錆喰いビスコのアニメ動画を全話無料フル視聴する方法!見逃し配信サービスまとめ

 

\錆喰いビスコを無料視聴するならココ!/

配信サービス 配信状況 無料期間 月額料金
abemaABEMA 見放題
地上波同時・単独最速配信
14日間無料
今すぐ視聴
960円

※月額料金は全て税込。2022年2月時点。

放送 2022年1月10日~
地上波ch TOKYO MX など
放送日 毎週月曜日24時30分~25時00分
話数 放送中
制作会社 OZ
監督 碇谷敦
キャスト:声優 赤星ビスコ:鈴木崚汰/猫柳ミロ:花江夏樹/猫柳パウー:近藤玲奈/大茶釜チロル:富田美憂/ジャビ:斎藤志郎/黒革:津田健次郎
主題歌 オープニングテーマop「風の音さえ聞こえない」JUNNA(ワルキューレ)

エンディングテーマed「咆哮」ビスコ&ミロ(鈴木崚汰&花江夏樹)

公式サイト  TVアニメ「錆喰いビスコ」|公式サイト
シリーズ/関連作品 原作:瘤久保慎司「錆喰いビスコ」

小説:電撃文庫刊

漫画:ガンガンコミックスUP(スクウェア・エニックス)

 

錆喰いビスコのあらすじ

舞台は、人間を含むあらゆるものに影響を与える疫病のような死の風「サビ」が吹き荒れる終末の日本。その原因がキノコの胞子であると考えられていることから、キノコの管理人であり、矢を放つと瞬時にキノコが生えてくる射手である赤星ビスコは、指名手配犯となってしまう。彼は巨大な蟹のアクタガワとともに、若き医師・猫柳ミロと協力して、あらゆる錆を食い尽くすという伝説のキノコ「サビクイ」を求めて荒れ地を冒険する。

 

TVアニメ[錆喰いビスコ]PV第1弾

 

 

 

錆喰いビスコの動画を無料視聴できる配信サイト比較一覧

\錆喰いビスコを配信中のおすすめサービス!/

配信サービス 配信状況 無料期間とポイント 月額料金
abemaABEMA

見放題
地上波同時・単独最速配信

14日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
960円
unextU-NEXT

見放題

31日間無料
600ポイント今すぐ視聴
2,189円
fodFODプレミアム

見放題

14日間無料
900ポイント今すぐ視聴
976円
danimedアニメストア

見放題

31日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
440円
huluHulu

見放題

14日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
1,026円
primevideoAmazonプライムビデオ

見放題

30日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
500円
telasaTELASA

見放題

15日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
618円
netflixNetflix

見放題

無料期間なし
ポイントなし今すぐ視聴
990円
musicjpmusic.jp

レンタル

30日間無料
1,600ポイント今すぐ視聴
1,958円
crankinクランクイン!ビデオ

レンタル

無料期間なし
3000ポイント今すぐ視聴
990円
tsutayaTSUTAYA DISCAS

レンタル
※2022年3月25日リリース

30日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
2,052円
dtvdTV

未配信

31日間無料
ポイントなし未配信
550円
paraviParavi

未配信

14日間無料
ポイントなし未配信
1,017円

※月額料金は全て税込。また付与されるポイントは無料期間中のものになります。

 

ABEMAプレミアムお試し期間を利用すれば[錆喰いビスコ]の動画を全話無料視聴できます。

錆喰いビスコもそうでしたがアニメの先行配信が多いこともおすすめの理由です。

しかもABEMAプレミアムは、すべての作品が見放題で楽しめるお得な動画配信サービスです。

 

 

ABEMAプレミアムの特長と楽しみ方
ABEMAプレミアムの特長一覧表
abema
月額料金:960円(無料期間終了後に課金開始)
無料期間:14日間
解約料金:0円
アニメ作品数:約500作品
最新アニメの先行配信あり
登録なしで視聴可(期間限定)
【ABEMAプレミアムの特⻑】
  • 【ABEMAプレミアムの特⻑】
      • 最新アニメの先行配信や見放題配信がたくさんある
      • 登録なしにアニメを視聴可能(期間限定)
      • ABEMAプレミアムはほとんどの配信作品が見放題

