プラチナエンドのアニメ動画を全話無料フル視聴する方法!見逃し配信サービスまとめ

引用元:U-NEXT

\プラチナエンドを無料視聴するならココ!/

配信サービス 配信状況 無料期間 月額料金
U-NEXT 見放題 31日間無料
今すぐ視聴
月額2,189円

※月額料金は全て税込。2022年2月時点。

 

U-NEXTは 31日間の無料お試し期間中に[プラチナエンド]が見放題!

 

放送 2021年10月7日~
地上波ch TBS など
放送日 毎週木曜日25時28分~
話数 全24話
制作会社 シグナル・エムディ
監督 高橋秀弥/黄瀬和哉
キャスト:声優 架橋明日:入野自由/ナッセ:小倉唯/花籠咲:M・A・O/ルベル:花江夏樹/六階堂七斗:森川智之/バレ:茅野愛衣/生流奏:石川界人/メイザ:井上喜久子/底谷一:前野智昭/バルタ:緑川光/山田美々々:前田佳織里/南河水清:千葉翔也
主題歌 オープニングテーマop「Sense」BAND-MAID

エンディングテーマed「降伏論」宮下遊

公式サイト TVアニメ「プラチナエンド」|公式サイト
シリーズ/関連作品 原作:大場つぐみ「ジャンプスクエア」(集英社)

漫画:小畑健

 

プラチナエンドのあらすじ

両親を亡くし、叔父と叔母に虐待されながら暮らす孤児の高校生、掛橋未來。ある日、ミライは耐え切れず自殺を図るが、守護天使ナッセに助けられ、ナッセはミライに特別な力を与える。ナッセから、父と母への嫉妬と憎しみが原因で叔父と叔母を死なせてしまったことを聞いたミライは、ナッセから授かった力を使って彼らに正義を貫くのであった。しかし、ナッセは999日後に神が引退することを告げ、その後任として13人の候補者が選ばれ、その中の一人がミライだったのである。さらに悪いことに、ミライは次の神を決めるコンテストに参加させられるだけでなく、他の候補者の中には、一刻も早く他の候補者を皆殺しにするなど、勝つためには何でもする者がいたのである。そんなミライに対抗するため、ミライは同じ目的を持つ数人の候補者と同盟を結び、他の候補者を殺さずにコンテストで優勝することを目指します。

 

TVアニメ [プラチナエンド] PV第1弾

 

プラチナエンドの動画を無料視聴できる配信サイト比較一覧

\アニメ プラチナエンドを無料で視聴できるおすすめ配信サービス!/

配信サービス 配信状況 無料期間とポイント 月額料金
unextU-NEXT

見放題

31日間無料
600ポイント今すぐ視聴
2,189円
fodFODプレミアム

見放題

14日間無料
900ポイント今すぐ視聴
976円
danimedアニメストア

見放題

31日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
440円
huluHulu

見放題

14日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
1,026円
abemaABEMA

見放題

14日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
960円
dtvdTV

見放題

31日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
550円
primevideoAmazonプライムビデオ

見放題

30日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
500円
paraviParavi

見放題

14日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
1,017円
telasaTELASA

見放題

15日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
618円
netflixNetflix

見放題

無料期間なし
ポイントなし今すぐ視聴
990円
musicjpmusic.jp

レンタル

30日間無料
1,600ポイント今すぐ視聴
1,958円
tsutayaTSUTAYA DISCAS

レンタル

30日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
2,052円
crankinクランクイン!

未配信

無料期間なし
3000ポイント今すぐ視聴
990円

※月額料金は全て税込。また付与されるポイントは無料期間中のものになります。

 

U-NEXTお試し期間を利用すれば[プラチナエンド]の動画を全話無料視聴できます。

お試し期間中は600円分のポイントもくれるので、非常にお得な配信サイトです。

 

U-NEXTの登録方法と解約方法
[登録方法] U-NEXTの公式サイトから「まずは31日間 無料トライアル」をクリック
お客様情報を入力、「次へ」をクリック
決済方法を選択し、決済情報を入力
入力した情報に間違いがなければ「送信」をクリック
「ご登録ありがとうございました」が確認出来れば登録完了。
※ちなみに決済方法をキャリア決済にすると登録がスピーディーです。[視聴方法] U-NEXTの検索窓から作品名など入力。
検索結果から視聴したい作品を選んで視聴。[解約方法] U-NEXTのメニューの中にある「設定・サポート」をクリックして「契約内容の確認・変更」をクリック
”ご利用中のサービス”内にある「解約はこちら」をクリック
解約前の無料期間を確認し、「次へ」をクリック
任意のアンケートあり(回答はしなくても大丈夫です。)
解約時の注意事項を確認し、「同意する」にチェックして「解約する」をクリック
「解約手続き完了」と画面に出てきたら解約は完了です。
※解約するまでにポイントは出来るだけ使い切りましょう!
U-NEXTの特長と楽しみ方
U-NEXTの特長一覧表
unext
月額料金:2,189円(無料期間終了後に課金開始)
無料期間:31日間
解約料金:0円
ポイント付与:1,200P(無料期間中は600P)
アニメ作品数:4,000作品
マンガ作品数:320,000作品
ラノベ作品数:40,000作品
【U-NEXTの特⻑】
  • 【U-NEXTの特⻑】
      • 見放題動画220,000本、レンタル動画30,000本の作品を配信中!
      • 映画やアニメはもちろん、漫画をアプリで読める!
      • 毎⽉1,200ポイントもらえる。
      • マンガを購⼊する場合、最⼤40%ポイント還元。
      • ファミリーアカウントで、さらにお得。
      • ダウンロードして好きな時間、好きな場所で視聴が可能。

プラチナエンドのアニメを全部見終わった後でもU-NEXTではプラチナエンドをさらに楽しむことができます。

プラチナエンドの原作はマンガで、そちらもU-NEXTで配信されていて登録すると読めるようになります。

プラチナエンドの漫画をU-NEXTで見る

 

 

 

プラチナエンドの動画をYouTubeなどの動画共有サイトで視聴する方法は?

YouTubeなどを含む海外の動画共有サイトでは非公式にアニメの異世界美少女受肉おじさんとが配信されていて無料で視聴できる動画もありますが、画質が悪かったり、余計な広告が出てくる場合もあります。

注意:海外の動画共有サイトからアニメをダウンロードしたり視聴する方法は違法で危険!

海外の動画共有サイトを利用してアニメを視聴する方法はウィルスに感染するなどのリスクは当然つきまといます。

さらに2020年から法律が厳しくなったので海外の動画共有サイトを利用してアニメを視聴していると違法になり処罰される可能性が高くなります。

なので動画配信サービスの無料のお試し期間やポイントを利用して安全に安心して、全話無料でフル視聴しましょう!

特にプラチナエンドの場合はU-NEXTであれば通常、月額2,189円ですが登録して最初の1ヶ月は完全無料で全話フル視聴ができるのでおすすめです!

\登録はこちらから!/

 

プラチナエンドの登場人物の紹介

架橋明日
声優:入野自由
家族を交通事故で亡くした後、虐待を受けていた叔父と叔母に育てられた。虐待を受けた結果、タワーマンションから投身自殺を図ろうとするが、ナッセに助けられる。叔父と叔母が家族を殺したことを突き止めた矢を使い、誤って叔母を殺してしまい、叔父を自首させる。メトロポリマンの計画を知ったミライは、自分たちを守るためだけでなく、彼が神になるのを阻止するためにサキとナナトと力を合わせて彼を阻止する。

ナッセ
声優:小倉唯ミライの天使。すべての天使は宿主に特殊な能力を授け、そのランクによって授ける能力も異なる。ミライに飛行能力を与える「翼」、当たった者を即死させる「白の矢」、当たった者を33日間惚れさせる「赤の矢」(ただし、対象がすでに他の天使の「赤の矢」の影響下にある場合は不可)を授けるなど、3つの天使の能力すべてを付与する特別ランクの天使。ミライを幸せにすることが最大の願い。かわいい顔をしているが、ついつい残酷な発言をしてしまう。

花籠咲
声優:M・A・O
サキはミライの同級生で、恋敵であり、偶然にも神候補でもある。未来が自分を殺さないことを知り、サキは未来と組んでメトロポリマンを始末する。サキとミライは幼なじみだったが、両親の死後、ミライはクラスメートのいじめのターゲットになり、サキは同調圧力からそれを止めることができなかった。シリーズ冒頭でミライの自殺未遂を目撃し、罪悪感から自分も海に沈めようとしたことがきっかけで、レーベルと出会い、神候補となる。

ルベル
声優:花江夏樹
サキの天使。計算高い性格で、ナッセによると、サキに赤い矢を与えることしかできない2級天使に降格させられた理由だという。サキの役に立ちたいと考えたルヴェルは、自分の位を上げ、サキに翼を授けるために天界の知識を学ぶが、失敗する。しかし、サキの役に立てないことに涙を流すと、神は彼を一位に昇格させ、今まで人間のために涙を流した天使がいなかったことから、「感動の天使」の称号を与える。この昇格により、サキに翼を授けることができるようになる。

