進撃の巨人 The Final Season Part2のアニメ動画を全話無料フル視聴する方法!見逃し配信サービスまとめ

引用元:U-NEXT

\進撃の巨人 The Final Season Part2を無料視聴するならココ!/

配信サービス 配信状況 無料期間 月額料金
U-NEXT 見放題 31日間無料
今すぐ視聴
月額2,189円

※月額料金は全て税込。2022年2月時点。

 

U-NEXTは 31日間の無料お試し期間中に[進撃の巨人 The Final Season Part2]が見放題!

 

放送 2022年1月9日~
地上波ch NHK総合
放送日 毎週日曜日24時05分~
話数 放送中
制作会社 MAPPA
監督 林祐一郎
キャスト:声優 エレン・イェーガー:梶 裕貴/ミカサ・アッカーマン:石川由依/アルミン・アルレルト:井上麻里奈/コニー・スプリンガー:下野 紘/ヒストリア・レイス:三上枝織/ジャン・キルシュタイン:谷山紀章/ライナー・ブラウン:細谷佳正/ハンジ・ゾエ:朴 璐美/リヴァイ・アッカーマン:神谷浩史/ジーク・イェーガー:子安武人/ファルコ・グライス:花江夏樹/ガビ・ブラウン:佐倉綾音/ピーク・フィンガー:沼倉愛美/ポルコ・ガリアード:増田俊樹/コルト・グライス:松風雅也
主題歌 オープニングテーマop「The Rumbling」SiM

エンディングテーマed「悪魔の子」ヒグチアイ

公式サイト TVアニメ「進撃の巨人」The Final Season|公式サイト
シリーズ/関連作品 原作:諫山 創 別冊少年マガジン(講談社)

進撃の巨人 The Final Season Part2のあらすじ

エレン・イェーガーは、かつての仲間や敵に反旗を翻し、破滅的な計画を実行に移す。獣の巨人ジークの指導のもと、エレンはマーリーとエルディアの対立を終わらせるために極端な手段を取るが、その真意は謎のままだった。しかし、その真意は謎に包まれていた。エレンは一族の過去に迫り、自らの運命を切り開くために戦う。

一方、マーレイとエルディアの両国は、兵士と巨人を使い、互いに相手を排除するために残忍な競争を繰り広げていた。ライナー・ブラウンは自らの力でエレンの軍勢を食い止め、エルディア人の子供であるファルコ・グライスとガビ・ブラウンは混乱の中で生き残るために奮闘している。

また、エレンの幼馴染であるミカサ・アッカーマンやアルミン・アルレルト、かつての調査兵団の仲間も監禁されたままであり、エレンの怪異に困惑していた。エレンはまだ善意を持っていると信じ、ミカサたちはエレンの魂を救うために戦いに挑む。

 

TVアニメ [進撃の巨人 The Final Season Part2] PV

進撃の巨人 The Final Season Part2の動画を無料視聴できる配信サイト比較一覧

\アニメ 進撃の巨人 The Final Season Part2を無料で視聴できるおすすめ配信サービス!/

配信サービス 配信状況 無料期間とポイント 月額料金
unextU-NEXT

見放題

31日間無料
600ポイント今すぐ視聴
2,189円
danimedアニメストア

見放題

31日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
440円
huluHulu

見放題

14日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
1,026円
dtvdTV

見放題

31日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
550円
primevideoAmazonプライムビデオ

見放題

30日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
500円
abemaABEMA

見放題

14日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
960円
telasaTELASA

見放題

15日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
618円
netflixNetflix

見放題

無料期間なし
ポイントなし今すぐ視聴
990円
fodFODプレミアム

レンタル

14日間無料
900ポイント今すぐ視聴
976円
musicjpmusic.jp

レンタル

30日間無料
1,600ポイント今すぐ視聴
1,958円
crankinクランクイン!

レンタル

無料期間なし
3000ポイント今すぐ視聴
990円
tsutayaTSUTAYA DISCAS

レンタル

30日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
2,052円
paraviParavi

未配信

14日間無料
ポイントなし未配信
1,017円

※月額料金は全て税込。また付与されるポイントは無料期間中のものになります。

 

U-NEXTお試し期間を利用すれば[進撃の巨人 The Final Season Part2]の動画を全話無料視聴できます。

お試し期間中は600円分のポイントもくれるので、非常にお得な配信サイトです。

 

U-NEXTの登録方法と解約方法
[登録方法] U-NEXTの公式サイトから「まずは31日間 無料トライアル」をクリック
お客様情報を入力、「次へ」をクリック
決済方法を選択し、決済情報を入力
入力した情報に間違いがなければ「送信」をクリック
「ご登録ありがとうございました」が確認出来れば登録完了。
※ちなみに決済方法をキャリア決済にすると登録がスピーディーです。[視聴方法] U-NEXTの検索窓から作品名など入力。
検索結果から視聴したい作品を選んで視聴。[解約方法] U-NEXTのメニューの中にある「設定・サポート」をクリックして「契約内容の確認・変更」をクリック
”ご利用中のサービス”内にある「解約はこちら」をクリック
解約前の無料期間を確認し、「次へ」をクリック
任意のアンケートあり(回答はしなくても大丈夫です。)
解約時の注意事項を確認し、「同意する」にチェックして「解約する」をクリック
「解約手続き完了」と画面に出てきたら解約は完了です。
※解約するまでにポイントは出来るだけ使い切りましょう!
U-NEXTの特長と楽しみ方
U-NEXTの特長一覧表
unext
月額料金:2,189円(無料期間終了後に課金開始)
無料期間:31日間
解約料金:0円
ポイント付与:1,200P(無料期間中は600P)
アニメ作品数:4,000作品
マンガ作品数:320,000作品
ラノベ作品数:40,000作品
【U-NEXTの6つの特⻑】
  • 【U-NEXTの特⻑】
      • 見放題動画220,000本、レンタル動画30,000本の作品を配信中!
      • 映画やアニメはもちろん、漫画をアプリで読める!
      • 毎⽉1,200ポイントもらえる。
      • マンガを購⼊する場合、最⼤40%ポイント還元。
      • ファミリーアカウントで、さらにお得。
      • ダウンロードして好きな時間、好きな場所で視聴が可能。

進撃の巨人 The Final Season Part2のアニメを全部見終わった後でもU-NEXTでは進撃の巨人 The Final Season Part2をさらに楽しむことができます。

進撃の巨人 The Final Season Part2の原作はマンガで、そちらもU-NEXTで配信されていて登録すると読めるようになります。

進撃の巨人 The Final Season Part2の続編をU-NEXTで漫画で見る

 

 

 

進撃の巨人 The Final Season Part2の動画をYouTubeなどの動画共有サイトで視聴する方法は?

YouTubeなどを含む海外の動画共有サイトでは非公式にアニメの進撃の巨人 The Final Season Part2が配信されていて無料で視聴できる動画もありますが、画質が悪かったり、余計な広告が出てくる場合もあります。

注意:海外の動画共有サイトからアニメをダウンロードしたり視聴する方法は違法で危険!

海外の動画共有サイトを利用してアニメを視聴する方法はウィルスに感染するなどのリスクは当然つきまといます。

さらに2020年から法律が厳しくなったので海外の動画共有サイトを利用してアニメを視聴していると違法になり処罰される可能性が高くなります。

なので動画配信サービスの無料のお試し期間やポイントを利用して安全に安心して、全話無料でフル視聴しましょう!

特に進撃の巨人 The Final Season Part2の場合はU-NEXTであれば通常、月額2,189円ですが登録して最初の1ヶ月は完全無料で全話フル視聴ができるのでおすすめです!

\登録はこちらから!/

 

進撃の巨人 The Final Season Part2の登場人物の紹介

エレン・イェーガー:梶 裕貴/ミカサ・アッカーマン:石川由依/アルミン・アルレルト:井上麻里奈/コニー・スプリンガー:下野 紘/ヒストリア・レイス:三上枝織/ジャン・キルシュタイン:谷山紀章/ライナー・ブラウン:細谷佳正/ハンジ・ゾエ:朴 璐美/リヴァイ・アッカーマン:神谷浩史/ジーク・イェーガー:子安武人/ファルコ・グライス:花江夏樹/ガビ・ブラウン:佐倉綾音/ピーク・フィンガー:沼倉愛美/ポルコ・ガリアード:増田俊樹/コルト・グライス:松風雅也

エレン・イェーガー
声優:梶 裕貴

エレンは『進撃の巨人』の主人公である。幼馴染のミカサから「後先考えずに衝動的に行動する」と何度も指摘され、他人と争うようになった彼を自分から守るために、よく引っ張ったり、運んだり、放り投げたりしている。ミカサとは共通の友人であるアルミンと自由な時間を過ごすことが多い。

父親は医者で、ハンネスを始めとする多くの人に尊敬されている。

 

ミカサ・アッカーマン
声優:石川由依

ミカサはエレンの幼なじみで、エレンの家族に引き取られた。正式にイェーガー家の養子となったわけではないが、エレンの両親に対して強い感謝の念を抱いている。奴隷商人に捕まったところをエレンに助けられ、シンボルであるマフラーをプレゼントされた。普段は無口で引っ込み思案な少女で、エレンたちのこと以外はストイックな表情を浮かべている。後に明らかになるように、ミカサの父親はエルディア人の血統を改造して巨人並みの力を持つ超兵を作った末裔である。ミカサの父親はエルディア人の血統を改造し、巨人並みの強さを持つ超人兵士を作り出した末裔であることが後に判明する。エレンと彼の父親は、定期的な診察の際にアッカーマン夫妻の死を発見し、エレンはミカサを追跡して貿易商の小屋へ向かう。エレンに「反撃して生きろ」と言われ、本能に目覚めたミカサは、エレンからもらった黒(アニメでは濃い赤)のマフラーを大切にし、生涯身につけ、調査兵団に入るなど、何が何でもエレンを守り、ついていこうという気持ちになる。訓練兵団を首席で卒業し、将校からは百戦錬磨の空前絶後の天才と称される。調査兵団とともに義勇軍を調査していたエレンは、アッカーマンの血の奴隷であるミカサをずっと憎んでいたと話す。それを聞いて落ち込んだ彼女は、首から黒いスカーフを外す。エレンに未練を残しながらも、ミカサはエレンが計画する敵国マーレインへの大量虐殺を阻止するため、同盟に参加することを決意する。

