王様ランキングのアニメ動画を全話無料フル視聴する方法!見逃し配信サービスまとめ

引用元:Amazon

\王様ランキングを無料視聴するならココ!/

配信サービス 配信状況 無料期間とポイント 月額料金
primevideoAmazonプライムビデオ

見放題
独占配信

 

30日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
500円

※月額料金は全て税込。2022年2月時点。

 

 

放送 2021年10月14日~
地上波ch フジテレビなど
放送日 毎週木曜日24時55分~
話数 放送中
制作会社 WIT STUDIO
監督 八田洋介
登場人物:声優 ボッジ:日向未南/カゲ:村瀬歩/ダイダ:梶裕貴/ヒリング:佐藤利奈/ドーマス:江口拓也/ベビン:上田燿司/アピス:安元洋貴/ドルーシ:田所陽向/ホクロ:山下大輝/ボッス:三宅健太/シーナ:本田貴子/魔法の鏡:坂本真綾/デスハー:下山吉光/デスパー:櫻井孝宏
主題歌 オープニングテーマop「裸の勇者」Vaundy

エンディングテーマed「Flare」milet

公式サイト アニメ「王様ランキング」|公式サイト
シリーズ/関連作品 原作漫画:十日草輔(とおかそうすけ)マンガハック、ビームコミックス(KADOKAWA)

王様ランキングのあらすじ

耳が聞こえないが、何よりも純真な小さな王子ボッジは、王位継承について人々から多くの批判を受けながらも、最善を尽くし、偉大な王になることを夢見ているからだ。ある日、彼は暗殺一族の生き残りである影と出会う。影は、ボッジが沈黙しているにもかかわらず、彼の言葉を理解する。

 

TVアニメ[王様ランキング]PV第3弾

 

王様ランキングの動画を無料視聴できる配信サイト比較一覧

\王様ランキングを配信中のおすすめサービス!/

配信サービス 配信状況 無料期間とポイント 月額料金
primevideoAmazonプライムビデオ
 見放題
先行独占配信
30日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
500円
unextU-NEXT
レンタル
31日間無料
600ポイント今すぐ視聴
2,189円
fodFODプレミアム レンタル
14日間無料
900ポイント今すぐ視聴
976円
musicjpmusic.jp

レンタル

30日間無料
1,600ポイント今すぐ視聴
1,958円
tsutayaTSUTAYA DISCAS
 レンタル
30日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
2,052円
danimedアニメストア
未配信
31日間無料
ポイントなし未配信
440円
dtvdTV

未配信

31日間無料
ポイントなし未配信
550円
netflixNetflix

未配信

無料期間なし
ポイントなし未配信
990円
huluHulu

未配信

14日間無料
ポイントなし未配信
1,026円
abemaABEMA
未配信
14日間無料
ポイントなし未配信
960円
telasaTELASA

未配信

15日間無料
ポイントなし未配信
618円
crankinクランクイン!ビデオ

未配信

無料期間なし
3000ポイント未配信
990円
paraviParavi 未配信
14日間無料
ポイントなし未配信
1,017円

※月額料金は全て税込。また付与されるポイントは無料期間中のものになります。

 

Amazonプライムビデオお試し期間を利用すれば王様ランキングの動画を全話無料視聴できます。

特に王様ランキングも含めAmazonプライムビデオは独占配信の動画が多く、おすすめの配信サービスです。

Amazonプライムビデオの特長一覧表
Amazonプライムビデオの特長一覧表

primevideoAmazonプライムビデオ 月額料金:500円(無料期間終了後に課金開始)
無料期間:30日間
解約料金:0円
Amazonプライム会員特典あり
アニメ作品数:5,000作品以上
【Amazonプライムビデオの特⻑】

 

    • 独占配信アニメなど5000本以上のアニメが用意されています。
    • プライム会員の特典が10種類以上使えるようになります。
    • Amazonで良く買い物をする方はほとんどの商品の送料が無料になるのでお得!
    • kindleを使えば原作の漫画なども一緒に楽しめます。

動画配信サービスの「Amazonプライムビデオ」についての詳細な情報はコチラから

 

王様ランキングのアニメ動画をYouTubeなどの動画共有サイトで視聴する方法は?

YouTubeなどを含む海外の動画共有サイトでは非公式にアニメの王様ランキングが配信されていて無料で視聴できる動画もありますが、画質が悪かったり、余計な広告が出てくる場合もあります。

注意:海外の動画共有サイトからアニメをダウンロードしたり視聴する方法は違法で危険!

