魔法科高校の劣等生 追憶編のアニメ動画を全話無料フル視聴する方法!見逃し配信サービスまとめ

引用元:U-NEXT

\魔法科高校の劣等生 追憶編を無料視聴するならココ!/

配信サービス 配信状況 無料期間 月額料金
U-NEXT 見放題 31日間無料
今すぐ視聴
月額2,189円

※月額料金は全て税込。2022年2月時点。

 

U-NEXTは 31日間の無料お試し期間中に[魔法科高校の劣等生 追憶編]が見放題!

 

放送 2021年12月31日~
地上波ch TOKYO MXなど
放送日 毎週金曜日23 時57分~
話数 全3話
制作会社 エイトビット
監督 吉田りさこ
キャスト:声優 司波達也:中村悠一/司波深雪:早見沙織/司波深夜:井上喜久子/桜井穂波:遠藤 綾
主題歌 「Ripe Aster」八木海莉
公式サイト 魔法科高校の劣等生 追憶編|公式サイト
シリーズ/関連作品 原作漫画:佐島勤 電撃コミックスNEXT(KADOKAWA)

 

魔法科高校の劣等生 追憶編のあらすじ

今の美幸と達也を見ると、仲の良い兄妹というイメージしかないかもしれない。でも、昔はそうじゃなかったんです。

3年前、美雪は兄のそばでいつも落ち着かない。中学生になった美雪を見守る完璧なガーディアンでありながら、家族からは召使い以下の扱いを受けていたのだ。しかし、美雪が本当に困っているのは、兄が自分の感情や考えを全く示さないことだった。

しかし、沖縄への旅行中に危険が迫ったとき、兄と妹の関係は一変する..

 

TVアニメ [魔法科高校の劣等生 追憶編] PV第1弾

 

魔法科高校の劣等生 追憶編の動画を無料視聴できる配信サイト比較一覧

\アニメ 魔法科高校の劣等生 追憶編を無料で視聴できるおすすめ配信サービス!/

配信サービス 配信状況 無料期間とポイント 月額料金
unextU-NEXT

見放題

31日間無料
600ポイント今すぐ視聴
2,189円
fodFODプレミアム

見放題

14日間無料
900ポイント今すぐ視聴
976円
danimedアニメストア

見放題

31日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
440円
abemaABEMA

見放題

14日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
960円
huluHulu

見放題

14日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
1,026円
telasaTELASA

見放題

15日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
618円
primevideoAmazonプライムビデオ

見放題

30日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
500円
netflixNetflix

見放題

無料期間なし
ポイントなし今すぐ視聴
990円
musicjpmusic.jp

レンタル

30日間無料
1,600ポイント今すぐ視聴
1,958円
crankinクランクイン!

レンタル

無料期間なし
3000ポイント今すぐ視聴
990円
tsutayaTSUTAYA DISCAS

レンタル

30日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
2,052円
dtvdTV

未配信

31日間無料
ポイントなし未配信
550円
paraviParavi

未配信

14日間無料
ポイントなし未配信
1,017円

※月額料金は全て税込。また付与されるポイントは無料期間中のものになります。

 

U-NEXTお試し期間を利用すれば[魔法科高校の劣等生 追憶編]の動画を全話無料視聴できます。

お試し期間中は600円分のポイントもくれるので、非常にお得な配信サイトです。

 

