殺し愛のアニメ動画を全話無料フル視聴する方法!見逃し配信サービスまとめ

引用元:dアニメストア

\殺し愛を無料視聴するならココ!/

配信サービス 配信状況 無料期間とポイント 月額料金
danimedアニメストア
見放題
地上波同時・単独最速配信
31日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
440円

※月額料金は全て税込。2022年2月時点。

 

 

放送 2022年1月12日~
地上波ch TOKYO MX など
放送日 毎週水曜日24時00分~
話数 放送中
制作会社 プラチナビジョン
監督 大庭秀昭
登場人物:声優 シャトー・ダンクワース:大西沙織/ソン・リャンハ:下野紘/エウリペデス・リッツラン:堀内賢雄/ジム:天﨑滉平/ホー:前野智昭/ジノン:村瀬歩/ニッカ:森田成一/ミファ:日笠陽子/ドニー:大塚芳忠
主題歌 オープニングテーマop「Midnight Dancer」増田俊樹

エンディングテーマed「マコトピリオド」小林愛香

公式サイト TVアニメ「殺し愛」|公式サイト
シリーズ/関連作品 原作漫画:Fe「月刊コミックジーン」(KADOKAWA)

殺し愛のあらすじ

賞金稼ぎをしていたシャトー・ダンクワースは、ある日、プロの殺し屋ソン・リャンハに出会い、デートと引き換えに彼女の情報を仲介し、ストーキングを始める。嫌々ながらも、シャトーは彼に心を開こうとはしない。それにもかかわらず、リャンハは彼女が襲われたときに助け続け、彼女の過去を知っているようだ。

シャトーとリャンハは共にドナルド・バックマンに狙われるようになり、二人は共通の過去と向き合わざるを得なくなる。シャトーはフランス貴族の家系であるノーベル家の跡取り娘で、父親の義理の兄であるネルソン・ノーベルに狙われることになる。一方、現在のリャンハは、本物のリャンハに助けられた児童売買の被害者であり、リャンハの死後、彼の名前を採用する。

 

TVアニメ[殺し愛]PV第1弾

殺し愛の動画を無料視聴できる配信サイト比較一覧

\殺し愛を配信中のおすすめサービス!/

配信サービス 配信状況 無料期間とポイント 月額料金
danimedアニメストア
見放題
先行配信
31日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
440円
unextU-NEXT

見放題

31日間無料
600ポイント今すぐ視聴
2,189円
fodFODプレミアム

見放題

14日間無料
900ポイント今すぐ視聴
976円
huluHulu

見放題

14日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
1,026円
abemaABEMA
 見放題
14日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
960円
telasaTELASA

見放題

15日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
618円
primevideoAmazonプライムビデオ

見放題
先行配信

 

30日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
500円
netflixNetflix

見放題

無料期間なし
ポイントなし今すぐ視聴
990円
musicjpmusic.jp

レンタル

30日間無料
1,600ポイント今すぐ視聴
1,958円
crankinクランクイン!ビデオ

レンタル

無料期間なし
3000ポイント今すぐ視聴
990円
tsutayaTSUTAYA DISCAS

未配信

30日間無料
ポイントなし未配信
2,052円
dtvdTV

未配信

31日間無料
ポイントなし未配信
550円
paraviParavi

未配信

14日間無料
ポイントなし未配信
1,017円

※月額料金は全て税込。また付与されるポイントは無料期間中のものになります。

 

dアニメストアお試し期間を利用すれば[殺し愛]の動画を全話無料視聴できます。

殺し愛もそうでしたがdアニメストアは先行配信が多く、おすすめの配信サービスです。

dアニメストアの特長一覧表
dアニメストアの特長一覧表

danime 月額料金:440円(無料期間終了後に課金開始)
無料期間:31日間
解約料金:0円
アニメ専門の動画配信サービス
アニメ作品数:約4,200作品以上
【dアニメストアの5つの特⻑】

    • アニメに特化したの動画配信サービスで、アニメの見放題数は業界1位
    • 月額料金が安い!
    • ダウンロードして場所を問わずアニメが楽しめる!
    • アニソンライブの配信も多い
    • 新作アニメの独占先行配信も多い!

 

殺し愛のアニメ動画をYouTubeなどの動画共有サイトで視聴する方法は?

YouTubeなどを含む海外の動画共有サイトでは非公式にアニメの殺し愛が配信されていて無料で視聴できる動画もありますが、画質が悪かったり、余計な広告が出てくる場合もあります。

注意:海外の動画共有サイトからアニメをダウンロードしたり視聴する方法は違法で危険!

海外の動画共有サイトを利用してアニメを視聴する方法はウィルスに感染するなどのリスクは当然つきまといます。

さらに2020年から法律が厳しくなったので海外の動画共有サイトを利用してアニメを視聴していると違法になり処罰される可能性が高くなります。

なので動画配信サービスの無料のお試し期間やポイントを利用して安全に安心して、全話無料でフル視聴しましょう!