海外の動画共有サイトを利用してアニメを視聴する方法はウィルスに感染するなどのリスクは当然つきまといます。

さらに2020年から法律が厳しくなったので海外の動画共有サイトを利用してアニメを視聴していると違法になり処罰される可能性が高くなります。

なので動画配信サービスの無料のお試し期間やポイントを利用して安全に安心して、全話無料でフル視聴しましょう!

特に王様ランキングはAmazonプライムビデオであれば通常、月額500円ですが登録して最初の1ヶ月間は完全無料で全話フル視聴ができるのでおすすめです!

 

\登録はこちらから!/

Amazonプライムビデオで「王様ランキング」の動画を無料視聴する

 

王様ランキングの登場人物の紹介

ボッジ
声優:日向未南
物語の主人公であり、ボッス王国の第一王子。生まれつき耳が聞こえず、体も小さいため、宮殿や王国の多くの人々から公然と嘲笑され、軽蔑された。障害があっても、ボッジは父のような強い王になることを夢見ており、人前では常に笑顔を絶やさないように心がけている。優しさと勤勉さ、そして直感力に優れており、唇の動きを読み取り、人が何を言っているのかが分かる。また、力任せの王にはない敏捷性と回避能力を持ち、他の種族と同様に毒に侵されない。ダイダの戴冠式後、カゲとともに旅に出る。

カゲ
声優:村瀬歩
影の一族の最後の生き残りであり、ボッジの仲間。暗殺者の一族に生まれ、幼い頃、仕えていた王国に家族を皆殺しにされるのを目撃する。その後、逃亡した彼はチンピラに利用され、最終的には身代金として売られてしまった。荒っぽい世の中に鍛えられたカゲは、その後、一族の能力を使い、盗みを生業として成長する。やがてボッジと出会い、彼の優しさと境遇に触れ、誠実な友となることを誓う。ベビンの命令で、ボッジの旅に同行し、保護することになる。

ダイダ
声優:梶裕貴
ボジの異母弟で、ヒリング王妃と現国王の実子。ボッジと同じく勤勉で逞しいが、父親譲りのプライドと強さに対する傲慢さを持ち合わせている。内心では、何の努力もせずに皆から愛され、王の座を手に入れたと信じている兄に嫉妬している。戴冠式までの間、ダイダは魔鏡に操られ、無理やりボッセの生まれ変わりの器とさせられてしまう。

ヒリング
声優:佐藤利奈
女王であり、ダイダの母、ボッジの継母。以前はボッジを溺愛していたが、ダイダの誕生後、王室に対してより厳格で現実的な性格になり、ボッジを統治者としてふさわしくないと考えるようになった。しかし、ボッジのことは実の息子と同じように大切に思っており、ボッジの怪我を治すことに力を注いでいる。ドーマスとホクロの旅にボジを同行させ、目的地を自分の実家とする。

ドーマス
声優:江口拓也
ボス王の強さを反映した剣風を持つ、ボス王国の最強の剣士。ボッジの家庭教師をすることになり、王子をとても大切にしながらも、父に匹敵する力を持つことはないと判断し、見切りをつけた。一人の主への忠誠心を再確認するため、ダイダに忠誠を誓い、ボッジを冥府の穴に突き落として暗殺しようとする。後悔の念に駆られ、後に右手を切り落とし、処刑されそうになった北朗を助け、強くなるよう鍛えようとする。

ベビン
声優:上田燿司
大陀の師匠で、主君のことをとても大切に思っており、魔鏡の魔力を抑えてくれている。曲がった短剣や手裏剣を使い、蛇使いでもある。ダイダの命令でアピスを暗殺しようとしたが、アピスに殺されたと思われ、地中に沈んで行方がわからなくなっている。カゲをボッスに同行させ、彼が強くなるよう手助けをする。

アピス
声優:安元洋貴
王の槍」と呼ばれる無表情な司令官で、ボッス王に激しく忠誠を誓っている。かつては臆病者だったが、ミランジョのもとでモンスターと修行を重ね、現在の称号を得た。魔鏡と協力してボッセの意識をダイダの体に移した。

