怪人開発部の黒井津さんのアニメ動画を全話無料フル視聴する方法!見逃し配信サービスまとめ

引用元:U-NEXT

\怪人開発部の黒井津さんを無料視聴するならココ!/

配信サービス 配信状況 無料期間とポイント 月額料金
danimedアニメストア
見放題
地上波同時・単独最速配信
31日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
440円

※月額料金は全て税込。2022年2月時点。

 

放送 2022年1月8日~
地上波ch テレビ朝日系列 など
放送日 毎週土曜日26時00分~
話数 放送中
制作会社 Quad
監督 斎藤久
登場人物:声優 黒井津燈香:前田佳織里/ウルフ・ベート:天野聡美/佐田巻博士:梅原裕一郎/メギストス:稲田徹/アカシック:M・A・O/佐田巻 健司(剣神ブレイダー):寺島拓篤
主題歌 オープニングテーマop「Special Force」AXXX1S(アクシス)

エンディングテーマed「曖昧あいでんてぃてぃ」メイビーME(応援ver.)

公式サイト 「怪人開発部の黒井津さん」|アニメ公式サイト
シリーズ/関連作品 原作漫画:水崎弘明 COMIC メテオ(フレックスコミックス)

怪人開発部の黒井津さんのあらすじ

日本各地には、世界征服を企む悪の秘密組織と、それに立ち向かうスーパーヒーローが存在する。そのひとつ、アガスティアは、東京のどこかに本社を置くフロント企業の地下にある基地で活動している。アガスティアの世界征服の試みは、しばしば超人神剣士ブレイダーによって阻まれる。この物語は、アガスティアの怪獣開発部の助手であり、ブレイダーを倒すのに十分な強力な怪獣を作る責任を負っている黒逸嬢に焦点を当てたものである。しかし、この組織は大企業と同じように運営されており、黒逸と彼女の部署は、他の部署との資源や資金の奪い合い、役員会へのコスト正当化の提案、リーダーの気まぐれによる土壇場の設計変更などを余儀なくされる。

 

TVアニメ[怪人開発部の黒井津さん]PV

 

怪人開発部の黒井津さんの動画を無料視聴できる配信サイト比較一覧

\怪人開発部の黒井津さんを配信中のおすすめサービス!/

配信サービス 配信状況 無料期間とポイント 月額料金
danimedアニメストア
見放題
最速配信
31日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
440円
unextU-NEXT 見放題
31日間無料
600ポイント今すぐ視聴
2,189円
fodFODプレミアム 見放題
14日間無料
900ポイント今すぐ視聴
976円
abemaABEMA
 見放題
14日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
960円
huluHulu
 見放題
14日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
1,026円
dtvdTV

見放題

31日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
550円
primevideoAmazonプライムビデオ
 見放題
30日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
500円
telasaTELASA
 見放題
15日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
618円
netflixNetflix 未配信
無料期間なし
ポイントなし未配信
990円
paraviParavi

未配信

14日間無料
ポイントなし未配信
1,017円
musicjpmusic.jp

未配信

30日間無料
1,600ポイント未配信
1,958円
crankinクランクイン!ビデオ

未配信

無料期間なし
3000ポイント未配信
990円
tsutayaTSUTAYA DISCAS

未配信

30日間無料
ポイントなし未配信
2,052円

※月額料金は全て税込。また付与されるポイントは無料期間中のものになります。

 

dアニメストアお試し期間を利用すれば[怪人開発部の黒井津さん]の動画を全話無料視聴できます。

怪人開発部の黒井津さんのアニメもですがdアニメストアは先行配信が多く、おすすめの配信サービスです。

dアニメストアの特長一覧表
dアニメストアの特長一覧表

danime 月額料金:440円(無料期間終了後に課金開始)
無料期間:31日間
解約料金:0円
アニメ専門の動画配信サービス
アニメ作品数:約4,200作品以上
【dアニメストアの5つの特⻑】

    • アニメに特化したの動画配信サービスで、アニメの見放題数は業界1位
    • 月額料金が安い!
    • ダウンロードして場所を問わずアニメが楽しめる!
    • アニソンライブの配信も多い
    • 新作アニメの独占先行配信も多い!