    動画配信サービスの「ABEMA」についての詳細な情報はコチラから

錆喰いビスコのアニメを全部見終わった後、U-NEXTでは錆喰いビスコをさらに楽しむことができます。

錆喰いビスコの原作はマンガで、U-NEXTで配信されています。

 

 

錆喰いビスコの動画をYouTubeなどの動画共有サイトで視聴する方法は?

YouTubeなどを含む海外の動画共有サイトでは非公式にアニメの錆喰いビスコが配信されていて無料で視聴できる動画もありますが、画質が悪かったり、余計な広告が出てくる場合もあります。

注意:海外の動画共有サイトからアニメをダウンロードしたり視聴する方法は違法で危険!

海外の動画共有サイトを利用してアニメを視聴する方法はウィルスに感染するなどのリスクは当然つきまといます。

さらに2020年から法律が厳しくなったので海外の動画共有サイトを利用してアニメを視聴していると違法になり処罰される可能性が高くなります。

なので動画配信サービスの無料のお試し期間やポイントを利用して安全に安心して、全話無料でフル視聴しましょう!

特に錆喰いビスコの場合はAMEBAプレミアムであれば通常、月額960円ですが登録して最初の2週間は完全無料で全話フル視聴ができるのでおすすめです!

\登録はこちらから!/

 

錆喰いビスコの登場人物の紹介

赤星ビスコ
声優:鈴木崚汰
「人食い茸」の異名を持つキノコ守りの少年で、テロリスト扱いされている。

弟のように思っている巨大なカニ「アクタガワ」を操り、移動手段としても利用している。

主な武器はキノコ飼育員共通の弓で、矢には矢じりが刺さった場所に様々な巨大キノコを瞬時に成長させる物質が塗られている。

猫柳ミロ
声優:花江夏樹
パンダ診療所を経営する、優れた医療技術を持つ若い医師。淡いブルーの髪を持ち、白い肌と左目の眼窩の上にある黒ずみから「パンダ」の愛称で親しまれている。

猫柳パウー
声優:近藤玲奈
猫柳ミロの姉で、さび病を患っている。キノコ守から社会を守る自警団「イミハマ・ウォッチ」の隊長を務める。重い金属製の棒が武器で、病状が進行しているにもかかわらず、驚異的な強さと敏捷性を持っている。

ジャビ
声優:斎藤志郎
ビスコの師匠であり、キノコの保護者でもある老人。重度のさび病に侵されており、余命1ヶ月の状態。

黒革
声優:津田健次郎
自警団長であり、後に忌浜県知事となる。マフィアのように地域を支配し、ウサギ面を被った執行人を雇って意思を実行させる。

大茶釜チロル
声優:富田美憂
ピンク色の長い髪が特徴の若い女性傭兵で、ビスコからは「クラゲ」と呼ばれている。

昔、鉄人のプロジェクトでメカニックとして働いていたが、同僚が全員錆び病にかかってしまったため、逃げ出した経緯がある。

黒革の親衛隊で黒革に雇われていたが、本業は武器の設計図やお菓子などを販売する旅の商人をしている。

 