特に殺し愛はdアニメストアであれば通常、月額440円ですが登録して最初の1ヶ月は完全無料で全話フル視聴ができるのでおすすめです!

 

\登録はこちらから!/

dアニメストアで「殺し愛」の動画を無料視聴する

殺し愛の登場人物の紹介

シャトー・ダンクワース
声優:大西沙織
シャトーはリッツランド・サポートに勤務する新入りの賞金稼ぎ。リャンハを信用せず、彼の恋愛の誘いも断ってばかりいる。ドナルドに捕まった後、自分の本当の名前がシャトー・ノーベルであることを思い出す。父親の継兄が香港のトライアドに暗殺を命じ、本物のソン・リャンハに護送されたノーベル家の後継者の娘である。シャトーは任務中、誤って本物のリャンハに銃で致命傷を与え、緊張状態に陥ったが、ダンクワース巡査に発見された。自分の正体を知っていながら、シャトーは貴族であることを拒絶し、ダンクワース家の一員であることを宣言する。

ソン・リャンハ
声優:下野紘
リャンハは、香港のトライアドを一人で倒したとして、少なくとも20の組織から指名手配されているヒットマンである。 シャトーと出会って以来、彼女と一緒に時間を過ごす代わりに、彼女の情報をストーカーして仲介している。2人がドナルドから逃げ回った後、過去のフラッシュバックによって、彼は児童売買の名もなき犠牲者で、本物のソン・リャンハに救われて、彼が死んだ後に彼の名前を採用したことが判明する。

エウリペデス・リッツラン
声優:堀内賢雄
リッツランはリッツランドサポートのオーナーで、25歳の実業家と結婚している。

ジム
声優:天﨑滉平
話し方がとてもユニーク。いつもぼーっとしていて、マイペースな印象があるが、仕事はできる。時に厳しいことを言うので、周囲、特にボスを困らせる。
本名も個人情報も不明なインド人は、リッツラン・サポート社で秘書として働くインドからの移民である。ジムと名乗っている。

ホー
声優:前野智昭
かつてリャンハが所属していた事務所の元メンバー。リャンハとは過去に因縁があり、個人的に恨みを抱いている。以前は感情的な性格だったが、現在は冷徹な復讐者として再登場している。左頬にユニークな刺青がある。

ジノン
声優:村瀬歩
ドニーの組織の一員。若く、礼儀正しい話し方をするが、その無邪気な姿の裏には暗殺者としての冷徹さが潜んでいる。ナイフの腕前は一級品。

ニッカ
声優:森田成一
ドニーの組織の一員。派手なルックスと荒っぽい喋り方をする戦闘狂の男。殺陣のスリルに快感を覚える傾向がある。リャンハに興味を抱いているようだ。

ミファ
声優:日笠陽子
ドニーの組織の一員で、いつもドニーのそばにいる。無口だが、ドニーのことが大好きで、かなり執着している。ジノンにはなぜかとても厳しい。

ドニー
声優:大塚芳忠
港町バロセラを拠点とする組織のボス。”トリガー “という名を持つ。戦争孤児を部下として引き取り、育て、組織の有力なメンバーにする。ある目的のために、リャンハを狙う刺客を送り込む。

 

殺し愛のエピソード別あらすじ

第1話 WHAT’S YOUR NAME?

あらすじ 2022年1月12日放送
新人賞金稼ぎのシャトー・ダンクワースは、暗殺の名手ソン・リャンハと出会い、彼に敗れたため、彼が自分に媚びようとするのに驚く。それから1ヶ月、ソンは彼女をデートに誘い、貴重な賞金首を捕まえてまで気を引こうとするが、彼女は彼を無視する。シャトーの上司であるユリペデス・リッツランドは、8年前にトライアド幹部数十名を暗殺したソンを逮捕するよう依頼される。ユリペデスはシャトーに、より危険の少ない現在のターゲットに集中するよう警告する。シャトーは、すでにターゲットを捕らえたソンから連絡を受け、クリスマスイブにデートすることを要求され、渋々承諾する。クリスマス・イブ、ソンは楽しい時間を過ごすが、シャトーは頑なにデートと認めない。ホテルの部屋で夕食をとりながら、ソンはシャトーのターゲットである恋人の顧客から金を奪うポン引きが死んでおり、シャトーが回収できるよう保管されていることを明かすが、シャトーは彼が彼女との時間以外に何も見返りを求めていないことを不審に思っていた。エウリペデスはシャトーと一緒にソンを目撃するが、それをどう解釈したらいいのか分からない。フラッシュバックで、シャトーが子供の頃、身元不明の死体と一緒にいるところを発見され、自分の名前も思い出せないでいることが示される。

