オリエントのアニメ動画を全話無料フル視聴する方法!見逃し配信サービスまとめ

 

 

オリエントの動画を無料視聴できる配信サイト比較一覧

オリエントのアニメを無料で視聴できるおすすめ配信サービス!/

配信サービス 配信状況 無料期間とポイント 月額料金
huluHulu

見放題

先行配信

14日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
1,026円
dtvdTV

見放題

先行配信

31日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
550円
unextU-NEXT

見放題

31日間無料
600ポイント今すぐ視聴
2,189円
fodFODプレミアム

見放題

14日間無料
900ポイント今すぐ視聴
976円
danimedアニメストア

見放題

31日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
440円
abemaABEMA

見放題

14日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
960円
telasaTELASA

見放題

15日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
618円
primevideoAmazonプライムビデオ

見放題

30日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
500円
musicjpmusic.jp

レンタル

30日間無料
1,600ポイント今すぐ視聴
1,958円
crankinクランクイン!

レンタル

無料期間なし
3000ポイント今すぐ視聴
990円
paraviParavi

未配信

14日間無料
ポイントなし未配信
1,017円
netflixNetflix

未配信

無料期間なし
ポイントなし未配信
990円
tsutayaTSUTAYA DISCAS

未配信

30日間無料
ポイントなし未配信
2,052円

※月額料金は全て税込。また付与されるポイントは無料期間中のものになります。

 

huluお試し期間を利用すれば[オリエント]の動画を全話無料視聴できます。

 

万が一見逃した場合も全話配信、どこでも好きな時間に視聴可能!huluは動画の配信数が豊富で、無料視聴できる見放題のアニメもたくさんあります!

見逃した「オリエント」を無料期間中に見終わったあとも他のアニメを楽しむことができるのでオススメです!

 

Huluの特長
huluHulu 月額料金:1,026円(無料期間終了後に課金開始)
無料期間:2週間
解約料金:0円
総作品数:70,000本以上
アニメ作品数:約800作品
【Huluの特⻑】

    • Huluは独占配信されているアニメが多数あり!
    • ほとんどのアニメが見放題
    • 最新のアニメ映画もレンタル

動画配信サービスの「Hulu」についての詳細な情報はコチラから

 

 

 

オリエントの動画をYouTubeなどの動画共有サイトで視聴する方法は?

YouTubeなどを含む海外の動画共有サイトでは非公式にアニメのオリエントが配信されていて無料で視聴できる動画もありますが、画質が悪かったり、余計な広告が出てくる場合もあります。

注意:海外の動画共有サイトからアニメをダウンロードしたり視聴する方法は違法で危険!

海外の動画共有サイトを利用してアニメを視聴する方法はウィルスに感染するなどのリスクは当然つきまといます。

さらに2020年から法律が厳しくなったので海外の動画共有サイトを利用してアニメを視聴していると違法になり処罰される可能性が高くなります。

なので動画配信サービスの無料のお試し期間やポイントを利用して安全に安心して、全話無料でフル視聴しましょう!

特にオリエントの場合はhuluであれば通常、月額1,026円ですが登録して最初の2週間は完全無料で全話フル視聴ができるのでおすすめです!

\登録はこちらから!/

 

オリエントの登場人物の紹介

武蔵
声優:内田雄馬

鐘巻小次郎
声優:斉藤壮馬

服部つぐみ
声優:高橋李依

武田尚虎
声優:日野聡

犬飼四郎
声優:下野紘

犬坂七緒
声優:和氣あず未

小雨田英雄
声優:羽多野渉

真田青志
声優:石谷春貴

山本春雷
声優:大西沙織

鐘巻自斎
声優:小西克幸

 

オリエントのエピソード別あらすじ

第1話 武蔵・小次郎

あらすじ 2022年1月11日放送
強大な力を持つ鬼神を筆頭とする異世界の鬼が出現し、人類は新たな鬼神に仕えることを余儀なくされた。150年にわたる鬼の支配の後、人類の自由を守るために残された唯一の力は、武士の一団だった。これは、最強のブシ・バンドを結成することを夢見る2人の若者の物語である。

今すぐオリエントのアニメを視聴する

第2話 武士の誇り

あらすじ 2022年1月18日放送
武蔵と小次郎は、出現した強力な鬼神に挑むが、100年以上も日ノ本を支配してきた鬼の階級に、果たして二人は立ち向かえるのか?