U-NEXTの登録方法と解約方法
[登録方法] U-NEXTの公式サイトから「まずは31日間 無料トライアル」をクリック
お客様情報を入力、「次へ」をクリック
決済方法を選択し、決済情報を入力
入力した情報に間違いがなければ「送信」をクリック
「ご登録ありがとうございました」が確認出来れば登録完了。
※ちなみに決済方法をキャリア決済にすると登録がスピーディーです。[視聴方法] U-NEXTの検索窓から作品名など入力。
検索結果から視聴したい作品を選んで視聴。[解約方法] U-NEXTのメニューの中にある「設定・サポート」をクリックして「契約内容の確認・変更」をクリック
”ご利用中のサービス”内にある「解約はこちら」をクリック
解約前の無料期間を確認し、「次へ」をクリック
任意のアンケートあり(回答はしなくても大丈夫です。)
解約時の注意事項を確認し、「同意する」にチェックして「解約する」をクリック
「解約手続き完了」と画面に出てきたら解約は完了です。
※解約するまでにポイントは出来るだけ使い切りましょう!
U-NEXTの特長と楽しみ方
U-NEXTの特長一覧表
unext
月額料金:2,189円(無料期間終了後に課金開始)
無料期間:31日間
解約料金:0円
ポイント付与:1,200P(無料期間中は600P)
アニメ作品数:4,000作品
マンガ作品数:320,000作品
ラノベ作品数:40,000作品
【U-NEXTの6つの特⻑】
  • 【U-NEXTの特⻑】
      • 見放題動画220,000本、レンタル動画30,000本の作品を配信中!
      • 映画やアニメはもちろん、漫画をアプリで読める!
      • 毎⽉1,200ポイントもらえる。
      • マンガを購⼊する場合、最⼤40%ポイント還元。
      • ファミリーアカウントで、さらにお得。
      • ダウンロードして好きな時間、好きな場所で視聴が可能。

魔法科高校の劣等生 追憶編のアニメを全部見終わった後でもU-NEXTでは魔法科高校の劣等生 追憶編をさらに楽しむことができます。

魔法科高校の劣等生 追憶編の原作はマンガで、そちらもU-NEXTで配信されていて登録すると読めるようになります。

【魔法科高校の劣等生 追憶編の続編をU-NEXTで漫画で見る

 

 

 

魔法科高校の劣等生 追憶編の動画をYouTubeなどの動画共有サイトで視聴する方法は?

YouTubeなどを含む海外の動画共有サイトでは非公式にアニメの魔法科高校の劣等生 追憶編が配信されていて無料で視聴できる動画もありますが、画質が悪かったり、余計な広告が出てくる場合もあります。

注意:海外の動画共有サイトからアニメをダウンロードしたり視聴する方法は違法で危険!

海外の動画共有サイトを利用してアニメを視聴する方法はウィルスに感染するなどのリスクは当然つきまといます。

さらに2020年から法律が厳しくなったので海外の動画共有サイトを利用してアニメを視聴していると違法になり処罰される可能性が高くなります。

なので動画配信サービスの無料のお試し期間やポイントを利用して安全に安心して、全話無料でフル視聴しましょう!

特に魔法科高校の劣等生 追憶編の場合はU-NEXTであれば通常、月額2,189円ですが登録して最初の1ヶ月は完全無料で全話フル視聴ができるのでおすすめです!

\登録はこちらから!/

 

魔法科高校の劣等生 追憶編の登場人物の紹介

司波達也(しば たつや)
声優:中村悠一
司波達也は、第一高等学校2科の1年生。四葉組の一員で、フォーリーブス・テクノロジー(FLT)社の社長の長男。兄弟は司馬深雪のみ。4月生まれの柴と3月生まれの深雪は、日本の学校制度では同学年である。1年生の成績は、みゆきがトップ、達也は最下位に近い。学校では、高得点の生徒である花と、低得点の生徒である雑草とに分かれている。
達也は、妹や友人と接するとき以外は、とても冷たい性格のように見える。

司波深雪(しば みゆき)
声優:早見沙織
司馬深雪は、第一高等学校1科の1年生。司波達也の妹で、3月生まれ。3月生まれで、上流階級とされるブルームである。現在、新入生代表を務めており、校内でも有名な存在。
非常に美しいと評され、どこに行っても注目を浴びる。しかし、その一方で控えめで優しい性格。兄への恋心を強く抱いており、時折その感情を見せる。兄を天才と思い込んでいるため、兄が魔法使い予備軍であることを申し訳なく思っている。また、父親は深雪のことばかり気にしていて、達也のことは完全に無視。そのことがとても悲しく、弟を哀れんだり、けなしたりすると、泣いたり怒ったりする。