第2話 TARGET

あらすじ 2022年1月19日放送
帰宅するソンを見守る男。シャトーがソンに関わることを心配するエウリペデス。シャトーはヒモのターゲットの死体を回収する。ユリペドはシャトーに、ソン捜索を依頼した男、トライアドのボスの長男がソンに暗殺されたばかりであることを打ち明ける。シャトーは蜘蛛の巣状の顔の入れ墨をした男に銃撃され、道路から転落してしまう。いつもは即座に着信拒否するシャトーが、延々と電話を鳴らし続けるようになり、ソンは不審に思う。スパイダーウェブはシャトーを森の中まで追いかけ、彼女を圧倒する。そこにソンが現れ、シャトーの車を見つけ、スパイダーウェブを騙してシャトーの電話に出させ、居場所を聞き出す。スパイダーウェブはシャトーを生かしたまま、ソンに「彼は裏切り者で、過去の代償を払わなければならない」というメッセージを伝える。シャトーはホテルで目を覚まし、ソンは彼女の現在の状況が間接的に彼の犯した過ちによるものだと認める。彼女は熱を出し、シャトーは再び気を失うが、蜘蛛の巣の刺青のことを話す。ソンは確信が持てないが、以前どこかでスパイダーウェブに会ったことがあるのではと思う。熱のため、シャトーは幼い頃、死んだ男と一緒にいるところを発見された夜の夢を見る。

第3話 ROOM

あらすじ 2022年1月26日放送
落ち込んでいたシャトーはシャワーを浴びるが、ソンに下着までクリーニングに出されてしまい、激怒する。帰る前に彼女はスパイダーウェブの伝言を伝える。ソンは5年前、ホウと名乗るスパイダーウェブと同じ組織で働いていて、ホウの方が長く働いているにもかかわらず、ソンが先に昇進することになり、ホウが激怒したことを覚えている。シャトーは、ユリペデスが彼女の不在に加え、彼女の車の破壊に動揺しているオフィスに戻ります。シャトーはその後、彼女の家でソンを見つける。彼はシャトーが両親と一緒に写っている写真に興味を持つ。シャトーはエウリペデスが自分のことを知っていることを明かすが、ソンは心配していない。もしシャトーと会社がソンに賞金をもらっていることが明らかになれば、彼らの評判は台無しになるので、彼を殺すかこっそり彼と仕事をするしかないのだ。シャトーは、なぜソンが自分の命を危険にさらすのかと戸惑うが、ソンは、一度もまともに拒絶しなかった自分がソンと付き合うことで同じことをしているのだと指摘する。シャトーの母から父の命日を知らせる電話があり、動揺したソンは帰ってしまう。

 

第4話 REAL FACE

あらすじ 2022年2月2日放送
シャトーは父の墓参りをする一方、母はシャトーの幼なじみの青年ブライアンに会い、彼に真実を伝えることにする。ソンは墓地の教会でシャトーと出会うが、シャトーは一緒に過ごすことを拒否する。3人の男が教会を襲撃したため、ソンは2人を殺害し、3人目を尋問したところ、標的が実はシャトーだったことを知る。シャトーは教会で行方不明になった修道女を探しに行くが、そこには彼女を人質にしたホウがいた。抵抗するもホウはシャトーを殴り倒し、意識を失う。息子はホウに電話をかけ、彼の望みを聞き出す。シャトーの母親は、シャトーがパスポートからソン・リャンハと確認された死体と一緒に発見されたとき、夫が警察官だったため、幼い頃に夫とシャトーを養子にしたことを明らかにする。シャトーは自分の姓はノーブルだと主張したが、シャトー・ノーブルという記録はどこにもなく、事件が迷宮入りするとシャトーは養子に出され、シャトー・ダンクワースとなった。ソンはホウに会い、打ち負かすが、シャトーをかくまっていた車が爆発してしまう。撃たれたにもかかわらず、侯はナイフを抜き、戦いを続けるよう主張する。

 

第5話 LIMIT

あらすじ 2022年2月9日放送
シャトーが爆発を免れたことが示される。ホウは、麻薬中毒だった自分をトライアドのメンバーであるスンウが引き取り、師匠となったこと、そしてソンがトライアド幹部暗殺の際にスンウを殺してしまったことを思い出す。侯は何とかソンを刺そうとするが、撃たれて死んでしまう。ソンはシャトーを取り戻し逃走するが、その傷で気を失ってしまう。別の無名の殺し屋はホウの敗北を上司に報告し、次に何をすべきかを問う。シャトーはユリペデスの秘書ジムの助けを借りて、ソンを路地裏の医者に診せるが、ジムもユリペデスに全てを報告するため、シャトーはソンにユリペデスが来る前にそっと姿を消すことを提案する。ソンは彼女を連れて責任のない生活をしようと提案するが、彼女は拒否したので、最初に彼女をからかった後、彼は去っていく。エウリペデスはシャトーを3週間謹慎させる。停職期間が終わると、ソンはシャトーに連絡を取り、旅に出ることを告げる。シャトーは死んだ男が生きていた頃の記憶がよみがえり始める。シャトー、ユリシーズ、ジムの3人は、ユリシーズの親族で世界の政治と金融に大きな影響力を持つVIPを警護するため、客船アルテミシア号に潜入する。ソンもまた、正体不明の暗殺者とともに船に乗り込む。

