リアデイルの大地にてのアニメ動画を全話無料フル視聴する方法!見逃し配信サービスまとめ

引用元:dアニメストア

\リアデイルの大地にてを無料視聴するならココ!/

配信サービス 配信状況 無料期間とポイント 月額料金
danimedアニメストア
見放題
地上波同時・単独最速配信
31日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
440円

※月額料金は全て税込。2022年2月時点。

 

 

放送 2022年1月5日~
地上波ch TOKYO MX など
放送日 毎週水曜日23時30分~
話数 放送中
制作会社 MAHO FILM
監督 柳瀬雄之
登場人物:声優 ケーナ:幸村恵理/スカルゴ:小野大輔/マイマイ:名塚佳織/カータツ:杉田智和/キー:小田切優衣/リット:柳原かなこ/マレール:中村 桜/ルイネ:広瀬ゆうき
主題歌 オープニングテーマop「Happy encount」TRUE

エンディングテーマed「箱庭の幸福」田所あずさ

公式サイト TVアニメ「リアデイルの大地にて」|公式サイト
シリーズ/関連作品 原作小説・漫画:作者Ceez(KADOKAWA)

リアデイルの大地にてのあらすじ

近年、自由度の高いカスタマイズが可能なVR対応のオンラインファンタジーロールプレイングゲーム「Leadale」が人気を博している。加賀美ケーナという、半身不随で生命維持装置につながれている少女が、病床からこのゲームを使って世界と交流している。停電で生命維持装置が停止し、不慮の死を遂げた彼女は、個人アバター「ケーナ」としてゲーム世界「リーデイル」に生まれ変わる。その時、彼女は自分が最後にログインした時から200年後のリーデイルが、戦争で荒廃し、7つの国が3つの新しい王国に再編されていることを知る。

そして、自分が養子にした3人のNPCの子供たちと再会し、新たな世界での生活を始めるが、自分の死がリーデイルの悪評を呼び、ゲーム終了の原因になっていることを知る。しかし、他の何人かのプレイヤーも同様にゲーム内に閉じ込められることになり、そのうちの何人かは数年間も閉じ込められてしまった。フェルスケーロ王国、ヘルシュパー王国、オタロケス王国は、高レベルのモンスターからの攻撃にますます悩まされることになったが、すべてはリーデイルの突然の中止が原因で、この世界内で不正行為を行うようになってしまったのである。しかも、その中の一人、強力なプレイヤーが、ケイナ自身を将来の花嫁にしようと狙っているようだ。

 

TVアニメ[リアデイルの大地にて]PV第1弾

リアデイルの大地にての動画を無料視聴できる配信サイト比較一覧

\リアデイルの大地にてを配信中のおすすめサービス!/

配信サービス 配信状況 無料期間とポイント 月額料金
danimedアニメストア
見放題
独占・先行配信
31日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
440円
primevideoAmazonプライムビデオ

未配信

 

30日間無料
ポイントなし未配信
500円
unextU-NEXT

未配信

31日間無料
600ポイント未配信
2,189円
fodFODプレミアム

未配信

14日間無料
900ポイント未配信
976円
abemaABEMA
未配信
14日間無料
ポイントなし未配信
960円
huluHulu

未配信

14日間無料
ポイントなし未配信
1,026円
dtvdTV

未配信

31日間無料
ポイントなし未配信
550円
telasaTELASA

未配信

15日間無料
ポイントなし未配信
618円
paraviParavi

未配信

14日間無料
ポイントなし未配信
1,017円
netflixNetflix

未配信

無料期間なし
ポイントなし未配信
990円
musicjpmusic.jp

未配信

30日間無料
1,600ポイント未配信
1,958円
crankinクランクイン!ビデオ

未配信

無料期間なし
3000ポイント未配信
990円
tsutayaTSUTAYA DISCAS

未配信

30日間無料
ポイントなし未配信
2,052円

※月額料金は全て税込。また付与されるポイントは無料期間中のものになります。

 

dアニメストアお試し期間を利用すれば[リアデイルの大地にて]の動画を全話無料視聴できます。

リアデイルの大地にても含めdアニメストアは先行配信が多く、おすすめの配信サービスです。

dアニメストアの特長一覧表
dアニメストアの特長一覧表

danime 月額料金:440円(無料期間終了後に課金開始)
無料期間:31日間
解約料金:0円
アニメ専門の動画配信サービス
アニメ作品数:約4,200作品以上
【dアニメストアの5つの特⻑】

    • アニメに特化したの動画配信サービスで、アニメの見放題数は業界1位
    • 月額料金が安い!
    • ダウンロードして場所を問わずアニメが楽しめる!
    • アニソンライブの配信も多い
    • 新作アニメの独占先行配信も多い!

 

リアデイルの大地にてのアニメ動画をYouTubeなどの動画共有サイトで視聴する方法は?

YouTubeなどを含む海外の動画共有サイトでは非公式にアニメのリアデイルの大地にてが配信されていて無料で視聴できる動画もありますが、画質が悪かったり、余計な広告が出てくる場合もあります。

注意:海外の動画共有サイトからアニメをダウンロードしたり視聴する方法は違法で危険!

海外の動画共有サイトを利用してアニメを視聴する方法はウィルスに感染するなどのリスクは当然つきまといます。

さらに2020年から法律が厳しくなったので海外の動画共有サイトを利用してアニメを視聴していると違法になり処罰される可能性が高くなります。

なので動画配信サービスの無料のお試し期間やポイントを利用して安全に安心して、全話無料でフル視聴しましょう!

リアデイルの大地にてはdアニメストアで視聴すると通常、月額440円ですが登録して最初の1ヶ月は完全無料で全話フル視聴ができるのでおすすめです!

