失格紋の最強賢者のアニメ動画を全話無料フル視聴する方法!見逃し配信サービスまとめ

\失格紋の最強賢者のアニメを無料視聴するならココ!/

配信サービス 配信状況 無料期間 月額料金
abemaABEMA 見放題
地上波同時・独占配信
14日間無料
今すぐ視聴
960円

※月額料金は全て税込。2022年2月時点。

 

放送 2022年1月8日~
地上波ch TOKYO MX など
放送日 毎週土曜日22時00分~
話数 放送中
制作会社 J.C.STAFF
監督 秋田谷典昭
登場人物:声優 マティアス=ヒルデスハイマー:玉城仁菜/ルリイ=アーベントロート:鈴代紗弓/アルマ=レプシウス:白石晴香/イリス:井澤詩織
主題歌 オープニングテーマop「Leap of faith 」fripSide

エンディングテーマed「Day of Bright Sunshine」中島由貴

公式サイト TVアニメ『失格紋の最強賢者』|公式サイト
シリーズ/関連作品 原作漫画:進行諸島 マンガUP!(スクウェア・エニックス)

 

失格紋の最強賢者のあらすじ

魔法の世界では、生まれながらにして魔導師の力と未来が決まっている。いわゆる「マーク」と呼ばれる4つのシンボルによって、人間の魔法に対する適性が分類され、第4紋章として転生し、他の3つの紋章を持っていることが条件となる。自分のマークが戦闘に向かず、魔法の増強にしか使えないことを嘆き、とある凄腕の賢者は数千年後の未来に転生することを決意する。公爵家の三男で6歳の少年マティアス・ヒルデスハイマーとして生まれ変わり、念願の近接戦闘の印を手に入れる。しかし、この時代、人類の魔法と剣術の知識は著しく低下しており、魔法具は散逸し、基本的な呪文さえも忘れられていることが判明する。おまけに、かつて最強と謳われた現在の印は、今では最悪のものと見なされている。12歳になったマティアスは、その類まれな剣の腕前で第二王立アカデミーに入学する。偏見を打ち破り、瞬く間に学園の内外に波紋を広げる。しかし、元賢者の彼は、影で働く闇の勢力の兆候を発見し、人類がかつてないほど弱体化した今、彼らの邪悪な計画を阻止することはマティアスの責任である。

 

アニメ[失格紋の最強賢者]第1弾PV

失格紋の最強賢者の動画を無料視聴できる配信サイト比較一覧

\失格紋の最強賢者を配信中のおすすめサービス!/

配信サービス 配信状況 無料期間とポイント 月額料金
abemaABEMA

見放題
地上波同時・先行配信

14日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
960円
unextU-NEXT

見放題

31日間無料
600ポイント今すぐ視聴
2,189円
fodFODプレミアム

見放題

14日間無料
900ポイント今すぐ視聴
976円
danimedアニメストア

見放題

31日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
440円
huluHulu

見放題

14日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
1,026円
telasaTELASA

見放題

15日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
618円
primevideoAmazonプライムビデオ

見放題

30日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
500円
netflixNetflix

見放題

無料期間なし
ポイントなし今すぐ視聴
990円
musicjpmusic.jp

レンタル

30日間無料
1,600ポイント今すぐ視聴
1,958円
crankinクランクイン!ビデオ

未配信

無料期間なし
3000ポイント未配信
990円
dtvdTV

未配信

31日間無料
ポイントなし未配信
550円
paraviParavi

未配信

14日間無料
ポイントなし未配信
1,017円
tsutayaTSUTAYA DISCAS

未配信

30日間無料
ポイントなし未配信
2,052円

※月額料金は全て税込。また付与されるポイントは無料期間中のものになります。

ABEMAプレミアムお試し期間を利用すれば[失格紋の最強賢者]の動画を全話無料視聴できます。

失格紋の最強賢者もそうですがアニメの先行配信が多いこともおすすめの理由です。

しかもABEMAプレミアムは、すべての作品が見放題で楽しめるお得な動画配信サービスです。

 

 

ABEMAプレミアムの特長と楽しみ方
ABEMAプレミアムの特長一覧表
abema
月額料金:960円(無料期間終了後に課金開始)
無料期間:14日間
解約料金:0円
アニメ作品数:約500作品
最新アニメの先行配信あり
登録なしで視聴可(期間限定)
【ABEMAプレミアムの特⻑】
  • 【ABEMAプレミアムの特⻑】
      • 最新アニメの先行配信や見放題配信がたくさんある
      • 登録なしにアニメを視聴可能(期間限定)
      • ABEMAプレミアムはほとんどの配信作品が見放題

    動画配信サービスの「ABEMA」についての詳細な情報はコチラから

 

 

 

 

失格紋の最強賢者の動画をYouTubeなどの動画共有サイトで視聴する方法は?

YouTubeなどを含む海外の動画共有サイトでは非公式にアニメの失格紋の最強賢者が配信されていて無料で視聴できる動画もありますが、画質が悪かったり、余計な広告が出てくる場合もあります。

注意:海外の動画共有サイトからアニメをダウンロードしたり視聴する方法は違法で危険!

海外の動画共有サイトを利用してアニメを視聴する方法はウィルスに感染するなどのリスクは当然つきまといます。

さらに2020年から法律が厳しくなったので海外の動画共有サイトを利用してアニメを視聴していると違法になり処罰される可能性が高くなります。

なので動画配信サービスの無料のお試し期間やポイントを利用して安全に安心して、全話無料でフル視聴しましょう!