 

第6話 DARK DREAM

あらすじ 2022年2月16日放送
過去に無名の子供がある男に助けられ、その子にソン・リャンハと名付ける。シャトーとジムは、VIPがホークであることを知る。ホークは数十億ドル規模の企業を所有するエウリペデスの妻で、彼女の有力な家族を通じて政治的なコネクションを持っていたのだ。シャトーの前に現れたソンは、彼がホークを暗殺するために来たのではないかと疑う。しかし、ソンは肯定も否定もせず、シャトーに自分の姿が見える限り何もしないと挑発する。シャトーはユリペデスの同意を得て、航海中ソンと同室になり、ユリペデスとジムがカメラで監視することになる。ソンはシャトーがなかなか寝ないことに気づき、からかった後、ベッドに連れて行くが、彼女はすぐに寝てしまい、ソンを信じなければならないとソンを驚かせる。ソンはシャトーの服装が目立たないことを指摘し、彼女が明らかに不快そうにしているにもかかわらず、彼女のドレスを買いに連れて行く。ジムはホークの安全を確保するために増援を手配する。ユリペデスは、シャトーが元の姓がノーブルである可能性があること以外、過去のことをあまり覚えていないことを知り、プライベートでソンに会うように頼む。ジムの援軍、ホセとセドランが到着する。ソンはシャトーを避け、船の後方でエウリペデスに会うが、彼の失踪はシャトーを不安にさせる。エウリペデスは何者かによって喉を刺される。

 

第7話 BULLET

あらすじ 2022年2月23日放送
 

 

第8話

あらすじ 2022年3月2日放送予定
 

 

 

殺し愛のアニメの評判は?感想と見どころをレビュー

ジャン 総合評価 5

ころしあいは、女性向けアニメです。女性またはレディコミとも呼ばれ、特に大人の女性を対象とした漫画やアニメの層である。

では、これには問題があるのだろうか?答えは「ノー」である。
女性向けアニメは主に男性キャラクターが主人公ですが、良い男性キャラクターが嫌いな男性なんていませんよね(?)
私はなぜか男性キャラクター(性的なものではない)にしか憧れないので、この手のキャラクターがとても好きです。おそらく、より共感できるからでしょう。
もしかしたら最高かもしれない男性キャラクターはさておき、そろそろこのシリーズの他の特徴について語ろう。

ストーリーはこうで、少年(殺人犯)が自分を殺そうとした少女(賞金稼ぎだったと思う)を好きになるのだから、ソンリャンハ(少年)は常に少女に命を賭けていることになり、文字通りラブイズウォーになる。
また、珍しいフラッシュバックもあり、不明な点が多い彼の物語のある部分の背景が少し語られます。

アニメーションの見た目も良く、エンターテイメント性が高い。物語の中では冷静なタッチもあれば、殺人犯の話は決してきれいごとではないので、暗いタッチもある。
この作品には、リラックスするためのエッセンスがあり、何も気にせず章を見続けることができる。

まとめると(この悪い、整理の悪い、雑なレビューの後に)、「ころしあい」は、私の愛するソン・リャンハ(私は好きだが、性的には好きではない、繰り返す)の主な参加により、そのエピソード全てに注意を払うことになるアクションロマンス物語だ、ということである。
今のところ3章までしかないので、この小さな宝石に時間をかけても、彼女のシリーズの中で多くの歴史を獲得することになるであろう、この瞬間を与えることによって、あなたは多くを失うことはないと思う。
(もし、このシリーズがもっと好きになったら、とりあえず、この3つのエピソードのために、評点を7に上げるつもりです)。

 

ものしりさん 総合評価 4
暗殺者コンビのロマンスを描いたアニメのはずなのに、ロマンスも暗殺者コンビも出てきません。あるのは一人の殺し屋と、彼のせいでトラブルに巻き込まれる外国人女性。

シャトー・ダンクワースは賞金稼ぎのプロらしい。しかし、画面上ではそうではない。その代わり、無差別に襲ってくる殺し屋に何度も倒され、死体を片付けたり、彼のする騒動に付き合わされることになる。外見はツンデレだが、内面的な魅力に欠けるため、退屈で機能しないキャラクターになっている。

でも、もしかしたらあの適当な殺し屋が面白いキャラになるかもしれないだろ?えー。ソンリャンハは、目をつぶっていて、おっちょこちょいだけど、ちょっと目を開けると、大事なことやすごいことが起こるという、ステレオタイプなキャラクターなんです。どちらか一方だけで、その中間がないため、当たり障りのない退屈なキャラクターになっているのです。