六階堂七斗
声優:森川智之
アパレルメーカーの商品企画を担当する神様候補生、ナナト。末期ガンを患っており、自分が死んだ後の家族のために赤い矢で資金を確保し、さらに神候補を探すために私立探偵を雇っている。奏が神になるのを阻止するため、未来と咲と手を組むことを決意し、奏を殺すために自衛隊の銃器を手に入れる。未来は、七戸の治療を続けることを条件に承諾する。

バレ
声優:茅野愛衣
ナナトの1級天使で、「知の天使」とも呼ばれる。かつては特級だったが、知識をひけらかすあまりに降格させられたとルヴェルが語っている。

生流奏
声優:石川界人
神になるためには、他の候補者を皆殺しにすることも含めて、どんな手段を使っても神になろうとする高校生。名門常総学院の校長の孫で、死んだ妹を生き返らせるために神になることを望んでいる。これまで「メトロポリマン」という偽名で4人の候補生を殺し、その翼と矢を奪ってきたが、矢は何本か組み合わせることで射程距離が伸び、手に入れた矢と翼は他の者に与えて自分の思い通りにできることを知り、さらに危険な存在になった。

メイザ
声優:井上喜久子
奏の特級天使で、「強欲の天使」とも呼ばれる。バレットも知らない理由で無ランクから特級になったと言われている。

底谷一
声優:前野智昭
貧しく醜く生まれ、周囲から疎まれていたが、母が自殺したことでバルタが現れ、彼の天使となる。バルタの力を使って、ハジメはお金と整形による美しい顔を手に入れるが、コミュニケーション能力が低いため、女の子にモテることができない。しかし、コミュニケーション能力が低いため、女の子にモテることができない。そんな中、彼は奏に執着し、彼の部下になることを申し出る。そして、ナナトの正体を突き止め、彼の妻と娘を誘拐し、罠に引き込むことに成功する。ナナトとミライを捕らえることに成功するが、その隙にサキの赤い矢に当たってしまう。

バルタ
声優:緑川光
ハジメの第一位の天使で、「直感の天使」とも呼ばれる。

山田美々々
声優:前田佳織里
素人モデルだが、その正体は「連続殺人犯の少女A」であり、複数の女子中学生を殺害した罪で逮捕された。奏は彼女を解放し、以前排除した神候補からレッドアローと翼を貸し出し、殺人を再開した彼女を止めようと現れる他の神候補に罠を仕掛ける。

 

プラチナエンドのエピソード別あらすじ

第1話 天使の贈り物

あらすじ 2021年10月7日放送
生きる気力を失った掛橋未来は、中学の卒業式の日に自殺を決意する。しかし、突然現れた天使ナッセに命を救われる。さらにナッセは、彼に希望を与えるために翼と矢を授ける。最初は拒絶していたミライだが、翼を手に入れたことで、少しずつ希望を取り戻し始める。しかし、ナッセから衝撃的な事実を告げられる。真実を確かめるため、ミライは自分を育ててくれている叔母と対峙する。

今すぐプラチナエンドのアニメを視聴する

第2話 正義のヒーロー

あらすじ 2021年10月14日放送
未来は学校へ行くことを決意する。みらいは、警察に認められたヒーロー・メトロポリマンの姿を目にする。メトロポリマンは、自分が新しいヒーローになったことを人々にレッテル貼りする。彼らは、彼が国民から大きな支持を与える強盗を倒しながら、関与して彼の勇敢な努力を放映した。彼は13人の神様の候補者の一人です。そして、敵の一人を倒し、残りの一人を仕留めるつもりだと言う。それを見ていたミライはショックを受ける。家に戻ったミライは、このままでは自分が選ばれてしまうのではと不安になる。しかし、開会式に参加することを決意する。学校へ向かう途中、ミライは天使を見かける。

今すぐプラチナエンドのアニメを視聴する

第3話 憧れの人

あらすじ 2021年10月21日放送
4月になり、未来は高校生になった。入学式の日に学校へ向かうと、上空を飛ぶ天使を目撃…幼なじみの花籠咲の愛のレッドアローに射抜かれる。天使の策略であるルヴェルにひっかかった未来は、咲を守るためなら自分の命も投げ出すつもりでいる。自分を犠牲にして他の神候補を倒すことを決意するが…一方、仮面の神候補・メトロポリマンが動き出し、事態は新たな局面に突入していく。

第4話 集結の瞬間(とき)

あらすじ 2021年10月28日放送
メトロポリマンがテレビ放送を通じて、他の神候補にメッセージを送る。次の神様になる人は誰か、候補者たちに集まって話し合ってほしいというのだ。しかし、集まった神候補のメトロブルーとメトロイエローは、メトロポリマンの言葉を信じていなかった。神保競技場では、目まぐるしく変わる戦いが繰り広げられる。スタンドでは、未来と咲がどうすべきか悩んでいた…。さらに絶望的な状況に陥ったとき、2人は苦渋の決断を迫られる。

第5話 死の宣告

あらすじ 2021年11月4日放送
“何もできなかった…” そんな無力感だけを胸に、未来と咲は神保競技場を後にする。圧倒的な力を持つ戦略家メトロポリマンに2人だけで挑めるとは思えない…しかし、そんな未来と咲にもう1人の新たな神候補が接触してくる。彼の名は、向井戸奈々斗。向井戸は、メトロポリマンを次の神にしてはいけないと、未来と咲に告げ、二人で挑もうと提案する。

第6話 苦渋の二択

あらすじ 2021年11月11日放送
連続女子中学生殺人犯の少女Aが、監禁されていた施設から脱走する。未来たちは、他の神候補をおびき出すために、メトロポリマンが彼女に翼と矢を与え、逃がしたのだと推理する。ミラは、次の神になるためなら手段を選ばないメトロポリマンを軽蔑していた。やがて街のグランドタワーで最初の犠牲者が見つかり、事態は急速に悪化していく。ミライたちは少女Aの殺人を阻止するために行動を起こすことを選択する。

第7話 悪夢のタワー

あらすじ 2021年11月18日放送
ミライと向井戸は翼を使ってグランドタワーに飛ぶが、そこには不吉な罠が仕掛けられていた。煙の中から現れたのは、敵のメトロポリマン。ついにメトロポリマンと対峙したミライは、戦う勇気のない雑魚と蔑まれる。しかし、追い詰められたミライは、思いもよらない行動に出る。ミライは自らの命をかけてアローを撃ち、そして…

 

今すぐプラチナエンドのアニメを視聴する

第8話 約束のしるし

あらすじ 2021年11月25日放送
先ほどのグランドタワーでの戦いは、ミライたちに様々な意味で影を落としていた。戦いに参加できなかったサキは、何かに悩んでいるようだ。そして彼女は、ミライに自分を殺してほしいと頼む。優しくて普通の女の子だったサキが、なぜ神様候補生に選ばれたのか?その真相を知ったミライは、サキにある選択を迫る。一方、実はメトロポリマンだった高校生の瓜生奏も、次の手を考えているようだ。

 

今すぐプラチナエンドのアニメを視聴する

第9話 刺客の貌

あらすじ 2021年12月2日放送
新たな神候補が、ミライたちに罠を仕掛ける。翼と矢に加え、剣も操る神候補の長髪イケメンの名は、底谷一(ソコタニハジメ)。これまで悲惨な人生を送ってきたハジメは、自分と正反対の存在であるメトルポリマンを崇拝し、その忠実な下僕になることを望んでいる。その目的を達成するため、ハジメはミライとその仲間を狙い、ある場所へと向かう。

 

今すぐプラチナエンドのアニメを視聴する

 

第10話 涙の行方

あらすじ 2021年12月9日放送
向井戸の妻と娘がハジメの人質となる。二人を助け出そうとするあまり、向井戸は逃げ場のない罠にはまる。未来も二人を救うために罠に入る。一方、レッドアローしか持っていないサキは、戦いに役立てることができず、家に取り残されてしまう。翼がなければ戦えないが、それでも未来と向日葵を助けに行こうとする。その姿を見て、天使のレヴェルは自分の無力さを痛感し、初めて涙を流す……!

 

今すぐプラチナエンドのアニメを視聴する

 

第11話 己の価値

あらすじ 2021年12月16日放送
大槻敦史 2021年12月17日[f]。
ルヴェルが一級天使に昇格し、サキが翼を手に入れる。戦場となった公園に駆けつけ、レッドアローでハジメを射抜くことに成功する。赤い矢の力によって、ハジメは生まれて初めて愛を経験する。激しい心の葛藤の末、彼はどんな選択をするのか…?一方、奏は隠し持っていたある切り札を手に入れる。このカードによって、二人の戦いは混迷を極め、ジェットコースターのような戦いになっていく。

今すぐプラチナエンドのアニメを視聴する

 

第12話 紙一重の攻防

あらすじ 2021年12月23日放送
奏の部下である冬子は、殺人ウイルスを開発する研究者である。冬子は、未来たちに「無差別テロを行い、殺人ウイルスをばらまく」と脅す。彼女は、テロを防ぎたいのなら、自分たちの最新薬を実験させるよう要求する。奏は最初のモルモットとして未來を指名する。向井戸と咲は必死に止めようとするが、誰も死なせたくない未来は聞く耳を持たず、冬子と一対一で向き合う。針が近づいてくる。ミライの運命は…?