司波深夜(しば みや)
声優:井上喜久子
司波深夜は、達也と深雪の母親である。四葉家の一員で、現当主の四葉まやの双子の妹。
しかし、ライトノベルの連載開始前に、体調不良で美哉は亡くなっている。初登場は、現在の時間軸より3年前の2092年に起こった「追憶の章」である。

桜井穂波(さくらい ほなみ)
声優:遠藤 綾
桜井穂波は、四葉一族が構築した初代桜シリーズの一員。司波深夜のガーディアンでもある。
回想編では、司波家を別荘に迎え入れた人物として紹介された。

 

魔法科高校の劣等生 追憶編のエピソード別あらすじ

第1話 Chapter.1

あらすじ 2021年12月31日放送
2095年4月。魔法が実際の技術として確立されてから1世紀が経過した。二人の兄妹は、魔法使いのための名門校、国立魔法大学付属第一高等学校、通称 “魔法科高校 “に入学する。兄の達也は魔力に致命的な欠陥がある “イレギュラー “である。妹の美雪は、類まれな魔力の才能を持つスター生徒。

今でこそカップルと勘違いされるほど仲の良い二人だが、ほんの数年前までは主従関係でしかない機能不全の関係だった。しかし、ある事件をきっかけに二人の関係は一変する。3年前の沖縄で、ある忘れられない体験が、2人の魂と運命を大きく変える。

今すぐ魔法科高校の劣等生 追憶編のアニメを視聴する

第2話 Chapter.2

あらすじ 2022年1月7日放送
 

今すぐ魔法科高校の劣等生 追憶編のアニメを視聴する

第3話 Chapter.3(最終回)

あらすじ 2022年1月14日放送
 

魔法科高校の劣等生 追憶編のアニメの評判は?感想と見どころをレビュー

 

Baさん 総合評価 7
このPrequel Specialを見る前に、S1、S2を見てストーリーを理解しておく必要があります。

S1が始まる前(みゆきがブラザーコンプレックスを持つ前)の話で、アニメが始まる前に2人がどのように関わっていたかが描かれています。

アニメーションは、8bitが大いに活躍し、キャラクター展開もあり、音も良い。ストーリーは良いのですが、S1やS2のように素晴らしいものではなく、もう少し長ければもっと良くなったのではないかと思います。

S3では、どのように物語が進んでいくのか、楽しみにしています。

8manさん 総合評価 10
まず、このスペシャルを見る予定があるのなら、あなたは既にまほうかや、過去に出た様々なアニメをかなり知っているはずです。このスペシャルでは、達也と美雪の関係、そしてそれがどのように発展して現在に至ったかに多くの光が当てられていました。そして、重要なキャラクターも登場しました。これ以上話すとネタバレになってしまうので、これ以上は控えます。

また、「魔法少女まどか☆マギカ」を知っている人なら、達也が絡むとどのような展開になるかは想像がつくと思いますので、そこも驚きはありません。また、「まほうつかい」を知っている人なら、達也が絡むとどのような展開になるのか想像がつくと思うので、そこも驚きはありません。全体的に、ある程度予想がつくとはいえ、展開がわかり、達也というキャラクターの核心に迫るのは非常に楽しいことでした。

まほうかファンにはぜひおすすめしたい作品です。

Godさん 総合評価 5
このスペシャルは、「まほうつかい」シリーズでは当たり前のもので、悪いものです。

しかし、達也が誰であるか、どのようにして生まれたか、そして美雪との関係を理解するためのミッシングリンクであるという点で、興味深い役割を担っている。それについては後で詳しく述べますが(ネタバレになると思いますが)、今度は表面的な問題です。

いつものように、この番組はナレーション過多の問題を抱えています。このアニメは、全編を通して美雪がナレーションを担当し、無意味な説明や伝承を垂れ流し、本来は演出やアニメーションから伝えるべきことを伝える手段として使われています。まほうか」のアニメシリーズは、アクションシーンを含む、よくできたビジュアルノベルと呼ぶにふさわしい作品です。