まだ数エピソードしか経っていないので、ロマンス面について批判的になりすぎているのかもしれません。しかし、数話目にして、シャトーとリャンハの相性は全く悪い。二人の出会いは最悪で、かわいいものではありません。二人の間にパワーバランスがなさすぎて、二人の関係に説得力がないのです。しかし、リャンハの方がはるかに強く、速く、全体的に有能であるため、シャトーが自分の能力をはるかに超えた混乱に陥ったおっちょこちょいの外国人のように見えてしまうのだ。

アニメでは秘書にちゃんとした名前をつけているが、口がないのとロボットみたいなアクセントが気になる。

ロットフォックスさん 総合評価:2
もしあなたが漫画を愛しているならば、この映画化はスキップすることを完全にお勧めします。ただ、演出の質が悪いので。アクションシーンはほとんど省略されるか、2秒程度の短い映像になることが予想されます。それが良いところです。悪い点は、車の静止画をスクリーン上でスライドさせるような演出に気づいたときです。また、カーチェイスのシーンでは、1枚の画像にぼかし効果をかけて「スローモーション」を試み、それをゆっくりとパンする…1分間です。

これは決して原作に忠実なものではありません。

キャラクター的にも。女性向けネットワークテレビレベル。強い有能な男が女の人生に現れて、多かれ少なかれ物事をコントロールする。しかし、彼は暗殺者であり、どういうわけか彼女の人生に忍び込む方法として、彼女につきまとい、賞金稼ぎを妨害し始めることにした。二人の人生が相互に関連していることを強くほのめかす。彼は彼女をストーカーしているときにトラブルから彼女を救い、彼女は感情を持ち始める。

あなたは、これがどこに行くのか知っているし、あなたが期待したとおりの方向に行くことに失望することもないでしょう。

お下品なラブロマンスアクションが見たいなら。この作品では、イボイボで下手くそなアニメが見事に再現されている。

もしあなたが少しでも驚きたいのなら。他のものを試してみてください。

 

ヤンさん 総合評価 8
そこで、2人のヒットマンが私たちに暴力を振るうことにしたのです。というのは冗談で、そんなことはありません…今のところ。女性賞金稼ぎのシャトーと、なぜか賞金をかけられている男性ヒットマン、リャンハ・ソンの関係は、全体的に謎めいていて変ですが、それでも面白いです。賞金稼ぎと殺し屋がどのように協力して仕事をこなしていくのかに焦点を当てた物語だ。

ソン・リャンハは、邪魔なターゲットを殺すという彼の仕事において、女性がいかに珍しい存在であるかを指摘した。ほとんどが裏社会の人間なので、それが社会的にプラスになっているのかもしれません。その気さくな性格と殺し屋としての腕前から、賞金稼ぎや裏社会では危険な存在として有名だ。

話を戻すと、ソン・リャンハは裏社会の仕組みを熟知しており、危険を承知でこの仕事を引き受けたシャトーに、さらに興味を抱く。この機会を捉えて、彼は彼女と取引をすることにした。彼女のターゲットを見つけて袋叩きにする代わりに、彼女と親しくなり、ロマンチックな方法で彼女のことをもっと知ろうとするのだ。

つまり、基本的に『ラブ・オブ・キル』は、シリアスなコメディとミステリーの間に位置づけられる。焦点は、シャトーとリャン・ハソンの関係にある。賞金稼ぎと殺し屋。アニメでは、私たちが求めているような詳細は明かされませんが、でもね、これもミステリーの一部でしょう?リャンハ・ソンのシャトーへのアプローチはストレートだが、シャトーは彼の行動を黙認し、彼を困らせる。でも、二人のケミストリーはうまくかみ合わず、それが刺激的な物語を作り出している。これは主人公たちだけの話ではない。潜在的に他の人たちも重要です。賞金稼ぎや裏社会にロマンスがあるのが好きな人は、この作品に挑戦してみてはいかがでしょうか。

三石さん 総合評価 8
アニメ化のおかげで初めて知りました。私は熱心な少女漫画家であり、同じように少女漫画を見ている人なら、ぜひ一度読んでみてください。プロットはダークでミステリアス、珍しいものではありませんが、少女漫画にはあまりないものです。韓国人、日本人、イギリス人…と、登場人物の国籍がバラバラなのも新鮮です。ただ、映画化されると、あまりに多くのことが置き去りにされてしまうので、漫画の方が読みやすいとは思いますが、まだ読んでいないので、あくまでアニメの話です。
殺陣が多いけど、グラフィックはそれほどバイオレンスではないので、よほど繊細な人でない限り大丈夫だと思う。

絵がきれいです。このフラは見た目がヴァイオレット・エヴァーガーデンのヴァイオレットを彷彿とさせる。でも、犯罪者と刑事のコンビなので、ハッピーエンドは期待できません。でも、刑事と探偵のコンビだから、ハッピーエンドは期待できないし、二人が巻き込まれるシチュエーションがいつもストレスになる….あまり二人がくっつかないようにしてほしい..