 

今すぐプラチナエンドのアニメを視聴する

 

第13話 世界の平和

あらすじ 2022年1月6日放送
ミライとメトロポリマンは、交互にアローを発射することで正々堂々と戦うことを約束する。決闘の中で、メトロポリマンは過去と自分の価値観について考える。

 

今すぐプラチナエンドのアニメを視聴する

 

第14話 二つの光

あらすじ 2022年1月13日放送
未来と奏は、自分たちの決闘が何者かによってネット配信されていることに気づいていない。日本中の人々が、そして警視庁までもがその配信を視聴し、行動を起こす中、2人の決闘は終わりを迎えようとしていた。幸せを求める赤の矢と、その願いを叶える白の矢。命を懸けた戦いの先に待ち受ける運命とは…

 

今すぐプラチナエンドのアニメを視聴する

 

第15話 拡散の力

あらすじ 2022年1月20日放送
向井戸の命と引き換えに、彼の行動によってメトロポリマン別名奏との長い戦いについに終止符が打たれる。しかし、未来は奏が密かに何者かによってレッドアローを撃たれていることに気づく…。誰が奏を操っていたのか?警視庁は神候補の身元調査を開始し、事態は次の段階へ。そして、新たな神候補が行動を開始する。

 

今すぐプラチナエンドのアニメを視聴する

 

第16話 最高の暗殺者

あらすじ 2022年1月27日放送
神様候補の小学生・進は、テレビの生放送で新しい神様選びに関する情報を暴露する。その結果、世界中の人々が神様の候補者を探し始める。未来と咲は大きなストレスを抱えていた。しかし、ある日の下校途中、警視庁の刑事・星が未来に声をかけてくる。

 

今すぐプラチナエンドのアニメを視聴する

 

第17話 他の5人

あらすじ 2022年2月3日放送
 

 

今すぐプラチナエンドのアニメを視聴する

 

第18話 最後の晩餐

あらすじ 2022年2月10日放送
 

 

今すぐプラチナエンドのアニメを視聴する

 

第19話 人間の未来

あらすじ 2022年2月17日放送
 

 

今すぐプラチナエンドのアニメを視聴する

 

第20話 名誉の代償

あらすじ 2022年2月24日放送
 

 

今すぐプラチナエンドのアニメを視聴する

 

第21話 刺客の貌

あらすじ 2022年3月3日放送予定
 

 

今すぐプラチナエンドのアニメを視聴する

 

 

プラチナエンドのアニメの評判は?感想と見どころをレビュー

スティーブンさん 総合評価 3
いや、これは一部の人が期待していたデスノートの後継機ではなく、つまらないキャラクターが登場する未来日記なんです。

この物語は、ほとんど何もない、ただエッジが効いている、そればかりだ、また、なぜか超安っぽい、パワーレンジャーの件は最悪でもない、エッジとチーズはあまり相性が良くない。
大場は大失敗した、何も面白くない、陰謀、キャラクター、プロット、雰囲気が全くない、何もない、漫画は偉大な小畑健のおかげでずっといい表情をしているが。

なぜレッドアローの効果を終わらせるために33日間も飛ばしたのか?その間に何も起こらなかったのでしょうか?この2人は全く相性が悪く、彼が告白しても何も変わらないし、何の葛藤も生まれないし、物語を前進させることも全くないのです。

あの2人はなぜスタジアムでメトロポリマンが場所を変えることに気づかなかったのだろう。周辺視野で人が飛んでいるのが見えないのだろうか?

メイン・コンビは当たり障りのないものばかりで、ナッセは超ヒヤヒヤもの。「純粋」ってこういうこと?刑事は悪くないし、脳死コンビの代わりに主人公にした方が良かったのでは?
大場はなぜかまだ女性キャラの書き方を知らない。

メトロポリマンはデスノートとデビルマンとゼットマンのキャラクターを混ぜたような奇妙なキャラクターだ。
彼は自分が思っているほど賢くはないようだし、邪魔者を殺す動機が妹というのも意味不明だし、彼は誰よりも上に立つタイプのキャラクターだと思うので、もっと「深い」理由は必要なかったのでは?

ファンサービスは、本当に顔に出ています。

これはかなりひどいし、これからもっとひどくなると思う。

バンドメイドのOPはかなり素晴らしいが。

タノシイさん 総合評価 1
このレビューはネタバレを含みます。

マニ教、要約すれば二元論的なグノーシス主義の極端な形態である。霊的真理に関する特別な知識を得ることによって救いを約束するので、グノーシス主義である。宇宙の根源は善と悪の2つの原理の対立であり、それぞれの相対的な力は等しいと主張するため、二元論である。

その共通のいくつかのスクリプトリソースは、ほとんどの場合、ちょうど善と悪を分離するためにから来て、不正と汚い書き込みである、文字のドラマを構築するためにこのテーマを乱用し、これらの二つの側のアイデアは、あなたが人間関係や大人のドラマについての物語を読む場合は特に、真のままではありません、程度は、これが取ることができるに存在している、例えば。例えば、戦争や政治に関する物語で、戦場の暴力を描くことにコミットして、両側は、彼らが割り当てられた道徳に関係なく、どのように腐ることができるかを示し、表面的に悪と善を区別しないアイデアの真のバランスである、残念ながら、この哲学的な考えは決して正しくないはず知っている少数の著者とそれがそう多くの物語が平凡で終わる理由の一つである。

ここで結末のネタバレはしないが、この物語がいかに嫌いかだけ述べて、問題のイニシャルについて語ろう。実は私はこの漫画を以前読んだことがあるのですが、正直に言うと この物語をクソにしているのは結末ではありません。この物語は最初からずっとダメで、アニメは、いかに作家が13歳のメンタリティを持っていて、キャラクターとの説得力のある対話を維持できないかを思い出させるものでしたが、私にとって最悪なのはそこではありません。それは、大場が読者や視聴者に伝えたい無責任なメッセージであり、「自分には合わないから」という理由で嫌なのではなく、このメッセージ性の強いテーマを全力で軽蔑し、時にはこの漫画が存在しなければいいと思うほどだ。

日常生活への超自然的なアプローチの中で、プラチナエンドは、2000年代の少年ジャンプに大きな成功をもたらした漫画家コンビ、デスノートとバクマンの再来として登場した。あらすじは、現実世界での敗者を主人公にしたバトルロワイヤルものをいくつか知っている人なら、何のことはない、陳腐でさえあると思う。しかし、このような点から物語の内容を判断するのは、少し難しく、表面的なものであると思います。残念ながら、これはここではそうではありません。

私は今後、レビューで「デスノート」や「バクマン」を引き合いに出すことはしません。理由は、「プラチナエンド」が表現するものだけに焦点を当てたいからです。

この物語が2008年代に13歳のエモが人間嫌いの思考で書いたものだと言われたら、私はおそらく信じるだろう。しかし、このレビューを読んでいるあなたには、この駄作の作者は作家として18歳以上の仕事と経験を持っていることを思い出してもらいたい。20年というのは、文章が進化したり衰退したりするのに相当な時間であり、大場つぐみは時間をかけても何も学んでいないし、昔の編集者からさえも学んでいない(この男には緊急に編集者が必要だ)。

「誰もが幸せになることを目標に生まれ、さらに大きな幸せになることを目標に生きている」。

まず、観客のためにテーマを要約すると、最初は明らかなパスのために実行されているどのように貧しい、文字と全体的なプロットに少ないニュアンスをもたらし、彼らが確立自由の非常に定義が視聴者の顔に叫んで作家になるように弱いものです、すべての回で著者は翼が幸福のためにいかに重要であるかを象徴する必要があるので、と、彼らはテキストのために明白なものを複製、2000年代にそれは、読者がストーリーにつながる場所にコンパスに必要なようにこの種の抜粋が複製されることは、一般的であった。しかし、もう10年も前のことであり、このようなフックを使うことは、大場がいかにセンシティブなテーマを扱うことに不安を感じているかを示しているに過ぎない。

バトルロワイヤルのプロットに入るために、最も平凡な方法で彼の自殺に近づき、宇宙の手で苦しんでいるMCを紹介します。このように敏感なテーマを扱う場合、作者はテーマに対する知識を持つ必要がありますが、大場は彼のキャラクターについて建設的で深い何かをする試みを無視して、ワイフ天使に彼の話を説明的に要約させます。この番組がいかに「人間的」であろうとしたが失敗し、状況全体が人工的なままになっているか、MCが空を飛ぶ力を得た後の登場人物たちの会話を見て思い出したい。

「初めてにしては上出来だ。初めてにしては上出来だ!全然怖くなかったじゃないか!」。

“まあ、飛べないのにビルから飛び降りたりはしたけどね”

主人公に共感させるために、都合のいいようにフラグを立てて、子供時代の思い出を語るだけでは不十分で、悲劇的な物語を描くために時間を割かず、その結果、すべてがさらに悪い方向に向かうというのは、おかしな話です。私は彼の家族への全体の焦点は全く深さがないと言うことができます、それはちょうど第1話で主人公の劇的な要因を生成し、その後忘れられるように作られた、仕事はちょうど糞アクションプロットを作成するために、文字の感情に再び焦点を当てることはありません示す、著者はそれよりも提供できる最も不正直はありませんと悪化しています。

この物語がもたらす最悪の部分は、深みを出そうとしているが、全体としては空虚でしかないことだ。

“それに、悪魔なんてものは存在しない。存在するとしたら、それは人の心の中だ。”
“だとしたら、叔父さんの中に悪魔がいて、叔母さんは自分の目的のために人を殺したということにならないか?”