ミカサは、アルミンとともにエレンの幼馴染。エレンとは過去に起きた出来事から強い絆で結ばれており、エレンに危険が迫ると駆けつけて守ってくれる。幼少期から圧倒的な戦闘力と強さを誇る。

10代になると、訓練兵の中でも天才と呼ばれるほど戦闘力と敏捷性に優れている。常にエレンの身を案じており、エレンを守るために生きている。

 

アルミン・アルレルト
声優:井上麻里奈

アルミン・アルレルトは、エレンの親友。身体は弱いが、精神的には強い。実戦力はないが、理論系科目は天才的で、極限の状況下でも計画を立てられる。それでもアルミンは自分が弱いと思い続けている。エレンやミカサのためにしていることに自分では気づかず、自分は全く無能だと思い込み、エレンやミカサに頼らざるを得ない自分を恨んでいる。

 

コニー・スプリンガー
声優:下野 紘

トレーニークラスで8位。明るく天真爛漫。右と左の区別がつかない。エレンに憧れて調査兵団を志望している。ラガコ地区出身。

 

ヒストリア・レイス
声優:三上枝織

人懐っこく、温厚で、同級生からは女神や天使と言われるほど人気のある小柄な少女。彼女の正体は、エルディアの真の王であるロッド・レイスの隠し子、ヒストリア・レイスである。

後継者として正体を明かして受け入れた後、エレンとともにロッド・レイスに誘拐され、巨人の継承式が行われていた彼の洞窟に連れてこられる。レイスは唯一の後継者として、ヒストリアに巨人化するよう説得し、エレンを消費して「始祖の座標」の力を取り戻させようとする。しかし、「逆境に強い」という始祖の呪縛を知ったヒストリアは、これを拒否。ヒストリアはエレンを救出し、巨人化した父を調査兵団が倒すのを手伝い、とどめを刺し、エルディアの真の支配者としての地位を確立します。ヒストリアは調査兵団の希望で王位に就き、女王という立場を利用して統治業務の大半を軍に委ね、勘当した貴族から没収した資金で孤児や家なき子の生活を向上させるために使います。

ジャン・キルシュタイン
声優:谷山紀章

熱血漢で思ったことを口にする青年。当初はウォールシーナの中で安全に暮らすために憲兵団に入るつもりだったが、クラスで6位とトップ10圏内で卒業することができた。トロスト戦では、新兵を率いて安全な補給所に向かうが、自分の判断で仲間を死なせてしまったことに心を痛めている。 親友マルコの死後、調査兵団に入団する。その後、ジャンは調査兵団の指揮官へと昇進し、リベリオ襲撃では地上作戦を指揮する。その後、ジャンはゴロゴロを止めるかどうか激しく悩むが、倒れた仲間、特にマルコに失望させたくないという思いから、世界を救うために夢を捨てることを選ぶ

 

ライナー・ブラウン
声優:細谷佳正

マーレ軍戦士部隊に所属し、「鎧の巨人」を所持している。
ライナーは幼い頃、マーレの戦士部隊に入り、エルディア人の母親と一緒に名誉マーレ人となり、マーレ人の父親と再会することができるようになった。父に拒絶されながらも、母から教えられた狂信的な愛国心によって、パラディ島で「座標」を捕獲する作戦に邁進する。そして、難民になりすまし、ウォール・ローゼで大勢の人々に混じってパラディ島の軍隊に加わる。しかし、計画は失敗に終わり、アニも捕らえられてしまう。
その後、ライナーはマーレののために多くの仲間が無駄死にするのを見て、自分の大義に幻滅したことが明らかになる。ライナーは自殺を図ろうとしたが、自分の後に続く若い戦士候補生を守るために生き続けなければならないことを悟る。エレンがリベリオを襲撃した際、ライナーは再び変身して旧友と戦い、仲間の戦士であるポルコ・ガリヤードとファルコ・グライスの命を救います。エレンのリベリオ襲撃を受け、エレンの脅威を永遠に消し去るため、パラディへの襲撃を計画する。しかし、ライナーや戦士たちがなすすべもなく見守る中、エレンが「地ならし」を始め、作戦は失敗に終わる。一時は絶望に打ちひしがれるも、いとこのガビと調査兵団の残党に誘われ、パラディ外の生命を滅ぼそうとするエレンを止めるために協力することで、新たな目的意識を持つようになる。

 

ハンジ・ゾエ
声優:朴 璐美

ハンゲは新しい知識を追求することに非常に情熱的で、意欲的である。非常に活動的で、身の安全も考えずにプロジェクトに飛び込み(その過程で多くの部下を怖がらせた)、対象を観察して記録することに夢中になっていると見られることがあります。このような行動を誤解する人もいて、ハンゲはエキセントリックで、ネジが少なからず緩んでいるように見られている。また、この研究についてのディスカッションを楽しんでいるが、講義は非常に長く、細部にまでこだわるため、それを面白がる兵士は多くない。

巨人に興奮することが多く、巨人に関する実験に熱心で、巨人に対して非常に感情的である。例えば、実験中に巨人に与えられる苦痛の大きさに涙する。

 

リヴァイ・アッカーマン
声優:神谷浩史

人類最強の兵士として知られ、調査兵団の精鋭部隊の長を務める。ハンゲからは「きれい好き」と言われる。 鈍感で近寄りがたいと言われる一方で、権威や構造、規律を強く尊重していることが指摘されている。リヴァイの生い立ちに焦点を当て、エルヴィンにスカウトされて軍に入る前は垂直離着陸装置を使った窃盗団に所属していたことが明かされている。ケニー・アッカーマンは後に、エレンとヒストリアの捕獲はリヴァイと関係があると指摘し、「リヴァイ・アッカーマン」と呼んでいます。ケニーは後に、母クシェルの死後にリヴァイを育てた母方の叔父であると明かされています。その後、漫画『進撃の巨人』では、リヴァイがジーク・イェーガー(エレン・イェーガーの弟)の仕掛けた爆発で負傷する。ハンジ・ゾエに発見されるまで瀕死の状態であったが、後にその身体を持って脱出し、エレン・イェーガー討伐のためにテオ・マガス司令、ピエック・フィンガーと同盟を結ぶ。

ジーク・イェーガー
声優:子安武人

マーレの「戦士長」であり、「獣の巨人」の保持者。巨人化したジークは身長17mのビッグフットのような生物で、細長い腕を使って遠距離に弾丸を発射することができる。フリッツの血統を受け継いでいるため、髄液を使って他のエルディア人を巨人化させ、完全に支配下に置くことができる。また、カリスマ的なリーダーであり、部下の能力を最大限に活用する戦略家でもある。
ジークはディナ・フリッツとの間に生まれたグリシャ・イェーガーの長男で、エレンの異母兄である。生まれた時からマーレイに潜入してエルディア人のレジスタンスの前衛となるように教化されていたが、ジークは自分の幸福よりもエルディア復興計画を常に優先させる両親を恨むようになる。獣の巨人」の力を受け継いだ彼は、「始祖の巨人」を手に入れ、それを使ってエルディア人を不妊化し、さらなる迫害から「救う」ことを決意する。

ファルコ・グライス
声優:花江夏樹

気弱で心優しい戦士候補生。片思いのガビと共に鎧の巨人の力を受け継ぐべく競い合っている。自信はないが、ライナー・ブラウンの尊敬を集め、自分の後継者としてガビを巨人の力を受け継ぐ呪いから解放することを望むようになる。マーレ中興戦争終結後、ファルコは外傷後記憶喪失を名乗る片足の退役軍人「クルーガー」(実はエレンの変装)と親しくなり、彼を利用してリベリオから手紙を送り、地下室でライナーとの面会を設定する。リベリオ戦の後、ファルコはガビと共に調査兵団の避難用飛行船に密航し、パラディに辿り着く。ジークがパラディスにばらまいた汚染ワインを浴びて純粋巨人化し、ポルコがライナーを助ける間に顎型巨人を手に入れることになる。その後、エレン・イェーガーがパラディスの外の生命体を破壊する作戦」を阻止するため、同盟に参加する。

ガビ・ブラウン
声優:佐倉綾音

ライナー・ブラウンの母方の従妹で、最も優秀な戦士候補生であり、従兄から鎧の巨人を受け継ぐ有力候補生。幼少期、マーレ人に差別され、ひどい仕打ちを受けたことから、本土のエルディア人が迫害されたのはパラディ人のせいだと恨み、憎しみを持つようになった。ミッドナイトユニオンのレールに直接爆弾を投げつけるほどの勇気の持ち主で、無敵の恐れを知らない。脱獄後のリベリオ戦において、カヤとブラウス家に引き取られたガビは、それまでパラディ・ウオール内でエルディア人を憎んでいたことに疑問を持ち始める。その後、憎しみを捨て、調査兵団や他の戦士たちと共に、ルンブルクを止めようとする。

ピーク・フィンガー
声優:沼倉愛美

マーレ戦士部隊に所属するエルディア人の士官候補生で、知性と洞察力に優れ、シガンシナ区の調査兵団との戦いではジークに樽や投擲用の岩石を供給するなど、大量の荷物を背負って運ぶための「荷車の巨人」に変身できることで知られています。スラバ要塞での戦闘では、マシンガンで武装した兵士を2人乗せ、メッキの大きなマスクで顔を保護し、重装甲の戦車として活躍した。イェレナを認識したことでゼクスの裏切りを知り、マーレにそれを明かした後、パラディに潜入しエレン・イェーガーの待ち伏せを仕掛ける。騒動が始まってからは、エレンを止めるために同盟に参加する。