 

怪人開発部の黒井津さんのアニメ動画をYouTubeなどの動画共有サイトで視聴する方法は?

YouTubeなどを含む海外の動画共有サイトでは非公式にアニメの怪人開発部の黒井津さんが配信されていて無料で視聴できる動画もありますが、画質が悪かったり、余計な広告が出てくる場合もあります。

注意:海外の動画共有サイトからアニメをダウンロードしたり視聴する方法は違法で危険!

海外の動画共有サイトを利用してアニメを視聴する方法はウィルスに感染するなどのリスクは当然つきまといます。

さらに2020年から法律が厳しくなったので海外の動画共有サイトを利用してアニメを視聴していると違法になり処罰される可能性が高くなります。

なので動画配信サービスの無料のお試し期間やポイントを利用して安全に安心して、全話無料でフル視聴しましょう!

怪人開発部の黒井津さんはdアニメストアであれば通常、月額440円ですが登録して最初の1ヶ月は完全無料で全話フル視聴ができるのでおすすめです!

 

\登録はこちらから!/

dアニメストアで「怪人開発部の黒井津さん」の動画を無料視聴する

怪人開発部の黒井津さんの登場人物の紹介

黒井津燈香:前田佳織里/ウルフ・ベート:黒井津燈香:前田佳織里/ウ天野聡美/佐田巻博士:梅原裕一郎/メギストス:稲田徹/アカシック:M・A・O/佐田巻 健司(剣神ブレイダー):寺島拓篤

黒井津燈香
声優 :前田佳織里

悪の秘密結社アガスティアの怪獣開発部の助手。アガスティアの敵と戦うために怪獣を作ろうとするが、上司のとんでもない要求と、時に矛盾した要求のバランスを取ることを余儀なくされている。

ウルフ・ベート

声優: 天野聡美

アガスティアの最新モンスターの一人で、アカシックがベテに「もっとかわいく」と要求したため、完成前に突然狼男に変身してしまった狼少女。ブレイダーとの初陣を乗り切ったベテは、もう一人の助手としてモンスター開発部に異動となった。

佐田巻博士
声優 :梅原裕一郎

黒逸の上司で、普段はハイテクなバイザーを目深に被っている知的な教授。しかし、のんびりとした性格のため、仕事に支障をきたすことも多く、黒逸に問題の解決を迫っている。後にハジメがケンジの兄であることが判明するが、二人とも相手の秘密は知らない。

メギストス
声優:稲田徹

アガスティアの参謀で、威圧的な外見とは裏腹に実利的な性格の持ち主。アガスティアを円滑に運営するために残業をすることも多く、必要であればアカシックに逆らうことも辞さない。

アカシック
声優 :M・A・O

アガスティアのリーダー。小柄で気まぐれな性格だが、密かに絶大な力を発揮する少女。

佐田巻 健司(剣神ブレイダー)
声優 :寺島拓篤

22歳のコンビニ店員で、実はアガスティアが戦う超人神剣士ブレーダーである。店によく出入りしている黒津に好意を寄せているが、彼女の本業は知らない。後にドクター貞巻の弟であることが判明するが、兄妹ともに相手の秘密には気づいていない。

 