ドルーシ
声優:田所陽向
女王の盾」と呼ばれ、ヒリングを警護する大男。元々は「王の槍」としてボッス王に仕えていたが、後に新女王ヒリングの警護に配置転換された。当初はその決定に動揺していたが、後にヒリングが自分の守るに値するかどうかを判断する機会を与えられる。もし、彼女が守らなければ、ボッスは自分の立場を考え直すだろう。

ホクロ
声優:山下大輝
母の死後、ボッジに慰められたことをきっかけに、ボッジを深く慕う下級騎士。ボッジの旅に同行し、身の回りの世話をするよう命じられ、唯一手話ができる騎士でもある。ドーマスの裏切りにより、騎士としての誇りとボッジへの忠誠心から王国に戻り、命がけでヒリングに知らせた。処刑寸前にドーマスに助けられ、より強くなるための修行をする。

ボッス
声優:三宅健太
元国王で、ボッジとダイダの父親。世界最強に憧れる巨人で、悪魔と契約し、まさに自分の息子から力を奪うことを選んだ。後に反省したボッスは、ボッジが望むものをすべて手に入れるために、王となり国を建てることを選んだ。その後、ダイダの体に転生している。

シーナ
声優:本田貴子
ボッスの最初の妻で、その後ボッス王国の第一王妃となり、ボッジの生母となる。ボッジが幼少の頃、ミランジョによって処刑された。

魔法の鏡
声優:坂本真綾
大陀の行動をアドバイスしてくれる不思議な鏡。鏡の中にはミランジョという女性の魂が封じられており、その体は宮殿の地下で様々な怪物と一緒に氷に封じ込められている。ミランジョは仮面をつけた2人の護衛を従えており、以前はアピスが高官になるための訓練に携わっていた。自らを「ボッス王の喜びと悲しみを分かち合った者」と語り、後にダイダのためにエリクサーを作り、輪廻転生の器とした。

デスハー
声優:下山吉光
冥界の王であり、魔物を退治し、魔物の暴走を防ぐ最強の軍団「冥界騎士団」の団長。顔や口の広さにコンプレックスがあり、弟のデスパがイケメンであることから嫌っている。しかし、条件によっては二人で協力することも辞さない。

デスパー
声優:櫻井孝宏
冥王と黄泉の国の王の弟。兄と違い、デスパはかなり弱く、見栄っ張りで金遣いが荒い。ボッジとカゲを預かり、ボッジを強くするために(代償として)鍛え上げることを約束する。

 

王様ランキングのエピソード別あらすじ

第1話 裸の王子

あらすじ 2021年10月14日放送
聾唖の王子ボッジは、偶然出会った影の一族のカゲに、カゲが売るために自分の服を譲ることを強要される。カゲはボッジの優しさに驚き、彼の日常を観察する。

第2話 王子とカゲ

あらすじ 2021年10月21日放送
ダイダとボッジの戦いを見ながら、影は幼少期からボッジに出会うまでの悲惨な過去を回想する。ボッジはダイダの攻撃をすべてかわし、ボッジがいくつかのヒットを放つ余地を残すことに成功する。しかし、ドーマスはボッジの技を認め、それは立派な戦い方ではないと言い、試合は決着する。

第3話 新しい国王

あらすじ 2021年10月18日放送
ボッス王が亡くなり、運命の日がやってくる。謎の悪魔のような人物が現れ、ボッジ王子を指差して狂喜乱舞する。そして、亡き王の遺志を継ぎ、新たな王が決定されることになった。

 

第4話 初めての旅

あらすじ2021年10月14日放送
ボッジ王子は、自分の価値を証明し、ダイダに王位を譲るために、剣の師ドーマスと仲間のホクロとともに、ヒリング王妃の両親を探す旅に出る。

 

第5話 からみあう陰謀

あらすじ2021年11月4日放送
ドーマスの襲撃から生還したボッジは、ずっと側にいたカゲに驚く。しかし、謎の毒ガスが発生し、ボッジとカゲは気絶してしまう。ダイダは自分のランクを上げるため、キングボーズの力を求める。

 

第6話 冥府の王

あらすじ 2021年11月11日放送
ボッジは冥界の王に力をつけてほしいと頼む。一方、魔鏡の真意が明らかになる。

 

第7話 王子の弟子入り

あらすじ 2021年11月18日放送
王の弟デスパは、カゲの徹底的な説得により、ボッジの訓練を受けることを承諾する。ボッジが力をつけるのは無理だと分析しながらも、ボッジを手なずける。