今すぐオリエントのアニメを視聴する

第3話 外の世界

あらすじ 2022年1月25日放送
武田武士団の登場で、武蔵は必死になって紀信を先に倒す。

第4話 小雨田武士団

あらすじ 2022年2月1日放送
謎の少女に車を盗まれた武蔵と小次郎の旅は、たちまちトラブルに見舞われる。

第5話 明日を選ぶ

あらすじ 2022年2月8日放送
武蔵と小次郎は小雨田城の牢獄からの脱出を迫られ、紬は仲間を守りたいという気持ちと威圧的な父の命令との間で板挟みになっていた。

第7話 水中では生きていけない

あらすじ 2022年2月15日放送
 

第8話

あらすじ 2022年2月15日放送
 

オリエントのアニメの評判は?感想と見どころをレビュー

ジブラさん 総合評価 4
映画化されると聞いた時点で駄作になることは分かっていた、覚悟の半分は好奇心からだったとはいえ、原作が期待外れでも、スタッフがそれを悪化させる素晴らしいアイデアを持っていたと言うのは、とても残念なことである。

ストーリー: 2/10
今のところ、「オリエント」を表現するのに最適なのは、「ごちゃごちゃしている」「入り組んでいる」ということだ。オリエント」の伝承は、何をするのか説明できない奇妙な力、どこからともなくやってくる奇妙な筋書き、乱れたテンポなどで、混乱と矛盾を引き起こし続けている。時には超つまらなくなり、扱うのが恐ろしくなることもあるが、何か興味をそそられ始めると、3話以降も登場人物がすぐに一発芸をしたり、動機がはっきりしないまま、突然止まってしまうのである。自分の世界に巣食う魔物たちを滅ぼすと誓ったワル侍になりたいのはわかるが。そこで、次のポイントです。

キャラクター。3/10
主人公がめんどくさい。途中で何の展開もなく、妙にこだわった幼稚な動機を叫びたくなって、目を丸くしてしまった。楽をし始めると癇癪を起こし、平気で外に出て行ってしまう。私は、キャラクターが魅力的で好感が持てるなら、後先考えずに敵にガンガンぶつかっていっても構わないと考えていることを肝に銘じておいてほしい。少なくとも、いい子でちょっと頑張って、ロリハーレムをたくさん手に入れて、いい子でOPを務めることが個性だと思っているためにいるわけではないのですから。

つまり、よくよく考えてみると、この番組は、記憶に残るキャラクターで真に没入できる物語というよりも、声優の素晴らしい才能を見るためのものなのだ。

アート:4/10
キャラクターデザインは問題なく、マギのアートスタイルが再び戻ってきたことを嬉しく思う。この作品の良さは、一般的な少年漫画のように、どこか美味しそうな絵柄で楽しませてくれるところです。しかし、2話が出たあたりから、アニメーションが合わなくなってきました。

情熱的で心のこもった作品を作るよりも、お金を稼ぐためにこれを作ったのでしょう。硬い動き、何度も繰り返されるアクション、美味しいナッツを割るアクションよりもポーズを多用することが、私には受け入れられませんでした。このようなアニメーションのアクションアニメは、爆発寸前まで私を怒らせる。

楽しめました。6/10
かなりひどい出来だが、この金食い虫のような作品にも、ある種の楽しみを見出すことができる。頭のスイッチを切り、ストーリーに身を任せ、24分間声優の声を聞きながら、いかにひどいジョークであるかを笑わないように頑張れば、最高の作品になると思う。好きな声優の声を聞くのが好きな人は、それなりの時間をかけて楽しめるのでいいと思いますが、何かすごいことやクリエイティブなことを期待しないほうがいいでしょう。