怪人開発部の黒井津さんのエピソード別あらすじ

第1話 世界征服を企てる悪の秘密結社で、人々を恐怖に陥れる怪人が生まれ出るその時、彼女は密かに涙した

あらすじ 2022年1月8日放送
悪の秘密結社アガスティアの参謀長メギストスは、同団体の競争相手がいかにスーパーヒーローに苦戦しているかを説明する。怪獣開発部は、ネッシーのようなマスコット服を着て、剣を持った老人のような新怪獣を考え出す。黒津は、土壇場でアイデアを出し合った挙句、未完成の案をアガスティアの役員会に提出させた上司の定巻博士に腹を立てている。アカシックが気に入った怪獣でも、メギストスはすぐにその案を却下してしまう。黒津はネッシーの着ぐるみを着て戦うことになる。その後、ケンジの店でテイクアウトした黒逸と定巻は、ウルフベテの仕上げをしていた。ウルフベテは、体が完成するまでの間、バーチャル環境で訓練を受けていた凶暴な狼男である。その日、ウルフベテはアカシックの「かわいいモンスターが欲しい」という要望で、自分の体がオオカミの女の子になっていることに気づくが、心はオオカミ男のままで、性同一性障害であることがわかる。その夜、ウルフベテはケンジの正体である超人神剣士ブレーダーを襲い、期待通りの狼男の体を手に入れるために大きな報酬を得ようとするが、ケンジの女性経験のなさとウルフベテの裸にされた恥ずかしさから、二人の戦いは引き分けに終わる。

 

第2話 闇の湯壺で貪り合う悪鬼の叫びを耳に眠る、伝説の名を持つ地獄の使徒は、恐怖を携えてこの地に目覚める

あらすじ 2022年1月15日放送
定巻が食中毒で倒れたため、黒逸は定巻の代わりに、同じような悪の組織がスーパーヒーローとどのように戦っているかを観察するために九州への出張を余儀なくされる。出張中、黒逸はメギストスに密着し、会社の仕事とアガスティアの関連会社が開発した数々の製品のテスト、そして休息を同時にこなすメギストスの頭脳に感嘆の声を上げる。夜も黒逸にホテルの部屋を提供し、近くのホステルで泊まり込みで仕事をするという気遣いもある。アガスティア本社に戻ったベテは、モンスター開発部の新アシスタントとして正式に配属されるが、与えられた狼少女のようなキュートなボディがまだ気に入らない様子。サダマキは、開発部の最新モンスター「キャノンサンダーバード」を発表する。キャノンサンダーバードは、レールガンと雷撃の能力を持つ大型メカのような鳥型モンスターだ。しかし、機械部品が多いため、アガスティア内の他部署との連携や、リーダーのアカシックの気まぐれを余儀なくされる。その結果、委員会で設計されたキャノンサンダーバードは、バイザーとヘッドバンドを装着しただけの、しゃべる大型鳥類として発売されるに至った。ブレイダーは、なぜアガスティアがこの怪物を大量の武器を搭載した巨大メカにしなかったのか不思議に思っていた。

第3話 幾度もの死を繰り返す蘇りし魔物が、その枷を断つべく抗う、運命に縛られた魂に魅入られるその時

あらすじ 2022年1月29日放送
最新の怪獣ヒドラをブレーダーにあっさり倒され、苦戦する黒逸。しかし、予算と時間の関係で、ヒドラの頭は1つしかなく、毒もない。その日の夜、ケンジはブレイダーとアルバイトの両立が可能かどうか悩む。黒逸はすぐに怪獣に2つの頭を持たせるが、結果は同じだった。ケンジのレストランに出くわした黒逸は、偶然にもケンジにブレーダーになった理由を思い起こさせる。次週、彼女はヒドラを再設計し、4つの余分な頭を持つようにする。その後、キャノン・サンダーバードは就職の面接に失敗し、実存的な危機を迎える。アガスティア系列のリーフランド遊園地で働いていた彼は、魔法少女のペアに襲われたヒドラを助けるためにやって来る。銃と雷の力で魔法少女たちを追い返す。翌日、ヒドラはキャノンに手作りのお弁当を持たせてお礼をする。

 