 

第8話 夢のいけにえ

あらすじ 2021年11月25日放送
ボッジのハンディキャップの理由とともに、ボッス王の過去が明らかになる。ボジィの死によって北朗は死刑を宣告され、ドーマスは都に戻るかどうか、自分の中の悪魔と戦わなければならない。

 

 

第9話 王妃と盾

あらすじ 2021年12月2日放送
ボッス王はダイダの身体を完全にコントロールし、ヒリング王妃の処刑を命じる。取り乱したヒリングは、ダイダを取り戻そうとする。

 

 

第10話 王子の剣

あらすじ 2021年12月9日放送
ボッジはデスパとの修行の成果を見せ、カゲとともに次の一手を決める。

 

 

第11話 兄と弟

あらすじ 2021年1月6日放送
 

 

 

第12話 戦いの足音

あらすじ 2022年1月13日放送
 

 

 

第13話 王国の乱れ

あらすじ 2022年1月20日放送
 

 

 

第14話 王子の帰還

あらすじ 2022年1月27日放送
 

 

 

第15話 冥府騎士団

あらすじ 2022年2月3日放送
 

 

 

第16話 王の威厳

あらすじ 2022年2月10日放送
 

 

 

第17話 不死の呪い

あらすじ 2022年2月17日放送
 

 

 

第18話 神々との争い

あらすじ 2022年2月24日放送
 

 

 

第19話 最後の砦

あらすじ 2022年3月3日放送予定
 

 

 

王様ランキングのアニメの評判は?感想と見どころをレビュー

 

アルさん 総合評価 10
完璧とは常に主観的なものである。しかし、私にとって、王様ランキングの始まりは純粋に完璧なものである。だからこそ、私が初めて「王様ランキング」を体験した時の素晴らしさを皆さんにお伝えし、思い出していただくために、初めてのレビューを書かせていただきました。今後、点数が変わるかもしれませんが、1話から6話までレビューしており、10点満点です。

まず、最初にはっきりさせておきたいのは、『王様ランキング』の舞台は中世のような世界観で、まるでおとぎ話のような世界観です。緑、青、黄色、薄茶色など、色彩豊かです。緑、青、黄色、薄茶色など、色彩豊かで、かわいらしく、健康的な作品だと思います。だから、ディズニーやスタジオジブリと比較する人がいるのですが、私はそうは思いません。私にとっては、今のところ、ユニークなストーリーとユニークな演出が特徴です。また、ダークサイドもあり、常に不快な出来事が起こり、主人公たちの旅を邪魔しています。このアニメの悪の描き方は筆舌に尽くしがたい。悪の人物の使い方がミステリアスで、善意ある人が必ず悪事を働いてしまうのも特徴だ。しかし、このおとぎ話が特別なのは、物語が進むにつれて喜びや愛、前向きで意味のある結果が得られるという確信と、それが放つ希望という感情です。
第4話から第6話までは、世界観の構築に重点を置いたダークな内容で、普通のアニメシリーズとは全く異なるものでした。今までのストーリーは、モラルと美しいメタファーに満ちています。このアニメはファンタジーであり、また感情的なインパクトを与えることに成功しており、見る者を常に驚かせます。この番組が特別であることは間違いなく、初期の9点近い平均点がすべてを物語っている。

以下のパラグラフは、ストーリーに関する若干のネタバレを含んでいるが、私の意見としては、それはあまり重要ではない。
時折、涙を誘うパワフルでエモーショナルなスタートとともに、ボジィの王への旅が始まる。ボジジは心優しい子供だが、耳が聞こえず、はっきりと話すことができないという、彼の人生を難しくしているものがある。彼は、王国の王の二人の息子のうちの一人で、重い病気にかかっている。弟のダイダは彼を信じておらず、ボジジを妨害して次の王になる方法を探して、エゴイスティックに行動している。ほとんど誰もボジィのことを信じていないが、幸いなことに彼は一人ではない。カゲは黒くて小さな不思議な生き物で、ネタバレにならないように面白い裏話がある。物語が進むにつれて、ダイダ、母親、ベビン、ドマスなど、多くの登場人物が見た目よりも深く、第1話からはなかなか見えてこない一面を隠していることがはっきりとわかる。このようなキャラクターの書き方は、丁寧に書かれており、予想外の展開で視聴者をワクワクさせる効果的な手法だと思います。しかし、先ほども言ったように、Wit studioの素晴らしい実行力は、読むだけでは感じられないので、このパラグラフは重要ではありませんでした。