 

ムサさん 総合評価 6
武蔵と小次郎は、鬼神と呼ばれる悪魔のような圧制者と戦いたいと願う反抗的な十代の若者たち。しかし、誰もが鬼神は悪ではないと信じるように強要されているため、仲間たちからいつも落胆されている。しかし、この2人は、民衆の解放のために戦うことを恐れていなかった。

さて、オリエントの評価は?強いて言えばOK。少年漫画のシリーズに期待される一般的なチェックリストを満たしている。幼なじみの2人が一緒に世界に挑戦することを約束し、2人が年を取ると相反する意見の違いから疎遠になる、などなど。しかし、武蔵も小次郎も立派な主人公で、自分たちが置かれている社会的な制約を痛感している。
武蔵と小次郎が異なる人生経験を持っていることを番組が認めているので、小次郎が自分の運命に諦めている一方で、武蔵が自分たちの未来のために戦う覚悟を持っていることが容易に理解できます。武蔵は故郷の差別的な態度に悩まされることはなかったが、小次郎は反骨の武士の家系であるため、悩まされることになった。小次郎は謀反人の家系で、武蔵は故郷の差別を受けたが、小次郎は謀反人の家系で、武蔵の危機を知り、慎重になるのは当然である。しかし、この二人は、不公平な世の中で、互いに気を配ろうとする、ただの善良な少年たちなのだ。

人類がいかに早く悪魔の支配者に服従するように洗脳され、一方、武士(人間の戦士)は “悪者 “とみなされるのを見ると、不気味に感じるほどです。きっと、まだ見ぬ有能な悪魔のヒエラルキーがあるのでしょうが、それまでは、以下のおかしな猫の悪魔をご覧ください。
また、シリーズ構成が国沢マリ子であることも特筆すべき点で、彼は「本の虫」の多くのエピソードを書いたことでも知られているので、組織的な抑圧のテーマが適切に扱われている理由にもなっているのだろう。それはさておき、友情の力が勝利し、主人公たちはバイクのクリスタルハイブリッドで夕日に向かって一緒に走り出した。

オープニングとエンディングのテーマからすると、このコンビは今後トリオになるようだが、乙女チックな存在ではなく、キャラクターに深みが出てくることを素直に期待したいところだ。呪術廻戦」が教えてくれたことは、女性キャラクターもしっかり描かれていて、なおかつキックもできるということです。この時点で、他の少年漫画のタイトルが追随しない言い訳はないだろう。
もし、普通の少年漫画を探しているのなら、ぜひ見てみてください。

 

モナドキさん 総合評価 1
オリエントは、原作がとにかくひどい駄作なのに、アニメになったという番組です。さらにひどい。なぜかって?アニメの方がひどいのは、アニメがひどいからです。そして、私が「オリエント」のマンガから楽しみを得た唯一の理由は、そのアートがクソ素晴らしいもので、冒頭でマンガ全体を支えていたからである。

しかし、「オリエント」が好きな人、あるいはまともだと思う人に、良いニュースと悪いニュースがある。良いニュースは、この漫画が劇的に良くなり、よりオリジナルになったということで、悪いニュースは、今度のアークの1つが、文字通り主人公にほとんど焦点が当たっていないということです。でも、そのアークが終わったばかりで、もうその時点は過ぎているので、そうなんです。この漫画が完全に絶望的だとは思わないし、まともになるかもしれないし、少なくとももっと良くなるかもしれない。

では、本題に入りましょう。

ストーリーは基本的に この作品に登場するあらゆるものは、昔の少年漫画で使われたものか、完全にコピーペーストされた使い古されたアイデアである。オリジナリティは皆無で、これを引き伸ばす気はありません。絶対にない。退屈で予測可能な決まり文句でいっぱいです。何一つ新しいものがない。コンセプト全体が超バカバカしい。どうして人間は、かつて彼らが嫌っていたモンスターを崇拝するほど愚かであることになるのか。そして、なぜ武士が悪者なのか。ランダムで極端に悪いストーリー。少年漫画の基準で見ても、超ゴミ。この手のプロットとストーリーは、シリアスな場面でも大笑いさせられるだけだ。なんてこったい。なんてジョークなんだ。