 

\登録はこちらから!/

dアニメストアで「リアデイルの大地にて」の動画を無料視聴する

リアデイルの大地にての登場人物の紹介

ケーナ
声優:幸村恵理
日本の裕福な家庭の17歳の娘だったが、両親を亡くした恐ろしい事故により、数年間にわたり生命維持装置付きの永久入院患者となった。ゲーム中に生命維持装置に不具合が生じ、ケーナは死亡するが、彼女の心はRPGアバター「ケーナ」としてリーデイルの世界に転移してしまう(ゲーム内のレベルは1100)。リーデイルでは召喚魔法を得意とし、エルフであることから植物とのコミュニケーションも可能で、彼女の前では植物原料の収穫が不安視される。また、ゲーム内では、24人いるリミットブレイカーのうちの1人、13人いるスキルマスターのうちの3人という、非常に珍しいレベルに到達していた。しかし、このスキルの要求が高まったため、ケイナは隠遁を余儀なくされ、その後、スキルを獲得するためのガーディアンタワーの建設が開始された。銀輪の魔女」「猛火の魔人」などの異名で知られる。

 

スカルゴ
声優:小野大輔
カイナの第一子で、ハイエルフの司祭(レベル300)の男性。「フォスターシステム」によって養子となった。治癒魔法を得意とし、その明るい性格からフェルスキーロ王国では大変な崇敬を集めており、普段は自分の気分を花のオーラで表現している(ゲーム管理者が追加した特殊な効果だが、本来は役に立たない)。しかし、とんでもなく大きなマザコンでもある。

マイマイ
声優:名塚佳織
ハイエルフの大魔導士(レベル300)の女性で、ケーナの第二子。少し空気が読めないところがあり、特に母親に対しては豪放磊落なところがある。元はフェルスケイロ王宮の魔術師だったが、現在は地元の王立アカデミーの校長という立場にある。2度の結婚を経て、最初の夫との間に二卵性双生児の子供がいる。

カータツ
声優:杉田智和
フェルスケイロの首都の波止場にいるドワーフの船大工(レベル300)の男性で、ケーナの3番目の子供。兄妹の中で最も頭が良く、母親を可愛がっているが、人前で子供扱いされることを快く思っておらず、タフでノーテンキな上司というイメージを保ちたがっている。また、フェルスケイロ王国の騎士団の中で、手に負えない者を「洗礼」(=身体で躾けること)する役割を担っている。

キー
声優:小田切優衣
ケーナの叔父[4]が、半身不随となったケーナをサポートするために作ったAIユニット。リーデイルで生まれ変わった後もケーナにアクセスすることができ(その結果、ケーナだけがキーを知覚し対話することができる)、彼女のアドバイザー兼プロテクターとして機能する。

リット
声優:柳原かなこ
マレルの娘で、ケーナの魔法と優しさを慕って、ケイナと仲良くしている。

マレール
声優:中村 桜
リーデイルに生まれ変わったケーナが目覚めた宿の女主人。

ルイネ
声優:広瀬ゆうき
マレルの長女で成人した娘。

 

リアデイルの大地にてのエピソード別あらすじ

第1話 宿屋と、塔と、熊と、宴会

あらすじ 2022年1月5日放送
地球上の日本の病院で、後遺症のある患者・加賀美ケイナが停電による生命維持装置の故障で死亡する。驚いたことに、彼女は自分のアバターであるハイエルフの魔道士ケイナとして、仮想現実を通して世界と交流していたロールプレイングゲームの舞台であるリーデイルの世界で目を覚ますのだった。目覚めた宿屋の主人から、最後にゲームに入ってから200年が経過していること、これまでプレイしてきた舞台である白の王国フェルステスと緑の王国グルスケイロが60年ほど前に合併し、貧困状態に陥っていることを知り、ショックを受け、AIサポートユニットのキーからも地球で自分に起きたことを知ることになります。そこで、ゴーレムの守護者から、里親制度で養子にした子供がいることを知らされ、他の12人のスキルマスターのガーディアンタワーを見てくるように言われる。宿屋に戻る途中、モンスターからハンターを助け、その後の宴会でワインを飲んで気絶してしまう。

第2話 怪我人と、王都と、息子たちと、鬼ごっこ

あらすじ 2022年1月12日放送
二日酔いで目覚めた翌朝、ケーナは中隊が森を横断した際にオーガに襲われ重傷を負った傭兵を治療する。傭兵と雇い主の小鬼商人エリネは、仲間の命を救ってくれたお礼に、ケイナを子供たちの住むフェルスキーロの首都に案内し、そこで守護塔の1つを見つけることを望む。ケイナは冒険者として登録し、ドワーフの息子カルタッツと出会う。カルタッツはその後、カルゴとマイマイの兄妹に母の存在を知らせる。しかしその直後、冒険者ギルドの依頼で王立アカデミーの生徒に薬を提出することになったケイナは、意図せずして注目を集め、その後、王室の廷臣アガイドとロンティに協力して、「プリモ」とあだ名をつけた王国の家出王子の捕獲に華々しく活躍することになる。

第3話 娘と、闘技場と、爆走と、アッパーカット

あらすじ 2022年1月19日放送
翌日、ガーディアン・タワーがある場所を探していたケイナは、王立アカデミーに呼び出され、娘のマイマイと義理の息子ロプスハービーに会い、前日提出したポーションのように、失われた製法で作る方法について質問される。その後、彼女は “プリモ “に尾行されながら、議事堂のコロッセオから幽霊を追い出すクエストを引き受ける。ようやく現れた幽霊は、コロシアムの地下に隠された第九スキルマスターのガーディアンタワーの管理者であることが判明し、自分が地球で死んだ後、リーデイルゲームがオフラインになったことを知り、ショックを受ける。守護者に塔の新しい女主人にされたケイナは、深い憂鬱に沈む。そんな彼女の前に心配したスカルゴが現れ、彼の奇行に嫌気が差したケイナは、宿屋の部屋の天井を殴りつけてから、再び不機嫌になる。