錆喰いビスコのエピソード別あらすじ

第1話 八十万日貨の男

あらすじ 2022年1月11日放送
群馬・忌浜県境の前哨基地に、顔に包帯を巻き、重い荷物を積んだ幌馬車でやってきた男がいた。
僧侶だと言うが、チケットはスキャナーで読み取れない。
彼は巡礼のために忌浜に向かい、ワゴンに積んだ死体を埋めると言っているが、警備員は彼の身元を疑っている。
群馬県から来た犯罪者たちは、国境を越えて錆びた砂漠を越えて忌浜に行こうとしており、警備員は今世間を騒がしているテロリスト赤星ビスコに80万の賞金を出すというポスターを指さしている。
一方、忌浜の街では、温厚な医師・猫柳ミロが自分の才能を生かして貧しい住民を助け、知事と取引して錆び病の研究のための医療機器を手に入れようとしていた。
また、病気の治療法を研究するために、闇市でキノコを密かに購入し、感染した姉のパウーを助けていた。しかし突然、忌浜の中心部が赤星ビスコに襲われ、さらにミロの診療所にも現れてしまう。

今すぐ錆喰いビスコのアニメを視聴する

第2話 エリンギで跳ぶ

あらすじ 2022年1月18日放送
国境にいた僧侶が錆喰いビスコであることが判明。
彼は地面に矢を放つと巨大なキノコが生え、ワゴン車に隠れていた彼と巨大なカニのアクタガワ、師匠のジャビを国境まで運ぶことができた。
ジャビは錆びついて死にかけており、ビスコはミロ医師に治してもらおうと、ジャビを忌浜に連れて行く計画を立てる。
忌浜でビスコはミロにジャビを治すためのキノコ「ルカーシュルーム」を渡すが、うさぎのお面をかぶった黒革の精鋭部隊に邪魔され、診療所に銃撃される。
ビスコは矢を放ち、巨大なキノコを作って逃走する。
黒革は、彼らを逃がした傭兵の大茶釜チロルを非難する。
ミロの姉・パウーは、イミハマ・ウォッチの隊長として制服を着て、指名手配中の赤星ビスコを捕まえるため、バイクで出動する。
ビスコは黒革軍から逃れ、ウサギ面の一人である大茶釜チロルを捕らえる。しかし、彼女を問い詰める前に、パウーが立ちはだかる。

今すぐ錆喰いビスコのアニメを視聴する

第3話 タッグ

あらすじ 2022年1月25日放送
ミロがジャビを治すために輸血をしている間に、パウーがビスコを襲う。ビスコは、キノコはサビを撒き散らすのではなくサビを消費するため、サビが集中している場所でよく見られること、そして伝説のサビ食いキノコを探していることを説明しようとする。
ジャビはミロに、サビシイタケは秋田県の「泣き子の谷」という場所にある妖怪の巣の近くにあるという噂を説明する。
ビスコは眠り薬入りの矢でパウーを倒し、ミロとジャビに再会する。
ミロはパウーにビスコのキノコから作った血清を注射し、ジャビが回復するまでの間、ビスコと一緒にサビイタのキノコを探すことを申し出る。
旅するキノコ守は2人1組のタッグで活動しているため、ビスコはしぶしぶ承諾し、北門へと向かうのだった。
ビスコが矢を放ったところ、下から巨大なキノコが生えてきて、壁を越えてしまう。

第4話 蟹に乗る

あらすじ 2022年2月1日放送
忌浜を脱出したミロとビスコは、パウーとジャビがサビ病になる前にと、錆食いキノコを求めて砂漠を歩き回る。やがて、イミハマでの出来事で隠れていたビスコのカニ「アクタガワ」に出会う。
ミロは巨大なカニを乗りこなすのに苦労するが、ようやくコントロールできるようになった。
その後、日光戦場ヶ原の古い砲台に立ち寄って休憩していると、中でチロルが呼吸困難に陥っていた。
黒革が密かに体内に仕込んだ、抑制剤を定期的に投与しないと膨張してしまう「風船虫」から、ミロはすぐに彼女を救う。
チロルはお礼に自分の商品を売ろうとするが、ビスケット1箱しか買ってもらえない。
チロルは期限切れの石炭燃料を水差しに入れてしまい、巨大なシャコタンの上に作られた施設を起動させてしまう。
ビスコの助けを借りて、ミロはアクタガワに指示を出し、シャコの暴走を止めることができたが、シャコは最後の大砲を発射し、ビスコが足尾骨山を通って新潟に行くために使っていた鉱山の入り口を爆破してしまう。
ビスコとミロはカルベロ貝殻海の荒地を別ルートで進み、廃墟となった街にたどり着く。
スイカを持った少年をビスコが捕まえると、武装した子供たちから銃撃を受ける。