上等兵が嫌いな人は、ちょっと典型的なコメディーリリーフの場面があるので、平坦に見えるかもしれない..あるいは飽きるかもしれない…個人的には全部気にならないので、冷静です..

そうそう、あとオペレッタやサントラも実はすごくいいんですよ!(笑)。今後、もっと少女アニメが増えるといいなぁ..

今のところ本当に楽しいので8点です。後で変更するかもしれませんが…(ここにある他の点数を見たので全部混ざってます)…なぜ8点?実はこういう雰囲気がとても好きで、こういうアニメはあまり見ないので、個人的に層が偏っているせいもあるかもしれませんが….
漫画はすごく興味があるのですが、アニメが終わるまで読まないので、筋の予備知識はないです..
少なくとも少女・女性ファンにはお勧めのアニメです 🙂

ふたじさん 総合評価 10
評価が悪いのは謎です。ソノビスケやヴァニタスのカルテのようなアニメが8以上の評価を得ているのに、このアニメは7というのが理解できない。

ストーリー 8 。

物語の舞台は現代、主人公は賞金稼ぎのシャトー・ダンクワース。ころしあいの世界ではマフィアが大きな影響力を持ち、彼らが危険と判断した人物に賞金をかけ、企業はその指名手配者を追うビジネスを行うという、一種のディストピア社会になっています。シャトーが勤める会社もその一つです。

ストーリーはとてもユニークで面白く、普通の異世界もの、毎シーズン見られるロマンスもの、とは一線を画しています。文豪ストレイドッグス」の世界観と「バカノ」のストーリーテリングの中間に位置する作品だと感じています。道理で面白いわけだ。

アート8 。

リアルな感じの美術でなかなか良い。顔の描き方にオリジナリティがあるのですが、それでも上手くて綺麗です。CGIや近道は一切なく、戦闘や追跡など、正確にアニメートする必要があるものはすべて正確にアニメートされています。このアニメの非常に良い点です。

サウンド 10 :

OPは、とても素晴らしいです。今シーズン最高のOPであることは間違いありません。EDも素晴らしい。OSTに関しては、FMAやH×H2011のような大きなフランチャイズでも違和感がないほど、このアニメは素晴らしい仕事をしている。最後に、声優陣も素晴らしいです。ここでは、シャトーとリャンハの2人のキャラクターに焦点を当てます。

どちらも手ごたえのある仕事をこなしています。ネタバレはしませんが、どちらも複雑なキャラクターなので、声優の仕事は明らかに難しくなっています。なぜなら、キャラクターが複雑な場合、実際にそのキャラクターを演じなければならないからです。ここまでくれば文句なし、10/10です。

キャラクター 10 :

キャラクターは本当によく書かれています。キャラクターがこれだけ充実しているのに、どうして8点以下なのか理解に苦しみます。

物語は、シャトーとリャンハの2人の主人公に焦点が当てられています。先ほども言ったように、2人のキャラクターは非常に複雑ですが、文章は本当によくできています。何もかもが急展開で、展開のテンポがすごくいい。

作者は、二人が恋愛にまつわるシチュエーションで行動するシーンや、口論や喧嘩をするシーンを使っていますが、それらのシーンは見せかけのような気がします。その “見せかけ “を感じさせてくれる。あの人たちはそういう仮面をかぶっているんだ、人前ではそういう風に振る舞っているんだ、仮面なんだ」ということを、作者は私たちに教えてくれているんです。このアニメは、社会、マフィア、ビジネスについて話しているのですから。だから、現実への冷徹な反撃があるんです。

でも、時々、シャトーやリャンハの本当の人格が登場する場面があり、その場面で本当の展開があるんです。そこで、作者はキャラクターを私たちに開放してくれているのです。だから、展開が安定していて、豊かなんです。

正直なところ、私は普段からキャラクターの成長には厳しいので、私にとってはそれが良い物語に最も大切なことだからです。そしてここでは、それは明らかに金である。

総合10点 。

それは宝石だ、キャップはない。あのアニメを8点以下に評価するのは本当に理解できない、不思議だ。

アニメには大きく分けて3つのタイプがあると感じています。
見るのが面倒で1話の間に何度も時間のカーソルを見てしまうもの
面白いから時間のカーソルを見てしまう、あと何分なのか知りたくなってしまうもの。

そして最後に、ころしあいのカテゴリは、没入感が高く、ころしあいの世界観がよくできていて、ストーリーもスムーズなので、夢中になりすぎてカーソルを見るのが面倒なものです。そして、1話が終わる頃には、カーソルを見るのも忘れてしまうほど、あっという間の1話です。