 

第4話 息子と、喧嘩と、旅と、野盗

あらすじ 2022年1月26日放送
ケイナはうつ病からあっという間に回復し、ちょうどカルタッツが彼女を探し出し、スカルゴにもきちんと紹介される。その後、エリネが隣国のヘルシュパー王国へ向かう途中、いつものルートが盗賊に襲われたため、キャラバンの警備員として雇われる。エリネが隣国のヘルシュパー王国へ向かう途中、盗賊に襲われ、別の道を通ろうとするが、盗賊の待ち伏せに遭ってしまう。しかし、ケイナの強力な魔法と召喚された味方のおかげで、山賊は簡単に倒され、キャラバン隊は旅を続けることができる。

 

第5話 孫息子と、孫娘と、曾孫と、砦

あらすじ 2022年2月2日放送
マイマイに頼まれて、有力商社「堺屋」に勤めるケーリックに手紙を届けたケイナは、その人物が自分の孫であることを知り、さらに孫娘でヘルシュパーの騎士団に所属する妹のケーリナにも会うことになる。ケイナの孫娘で、ヘルシュパーの騎士団に所属する妹のカエリナとも出会う。ケイナは孫娘が自分を崇めることに腹を立て、次のガーディアンタワーを探し始める。二人の冒険者、クオルケとエクシスは、山賊の領土の奥深くにある三日月城という場所を彼女に教える。ケイナは、ケーリックの協力を得て、ケーリックの守備隊に物資を運ぶという名目で、盗賊団に潜入する計画を立てる。その前にロックゴーレムの一団が要塞を襲い、再び目立つことに不安を覚えながらも、ケイナは騎士団の救援に駆けつける。

 

第6話 ロックゴーレムと、頭目と、ガイコツと、妖精

あらすじ 2022年2月9日放送
襲ってきたゴーレムを魔法で倒したケイナは、そのパワーから、召喚主が自分と同じゲーム内の他のプレイヤーであると推測する。三日月城に到着したケイナは、盗賊団と魔物のボスを撃退するが、その魔物は管理者の不在をいいことに、気ままに暴れまわるリーデイルプレイヤーだった。ケイナの反対にもかかわらず、山賊のリーダーはケイナの手によって拘束され、ヘルシュパー騎士団によって裁判にかけられることになる。城に入ったケイナは、骸骨の守護者を蘇らせ、このガーディアンタワーがスキルマスターの仲間であり、かつての師匠であったオプスのものであることを聞き出す。さらに守護者は、ケイナに塔のガーディアンリングとオプスから預かった妖精をプレゼントし、孫から多額の報酬を受け取り、山賊の脅威を一掃してフェルスケーロに帰ります。

 

第7話 熊狩りと、王女と、お風呂と、怪獣

あらすじ 2022年2月16日放送
その帰り道、ケイナは橋の修理で現地にいたカルタッツと出会い、一緒にフェルスケーロの首都に戻ることになる。高級レストランで使うツノゼミの肉を狩るために冒険を始めたが、ロンティと彼女の友人であるミィから、思いがけない同行の依頼を受けることになる。ミィがプリモの妹であることを察したケイナは許可を出し、森の中で何もないところからお風呂を作ったりして、二人の少女を驚かせる。翌日、冒険者ギルドでフェルスケロ騎士団の団長シャイニングセイバーは、コーラルという冒険者と出会い、お互いが地球から来た仲間で、リーデイルの世界に何年も閉じ込められてしまったと認識する。王立アカデミーでは、ロプスハービーがケイナの製法を再現しようとするがうまくいかず、失敗作をゴミ捨て場に捨てたところ、なぜかゲーム中のイベントモンスターである巨大なモンスターが呼び出され、暴れ出す。

 

第8話 戦闘と、勝利と、会話と、情報

あらすじ 2022年2月23日放送予定
フェルスケイロの防衛隊は怪物に対抗するために動員されたが、その力は強大で、ケイナが戻ってくるとあっさり退治してしまう。その原因を探るうちに、コラルとシャイニングセイバーはケイナを仲間だと認め、コロシアムでの面会を申し込む。そして、互いにリーデイルのプレイヤーであることを明かし、連絡を取り合うようになる。ケイナから強力な剣と便利なアビリティを受け取ったコラルは、海岸沿いの漁村の近くにガーディアンタワーがもう1つある可能性を指摘する。その後、ケイナはリーデイルに到着した村に永住することを決意する。

 

 

第9話  再訪と、人魚と、誤解と、ゾンビ

あらすじ 2022年3月2日(水)放送予定
 

 

 

 

リアデイルの大地にてのアニメの評判は?感想と見どころをレビュー

 

時政さん 総合評価 7

シンプルで一般的なスライス・オブ・ライフ・ファンタジー・コメディである。

メインストーリーはなく、突出したものはないが、かといって、出来が悪いとか、平坦に感じるということもない。

スライム300を彷彿とさせるが、主人公がより精巧に作られており、親近感が湧くし、コメディも充実している。

また、「かまいたち」のスライス・オブ・ライフのような側面もあるが、よりよく実行されている。少なくとも、今のところ、見るには良い番組だが、後でまた見たいと思わせるようなものはない。

 

てつおさん 総合評価 8
まず始めに、少々乱暴な言い方をします。

このアニメは、「異世界」の中でも、よりワイルドで独創的で、様々なサブジャンルのアニメを生み出している。リーデレはパワーファンタジーとコメディに焦点を当てたイセカイアニメです。だから、あらすじにイセカイと書いてあるからといって、そのアニメに汚名を着せたり、観ないのはやめてください。

しかし、一世風靡が唯一うまくいかなければならないのは、世界観の構築ですが、それはケースバイケースです。

もちろん、どのイセカイでも、この新しい世界について何も知らないので、世界の働きや原理をしっかりと理解する必要があります。アクションイセカイは、無色転生、オーバーロード、天守のように、この点を完璧に押さえていないと、大失敗します。