ポルコ・ガリアード
声優:増田俊樹

マーレの戦士部隊に所属するエルディア人の士官候補生で、顎の巨人の保持者であるマルセル・ガリアードの弟である。戦士候補生時代にライナーをいじめていたポルコは、兄を殺されたことでライナーを恨んでいた。兄の犠牲の真相を知ったポルコは、ライナーをファルコ・グライスから救うために自分を犠牲にし、ライナーから顎の巨人を手に入れた。

コルト・グライス
声優:松風雅也

獣の巨人の力を持つ次期戦士候補で、ファルコの兄、断罪されたエルディア復古主義者グライスの甥にあたる。

進撃の巨人 The Final Season Part2のエピソード別あらすじ

第76話 断罪

あらすじ 2022年1月9日放送
瀕死のリヴァイを発見したハンジとイェーガー信者たちは、無垢の巨人から完治して出てきたジークを見つけ、ハンジはそれを目くらましにしてリヴァイを連れて逃走する。ジークはフロッグに対し、自分の傷は「道」と呼ばれる神秘的な場所で謎の少女に治療してもらったと説明する。一方、シガンシナ区ではマーレ兵が飛行船から降りてきて、ピエックとガビはマガトとコルトに再会する。ガビが復唱したジークの言葉から推測するに、彼らの目的はエレンとジークを肉体的に接触させないことである。ライナーとポルコはエレンと戦うが、エレンは戦鎚の力で圧倒する。しかし、マガスがウォール・マリアのカート巨人の背中から新型対巨人砲を発射し、エレンを無力化したことで流れが変わり、ライナーが優位に立つチャンスを得る。イェーガー派の兵士はマーレ軍から大きな損害を受ける。絶望したオニャンコポンは、ニッコロやブラウス一家とともに幽閉されていた調査兵団を解放し、無双を倒すための協力を要請する。安楽死計画に加担していなかったと説得するが、パラディ島を守れるのはエレンとジークだけかもしれないと、助けるべきかどうか議論になる。アルミンは、エレンがミカサに嘘をつき、ジークとエレナをもてあそんでいるだけだと提案するが、反応は沈黙する。

今すぐ進撃の巨人 The Final Season Part2のアニメを視聴する

第77話 騙(だま)し討ち

あらすじ 2022年1月16日放送
解放された調査兵団は、やがてエレンに協力することを決めるが、ミカサはエレンの動機に疑念を抱く。一方、ライナーやポルコに対するエレンの悪辣な戦いは続き、やがて鎧の巨人が攻撃型の巨人を押さえ込み、エレンを食べようとする。突如、ウォール・マリアの上に獣型巨人としてジークが現れ、マーレの飛行船や兵士、戦士たちを攻撃し始める。調査兵団はイェーガー派にシャディス司令と獄中の憲兵団・駐屯兵団のメンバーを強制的に解放させる。ピクシス司令は、ジークの髄液で汚染されたワインを飲んだ兵士たちを率いて、侵略者を撃退することを申し出る。その準備のため、ミカサはスカーフを置き、喜ぶルイーズに目撃される。ナイルは、ファルコをガビと対巨人用ライフルで武装したコルトに再会させる。コルトはガビに、なぜ敵を信じたのかと問う。ブラウス家の言葉を耳にしたガビは、ようやくこの島に悪魔はおらず、ただの人間であることに気づく。ファルコは、自分がいつ巨人化するかわからないと恐れながら、彼女への想いを告白する。そのため、コルトはジークの悲鳴を止めようと、二人を急行させる。ピークはカート巨人の死を偽装し、マガトは対巨人砲で獣型巨人のうなじを狙い、ジークに重症を負わせ、壁から叩き落すことができた。倒れた獣型巨人に向かって足を引きずる攻撃型巨人に対し、ライナーはエレンがジークに接触するのを止めるよう促す。

今すぐ進撃の巨人 The Final Season Part2のアニメを視聴する

第78話 兄と弟

あらすじ 2022年1月23日放送
顎の巨人が攻撃型巨人の足止めをしようとし、エレンは顎のうなじを叩き割ってポルコに重傷を負わせる。さらに大砲で邪魔をするが、そこにフロッシュ一行が襲いかかり、カートを撹乱する。ライナーはエレンと格闘し、ポルコに手を伸ばすと、ライナーが鎧の巨人を受け継いだというマルセルの記憶が引き金となる。奇襲を受けながらも生き残ったジークは、叫びを使う準備をする。コルトはファルコがいなくなるまでやめてほしいと懇願するが、ジークは無念にも叫び、ナイルとピクシスも含め、汚染されたワインを飲んだ全員が純潔の巨人になってしまう。コルトはファルコの変身によって焼却される。ジークはファルコにライナーを食べるよう命じるが、ファルコは代わりに自分がライナーより優れた男であると信じながら、食べられるために自分自身を提供するポルコをむさぼった。フロッシュ一行は敗れ、獣の巨人は再びうなじを撃たれ、ジークを殺したかのように見える。突然、調査兵団がカートや鎧の巨人を雷槍で攻撃し、エレンが巨人を出て、ピエクと同じように死を偽装したジークにたどり着く道が開かれます。しかし、ガビはコルトのライフルでエレンの首を切り、その首はジークの手に落ちる。エレンの意識はすぐに「道」に転送され、そこで鎖につながれた年老いたジークに出会うが、これはフリッツ王の戦争放棄の誓いを表現したものだった。座標から現れた始祖ユミルの魂である少女に、エレンはジークの計画に乗るつもりはなかったと言い、彼女を操ろうとするが、ジークはユミルが王家の血を引く者の命令にしか従わないことを明かす。ジークは鎖を解き放ち、エレンを手錠で拘束する。エレンを安楽死計画に従わせ、始祖の力でエレンを「治す」ために、もう一度、二人の頭を触れ合わせる。

今すぐ進撃の巨人 The Final Season Part2のアニメを視聴する

第79話 未来の記憶

あらすじ 2022年1月30日放送
ジークは「道」を使って、父グリシャの記憶から生まれた自分の人生をエレンに見せ、グリシャに洗脳されたことをエレンに納得させようとする。しかし、グリシャはエルディアの国粋主義を捨て、エレンに自分の道を歩ませていたことがわかる。エレンはジークに「同じだと思ったら大間違いだ」と言う。エレンは生まれ持った自由を守り、ジークはグリシャの夢を越えられないでいたのだ。それでもジークは、「始祖の巨人の力があれば安楽死計画を実行できる」と言い放ちます。グリシャがエレンに地下室の秘密を教えると申し出た記憶では、エレンの未来の自分に話しかけていることが明かされている。そして、グリシャがライズ家と対峙する瞬間に、ジークとエレンが到着する。フリーダ・ライスに「進撃の巨人でパラディを救ってほしい」と懇願するグリシャは、進撃の巨人の能力が「宿主が未来の継承者の記憶を見ることができる」ことであることを明かします。フリーダはエルディア人が世界の罰を受け入れるべきだというフリッツ王の思想を引き合いに出して協力を断ると、グリシャはライズ家を殺して始祖の巨人を自分のものにしようと決意するが、特に子供たちを殺す気にはなれないと悟る。しかし、エレンが未来の記憶を使って介入し、グリシャを煽り、ライズ一家を殺戮する。その後、心を痛めたグリシャはジークに会い、エレンの計画が実現することを告げます。そして、グリシャはジークに対して、もっと良い父親でいられなかったという後悔を口にし、ジークの心を揺さぶる。エレンを止めてくれと懇願するグリシャに、突然グリシャの記憶が飛ばされ、二人は「道」に連れ戻される。

今すぐ進撃の巨人 The Final Season Part2のアニメを視聴する

第80話 二千年前の君から

あらすじ 2022年2月6日放送
グリシャの記憶から戻ったジークは、エレンが始祖をエレンに託すようにわざとグリシャを追い込み、エレンが予見した未来が実現したことを知り、愕然とする。安楽死計画の実行をユミルに必死に訴え、コーディネートに向かって歩き始めるが、エレンは鎖を引きちぎって駆け寄ってくる。2000年前、ユミルは小さな村に住んでいたが、フリッツ率いるエルディア人に侵略され、住民を奴隷にされていたことがフラッシュバックで描かれる。幼いユミルは、豚を逃がしたことを咎められる。追い詰められた彼女は、古代の木に入り、深い池に落ち、寄生虫のような存在に最初の巨人へと変えられてしまう。まだ彼女を奴隷として扱っていたフリッツは、ユミルの「始祖の巨人」を使ってマーリー軍を滅ぼし、エルディア王国を拡大させる。この間、フリッツはユミルとの間に3人の娘をもうける。マリア、ローズ、シーナだ。ある日、ユミルはフリッツを異端者から救うために自らを犠牲にし、フリッツは子孫が巨人の力を継承し続けるために、子供たちに彼女の体を食べるように命令する。ユミルの魂は「道」に転送され、彼女はその後2000年間、手作業で巨人を作って過ごす。現代に戻ったエレンはユミルに、生まれて初めて自分の未来を選択する自由を与える。王家の血を引くジークを無視し、彼女は自分の未来はエレンと共にあると決意する。その結果、「壁」が崩壊し、そこに封じ込められた数千体の「超大型巨人」が解放され、「地鳴り」が始まる。ピエック、マガト、フロッシュは壁から転落し、ライナーはガビを救うために駆けつける。始祖の巨人」となったエレンは、「道」を使ってユミルの全臣民に「巨人がこの島以外の生物を駆逐する」という意思を表明する。