なんてこった、ここからが最悪なんだ。私はKNYの漫画よりもオリエントの漫画の方が好きなんです。そして、もし同じufotableの扱いを受けていたら、KnYよりもオリエントのアニメの方が好きだったでしょう。いや、そんなアニメである必要はないのだが、まともなアニメであったとしても、それほど問題はなかっただろう。しかし問題は、ゴミのようなアニメーションで、情熱も込められていない、極めて安直な企画であることだ。さらに問題なのは、この漫画には非常に難しいアニメーションシーンがいくつかあるのに、歩くという単純なシーンをどのように扱っているかを見ると、彼らがそれをうまくやってくれるという期待をすべて裏切ってしまうことです。主人公が鬼を殺すシーンで、武器が鬼を貫通するのですが、なんとそのシーンは絵もアニメーションもぼやけ、血もきちんと映されず、アクションも超弱い。

オープニングテーマは、昔の少年漫画のような楽しい雰囲気で、嫌いではありません。エンディングも良かった。音楽も映像も特別なものはないが、音楽くらいは悪くなかった。音楽も特別なものはないが、悪くなかった。ただ、常に聴いていると、最初の数回と同じ効果が得られない。エネルギーを感じない。これは、2つの理由から、オープニングがすべきことだ。
1. オリエントは、楽しくてエネルギッシュな少年漫画です。
2. 2. ほとんどの少年漫画は、音楽に釘付けになり、常に見ていても楽しいものであるため、それができないオリエントは非常に奇妙です。

キャラクターは…うーん。オリジナリティがない。どのキャラクターの個性も使い古されていて、オリエントはまた多くのコンセプトを使うだけでなく、何の新しさも加えていない。いつもの悲しい背景を持つ男、明るくていつもハッピーなMC、そしていつもの女の子。ただ、超ありきたりで面白みがない。

このアニメの楽しみは、何一つありません。少なくとも私は)このアニメを楽しむことはできません。超つまらないし、見ていてイライラする。アニメが初めてで、アニメについて批判的に考える傾向がないのであれば、このアニメは価値があるかもしれません。ありきたりな少年漫画で嫌いになるつもりはないが、今までのアニメで独創性のないものを全てやっている上に、作画やアニメーションも最悪。私の落胆は計り知れない。

全体的に見ると、飛ばすだけです。マギは最終回までいい漫画だったのに、これでは..

 

ぐはっはんさん 総合評価 7
マンガを読まない人には辛いネタバレにならないようなことを書きますね。

少年漫画的な現在をすべて置いておくと、パワーシステムが面白い。マギのように72のジンがいて、街を破壊するような力を持っているのとは違い、オリエントにはそういうキャラクターは手で数えられるほどしかいない、つまり非常に少数なのだ。オリエントでは、3話にあるように、大きな敵に勝つための力の連鎖・連鎖を強く意識しています。

また、オープニング、エンディング、ポスターの色の違いにも注目してみてください。これは単なる色ではなく、パワーシステムの一部であり、星座の中でどのように効果的に配置するかということで、オリエントをより面白くするものなのです。

この考え方は、現実の武士がどのような存在であるか、一丸となって活動する武士団であることを裏付けています。

 

ベルメットさん 総合評価 1
出だしは平凡で、だんだん悪くなっていく。

2人のMCは、一般的なHardHeadとCoolHead。ハードヘッドの方は、純粋に助けようとする人を妨害して、自分が栄光を手に入れるまでは気にならなかったが、クールヘッドの方は、自分が栄光を手に入れるために、純粋に助けようとする人を妨害して、自分が栄光を手に入れるまでは気にならなかった。他のキャラクターと比較してみると、栄光のために戦っているBEGGを文字通り危険にさらすような利己的なキャラクターがどれだけいるでしょうか。そして、冷徹なヤツは、メインMCとは正反対の一般的な相棒で、行動する前に考えすぎて、理性の声が出ない、いつもと同じです。

