストーリーテリングに興味があるので、どのような異世界でも見てみようと思っています。

私は2つのエピソードを見直す必要がありました。なぜなら、重要なプロットポイントが落とされると思っていたのに、ただボーっとしていただけだと思ったからです。でも、漫画はちゃんと読んでいますよ。

 

オーウェンさん 総合評価 5
このアニメは通過してはならない。

*このアニメは、「ソードアート・オンライン」のようなゲーム、VRMMORPGを題材にしたライトノベルは、ほとんどありません。この作品は、シリアスなゲームのシリアスな物語というよりは、萌え系のコメディである。残念ながら、「She Professed Herself Pupil of the Wise Man」は、「Ark Earth Online」という魔法だらけのVRファンタジー「World of Warcraft」の世界を舞台にした、「もしもNPCがリーズナブルだったら」というポエム顔負けのシリアスゲーマーTMに分類される作品だ。

第1話では、ガンダルフ・ザ・グレイをモチーフにした魔法使い “ダンバルフ “*スニガー*と、そのオンラインゲーマーTMの友人で王国の王を演じる2人の最強プレイヤーが紹介されます。ある日、その魔法使いが30年もの間、姿を消していたのですが、ロリキャスライトノベルとして帰ってきたのです。

この番組は、シリアスなゲーマーのためのシリアスなストーリーのために、シリアスなミステリーを作ろうとしているが、無名の男性ゲーマーTMの新しいアバターミラがあまりにも強力で、プロットの緊張感が彼女の前で吹き飛ばされてしまい、非常に退屈で予想通りのストーリーが展開されることになった。途中で出会う脇役たちも、典型的なライトノベルのファンタジーの餌食だ。メイド、イケメン剣士、大男、小男、ロリ好き変態などなど。新しい境地を開拓しているわけではありません。

作画やアニメーションもいい。スタジオA-CATの前作「バトルゲーム5秒前」のように目が血走るようなことはありませんが、CGIモンスターが戦闘になると特に目が血走り、口が悲鳴をあげることでしょう。他の背景美術はよくまとまっていて、メインストーリーのファンタジー王国が本当にかっこよく見えるのは認めます。

このアニメの最初のエピソードはひどいもので、現在も凡庸さが続いていますが、私はこのアニメを楽しんでいる仮想の人物を見ることができます。私が見た4つのエピソードでは、特に不快なことはなく、他のアニメで何千も見てきたような、底辺のドラゴンクエストのクエストの無意味さばかりですが、このアニメには何もありません。前提すらない。
現在放送中の「ワールド・オブ・リードゥール」の方が、ストーリーの裏にある謎が純粋に良く、アニメーションの欠点はあるものの、かなりかわいいので、そちらを見た方が良いだろう。また、性別にとらわれないコメディが好きなら(She Professed Herself Pupil of the Wise Manは厳密に言うとコメディではないし、2話以降は話題にならない)、Life with a Ordinary Guy Reincarnate into a Total Fantasy Knockoutはとても面白いし、キリトをバカにしているので本ではいつも高得点が出る。また、昨年のライトノベル・コメディ『フルダイブ』。この作品は、基本的にSAOのパロディで、ところどころスローだが、エンディングでそれを補っているのが面白い。

とにかく賢者ライトノベル、ロリ少女は好きな人は好き。以上です。

5/10平凡です。

 

クリームパワーさん 総合評価 7
だから、これを見始めたら1話目がやばい、みたいな。非常にヒヤヒヤするような。多くの人が1話目で落とすでしょう。そのあと、呪文を唱えるシーンがいくつかあって、ごく一般的なイセカイになる。キャラクターは一寸法師で、mcはop、全体的なストーリーはそこそこ面白く、イセカイのゴミが好きなら、全体的にかなり楽しめる。異世界のゴミが好きでなければ、パスですが、第1話をクリアすれば、あとは大丈夫です。この作品には、アニメーションのない静止画のシーンや、ひどいCGがありますが、あまりひどくないので、無視しても大丈夫です。

 

ジャガーさん 総合評価 3
ライトノベルが面白いので見ているのですが、私がLNで考えている部分が全て省かれた映画化でした。ただ、どのような映画化なのか見てみたいという人以外にはお勧めできません。

異世界パワーファンタジーと銘打たれていますが、今のところ小説ではストーリーよりも設定の方がメインになっています。LNのストーリー部分は、目の保養になるアバターから抜け出せなくなった男が、それを糧に生きていこうとする話。MCは魔法使いのすべての部分に秀でていますが、しかし。
* まともに相手にされることはほとんどありません。
* 自分の魅力に気づかず、母になりたがる他の女性の扱いに困っています。
* 見捨てられた、あるいは非人間的な扱いを受けたと感じたNPCとの関係を修復しなければならない。
* そして、女性の服装に合わせなければならない。

冒険をする限り、MCはOP.ですが、彼らの悩みはパワーで解決できるものではないのが、うまく表現されていますね。シリーズが進むにつれて、指示されるのではなく、MCが主体となって次のステップを考えていくようなストーリーを期待しているのですが、どうでしょう。