第4話 人々を惑わす業に溺れた、幻想の宴に酔い痴れる鬼は、乙女の涙と怒りによって自らの魂を砕く

あらすじ 2022年2月5日放送
ブレイダーは磁力を持つ怪物を、剣を捨ててただ殴るだけで倒した。翌日、アガスティアの幹部、イモータル・カムラが怪獣開発部を訪れ、監査すると脅す。黒逸がカミュラに万能細胞を貸してほしいと頼むと、カミュラはあっさりと開発部を撃退し、去っていった。その夜、黒逸は次の怪獣のアイデアを得るためにアイドルのライブに参加し、同じライブに参加していたカミュラに遭遇する。カミュラは密かにファンであることを告白し、黒津は彼女を慰めようとするが、隙あらばグッズを買いあさる。翌日、黒津はカミュラのハンカチを使った万能細胞の一部を持ち帰り、部署に戻る。その後、黒逸はベテとアカシックを連れてリーフランドに行き、遊園地を視察するが、アカシックとベテは遊ぶことしか考えておらず、黒逸は遊園地で働くモンスターをチェックするのであった。ウルフ・ベテはライバル組織の怪獣、ホワイト・アリゲーターと喧嘩をしてしまう。アカシックはその怪獣を破壊してしまい、怪獣開発課は怪獣の再生産を試みるが、ライバル団体に見つかり、アガスティアに報復されてしまう。

 

第5話 深淵に住まいし魔物との契約は、その身の破滅を対価とするも、一抹の笑みによって救われる、ソロモン王の指輪が如く

あらすじ 2022年2月12日放送
モンスター開発部は、その書類に文字通りのお墨付きをもらうために、それぞれ秘密の隠れ家を持つ様々なアガスティア幹部を求めて、遠くまで旅をすることを余儀なくされる。数日間の努力の末、なんとか無事にすべてのハンコを集めることができたが、総務部からはハンコのうち2つが不適格であり、再提出しなければならないと告げられる。その後、アカシックにホワイトアリゲーターの怪獣を破壊されたため、敵対組織ブラックローレのホーン博士と彼女の怪獣エルバッキーがアガスティアの怪獣開発部を訪問し、自分たちの言い分を聞いてもらう。エルバッキーはウルフベテに惹かれていることに気づく。黒逸は、定巻の高校時代の同級生が報恩であることを知る。話し合いの中で、黒逸はアガスティアとは違い、社員に無給の残業を強い、有給休暇も与えない「ブラック企業」であることを偶然にも暴露してしまう。

 

第6話 見えざる力に虐げられた純朴な魂は、たぎる怒りと焦がれる想いによって結実し、悪しき魔物となり顕現する

あらすじ 2022年2月19日放送
バレンタインデーが各企業にもたらす金と名声の話を聞いた黒逸は、その収益性の高さからアガスティアの役員にチョコレートモンスターを売り込む。メギストスもアカシックも、そのアイデアを承認する。その後、アカシックはモンスター開発部を訪れ、黒逸とウルフベテに、モンスターを作りながらチョコレートの作り方を指導する。そして、チョコレートをモチーフにしたモンスター “メルティ “を完成させる。しかし、チョコレートを買った業者から金属片が埋め込まれていたことが発覚する。メギストスはメルティをブレーダーに渡すことを拒否する。汚染されたチョコレートで作られたモンスターを持つことは、アガスティアの評判を落とすことになるからだ。メルティの残骸を食べるなという警告とともに、自分たちが作ったチョコレートを詰めたバスケットをブレイダーに渡すだけだった。後に賢治はその贈り物に大喜びする。一方、ホエンは黒衣の地位を守るため、アガスティアの狼ベテとヒドラに対して心理攻撃を行う最新のモンスターとの親善試合を手配することにした。しかし、ブラック・ローレの両モンスターの攻撃は、相手の個性に反して裏目に出てしまう。本部に戻ったブルヘッドは、レッドマント将軍に恐怖の攻撃を仕掛け、彼はすぐにブラック・ローレを辞職することになる。

 