特に失格紋の最強賢者の場合はAMEBAプレミアムであれば通常、月額960円ですが登録して最初の2週間は完全無料で全話フル視聴ができるのでおすすめです!

 

\登録はこちらから!/

 

失格紋の最強賢者の登場人物の紹介

マティアス=ヒルデスハイマー
声優:玉城仁菜

5000年以上前の前世では「ガイアス」と呼ばれていたが、転生魔術によって「最初の紋章」よりも優れた「新しい紋章」を手に入れるため、マティアスに転生する。その結果、”第四の紋章 “として生まれ変わり、目的を達成することができた。宇宙空間に存在する強大なモンスターに対抗するために、力を身につけることが生きがい。

 

ルリイ=アーベントロート
声優:鈴代紗弓

アベンドロス家の娘。マティアスに出会ったときから想いを寄せており、マティアスの前世と同じ「第一の紋章」を持っている。

 

アルマ=レプシウス
声優:白石晴香

レプキウス家の三女。ルリィの親友で、「第二の紋章」を持っている。魔力はマティアスやルリィに劣るが、弓術の腕前は確かである。

 

イリス
声優:井澤詩織

「黒龍アイリス」の異名を持つ、現存する最古にして最強のドラゴンの一人。千年後に再会したマティアスの正体を知る唯一の人物で、彼の希望で秘密を守ることにした。
メディア

失格紋の最強賢者のエピソード別あらすじ

第1話 最強賢者、現る。

あらすじ 2022年1月8日放送
天才魔術師ガイアスは、生まれつきの3つの魔術紋章「創造」「力」「速射」では、これ以上強くなれないと嘆き、未来に転生することを決意する。5000年後、マティアス・ヒルデスハイマーとして生まれ変わった彼は、この時代には「最弱の紋章」とされる第4の紋章「接近戦」を手に入れる。第二王立学院への入学を決意し、都会に出たマティアスは、魔法の知識が激減していることを知る。そこで出会ったルリィとアルマに魔法剣を仕込み、ルリィに好意を抱かれる。その剣でガイル騎士団長を倒し、高度な戦闘魔法を披露したマティアスは、ルリィ、アルマとともにアカデミーに入学する。校長のエドゥアルドは、次のアカデミー対抗戦までに、他の生徒たちに無言で呪文を唱えられる能力を教えてほしいと頼む。名門第一学院との対抗戦で、マティアスは生徒の一人であるデビリスがデーモンであることに気づき、観客に暴露した後、デーモンを倒す。彼は、5000年前に自分が悪魔を絶滅させかけた後、魔法の知識や言葉のない鋳造が衰退したのは、悪魔が人類を弱体化させるために引き起こしたに違いないと気づく。

今すぐ失格紋の最強賢者のアニメを視聴する

第2話 最強賢者、迷宮(ダンジョン)へ。

あらすじ 2022年1月15日放送
魔物を退治したマティアスに、王は自ら礼を言う。その報酬として、マティアスは王国のダンジョンへのアクセスを要求する。王は、悪魔を倒した後、王国で最も強力な魔術師が消えたことを明らかにし、マティアスは彼らが人間社会に入り込み、社会を不安定にする悪魔であることを悟る。Matthiasは、彼らが王国を攻撃するために軍隊を編成することを理由にして、隠し続けることができなくなりました。そこで彼は、王の許可を得て、言葉を使わない鋳造を教えながら、町を守る魔法の障壁に必要な材料を集める。アルマには弓を、ルーリーには武器や鎧の作り方やエンチャントを教えて、戦闘力を上げる。10階に到達し、レベルが上がったマティアスは、バリアの材料となるアダマンタイトを集めるため、一人で深い階まで降りていきます。そこでボスモンスターを倒し、その魔力は数人の魔物の注意を引くことになる。マティアスはルリィとアルマから、かつての自分の正体がガイウスであり、魔神として崇められていることを知る。

今すぐ失格紋の最強賢者のアニメを視聴する

第3話 最強賢者、竜(イリス)と出会う。

あらすじ 2022年1月22日放送
マティアスは、バリアには小さすぎるが誰もが国宝級に大きいと考えるボスモンスターのマジストーンを売った後、ルリィとアルマにお金を均等に分ける。デビリスの仇を討つため、二人の悪魔が街に現れる。ルリとアルマは弱い方の魔物の気を引き、マティアスは一人で強い方の魔物を倒す。王は再び彼らに報酬を与え、マティアスは知られているすべてのダンジョンの場所を、ルーリーとアルマは現金報酬を得る。マティアスは悪魔が監視の呪文で玉座の間を見張っていることに気づき、反対側の悪魔に怪我を負わせる。王は悪魔の声を元魔導士隊長のエルハルトと認識する。Erhardの位置が発見されたマティアスは彼を見つけることを決定したが、それは距離を移動するために年を取るようにマティアスは山にルリーとアルマを取り、女の子に想像を絶するほど怖いにもかかわらず、ガイウス敗北敵の一つであるアイリス闇ドラゴンにそれらを導入しています。彼女は以前に偶然の魔法の爆発が暗黒時代に人間の社会を返し、魔法の知識の現在の欠如を説明し、またマティアスが今修理している彼女の翼を損傷し、数年前に明らかにした。アイリスに背負われた彼らは、たった1日でエルハルトまでの距離を移動する。