第5話 こどもたちの砦

あらすじ 2022年2月8日放送
鉄人町の武装した子供たちは、ビスコに少年の解放を要求するが、ビスコは自分が指名手配犯の赤星であることを明かし、自首する。その後、子供はミロに、冬になると巨大なフグの群れが現れて町を脅かすこと、大人たちは子供たちに感染しているというサビ病を治すためのお金を稼ぐために、忌浜の黒革のもとに働きに出たことを説明する。
しかし、ミロは子供たちが貝の皮に苦しんでいることを説明し、子供たちが自分で簡単に作れる治療法を提供する。季節外れの巨大なフグの群れが街に接近してきたが、ビスコは簡単に身を任せ、矢でフグを撃ち落とすことに成功する。
一方、廃墟の街でパウーは巨大なクモに脅かされていた老夫婦を助ける。しかしパウーは、その老夫婦が他の住人や旅行者を殺していたことを知り、自分も同じ運命を辿ろうとする。
彼らを捕らえようとするが、大爆発を起こしてしまい、彼女は逃げ出す。射水市に戻った黒革は、うさぎ面のメンバーになりすましていたジャビの正体を暴く。

第6話 道連れと獲物

あらすじ 2022年2月15日放送
ミロは再び彼女を助け、3人は芥川に乗って旅を続ける。チロルはその恩返しとして、方言を話す下吹の商人たちとの物々交換を手伝ってくれる。
凍りついた狐塚駅の入り口にたどり着き、芥川はそれを打ち破る。
ミロ、ビスコ、チロル、芥川の4人は、古い地下鉄のトンネルを進み、自動運転の鉄道車両を見つけるが、それは今はもう存在しない円貨で作動するものだった。
その日の夜、商人から手に入れたキノコ守りが書いたガイドブック「Field Guide to Life in Konakidani」をめくっていたマイロは、空飛ぶ巨大なパイプヘビに付いている「サビイタ」というキノコの情報を見つける。チロルの機械技術で鉄道車両を動かすことに成功したため、ミロとビスコは名前を交換したチロルを残して別れることになる。
鉄道車両はオイルスライムの群れに遭遇するが、ミロは芥川の助けを借りて親のタコのようなスライムを破壊することができる。
トンネルを抜けたミロとビスコは、かつてサビシイタケが生えていた谷の端にたどり着く。
飛んでいる大蛇を見たものの、どうやって倒せばいいのかわからない。
何とかしようとするビスコのもとに、逮捕しようとするパウちゃんがバイクでやってくる。

第7話 うばわれた錆喰い

あらすじ 放送予定日2022年2月22日
 

 

今すぐ錆喰いビスコのアニメを視聴する

第8話 外道の罠

あらすじ 放送予定日2022年3月1日
 

 

今すぐ錆喰いビスコのアニメを視聴する

第9話 君を愛してる

あらすじ 放送予定日2022年3月8日
 

 

今すぐ錆喰いビスコのアニメを視聴する

 

錆喰いビスコのアニメの評判は?感想と見どころをレビュー

ダイナスターさん 総合評価 8
私の初期の印象は、”なんだ、これは?”です。私は今日までこのアニメを知りませんでした。気まぐれに視聴した感じです。その前提にはっとさせられましたが、同時に興味をそそられました。今のところ、キャラクターはきちんとしているし、アニメーションは流動的で、VAもポイントになっています。OPとEDは今シーズンの中でアニメで今のところ一番好きです。でも、今シーズンは良いオープニングとエンディングという点ではかなり不毛だと私は思っています。これがバカバカしくて、なおかつ地に足がついているので、絶対に見ています。