今すぐ進撃の巨人 The Final Season Part2のアニメを視聴する

第81話 氷解

あらすじ 2022年2月13日放送
パラディの外の世界を踏みにじるように進軍するエレンと壁抜け巨人たち。ライナーとガビは、ジャンとコニーに連れ去られたと思われるファルコを探す。ライナーはガビを瓦礫の落下から守る際に負傷し、巨人の鎧も消失していた。エレンを止められなかったことを悔やみ、ガビに脱出し皆に知らせるよう促すが、彼女はエレンを止めなければならないと指摘する。ライナーはもう諦めたと言い、ある家に取り残される。シガンシナ区ではジークが作った純潔の巨人が暴れまわっていた。アルミン、ミカサ、ジャン、コニーはエレンの行動と意識のないファルコの運命について話し合うが、巨人の急襲によりコニーは少年を連れて逃げ出し、彼を母親に食べさせ、人間に戻そうと画策する。巨人だらけの街で、ガビはナイルの巨人からカヤを救い、ブラウス家とニコロは調査兵団からカヤを守り、二人の間の溝を修復する。アルミン、ミカサ、ジャン、シャディスは、残ったイェーガー派と士官候補生を集結させる。兵士たちは純粋巨人を地区の中心にある砦に誘い込み、協力してかつての仲間を仕留め、アルミンがピクシスの巨人を殺害する。戦いは、興奮したルイーズが負傷したものの、すべての純系巨人とマーレイン兵が死亡して終了する。オニャンコポンとイェレナはゴロゴロを目撃して困惑し、フロッシュはボランティアに罰を与えるつもりで到着し、生きていることが明らかにされています。ブラウスはアルミンとミカサをガビの元へ連れて行くが、ガビはコニーの計画を知って愕然とし、アルミンに「島の外の人間は死ぬ必要はない」とエレンを説得するように懇願する。そして、壁崩壊と同時にライナーの巨人の装甲が剥がされたことに言及する。それを聞いたアルミンは、アニの水晶も含め、巨人の硬化がすべて解けたことに気づく。

今すぐ進撃の巨人 The Final Season Part2のアニメを視聴する

第82話 夕焼け

あらすじ 2022年2月20日放送
ウォール・タイタンが夕日に向かって歩き出す中、トロスト区の人々は、ルンブルクによって引き起こされたエレンの作戦の犠牲と惨状について議論している。ヒッチは、クリスタルから解放され弱ったアニーを見つけ、憲兵団から逃がす手助けをする。アニはヒッチに、もう戦いたくない、マーリーの養父との再会を望むと告げます。彼は彼女を戦士として残酷に育てたが、娘のように扱わなかったことを後悔していると告白した。リベリオでは、レオンハート率いるエルディア人が、到着したランブルのことをマーリー人の護衛に説得しようとするが、聞く耳を持たず、レオンハートに喧嘩を売られる始末。シガンシナ区に戻ったシャディスは、イェーガー派が島を支配することを予見し、自分が粛清されることを予想するが、カデットにとりあえずついていくように忠告する。アルミンはコニーとファルコを追ってガビと共に出撃する準備をする。迷子のエレンを心配するミカサを怒るが、エルヴィンを蘇生させればよかったと謝る。その時、ミカサはスカーフがないことに気づく。一方、フロッシュは10ヶ月前にエレンから作戦を聞かされ、エレンがジークを操ることをずっと知っていたことを皆に明かします。そして、イェーガー派の協力を得て、新エルダ帝国への服従か死しかない現実を有志に突きつけ、後者はすぐに1人を射殺することで示した。そして、フロッシュはミカサとジャンに、ハンゲとリヴァイの死に触れながら、パラディの英雄として戦うことを諦めて引退するよう説得する。エンドクレジットでは、ファルコは今目覚めているが、コニーについて不快に思っているが、先日の戦いの記憶を失っている。ポストクレジットのシーンでは、廃墟となった壁の外で、ピエックとマガトが「ルンルン」について話し合っているところに、重傷のリヴァイを連れたハンジが声をかけてきます。

今すぐ進撃の巨人 The Final Season Part2のアニメを視聴する

第83話 矜持

あらすじ 2022年2月27日放送
追ってきたイェーガーを倒したハンゲは、森でキャンプを張り、リヴァイの傷を縫う。森の中で孤立した生活を送ることに疑問を感じていた二人は、エレンからエルディア人へのメッセージを受け取ります。その後、ピエックとマガトを見つけたハンゲとリヴァイは、リヴァイの目的であるジーク殺しを巡って、彼らに協力することを申し出る。コニーはファルコと共にラガコ村に到着し、最終的に少年を巨人の母に食べさせるために、ファルコに厄介な仕事を提案する。アルミンとガビに邪魔され、ファルコを巨人の口まで力づくで連れて行くが、絶望したアルミンが代わりに巨人の口に飛び込んでしまう。しかし、絶望したアルミンは巨人の口に飛び込み、コニーに救われ、母への思いを改める。一同はシガンシナに戻るが、そこで偶然アニと出会い、ヒッチを捨てて仲間になる。一方、ミカサはイェーガーに加わることを拒否し、致命傷と思われるルイーズからスカーフを回収する。フロッシュは、エルディア帝国への反逆として、自身とジャンがイエレーナとオニャンコポンを処刑する準備をする。オニャンコポンは、無駄に、世界を虐殺することがいかに非常識であるかJaegeristsと理由をしようとします。彼は自分を撃とうとしていたジャンに向かい、代わりに4発の弾丸を地面に撃ち込みます。これに応え、突如現れたピエックのカート巨人は、ジャン、エレナ、オニヤンコポンを捕らえ、合流したマガト、リヴァイ、ハンゲの元に連れて行く。同時にジャンの発砲を合図に、ミカサとコニー達も物資とアニーを連れて離脱。彼らはライナーと合流し、世界を救う使命を果たす。

今すぐ進撃の巨人 The Final Season Part2のアニメを視聴する

第84話 終末の夜

あらすじ 2022年3月6日放送
ジャンは確かな未来と妻子との幸せな生活を思い描いていた。そんな彼の前にハンゲが現れ、エレンの大量虐殺を阻止するために、ミカサと共に残りの調査兵団とマーレインに参加してほしいと頼む。ジャンは当初、ハンゲの申し出を拒んでいたが、マルコのことを思い出し、結局は承諾する。森のキャンプでは、マガトが調査兵団とどちらが先に紛争を起こしたかについて衝突し、誰が本当の「悪魔」なのかをめぐって激しい議論が交わされる。アニはミカサに、ゴロゴロを止めるようにエレンを説得できなければ、エレンを殺せるかどうかを問いただす。彼らは問題を介して戦うためにしようとしているが、その後、最初にエレンを尋ねるしようとすることに同意するものとします。一行がハンゲのシチューを食べる中、「始祖の巨人」にたどり着くための選択肢として飛空艇が浮上するが、エレンの行き先はまだ不明だった。自分にもわからないと言い張るエレナに、マガトとピークは、実はエレナがマーレインであり、「世界を救う」ために自分の経歴を偽ってジークと合流したことを明かす。それを聞いたイェレナは、ライナー、アニ、アルミン、ジャンに、ライナーがマルコを巨人に食べさせ、無双の発覚を防いだことなど、自分たちが同じ考えで行った行為を突きつけ、対抗する。ライナーがマルコの死を大げさに自虐したことに激怒したジャンは、ライナーに殴りかかるが、他のメンバーが割って入る。ガビはマーリーで家族を救うためにジャンの助けを請うが、彼は突っ立ってしまう。翌朝、ジャンが戻ってきて、彼らの同盟に参加することを承諾する。飛空艇に乗るため港に向かう彼は、ガビに謝るが、ライナーをまだ許せないと認める。ピエックは偵察に向かい、イェーガー派が港を支配していること、フロッシュが東清美を人質にしていることを突き止める。

今すぐ進撃の巨人 The Final Season Part2のアニメを視聴する

 

第85話 裏切り者

あらすじ 2022年3月13日放送
港に到着した同盟は、飛行艇を使ってエレンとゴロツキを追ってマーレーに向かうつもりだったが、その準備と飛行、整備にアズマビトとヒヅルの技術者が必要なことに気づく。心変わりしたマガトは、これからの戦いでエルディア人がかつての仲間を殺すことを免除しようとするが、アルミンは平和的解決を信じ、これを拒否する。アルミンとコニーは港に乗り込み、フロッシュにマーレインが海路で逃亡したこと、彼らを追うために飛行艇が必要であることを告げる。しかし、その船はイエーガーと一緒に爆薬で破壊され、サミュエルとダズが見張りに立っているのを発見する。最初はアルミンとコニーを疑っていたサミュエルとダズだが、やがて説得され、爆弾を解除することになる。しかし、フロッチはアルミンのハッタリを見破り、アズマビートと残りの技術者を殺そうとする。ミカサは建物に侵入して彼らを助け、ジャン、ハンゲ、マガトは一行を地下に誘導し、港にいる大量のイェーガーと総力戦を展開する。埠頭では、アルミンがダズの飛行艇の爆薬再装備を止めようとするが、サミュエルに撃たれてしまう。そこにライナーとアニが現れ、巨人に変身してイェーガーに襲いかかる。一方、埠頭に戻ったコニーとアルミンは、飛空艇の制御を巡ってサミュエルとダズと格闘し、最終的にコニーがかつての仲間を射殺してしまう。

今すぐ進撃の巨人 The Final Season Part2のアニメを視聴する

 

第86話 懐古

あらすじ 2022年3月20日放送予定
 

今すぐ進撃の巨人 The Final Season Part2のアニメを視聴する

 

進撃の巨人 The Final Season Part2のアニメの評判は?感想と見どころをレビュー

サンダー55さん 総合評価 10

このレビューには漫画のネタバレが含まれています。

進撃の巨人は、皆さんご存知の通り、最も影響力のあるアニメの1つです。このアニメは、一コマ一コマが芸術作品です。最初は良くても、シーズン数が増えるにつれて下降していくアニメがあります。しかし、「進撃の巨人」はシーズンを重ねるごとに、どんどん良くなっていくのです。

ストーリー。
プロットはいつも通り素晴らしいです。主人公のエレンの目的は、基本的に外界から悪魔のように描かれている民衆の自由です。自由のためにどこまでできるかが描かれています。欠点はほとんどなく、非常によくできた作品だと思います。また、展開の順序が絶妙で、見ている人をハラハラさせる。

サウンド。
OSTはオーケストラの傑作です。ヤギの澤野弘之はこのシーズンでも見逃さなかった。Ashes on fireは聴くたびに鳥肌が立つ。オープニングのRUMBLING RUMBLING ITS COMINGは、エピソードの始まりにふさわしい誇張されたソースだ。エンディングの「AKUMA NO KO」の歌詞は、この季節にぴったりです。直訳すると「この世界は残酷だけど、それでも僕は君を愛している。たとえ全てを犠牲にしても、君を守るよ “という意味です。