第7話 甘き抱擁に香る甘美な毒に迷い、神の化身と共に罪の味に酔う、魔物の宴に捧げられた情念の行方

あらすじ 2022年2月26日放送
モンスター開発部の面々は、仕事終わりに飲み会に出かけ、さらに黒逸が罪悪感から誘ったカミュラも参加。黒逸と定巻は仕事の話に終始し、他の面々は酔っ払って様々な反応を見せる。翌日、狼ベテは二日酔いで黒逸のベッドで目を覚ます。翌日、ウルフベテは二日酔いで黒井戸のベッドで目を覚まし、黒井戸が持っていた服をウルフに着せる。ウルフベテはその服装と、自分を “妹 “として見ている黒逸に苛立つ。その後、二人は近くの屋上庭園で昼食をとり、黒逸はいつかアガスティアの幹部になる野望をウルフベテに語る。昼食後、ウルフベテは暴漢に襲われるが、その前に黒逸が自ら暴漢を倒し、ある会社の幹部を相手に格闘術を身につけたと説明する。そして、ウルフベテのことを「妹」ではなく「娘」として見ていると言い、ウルフベテをいろいろと怒らせる。

 

第8話 亡者の巣くう根城に住む悪しき魔物たちは、その邪悪さ故に同志を恐れ、互いに敵のまた敵とまみえる

あらすじ 2022年3月5日放送
メギストスがアガスティア戦闘員募集を開催。優斗と怜央は、スポンサーの幹部の命令で、魔法少女の姿でイベントに潜入する。面接での礼央の受け答えのうまさにビビる優斗だったが、メギストスは未成年である二人の採用を拒否し、二人が潜入者としてここにいることをずっと知っていたことを明らかにする。魔法少女はその後メギストスを攻撃するが、彼は消える前に彼らの攻撃をかわすために彼の氷の力を使用しています。悠斗と怜央が去ると、メギストスは彼の募集ドライブを再開します。別の場所では、黒一と狼ベテはBladerに彼らの最新のモンスター、バンダースナッチを、解き放ちます。バンダースナッチは、その最初の形態が敗北した後、巨大な狼のようなモンスターに変身します。ブレイダーの攻撃をかわし、もう少しで倒せるというところで、ブレイダーが突如、青いスーツに鋭い剣を持った第二形態で登場する。ブレイダーが新たな姿を見せるとは思っていなかった黒逸は取り乱すが、そこにメギストスが現れ、気分を盛り上げてくれる。定巻は、ブレイダーが将来的に巨大ロボットを召喚できるようになるかもしれない、という最悪のシナリオを口にする。ウルフベテはそれに対抗する巨大怪獣の開発に期待を寄せるが、黒逸はそのコストがまさに天文学的な数字になると明言する。その後、賢治はスーツの中から聞こえてくるブレイダーの第二形態について考えていると、弟の貞巻博士が帰ってくる。

 

第9話

あらすじ 2022年3月12日放送
モンスター開発部は、ブレーダーを水中に引きずり込むことができるモンスターのブレストを行っている。それを聞いていたアカシックは、それを口実に海へ向かう。カミュラは渋るアラクネを引きずり出し、水中でモンスターの能力を試すことにする。ウルフベテとキャノンは、キャノンの電子機器が突然ショートしたときに、水の中で、熱い戦いに入る。その時、キャノンの電子機器が突然ショートしてしまう。他のメンバーは彼を岸まで運ぼうとするが、アカシックがその巨大な力を使って海を二つに割り、キャノンに乾いた道を戻させる。翌日、メギストスは自分とアガスティアに注目を集めすぎたアカシックを叱りつける。その後、黒逸は仕事で成功した一日をリラックスするために、近くのパブに向かうことを決定した。中に席を取った後、黒一は、常連客のほとんどとさえ店主が古いsupervillainsとスーパーヒーローは、彼らの栄光の日々を泣いていることを発見します。

 

 

第10話 魂を誘惑する魔性の者が、自らの存在に感い迷い溺れる時、混沌をもたらしたその存在の概念こそが悪魔と呼ばれる

あらすじ 2022年3月19日放送予定
 

 