ヴェロニカ14さん 総合評価 8
アニメが始まる前から、予告編を見てかなり期待していたのですが、アニメは間違いなくその期待に応えてくれました。このアニメで一番好きなのは、戦いやかっこいいキャラクターではなく、まるでそこにいるような気分にさせてくれる素晴らしい世界観です。今まで見たアニメの中で最もクールな世界観で、しかもかなり独創的で、このままの世界観が続けば、分析し探索する価値のある素晴らしい世界になると思う。また、”崖っぷち “という言葉があるように、”崖っぷち “であっても、”崖っぷち “でなければ、”崖っぷち “であっても、崖っぷちでもないんです。また、アニメーションもトップクラスではないものの、平均的でもなく、戦闘と合わせて背景美術も実に素晴らしいです。また、背景美術は戦闘とともに本当に素晴らしいです。最初の3つのエピソードはとても良いスタートで、私を驚かせたとは言えませんが、本当に良い出来です。新しいスタジオOzがこの調子で、慎重に注意を払ってオリジナル感のある本当に良いショーになることを期待しています。

タフさん 総合評価 4
錆喰いビスコは、様々な少年漫画のトロフィーとランダムな特異性を加えた、このワイルドでクレイジーなマッシュアップになるよう、絶対的に頑張っている。このような、フルーツケーキのような変な番組を楽しみたかったので、高評価にしました。しかし、2話目、3話目と、大失敗に終わってしまいました。これは主に借り物のコンテンツとゴミのようなキャラクターデザインによるもので、最大のアキレス腱は表面的で不明瞭な、気が遠くなるようなつまらないストーリーである。

ストーリー – 3
読者の皆さん、勘違いが売りの番組に興味はありませんか?非現実的なウィルス、ひどいテンポ、魅力的でない登場人物のキャストとともに?それなら、どうぞご乗車ください。サブイキ・ビスコの世界は錆の問題に苦しんでおり、我々はキノコがこの言いようのない悪の原因であると信じ込まされています。まあ、IQ70以下の人ならそう信じるかもしれないが。私たちが見ているのは一般的な少年アクションアニメなので、主人公が悪役になるチャンスはないのだ。というわけで、なんとウィルスはキノコで治る!?誰が考えたんだ?プロットは非常に浅く、それは必ずしも悪いことではありません。例えば、「鬼滅の刃」はプロットが浅いながらも、私たちを釘付けにするのに十分な面白さを持っていました。しかし、この番組では、そのような魅力が失われています。この番組では、「この世界は基本的にこうなっているんだ、バカな視聴者は毎週見続けろ、謎はもうないんだ」と言うだけで、それまでの興味をなくしています。というわけで、どうやらこれはポストアポカリプスアニメのようで、最初はワクワクしたのですが、文字通り砂漠に囲まれた普通の東京が再建されていることに気付きました…。

アート-5
正直言って、美術のファンではありません。キャラクターデザインも、2022年のアニメーションの基準からすると、すべてがかなり貧弱です。新しいスタジオであることは分かっていますが、実際のキャラクターには、ある種の洗練さの欠如があります。サイバーパンクの背景は、まあまあのように見えます。ピエロの集団が、奇妙に馴染みのあるウサギの頭をかぶっているのです。ああ、これはどこかで見たことがあるような….ああ、そうだ、あのゴミみたいな「ダウト」の漫画だ。怖いはずなのに、かえって笑わせてくれた。錆喰いビスコのコスチュームがそうさせたのだ。どのキャラも違和感ありまくり、空飛ぶクジラもReゼロのパクリだし。

サウンド -7
OSTは素晴らしい時もあれば、普通な時もあり、無関心です。OPは、ポップなビートに合わせてデスメタルを歌おうとしているように聞こえるので、大げさすぎて楽しめません。EDやOPは点数稼ぎをしない主義ですが、これは少しも気持ちよくなかったです。