しかし、Leadaleの場合は、非常にきれいで適切な方法でそれを行うことができます。1話で状況が明らかになり、MCと世界の住人の力の差と規模がきちんと示され、他の守護塔を探すという明確な目標が、多くを語らずに設定されている(楽しい異世界探索を始める良い口実になる!)。それゆえ、この作品は、後々大きなアクションを起こす可能性を秘めているのです。このキャラクターは、私たちと同じように世界について十分な知識を持っているので、「オーバーロード」のように、私たちとMCに同時にすべてが明かされ、彼らのオーバーパワーぶりを思い知らされるだけです。

そのため、overlordのような下品でDANKなタイプの作品よりも、Comedyの方がより軽快で、MCがする顔はかなり上手でオリジナルなので、大笑いを誘い、多くのGIFを作成することになる。

また、MCの旧召喚獣の一部が彼女の子供となり、厄介で陽気な状況を引き起こすという面白い要素もあり、これはいい感じであり、スライスオブライフとコメディ愛好家を失望させないだろう。

MCがカッコよくて、パワーファンタジー好きにはたまらないが、アクションシーンはあまり期待できない。

ちょっとレビューが長くなりすぎたので、もう少し簡単に点数を見ていこう。

ストーリー 8点/10点
MCの過去は巧みな会話と最初のカットシーンで明らかにされ、それ故に彼らを哀れに見せることに多くの時間を浪費せず、彼らが経験してきたことに尊敬と愛を得るには十分です(「おい、俺は一匹狼だ、78年、クソな人生だった、などというオープニングはもうない)。また、世界観の開拓や、異界以前から存在する「子供たち」が加わることで、後に多くの面白いプロットとコメディの要素が加わるので、これからどうなっていくのか、純粋に楽しみです。

キャラクター 8/10
MCの可愛らしさ、子供と母親の微笑ましくもほのぼのとした関係、その他の脇役も見ていて楽しいです。

サウンド 7/10
特に長男、長女、司会者のVAがうまくできている。他の声もまあまあ。ギャグの大半は、VAが実にうまく演じている。OSTは一般的なもので、それほど興奮するようなものではないが、まあまあの出来だと思う。EDはかなりいいし、アートもかわいらしいが、あまり工夫がない。

美術とアニメーション 7/10

この作品では、「儚い」「儚い」「儚い」「儚い」「儚い」「儚い」「儚い」「儚い」「儚い」「儚い」「儚い」「儚い」…………………………「儚い」儚いが、この作品は儚いが、この作品は儚いが儚い。しかし、CGIの使用はかなり有能で、他の多くの例とは異なり、見るのに苦労することはありません。

 

このアニメは、「パワーファンタジーコメディイセカイ」という、より自由度の高いアニメで、長い目で見ると非常に面白くなる。このアニメは、パワーファンタジーとイセカイのBROSが好きな人なら、きっと気に入ると思います。

 

 

ジャビビさん 総合評価 5
リーダレの大地niteは、××なことで死んだ女の子が超強いおばさんのいる世界に転生する異世界シリーズです。優しさはどうなんだ、と言う人も多いだろう。まあ、見てのお楽しみ、人間様、面白いのは、知るべき子供がいること…。ああ、そうだったんですか、もちろんです、思いつかなかったのが残念です。
今、完全に冗談抜きで、私はイセカイが嫌いなのですが、この作品なら最後まで見るだけの意志の強さがありそうな気がしています。

このシリーズの特徴について言えば、作画はHな感じだが(説明するまでもない)悪くないと思う。

CGIは他のイセカイに比べれば良い方だと思います。

ストーリーは変です、本当に何が言いたいのかすら分かりません、人生の切り売りとも言えます、1章が丸呑みするにはちょっと苦しいからこう思うのです。

私としては、非常に残念ですが、5点のままです、何が面白いのかわからないし、イセカイも好きではないし、やはり私にはつまらないので、やむを得ず、落としたものを要求させていただきます。
これから始めるのですが、応援していただけると嬉しいです、レビューを読んでいただきありがとうございました、今日もよろしくお願いします。

 

木の葉さん 総合評価 6

このレビューは、この番組にはある種のスタイルと魅力がある、ということから始めたいと思います。この番組には、ある種のスタイルと魅力がある。しかし、その正体は、楽しい小さな異世界の冒険です。見ていて幸せな気分になれる伊勢海老です。いい感じに冷めている感じ。でも、この種の番組としては、とても楽しいものです。楽しめると思います。

アートとサウンドが、このショーの一番の要素です。サウンドは目的に適っているし、アートスタイルも典型的なフレッシュでカラフルなタイプだ。目に楽しいだけでなく、このアニメが作り出すどんなシーンにもフィットするスタイルです。明るい色彩から、カラフルな色彩まで。次に、もっとトーンダウンしたようなスタイルになる。もちろん、シーンによってですが。良いアニメはこうでなくっちゃね。心地よいサウンドデザイン、そして心地よいアートスタイル。そして、アニメーションも素晴らしい。

さて、次の部分についてです。特に目立つことはないのですが。それ以上に、かわいらしい要素があることです。このレビューでさらに述べますが、このタイプの異世界は、いい意味で、カジュアルでリラックスできるものです。理想的な前提で、番組を進め、その世界観にますます興味を持たせてくれる。

ストーリーは典型的な「イセカイ」スタイルです。誰かが別の世界に閉じ込められたり、移動したりします。この場合は、ビデオゲームの中に閉じ込められています。主人公は、そのゲームの中でいろいろなことをやっているようです。ある意味スライム300を彷彿とさせますが、彼女はもっと有名ですが、それほど有名ではありません。物語は、この世界について、彼女が経験したこと、例えば、彼女の子供たちがそれぞれ非常に魅力的であることなど、さらに詳しく知ることができるように続きます。楽しみ方次第では、笑いも取れるかもしれません。