 

怪人開発部の黒井津さんのアニメの評判は?感想と見どころをレビュー

ランドルフさん 総合評価 9

私の「ギルティプレジャー」リストに入るアニメがまた一つ増えました。
特撮にインスパイアされたストーリー?
悪役の視点 ?
主人公が性転換?
これは私の夢のような話です。
また、このアニメはファンサービスが満載ですが、「女性」キャラがかわいいので、「女性」絡みのファンサービスは見ていて飽きないです。このアニメで、性別をメインにしたアニメはすでに2つありますが、このアニメはストーリーが新鮮で、特撮と怪人をメインにしたアニメはあまりないので、まだ持ちこたえることができると思います。
音楽は、オープニングが好きで、2000年代の仮面ライダーシリーズのような雰囲気があり、特撮のテーマを考えるとかなり良いし、何度聴いても飽きないだろう。
また、アニメーションの方も、今シーズンのアニメーションの中では最高品質とは言えませんが、私にとってはすでに平均より少し上のレベルです。
そして、次は私のお気に入りの部分、キャラクターについてです。
デザインから性格まで、みんな大好きです。
メギストスのデザインはとてもかっこいい。普通、怪人のボスは000のユミーズ、仮面ライダーXのスターフィッシュヒットラー(実在する)、ジーオーのアナザーライダーなど、恐ろしくて醜い感じがするが、メギストスはとてもかっこいいし、むしろ怪人のボスより仮面ライダーみたいで、悪役なのに、マンガの救済キャラクターであることがよく分かる。
黒逸とハジメ教授はマッドサイエンティストのような悪役のはずですが、私たちのMCは不器用で面白いキャラクターで、これはコメディアニメなのでそうであるべきです。
そしてウルフですが、まず最初に言いたいのは、「彼女」はとても可愛いということです。「彼女」の声、「彼女」の行動、「彼女」の見た目は、「彼女」が男性であることを忘れさせてくれるほど可愛らしい。

全体的に、今シーズンの隠れた名作の一つで、私と同じように特撮やコメディに興味がある人にお勧めします。ストーリーもかなりオリジナルで、どこか新鮮ですし、その不条理さは間違いなくあなたの注意を引くでしょう(オープニングでチキンカイジンがリボルバーを使っていますが、それはどれほど不条理か)ので、一度試してみてください。

まさとさん 総合評価 9

この番組は、私が今シーズン見た中で最も愛すべき、そして面白いコメディーの一つです。このアニメを見ると、このアニメにどれだけの魂が込められているのか、その情熱が伝わってきますし、今のところ出来はかなり良いです。このアニメはパワーレンジャーのような番組に敬意を表したコメディですが、モンスターを作っている人々に焦点をあてています。この番組では、これまでのところ、すべてのキャラクターに輝くチャンスが与えられています。この番組には決まったストーリーや全体的なプロットはありませんが、それでも今シーズンの番組の中で最も面白い番組の1つです。

チャブリ5000さん 総合評価 8

このアニメは超特定層に向けたアニメです。スーパー戦隊、パワーレンジャー、セーラームーン、仮面ライダーなどの番組が好きなプログラマーやソフトウェア開発者。

このアニメは、スーパー戦隊のパロディであり、悪役、特に怪獣の開発グループのキャラクターの視点を示している。このアニメでは、ヒーローを倒すような強力な怪獣を作るために、予算、時間、事務処理、退屈な会議など、企業で働く上での制約を受けながら、彼らが奮闘する姿が描かれている。
同時に、主人公は、ヒーローとしての仕事と、お金の仕事のために奮闘するパートタイマーとしての姿も描かれています。
この2人のキャラクターは、秘密の正体で出会い、敵とは知らずにお互いに助言を与え合うことになるのです。
また、ヒーローを倒せなかった数人のモンスターが、人間ではなくモンスターであるという制約の中でどのように生きていこうとしているのかも描かれています。