アリスさん 総合評価 8
このアニメを誤解している人が多いようなので、このレビューを書きました。

このアニメは恋愛アニメなのか?でも、これは漫画をアニメ化したもので、漫画でさえ恋愛の部分には到達していません。恋愛がゆっくりな漫画はたくさんあって、何章も経たないと二人は結ばれない。暁のヨナ」をご存知ですか?恋愛ものでありながら、陽菜がハクの気持ちにやっと気づいたときをご存知でしょうか。100章以上です。ニセコイを知っていますか?私はこの漫画の終盤まで、恋愛に大きな進展はなかったと記憶しています。女の子が男の子を追いかけるだけで、それをロマンスと呼べるのでしょうか?このアニメは男の子が女の子を追いかけるけど、それを恋愛とは呼ばないから。

これは毒男に恋する女の子の話ですか?そうでもないです、まだわかりません。この漫画は心理学的なもので、心理描写のある恋愛漫画では、通常どんなことが起こるのでしょうか?この漫画も将来的にはそうなるかもしれませんが、このアニメは決して二人の関係を普通の恋愛のように見せようとはしていない、ということは確かです。もし、二人の「相性」を良い恋愛だと思う人がいても、それはアニメのせいではなく、人それぞれの考え方によると思います。作者のせいにはしないでください。このアニメは、リャンハが危険人物であることを認めている。もし、主人公の男性が悪い人であることが嫌なら、心理的な恋愛が嫌なら、このアニメを見ない方がいいですが、それはあなたの好みなので、あなたの好みでないからといって、このアニメが悪い話であるかのように変なコメントを残さないでください。

キャラクターについて。
一部の人は、彼らの相性が悪いと言っています。まあ、確かに二人の相性は尋常ではありません。また、この作品はサイコロジカル・ロマンスであり、通常、二人の相性は普通ではありません。例えば、こんな感じ。例えば、AがBを操ってAを好きにさせ、最終的にBはAに執着し、BはAに恋していると思う。しかし、それは心理学的な恋愛というものです。彼らの恋愛は、その人の性格、環境、価値観、状況、その他もろもろに左右されるため、通常ではありえないものです。彼らはよりユニークでより人間的であるため、私はあなたを愛し、あなたは私を愛するというような単純なものではありません。

この物語の好きなところは、キャラクターが本当にミステリアスで、でもそこに惹かれるところです。そして、その謎が解き明かされたとき、すべてが納得できるのです。(マンガを読んでいるからわかるんです)。二人の関係もうまく表現できない(心理マンガを読むとよくあることなんだけど、だいたいがユニークすぎるから)。でも、その変わった関係性が、二人を面白くしているのだと思います。

ストーリー
ストーリーは、キャラクターの背景と彼らを取り巻く出来事に焦点を当て、アクションも少し入れる(少年漫画のように女性向けアクション漫画でアクションが多いのは珍しいです)。

なぜかわからないけど、ここの人たちは女性向けアニメに極端に悪い点数をつける傾向があるみたい。中には良い点数のアニメもありますが、それは稀です。極端と言ったのは、少年アニメでもストーリーに問題があるものや、よくあるアニメでも点数が高いものはたくさんあるからです。

はちま2424さん 総合評価 6
ストーリー良し、美術良し、サウンド良し、キャラクター良し、楽しさ良し、です。
でも、その「いい」が、続けるには足りなかった。

しかし、その「良い」が、「続ける」ほどでもない。友人たちは、5話か6話あたりから面白くなると言っていたが、その回を待たされると、見る価値がない。

キャラクター。
そして、個人的に残念だったのは、主人公が私のタイプではなかったことです。非常に男らしく、しかし非常に恐ろしく、自信過剰で、トッププロの暗殺者であるソン・リャンハです。 彼はいつも笑顔で、それは誰かを殺すつもりなのか、それとも「私には暗い過去があるから、何も気にしない」という雰囲気を醸し出す冴えないヒロイン、シャトーを魅了しているのか、どちらかです。このアニメのすべての部分がノワール調を模倣しようとしたが、少なくとも私にはそれがうまくいかなかった。まるで作者が、ノワールというジャンルは登場人物がとても悲しい顔をしていて失礼か、ひねくれた悪役のように極端に対照的ないい人になるものだと思っているようだ。

ストーリー。
ストーリー: ストーリーはまだ展開が早すぎて、私が判断するのはまだ早いかもしれません。登場人物が紹介された瞬間に、二人が暗い過去を持っていることがわかり、おそらく番組の中盤で明らかになると思いますが、私には退屈すぎて続きませんでした。 でも、このアニメは見るべきものがないときに見るべきアニメだとはっきりわかったので、これを読んでいる人に言いたいです。