キャラクター – 3
ストーリーが悪いというよりキャラクターが微妙。主人公は個性ゼロのメアリースーで、キノコの弓で軍隊を一人で倒してしまう。医者のキャラは大義名分しか考えないいい奴だ。その上、主なライバルは医者の姉で、その性格の全ては主人公を誤解しているという、私が最も嫌う使い古されたパターンです。このように、「良い」キャラクターといえば、師匠のような役割を果たす老人と、実際に人格を持った悪役だけである。

楽しさ – 4
最初のうちは狂気を楽しめたが、時間が経つにつれて、この退屈で面白味のない番組をただだらだらと見続けることになった(わかる?

総合-4
このアニメがもっと良くなれば(かなり疑問だが)せいぜい5か6に評価を変えるかもしれないが、今のところこのアニメは今シーズンのアニメの中で最も期待はずれなものであった。

 

イナコさん 総合評価 8
石神がビスコの声を、炭治郎がミロの声を担当している。石神さんが全編通して怒っているのを想像してもらえば、息抜きにもなって面白いです。サビクイ・ビスコは、原作があることで注目されるシリーズです。弓を使い、巨大な蟹に乗り、全人類を錆びから救う薬を作る男を見たくない人はいないでしょう。

当初、スタジオ「OZ」を知らなかったので疑問があったが、このプロジェクトのディレクターを見て、安心した。それは右手にあり、最初の3つのエピソードを通して見ることができます。荒唐無稽で奇妙な話だが、ストーリーにのめり込んでいく。ビスコとミロの行動と、物語の目的について、より深く知ることができます。また、大きなキノコのアクションもあり、とても新鮮でした。

予告編を見た限りでは、もっとワイルドなシリーズになることを期待している。キノコのガーディアンや、終末的な状況をもたらす隠れた悪役をもっと見る必要がある。今後、より良い作品になることを期待しています。全く新しい新鮮なアニメを見たいなら。このシリーズから得られるかもしれない。

 

エレンチさん 総合評価 8
これはアニメなのか?それとも熱狂的な夢?
この番組に関しては、このような疑問を抱くことになるでしょう。しかし、それ自体は、この番組を非難するものではありません。そうではありません。時には、最も荒唐無稽な番組が、本当に息を呑むような、特別なものになることがある。これは本当にそのようなものです。これは、「ジビエート」が公正であってほしいと願うようなショーだ。この2つの番組には、世界を壊す、あるいは世界を壊す可能性のあるコンセプトがあるので、それを扱うか、あるいはもっと探求しなければなりません。それを適切に表現するには、自分の目で確かめていただくのが一番です。という単純なものです。ワイルドで、クリエイティブで。誰が見ても楽しい作品です。

ストーリーとキャラクター:8
最初のエピソードについては、ここが本当に舞台となる場所であり、アニメの次の部分はそれとは全く異なるものだからです。同じコンセプトでありながら、最初の数話で、登場人物がどんな人物で、どんなことをしているのかを見せると同時に、この作品のストーリーや期待するものについての重要な詳細を教えてくれたようなものです。とはいえ、その期待値は、話が進むにつれてどんどん上がっていきます。まるで、最初の数話がそのアニメで、次の部分が別のアニメであるかのように。でも、それがうまくまとまっていて、ワクワクさせてくれる。

ストーリーそのものを文章で説明するのは超難しいので、レビューに目を通すよりも、実際に体験した方が良い番組だと思います。この作品には、オカシイとか、ヘンテコとか、そういう言葉があります。でも、その分、見ていて楽しいんです。メインキャラクターの芯の強さ、素晴らしい資質が番組を後押しし、この番組が提示する世界をもっと見たいと素直に思わせてくれます。これだけ興味を引かれる番組なら、ストーリーも良いに違いない。