今すぐ失格紋の最強賢者のアニメを視聴する

第4話 最強賢者、潜入する。

あらすじ 2022年1月29日放送
Erhardの家に侵入したMatthiasは、透明人間の呪文の陰から彼の正体を暴く。マティアスは、それがアカデミーから彼の家に移動するために本物のマティアスにかかったはずの時間のために彼を負傷したものであることを信じることを拒否、エルハルトは攻撃するが、すぐにひどく彼の魔法に影響を与え、彼を破って簡単にアルマの矢にマジトキシンによって弱体化されています。マティアスはさらに、森に潜むより強力な霧の魔物を暴き、短い戦いの後、魔物に呪いをかけ、魔力に過負荷をかけ、自らの魔力の力で爆発させた。この爆発により、大地に埋もれた龍脈柱が発見される。龍脈柱は、大地に閉じ込められた魔力を利用できる巨大な水晶である。魔物たちは、街のすぐ近くに魔物の軍勢を召喚する計画を立てていたのだ。学園に戻ったマティアスは、アイリスが人間の姿で学園に通うことを保証してくれるよう申し出る。人間の行動に不慣れなため、アイリスは笑ってしまうほど筆記試験に失敗するが、剣の決闘でガイルを倒すために珍しい方法を使用し、彼女の魔法はほとんどマティアスが修復することを約束したアカデミーのアリーナを破壊した後、受け入れられました。

今すぐ失格紋の最強賢者のアニメを視聴する

第5話 最強賢者、仲間を得る。

あらすじ 2022年2月5日放送
第二学院の学生だけで、関所の準備は遅々として進みません。王は第一学院に協力を要請するが、学院長のファクスは劣等生との交際を拒否する。Matthiasは第2回学院対抗戦の開催を提案し、FacusはMatthiasが出場しないことを条件に同意する。Facusは50人の生徒を連れてきて、Second academyの5人と競わせるが、言葉のない鋳造であっさり勝利してしまう。それを見ていた王は、Facusが自分の命令を無視して生徒たちに無声鋳造を強要していたことを見抜き、Facusを逮捕する。嫌っていたファクスの弟子たちは、喜んでセカンドアカデミーに協力し、無詠唱を学ぶ。バリアのためにもっと大きな魔法石を必要とするマティアスは、少女たちを再びダンジョンに連れて行き、今度はもっと深いところで、アイリスの魔法を利用してドラゴンを召喚します。長い戦いの末にドラゴンは倒され、バリアに必要な大きさの魔法石が手に入った。マティアスもアイリスが十分成長したと判断し、正式なチームメンバーになることを決める。アイリスは人間の体を使ってより良い戦士になるための訓練を受け、マティアスとルーリーはドラゴンから採取した資源を使って自分用の剣、アルマには新しい弓、アイリスには彼女の力に耐えることのできる槍を作りました。

今すぐ失格紋の最強賢者のアニメを視聴する

第6話 最強賢者、学園を出る。

あらすじ 2022年2月12日放送
マティアスが障壁の建設を始めると、悪魔が襲ってきた。マティアスはルリーとアルマに街の防衛を任せ、アイリスと一緒に障壁を完成させるためにアダマンチンを配り始める。ルリィはアルマのために、最初に襲ってきた悪魔を倒すことができる矢を作りながら、学生たちは悪魔を押しとどめる。彼の死後、より多くの悪魔が到着しますが、マティアスは、時間内に障壁を終えた、それらを破ってから障壁を活性化し、悪魔が再び都市に入ることができるのを防ぐ。しかし、魔物が倒された一方で、別の龍脈の柱で呼び出された魔物の軍勢がまだ街の外に残っていた。生徒たちは無言の唱え方でモンスターの第一陣を倒し、マティアスたちがより強力なモンスターを倒せるよう撤退する。最も強力なVoid Eaterは、他のモンスターを食べて成長するが、Matthiasが特定の呪文を与えて操作し、倒した後に有用な資源を提供するようにする。Void Eaterを倒したMatthiasは、Dragon Vein Pillarsを見つけるためにアカデミーを去らなければならないと決心する。エドゥアルドは彼が去ることができますが、彼は政治的な問題で彼を取得Matthiasの冒険の場合には奨学金の学生として記載されて保持し、アカデミーはそれから彼を保護することができます。アルマ、ルーリー、アイリスも奨学生となり、彼の探求に同行することができるようになる。

今すぐ失格紋の最強賢者のアニメを視聴する

第7話 最強賢者、旅路を往く。

あらすじ 2022年2月19日放送
メルキアダンジョンを探索することにしたマティアスだが、彼が転生して以来、ダンジョンの上に冒険者の都市が建設されたことを知る。アルマとルーリエは旅の途中で森を通り過ぎるのを避けようとするが、偶然にもそこに住む知的なモンスターに触れてマティアスは好奇心を刺激される。いつものように、マティアスはそのモンスターをあっさり倒してしまう。メルキアに到着した一行は、メルキアの領主が街の治安を悪化させ、冒険者ギルドを牛耳っていることを知り、冒険者は彼に与えられた仕事を何でもこなさなければならなくなる。冒険者の多くはモンスター狩りで重傷を負い、Matthiasに治療してもらうことになる。前領主が不審な死を遂げたことを知ったマティアスは、新領主が強い冒険者を殺すために冒険を危険なものにしている悪魔ではないかと考えるようになる。そして、エドゥアルドに密書を送り、王に伝え、翌日、冒険者たちを傷つけたモンスターを狩る計画を立てるが、同室の気まずさからマティアスとルーリエは一睡もできないまま。しかし、モンスターをあっさり倒してしまったため、領主に目を付けられ、ギルドのスパイや直属の冒険者までもが彼らを追いかけ始める。