サウンドとアート。
サウンドや音楽については、いつも通り特に語ることはありません。
でも、デザインはちょっと違う気がする。

全体的に。

このレビューは、低評価にもかかわらず、多くの人がこの番組を気に入っているので、反感を買うかもしれません。6/10

ミハイルさん 総合評価 8
アニメに対する感想です。警告 このレビューは、いくつかのネタバレを含む可能性があります。

ストーリー

ストーリーはよくわからないもので、この手のフィクションとは異なるマフィア/ギャングや賞金稼ぎ(暗殺者)など、他の多くのシリーズと同じような設定になっています。単純な話である。男性リーダーのリャンハは、女性リーダーのシャトーにとって、ある種の敵としてスタートするわけです。にもかかわらず、二人は密かに行動を共にするようになる。二人の関係は発展し、より強い味方になる。恋愛がメインではないものの、いい感じの場面も多いのですが、「ラブラブ」ではなく、リャンハがかわいくて、シャトーが「、、」みたいな感じです。| また、アクションや血しぶき、そして謎解きもあります。もちろん、登場人物のバックグラウンドストーリーも後から明かされます。これらの章が、私の中では最大の章でした。興味深いものです。そして、アクションと血があるにもかかわらず、『ころしあい』はコメディーのような瞬間も提供してくれる。ただ、シャトーが頻繁に救助を必要とするのは、少し気になりますね。しかし、彼女にはかっこいい瞬間が訪れるのです。

キャラクター

この種のアニメでは数少ない、泣きのMCがいない、最初のステップでアクションがあるアニメで、悲壮感ではなくアクションが好きな人には非常に良い、魅力的な作品だと思います。第1話から、ソン、リャンハは引用すれば “いい人 “だが、面白い人だということが分かった。彼とダンクワース、シャトーと一緒に楽しい冒険ができることを期待しています。多かれ少なかれ物事をコントロールしている女性の人生に現れる、強く成長した男。彼が暗殺者であることを除いては、なぜか彼女を追いかけ、彼女の人生に忍び込む方法として賞金稼ぎを妨害することにする。この暗示は、彼らの人生が相互に関連しているため、難しいです。そして、彼以外の誰も、彼女を尾行することでトラブルから救い、彼女は彼に思いを寄せるようになる。正直なところ、私は普段からキャラクターの育成に厳しいんだ。私にとっては、それが良い物語に最も必要なことだから。そして、この作品は、それがうまくいっていて、とても気に入っています。

アニメーション

アニメーションは素晴らしく、見ごたえがあり、評価できます。他のアニメでは、他の脇役にはあまり焦点が当たらず、いわば重要なキャラクターだけに焦点が当たるので、キャラクターの輪郭や色彩をうまく表現している。これは僕からすると嬉しいことで、腑に落ちます。ただ、グラフィックやキャラクターに小さな欠点があるのも事実です。ジムさんはあまり口が利かないので、それが嫌で、そう思っています。

結論から言うと、この手のアクション、血みどろ、ミステリーが好きな全ての人にお勧めします。機会があればアニメ漫画も読んでみてください。同じくらい良い子だから。

ブッシュさん 総合評価:2
-ネタバレ注意
賞金稼ぎと暗殺者のロマンスという割には、意味不明な雑談ばかりで、何もない。ロマンスのタグは外した方がいい。このような型は正しく実行されれば素晴らしいのだが、「Love Of Kill」はゴミ箱の火だるまだ。
このアニメはあらゆる面で欠けている。
短いレビューです。
ストーリー – 1
美術 – 3
サウンド – 2
キャラクター – 1
楽しさ – 2
全体 – 2

ストーリー – 1
ストーリーは単調で、ほとんど語るべきことはない。

アニメ-2
3話のカーチェイスは神がかり的な酷さでした。気を使っていないのか、予算がないのか、せめて不自然さを感じさせないようなアニメーションを考えてほしい。
第5話ですが。リャンハとホウの間の盛り上がりが反感を買った。このような試練の後、もっと面白いことをするのかと思いきや、そうでもなく、さっさと終わらせてしまいました。

登場人物-1
多くの著名人を殺害した悪名高き暗殺者、リャンハ。仕事はできるが、シャトーの周りでは非常に不気味で落ち着かない。ストーカーと呼んでも差し支えないほど、予告なしにどこにでも現れ、彼女が手を引くように言っても聞く耳を持たない。

シャトー…職業は賞金稼ぎで、リャンハに絡んでいる。彼女についてあまり知らないが、彼女の過去についてのフラッシュバックでいくつかのことをほのめかしている。

ジム – この男には口がないんだ、まるでcmonだ。

楽しさ – 2
何一つ面白いことが起こらず、リャンハはシャトーと仲良しこよしで、回を重ねるごとにだんだん悪くなっていった。登場人物はみな一般的で淡々としていて、見るに値するような面白いことは何も起きない。

正直なところ、このゴミ箱のような作品について言いたいことはそれだけだ。
そして、そう、これは中途半端なレビューである。