アート&サウンド:7点
アートスタイルは本当に独自のテイストを持っていて、素晴らしいです。目によく馴染むスタイルで、番組のテーマとぴったり合っています。アニメーションも、バトルからキャラクターの行動や動きまで、実にうまく流れている。素晴らしい作品です。サウンドも同様で、今シーズンのOPの中で最も悪趣味なものの1つであることは間違いありません。必見?それだけでなく、必聴です。

ビスコはとても奇妙な、しかし一風変わったアニメで、実によくできた作品だ。是非見てください。

 

レビューホリさん 総合評価 10
サビクイビスコは、私が昔から見ているアニメの中で、最も面白く、ユニークなアニメです。テンポが速く、エキサイティングで、並行したストーリー展開と相まって、アニメが退屈に感じる瞬間はない。
アートスタイルは、シンプルでありながらシャープ。キャラクターデザインは一般的なものだが、それぞれに個性があり、見分けやすい。5話以降も、各エピソードにアクションが満載で、一貫したアニメーションが見られる。
サウンドの演出は分かりやすく、音楽もバラエティに富んでいる。巨大なモンスターや破壊物は、その大きさを強調するために必ず大きな音量を出します。メタル、ロック、シンセ、ジャズなどが、アクションが始まるとすぐに鳴り響く。
ストーリーテリングはストレートで野蛮なものが多いが、ダークなテーマを織り交ぜて地に足をつけている。
スピード感や奇抜さ、そして不快な個性についていけるなら、それらが意図的なものであり、このアニメの面白さの一部であることは明らかだろう。

 

好奇心旺盛な人さん 総合評価 4

最初は、このカラフルなアニメは、戦闘のための便利な移動手段としての実際のリアルなカニ、ワルい女主人公、キノコの短気な飼育員野郎と医者であるはずのかわいい相棒を巻き込んで、十分にまともだと思った。エンディングの曲はもちろん、主人公2人の声優さんの声が聞けて個人的にはとても良かったです。ただ、何かワクワクするようなことが起こるかと思いきや、全く面白くなく、テンポが悪い気がします。少年漫画の模倣のようで、登場人物が何をやっているのかよくわからない。また、オープニングの曲は、毎回聴いていてイライラするものでした。

全体的には、あまり良い出来ではないですが、そこそこ見ごたえのある作品だと思います。

 

さくぞーさん 総合評価 8

あー、すっきりしたー。えんがドロヘドロの中で一番好きなキャラということもあり、もうキノコの予感から引き込まれました(はぁ、またキノコ男か)。

楽しいです。9+。アクションに抜かりがないのがいい! 今のところ、異様な世界観の中、戦いが魅力的です。ビスコは才能がある。キャラクターや戦いの道具としての動物そのものがカッコいい! カタツムリからイグアナまで、いろいろ。

キャラクター: 7+. パンダはとてもかわいらしいが、彼の技術に負けてはいない!この物語が輝くのはここだと思う。そして、本当に、アニメの中で燃えるような赤毛には事欠かないのです。ビスコはとてもありがたいです。兄弟の絆がどのようにストーリーを動かしていくのか、興味津々です。今のところ、1番目と2番目のキャラクターの多くが、一般的ではなく、ユニークに感じられます。

ストーリー。8+. ディストピアでありながら、疎外感を感じさせず、興味を持たせることに成功している。この錆が何なのか、どのように引き起こされたのか、ある時点で分かると思います。この作品は、ストーリーテリングも非常にスムーズで、健康的なペースで冒険を続けることができます。

このアニメの特筆すべき点は、「見やすさ」です。他の新しめのアニメと比べると、前半の引き込まれ方は、鬼滅の刃が始まった時の感覚を思い出します。(笑) 正直、DSは最後まで見ませんでしたが、最初はとても面白かったです。その点、炎炎ノ消防隊は、謎解きもあって、何シーズンも楽しめると思います。この作品もそうかもしれませんね。もしそうなら、素晴らしいことです。この世界観が好きなので、もっと見たいです。