サウンドトラックも、特にOPとEDの曲は特筆に値します。白日の下で大成功を収めたことで有名な日本のバンドKing Gnuが、『Banana Fish』(2018)でのデビューを経てアニメに帰ってきたのである。彼らのOPはここでも素晴らしいのですが、yamaのほのぼのとしたEDはそれ以上に素晴らしく、この曲がアニメにとてもよく合っていて、エンディングをより感動的にしてくれているのです。

王様ランキングの紹介をまとめると、もうこれは忘れられないアニメになると確信しています。ファンタジックな世界を舞台にしていても、そのモラルは感動的で、時に発展途上であるかもしれない21世紀の社会にとって重要なものです。さあ、最後まで座って、ボジィの旅を楽しんでください。あなたは間違いなく、その少年と彼の物語を好きになるでしょう。

はいんさん 総合評価 9
この作品は、10月15日に公開される予定だったため、公開日が少し遅れてしまい、見落とされてしまったこと、非常に幼稚で地味な画風のため、多くの人が子供向け番組と勘違いしてしまったことなど、ほぼ全てが不利な条件でした。

この番組は負け犬が成功するまでを描いているので、アニメも同じ負け犬のカテゴリーに入るのはちょっとおかしいですねxD。

この番組が負け犬の成長を描いたものであるため、ちょっと面白いのですが、アニメも同じように負け犬の季節のカテゴリーに入りますxD。負け犬の物語に夢中にならない人はいません。そのため、第1話では、主人公のボジィが物語のアンダードッグであることをうまく表現しています。これだけでも良いアニメになったかもしれませんが、私はクリエイターのスケールと野心を過小評価していたようです。

ボジィにはボジィの長所があり、彼は負け犬ではなく、ただ生まれつきの体格が違うだけなのです。この番組は大胆にも自らの結末を変更し、実に新鮮なものを与えてくれました。私たちは皆、ボジィに勝ち目がないと信じていたことに罪悪感を抱いていますが、この番組が提供する興味深いひねりは、後付けを補うのに十分すぎるほどです。

人々は物語の感情的な側面に感動するかもしれないが、私にとっては、物語がこの作品の決め手となった。お決まりのパターンを見事に演じて、キャラクターの典型に慣れさせた上で、それを大胆に打ち破っている。味方と敵の区別がつかなくなる。すべてのキャラクターが複雑で、実は最初の紹介で思われたような一面的な型にはまっていないのです。ディズニーにインスパイアされたアートスタイルが、あなたの判断を鈍らせるかもしれませんが、ここには善人も悪人もなく、ただ、人がいるだけなのです。

この隠れた名作にスポットを当てようと頑張りました。
では、レビューに入ります。

アートとアニメーション(9/10)正直言って、マンガ家とウィットスタジオの判断は非常に厳しいものでした。アートスタイルは確かに低予算で、昔のディズニー映画からインスピレーションを受けていることは間違いない。しかし、特定のキャラクターについての先入観を作り出し、その先入観を見事に打ち破っているのは、非常に良い仕事だと思いますXD。アクションシーンでは、アニメーションは非常におとなしいです。そのため、この番組が高予算であり、その背後にいるアニメーター(Witスタジオはその品質ですでにかなり有名です)は明らかに自分のものを知っているという事実が設定されているのです。

ストーリー(10/10) アニメ全体の中で断トツに強い点です。最初は単純なプロットかもしれませんが、王が複数の側面で能力に応じてランク付けされることで、ボジティブがいかにあり得ない候補であるかを非常に厳しく思い出させるものとなっています。しかし、物語は突然、そして非常に見事に、より深い謎へと変化していくのですが、それは自分で体験していただくのが一番なので、ここでは割愛させていただきます。

キャラクター(9/10) 最初はお堅い感じだが、案外、いろいろな人がいる。本当に憎めないキャラがいない。ゲーム・オブ・スローンズのプレシーズン6レベルの良いキャラクターという感じです。全てのキャラクターが善でも悪でもなく、全てに理由があり、騙し合い、裏切り、贖罪、その他もろもろがある この番組は、他の多くの番組ができないこと、つまり登場人物を人間らしくすることをやっています。しかし、それは私個人の考えです。