絵:
漫画に忠実なアートスタイルです。かなり素晴らしいです。MAPPAは前作に比べ、今シーズンは素晴らしいアニメーションを制作してくれました。このアニメのスタイルは、アニメの中のダークでゴアなテーマと合っています。

キャラクター
すべてのキャラクターがとてもよく書かれています。時々、誰が善で誰が悪かわからなくなることがあります。エレン、アルミン、ライナーなどは、特によくできたキャラクターだと思います。エレンとジークの兄弟としての関係は、複雑なものです。かなりよく書けています。ほぼすべてのキャラクターが、そのポテンシャルを発揮しています。彼らのバックストーリーの見せ方が素晴らしい。

:
ほとんどすべてのエピソードが楽しいです。テンポが良いので、退屈なエピソードはほとんどありません。すべてのエピソードが、すべてのフレームに満ちているサスペンスのために、もっともっと見たいと思わせてくれます。

総合的に10/10

 

ゲオ1さん 総合評価 10

進撃の巨人が復活したので、ぜひともレビューを書きたいと思いました。今期は130章で終わるので、この部分が一番いいところだと思います。

ストーリー 9,5/10 – 今のストーリーはピークに達しており、欠点はほとんどなく、エレンとジークがどのように世界を変えようとしているかがよくわかる。今までは、誰が勝つのか、など多くの疑問があった。今シーズンは視聴者にサスペンスをもたらし、特に非常に有名な「イエローナ・ステア」や前シーズンでも見られた「パス」など、かなりダークな内容になっています。

アート 9/10 – 「進撃の巨人」はキャラクターに関して特別なアートスタイルを持っておらず、彼らは普通に見える。とにかく、MAPPAは「進撃の巨人」を去年よりずっとうまくアニメ化しており、番組をより楽しいものにしている。

サウンド 10/10 – 新しいオープニングは、おそらくこれまでで最高のもので、かなり深みがあります。他のOSTも昔と変わらず神レベルです。進撃の巨人に関しては、あの誇大広告のような感覚が消えることはありません。

キャラクター 9/10 – エレンとジークを除いた他のキャラクターは、正直言って今まで通りです。しかし、エレンとジークは、非常に悪いことをしながらも、その行為が正しいと思っている古典的なアンチヒーローになりました(エレンはルルーシュ・ランペルージや夜神月に似ている)。

楽しさ10/10 – この部分の楽しさは、サスペンスであることと、進撃の巨人のバンガーであることから、10/10です。

総合 – 9,5/10 このシーズンは最高の部分をカバーし、史上最高の進撃の巨人のシーズンになるので。

フェンハイマーさん 総合評価 10

進撃の巨人のような地位に到達できるアニメはごくわずかであり、その偉業は何世代にもわたって賞賛されるでしょう。9年もの間、他のどの作品よりも優れていたこの作品は、アニメ界から退場し、偉大な作品の一つに数えられることでしょう。嫌われ者が藁にもすがる思いで不満点を補うように、「進撃の巨人」に心を奪われ、二度と体験できない旅に誘われた者は、厳粛に、しかし満足のいく別れを告げることになるだろう。もしあなたがアニメを気軽に見ていると思うのなら、「進撃の巨人」はあなたのウォッチリストに必ず入っているはずだ。

ストーリー: 9.5

終盤の物議を醸す章がなければ、このカテゴリーには簡単に10点をつけられるだろう。進撃の巨人のような深みのあるストーリーを持つ番組は、ここしばらくはないだろう。人類が裸の巨人から生還する話から、古代の能力で数千年以上戦ってきた国々の遺産をめぐる人種戦争まで、この番組は毎話少しずつ見せてくれる。シーズン1の最初の10エピソードで出てきた番組の基本的な部分は意図的なもので、基本的で陳腐なものであることを意図しています。諫山は、ゆっくりと、しかし確実に、この番組のレイヤーを与え、人々の興味を引きつけようとしたのです。世界の仕組みや機能がわかったと思ったら、次のシーズンの進撃の巨人ではそれを完全に払拭し、10倍以上の広大な世界を与えてくれたのです。進撃の巨人がたった78話で成し遂げたストーリーテリングの要素やつながった点の多さを表現できるアニメを、私はほとんど見たことがありません。もっと大きな番組なら、そのストーリーテリング能力に迫ることができますが、100話未満でこれほどまでにやり遂げた番組はないでしょう。進撃の巨人が読者に語る説明的な内容は、頭のいい人なら誰でも理解できるもので、その成功を楽しめないからこそ、憎むことを選ぶのです。進撃の巨人の全盛期の文章では、どの番組も足元にも及ばない。また、「Return To Shiganshina」は、私がこれまでに目撃した中で最も素晴らしいアークであり、どの番組のアークもそれに匹敵するものではありません。そして、「進撃の巨人The Final Season Part 2」で、アクション満載のフィナーレを迎えます。漫画の最終章がファンの間で真っ二つに割れ、物議を醸し始めたアークです。私は、MAPPAによるファイナル・シーズンの映画化と同様に、この作品に不満を持っています。しかし、それは私のこの番組の楽しみを奪うようなものではありません。私はすでにマンガを読んでいるので、エピソードの内容よりも、マンガをいかにうまく脚色しているかで判断しています。もっとこうすればよかったと思うエピソードもあれば、MAPPAが大成功を収めたと思うエピソードもある。MAPPAがこの伝説的なシリーズを最高の形で締めくくることができるかどうかは、時間が経ってみなければわからない。

アート:7

MAPPAは、そのアニメーションのスタイルとCGIの膨大な使用に関して、いくつかの論争を巻き起こしている。私はパート1のCGIよりはるかに優れていると自負しているが、手描きの方が常に優れている。スタジオに時間的な制約があり、それが製品の質の低さに反映されるようなことは決してあってはなりません。MAPPAは非常に堅実なスタジオだと思いますが、CGIはいくつかのフレームで粗く見え、戦闘シーンが非常に硬く、流動性がないように見えてしまいます。今後、CGIが多用されることは間違いないでしょうから、この点については心配です。

サウンド:8.5

ヘビーメタルの大ファンというわけではありませんが、オープニングはネタバレ満載ながら、その役目を果たしています。しかし、エンディングは美しい。そして、「Ashes Of Fire」以外の別のサウンドトラックを使用したことは評価できます。パート1では、あのOSTを毎回使っていましたからね。

キャラクター 9

エレン・イェーガーは、これまで作られた中で最も好きな主人公の一人です。少年漫画の主人公で、実際にキャラクターを成長させ、1インチの穴よりも深みのあるキャラクターがついに誕生しました。ほとんどの少年漫画の主人公は、キャラクターを成長させることができず、代わりに戦闘や強さを誇示することになり、キャラクターから遠ざかっています。エレンは、巨人を殺すことだけが目的の復讐に燃える子供から、誰も「敵」や「悪者」ではなく、自分の信じるもののために戦う2つの立場があることを理解するようになった。自分にしか見えない最終目標のために、殺すことを余儀なくされ、犠牲を払うことを余儀なくされる。誰もが尊敬し、その成長に感嘆すべきキャラクターなのです。新しい形や攻撃ではなく、キャラクターに焦点を当てることは、番組とそのキャラクターを発展させるはるかに良い方法です。もちろん、エレン以外にも、ジーク、ライナー、アルミン、リヴァイ、エルヴィン..挙げればキリがない。彼らはそれぞれ自分の居場所を持っていて、その役割を完璧にこなしています。5ページくらい分析できそうですが、今回は割愛します。素晴らしいショーを賞賛する素晴らしいキャラクターたちです。

楽しさ 10

進撃の巨人ほど、エピソードを見るのが楽しみな番組はないと思います。他のどの番組を見ても、最新エピソードを見るのはいつも二の次だった。進撃の巨人のエピソードがドロップされると、私はスケジュールを完全に空けて、それを最大限に楽しむようにしています。20分のエピソードが5分に感じられるほど、私を画面に引きつけるアニメは他にない。私は通常、毎週のエピソードが足かせとなり、番組の楽しみを奪っていると感じています。しかし、進撃の巨人ではそのようなことは一度もなく、むしろ見るのが待ち遠しくなるくらいです。こんなにワクワクする番組は初めてで、終わるのを見ると胸が痛くなりそうです。

総合評価:10

私が求めていた楽しみを提供してくれた進撃の巨人に感謝します。あなたは私の人生の中で、番組が到達すべき基準値として生き続けるでしょうし、あなたが放送されていたときにあなたを経験した多くの人々の一員であることを嬉しく思います。現代少年漫画の王様が最後のお辞儀をする、その姿を見るのがとても楽しみです。進撃の巨人は、これから何十年も何百年も語り継がれ、あらゆる媒体で作られた最高の番組の一つとして時の試練に耐えていくことでしょう。

フライデー11さん 総合評価 10

進撃の巨人というアニメは、愛、裏切り、友情、ファンタジー、ドラマ、犠牲など、ほとんどすべての要素を含んでいます。

ストーリー 10/10
今まで見た中で最高のストーリーです。すべてがお互いに関連していて、まるで鎖のようです。1話見るだけで、ストーリーに夢中になり、何が起こるのか知りたくなります。

アート&アニメーション 9/10
美術は素晴らしい、他のアニメは色を使いすぎているが、AOTはもっと違う、もっと現実的な環境と色だ。
2Dと3Dが混在していますが、3Dの部分が素晴らしく、ある時点からほとんど違いがわからなくなりました。
多くの人がウィットスタジオと比較しているのは知っているが、アニメ化されたマッパに感謝する必要がある。

サウンド 10/10
特に今期は、EDとOPが物語の始まりと終わりに合わせて、2種類の言語が用意されており、マッパのファンへの配慮が感じられる。

キャラクター 10点
進撃の巨人のすべてのキャラクターは、他の多くのアニメでは見つけることが困難な、独自の未来と個性を持っています。すべてのキャラクターは、人生に対する独自のイデオロギーを持っており、現実の生活のように、目標や夢を達成するためにそれぞれの役割を演じています。

楽しさ 10/10
私は日曜日ですが、朝起きると進撃の巨人が目に入ります。放送されるまで一日中そのことを考えています。その20分を見るのが一日の最高の楽しみです。音楽、オープニング、BGM、感動に震えます。

総合評価 10/10
.