悪魔-人間関連の台詞を入れる必要があるのは、フィクションが無にしぼった最も貧しいパラレルだからだ、物語はこうした人間に対する悪魔のパラレルを描かないと残酷さを示す方法を知らない、その実行が人工的になった瞬間に、だ。ところで、この物語が、常に「見せる、語らない」「語る、見せない」を決められず、登場人物の動機を記述する式に矛盾を生じさせているのは、どういう問題なのだろう。まるで、小学生でもわかるようなことを、視聴者を甘く見ている作者が、視聴者をバカ呼ばわりしているようなものだ。

さて、冒頭で引用したマニキアを覚えているだろうか。このアニメが「世界は悪である、彼はとても苦しんだ」という公式を満たすためにそれをどのように適用しているかを見てください。主人公の叔母を見てみろ、彼女が主人公に無礼でアホな態度を取る理由は何だ?家族関係に執着がない人が残酷な扱いをする理由がない。理由もなくいじめをする子供にも同じことを言う。マジでおまえの子供がこんなことを教え込まれる理由はなんなんだ?登場人物たちが、贅沢な暮らしをしながら弱者をからかう無知な豚として描かれているのも、大場がティーン向けドラマを「説得力あるもの」にするために考え出した屑のような脚本装置である。明らかに彼らの外見は可能な限り戯画化されている。醜い野郎は「社会の悪」を象徴する悪役になり、妻はきれいな売春婦でタバコを吸って他人を笑うことしか知らない。これも大場が少しも努力しなかった証拠で、結局彼らはすべて未来に共感を強いる脚本のための空虚なキャラクターなのだ。

このエピソードでさらに私を軽蔑させるものがある。それは、大場が視聴者に伝えたい不合理なメッセージ、つまり「目的は手段を正当化する」という謝罪である。特に身近なところでは、実際、アニメはテーマの恐ろしさを表現していると言えるが、実際には42秒間、その恐ろしさを、今シーズン最も愚かなドラマで矛盾させ、シーン全体を美化して、幸せになりたいというミライの悲しみに焦点を当て、その上で殺人という正当性を使っている。問う、このアニメが描きたい幸せはどこにあるのか?どの時点で誰かの人生が幸せになるのでしょうか?一体なぜ、このテーマに合致しているのでしょうか?このようなテーマであれば、面白く扱えるはずなのだが、作者は、テーマを伝えるだけでなく、クソみたいな演出で台無しにしてしまったので、中身のない長い台詞が付きまとうことになったのである。

台詞については、あまりにもお粗末で、無責任で矛盾したテーマに加えて、台詞が最悪の部分になっています。このくだりは、有名で尊敬される作家というよりも、14歳の子供がファンフィクサイトで書いた素人脚本のように見えるという例を2つ挙げましょう。

“彼女は死んだ、人はそう簡単に死ぬ”
“私の両親、みんな死んじゃった”
“彼女は死んだ これは現実だ”
“夢じゃない、偽りじゃない”
“今ここで起きていることだ”
“すべて現実だ!”
“私は現実の世界にいて、まだ生きている”
“生きてる!生きてる!”

そもそも、なぜ物語は1つの台詞に集約されるようなことに重きを置いているのか(・∀・)?リアルな反応を見せるというのは分かるが、これだけ強調すると文章が冗長になり、キャラクターが視聴者に向かって叫ぶ必要があるため、うんざりするシーンになってしまう。

また、アニメがこの台詞を作ったのは、主人公の危険性を示すためではなく、この台詞は彼の家族への共感のドラマを導くためにあるのであって、ここでも大場が「自分が苦しんだ」という理由だけでこの殺人を正当化することがいかに矛盾した無責任な行為であるかを示しています。大場がそれを無視している最大の証拠は、歴史が彼の行動に結果を与えていないことです。作者がキャラクターを構築するための本質的な部分で失敗した瞬間、これを「人間」のショーと呼べるか教えてください。
このシリーズの他の悪い文章を引用することもできるが、このレビューは必要以上に大きくなってしまうので、最後の素人主義の例をここに残しておくことにする。

* フラッシュバック

“ママ、私の絵を見て!”
“みんな笑ってるよ 幸せそう」。
みらいちゃん、みんな幸せになるために生まれてきて、さらに大きな幸せになるために生きているんだよ!」。
“私はそう信じています。だから、あなたにも幸せな人生を送ってほしいの”
現実に戻る
*retards screams”
“私は生きている!”
“幸せを見つけるために生きている”
“死んでしまえば、幸せは手の届かないところにある”
“でも、私は自殺しようとした… ごめんね、パパ、ママ、晶ちゃん… ごめんね ママ パパ アキラ…
ナッセ その通り!過去がどうであれ、誰でも幸せをつかむことができるんです。結局のところ、私はあなたを幸せにするためにここに来たのです
みらい:私…。幸せになりたい

この作者は18年も漫画業界で働いているくせに、子供みたいな文章を書くんだなあということを思い知らされる。このシークエンスについてどう語り始めたらいいかわからない。この対話は、プロットが必要とする瞬間に都合のいいように稚拙に書かれているし、幸福の定義は心理学者でさえ否定的なほど空しくて余計である。ミライが不謹慎にもその定義を思い出したり、MCの行動を再確認するための長ったらしい語り口、主人公が人を殺しておいて、それ以上の結果を出さずにこの瞬間を美しく見せる演出、物語のテーマを再確認し主人公を導く少年漫画のクリシェとしてしか存在しないエンジェルなど。このクソシーンでは、すべてが最悪の形で間違っている。最悪なのは、「幸せ」の台詞が両方とも、あの状況では意味をなさないことだ。作者が望むから作っただけで、物語が有機的に進行するはずもない。このクソみたいな物語は、もう終わりだ。

この物語がいかに矛盾しているか、大場がいかに自分のクソみたいな道徳観を正当化するためだけにこの物語を作ったかの一例です、幸福の定義で、ミライは残るために金を盗んだことを幸福とは言えない、幸福のために盗み続ければそれは悪人になると言っていますが、人を殺したことに疑問を持ったり負担を感じたりは一切しません、主人公が自分のしたことを認識すらしないただの空っぽなら幸福について議論したり現実について話すことに意味はあるのか。大場には人間嫌いの視点がないと言う人も多いだろうし、そうでなかったとしても、大場がいかに無責任に問題を扱い、死を矮小化しているかを示しているだけだ。どんな作家も必ず自分の作品で語りたいことを、さりげなくあるいは公然と持っているし、主人公の考えのいくつかは、大場のクソな子供時代の純粋なフラストレーションではないのか、と私は疑っている。

10回目までの幸せについての知恵遅れの台詞の後、物語は登場人物に焦点を当てることにしましたが、このアニメのもう一つの矛盾、赤い矢の概念を持っていること、最初に彼らは、33日間人を恋に落とすことができる矢だと言い、次に歴史は、本当の人が他の人と永遠に恋に落ちるためには、この33日間で恋に落ちるようにしなければならないと言っています…?一体、どういう理屈なんだ?その人は矢張り情熱の影響下にあるだろうし、それでもその恋する人を本当に恋に落ちさせる必要がある、マジでWHAT THE FUCKING LOGIC?このコンセプトは、ストーリーに何の意味もないんです。

というわけで、第4話では、キャラクターを作り上げようとする試みがなされていますが、どれも信憑性やインパクトに欠けるものばかり。その上、彼らのキャラクター描写のほとんどは、キャラクターとしての彼らには何の足しにもならず、ただプロットの「スマート」な状況に対してのものでしかありません。ただ、面白くもないランダムな2人のキャラクターを移し替え、キャラクターとしての彼らを生かさない怠惰なバックストーリーで画面時間を費やし、だから彼らは最後に死に、メトロポリマンがどれだけ「賢い」かを示すために回され、それ以外のことは何もないのです。このプロットの試みは認めますが、あまりにも無粋でひどいので、エピソードの半分が無駄になっています。また、メトロポリマン自身も、多くの人が言うように、良いキャラクターでも、知的なキャラクターでもありませんでした。要は、メトロポリマンを「賢く」するためだけに、キャラクターの論理の問題で、キャラクターを馬鹿にして、物事を面白くする努力もせず、同じように、全てのキャラクターが候補者で、あの場所で真のメトロポリマンが変化したことに気がつかない、もしこのキャラクターに光の速度があるなら、理解できますが、結局、ただの悪い脚本の回でした。