しかし、登場人物はそれだけではありません。この作品の多くは、どちらかというといい雰囲気を持っているように思います。すべてがハッピーに感じられ、ハッピーに見えるような。それがこの番組のテーマにぴったりなんです。激しいアクションの伊勢海老というわけではありません。どちらかというと、ゆったりとした感じです。当たり外れはありますが でも、決して悪くはない、きちんとした作品に仕上がっています。だから、この番組は好みによるということです。もっとリラックスした、一見幸せそうな伊勢海老が好きなら、この番組はあなたのための番組です。

私はこの番組を必ず見ます。超面白くはないけれど、少なくとも手に取るには良い番組だと思います。

アニメ_プリンス_ 総合評価 3
6人がこのレビューを参考にしました
これも一般的なイセカイシリーズの一つで、プレイしていたテレビゲームに入り込んでしまった少女の話です。プロットはオーバーロードに似ていて、少女は世界で最もOPな存在で、彼女にはたくさんの召使いがついています。彼女は世界中を回り、クエストを受け、盗賊を殺し、かつての仲間が作ったNPCに会うなどしていく。

長所
+良いED曲
+アートが良い

短所
-ストーリーは不条理で非論理的
-シリアスさに欠ける
-MCはやる気がなく、無個性。
-MCの行動があまりにも非論理的

このシリーズは、何の期待もせずに気軽に見始めました。最初のプロットは良かったので、シリーズが進むにつれて良くなっていくことを期待した。しかし、どんどん悪くなるばかり。このような、非常に非論理的なMCの行動により、6話目にしてようやく視聴を中止することになりました。

*ネタバレ
で、6話目にしてようやく、MCはこの世界で別のプレイヤーと出会う。そのプレイヤーは、同じくこの世界に囚われた子供(少年)です。しかし、その子供は、これはまだゲームだと思い、街の兵士を襲ってレベルを上げ続けているのです。そして、非論理的なMCは、彼の年齢や未熟さを全く考慮せず、何の前触れもなく、彼を殺しに行く。市兵も少年に情けをかけ、代わりにMCに捕獲を依頼する。その結果、少年は暗い地下牢に入れられ、完全に縛られ拘束される(まるで拷問器具のようだ)。そして、司会者は何事もなかったかのように、目的のない冒険を続けるのです。

TLDR:これは最悪のイセカイシリーズの1つである。IQを下げたくなければ見るな。

マイディアン 総合評価 4
3人がこのレビューを参考にしました
それは、一対の目が開き、見慣れない光景が彼女の心に飛び込んでくることから始まった。ケイナは少し戸惑いながらも、「ここはいつもいる病院の天井か、えー」と半信半疑の自分に問いかける。

さて、このレビューに上の段落の断片を少し書き込んだ理由を理解しよう。

いや、さっきの段落は、物語そのものが始まった出来事なのだ。問題は、この映画化を楽しむために、面白くて自信を持ち続けられるはずの物語のスタートシーンが、本当に期待を裏切ってしまったことだ。
まあ、エッセンスもなくあっけなく終わってしまったので仕方ないのですが…(やはり冒頭のシーンについて)。この映画化に関して、私が期待していたものとは全く違うものでした。
まるで、現実の世界で目を開けたら、何の色気もない平凡な世界だったように。同じように、このアニメの結果も同じです。

正直なところ、『リーダレノンダイナイト』には、あなたが見てきたものよりももっと深いエッセンスと、ユニークなストーリーがあるのです。なぜなら、この作品がアニメ化されるずっと前から、私はこの作品のLN版を読んでいたからです。
残念ながら、スタジオは少しでも意味のあるストーリーを優先して、この映画化に本腰を入れなかったようで、その後、多くの比率を残してしまったのである。その結果、多くの視聴者は、その背後にあるストーリーコンセプトの真の可能性を見逃してしまった、あるいは気づいていなかったのではないだろうか。

—-キャラクター造形、プロット、ケイナ(MC)について—。
ケイナは、過去の世界で悲惨な事故に遭い、その結果、手足のほとんどを自由に動かすことができなくなり(半身不随)、さらに両親もその事故で亡くなってしまったキャラクターです。つまり、ケイナはあの悲劇が起きてから、あわただしい幸せとは無縁の子供として育ったのだ(家族の恩寵を失った)。しかし、現在のイセカイの世界では、ケイナは3人の子供と数人の孫の母親として、ゆっくりと真剣に愛情を注ごうとする役を担っている。
(この時点で、ケイナは愛情を注ぐことの意味を視聴者に漠然と教えているわけですが、そのケイナ自身は早くに両親を亡くしたため、娘として十分に愛されたことがないのですが。しかし、ケイナは、これから母親としての愛情を注ぐことで、いろいろなことを学んでいくのだということを、間接的に暗示しているのです)。

「これは、今回の脚色ではまったく見えてこない、ケイナのキャラクターの複合的な長所です」。

アニメシリーズでのケイナは、すべてを伝えられるキャラクターである代わりに、提示すべきところにわずかな葛藤や心の複雑さのぶつかり合いもなく、よりフラットに描写されたキャラクターである。これは、極端に削られた物語のプロットと密接に関係しており、当たり障りのない、いやむしろ分かりにくいとさえ感じるシーンごとのズレを生じさせている。彼女が完成させたどんな状況の解決もない、冒険家としてのケイナの旅は、何も覚えていない(忘れるのは簡単すぎる)、それも心ときめくアドレナリンラッシュが欠落しているのだ。
ケイナの冒険は完全にあなたがそれを見たとき、あなたがなびくことができない限られた不自然な感情と明るい女の子の些細な物語に置き換えられました。