グリーングリさん 総合評価 7

最終シーズンの「進撃の巨人」は、お決まりのテーマを面白味のない形で演じ、各キャラクターの立場への共感を視聴者に訴え、古典的でありながら魅力的な暴力の力を特徴として、前に進むかどうかを自問自答し続けています。私は正直なところ、「進撃の巨人」はSeason3 Part2、Season4でいくつかの失敗をした後、方向性を見失ったアニメであるとも思っている。とはいえ、今シーズンの進撃は前作のひどい演出を修正できるのだろうか?私は「ノー」と言いたいが、このアニメはアドレナリンを素早く放出させるために見る価値がある。

しかし、私は「進撃の巨人」を、誇大広告の作品、ショー、暴力がいかに美しくなりうるかについてのファンタスティックな視点、叙事詩、謎、反逆、戦争は人生、といった類のものとして見ています。人が破壊され、食べられ、障害を負い、そのすべてが一瞬で、優雅に、輝いて、まるでジェットコースターや遊園地にいるような、純粋なエンターテインメントなんです。そしてそれは、このシーズンも、他のシーズンも、戦いの理由についての探究に他ならないからです。作者が戦いを愛しているからです。暴力は極端で、醜く、アドレナリンで煽られ、印象的で、魅力的で、タブーだからです。エレンやミカサと一緒にコーヒーを飲んだらどうなるのか、テーマや目的、居場所を示しているのに、ガビやライナーなど一部のキャラクターを除いて、人間味を感じないのです(テーマを展開するために、他の面でキャラクターを育てる時間がないのが特徴だとも言えますが、多くのアニメは実際の文章の質によってその両方を行っています)。そしてそれは、「進撃の巨人」のパターンであり、どのキャラクターも、戦う理由が明確でないため、背景の部分では人間味を感じ、それ以降は漫画的な姿にしかならない。さて、ここからは明らかに逸脱しているのですが、今シーズンに当てはめるとどうでしょうか?

第4シーズンでは、2つの事実上の道筋に入り、どちらも大量虐殺と大量殺戮につながりました。アニメで大量虐殺を描くのはいいのですが、なぜ他に現実的な選択肢がないのでしょうか?第2話でガビが「彼らは悪魔ではなく人間だった」と、世界を人種差別から救い、かなり無意味な発言をしましたが、双方が人間であるなら、どうして共通項を見出せないのでしょうか?どうして両者はその短所を超えられないのか?何か問題があるのだろうか?現実には、戦争は不必要なもので、そこに自然も必然もない。ならばこのバイアスの根源はどこにあるのだろうか。それを理解するためには、2つの問題を取り上げる必要がある。ひとつは、この時点で広く知られているパターンだが、諫山は登場人物が好きすぎて、そのために物語の物語性が大きく損なわれていることである。このアニメの第二の問題は、人間の本質がホッブズの思考に偏っており、この種の対立に対する唯一の解決策として、シーズン3から現在に至るまで、全体主義に訴えていることである。この考えは、フーコーが提示したように、自身の進化の利点にさえ反する、社会にとって何の役にも立たない、世界に関する醜い概念につながるものであり、議論を呼ぶものである。このような思考は、対話は美しいが、暴力は道であるという明確な状態を掘り下げ、それがこの種のフィクションに有効である。世界はそれゆえ二項対立であり、その演劇的な演技の間に敵や味方を演じるのが善人であっても、敵は醜悪ではなく、純粋な状況によって敵であるにすぎない、自分の命を守ろうとしないか。両方の思想と戦闘の探求を混ぜ合わせると、エレンには何か救いがあるはずだから、パラディから見た大量虐殺の思想にも救いがあるはずで、大量虐殺の思想には救いがあるはずだから、妄想の薄いベールで世界を描くべきで、我々の日常にリアルに奉仕しないファンタジー政治学が、世界を理解する方法として描かれた、どこか危険な視点なのだ。このシリーズでは、次の世代が暴力に苦しまないように、私たちは暴力を見過ごしてそれを捨てなければならないと常に語っています。この言説は、真空中では素晴らしいものですが、大衆へのメッセージとして機能するだけで、構築された世界の内部で機能する声明として機能するものではありません。

このパントマイムを作る上での問題は、本来深刻であるはずのことが、次々と簡単に笑い話に発展してしまうことだ。なぜなら、人の思考はその環境の政治と関係があり、「進撃の巨人」の政治は滑稽だからだ。アルミンの演説、ガビの思考、イェレナの声、世界そのものがまったく複雑ではないのに、すべてがうまくいかない、後から考えればわかることなのに、深みはなく、パラノイアが響いているのです。最悪なのは、そうした問題の解決策が、この物語にもっと料理する時間を与えたり、登場人物の自拠点防衛をより不完全なものにしただけだったことだ。ファンフィクと実話の中間にあるような物語で、ファンは欲しいものを手に入れ、物語自体が最初から誰が生き残り、誰が死ぬかを決めてしまっては賭け事の意味がなく、可能性は極端に減り、インパクトは人工的で、どのキャラクターを殺す理由も自然進化ではなく、インパクトを求めての決断であることが分かるので、それが悔しいのです。表現がリアルで見ていて吐き気を催すこともある、というのは私の視点を軽視していることになりますが、読みは読みですし、それはレビューの域を超えています。

さて、今シーズンに向けて。今期のテンポの良さには疑問が残るが、それは「進撃の巨人」の常としてある問題である。このアニメの問題は、前にも述べたように、大して面白くもないキャラクターで盛り上げ、強くない言葉で長々と演説し、そして、衝撃に次ぐ衝撃、ひねりに次ぐひねりで、本格的なアクションで全てを開放してしまうことにあるのだ。これがこのアニメの救いである。問題は、MAPPAの脚色がWITのようにダイナミックではなく、ずっと硬質な戦い、PS2のゲームに出てくるような巨人、視覚的に退屈な会話、不必要なショットなどに発展していることです。それでもインパクトのあるシーンや目を引くシーンもあり、第3話のシークエンスは丸乗りでした。これは、制作期間がもっと長ければもっと良くなったという事実と、見る価値のあるシーンを手で数えて、リソース配分としてもっと良い扱いを受けるであろうシークエンスであることを表しています。また、今期の象徴や台詞は重箱の隅をつつくようなものですが、私はそこまで言いません。結局、アニメの目的は、本格的に分析して読まなければならないものを作ることではなく、一般人が簡単に消化でき、技術的なことで大衆を感動させることができるものを作ることなのですから。

結論は言うと、もしあなたが前シーズンが好きでないなら、今シーズンの始まりは、救いもあれば、非常に退屈な部分もあるでしょうし、前シーズンが好きなら、このシリーズが好きなのだから、そんなことはどうでもいいのです。このアニメの良いところは、エッジの効いた暴力的な面白さを、アニメを通してアピールし続けていることで、ここまで深く入り込めば、それを楽しむことができますし、楽しむべきです。

ソトクエジさん 総合評価 10

進撃の巨人は、物語を通してその優位性を維持し、本質的に無垢である優れた資質の傑出した、比類のないアニメです。物語を語る上で間違いがない。物語がスクリーン上で扱われる最も理想的な方法です。進撃の巨人は疑いなく最高のアニメではないが、どんな時点でも最高のアート/アミューズメント作品である。近い将来、どのアニメも進撃の巨人に取って代わることはないだろう。進撃の巨人には、無駄な時間が一度もなく、退屈な時間が一度もありません。基本的なプロットから脱線した演技は一度もない。進撃の巨人はその主題とメッセージから決して逸脱していません。進撃の巨人は、並外れた怪物的なキャラクター集団と驚くべきアニメーション、そしておそらくは記録されたどの時点のアニメでも最高の瞬間を誇示しています。

スターラバーさん 総合評価 5

この「進撃の巨人」の最終シーズンは、かつてシリーズが持っていた可能性と期待のほとんどを浪費してしまうことになった。

また、”崖っぷち “であることを強調した。しかし、その転換が正当化されるためには、新しい物語が前の物語よりも良くなければならない。しかし、「進撃の巨人」の最終シーズンはそうではありません。最初の前提を窓から投げ捨て、より弱いストーリーに置き換えているのです。

シーズン4では、主人公とすべての派閥の動機に急激な変化がもたらされた。トーンダウンし、ほとんど説明されていないだけでなく、他の多くのキャラクターから目的とキャラクターアークを奪っている。メインキャストは、本質的に新しい、弱いストーリーの下に無意味に埋没してしまうのです。

主犯はエレンです。彼は一夜にして、巨人に対する正当な憎しみを持つ、明るい目をした少年主人公から、巨人族を崇拝する少年ヒトラーの化身へと変貌を遂げた。新伝説では説明されているが、心理的には全く説明されていない変貌である。エレンが180度変わったのは突然で、以前のエレンを消し去り、正反対の人物に置き換えたのだ。これは人格形成ではない。これはキャラクターの暗殺だ。

ミカサとエレンの特別で過保護な関係?エレンがもう一人の人間でありかつての仲間を見下し罵倒する存在である以上それはない ミカサのキャラクター性の核である意味ある関係を奪われたミカサは、発言も行動も少なく、静的で淡々としたキャラクターになってしまった。同様に、アルミンも親友のために頭脳や共感力を発揮することができなくなり、無意味なキャラクターになってしまいました。

ヒストリアは?彼女はもう何をしているんだ?(パラディスの女王はもう重要ではないのです。パラディ王国とその城壁内の政治はもう重要ではありませんから。パラディスは単に物語から取り残されるだけです。