プログラマーの私にとっては、とても面白く、身近に感じられるアニメですが、このような仕事を経験したことがなく、このような番組を見たことがなければ、多くのジョークは心に響かないでしょう。
作画やサウンドは特に問題なく、ジョークで勝負している。

レディファーストさん 総合評価 8

大前提として、主人公の黒逸さんは超悪党組織の怪獣開発チームに所属する一般社員です。明らかにパワーレンジャーやウルトラマンなどの戦隊モノのパロディです。私はその手の番組はあまり見たことがないのですが、アメリカのポップカルチャーにさえも十分に浸透しており、アメリカのスーパーヒーローと十分に類似しているので、どうせならということで、このような作品にしました。少なくとも私はそうです。予想外だったのは、この作品がオフィスワークと製品開発のパロディでもあるということです。一番面白いのは、超悪役の組織であるにもかかわらず、実に健全な職場文化を持っていることです。黒津は本当に自分の仕事を信じているんです。私もそんないい会社で働けたらと思いますね。

とにかく、大前提が面白いと思えれば、ユーモアは伝わるはずです。ユーモアは主観的なものですし、その上、題材がちょっとニッチなので、視聴率が低いのは当然です。

デメリットは、1.2.LGBTに敏感な人、特にトランスジェンダーに敏感な人が不快に思うかもしれない内容があること。3. 3.一般的なノンケ男性向けのファンサービスがあり、避けたい人もいるかもしれない。

かおりさん 総合評価 6

このアニメは特別なものではありません。誰かがこのような設定のアニメを作るでしょう。そう、悲しいかな、このアニメの作者かプロデューサーか誰かが、トランスジェンダーをバカにしてもいいと決めたから、私はこのアニメを楽しめないのだ。第2話のウルフくんから始まり、その後の各話(5話まで見てやめました)でも、誰かがウルフくんをバカにしたり、女性の発音で軽蔑したり、セクハラや日本の敬語の誤用が少なくとも1回はありました。この点については、吹き替え版では改善されるかもしれませんが(2話では疑問)、どうでしょう。トランスジェンダーを登場させるのであれば、その人にふさわしい敬意を表する必要があります。LGB+のコミュニティにも同じことを言いますが、特にTのコミュニティは他のどのグループよりも危険にさらされているのです!

今言ったように、このアニメは特別なものではありませんが、だからといって魅力がないわけではありません(上記のことを考えると、その魅力を好きになるのはちょっと難しいですが)。ウルフ君への虐待を除けば、このアニメはよくて、戦隊やパワーレンジャーを倒すためにモンスターが作られる過程をカバーしているのがクールです。スケジュール、納期、妥協、低予算、働く上司など、現実世界のものを取り入れています。キャラクターは、ウルフくんをバカにしている例を除けば、実はまあまあ良い。正直なところ、ネタバレなしでこのアニメについて言うことはもう何もありません(私が見ることができたとしても、たくさんあるわけではありませんが)、そして、狼くんをネタバレとは思いません。とにかく、もしトランスジェンダーの人が不当な扱いを受けていなければ、このアニメの評価は7.0になり、落とされることはなかったでしょう。しかし、そうではなく、各話でこのようなことが起こると、私は(あなたも)見過ごして、過去に進むことはできません。本当に残念です。だから、このアニメの評価は6.0です。ウルフくんがこれ以上虐げられるなら、このアニメはもっと低く評価されて然るべきです。

グレイさん 総合評価 5

仮面ライダーや戦隊もののシリーズやテロップをバカにすることに重点を置いた、徹底した平均的な低予算アニメである。

細かく言えば
ストーリー 5/10.
キャラクターはステレオタイプで、ひどいというほどでもなく、笑いを誘うこともあるが、全体的には驚くほど面白いわけでもなく、イベントもない。第4話までは、いい場面もありましたが、大抵は、「スロージョーク」のような、不条理な状況を無理やり作って、それを面白くするために時間をかけすぎているようなものです。他にどう説明したらいいのかわからない。