さて、構成面では、もう2つ不満があります。1つ目は、物語の組み立てです。現代の美雪と達也が島にやってきて、過去の思い出を語るというのは、起承転結の枠組みとしては最悪です。過去から始めて物語に没頭し、最後にタイムスリップで現代に戻り、登場人物たちがどのように成長し、どこへ行こうとしているのかを思い起こさせる方がよかったのではないでしょうか。
2つ目の不満は、プロットそのものだ。プロットが存在しないのだ。幕の構成が一切ないのだ。達也が紹介される。美雪に様々な影響を与える出来事が起こり、達也が力を発揮し、大きな戦いがあり、美雪のアークは残りのシリーズを開始するための現状に引き上げられるのです。その結果、この特別編には勢いも推進力もない。また、アクションやプロットの進行は(信じられないほど雑ではあるが)すでにたくさんあるので、これを「スライス・オブ・ライフ」サイドストーリーと呼ぶことはできない。ただ、非常に悪い、普通の物語です。

オリジン・ストーリーの面では、コンセプトとしての問題があり、そのほとんどは必ずしも脚色的な問題ではなく、ストーリー自体の一般的な問題である。

まず、オリジン・ストーリーがあるとして、それをどのような形で提供するのがベストなのでしょうか。一般的には、最初からキャラクターを設定し、そのキャラクターがどのようにして今の姿になったかを説明するのが良いと思います。しかし、今回のスペシャルは達也がすでにOPゴッドになっているところから始まります。しかし、このスペシャルは、達也がすでにOP神になった後、達也と美雪が知り合い、多くのファンが知っている近親相姦的な兄妹コンビを形成するところまでしかカバーしていないのです。では、なぜオリジン・ストーリーと呼ぶかというと、実はオリジン・ストーリーではないのです。それは、ラスト10分で達也の生い立ちがすべて情報ダンプで落とされるからだ。これは、いくつかの理由でひどいアイデアでした。まず、手術を受けて感情のないOP神になる前の達也を見ることができなかったので、達也が何を失って今の姿になったのかがよくわからない。そのため、私たちは達也が何を失って今の姿になったのかを理解することができません。
そのため、美雪が達也の生い立ちを知ったとしても、彼の苦しみに表面的にしか共感できず、あまり意味がないのです。

もうひとつは、母親が達也をどう見ているかということです。まともな魔法が使えない達也は、美雪のボディガード以外の何者でもない。しかし、今回の特別編、そしてその後の番組でわかるように、彼は実質的にみゆきよりも四葉一族の戦力であり、アニメでこれまで出会った他のキャラクターよりもずっとずっと役に立つ存在なのです。だから、政治的な観点で彼が次期リーダーの資格を持たないことは理解できても、実の母親が彼を失敗作として見下すことにどんな意味があるのか、理解できないのです。その理由は原作に正当に存在するのかもしれないが、これが今後の物語全体の土台となることを考えると、非常に伝え方が悪い。

全体的に、これは演出も脚本もキャラクターも稚拙だが、よくできた「まほうつかいスペシャル」である。つまり、一般的なまほうかスペシャル。

pokisukeさん 総合評価 8
映画と2期の前にこのスペシャルを見よう!