また、幸福のメッセージを構築しようとする試みが失われています。なんということでしょう、なぜこの作者は、この感情の意味を表現するのに、あらゆる言葉の中で、最悪のものだけを使ったのでしょうか?このようなフラッシュバックでは不十分であるかのように(ほとんど冗長である)、物語は(誤った)道徳のメッセージを伝えようとして、第1話でなされた結果を無視している。この考えは例と一致しないので誤りだ。大場の相対主義や「人を嫌ったり恨んだりしないように」という演説にはうんざりする。

キャラクターについては、第1話以降、ようやく他のキャラクターが登場するようになりましたが、そのうちの一人が、壁ほどの個性を持つサキで、主人公が恋愛をするためだけに作られたキャラクターで、明らかに大場は「特別恋愛」をゴミのように書いており、キャラクター同士の最初の瞬間が、赤い矢印のコンセプトではあるものの、納得できる恋愛感情よりも執着に帰結してしまうのです。このシーンをより悪くしているのは、プロットがサキのキャラクターを人間らしくするためにこのような瞬間を強要していることで、実際はとても弱くてうまくいかない。このキャラクターが恋愛感情を持ち始める理由は、マジで何の意味もない。キャラクターは愛が何であるか分かっておらず、物語は美しい瞬間を見せようとして、この認識をすべてバカにしている。天国のシーン全体では吐きそうになった。理由は、キャラクターの反応がとても虚しくてこの瞬間が「美しい」とは言いがたい。

ナッセは、ストーリーが有機的になり得ないので、プロットを説明するためだけにアニメに登場する人形で、そのために彼は空虚な言葉ですべてのキャラクターを使用しています。このバトルロイヤルが日本で起こっている理由の説明でさえ、ひどく悪いです。すべての理由、このイベントが日本で起こる主な要因は「人が死んでいるから」です。大場の悪い文章から、キャラクターでさえ説得力のある返事ができません。しかし結局彼女はこの番組の最も「大丈夫」なキャラクターでした。

そして、ドリームキャストのCGで作られたメトロポリマン。面白いアイデアですが、ミライの(失敗した)思想的なキャラクターと対をなす戯画と表面的な瞬間によって実行されています。彼を好きになりたかったのですが、彼は飛鳥涼の偽物に過ぎず、物語が提供したい議論を支える弱い思想に過ぎず、次のエピソードでも彼がまともなキャラクターになることはあまりありません。5話では、メトロポリマンを特徴づける試みがなされていますが、情報は表面的で、動機を言うだけで、構築はされておらず、彼がイモウトを救いたいのは理解できますが、その上の構築はどこにあるのでしょうか?謎解きをしていると言う人も多いでしょうし、私もそうありたいと思っていますが、大場が作者として努力していないだけで、紹介されてもダラダラしてしまうし、未来と向日葵は主人公なのに裏話が全部表面的なのに、なぜ奏の裏話は深まるのでしょうか?この番組が本当に面白いキャラクターを作ろうとしているならば、もっと見応えがあるものになったかもしれません。

この番組が本当に面白いキャラクターを作ろうとしているのなら、もっと見応えのある作品になるはずです。このシーンの問題は、盗むという行為ではなく、ミライが意味不明な主人公であること、良い意味で構築されていないこと、プロットが彼についての内部対立を構築しようとさえしていないことです。というのも、このアニメは道徳的な議論を構築しようとフラッシュバックシーンを導入するたびに、結局それは無駄で、これらの空虚な演説は、ストーリーの進行から何も学ばないので、MCの空っぽの頭を養う役には立たないからです。

“しかし、私はかつて古代のテイクで、命を奪われ、死を受け入れた者は、生きる希望を失った者よりもさらに強くなることができると読んだ”

この台詞については語る気にもならないので、他のようにここに書いておくと、この物語の問題点は「賢くなろうとしたが失敗した」のではなく、「深くなろうとしたがあらゆる面で失敗した」ことである。

大場は全ての概念において矛盾している、以前は神候補になるのは日本の自殺率が上がったからだったが、その後はどんな動機でも神候補になる理由になり始めた、幼女(4話で死亡)がいじめられたと自分で説明し、それでこのゲームに参加したことについて本当に話す必要がある、男wtf。また、向井戸がミライを見つけたという都合は正当だが、赤い矢印の影響を受けた普通の人には天使も候補者も見えないことを考えると、複数の調査員を送り込む意味はあるのだろうか?こんなの意味ないし、仮に登場人物が怖がるためだとしても、あのクソスタジアムにいた全員が怖がったんだよ、わかるか?都合のいいように正当化する一方で、さらに悪いことを持ち込む、この物語に作者の努力はあるのだろうか。

演出はもろに今後のエピソードに力を入れる気がないようで、第3話の冒頭数分を見れば、その演出がいかにいろいろな意味で欠陥があるかが何割かわかると思うんですけどね。この演出がいかに欠陥のあるものであるかは、第3話の冒頭数分を見れば、その割合が分かると思います。くだらない効果音、キャラクターを納得させるだけのくだらない作画、くだらない場面切り、主人公が好きな女の子がいかに可愛いかを強調するための下手な演出、そして最後にミライのセリフを強調するためのひどいズーム、監督は時々荒木作品に寄ろうとしているように感じますが、その雰囲気や一貫性を完全に捉えることは惨敗です。全体的に見て、木瀬一千を素晴らしいアニメーターだとは思いますが、その演出には番組を見るに値する強いアイデンティティが見つからないと感じています。

プラチナ・エンドでは、小畑は前作に比べ、より細部まで描き込み、より顕著な陰影をつけ、インパクトのある面白いコマを作り、吹き出しの置き方は好きではないのですが、非常に良くなっています。私は作者の努力を評価します。今、私たちは、小畑の痕跡と細部(彼の作品をユニークにしているすべて)をすべて取り除き、クソみたいな色合いとコントラスト、貧しい効果とアイデンティティーのない照明を使用したアニメに戻っています、努力がないときに何かを評価することは困難です、私はもはやショーの品質を見るのに十分な理由がないことが判明した。

プラチナエンドは、全体的に何の良さも感じない作品です。出来が悪いと思う作品ではなく、なぜ存在するのだろうと思う作品です。この物語は、視聴者に当たり前のことを話す以上の関連性を持つ議論をもたらすとは思いません。ネタバレしないように我慢しましたが、この物語は私が最も嫌うものの全てです。大場がここで強調したいメッセージはすべて軽蔑に値するし、彼がこれまで書いたものの中で最も危険で無責任なものの1つだと思う。もし繊細な観客を想定するならば、下手な演出、ゴミみたいな主人公、下手な台詞、弱い演出でさらに無責任になっている。大場はデスノートの台詞を冗長にし、バクマンの時も冗長なものを説明文にして漫画のレイアウトをめちゃくちゃにし、最新作のプラチナエンドではただクソみたいな台詞を書いていることがわかる。人間嫌いをテーマにしながらも、視聴者や自分自身を意識した物語を作りたいなら、ブギーポップファントムを見るかLNを読めば、このシリーズの方が良い台詞や面白いキャラクターが見つかると思います。

ヴェルベットさん 総合評価 4
プラチナエンド、待てよ..未来日記の字を間違えた。

– キャラの部分でちょっとしたネタバレがあります。

– ストーリー
バトルロワイヤルアニメ。勝ち残った者は神に取って代わる。日本だけのスケール。候補者は落ち込んでいて、何か変化を求めている人が選ばれる。なぜ、人生に何の可能性もない、いわゆる鬱病患者を神に選ぶのか?実際に鬱病で複雑な病を抱えている人が選ばれるのなら分かるが、ここでいう「鬱」は非常に薄く、誰もが思いつくようなものだ。いつもインスタに鬱だ、自殺したい、などとアップしている友達を見ているような感じです。ただ一つ違うのは、突然天使がやってきて、彼らを救うということだ。プラチナムエンドは、一般的なバトルロワイヤルのストーリーの定石を踏襲している。ここでの正義の問題は、非常に…退屈です。善良な人々は団結して、悪の黒幕を倒したいと思っています。善人は善良なモラルをルーツとし、悪は神になるためにあらゆる手段を講じる。このようなコンセプトは、おそらく人生で何度も見たことがあるはずです。最後に、なぜロボットのコスチュームを使わなければならないのか、私には理解できません。天使は機械的なロボットの特徴さえ持っていないのです。トランスフォーマーが神であることを想像してみてください、そう、これ以上悪いことはないでしょう。