また、砂漠のように生気のないように見える一瞬一瞬の背景美術も含めて、何も約束されないことを徹底しています。自分たちが腐らせた雷のプロットに裏付けを与えるような美術を作ろうとは微塵も思っていなかったのだろう。また、CGIの質も不格好で最適とは言えないアニメーションの動きと相まって、とても残念な出来です。
このような、”姑息 “な手段で、”姑息 “かつ、”姑息 “であることを見せつけられると、”姑息 “かつ、”姑息 “であることを見せつけられると、”姑息 “かつ、”姑息 “であることを見せつけられる。

ケイナについてこれ以上詳しく説明する必要はないでしょう。彼女の温かいタッチ、子供たちを愛する演技、そして彼女が有意義だと思う人々に恩返しをする厚みのある気高い性格も完全に消されていました。

繰り返しになりますが、今のケイナは行動や感情の変化が不器用でおかしく見えるキャラクターとして既に描かれています。私はケイナのために泣きました、おそらく多くの人がこれからケイナを中途半端なキャラクターだと誤解して思ってしまうのが残念ですT_T。本当はもっとすごいキャラなんだということを皆さんに伝えたいのですが、残念ながらアニメ版で証明されることはないでしょう…。

 

いいのさん 総合評価 7
リーデイルの国で」または「リーデイルの世界」(お好きなタイトルを選んでください)は、ごく普通の物語で、少女がビデオゲームの中で目覚めるというものです。この作品には、生命維持装置につながれていた少女が停電により体から切り離されるという背景があるが、この第1話では、ゲーム内で目覚める前の彼女の状況をほとんど気にかけることができないので、とりあえず横に置いておくことにする。
OPの「Happy Encount」からEDまで、ストーリーや主人公に興味を抱かせるものが一切ありません。
OP前のオープニングでは、街が暗くなるシーンがあり、おそらくブラックアウトで生命維持ができなくなったのだと思いますが、数秒の出来事で、何が原因なのか、それが誰にどんな影響を与えるのか、まだ登場人物がいないので、OPが終わる頃には、そのシーンがあったことさえ忘れてしまうような内容になっています。OPが終わると、アニメの定番である少女が目を覚ますシーンがあり、その後、彼女が大量のフォーを食べるシーンがあります。
夕食までの1日をすっ飛ばし、数分後にまた繰り返すほど、明らかに面白いと思われるジョークやキャラクター・ポイント。

ビジュアル面では、特に目を引くものはない。主人公のデザインはいいのですが、他のキャラクターはどれも普通のモブファンタジーのデザインで、特に目を引くものはありません。
世界観についても、これまでのところ、狭く限定的で、新しいアイデアも、定番のファンタジーをうまく取り入れたものもない感じです。このファンタジーRPGの舞台を完璧に表現することに問題があるわけではないが、今まで十分見てきたし、「リーダレイの大地ナイト」の描写には印象に残るようなものがないのだ。少なくともこの第1話からは。

主人公のエルフ、ケイナは十分いいキャラだし、少なくとも世界について質問しているので、最終的には物語らしきものにつながるのだろうが、特に面白くはない。彼女の反応は、いつもの大げさなアニメの女の子のあえぎ声やショックや恥ずかしさであり、この第1話には、彼女を見る説得力が何もないのである。
このような状況になる前に、彼女について何も知らないこと、このキャラクターが何を望んでいるのかが明確でないことが大きな原因でしょう。
この作品は、冒険やファンタジーというよりも、もっと日常を切り取った物語に仕上がっているのかもしれません。しかし、冒険やファンタジーを想定しているのであれば、この第1話は明らかに物足りない。主人公のキャラクターや、物語がどんな冒険を用意しているのかが、全く見えてこないからだ。

主人公が、充実したタワーからの帰り道、ツノグマを一発で蹴散らしてしまった時点で、私はこの作品からほぼ撤退しています。他の方のレビューで方向性が見えてくれば、数話後には手に取るかもしれませんが、今は「リーダレの大地ナイト」を見送るのが精一杯です。

 

ゼブラックさん 総合評価 7
この番組は、本当にいい感じに古い感じがする番組です。90年代後半2000年代前半のアニメのような魅力があります。大きなプロットはありませんが(少なくともこれを書いている時点で出ているエピソードでは)、少なくとも主人公の目標になるようなものがそこにあります。キャラクターはとてつもなくダイナミックというわけではありませんが、必要なことはきちんと動いて達成します。全体として、この番組は、その楽しさをうまく言葉にできないほど、かなり楽しい番組です。また、90年代、2000年代のアニメの魅力があり、とにかく楽しいです。少なくとも最初の2話を見て、気に入ったかどうかを確認し、そこから先に進むことをお勧めします。万人受けはしないかもしれませんが、いいニッチな部分を満たしていると思います。

 

翔太さん 総合評価 9
ネタバレあり

まず義務的なことから言わせてください。私はレビューをあまりしないのですが、見る前にこの作品に対するあまり良くないコメントを聞いていました。

さて、レビューの時間です。
現在8話まで公開されており、私は「ただのイセカイ」だと言って気にしないようにと何人かに言われた後、一気見しましたが、以下の点を考慮し、その人たちに異論を唱えたいと思います。

ストーリーは、ベーシックでゆったりとしたものだが、視聴者との関わり合いがあり、好みの異なる様々な層の人が気軽に楽しめる。

アートワークについては、ファンタジーの世界である以上、美しい造形を期待したいところですが、この番組を見ながら、ログ・ホライズンを見ていて、冒険の中でいかに美しい世界を見せられるか、さらに崖の上から美しい絵のような夕日を見ることができるかを思い出したのです。
リーデイルは、そのエッセンスをうまく取り込み、私たちを冒険の旅に連れ出してくれました。

音に関しては、私はヘッドホンで視聴していますが、BGM、声、雰囲気、すべてにおいてバランスが取れていました。

しかし、MCはこの世界観にぴったりで、ゲームビフォーライフに時間と労力をかけ、それが明らかに表れている。しかし、「まあ、私はOPだから」と頭を叩くのではなく、世界とのつながりを明確に感じ、注目を集めすぎないようにしたいが、必要なときにははっきりと踏み込んでくる。