しかし、敵役として登場したマーリー帝国も、最後のアークではほとんど重要ではありません。マーリーの新しいキャラクター、政治、軍人は重要ではありません。なぜか?最終的な敵役は、巨人でもマーリーでもなく、エレンの意味不明な大量虐殺計画であることが判明したからだ。これでは、ただの杜撰で雑な文章だ。

他にも、登場人物やプロットが分からなくなるなど、挙げればキリがないほどです。つまり、場所、ストーリー、派閥の急激な変化により、旧来のキャラクターが確立した意味や目標を奪われ、全く新しいストーリーの中で感情の空白の中で行動しているのです。エレンが人種差別と戦うという、まったく新しい物語です。単体でも良かったが、「進撃の巨人」の原点である、肉弾戦の舞台で巨人と生き残りをかけて戦い、彼らの秘密を暴くという魅力的なキャストとの再接続に完全に失敗した物語。

ミカサ、ライナー、リヴァイ、アルミンが同じ名前、同じ武器を持っていても、もう見分けがつかなくなった。これが、前提の6割を捨てたり置き換えたりした、この番組の代償なのです。

では疑問の多い脚本によって、『進撃の巨人』の最終シーズンは見るに耐えないものになったのでしょうか?そうでもありません。少なくとも、初期設定の良さはまだ残っている。進撃の巨人The Final Season Part2のストーリーは、オリジナルのものよりもはるかに劣っているものの、それでも悪くはないのです。映像演出は相変わらず素晴らしいし、今回のアニメーションもそうだ。(ただし、サウンドトラックは中途半端で、私の好みとしては、以前のシーズンの方が良かった)。特殊装備の人間と変身した巨人の痛快なバトルが、これまで以上に壮大なスケールで繰り広げられる。見た目もカッコいい。

最終シーズンでは、「進撃の巨人」を一般的な超大作アクション映画にしてしまった。私にとっては、それは残念な終わり方だ。進撃の巨人は、かつてもっと偉大だった番組である。視覚効果だけでなく、ドラマの完成度、ひねり、巨人の背後にある魅惑的なミステリーによって。

進撃の巨人」は素晴らしいシーズン3の後、下降線をたどり、期待はずれで拍子抜けするような形で終わってしまった。進撃の巨人万歳。

ガスター100さん 総合評価 10

さて、第1話から私の点数は10点です。しかし、私の10点は今シーズンのためではなく、9年間「進撃の巨人」を見続け、このアニメが私に与えてくれたすべての楽しみのためです。そして、この傑作を作った諫山創に心から感謝しています。何年経っても、今と同じように楽しくオープニングを歌いたいと思います。ただ一つ違うのは、ノスタルジーがより強くなることですXD

しずえさん 総合評価 10

進撃の巨人は変わらず、その卓越したストーリー展開に無関係な部分はなく、完璧なストーリー展開です。

このアニメは、エンディングとオープニングで重要な出来事を示す、史上最高の伏線を持っていると私は結論付けることができます。

今のところ、マンガのストーリーに沿ってアニメーターが進行しているので、最近のエピソードで起こった悪いことはありません。

諫山は確かにろくでなしですが、マッパはこれまでのアニメを殺してしまいました。昔のS4の失敗を編集して、完璧なソフトニングに置き換えています。

今のところ、このアニメに10点満点です。

期待せず、美しいエンディングを迎えましょう。

ジョセフさん 総合評価 10

この進撃の巨人The Final Season Part2の後半は、史上最高のアークの一つとして語り継がれるでしょう。
このような、”萌え “を追求した作品に出会えるのは、本当に嬉しい限りです。このアニメは、アニメーションの質、音質、プロットとその興奮のすべてがここにある。
この後半のマッパのテイクが大好きです。アニメーションの質も以前とは比較にならないほど向上しています。
巨人のCGIもほとんど目立たなくなった。
STORY
10/10彼らはここで少し変更を加え、イースターエッグを追加している。

アート
10/10
前半より良くなっている。タイタンは非常に流動的で、OPとEDのアートスタイルも素晴らしい。

サウンド
10/10
いつもながら、最高というか、燃え上がるようなサウンドです。

キャラクター
10/10

この番組では、キャラクターがいろいろなことを証明してくれています。
ジークとエレンは今ポイントになっている。彼らは終盤にきている

楽しみ方
10/10
この作品は、紹介されたときからずっと楽しんで見ています。
当時、私の友人は誰も見ていませんでしたが、今では全員がこの作品に熱中しています。

総合評価
10/10
他の人の意見で、自分の楽しみが損なわれるのは嫌だ。
これは、このシリーズに対する私の考えです。

サイバー屋さん 総合評価 10

進撃の巨人は最高のアニメの1つです。このアニメは、ストーリー、アクション、ドラマ、ファンタジー、ミステリー、ロマンス、すべてが揃っています。終わってしまうのは悲しいですが、終わってしまったことを喜ばないといけませんね。

シンプルで短い。

ストーリーは全体的に優れていて、あの素晴らしいミステリーとサスペンスを維持しながら、十分な内容を伝えている。また、巨大なクライマックスもある。最初は無邪気で軽かったのが、だんだん大きくなって、今に至っているのは、見ていてとても美しいです。

サウンドも素晴らしいし、オープニングとエンディングも傑作です。声優も素晴らしい。

美術も十分で、シーズンを重ねるごとに良くなっている。アートスタイルも漫画に忠実です。美しいが、暗い瞬間もある。

キャラクターも素晴らしく、それぞれのキャラクターに個性があり、とてもよく書けています。

進撃の巨人のテンポの良さ、退屈なエピソードのなさなど、楽しめないわけがありません。多くのアニメを見てきましたが、進撃の巨人は私にとって特別な存在です。私は作家でも評論家でもありませんが、この偉大な傑作のためにレビューを書かなければならなかったのです。

総合的に判断して。10/10 あまりにも素晴らしい。絶対に見るべき作品です。

ザップさん 総合評価 10

多くのエピソードが中レベルのアニメーションとお粗末な選択でしたが、とにかく原作が良かったので、10点満点です。

諫山氏は、クライマックスの始まりだったのに、なぜこんなに早くシリーズを終わらせたのでしょうか。

ハロー33さん 総合評価 10

聖なる最終回、実は狂気だった。ここが進撃の巨人の一番いいところ。特に一番好きなエピソードは、パート2の5話です。

ストーリー 10/10: シーズン4パート2は、とても素晴らしいストーリーだった。前作の紆余曲折から今作の集大成に至るまで、ただただ驚かされるばかりです。

美術 8.5/10:CGIは時々不安定に見えることがありますが、シーズン4パート2は、ほぼ2Dに見えるシーズン4パート1よりアップグレードしていると思います。最近のエピソードでは、MAPPAが全予算を注ぎ込んで作っただけあって、その価値は十分にあったと思います。今まで見た中で最もクールな変身シーンでした。

サウンド 10/10:OSTは素晴らしいですし、彼らはすべての壮大な、悲しい、または恐ろしい音。OPは素晴らしく、エレンのキャラクターのトーンに合っている。EDは、顎が外れるほど美しい映像で、とても感情的で、全番組の中で一番好きなEDです。

キャラクター 10/10:全てのキャラクターが何らかの形で深く掘り下げられている。エレン、ジーク、グリシャ、ライナーのような人々は、大規模なキャラクターの成長を遂げ、旧調査兵団はそのルーツにこだわり、本当に全く変わっていないことを示しました。ポルコのような脇役も、良いキャラクター性を持っていました。兄が本当に自分を愛し、守ってくれていたことを知り、自分自身に安らぎを覚えます。

楽しさ10/10:つまり、これは私の最初のアニメの1つであり、私にとって常に10/10でありたいと思います。

総合評価:10/10

シュルカープレイさん 総合評価 10

進撃の巨人は傑作であり、全く違う次元のものです。このような素晴らしい作品に出会えたことは、本当に幸せでした。このアニメは、本当に、いろいろなアニメの中でも、ひねりのあるストーリーで、際立っています。最初から、小さな檻の中にいるような感じで、文字通り脱出不可能で、ここにいるような感じです。すべてに意味があり、初めて見たときは、文字通り頭を過ぎりました。進撃の巨人はS級シリーズであり続け、永遠にあり続けるでしょう。

 

タイタンニックさん 総合評価 10

このレビューの最初に、私の意見は、より多くのエピソードが出て、物語が完結するにつれて変わる可能性があることを述べておきます。

私はこの番組を嫌いになろうと頑張りました。最終シーズンに向けて、嫌いになる理由を探そうとした。そんな私のネガティブな考えとは裏腹に、この番組は私を虜にしました。進撃の巨人The Final Season Part2は、見事なアニメーション、素晴らしい音声、そして登場人物の相互作用が唯一の原動力である創造的で説得力のあるストーリーが完璧に融合されている。
この物語は、古代の悪と生き残るために戦うというものではありません。真の善と真の悪が存在するわけでもない。登場人物のトラウマに対応するように形成された理想がぶつかり合うのです。この物語が最終的に成功するかどうかはまだわからないが、今の進撃の巨人は、今のメディア状況下では非常に珍しい、何か違うことをやろうとしているし、言おうとしているのである。

この番組は、そうでないことが証明されるまでは、傑作だと思う。

円高さん 総合評価 9

マッパはパート1より良い仕事をした。

シーズン1からこの最終シーズンまで、相変わらずストーリー最高。相変わらずのゾクゾク感。

美術は、前シーズンのパート1よりずっと良くなっています。一部のCGIは少しおかしいように見えますが、パート1のCGIに関するファンの批判を確実に聞き入れています。各キャラクターの感情、巨人、建物などのディテールはいつも通り素晴らしいです。特に最新のエピソードは。漫画で読むのとアニメで見るのでは、全然違う感じです。

オープニングからエンディングまで、とても好きなサウンドです。BGMも楽しくて、BGMを聴くと雰囲気が伝わってきます。

シーズンごとにキャラクターが変わるのも、2拍子揃っています。アニメだけのファンにとっては、どれが主人公でどれが敵かわからなくなるはずです。作画と音響で、各キャラクターに深みを与えている。

全体的に、今シーズンのベストアニメの1つであり、おそらくシーズン3の進撃の巨人に勝ると思います。エンディングの変更に期待しています。

ミニフリーザさん 総合評価 5

良い点(私見)

– CGIがパート1に比べて向上している。
– いくつかのシーンで、面白い視点がありました。

悪い点(個人的な意見ですが).