アート:4/10。
キャラクターと背景のディテールが低い。多くの場合、背景は平坦か欠落しています。女性キャラの個性的なデザインはかわいい。正直なところ、なぜかディスガイアを連想させる。キャラクターがティーンとフルチビの中間のような「ディスガイアのプロポーション」であることも影響しているかもしれない。

サウンド:5/10。
まあまあの出来で、ひどくはない。

キャラクター:4/10。
キャラクターは非常にステレオタイプで、行動もしばしば強引に感じられます。しかし、このアニメはコメディであることを目指しているので、それがポイントかもしれません。

楽しさ 5/10:
嫌いでもなく、好きでもない。一部のキャラクターはかわいいですが、ストーリーはしばしば退屈というか、なんというか、強引というか、長引いた感じがします。ちょっと面白い場面や、かわいい場面もあるのですが、全体的にパンチが足りない感じです。

総合:5/10。
時間的に余裕があり、他に見るものがない場合に見るには、平均的な品質の時間潰し番組です。最悪というわけでもなく、ひどいというわけでもないが、本当に良いというわけでもない。しかし、「戦隊もの」アニメシリーズのファンなら、もっと面白く感じるかもしれない。怪獣ができるまでの過程など、この手の番組ではあまり取り上げられないような面白いことをやっているし、「オフィスライフ」的なアニメに見えることもあるが、結局はパンチがないのである。でも、決してひどい内容ではないので、見てみる価値はあると思います。でも、スキップしても損はしない。

ミステリーラウンジャーさん 総合評価 8

このアニメは本当に私のためにある。冗談が面白いし、主役はOLだ。戦隊モノや週刊誌的なものは二の次で、親しみやすいオフィスコメディーとして、一見の価値ありです。アニメーションや美術は印象に残らないが、十分な出来栄えだ。低予算の番組であることは確かだ。しかし、私の経験では、予算は番組の「面白さ」にほとんど関係ない。この番組には心がこもっていて、技術的には素晴らしいが、刺激がない番組よりずっといい。前シーズンの「吸血鬼はすぐに死ぬ」や「先輩がウザい」を楽しんだ人なら、大笑いできるし、見る価値もある作品だ。これらの番組はユーモアが似ていて、特に「吸血鬼は時間をおかずに死ぬ」は、「モンスター部門」が目指しているのと同じ「低予算でもしっかりしたコメディーの腕前」を発揮しているように感じられる。

見た目は平凡ですが、この番組はその総和以上のものだと思います。この作品を見限る前に、ぜひ一度見てみることをお勧めします。

シルファウリさん 総合評価 10

スーパー戦隊というジャンルと、バカバカしい職場の官僚制度の両方を、このジャンルへの大きな敬意を払いつつも、ファンタスティックにパロディ化した作品。

この作品があなたの好みかどうか、ぜひ試してみてください。

スーパー戦隊というジャンルに興味がなくても(私はありませんが)、誰もが楽しめる面白い瞬間がたくさんあります。

嫌いなキャラは一人もおらず、一話限りの捨て駒だと思っていたキャラもみんな輝く瞬間があるようです。

このアニメに足りなかったのは、予算だけだと思う。

スワロー7さん 総合評価 5

いいんじゃないでしょうか。結構コメディタッチになることもあり、コンセプトはとても斬新だと思うのですが、文字通り性別の違う身体で作られた「性転換者」(オオカミくん)の扱いがとてもひどいと思います。特に、トランスフォーマーに対する拒絶反応など、多くのトランスフォーマーが共感できるようなやりとりが多くあります。他のキャラクターが彼らの話を聞いたり、受け入れたりすることは一切なく、すべて笑いのためのパンチダウンにしか見えない。制作陣とクィアコミュニティの関係はわかりませんが、この番組の一面は間違いなく私をこき下ろすものです。