全体として、最初の1/3は私にとってSOLID 8(非常に良い)であり、残りのエピソード次第では9か10になる可能性があります。

 

ノミネ 総合評価 10
私はキノコが好きではなかった。なぜかわからないが、このアニメが私の心を変えた。

長年アニメを見てきて、同じようなジャンルの番組を何度も繰り返し見ることに飽きたと感じていました。同じようなことを繰り返しながら、その姿勢に何の付加価値もないシリーズにうんざりしていました。しかし、この番組は独自の切り口で、オリジナルなストーリーを作り上げている。そして、私はこう言わなければならない。

錆喰いビスコはとんでもないアニメだ。

現在アニメの7話目なので、ネタバレにならないように気をつけないといけないので、みなさんご容赦ください。このアニメのレビューは、あるセクションに分かれています。

物語性:ここ7話ほどの物語は、多くの可能性を持っています。主人公の目標は、奇妙に予測可能でありながら、とても興味をそそるものでした。主人公のポテンシャルは高く、今後の活躍や物語全体を通しての成長も楽しみです。

美術:個人的な意見ですが、アニメーションとアートワークは、時には平均的なものも見られますが、全体的には非常に魅力的です。各キャラクターの個性が前面に出たキャラクターデザインに不満はありません。この点については、スタジオOzを許すことができます。もし一流のスタジオがこのシリーズを映画化したら、きっと話題の作品になるに違いない。

サウンド:音楽は実際かなり良いので、全く不満はない。しかし、キノコのテーマに関連したものを入れるべきでしょう。

キャラクター:登場人物にもう深みがある。全員が目的を達成することに疑いの余地はない。あるシーンでのコメディはトップクラスで、キャラクター同士のやり取りは、個人的に見た限りではアニメ史上のベストに匹敵するかもしれません。これは本当にすごい

楽しいです。第1期7話以降で、今期最も楽しめたアニメです。とんでもない目標、とんでもないストーリー、そして何よりキノコの天才的なペーソスを与えてくれました。

私は今、キノコが好きなんだと思う。キノコはとにかく体にいい。まあ、一部だけど笑。

 

Rさん 総合評価 7
見終わった後、どうしてこのシリーズが好きなのかよくわからないのですが、ただ言えることは、ビスコとパンダのコンビがとてもよく、彼らの冒険はなぜか新鮮に感じられたということです。このシリーズは、ビスコとパンダのコンビがとてもよくできていて、彼らの冒険がなぜか新鮮に感じられたことです。7話時点ではベストストーリーではありませんが、一般的な異世界アニメから脱却したい人にはお勧めの作品です。

レステロさん 総合評価 8
本質的に、この番組は、理解しがたい狂気の絶対的な渦巻きの定義である。そして、私はその虜になってしまった。

この番組は間違いなく非常に主観的であることを指摘したい、それは人によって異なる。ある人はこれを好きになり、ある人はこれを軽蔑することでしょう。私にとっては、このアニメは素晴らしいショーになる可能性を秘めていると思います。荒唐無稽ではありますが、興味をそそるプロットを持っていますし、これまでのところ世界観の構築はかなり良いものです。キノコという仕掛けは独創的で、番組が遊びながら完成させることができる可能性をたくさん持っています。色彩やアートスタイルもとても鮮やかです。ビスコは、ただ怒っているだけの一面的な熱血少年ではなく、その性格に理由があり、時には態度を変えるなど、発展性のあるキャラクターです。マイロは一般的な勤勉で優しい人ですが、番組の状況を考えると納得がいきます。

私にとってのこの番組の主役はサウンドデザインで、ロック/メタルのオープニングテーマは、このアニメの自由奔放で爽快なテーマを完璧に表現しています。この番組は「ブラッククローバー」に似ていると思う。アクション満載で、その楽しさは信じられないほどだ。全体的に、この番組はまだ若く、発展する余地があるが、今のところ8/10の評価である。