今すぐ失格紋の最強賢者のアニメを視聴する

 

第8話 最強賢者、街を救う。

あらすじ 2022年2月26日放送
マティアスは冒険者たちを簡単に罠にはめ、アイリスに倒させる。その手紙を受けて、王は代理人のエイクを送り、マティアスにドキール卿の拘束を命じた。ドキエルの護衛を倒したマティアスは、彼を逮捕し、エイクは彼を王の前に連れて行く。マティアスは、メルキアの悪魔がダンジョンの竜脈を発見し、街の外にモンスターの大群を呼び寄せていることに気づくのが遅かった。ダンジョンに入ったMatthiasは、悪魔によって静脈に置かれた呪文をキャンセルするためにルリーを残し、アイリスとアルマは彼女を守りながら、彼は担当の悪魔を見つけることができます。悪魔のテレパシーによる会話を盗み聞きしていたマティアスは、別の場所にさらに上位の悪魔がいることを突き止め、マティアスを倒す方法を悪魔に助言する。さらに、マスターがガイウスという魔術師を知っていることも明らかになる。つまり、彼は非常に年を取り、賢く、強力だが、マティアスがガイウスの生まれ変わりかどうかは分からないということだ。でも、彼のマスターの助けを借りて、悪魔はマティアスに圧倒され、首を切られます。ルリィは鉱脈を回復させ、召喚されたモンスターを消滅させる。残されたテレパシーで、マティアスと悪魔の親玉は気軽に脅し合い、将来会うことを決める。マティアスは、実際に挑戦することを考え、興奮する。

今すぐ失格紋の最強賢者のアニメを視聴する

 

第9話 最強賢者、決闘する。

あらすじ 2022年3月5日放送
マティアスは悪魔の魔法のサインをマジストーンで捕らえたが、彼を追跡するためには数千年前にガイウスとして作った装置が必要だ。その装置は現在、国境を越えて連合王国であるラディニア連合にあり、国境を越えるには国王の許可が必要である。帰国してみると、学園が取り壊され、新しくグレードアップした学園が建っていた。国境を越える許可を得たマティアスは、自分の装置がフォルキア地方にあることを知る。そこは、Aランク冒険者以外は立ち入ることができないほど強い魔力を持つ地域であり、マティアスはAランク昇進試験を受けることに同意する。冒険者のギルアスは、Aランクより上のSランクで、戦いに夢中になっている。アイリス、ルリ、アルマを平然と昇進させるが、魔物退治で有名になったマティアスとはどうしても戦いたいという。ギルアスはマティアスが対戦した中で最も強い相手であり、マティアスの動きを真似ることもできたが、マティアスは勝利する。ギルアスに呪文でさらに強くなる方法をアドバイスした後、ギルアスは感謝しつつも、学ぶために本を読まなければならないことに苛立ちを覚える。彼は、フォルキアは危険で、冒険者たちは頻繁に行方不明になると忠告する。フォルキアでは早速、国境警備隊が密かに悪魔の追跡呪文をかけようとする。山賊が襲ってくるが、すぐに眠らされる。残念ながらLurieとAlmaも誤って眠りに落ちる。

今すぐ失格紋の最強賢者のアニメを視聴する

 

第10話 最強賢者、連携する。

あらすじ 2020年3月12日放送
一行はフォルキアへ向かうが、そこですぐに32体のデビルズの気配を感じる。デビルズは魔法に弱く、大勢で戦うことを好むタイプの悪魔だ。マティアスは警備員の目を潜り抜けず、隠しトンネルを発見する。フォルキアに出た彼らは、市民たちが大きな工場で働く間、心を奪われるように催眠術をかけられているのを見る。呪縛から身を守りながら工場に潜入すると、ランキンデーモン鉱を精製していることがわかった。1トンの鉱石を精製すると、国全体を破壊できるほどの強力な爆弾を作ることができるが、1トンを集めるには数十年かかるほど希少なものだ。デビルは「センス・シェア」を使うことができるため、1人のデビルに気づかれると32人全員に気づかれてしまうという危険な相手だ。一行は優れた戦略でデビルを次々と倒し、残り10匹となった。10人は鉱石のかけらを使って街を爆破しようとするが、そこに突然ギルアが現れる。ギルアスは、デビルのリーダーを一人で倒し、マティアスは、ギルアスがすでに呪文を唱えるのが上手くなっているのを見て喜ぶ。マティアスは、ギルアスがすでに呪文の使い方をマスターしていることに満足する。

今すぐ失格紋の最強賢者のアニメを視聴する

 

第11話 最強賢者、強敵と相対する。

あらすじ 2020年3月19日放送予定
 

今すぐ失格紋の最強賢者のアニメを視聴する

 

失格紋の最強賢者のアニメの評判は?感想と見どころをレビュー

 

ラピエさん 総合評価 3

ネタバレを含む場合があります。

ストーリーテリングでは、「見せる」のではなく「語る」。

この作品を落とした理由は3つあります。

1. 1.マティは、何が起こっているのかを説明することが多い。1.Mattyが、自分の計画、力、目標について説明することが多い。また、周りのキャラクターも同じで、彼がいかに強いか、素晴らしいかということをコメントしなければならないことが多かったです。正直なところ、マティはストーリーテラーであり、彼の話を聞くだけで、彼の成長を見守ることはできないように感じられました。これって、意味があるんでしょうか?