– キャラクター
主人公は道徳的に完璧です。人を殺さないし、人を憎むこともできない。自殺を考えるようなトラウマを持つが、今は幸福を追求する旅に出ている。基本的に、彼は純真な少年なのです。正直言って、彼の行動や台詞にはうんざりしています。人間ならこうはいかない。彼の天使も、この少年の幸せを願っているのだから、ほとんど同じである。ヒロインも淡白で、いい人なんだけど、主人公とコンビを組んでいる。うつ病やトラウマがあるようですが、そんなことは忘れて、この完璧な道徳律の中で欠点なく生きていきましょう。もちろん、唯一の間違いは、悪事を終わらせないことであり、それは彼らの正義の概念に反するため、さらなる悪事を引き起こすことになる。敵役は、実際の戦術的な戦略を持っていて、ちょっと面白かったです。問題は、彼はただ死んだ妹を生き返らせたかっただけのようで、それを「ありえないこと」と呼んでいることです。生と死の接点を持たない人間にとって、これは最も考えうる欲望です。

– 音-。
いいじゃないですか。エンディングが素晴らしく、本当にこのアニメに合っている。オープニングはあまり合っていないが、それでも良い。効果音はクールで、聞き応えがある。声優はまともで、特別なことはしていない。

– アートとアニメーション
美術はまあまあの出来。アニメーションは良いとも言えるが、CGIロボットのコスチュームなど、目が悪くなりそうなものもある。戦闘は戦略的なものが多いので、アクションはあまり見られません。

– 楽しみ方
私は実際にこのアニメをとても楽しみました。確かに駄作ですが、つまらないというわけでは全くありません。しかし、その楽しさは、ほんのひと目見ただけです。プラチナムエンドは、私に全く影響を与えませんでした。注意:このアニメには、人によっては非常に気になるシーンが含まれています(レズビアンの性行為)。

– 総合評価
プラチナエンドは、私にとっては4/10です。創造性に欠け、未来日記のパクリに近いが、少しは楽しめる。これは、季節のリリースで見ている場合は、本当に時間を無駄にしないが、アニメが24話からいっぱいだったとき、プラチナエンドを見る時間を無駄にしない方が良いでしょう。このアニメの良さは期待しないし、将来的に救いがあるかもしれない。バトルロワイヤル好きで何を見たらいいか分からない人は、代わりにFate/Zeroを試してみてください。

さじの11さん 総合評価 4
今期はハイプトレインアニメが多かった

ほとんどの作品が期待を裏切らなかったが、プラチナエンドだけは様々な理由で期待を裏切られた気がする。

この先も改善されればいいのですが、ここまで見てきて、同じテイストのアニメをいくつか見てきた中で、ほとんどのデスゲームアニメが辿る路線であることが確認できたので、異論はあっても言わざるを得ないでしょう・・・・・・・・・・。

この作品はデスノートの後継作品ではありません。

ということで、アニメオンリーでレビューさせてください。

このアニメはデスゲームアニメのテイストがふんだんに盛り込まれており、それ故にストーリーの大部分は予測可能である。
1)嫌々ながらもデスゲームに参加させられる(ダーウィンズゲームbtoomによくあるデスゲームのトロフィー)。
2) 3~4話以内にメインウェイフが登場し、何らかの形でMCを参加させる(これは未来日記、ダーウィンズゲーム、才能のないナナなどにもある)。
3)最終的に悪になるための悪、5話で殺した相手に偽の同情心を集めるところまでやった(主人公じゃないしネタバレにならないのでご安心を)(talentless nana, darwins game )

だから、これはまだ起こっていないが、私はすでにそれを呼び出すことができますXD
4)おとなしいMCがギガチャドになるようなことが、おそらく5話のイベントで起こる(正直、もう飽きた)(you guessed it ! btoom, talentless nana, darwins game, and more that may not watched but heard about)。
5)副主人公に何かあって、ギガチャドMCが氷のように冷たいウルトラチャドになるかもしれない(仲間力など)。

この作品はデスノートと比較される筋合いはないでしょう。

ストーリー(4/10)、キャラクター(2/10)
デスノートで宣伝するという大胆さゆえに、最初から非現実的な期待を持たせてしまった。(バクマンはこのような宣伝をする必要はなかったし、それでもはるかに良い出来で、実際素晴らしい作品です!).私はキャラクターが複雑か、少なくともデスノートに匹敵するものになると信じていたのですが、これまで見た限りでは、作者は明らかに創作の自由を与えられていなかったか、あるいは単にトロフィーに固執して良い金を刷りたかったかのどちらかでしょうね。主人公の悪役は、なぜか悪者なのですが、彼の残虐行為の理由は、テロリストが聖人に見えるほどです。

美術・アニメーション(4/10)
ああ、ボイ…せめてここぐらいは頑張れたんじゃないのか?天使のデザインはとてもよくできているのは認めます。しかし、アクションシーンに至っては、下手なCGIは許せるが、戦闘があまりにも想像力に欠け、他のガチャゲーで見かけても驚かないような一般的なものである。デスノートの作者による」と宣伝しているアニメで、このくらいはやっても良かったのではと、デスゲームとしては情けない。デスゲームで一戦でも面白くなかったら完全に負け!他にやることないんだから、せめて対決だけでも面白くしろ!(笑

サウンド(6/10)
この作品は、芸術的であり、EDの音も良いのですが、エピソードが終わる頃には、わざわざ聴くのも嫌になるくらいがっかりしてしまうので、気が付きませんでした。って感じです。

このアニメは、他のデスゲームアニメを見たことがなければ、まだ見ることができます、あなたは多分自分自身を見つけるかもしれません、そうでなければ?このアニメは、他のデスゲームアニメを見たことがない人なら、少しは興味を持つかもしれませんが、そうでなければ、オリジナリティのない哀れな金づるで、「デスノートの作者による」としたマーケティングチームを疑います。これから良くなるとはあまり思えません。そして、すでに期待値のスケールは十分に高い。バクマンは、「by the creator of death note」による再生回数アップを必要としませんでした。このアニメは最初から最後まで騙されたようなものだ。最初の4話で興味を持てず、他のアニメを視聴している場合はdropしかない。

—プラチナエンドはデスノートと同列に扱われることで、そのイメージを悪くしている。

 

ジュン3さん 総合評価 3

最初のエピソードは期待できるものでした。このアニメはどこに向かっているのだろうかと、ちょっとした衝動に駆られた。このアニメがどこに向かっているのか、少し知りたくなりました。もっと多くの可能性があったはずだ。キャラクターが平板で面白みに欠ける。このようなスーツは、偉大なサイヤマンを思い出させます。5話で、このゴミのような作品を捨てなければならなかった。

漫画の最終章を読んでみたが、面白かった。この後、最終回を見るかもしれないが、それ以外はスキップしている。

ビッコロさん 総合評価 8
アニメ漫画の超有名人がなぜ未来日記と関連付けるのか理解できない、全く関係ないじゃん。しかし、あるものと別のものの類似点を探せば当然出てくるし、このコーナーでレビューを書いている人たちはそれに徹しているようである。

アニメの出来は良い。完全に予想通りというわけではないが、主人公のあまりに純粋で幼稚な思考に非常にイライラさせられることがある。しかし、私はそれを判断していません・・・。なぜか?なぜなら、それはおそらく作者が望んでいるような対比であり、主人公の敵は、未来日記と比較する人たちのように、絶望的で、人生のすべてと負の関係を見て、もう少し似ているはずだからです。

しかし、私はもともとバトルロワイアルというテーマがあまり好きではなく、このアニメも基本的にはそうなのですが、違うひねりが効いています。

このアニメの展開、美学、テーマは面白いし、キャラクターもいい。個人的には、12章以上のアニメにしたのは悪い判断だったと思う。この先どうなるか、どう終わるかはわからないが、もっとシリーズを凝縮してもいいように思う。

とにかく、この良いアニメを見続けること、そして最後まで見届けることにとても興奮しています。製作者に感謝します。

テリーさん 総合評価 3
このアニメは苦痛でしかない。最初の2話は本当に楽しくて、「今シーズンのアニメはなんていいんだろう」と思ったが、最初の2話ですべてが変わってしまった。このアニメは、「萌え萌え」なんです。このアニメは、「今期はいいアニメだな」と思っていたのですが、最初の2話ですべてが変わってしまいました。デスノートと同じ作者によるアニメということで、良い作品になるはずだと思ったのですが。残念ながら、私の期待は全く裏切られました。ストーリーはとても面白く、革新的なストーリーではありませんが、アニメの基本はとても良いものだと思います。にもかかわらず、ストーリーは不必要にイライラするシーンや過剰にドラマ化されたシーンに満ちているだけです。このアニメはあまりお勧めできません。

 

でぇびさん 総合評価:2
初めてのレビューです。この番組がいかにひどいものかを表現しなければならなかったのです。

主人公があまりにも役立たずなので、実際に苦痛を感じますし、11話ではキャラクターの成長が全くありません。メイングループ全員がつまらない。少なくとも向井戸には動機があり、実際にクソみたいなことをやっている。

悪役は型にはまったものばかりで、馬鹿馬鹿しい。悪のための悪」という最も一般的なキャラクターのように聞こえる。台詞はキャラクター設定よりさらに悪い。8歳の子供が学校の校庭でスーパーヒーローと悪役を演じているのを想像してほしい。それがこの作品のクオリティなのだ。

デスノートを作った人が作ったのか?