サウンドとVA(10/10) ボジは唖と聾の子供で、このアニメでの手話の使用はかなり適切でとてもよくできています。OPも素晴らしいし、音楽もいいし、美術やアニメーションも洗練されていて、よくできています(OPの照明が実際のアニメで見るものよりずっといいのは、ちょっと残念ですが)。EDもとても良い曲で個人的に好きなのですが、作画がやや弱いです。

 

このアニメは本当に良いアニメで、迷うことなく全ての人にお勧めできます。もし、これまでのようにストーリーとキャラクターをしっかりと把握することができれば、史上最高のアニメシリーズの一つになる可能性があり、これまでの評価もきっとそれを反映しているのだと思います。クリフハンガーエンドになりがちなので、もし待てるなら、全話が公開されるのを待って、夢中で見てほしい。

 

 

 

たのさん 総合評価 8
ああ、そうだ、またマニキアを利用した話だ..待てよ、良いキャラクターか?面白い宇宙?説明的で長ったらしい台詞がない?演出がいい?どうしたんだ?

どうしたら王様ランキングに入れるんだろう?木村祥朗と日野晃博がバーで語り合い、木村がキャラクターを、日野がファンタジックな宇宙を担当し、共同で物語を作り上げることを想像してください。

この番組の新しいエピソードを見るとき、私はそのような感覚しか得られない。

王様ランキングが語りたいストーリーは、最初のうちはオリジナリティがなく、これで敬遠する人もいると思う。”中世のナルト “のような感覚を最初は感じたが、他のエピソードを全部見てみると、想像とは違うステップを踏む物語に満足している。もちろん、方向性が違うとはいえ、お決まりの展開もあり、それは自覚していましたが、そのお決まりの展開がきちんとされているので、物語の投影は全くデメリットにはなっていません。このアニメは、具体的な「世界観」ではなく、「広がり」であり、王様ランキングが数話で披露した宇宙への没入感は、今年のファンタジーアニメと比較すると、ちょっと皮肉な感じです。この作品は、ライトノベルの最も不満な試みよりも、一般的なPS1年代のJRPGに最も近い世界であり、大きな構成には欠けるが、ボジの視点を通して、少年の純真さと大人たちが支配する世界の間の対立を作り、それを探求する作者の情熱は興味深いものになる。

王様ランキング」には、この宇宙に関する2種類の物語があります。最初の2話では「見せる、教えない」が非常にうまく使われており、3話と4話では「見せない、教えない」、最初のエピソードよりも質が低く、このアニメの最大の欠点ですが、これは作者の責任ではなく、その出来事を急いで脚色したため、重要である出来事がインパクトや個々に構築するための息継ぎを失うことになったと推測されます。

このような欠点があっても、『王様のブランチ』には良いところがあり、その良いところはキャラクターと彼らが本筋を動かしているところだと思います。この番組で最も興味深いキャラクターはドマス(そう、ここで自由に石を投げてください)で、人々に嫌われるキャラクターでありながら、行動における共感と忠誠の間の葛藤が明白になっています。書き込みは、あなたの行動の動機を開発し、そう競合に入るにはかなり許容され、物語は私を魅了し、このような深さの文字に取り組んで、彼のキャラクターの多くは、「悪者」と「良い男」のように軽蔑道徳を持っていない、マニシェイズのチェーンを壊す、明らかにドーマスは唯一の文字が、まだそれはプロットと進行中の文字を構築するにはこの物語に取り組んでいるかの最大の点の一つであるされていないです。

もちろん、ボジィの耳が聞こえないという支離滅裂な設定や、フラッシュバックという物語の構成など、大きな欠点もありますが、アイデア自体は悪くないのですが、物語の構成上、少し繰り返しが多くなってしまいます。

先週、私はプラチナエンドがいかに序盤を完全なゴミにしたマニキアンであったかを述べましたが、同じ季節の少年漫画がこれらのパターンを面白い方法で破るとは思いませんでした。これを「予想通り」と言う人もいるかもしれませんが、これは物語全般に影響しません。結局、これらはキャラクターに層を与え、彼らの特質は軌跡に現れている点なのです。ヒリングやダイダのようなキャラクターが構築されつつあり、物語全体の構成に時間を設けている点も評価できます。ヒリングは「悪の一般的な継母」になることが約束されていたキャラクターが、ボジとのつながりで人間らしいキャラクターになっています。フラッシュバックでキャラクターの行動を正当化することはよくあるパターンですが、私はキャラクター全体と彼らの行動が客観的に世界の視点を反映していることを評価します。