2. 2.Mattyが才能を発揮した途端に、全てが手渡された。第3話の時点で、彼はすでに学校の校長だけでなく、国王自身からも認められていました。周りの大人たちは、彼がまだ子供であるにもかかわらず、すぐに彼に責任を与えました。そして、そう、彼は未来に生まれ変わった強力な魔術師なのですが、もっと多くのことを見せず、十分な困難も経験せずに、簡単に皆から高い評価を受けるのは理にかなっていないのです。

3. 3.展開が速すぎる。1話は1シーズン分として、肉付けしてくれれば良い。

アニメーションは良いが、他の部分が陳腐化している。

プロットやストーリーテリングが良い物語の中で魅力的なキャラクターを求めるなら、ここでは見つからない可能性が高いです。

ヴィレイさん 総合評価 4

簡単にレビューします。

まず、私が落とした理由は、アニメのストーリーの伝え方のスタイルです。オープニングでマティが大人になったところから始まって、前世で出会ったばかりのマティが現代に転生して4つ目の紋章を手に入れた後のことは、漫画を読んでいない人には分からないと思います。すでに起きていることが強調されず、ほとんどの場合、マティの自己紹介でぼかされるだけです。

簡単に言うと、ストーリーテリングが悪い、イベントの強調がマティ自身の語りが多いだけ、ストーリーがごちゃごちゃしている、あまり関係のないことを次から次へとやるので特に筋が見えない、ということです。

漫画の方が話の展開がはっきりしていて分かりやすいので、漫画を読むのが一番です。

イリノイさん 総合評価 4

非常に一般的な魔界に生まれ変わるというテーマを踏襲しています。ただ、少し違うのは、MCがその世界で生きていたが、すべての知識を持って生まれ変わっていることだ。超OPで、脇役も強いが、もちろんMCの足元にも及ばない。ワンパンマンがバカにしている、あらゆる面で完璧なOPのMCというものを、かなり踏襲しています。

ストーリーやキャラクターは、他の何百ものアニメと比較して、何一つユニークなところがないので、かなり低い評価です。作画は、今の時代、アニメとして最低限必要なものを満たしています。10年前のソードアートオンラインの方が断然良い。

この番組は誰にでも勧められるものではありません。この手のアニメが好きな人でも(私はストーリーがイマイチでもイセカイや魔法系のアニメが好きで、暇なときに見るものがないときの罪滅ぼしのようなものです)。

ヒルナンデさん 総合評価 6

ストーリー これ以上強くなれないからと、最強の人間・賢者に転生した主人公マティアスの話です。転生後(最初の成長から10代までの章は省略)、魔法学園に入学し、2人の少女に出会い、彼女たちを鍛えることにする。そして、アイリス(ドラゴンロリ)と出会い、魔物との戦いに挑む。

2. 2.芸術。2.美術:美術はとてもまともです。なんて言ったらいいのかわからない。

3. キャラクター:(主にmcとそのチームについて話します)主人公の性格は、少し傲慢で、優しくて、何より戦闘狂というか、本当に戦闘が好きなんだなぁというのがよくわかります。あとは女の子2人、この2人は驚かないと言いながらいつも驚いています。アルマは主人公と友達みたいなものですが、ルリは主人公に恋心を抱いています。今一番の見どころは、かわいいドラゴンロリのアイリスです!彼女はとても面白いかわいい子ですが、同時にかわいい子でもあります。mcに怯える姿を見ると笑ってしまいます。

4. 4.総合:私はこのアニメをとても楽しんでいます。戦闘好きなopのmcが好きな人、また、いろいろなキャラクターの驚くような反応を見るのが好きな人にお勧めします。ドラゴンロリ好きにはたまらない作品です。

シェフチェンコさん 総合評価: 2

私たちはなぜアニメを見るのでしょうか?

楽しむためです。良い物語を発見し、良いキャラクターの人生を見、新しい世界を探検する。

最強剣士は、例えば鬼滅の刃のように期待されていないため、非常に低予算で作られたアニメの一つである。だから、そういうアニメは、予算がないアニメの中で、何か特別なものを持っていないといけない。

今期で言えば、『天才王子』や『リーデレ』などが良い例です。低予算でありながら、政治とコメディの両分野で、何か別のものをもたらしているのです。

最強剣士はそのようなアニメではありません。退屈で、予測可能で、時にはイライラさせられる、当たり障りのないアニメです。西京拳士を見るのは時間の無駄でしかない。私はあなたのためにそれを要約し、あなたの時間の12エピソードを節約することができます。

悪い奴が登場する。悪い男は非常に傲慢で、悪いことをしようとする。
MCくん登場。MCくんはとても優秀だが、悪者はそれを知らない。

悪者:ハハハ、俺はこの街を破壊してやる。
MCくん:ククク、でも俺って強いかも?