期待させたが、またもや序盤から下降線をたどってしまった。

 

コブラ69さん 総合評価 8
このシリーズは、悪評に惑わされないでください。このシリーズを見逃すなんてもったいない!かなり良いキャラ作りをしているし、可能性を秘めた作品です。主人公の心の傷に深く入り込んでいくので、本当に登場人物に感情移入できます。もちろんアニメーションは物足りないが、素晴らしいストーリーとキャラクターがこのシリーズを支えているのであれば、それほど重要ではない。

100%見る価値があり、今シーズンの劣等生であることは間違いない。

ぜひ見て、自分の心を決めてください。

 

わいわいさん 総合評価 5
最終回の放送後にレビューを編集する予定です。しかし、今のところ、もしあなたがマギ(同じ作者)のためにこのシリーズを見たいと思うなら、このシリーズにあまり期待しないほうがいい。このシリーズの問題点は、ストーリーのテンポの悪さです。実際に冒険が始まるのは4話からで、3話までは武士団や魔物について漠然とした説明があるだけです。武田バンド(武田直虎)の活躍を見るチャンスはあるのですが、名もなき武士道の活躍を見なければならないので、そうはいきません。

私は漫画を読んでいませんが、武蔵、小次郎、直虎を登場させるだけで3話も無駄にしてしまっては、視聴者の関心を引くチャンスを逃してしまいます。マギでは、ストーリーを少し変えて魅力的にしているので、何話か見ているうちに、もっと見たいと思うようになるのです。でも、今回は4話でRGBのメインキャストが全員揃いましたね。

このレビューは、暴言のように見えますが、私が4epsを見た後に感じたことです。私はこのシリーズに大きな期待を寄せており、このシリーズが映画化に正義をもたらさなければ、私はマンガを読むことになるかもしれません。アクション、謎解き、そして主人公の旅路が見たいのです。だから、このシリーズの低い点数を見ても、このシリーズを応援し続けてほしい。マギのシーズン3は出ない可能性が高いですが、このシリーズが良ければ、マギやシンドバッドのような大高忍のメインシリーズの映画化を再考してくれるかもしれませんね。

最後に、私は旅を終えます。これからもっと良い作品になることを願うばかりです。私たちは、オープニングで、さらなるアクションと素晴らしい脇役を見るために、とてもハイテンションになりました。しかし、それがうまくいかない場合、多分それはオリジナルのソースを読む時間です。
そして、もしあなたがまだ「マギ」と「シンドバッドの冒険」をチェックしていないのなら、「マギ」と「シンドバッドの冒険」をチェックしてみてください。このシリーズを見るべきだよ。これは素晴らしいシリーズだ。

 

ジャックティルさん 総合評価 10
私たちの世代で最も偉大な物語の一つです。

武蔵と小次郎は、史上最高の武士団になることを夢見ている。武士たちの仕事は、土地に散らばる強力な生き物である鬼を狩ることです。

この番組のベストシーンは、小次郎が突然、説明のない水晶を持ったバイクで現れるところです。子供向けメニューの裏のようなストーリーで、毎週水曜日に友人とオリエントを見るのが楽しみです。

また、オープニングは、ラブソーサオングと同じくらい激しく、私の体は、このオープニングを聞くと、昇天します。

 

ミズマンガ 総合評価 8
しかし、最近になって、パワーシステムがわかってきて、誰が弱くて誰が強いのかがわかってきて、より面白くなってきました。しかし、この作品は、古いアニメのテンポを真似しようとしているようで、新しいアニメの多くがそうしているわけではありません。もう一つの悪い点は、アニメーションです。しかし、ストーリーはまだ十分で、特に漫画では私を楽しませてくれました。しかし、ストーリーは十分に楽しませてくれる。