アニメ化にあたって、この部分があまり描かれていないような気がして、非常に淡白な作品になってしまいました。

 

サムさん 総合評価 7
この物語は、ロリに変身した老人を主人公とし、ゲームでの冒険が現実となったアーク・アース・オンラインを描いています。彼は自分の正体を隠しながら、不在中に飛び込んでくる問題を解決しようとしながら、現在の姿に悩んでいるのです。そんな感じです。

うん、難しいね。ログ・ホライズンと違って、この世界の仕組みはちょっと複雑で、「ゲーマー」にアピールしにくいんです。それが悪いというわけではなく、アニメ化するのが難しいんです。

この小説は、基本的に新しい世界での彼の冒険であり、新しいロリフォームがスパイスになっています。エレーナみたいなものだけど、もっと合理的。世界観の作り込みとか。

 

ちいさん 総合評価 1
けんじゃのでしこは、見るのが苦痛です。

ストーリー1.

正当な理由もなく、何の展開もない設定SAO的なストーリー。

ただ “この世界に封じられたんだ、この世界で生きていこう “というだけ。そして、「近い将来、異国から攻められるかもしれないから、仲間を探しに行こう」。

それだけです。

ストーリーは展開しないし(こんな枠だと展開することが少ない)、ミラはサロモンのミッションをこなして彷徨っているだけです。

アート6:平均的なSoL

サウンド 2 :

うっとうしい。OSTは本当に聞いていてイライラする、ストーリーが無いならせめて音楽だけでも良いものをと思う。しかし、それすらもない。

声優は当たり障りのない、ワンパターンの、毎回同じようなイントネーション。そしてツッコミが本当にうっとうしい。毎回、予想できることなのに、声優はまるで今年一番のジョークを披露したかのように振る舞っている。

キャラクター1.

テンプレ文字。キャラクターが書かれていない。定義も、展開も、何もない。

ミラはMCのテンプレートで、OP、いつも冷やかしで自分の力を誇示しています。
サロモンはリーダー/キングのテンプレートで、ミラをからかいながら、世界中で尊敬されている。
赤髪(ミラの仲間)は仲間のテンプレートで、他のギルドキャラのように振る舞う
パーティAは冒険者パーティのテンプレートで、ウザい女魔法使い、戦士のうぬぼれ、チルタンクなど。
ミラの下僕はテンプレートで、ミラを慕い、必要な時にご機嫌を取る。

毎度のことですが。くそ。キャラクター。である。ない。書かれています。

基本的なキャラクターの定義をそのまま踏襲しているだけです。

ミラは冷静でパワフルです。彼女はこの当たり障りのない定義から外れた行動をとることはありません。彼女には目的も、夢も、感情もない。

それはライティングではありません。

総合1:

この作品は絶対に避けてください

 

みのるさん 総合評価 7
ロリになったおっさんの話ではない。
この作品は、プレイヤーが以前遊んでいたゲームの世界に突然現れて、突然人生になって、痛みや血があり、NPCが自由意志を持って、恋をしたり、子供を作ったりする、一般的なイセカイ・アドベンチャーである。ご存知の通りです。

残念ながらこの番組では、「AFK」(超おすすめ)のように、平凡な日常から引き剥がされ、見慣れた世界なのに誰でもその場で槍で突き刺せる世界に入れられたショックや心の傷は描かれない。
NPCの自由意志や新たに覚醒したビーンの人権を探求する「アリシゼーション」ですらないのだ。

スライムとして生まれ変わる」であり、「スライムとして生まれ変わる」段階や街づくりはなく、オーバーロードへの言及が多い(基本的にEp5はフリーキングメイドを含むオーバーロード墓場編)。MCの外見がリムルと似ているのは、ランダムではありません。
2つ目は、「レアンデールの地で」です。
3つ目は「スマホで世界一周」。

もう一度言うが、SAOでもなく、スピリットクロニクルでもない。この番組にはドラマもなければ、ゴールもない。ただ、OP MCがふらふらと歩き回り、楽しくて、大した努力もせずにケツを蹴っているだけです。

老人は、1話に1回、”あなたは本当に老いた魔法使いですか?”という偶然の冗談を言う以外は、ほとんど出てきません。—パニックパニック。

性転換のショックや新しさには触れない。MCにとってロリボディはただのコスチュームなのです。ちょっと恥ずかしいけど、昔の魔法使いのコスチュームよりずっと恥ずかしくはない。
結局のところ、私たちは実際のプレイヤーであるMCのイメージに悩まされることはないのです。男の子なのか女の子なのかさえわからない。
だから、ジェンダーベンダーの部分は、すべて見えないし、いくつかのジョークの根拠に過ぎない。

この「他のプレイヤーを探す」という部分がなければ、この番組は「イセカイを一般的なファンタジーにしたもの」と見ることができる。

とはいえ、パロディ・コメディとしては、1話につき1回以上の笑いを提供してくれる。