MCくんに襲いかかる悪者。悪者は一発か二発で死ぬ。
MCくんはその後、MCくんが一発でみんなを運んで殺してしまうので、何もすることがない役立たずの仲間に話します。

MC君:ありがとう、役立たずA君。ありがとうございます。
役立たずA:やだマティ、赤くなっちゃうよ..
(もちろん、友人A、B、Cは全員女の子です。ハーレムのないゴミみたいな異世界MCはいませんから。)

これが全12話のシーズンの本当のまとめです。

ストーリーも、キャラの成長も、動揺も、面白い台詞も、面白い戦いも、深い世界観も、何もないんだ。

そうそう、テレビの前で時間をつぶすだけなら、このアニメを見ればいい。

エイム良いさん 総合評価 1

漫画(ライトノベルは1巻だけ)を読んだ者としては、このアニメはひどい脚色です。

第1話を見ただけで全てが狂ってしまった。マティの幼少期を描いた「始まりの物語」が削除され、マティの性格や家族、世界観までもが確立されてしまっている。この小さなアーク1つで、すでに彼らの世界の多くを語っているのです。

アニメのマティは、漫画のマティとは違います。漫画のマティは生意気で、少し自己中心的で、自信に満ちていて、他人を利用しようとする一方で、他人には親切で助けようとする。一方、アニメのマティは、漫画のマティと比べると、同じキャラクターとは思えないほど、ふざけた人物です。

アニメのマティは、親切で、人を助け、生意気でなく、自己中心的でもなく、口調や話し方さえも漫画のマティとは全く違う。

ペース配分、最悪です。第1話を急ぎすぎ、序盤のアークで設定された世界観の大部分を削除し、残りの第1アークの塊と第2話を急ぎすぎ、説明だけ急ぎ、戦闘すら急いだ感があります。

漫画にあったコメディがなくなっている。マティの生意気で自分中心の発言も、一風変わった面白い脇役も、完全に排除されている。たとえそれがコメディであっても、無理やり感があり、面白くもなんともない。

アニメは見ないで、漫画かライトノベルを読んでください。

 

ゴールデンさん 総合評価 1

私は漫画を読んだことがないのですが、もしアニメで、原作について何も知らないのに、第1話から重要な世界観の構築を急かされ、飛ばされたように感じるとしたら、何かが間違っている、本当に間違っている。

ストーリーは悪く、急ぎすぎで、つまらない。
アートは平均的で、まあまあです。
サウンドは、適当なRPGゲームから抜粋したような感じ。
キャラクターは1人を除いて最悪で、ただマティを褒めたり、タダであげたり、叫んだりするだけの存在です。マティはゲイリー・スチュよりひどい。
アニメの女の子の声をした黒いドラゴンが一番いい、彼女の声を聞くのが楽しいから。

要するに、漫画を読みたいなら読めばいいが、この悪魔の産物のようなアニメは地獄の底に落とせ、苦痛を味わうのは勘弁してくれということだ。

おじさん200 総合評価 7

レビュー 7/10

でも、他の人のレビューを読むと、いかに私が漫画や小説を読み逃しているかがわかります。

アニメのミスフィッツが好きな人なら、ストーリーもMCがOPで数千年後の世界に転生するという点も似ているので、楽しめると思います。

OPの主人公と1日で強くなった2人の女の子、そしてドラゴンロリが好きで、ストーリーの展開が早いのが気にならない人にはぴったりだと思います。

 

 

カードクラフターさん 総合評価 3

このアニメの矛盾には呆れるしかない。「知らなかった」と言っておきながら、正確な情報を教えてくれる。このアニメは、「知らなかった」と言ったかと思えば「詳しいことは知らない」と言うなど、矛盾だらけで、脳がおかしくならないように見るのが大変です。
ネタバレ注意
人間が悪魔に騙されて、一番強いものが一番弱く、その逆もまた然りというのは、どこの世界にそんなことがあるのか、説明の仕方もひどいし、整合性を楽しみたい人にはお勧めできません。

LOVE55さん 総合評価 1

アニメ界隈で「ゴミ」と言われながらもアニメを楽しんできた私にとって、この作品は今まで観ようとしたアニメの中で最低の作品です。この作品は、エッジの効いたかっこいいファンタジーアドベンチャーになるために非常に努力した結果、あらゆる面で失敗しています。アニメ化が最悪なのか、作品そのものが最悪なのか。これを作ったスタッフ、作者の皆さんの努力を無にするつもりはありません。しかし、このアニメは最初から非常にひどい。

まず、一番クオリティが高いと思われる美術ですが、実はあまりにも凡庸な美術でした。このアニメが一般的なファンタジーであることは分かっているが、せめて他のファンタジーと区別できるように、少しは力を入れて欲しい。他のファンタジーでは、この平凡な絵を使っても、十分な見栄えになるのかもしれませんが、この作品では、あまりにも平凡すぎて、その価値すらありませんでした。

音は、まあまあ良かったが、ほとんどの場合、間違った瞬間に落ちる。音の演出は、そのシーンが音で表現されているのであれば、実は問題ではありませんでした。

以下は、大きな問題点です。ストーリーとキャラクター。実際にストーリーはない。全てのエピソードタイトルにイライラさせられました。最強の魔導師であることは分かっていても、その見せ方が一般的な主人公の中で最も平均的である。このような、「ストーリー」の部分がほとんど存在しないため、私はすでにMCに飛びつきました。もし、ランキング0があるなら、私は彼女にあげたい。キャラクターがあまりにも地味だった。主人公は「俺しか知らないから全部知ってるんだ」みたいなタイプで一番ウザい。”何が起こっているのか説明させてくれ、明らかにみんな馬鹿だから” “ああ、君が状況を理解していることに驚いている” ろくでなしタイプ。彼の力は本当にシンプルで、彼を最強にする唯一のものは「みんなただの弱虫」だということです。ハーレムも、司会者だからついていくだけ。ヒロインは、”あなたにはヒロインが必要だから、あなたを愛します “というだけのもの。敵は、悪魔だからと傲慢に振舞う頭の悪い筋肉野郎ばかり。そして、それ以外の人は、最低でもNPC、最悪は砂で、ほとんど全ての場面で砂が飛んでくる。