全体的に、この番組はとても楽しくて、他の異世界とは違う感じがしました。今のところ、個人的にこの番組は9点ですが、残りのエピソードの放送を待って、評価をしたいと思います。一癖も二癖もある健全なMCと、かなりまともなアクション・アドベンチャーで、楽しい番組。
間違いなくお勧め。

 

テラー7さん 総合評価 5
リーダレの大地ナイトは、数週間前の、何も乗っていない古びたパンのように感じられるほど、全く平均的な作品だと思う。どう考えても良いとは言えないし、かといって笑うほど悪いものでもない。ただ、乾いた、陳腐な、想像力に欠ける番組だ。
この番組は、かなり一般的な説明をしているが、いくつかの点を除けば、まだ将来性があったかもしれない。
1. MCがopすぎる。OPなMCで済ませられる番組はたくさんありますが、常にそのMCに挑戦させる、あるいは面白くする方法を見つけ、問題に対する面白い、クールな、あるいは面白い解決策を見つけさせる必要があります。リーダルにはそれがない。その代わり、この番組はMCを全世界で最もOPな存在にしているだけです。Lv300以上のプレイヤーが400人以上必要なイベントモンスターでさえ、彼女には一撃で倒されてしまいます。敵の攻撃を受けてもダメージを受けないし、「既存のスキルをすべて知っている」。この番組での解決策は、司会者がOP魔法を引っ張り出してきて、どんな問題も即座に解決してしまうだけです。
2. 2.コメディ。OPの主人公が登場する番組は、通常、視聴者が笑わなければならないほど馬鹿げたジョークやシナリオを用意し、楽しく見る方法を見つけなければなりません。リーデイルでは、「カイナがOPで怖い」というコメディばかりです。今、カイナが怒っています。カイナがみんなをやっつけるから覚悟しとけよ」の繰り返し。面白くないし、面白くもない。
3. 3.プロットとキャラクター。良いプロットは、しばしば良いですが、コメディに厳密には必要ではありません。最も重要なのは、その筋書きを中心に展開する登場人物である。リーデイルでは、すべてが平坦になる。基本的にすべてのキャラクターは一方的で水たまりのように深く、「ほら!キャラクターだよ!」と突っ立てられること以外に目的がない。主人公をはじめ、どのキャラクターにも深みやストーリーがなく、「女の子がプレイ中に死ぬ→女の子がゲーム内に閉じ込められる→他の人がゲーム内にいる→女の子が塔の守護者にマナを渡す」という前提以外のストーリーは存在しない。何もない…。
サウンドとビジュアルに関しては、Leadaleは十分に素晴らしいシーンがあることを示すが、多くのアニメーションは手抜きに感じられ、サウンドも悪くはないが、平凡なものである。

結局のところ、私は「リーダレの大地ナイト」をお勧めできない。この番組がやっていることをすべてやっていて、はるかに良い番組がたくさんあるのです。

じょうずさん 総合評価 5
このアニメは方向性がはっきりしているので、今判断するのはかなり公平だと思う。
6話目にして、ほぼ全てのエピソードが基本的に同じ内容になっている。そして、彼らは今、脅威を導入し始めたばかりです。

しかし、これはアニメが悪いという問題ではないような気がします..ただ、本当に若い視聴者をターゲットにしているのです。
家族向けで、ミニアドベンチャーで、異世界的で、気分のいいアニメなんです。

それを理解した上で、若い視聴者、いや、何十年も前の私でさえ、この種のアニメを楽しんでいるのを見ると、この作品について否定的な気持ちになることはないですね。
また、この作品のレビューをする気にもなれません。ただ、このアニメを見るつもりなら、あまり期待しない方がいい、さもなければ、このアニメを嫌いになってしまうかもしれない、という警告を与えたかっただけです。もし、このアニメを見るのであれば、気軽に見ることをお勧めしますし、このアニメの良さがわかるかもしれません。

 

藤原さん 総合評価 6
まともです、平均より少し上くらいでしょうか。また、今期のタイトルの中では面白い部類に入る。

漫画がない(小説のみ)ので、すでに読んでおらず、何が起こっているのか分からないので、より面白いです。また、輪廻転生というありきたりな設定にもかかわらず、コメディに重点を置いていて、実際にキャラクター同士の関係も面白い。だから、「パワー・トリップ」的な作品ではない。

ビジュアルも悪くありません。美術は平均的かそれ以上、CGは時折目立ちますが、ひどいものではありませんし、背景はまともですが、超細密ではありません。だから、かなり標準的です。

主人公の女性は、カリスマ的な声優で、この作品に貢献していると思います。キャラクターは典型的なものだが、相互作用が面白い。

全体的には、慎重にチェックすることをお勧めします。今のところ、傑作とは言えないが、見ていて心地よく、ほのぼのとした面白さがある、まっとうなコメディである。

ストーリー5/10、美術5/10、音響5/10、キャラクター5/10、楽しさ6/10、総合6/10。

 

ふるじさん 総合評価 6
またまた、ちょっとひねりの効いたイセカイアニメ。

ストーリーとしては、特に何もなく、まあまあの性格のOPキャラ。このアニメの特徴は、主人公に子供がいることで、その子供たちは母親が誇りに思うほど成功している。
美術は、私の文化人としての堕落した部分が現れて、”あなたがこれを見る理由がわかったわ “とささやきます。あの絵柄でファンタジーのアニメを観ているような気分です。ちょっとは「何か」を期待したのですが、残念です。動きとかは、新しいアニメーター集団のブレイクスルーって感じ。(悪気はないのですが)。
音はマスターシェフのパロディを扱ったKey and Peeleの素晴らしいスキットから引用します。”just meh…”