ドラマについては、私がロックであることや、作者がいかにコンセプトを誇張しているかを知っていること、個人的な理由や感情移入ができないことなど、多くの理由がありますが、私はいつもこのドラマを越えて、キャラクターに焦点を当てるように心がけています。Vivyが私にとって残念な物語になってしまった理由の一つは、作者が登場人物の基礎を固めずにドラマを作ることに重点を置き(一応Vivyのレビューに綴りました)、全員表面的なキャラクターとして、スクリーンタイムなしで仕上げたからだと思います。たとえドラマが誇張されていたとしても、それがキャラクターに与える価値を評価することは可能です。「王様のブランチ」の一部はそうなっていますが(感情的な主人公によって)、その多くがキャラクターを構築し、例えば彼らが行動するための新しいステージを定義していることは否定できません。例えば、ホクロのようなキャラクターは、物語の中で最も面白くないキャラクターであるにもかかわらず、バックストーリードラマに基づいてその存在を際立たせていますが、ドーマスと対をなす彼の考えには説得力があり、彼の行動や感情は、ドラマが提供するもののおかげで理解でき、クライマックスのイベントに向けてキャラクターの一部を構築しています。これは明らかに革新的ではないですが、心地よくあることを非常に意識しています。

この作品は、ウィットスタジオのここ数年の中で最も意欲的なもので、スタッフ全員がこの番組を担えるだけの情熱を持っていることがうれしいです。才能ある金子雄二による素晴らしい背景と野崎温子によるシンプルなデザインは、面白い組み合わせになっています。若いころに浮気した人が殺されて泣くとか、メロドラマ的ではあるけれど、無理に裏話を入れなくても人間らしさが出てくる。

 

 

アルフレッドさん 総合評価 1

“このアニメは名作と呼ばれるに必要なものを全て持っている。ウィットスタジオの美しいアニメーションがある。” – というのは、私ではありません。

この番組の1分ほどのシーンの説明です。

剣を持った男と槍を持った男が戦う。剣の一振りは槍の柄で防がれる。火花が散る。槍は木でできている。金属が木に当たると火花が出る。考えてみてください。
さらに火花が飛び散り、槍の軸は真っ二つになる。槍の使い道がない半分を投げ捨てて、戦いは続く。このときのアニメーションと振り付けを見ると、切ったばかりの槍の長さは4メートルもあるように見える。剣士が槍の長さを越えるために、何歩も走らなければならないのがわかるように。切る前の槍は2メートルくらいしかないように見える。半分に切ることで長さが2倍になりました。これは、私たちの社会についての深いメタファーか何かだと思う。

剣士はもう一度、槍を切り、今度は穂先を切り落とす。同じように、アニメでは、ニンジンを料理するときに切るように、きれいに垂直に切っていることがはっきりとわかるようになっている。槍術家は、その鈍い人参で剣術家を即座に刺し殺す。彼は、人を刺し殺すのに棒がとがっている必要があるようなベタな人ではない。なんてカッコイイ男なんだろう。自分を思い出す。
剣士の体は倒れ、地面に吸い込まれていく。槍術家はそれに疑問を持たず、立ち去る。この部分については何も言うことはない、ただただうまくいっている。
シーン終了。

ここからは、別の、今度は10秒ほどのシーンの説明です。
4歳くらいの小さな男の子が、下着と王冠以外は何もつけずに町を歩いています。彼は主人公で、王子様です(王冠をかぶっているからです、わかりますか?) 彼はただ歩くだけで、何も気にしない。町の人たちは彼を指差して笑う。これがユーモアの仕組みで、裸の子供=集団ヒステリーとなる。これは封建制の仕組みでもある、いつでも公に王族を嘲笑する自由があるのだ。
しかし、それはすべて重要ではありません。重要なのは、このシーンが全く関係のないシーンからの突然のカットで始まり、10秒続き、さらに別の関係のないシーンへの突然のカットで終わるということです。脈絡も何もない。これはトミー・ウィソーが絵コンテを描いたのだと思う。”こんにちは、ワンちゃん – あなたは私のお気に入りのお客さんよ” 全く同じ雰囲気だ あるいは、インターンが絵コンテを運んでいて、地面に落としてしまい、それを拾うときにシーンの順番を間違えてしまったか、アニメーターがそれを疑問に思うほどの給料をもらっていなかったか、どちらかでしょう。