見ての通り、私はこのアニメが大嫌いです。楽しさは皆無です。このレビューをしているのは、この番組にとても腹が立っているからです。みんなこのアニメを「賢者の魔女」と比較していますが、ほとんど同じに見えます。しかし、その違いは、脳を消して「賢者の魔女」を見ると、まだ好きで5-7ランクをつけるかもしれないということです。しかし、この作品は脳を切り離しても、どんどん腹が立ってくる。それもこれも、MCのせいだ。番組の8割以上は、彼がいかにストーリー性のある人物であるかを強調しているだけで、それ以上のことはないのだから。

総合的に判断して1点、ゴミ箱に捨てました。

 

ドッグドギードッグさん 総合評価 1

漫画も読んだし、そういう人は嫌だなぁ。しかし、このアニメ化の混乱に比べれば、漫画はずっとましだ。

この作品では、主人公の幼少期が省略されているため、主人公とその家族に関する素晴らしい背景が描かれています。また、このアニメは「見せる」よりも「伝える」ことを重視しています。

だから、ストーリーテリングがいかに急ぎ足であるかは、指摘するまでもないだろう。むしろ、マティの偉大な出来事のハイライトリールのように感じられます。重要なディテールは省略されるどころか、ゴミ箱に捨てられ、スキップされるのです。

この作品は、自分自身とアニメ業界のために、この作品をスキップすることをお勧めします。

くろねこさん 総合評価 5

この番組は、あまり期待しないで始めてください。ばかげた大げさなナンセンスと走る内部説明的な独白を楽しむために見て、プロットや実際のキャラクターの成長に似たものを期待しないでください、そうすれば、この番組を楽しめるでしょう。

これは文字通り、誰かの自己挿入型オーバーパワード・マジック・ファンタジーの物語で、緊張感ゼロ、キャラクター開発ゼロ、主人公クンが「これは俺の物語だから、俺の好きなようにできる」という理由で、見た目年齢12歳でデフォルトの王国統治者であることを承知でこのアニメに入る限り、とても楽しめる作品だと思います。

ストーリーや複雑さ、深みのあるアニメが好きな人には、このアニメは向かないでしょう。そのようなものはここにはありません。

豪華なアニメーションや説得力のある戦闘シーンが欲しいなら、60分中2分くらいがあなた向けです。そうでない場合は、えーと

もし、あなたが無心で、ばかばかしくて、愚かで、緊張感や利害関係のないアニメを望んでいるなら、この作品はあなたのためにあります。

ただ、声優の演技がストーリーに合っていて、どのキャラの声も違和感がないのは言うまでもない。おそらく、それが私がこの作品を楽しんだ理由でしょう。

エルナイトくんさん 総合評価 3

このアニメは言葉は悪いですが、ソニックファストのように速いです。

なぜこれを見ようと思ったのか?
このアニメは、基本的に説明の量がこのアニメの主食であり、あなたは何を知っている、あなたは将来のエピソードで言及される本当に良い説明を得ていると思います私はそうは思いません。

説明のほとんどは現在の状況についてで、アニメのペースでは、情報のほとんどは、そのイベントだけに関連しているため、その一定の説明の時間があちこちにあります。

キャラクターはせいぜいまともな程度で、漫画のキャラクターの第一印象は少なくともまあまあ良かったので、心配です。漫画と違って、どうやってmcを嫌いになるほどブッチャケたのか分かりません。

ストーリーはまあ、似ているとはいえ、まあまあ良い話なのだが、世界観の構築は目に見えて皆無であり、何もない。

しかし、私はあなたの経験を台無しにするつもりはない、あなたの判断で見てください。

P.S 漫画だってテンポは速いし、これよりはマシだった。

ドーアンさん 総合評価 3

デヴェル16は、世界最速の車の一つです。時速550kmで走ることができます。ベルリンからシュトゥットガルトまで1時間以内で行けるということです。
デベルシックスティーンより速い車があるのか?このアニメのテンポの良さだ。4~5話(4~5週間)の物語を1話にまとめることができるのです。

LNやマンガの読者なら、この1stシーズンで何が起こっているのか、各キャラクターの背景を理解できるだろうが、アニメだけの視聴者には、キャスターが誰で、各キャラクターの背景を理解するのに苦労することになるだろう。

また、作画、音響、キャラクターなど他の面でも、他のゴミみたいなイセカイアニメと同じように平凡な出来になっています。

このアニメを楽しむための総合評価は3/10です。このアニメは、他のゴミみたいなイセカイスマートフォンを見てきた私にとっては、ストーリーのテンポと他の要素の平凡さにガッカリさせられました。

IgnatiusTheFirstさん 総合評価 1

99%ケンジャマグのクローン、いつもついてくる2人の女の子、強力な男の前世から生まれ変わったと言い訳する強すぎるMC、彼は基本的に一人で悪魔を倒すことができ、そして物語に何もしなかった魔法学校について言い訳している、ここに私たちはいます。ストーリーは力の誇示から始まり(完全にケンジャマゴみたい)、突然悪魔が現れ(これもケンジャマゴ)、そして「友人」(これもケンジャマゴ)の助けを借りずに主人公が悪魔を一人で倒すというものでした。この作品は、「ケンジャマゴ」よりも良くできていると思います。3話以降、基本的に何もしていませんが、プロットは同じです。