ストーリー: 7.5 このライトノベルの8巻は、ストーリー的にはシリーズの中で一番好きな作品でした。このアニメはそうではありませんでした。このアニメのアークも良かったですが、1期の方が良かったです。このアニメは、マッドハウスから8Bitに移行し、新しい監督を迎え、ビジターアークを混乱させたのと同じ監督であることが大きな要因である。ネタバレになりますが、ライトノベルはストーリー展開が直線的でないため、より興味深いものでした。この小説は、「訪問者」編が終わった直後と、その数年前の島、そしてマヤの子供時代とを行き来しています。マヤとミヤもそうですが、マヤの子供時代やヨツバ一族の歴史が描かれた章は “アンタッチャブル – 2062年の悪夢 “と呼ばれています。また、タツヤとマヤの緊迫した瞬間もあり、とても興奮しました。今回、監督は物語の流れをうまく作ってくれたが、このような内容のカットが続くと、いいものができない。ビジターアークの最後のアニメオリジナルのコンテンツは面白かったのですが、カットされたコンテンツの方がずっとよかったです。なぜ両方がないのでしょうか?ライトノベルから道を踏み外しすぎな気がする。次のシーズンが発表されましたが、まだ8bitと一緒だと思うので、何とか次のシーズンで「2062年の悪夢」を入れて、ビジターアークの変更点を修正して、軌道修正して欲しいです。

アート:9.5 アートとアニメーションを区別することが重要です。アニメーションはかなり良く、大きな欠点などはありませんでしたが、特別なものではありませんでした。明らかに悪いCGなどは見当たりませんでした。特別なのは美術です。キャラクターデザインは私が見た中で最も美しく、スタイルもエレガントに洗練されています。まほうかこうのゆううつせい」を見た後だと、特にみゆきがかつての輝きを取り戻しているのが嬉しい。あのアニメのアートスタイルは、漫画に従おうとしていたが、ひどい有様だった。今回のスペシャルでは、メインキャラクター全員が素晴らしい姿を見せてくれました。特に、みゆきが前面に出ているときのスクリーンショットは、スクリーンショットを撮るに値するものです。また、綾子のドレスアップした姿を多く見ることができたのも嬉しいことでした。また、美弥のキャラクターデザインを見るのはこれが初めてではないにしろ、驚異的な出来栄えです。

サウンド:9 音楽を担当したのはもちろん岩崎琢ですが、相変わらず素晴らしい出来です。彼の技術的な音楽はいつも「魔法少女まどか☆マギカ」にぴったりです。魔法バトルは彼なしではありえないでしょう。ただ一つ不満なのは、スペシャルでは最後の4分の1まで大規模な魔法がほとんど出てこないことです。彼のハイテク音楽は、手と手を使った戦闘にはあまり合っていないような気がします。これは、達也が水辺で美雪をかばう場面で最も実感したことです。また、声優の演技も少し変です。中村監督に、達也はまだ中学生なんだよと教えてあげないといけないと思います。少なくとも40歳には聞こえる。早見は若く聞こえるように少し頑張っていますが、ちょっと無理がありますね。音楽は最高のパートなので、時々音楽が話し声をかき消すのは良いことかもしれません。

キャラクター:8 アニメを見た人たちは皆、達也のことを「淡々としたMC/自己挿入」と思っているようです。でも、物語が進むにつれて、彼の良さがわかってくると思います。このスペシャルですぐにみんなが変わることはないでしょうが、良い方向に向かうことは間違いないでしょう。アニメでは達也に媚びを売っていた美雪が、神通力を理解する前の姿は正直新鮮でした。ただひとつだけ難点を挙げるとすれば、彼女の心変わりが早すぎるということです。ずっと好きじゃなかったのに、30分後には好きになって離れられなくなるとか?もう少しゆっくりとした展開が欲しかったです。

楽しさ:8 本当に楽しくて、最後はちょっと切なかったです。戦いもいいし、正直一度だけ綾子に会えただけで楽しさ倍増でした。彼女は本当に楽しいキャラクターです。2062年の悪夢」はカットしないでほしかった。あのシーンと達也とマヤのお茶の時間がカットされていたので、楽しさが半減してしまいました。

全体的に。8.5 このアニメが面白かったのは、17:23に貢が達也を睨んだところです。ライトノベル16巻あたりで、貢がなぜ達也を怖がっているのか、敵意を抱いているのかが分かると思います。この目線の細かさが、このアニメのこだわりを表しています。このような伏線があると、先を読んだ人がより楽しめるアニメになりますし、全部の小説を映像化する予定があるのではと期待できますね。全体的に、このスペシャルは映画やビジターアークのずっと前にリリースされるべきだったと思っていますが、今ここにあってよかったと思います。