– フレームが細かすぎる。
– OSTが悪い。
– キャラクターやストーリーのつまらなさ。
– 色彩のパレットが本当に楽しくない。

まとめ : 普通。他に見るものがないならいいけど、そんなもんでしょう。

このアニメの感想は、WITの扱い方が良かったけど、ストーリーは豊かで、キャラクターは発展して深くなり、OSTは壮大だった。

 

ラン4ラブさん 総合評価:2

このレビューにはネタバレが含まれます。

私は進撃の巨人のファンですが、第1シーズンを見ていて感じたのは、ストーリーを通して鳥肌が立つということです。また、この作品には、素晴らしい雰囲気とサウンドトラックが使用されています。しかし、この最終シーズンでは、すべてがめちゃくちゃになってしまった。

ストーリー 7/10
ストーリーについては、漫画が原作なので、あまり言うことはない。気に入らないのは、タイムスリップで、エレンの性格の変化が見られないことです。今まで幼稚だったエレンが、狂気の男になってしまう。でも、全体的には良い作品だと思います。

アート 1/10
美術は本当にひどい。CGIの巨人はいいとして、もっとひどいのはアニメーションと撮影アングルだ。例えば、シーズン3でリヴァイがジークを倒すシーンでは、アニメーションは実に滑らかで、ショットのアングルも壮大なものだった。4では、リヴァイが巨人になった仲間を皆殺しにしてジークを追いかけるという、本来ならとても壮大なシーンなのですが、MAPPAはそれをうまくアニメートできず、マンガを参照しすぎています。

リヴァイの顔が不細工になったり、ミカサが男みたいになっていたり、エレナの表情がめちゃくちゃになっていたり、その他にもいろいろとあります。また、シーズン4のキャラクターアニメーションは非常に雑で、特にキャラクターがあまり動かないと、変な感じになり、顔が左右対称でなく、体も不釣り合いになってしまうのです。

サウンド 1/10
サウンドトラックは本当に残念です。全く鳥肌が立たない。音楽を雰囲気作りに使うのではなく、ただ背景音を埋めるだけでそれ以上のものはない。私が知っている進撃の巨人ではなく、音にこだわらない普通のアニメを見ているような気がします。

巨匠澤野弘之のサントラはどこに行ったのだろう。音楽監督は何もせず、それでも給料をもらっている。

キャラクター 1/10
目を大きく見開きながら口をつぐむことしかできない登場人物ばかり。なんともふざけた話だ。

楽しさ1/10
進撃の巨人シーズン4は全く楽しめません。アニメの出来が悪い、サントラが悪い、シーンが悪い、エピソードのカットが悪い、すべてが悪い。特に前のシーズンと比べてしまうと。特に10話のカット割りはひどすぎる。

総合評価 2/10

進撃の巨人ファイナルシーズンの最大の弱点=雰囲気作りです。例えば、ライナーとベルトルトが巨人として捕まった時、旗が落ちて「カチャカチャカチャ」と音がして、沈黙…その後に音声が続くシーンがある。あれは壮観でしたね。あの旗が落ちるシーンは、漫画からではなく、WITスタジオの創意工夫から生まれたものです。

また、森の中でアニがエレンを追いかけるシーン、リヴァイ対ケニーのシーン、そしてエレンが巨人化してアニと戦おうとして木に刺されるシーン、これらのシーンはすべてWITスタジオの素晴らしい制作と非常に優れたサウンドトラックによって実現されています。そのおかげで、クライマックスに至る雰囲気の展開がとても素晴らしくなっているのです そして、進撃の巨人を手がけるWITスタジオがいかに天才的であるかということが、これでよくわかりました。残念ながら、MAPPAは予算は多いがクオリティは最悪で、クリエイティビティには無頓着なスタジオです。

ミズノウェブライダーさん 総合評価 4

明らかにネタバレ

進撃の巨人のストーリーは、ますますめちゃくちゃになり続けています。シーズン3のラストで、エレンは父親の写真を見て突然脳に記憶を押し込まれるという洗脳のようなくだりがあったが、シーズン4では正式にタイムトラベルが加わった。その結果は?エレンは自分の望む結果を得るために自分を洗脳したようだ。問題は、エレンがその結果を望んでいるのは、洗脳された自分自身のせいだということだ。つまり、エレンは自分自身を創り出し、祖父のパラドックスに陥ったのである。このことは、エレンがジークを裏切り、ジークがエレンを裏切り、エレンがユミルに裏切り、ユミルはエレンが主人公の力を使った「トークの術」(超有効!)のためにユミルに裏切られるという、おかしな一連の出来事で明らかにされた。

しかし、この時点で誰が本当に気にしますか?巨人の攻撃は、各エピソードの99%が、視聴者がこの大混乱のストーリーについていけるよう、説明と解説を吐き出すことに費やされ、視聴者は、この間にお気に入りのキャラクターが一言でもしゃべれば満足できるほど、複雑な状況にまで達しているのです。進撃の巨人の視聴体験は、ファンサイトのwikiページをたくさん読めば、簡単に再現できるのです。

進撃の巨人の唯一の救いは、主にビジュアルとサウンドトラックを中心としたプレゼンテーションでしたが、シーズン4、つまり基本的にマッパが引き継いだ時点で、凡庸さへと深く潜ってしまいました。進撃の巨人 The Final Season Part2は、特に巨人の3Dモデルなど、シーズン4.1よりは良く見えますが、それでもシーズン1や2に比べたら全然ですし、シーズン4になってからは、アクションが全く面白くなくなったとさえ言えるでしょう。しかし、アクションの面白さがまだあまり出ていないので、ストーリーやキャラクターと違って、この分野は今シーズンがまだ輝ける分野だと言えるでしょう。

第6話:このエピソードでは、あまり重要なことは起こりませんでした。コニーがちょっとバカになり、早く終わることを願うサイドクエストで筋書きを引き延ばすことにしました。
また、「シーズン1で死ぬべきだった」アニー・レオンハートのカムバックもあり、物語がほぼ終わった今、彼女はきっと多くの貢献をすることでしょう。少なくとも、アルミン×アニのシッパーは、1、2シーンは出てくるんじゃないでしょうか。
最後に、ガビがかつてサシャが助けた金髪の少女の命を救うという、素晴らしいガビの救済シーンがありました。かなり強引ですが。。
それ以外には、目立ったことは何も起こらなかった。このエピソードは、設定の問題点をかなりよく示していた。このエピソードは、設定の問題点をかなりよく表しています。「ゴロゴロ」は、私たちが気にかけるキャラクターには影響を与えません。エレンが自分の仕事をしている間、我々が気になる副キャストは、エレンが制御しているはずなのに、なぜかまだ歩き回っている冗長な小型巨人との戦いに取り残されています。おそらく、今後のエピソードで明らかにされるでしょう。

第7話:あまり重要なことは起こらなかった…まただ。アニは10分間、まるでそれが重要であるかのように自分の背景について独白し、アルミンは自分が参加している物語に嫌悪感を示している。”僕が何をしようと、僕らが書くコンパクトな言い訳の歴史に残るんだ。” まるで、この瞬間に諫山がアルミンとして自己挿入しているかのようだ。唯一嬉しかったのは、最後にハンゲがさりげなくピエックのところに入ってきて、おそらくリヴァイと一緒にエムに入れないか、と言っているところです。もしかしたら、次のエピソードでは、最もアンチクライマックスな巨人の地ならしを見続けることになるのではなく、何らかの進展が見られるかもしれませんね。

第8話:最後の準備の回。結局のところ、コニーの母親の件は、アルミンたちがアニと会うための口実にすぎませんでした。フロッグの対処法もうまくいけば終わるでしょう。ジャンが「全ては計画通り」と言いながら、実は正気を失っていたのは明らかな赤信号でしたから。結局のところヒーローはすでに画面の外でマーレの戦士と力を合わせています。
こうして、終盤のチームは完成した。ミカサ、アルミン、ジャン、ハンゲ、リヴァイ、ライナー、アニ、ピエック、ガビ、ファルコ、コニー、そしてイェレナ、黒子などのフィラー/大砲の餌となるキャラクターたちです。
設定は非常に典型的で、エレンがおかしくなったことで、それまで敵対していたすべての関係者が手を組むことになります。そのため、エレンは物語の道徳的な側面において、一種のスケープゴートとして機能します。双方に理由がある対立をどう解決するかという灰色の道徳問題は放棄され、無意味に世界を滅ぼそうとするスケープゴートの悪魔(エレン)と戦うことが優先されているのだ。その結果、この番組が最後に残していた道徳的な曖昧ささえも放棄されてしまった。

ナックルズオフィシャルさん 総合評価 1

進撃の巨人の良さは何でしょうか?この番組を作っている人たちは、明らかにこのことを忘れていて、全く違う、そして全く楽しめないものを作ってしまった。進撃の巨人は、謎の要素があるうちがよかったのです。人間vs.理解しきれない敵という構図が、人間を恐ろしくしていた。エレンの「巨人を駆逐して人類を解放したい」という思いが、物語を盛り上げたのです 巨人という明確な悪を作り出し、それを滅ぼしたいという、自由を求める男らしい内なる欲望と共鳴している。素晴らしいアクション、素晴らしいキャラクター、そして全体的に素晴らしい体験を視聴者に与えてくれました。最終シーズンは、文字通りこれを排除し、ただ精神を病んだ男対世界という、愚かなリベラル派のおべんちゃらを見せてくれるのである。これは最悪だ。エルヴィンが最終回前に復活して皆殺しにしてくれればいいのに。進撃の巨人は過大広告のゴミで、最終シーズンは文字通り私の人生を台無しにした。