アンさん 総合評価 8
オリエントは評価が結構悪いですが なぜ、それほどまでにオリエントに嫌われるのかが理解できない。

ストーリーはとてもいいし、美術もいいし、一部のキャラクターはちょっとアレだけど、ほとんどのキャラクターはいいし、とても楽しく見ることができました。

このような、「萌え萌え」なアニメは、「萌え萌え」なのです。

 

マイバンさん 総合評価 7
このレビューを始めるにあたって言っておく。オリエントは慣れが必要な番組だということです。しかし、一度慣れてしまうと、夢中になってしまい、もっともっとという気になってしまう。この番組に関して言えば、私に起こったのはそのようなことです。この番組には、キャラクターのあり方から、アクションの展開、さらに世界を探求するものまで、評価すべき点がたくさんあり、それはただ見るだけでいい。でもそれは、銀魂が終わった後に、自分の欲求を満たしたいと思っている私だけのことかもしれません。この番組はそうではありませんが、確かにパンチが効いています。

想像してみてください。

二人の友人を。幼馴染の武蔵と金巻小次郎は、大人になったら侍になって同盟を組み、鬼退治に行くという約束をする。しかし、その後、状況は一変した。鬼は社会で賞賛され、崇拝されるようになり、侍は敬遠され、貶されるようになった。それが「銀魂」の雰囲気を醸し出しているのだと思います。しかし、私が気になったのは、物語を進めていくキャラクターたちです。

武蔵は真のヒーローのように見えることもありますが、一方で、大胆すぎる悪魔のように見えることもあります。小次郎はもっと慎重で、どちらも自分の基準では勝てないような悪魔という大きな存在に対して、自分なりの現実的なアプローチをしているように見えます。これは、文章を書くという点では、もう少し良いことを推進しています。パワーファンタジーのように、いきなり簡単に破壊できるわけではありません。その分、成長が自然に感じられます。本当にそうですね。まだ、もっと幅広いキャストをカバーしていますよ。面白いキャラクターがたくさん登場するのは、長い目で見ればいいことだと思います。彼らの力関係がうまく噛み合って、良い作品に仕上がっています。

美術は、先ほども言ったように、とてもいい感じです。バトルも雑な感じはしないし、変な感じもしない。とてもいい感じです。バトル中の全体的なテーマとともにね。全体的に一流のものです。このように、本当に良いものを作るために、彼らが本当に努力したことが分かります。スタイルといい、見え方といい、非常に素晴らしいタッチがありますね。とても素晴らしいものです。服装から、アニメーション、物の動きまで。ライティングの仕方まで。

オリエントはまた、慣れが必要な番組です。しかし、確実に見るべき番組であることは間違いない。

 

大介さん 総合評価 8
(このレビューではキャラ名をネタバレしていますが、それだけです!)
3、4話しか見てないレビューは納得いかない。5話からが本番なので、辛口とか見ない方がいいとか言ってる人は何話まで見たか確認してください。

個人的に少年漫画が好きなので、このキャラクターは少年漫画にとても合っていると思います。でも、今の少年漫画の個性ではなく、もっとノスタルジックなものがいいんです。四郎や菜々緒は、四郎の子供っぽさや菜々緒のお姉さんっぽさが、画面に映し出されるたびにワクワクします。また、3人の主人公が私と同じで人付き合いが苦手なところも気に入っています。

アニメーションはかなり物足りないですが、有名でないスタジオが漫画を映画化するのであれば、それは仕方がないことだと思います。でも、私はこのアートスタイルが大好きです。

私は音楽を勉強しているのですが、オリエントのOPはとても良いですね。武蔵と彼の過去について学ぶとき、音楽は(他のものと同じように)彼が自分のしたことに苦しめられているときの気分を反映しています。

私はこの作品をとても楽しんでいて、最初のエピソードがそれほどつまらなかったら、楽しさを10点満点で評価したのですが、9点です。

とにかく、全体的には8点です。