ディルさん 総合評価 9
しかし、全体的に見ると、達也の背景がよく描かれており、悪魔の光のアクション(敵が粉々に分解されるシーンは壮絶)をもっと見せてくれれば、もっと好きになった。漫画もライトノベルも読みましたが、驚きの連続です。海外ではあまり知られていない名作なので、ぜひシリーズを続けてほしいです。また全シリーズを見返したいです。アニメーター、スタッフ、裏方の皆さん、素晴らしい仕事をされました。100/10私のうつ病を治してくれました。

レフティ1さん 総合評価 7
このスペシャルは素晴らしかったです。ライトノベルに忠実に沿っていれば10点満点です。残念ながら、そうではありませんが、それでも素晴らしい作品です。カテゴリー分けはせず、良いところと悪いところをまとめておきます。

まず良い面.

1)このスペシャルに収録されたシーンは、本当によくリスペクトされていました。

シーンと言っても、レツセイのライトノベルは、劇のような構成になっています。次から次へと、いろんな場所、いろんな登場人物でシーンがあるじゃないですか。このスペシャルに収録されたLNのシーンは、正真正銘のリスペクトで、本当によくできていました。時間をかけるべきところはかけ、流れやリズムもよく、LNを忠実に再現しています。

ここでネタバレ注意です。

例えば、美雪の家族が撃たれるシーンで、このスペシャルはLNにもあった素晴らしいことをやってくれました。美雪を癒した後に、達也の母親を一時的に癒したのです。そして、3発の銃弾を受けて瀕死の状態の母親の頭を、笑顔でなでたのです。このシーンは、達也が美雪のために、たとえ相手が自分の母親であっても、四葉の命令には従うということを理解させるために作られた。とても重要な部分です。

ネタバレここまで

収録されたすべてのシーンは、本当によく脚色されています。

2)アニメーションが素晴らしい。

素手の戦いに流動性がないのが気になったが、見ていて恐くはなかった。魔法のアニメーションも見やすく、その点でもLNをリスペクトしているのが素晴らしいです。

LNでは、魔法で狙ったものがどうなるかという描写がありますが、このスペシャルのアニメーションは、実際の効果を完璧に表現していましたね。

3)サウンドの部分は素晴らしく、おそらくこのスペシャルで最も成功した部分だと思います。

まず、OSTが本当に気持ちよく聴けます。レッチリは音楽面で決して問題がなかったし、このスペシャルも期待を裏切らなかった。

SFXも素晴らしいです。魔法の効果音や呪文の音……つまり。そして最後に、声優陣です。

このスペシャルでの声優さんたちは、素晴らしい仕事をしました。特にタツヤとミユキ。このパートは達也と美雪に特化して作られているので、今のキャラクターの心境に合わせた声の演技が必要なシーンがたくさんありました。基本的に美雪が達也に心を開いていく物語ですから。そして、お二人とも素晴らしい演技をされていたと感じています。

4)キャラクター造形が素晴らしい。

LNに沿った内容なので、みゆきと達也、そして他のキャラクターのキャラクター展開が素晴らしかったです。直後に見ることになる悪い面がなければ、完璧な作品だと思います。

5)キャラクターデザインが美しかった。

このリアルなタッチでありながら、大きく引き締まって描かれています。今時のゴミ3Dアニメが憧れるようなキャラデザです。

そして、レッチリ1期、2期で使用したコールドアートを使用しているのも良いですね。というのも、実際に勇利のシーズンを見てみると、勇利のキャラデザは実はレツセイのライトノベルにあるものに一番近いんです。

でも、個人的にはレッチリのアニメの方が好きです。キャラクターの特徴がより強調され、セクシーな女性はアニメでよりセクシーになり(誇張なし)、かわいい女の子はよりかわいくなり、達也の怒りモードはアニメでより怖くなりました(これは良いことです)。