この番組の唯一の救いは、キャラクターデザインとサウンドディレクションだ。デザインはどれも個性的で、どの番組も同じに見える中で評価できる。そして、サウンドはかなり良くできていて、空間がうまく表現され、肉厚なSFXも良い。

脚本があまりにひどいのが残念です。

2/10 – 夜神月が12時間役立たずになるのを見たいなら、お勧めします。

キュオレモルトさん総合評価 3
トキオリベンジャーズはMCが最近のアニメ史上最大の負け組で、こんな情けない、泣き虫で反感を買う主人公を見るに耐えられず、降板しました。

なぜこのような話をしたかというと、プラチナムエンドと同じように、どちらの話も、テーマが少し大人っぽくて、プロットも期待でき、なかなか面白いスタートだったからです。プラチナエンドの第1話は、デスノートを思い起こさせ、心底ワクワクしましたが、すぐにそのキャラクターが良い番組という期待を完全に消し去りました。

普段は、平凡な番組でも観れるし、多少は楽しめるのですが、主人公が全くダメで、しかも、その主人公が… 続きを読む

レットさん 総合評価 6
プラチナエンドの点数は悪くないのですが、発売から数週間しか経っていないにも関わらず、批判している人、粗末に扱っている人を多く見かけます。漫画の評判が悪いのか(私は未読)、デスノートのような素晴らしい作品を期待しているのか、それとも「バトルロワイアル」というジャンルに飽きただけなのか、よく分かりませんが。いずれにせよ、個人的には今のところ6点以下にする理由はないと思っています。

ストーリー
これは最も独創的なアニメだろうか?いや、絶対に違う。実は、文字通り「デスノート」と「未来日記」が一緒に子供を産んだようなものなのです。ランダムに選ばれた13人が、誰が神になるかを決めるバトルロイヤルに参加し、その結果、その目標を達成すると、自分のビジョンに従って世界を変えることができる。この13人の中には、神によって選ばれた天使たちがいて、神にふさわしい候補者を探す役目を担っています。この天使たちは、これから始まる戦争に備え、候補者たちに翼と矢を授けるのです。見たことのないものはないだろう?
しかし、ユニークさには欠けるが、それを補ってあまりある面白さがある。ディテールや象徴性、深遠さに満ちた複雑怪奇な名作を期待して観ると、おそらく失望するだろうから、むしろ、深く考えずに午後のひとときを過ごすのにいい方法として眺めてみてほしい。
ダンガンロンパ、未来日記、Fateシリーズなどのアニメが人気を博した理由の一つは、異なる背景、性格、スキル、経験、道徳的価値観を持つ様々な人々が、自分の人生のためだけでなく自分の信じるもののために戦い、多くのバラエティ、アクション、感情、時には謎を提供してくれるスリルと興奮にあったのですが、プラチナエンドはそうした約束から逃げることはないようです。

キャラクターは、まあまあです。しかし、この種のアニメにありがちな「陳腐」なキャラクターでないことが嬉しい。この手のアニメにありがちな “陳腐 “なキャラクターでないことが嬉しい。

アート。
この作品には驚かされました。天使の羽、天国、矢など、超自然的な要素のアニメーションに関しては、間違いなく平均点以上です。CGIで変に見える瞬間がいくつかありますが、それは簡単に見過ごせます。また、キャラクターデザインも非常に良く、一般的な世界の設定にある一般人風の人物と、クールでユニークなデザインの天界の魔法使いの人物とのバランスが取れています。

全体として、間違いなく挑戦する価値のある作品だと思います。名作と感じる人がいれば、ゴミと感じる人もいる、そんな個性的な意見が生まれる可能性のあるアニメだと思います。しかし、もしあなたが(予想通りではあるが)面白い前提で、アクション満載の超常現象を楽しみたいのなら、プラチナエンドは良い選択だと思うし、エリート主義者のコメントに振り回されるべきではないと思うのです。

武将さん 総合評価 8
このアニメがなぜここまで嫌われるのか理解できない。予告編が流れたときから嫌われることを決め込んでいた人たちが、シリーズが始まる前にレビュー爆撃をしたのです。

ストーリー:7
ストーリーはオリジナルではありませんが、だからといって面白さが損なわれることはありません。多くの人が「未来日記」と比較しているのは理解できるが、バトルロイヤルアニメを作ることは犯罪ではない。アニメは車輪を再発明する必要はないのだ。

アート:8
美術はかなり良い。CGIは使いすぎず、CGIの矢はかなり美しいです。私は通常、アニメのCGIには非常に批判的です。なぜなら、CGIはアニメを台無しにしてしまうからです。ほんの少し、手抜きのためにCGIを使った瞬間がありましたが、それは見過ごします。

サウンド:8
効果音は良い。彼らは本当にアクションを補強し、よりインパクトのあるものにしています。オープニングとエンディングはまあまあ。私のSpotifyプレイリストに追加するつもりはありませんが、良い作品です。

キャラクター: 8
ここからが面白いところです。この点については、大多数の意見に賛成で、MCがかなり堪え性がないと言えるでしょう。脚本が悪いとは言いません。優柔不断で、画面に向かって「いい加減にしろ!!」と叫びたくなることが多々ある。最後のほうの展開に期待しています(漫画は読んでいないので、そうなるかどうかは分かりませんが)。でも、MCに足りないものは、他のキャラクターがたくさん持っている。他のキャラクターがとてもよく描かれているので、MCを許せます。そのため、各キャラクターの動機と目的を理解することができます。

楽しめる。7
最初は好調で、その後なんだか盛り上がりに欠けましたが、また盛り上がりました。公平に見て、このアニメは、おそらく最後のほうですべてが納得できるようなアニメです。特に、このシリーズを嫌いになりたいと思って始めなければ、楽しめると思います。

総合評価:8
普通なら7点をつけるところですが、このアニメの点数は実際の質を反映していないので、8点のままにしておきます。デスノートや未来日記に劣るというだけで、1話に辛辣な評価を残している人が多すぎるのは、本当に公平でも現実的でもない。

ジョーズ491さん 総合評価 1
デスノートの作者と同じ人がこの惨状を作り出したとは信じられません。正直、これがアニメ化されたのは、このマンガ家の前作があったからこそだと個人的には思っています。簡潔に言うと、この番組のエグい展開と違って、これはただ見るに耐えないだけです。神になるためのバトルロワイヤルというコンセプトはいいのですが、多かれ少なかれ、誰が一番落ち込むことができるかのバトルロワイヤルになってしまっているのです。登場人物がうつ病から解放された時に初めてプロットが前進するのだが、それには長い時間がかかる。主人公と敵役のどちらかが神になる動機に関心がないままです。新シリーズが出たら、このゴミ箱の火を踏破し続けるモチベーションを失うだろう。

Tkaさん 総合評価 7
ほぼネタバレ無しのレビューです。あるキャラクターの動機に関するごく小さなネタバレが1つだけあります。

プロットホールとオーバーステレオタイプのキャラクターで満たされたこの物語について、言いたいことはたくさんありますが、あまり時間がないので、できるだけ短くまとめます

ストーリー 3

コンセプトは好きなのですが、穴だらけです。例えば、矢よりも速く飛ぶことができ、矢を撃たなくても効果があるのなら、人間の目が見えるよりも速く人のところまで飛んでいけばいいのではないでしょうか?ちょっとでも不意打ちを食らうと、それを防御するのは不可能だろう。他にもいろいろありますが、私が一番気になったのはこの点です。

美術:7点

もっといいものをたくさん見てきたが、悪くはない。CGは少し使いすぎだと思うが、その瞬間がある。

サウンド: 10

オープニング: バンガー、エンディング: バンガー、OST: 完璧なムード作りと素晴らしいサウンド。

キャラクター 6

カケハシ(14話で少し評価が変わった)、メトロポリマンは「聖人君子」というセリフで彼をうまく説明している。メトロポリマン自身は、愛する妹を蘇らせるために神になろうとする、かなり面白い人物だ。サキはいい、あまりよく書かれていないが、ストレートに悪いわけでもない、単純にいい、これ以上説明のしようがない、向井堂は面白い、いい、悲しい、そしてちょっと健全な、裏話がある、「いい人」の中では間違いなく一番よく書かれていると思う。後から登場する複数の脇役もいいキャラしてますが、主人公2人がかなり悪く書かれているため、合計6点以上は付けられません

楽しさ 7

プロットやキャラクターの問題点は気になりますが、それでも見る価値があると思えるほど楽しんでいますし、ご覧いただいたように音楽、特にエンディングは大好きです。

総合評価:7

時間があれば見る価値がある。放送に合わせて見ているので、私にとっては見やすいかもしれないが、それは分からない。

あと、言っておきますが、私は何でもかんでも低評価にするわけではありません。私の評価基準の詳細については、私の経歴に書いてありますので、気になる方はご覧ください。

 

こはるるさん 総合評価 3
ダメなアニメ、最初はデスノートみたいに色々な話が進んで面白いものになるかと思ったが、NOだ。これは文字通りアニメ史上最悪のMCが登場し、そのひどさはいくら強調してもしきれません。多分、このアニメは史上最悪のMCを競っているのだろう。なぜなら、このアニメは間違いなく金メダルに輝いたからだ。このアニメは間違いなく金賞を受賞しているからです。ただ、時間が経てば変わるだろうと思い、11話まではくだらないシーンを飛ばしながら見続けていたが、ついにそのくだらなさに嫌気がさして続けられなくなった。

てんさん 総合評価 3
ストーリー – 2
ストーリーどんなストーリー?この作品は、未来日記にパワーレンジャーのスーツを着せただけの作品です(見た目は最悪ですが)。

アート – 6
作画は良かったが、それではこのアニメを救えない。キャラクターデザインは、私の目にとても悪い影響を与えた。

サウンド – 10
おそらく、私が6話まで戻ってきた唯一の理由です。OPもEDもドタバタで、終末的な音楽は見事にアニメの音楽と同調していますね。

キャラクター – 1
ロリ妖精とデスゲームで殺しを拒否する男、これ以上何を言わせたいんだ?