美術:全体的に良いが、一般的。

キャラクター:ブルースのうち、1人の女の子は彼をとても気に入り、他の女の子は彼女をサポートするだけ(おそらく後に恋人も)、マットは基本的に、人を怖がらせるランダムな汎用ベータオペMC再び

この作品は、1話完結型であり、テンポが速く、重要なシーンが省略されているため、あまりお勧めできません。

<ネタバレ
第6話視聴後EDIT : 1点下げます。戦闘が単純に見える、その回のモンスターは基本的に一撃で死ぬ、最後のボスでさえ「5撃前後で死ぬ」、このアニメの論理は多くの点で破綻している。このアニメは、大人も子供もバリアフリーで、しかも卒業してるのに、マシーに何も教えてないのに、マシーが何を得たのか、何もない。このアニメも「戦闘シーンは良いけど最終的にmcがop af」みたいな感じです。というわけで、6から1へ下げました。

 

昼アニメさん 総合評価 6

ネタバレの可能性あり

だから、ストーリー自体がゴミなんだよ。作者はただイセカイされる男と強い相手と戦わせたかっただけなんだろう。アニメの第1話は、とにかく急ぎ足。最初から最後まで1ヶ月くらいかかったような気がします。キャラクターは悪くないし、作画もまともだが、作画の戦いはちょっとダサい。でも、戦闘の美術がダサい。戦闘以外の全てがゴミのようだ。どちらかというと、戦いまで飛ばしてそれを見て、あとは飛ばすアニメ。試合と試合の間の話がとにかくつまらないので、やめようかと思ったが、毎週放送しているので最後まで見ようと思う。

ネオサーカスさん 総合評価 7

このアニメは、おそらくほとんどの人の好みではないと思います。というのも、まあ世の中には見るに耐えないアニメもあれば、パワーアップや戦闘シーンだけを楽しむアニメもあるわけで。

マティアスは、これから何をするのか説明するのに多くの時間を費やします。それが嫌な人もいるかもしれませんが、『Fate/Stay Night』などのVNをプレイしたり、『雲が、なく頃に』や『世紀末救世主』などのアニメを見てきた私には、あまり気にならないんです。あと、漫画の中でもやること言ってますし、そういう意味では漫画に忠実なんですね。

あと、漫画の7章まで読んだんですが、確かに飛ばしてるところがありますね。入試のことまですっ飛ばしてるけど、それ以前の生活もある。確かに『魔界転生』ほど家庭生活は長くはないけれど、それなりにあった。12話という尺と、予算の関係で飛ばしたのでしょう。

例えば、試験前に剣に魔法をかけるとき、漫画ではマティアスが前世の魔法使いについて説明しているんです。そういう意味では、彼のモノローグを削りすぎて、これから何をするかということにフォーカスしすぎてしまったと言えるでしょう。

だから、物事、特にマティアスの前世の物事について全体像を把握するために漫画を読むことをお勧めするけど、アニメは絶対に見るなというほどひどいものではないの。

ラッキーボイスさん 総合評価 5

四角に切れの最強戦士は、何でも知っていて何でもできる、強すぎる主人公のファンタジーアニメです。

世界全体が主人公を中心に回っているため、登場人物の性格や動機、世界観やストーリーテリングなど、すべてが非常に単純で一般的なものに感じられます。

このアニメのテーマとテンポは奇妙で、ある時は遅すぎ、ある時は速すぎ、そして中盤からは、ややシリアスなトーンからコメディに似たテーマに変更したように聞こえます。

また、中盤以降は、テーマをややシリアスなものからコメディーのようなものに変えたような感じもあり、いくつものことを同時にやろうとして失敗しているうちに、結局は混乱してしまったという感じです。強すぎるMC」というコンセプトが好きなだけなら、もしかしたら気に入るかもしれません。でも、それ以外の人には、完全にスキップ可能な作品です。

ラヴ4さん 総合評価 6

正直、漫画やイセカイ・ファンタジーを楽しんでいた人間としては、かなりがっかりしています。

この映画化におけるマティアスの描写は、完全にずれている。小説は未読だが、漫画では彼はもっと自信に満ちていて、ちょっと嫌味で、ただひたすらやり過ごすような性格をしている。しかし、今回の映画化では、そのあたりを抑えて、一般的なアニメの主人公のような、ガッツのない人物に仕上がっている。要約すると、マンガの2割増しの大豆というところでしょうか。

また、アニメーション自体も低予算であることが明らかで、戦闘シーンはもっと良くできたはずです。

IMHOでは、もし彼らがその逆をやるのではなく、もっとうまく脚色して正しい方向に微妙な調整をしていれば、これは8/10になったかもしれません。
現状では、私にとっては6/10という低評価です。

ブレッドリリーさん 総合評価 5

この作品は、とても素晴らしい作品です。

この作品は、全体的に平凡なアニメで、何の特徴もないありふれたファンタジーなので、頭のスイッチを切って、この作品で時間をつぶすことは難しいことではないはずです。しかし、残念なことに、私はそうすることができなかった。

このアニメはやることなすこと全てがダサい! このアニメがやっていることはすべてダサい!ストーリーの展開も、大暴露も、主人公をカッコよく見せようとするのも、悪役に見せようとするのも、すべてダサい!ダサい!ダサい!ダサい!ダサい!ダサい!ダサい!ダサい!(笑 最初はそのダサさが面白かったのですが、数話後には恥ずかしくなり、最後にはただイライラさせられるだけになってしまいました。

だから、もうやめました。アニメを落とすのは好きではないのですが、このダサさにはもう耐えられないのです