そして、もうひとつのシーン。
同じ王子が高さ10メートルの城壁を垂直に歩いて散歩に行くシーン。まだ4歳児のような顔で、平然としている。突然、NotPride-from-FMAが彼に立ちはだかる。その姿は「小僧のプライド」ではなく、「エルドリッチの忌まわしい姿、影と歯の塊のようなプライド」である。それで、プライドじゃない方はナイフで少年を脅した。考えてみてください。影と歯の塊のようなエルドリッチの忌まわしき者。ナイフを取り出した。考えてみてくれ。トミー・ウィゾー説を否定するならば この番組は密かにポップ・チーム・エピック の第2シーズンである。この作品は、子供が考え出したように見えることを意図しています。ポップ・チーム・エピック2であることを秘密にしているのは、マーケティング戦略としてだ。6話くらいでポプ子とピピ美が登場し、全てが納得いくものになるでしょう。

しかし、このシーンはまだ終わっていない。ナイフを突きつけられた少年は、汗をかき、あたりをキョロキョロと見回し、苦しそうな様子を見せています。それを見て、ノットプライドは「なるほど、耳が聞こえないのか」と即座にコメントする。これが、私のようなスマートなアニメしか見ないパトリシアンの言う “ショー・ドント・テル “である。ノットプライドは、少年がボーっとしていたり、混乱していたり、怖くて返事ができないとは思いませんでした。いや、少年が単に唖であるわけでもなく、耳が聞こえないわけでもなく、聾唖の両方であることを即座に理解したのです。ノットプライドが、実は、観察力と推理力の天才であることを、私たちは、ノンバーバル・ストーリーテリングで知ったのです。彼は私を思い出させる。そんな頭の良さに、私は涙を流しながら立ち上がって拍手をしていたので、このシーンがどう終わるかはわからない。

このようなシーンは例外ではないので、私は一日中このように続けることができる。それどころか、このシリーズ全体がそうなっているのだ。一秒一秒、どうしようもなくバカバカしいことが起こっているのだ。地殻を溶かして反対側の中国に出現する、燃えるような列車事故と言ったら、世紀の大げさでしょうか。

冒頭の引用は不完全です。ところで、この番組が傑作である理由は、ウィットスタジオのアニメーションだけではありません(オポジットの土地で)。他の理由も含まれる。
– ARTISTICなビジュアル(強調のため大文字)。私のヒーローアカデミア」や「進撃の巨人」とは異なるキャラクターデザインの一般的なバトル少年漫画(「王様のブランチ」がそうです)は、自動的に「芸術的」であると言えます。そして、もしそれがartisticなら、それは傑作です。
– それは “子供向け “です。実際は全く子供向けではなく、ゲームオブスローンズレベルのエッジの効いた暴力的な内容ですが、ビジュアル的には子供の落書きのようで、まるで子供が考え出したかのようにモロイです。これは(反対側の国では)非常に都合がいい。なぜなら、(反対側の国では)誰もが知っているように、わざとバカにすることは非常にスマートで破壊的であり、さらに、「子供向け」番組に価値を見出すことは、彼らをスマートで洗練された人物にするのだから。
– 前田淳の最高の伝統である、人を操る泣かせの作品(一次元の段ボール製の非キャラクターがスクリーン上で目に見えて泣き、観客が今感じているはずのことを合図で伝える)。いやはや、聾唖の少年に悪いことが起こる。何が起こっているのか、感情とは何か、なぜ私の目から水が出ているのだろう?きっと名作を観ている証なんだ。
– 某有名人が推薦しているのだ。ある有名人が推薦したのなら、それは傑作だと思ったほうがいい。
– ウィットスタジオのアニメーションを紹介しましたか?良いアニメーション=名作 チェックメイト、無神論者。

トミー・ウィソーと前田淳の共同監督による『ポップ・チーム・エピック2』は1/10だ。

追伸:私のように高校に通っていた人なら、私が説明した2番目のシーン(10秒間のもの)が、ハンス・クリスチャン・アンデルセンの「皇帝の新しい服」(私に言わせれば、人類史上最も重要な文学作品)の引用であるとわかるはずです。*その物語への言及をフィーチャーした*この*ショーは、私もできないような皮肉の特異点です。