楽しさ- 4
どんなにひどい番組でも楽しめたかもしれない。

総合-3
このアニメはあなたの時間を節約し、あなたの目を保護するために、私はこのレビューを作るために非常に少ない時間を費やし、なぜ私はそれを短くしている理由です。だから一刻も早く逃げ出すことができる。デスノートの作者は、タイトルとバクマンで金字塔を打ち立てたが、プラチナエンドは空振りで失敗。警告を発しようとした漫画読者の声に耳を傾けるべきでした。

penさん 総合評価 4
シリーズを始めて、失望した。また大場先生の素晴らしい作品になるのではと期待に胸を膨らませていた人は、期待しないでください。アニメーションとサウンドミキシングはまともだが、それ以外は大したことはない。6話目にして、登場人物の成長が見られず、うっとうしく感じ始めています。プロットは一般的で、デスノートのように計算高くなろうと超頑張ってるように見えますが、ひどく失敗しています。

今期のアニメを期待して始めたのに、24話までクヨクヨする羽目になってしまった 続きを読む

ペペガススさん 総合評価 4
ガッカリ・・・。

悲しいかな、今期のアニメの中で一番期待していた作品の一つでした。初回からかなり良い展開でスタートし、そこから全てがめちゃくちゃに…。

***ネタバレを含みます。

主人公と主要キャラクターが弱く、このアニメには毎週待つ価値のあるユニークさがない(現在5話まで落ちている)。このアニメは全体的にストーリーが弱く、アニメーションの出来も悪いです(天使の画風は好きなので、画は合格点だと思います?) このアニメは、最も面白くないパワーアップと「戦闘」シーンで、すぐにバトロワイヤルのbsに変わってしまう。

 

 

bossさん 総合評価 6
ああ、どうして、どうして、こんなにアニメがジャンキーになるんだ!?

ストーリー的には名作になる可能性を秘めたトンデモない作品でとても気に入っているのですが、キャラクターとアニメーションがなぁ。

キャラクターは嫌いとは言えないが、ちょっとやりすぎ。この作品では、キャラクターは戯画化されており、それぞれが原型を表しており、それは本来悪いことではないのですが、その表現には深みを求めました。

アニメーションは.. 悪いです。でも、いつもというわけではなく、超綺麗に見えるシーンもあります。しかし、その直後に、そのクオリティの低さに驚くようなシーンがあるのです!(笑)。キャラクターが一人歩きしているように感じるのは、アニメーターが同じ表情で会話や行動をしているせいでもある。常にというわけではありませんが、あまりに多すぎます。

kunaiさん 総合評価:2
このアニメの主人公の男性キャラが嫌いです。彼の問題は何なのでしょうか?彼を怖がらせるのは見ていられない。彼のキャラクター造形はひどいものです。泣き虫な彼を見ていると、自分を抑えられなくなる。彼はただ成長するべきだ。

あと、このアニメのストーリーは、最初の1、2話は良かったんだけどね。しかし、3話目以降、神様になるための競争が始まり、11人が死闘を繰り広げ、たった一人だけが神様になることができるのです。未来日記をそのままコピーしているのか?

レフティさん 総合評価 1
推理ゲームをしよう ! 私がヒントを出すので、何のアニメか当ててください。ヒントはこちらです。

-13人の候補者がデウス・エクス・マキナになるために戦っています。
-彼らは皆、普通の人間とは違う超能力を持っている。
-この地位を得るために、彼らは互いに殺し合おうとする。
– “ミライ “という言葉

こんなにも堂々と他のアニメの真似をしたアニメは見たことがない。

ストーリー1.

そう、プラチナムエンドは未来日記のコピーアニメなのです。ただ、『未来日記』では候補生がそれぞれ異なる能力を持った本を持っていましたが、こちらでは候補生全員がパワーLv1、Lv2、Lv3のいずれかを持っています。また、デスノートの作者が書いた作品ということで、候補生には「天使」と呼ばれる死神が同行している。

ということで、それ以外は同じです。
競技以外のストーリーはなく、『未来日記』のようにすぐに飛び込んでいくんです。
その後にまた戻ってきますが、『未来日記』のように空っぽのキャラクターも出てきます。
未来日記のように、設定に論理性のかけらもなく、ただ悪者になるためにここにいる反面教師的な人物。
未来日記のような、MCのためのオバケ。

美術5:美術は綺麗で、デスノートやバクマンを描いた人なので、クオリティはここそこです。しかし、少年は、アニメーションがクソだ。見ていてとても醜い。キャラの表情が変わるのか、矢や羽を使うたびに妖精の粉が舞うバトルなのか、本当に醜い。

あと、たけし先生の絵が綺麗でも、バトルアニメには合ってない。重厚なトーンであっても、バトルが多いならキャラクターデザインはシンプルな方がいいし、いだてんたちはその逆の例です(絵は本当にシンプルですが、その分バトルがスムーズで、見ていて楽しいのです)。たけし先生の絵は、SFの戦いには「硬派」すぎると思います。

サウンド4:このアニメから得るものは何もない。OSTは聞いていてイライラするレベルです。教会で聞くような大げさな聖歌。天使が登場する話なのはいいんですが、もうちょっと工夫してください。OP・EDが良くない。声優はよくて普通。しかし、彼女たちが悪いわけではなく、キャラクターがつまらなすぎて、本気で演技するのが難しいのです。

キャラクター1.

司会者。クソアニメの常として、MCにオバケを出される。ちなみにMCの名前は「みらい」です。もう未来日記のユウキをもっとひどいオバケにしたようなもんだ。

このような、「未来日記」に出てくるような、「ユウキ」を「未来日記」よりもひどくしたような作品です。しかし、それを除けば、私たちは何も得られません。作者は、RPGのキャラクターを設定するように、MCを設定しました。彼はこれとこれの特性を持っています、さあ、物語の中で戦ってください。

この問題は、プラチナムエンドの全キャラクターに共通している。彼らは、物語の中の存在として書かれているのではなく、戦闘に参加するために書かれているのです。王位継承戦のストーリーに合わせて、登場したり消えたりするのです。

それが、プラチナ・エンドにおける未来日記の最大の盗作です。まったくもって。そのまんま。同じです。バトルのストーリーを盛り上げるために、新キャラクターが登場したり消えたりしていますよね。だから、もちろん愛着は湧かない。そして、MCに愛着が湧かないのは、彼に何の成長もないからです。

総合2.

結論から言うと、未来日記にしろ未来日記2(プラチナエンド)にしろ、どちらもアクションシーンが次から次へと出てくるだけのアニメです。バトルもの以外のストーリーはなく、キャラクターはゴア、セックス、殺人、「心理戦」(これは本当に巧くない)等のための消耗品として使われている。

なぜ、物語を見るのか?アニメ?それは、その物語を生きているキャラクターから何かを得るためです。今期のプラチナエンドの好例が、「Ranking of Kings」です。RoKでは、最初の2話で、主人公にとても愛着が湧きます。彼が何を経験し、何をしたいのかがわかり、彼の冒険を見るのが待ち遠しくなるのです。

プラチナムエンドでは、客観的に見て、RoKのMCよりもずっと悲しい物語が描かれています。でも、作者が彼のことを気にかけていないから、あなたは彼のことを気にしていない。彼は、バトルストーリーを成立させるための道具として使われているだけなのです。

基本的にプラチナエンドを見るのは、映画を見始めたらそのまま途中まで見てしまうようなものです。そして、せいぜい平均的な映画である。

第19話更新。

アニメは思った以上にクソです。完結したらレビューを更新するかもしれませんが、多分しません。

このクソアニメを見始めないことを心からお勧めします。時間の無駄どころか、実際見るのが苦痛です