総合:悪いアニメとは言いませんが、前哨戦としては良いアニメだと思います。もし、あなたが小さな良い “ハハ “を探しているのなら。このアニメをお勧めします。

 

啓太さん 総合評価 10
私はこのアニメをとても気に入っています。アニメが古いスタイルに似ていて、私は通常そのような番組を好まないので、最初は少し気後れしていました。しかし、私はそれにチャンスを与え、それは非常に魅力的なショーであることが判明した。

間違いなく、リラックスできるアニメです。私はたくさんのイセカイを見てきましたが、確かに典型的なスタートではありますが、そのやり方はとても新鮮です。子供向けというのもいい。

ひねりの効いた複雑なストーリーを求めている人には向かないだろう。どちらかというと予測可能な内容ですが、魅力的な内容になっています。

漫画もいくつか読みました。この番組は、漫画と比べると確かに少し水増しされていますね。もし、あなたがそれに興味があるなら、漫画をお勧めします。

 

マシヒロさん 総合評価 7
うーん..イセカイは嫌いじゃないんだけど。召喚型にしろ転生型にしろ、隣の席の男が愛する人の写真を見ている(ゆっくり席を移動している)みたいな陳腐なプロットもあれば、当たり外れがある。
あるいは、ひねりが効いていて、かつ微妙なヒントがあり、それが結論や方向性を示しているもの。

全体的なテーマは、このジャンルのカラフルな部分と、シリアスな部分に分かれていて、これは他の多くの作品に欠けている部分だと思います。

物語が物語であること、そして、まだ実際に展開されていないものをより良くするのは何でしょうか。進行が遅かったり、未発達に思えたりするのは、多くの人にとって理解できることです。どんな番組も万人向けではありません。

アニメーション(7):7は、良い仕事をしたと言っているようなもので、丘の上の超光沢のある最高の品質ではありませんが、少なくとも、どんなCGに頼らなくても良い努力の量です。

ストーリー (7): このようなジャンルのシリーズが放映されたばかりで、進展が見られるまで1週間も待たなければならない場合は、特に遅く感じられます。エンドフックで掴まされっぱなしです。ストーリーは、標準的な物語ではなく、様々な方向に進むことができ、自分自身で書いていくもので、このように語られることはない。夢や本や映画で見たことがあるから、もう何が起こるかわかっているんだ!」みたいな感じではありません。いや~、それにしても嬉しいですね。

キャラクター (たくさんのキャラクターが登場し、何度も繰り返し登場するのですが、みんなそれぞれ個性的で、人が実際にどうありえるかをよく表しています。しばしば、最高のコメディタッチで。

最後の感想です。私はジャンルを理由にシリーズを敬遠するような人間ではありません。この番組は、一見の価値ありの番組なので、もし試されるなら、少なくとも5エピソードは見てください。
また、元々は2010年から2012年まであった小説が元になっています。それが2019年から買収されて継続されているのは、嬉しい事実です。

 

レインスーツさん 総合評価 6
他のSAOクローンとは違い、リーダルランドには5秒後には全く関係なくなるプロットが1つも2つもある。突然ゲームから抜け出せなくなった」という明らかなトピック(これは決してなくならないように思える)に加えて、リーデイルはMCが下半身不随であることを確実に指摘する。最初の「なぜ私は体を動かせるのか」というセリフの後、これは二度と持ち出されない。ずっとだ。下半身不随の人はスムーズに動けないとか、何でもかんでも触って驚嘆するのかと思いきや、そうではない。これが特に気になるのは私だけでしょうか、どうしようもないですね。

それ以外は、悪くない。MCは、現在オフラインになっている「ゲーム」の典型的なオーバーパワーなベテランで、プレイヤーは全員MIAだ…今のところね。MCは序盤でまともな性格になり、多少生意気なままなので、見る人をイライラさせるかもしれませんが、少しは軟化しているので、見ていて気持ちがいいです。

キャラクターはかなり面白いのですが、やや二次元的である傾向があります。また、登場と消滅がランダムすぎて、あまり楽しめない。あまり面白くないキャラクターは長居をしがちで、もっと知りたいキャラクターはしばらく出番がないままだ。

アクション、コメディ、ストーリー展開はかなり面白いのだが、非常に予測しやすいものでもある。中盤を過ぎても、まだ緊迫感がない。MCが現実世界で死んでいるのか、すでに死んでいるのか、それともゲームのオフライン状態の原因が自分たちにあるのか。このような疑問とその答えは誰にとっても重要ではないようで、MCには古い塔の修復と情報収集以外に本当の目的がなく、それさえもRPGプレイヤーがクエストをこなすような感情移入で、ゆっくりとしたペースで行われます。

このジャンルが好きなら見る価値はあるし、可能性も秘めているが、今のところ特別なものはない。

 

ケニーさん 総合評価 7
簡潔に書きますね。

まず始めに、この番組の前提は他のイセカイと同じです。超強い主人公が異世界に転生してしまう。私のようにイセカイに夢中になっている人なら、この作品を嫌いになることはほとんどないでしょう。アニメーションは雑かもしれませんが、キャラクターは楽しくてかわいくて、私はとても気に入っています。コメディが多いのは覚悟の上だが、そのうちのかなりの部分は実際に面白い。

唯一の不満は、その前提に関係することだ。ほとんどのイセカイの主人公がトラックくんに殺される世界で、病気で死ぬというのは、斬新なコンセプトで、あまり使われておらず、多くの可能性と多くのキャラクター展開への扉を開くことができたはずだ。しかし、この作品では、病気は単なる前提に過ぎず、ほとんど取り上げられることはありません。失われた可能性はたくさんあるが、変化のために何か違うことをした番組を非難するつもりはない。

お勧めします。仕事や学校で長い一日を過ごした後、頭を切り替えて楽しめるような非妥協的な何かを探しているときに見てください。