悪い面 :

1) 物語の半分が欠けている。

脚色されたシーンが大きく出来ていると言ったのは、多くの重要なシーンが脚色されていなかったからだ ! スペシャルがなぜ現在から始まるのか?なぜなら、この物語は通常、過去と現在を行ったり来たりするものであり、多くの重要なことは現在に起こるからです。

過去に重要なシーンがあった後、現在に戻り、レッチリの実際のストーリーが展開されます。また、過去のシーンと現在のシーンで同じキャラクターが出てくるので、パラレルになっています。例えば、2092年に達也が若いいとこである黒羽夫妻と出会うシーンの後、2095年に戻って、実際に現在の黒羽夫妻のシーンが出てくるんです。過去に風間と話し合っている時に、現在に戻ると風間がマヤに相談したいことがあるからここにいるんです。だから、物語とサイドキャストが同時に展開されるわけで、それがないのは残念です。

このスペシャルは通常、ファーストシーズンの直後、2096年ではなく2095年に起こりますから。シーズン1の最後に美雪がマヤに会いに行くというのは、シーズン1で起こった大アジア連合との戦いの完結編なんです。

これは本当に残念なことです。だって、この前後編が実はこの巻の良さなんですもの。

過去のシーンはキャラクターを成長させることが主目的で、現在のシーンはレッチリの実際のストーリーを発展させることが主目的であると、私たちはほとんど言うことができます。

そのため、ストーリーの部分が欠落しており、キャラクター育成にのみ焦点が当てられています。その理由のひとつは、シーズン1の後に起こる出来事をシーズン2にしたことだと思います。このスペシャルは通常シーズン1の文字通りJUST後なので、アニメではシーズン2の後と定義されているように、2096年という時代にそぐわないため、現在と過去の行き来を入れられなかったのでしょう。巻数でいうと、このスペシャルの巻は8巻ですが、12巻の途中に登場するような作りになっています。レトセイという時間次元では、ほぼ1年の差があるのです。

2)過去のシーンも入れ忘れたため、キャラクター造形に物足りなさを感じる部分がある。そのため、矛盾が生じる。

ネタバレ

もう一度、例を挙げて説明する。

風間は達也を基地に誘う。なぜ?ジョーを殴ったから?いいえ。

LNでの風間との会談で、達也は魚雷の性質と、魚雷から敵の何が推測できるかを説明し、それは貴重な情報であった。だから風間は達也を基地に招いたのだ。

もうひとつ重要なシーンが抜けていて、美雪は達也に冷たい態度をとっていたのが、あんなふうに私たちの知っているブロコンシスターになったわけではありません。船の事件の前に美雪と達也が海に行ったシーンがありましたが、美雪が浜辺で寝ている間、達也は何時間も美雪を起こさず、危害を加えようとする人たちから守っていたのです。

そして、家に帰ると、桜井は達也の怪我を治そうとしながらそのことを相談し、その会話を美雪が聞いていた。それは、美雪に達也の本当の姿を認識させる転機となった。

ネタバレあり

だから、そういうシーンがないのは、実は残念なことなんです。本編では絶対にないのに、キャラ作りが急がれる部分があると思うんですね。

結論から言うと、悪い面は主に2つしかないのですが、スペシャルには本当に影響があります。

また、LNを読んでいない人にとっては、キャラの成長が急ぎ足に感じられるでしょう。

アニメやテレビ番組、あるいは本が素晴らしい作品であるためには、ストーリーとキャラクター開発が2大要素となるのです。だから、他の部分がよくできているのに、それらに影響があるのは残念です。

あるごんさん 総合評価 7
このアニメのストーリーがだんだんわからなくなってきた、原作アニメの前日譚ではあるが。大筋も覚えていない。アニメは問題なく、兄の力が発揮されているのがわかる。プロットの開発は、私には良いように見えた後、また、文字がよく10年遅れているが良いので、それが正当化されるように、今の文字のそれ。サウンドトラックは、配信と追加するために他のほとんどを提供します。ここで我々はそれが獣であると殺すと恐れることなく殺すために何であるかを参照してくださいので、私はあなたが主人公opが好きなら、それをお勧めします。オリジナルのアニメを見てから、これを見ることをお勧めします。

カシンドラさん 総合評価 6
最初に断っておきますが、私はライトノベルを読んだことがないので、アニメシリーズしか見ていない人間からの視点で書きます。

この映画は、まほうかファンなら誰でも楽しめる可能性が高いが、この映画は良かったか?というと、そうでもなく、まあまあでした。ストーリーはまあまあ、作画は微妙にずれているように見えるシーンもあったし、キャラクター造形は笑ってしまうようなところもあった。

物語はみゆきが過去を回想するところから始まりますが、ここからが物語の問題点でもあるのです。誰が見ても過去を思い返すところから始まるのは不要というか、納得のいく形で終わっていない気がした。映画の始まりと終わりは、この映画がほとんど描いている過去の出来事と、それほどつながっているようには感じられませんでした。たしかに同じ世界の、同じ登場人物の話なのだが、特にエンディングはそれまでの話をうまく完結させておらず、物足りなさを感じる。基本的に過去の出来事を思い起こさせるようなものを見て、それを反省した上で、ただただ肩をすくめて進んでいるように感じられた。

過去の回想は、同じ続き物の中で、そのキャラクターの現在の状態や性質に実際に役立つのであれば、物語の要素として問題ありません。例えば、その回想がシリーズの1話であれば、別のエピソードでそのキャラクターの現在の行動や展開に結びつけば全く問題ありませんが、この映画では、たとえそれが独立した映画ではないとしても、同じ映画内で、現在生きようとしている過去を振り返る何かがあるはずなのです。例えば、みゆきが過去に学んだことを実践している姿を最後に見せてもいい。そうでなければ、回想はほとんど意味をなさないし、映画は過去の出来事だけで始まり、終わった方がよかったと思う。

もうひとつの問題は、みゆきのナレーションである。登場人物が自分の内心を語りすぎて、それを通して人格が見えてしまうのは、ただの怠慢でしかない。確かにナレーションで面白くなる場面もあったが、あまりにも多すぎる。

アニメーションは、冒頭の戦闘シーンでやや違和感がありました(後半の戦闘シーンは問題なく、よく見えました)。流れが悪く、構えが自然でなく、一部のシーンではポーズが崩れているようにさえ見える。

キャラクター造形もひどいと感じることがありました。この作品は、みゆきが「レットーセイ」で「おにいさま」になるまでの過程を描いているのですが、そこに至るまでが急ぎすぎで無理やり感がありました。最後の気持ちの変化も自然とは思えなかった。冒頭の段階的な盛り上がりは、理にかなっていてよかったし、無理やりの急ぎ足でもなかった。しかし、クライマックス(実際には全くテンションが上がらず、クライマックスとは感じられなかった)の直後に、それまでの出来事がもたらすものとは感じられないような、突然の完全な心変わりをしたのである。確かに達也への最終的な想いに向かって舵を切ることになるのだが、その直後はそこまで完全にいかない。

この映画は、実はMCUのエターナルと同じ問題、つまり脇役のキャラクター展開、いや、脇役のキャラクター展開の欠如に悩まされているのです。脇役に対してのクローズアップや深堀りがあまりなく、これらの脇役は主人公の成長にとって重要であるにもかかわらず、キャラクター不足に悩まされていました。一部のキャラクターは、最後に急ごしらえの短い演説で内心の一部を表現するだけで、その内容は主人公と密接に関係するようなものでした。また、複雑な性格の持ち主であるはずなのに、それを表すセリフが1つしか出てこない人もいました。この映画は、このような特殊な脇役を掘り下げる絶好の機会だったはずです。

結局、LNではない観客の立場からすると、ライトノベルを踏襲していればこの映画がどうなっていたかは分からないが、映画には不満な要素もあった。