その着せ替え人形は恋をするのアニメ動画を全話無料フル視聴する方法!見逃し配信サービスまとめ

引用元:dアニメストア

\その着せ替え人形は恋をするを無料視聴するならココ!/

配信サービス 配信状況 無料期間とポイント 月額料金
danimedアニメストア
見放題
地上波同時・単独最速配信
31日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
440円

※月額料金は全て税込。2022年2月時点。

 

 

放送 2022年1月8日~
地上波ch TOKYO MXなど
放送日 毎週土曜日24時00分~
話数 放送中
制作会社 CloverWorks
監督 篠原啓輔
登場人物:声優 喜多川海夢:直田姫奈/五条新菜:石毛翔弥/乾紗寿叶:種﨑敦美/乾心寿:羊宮妃那/五条薫:斧アツシ
主題歌 オープニングテーマop「燦々デイズ」スピラ・スピカ

エンディングテーマed「恋ノ行方」あかせあかり

公式サイト 「その着せ替え人形は恋をする」|アニメ公式サイト
シリーズ/関連作品 原作:福田晋一 「ヤングガンガン」(スクウェア・エニックス)

その着せ替え人形は恋をするのあらすじ

五條新菜(ごじょうわかな)は、ひな人形職人になることを夢見る高校1年生。1学期のある日、学校の裁縫室でひな人形の衣装を作っているところを、人気者の同級生・喜多川海夢(きたがわまりん)に見られてしまう。以前からコスプレをしたいと思っていて、新菜の裁縫の腕前を見ていたマリンは、自分が憧れているゲームのキャラクターの衣装を作るように頼む。人並みの衣装を作った経験のない新菜だが、マリンの粘り強さに感化され、作ることを承諾する。

 

TVアニメ[その着せ替え人形は恋をする]PV

その着せ替え人形は恋をするの動画を無料視聴できる配信サイト比較一覧

\その着せ替え人形は恋をするを配信中のおすすめサービス!/

配信サービス 配信状況 無料期間とポイント 月額料金
danimedアニメストア
見放題
地上波同時・最速配信
31日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
440円
primevideoAmazonプライムビデオ
 見放題
30日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
500円
unextU-NEXT 見放題
31日間無料
600ポイント今すぐ視聴
2,189円
fodFODプレミアム 見放題
14日間無料
900ポイント今すぐ視聴
976円
abemaABEMA
見放題
14日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
960円
huluHulu
 見放題
14日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
1,026円
telasaTELASA
 見放題
15日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
618円
netflixNetflix

見放題

無料期間なし
ポイントなし今すぐ視聴
990円
musicjpmusic.jp

レンタル

30日間無料
1,600ポイント今すぐ視聴
1,958円
dtvdTV

未配信

31日間無料
ポイントなし未配信
550円
paraviParavi

未配信

14日間無料
ポイントなし未配信
1,017円
tsutayaTSUTAYA DISCAS

未配信

30日間無料
ポイントなし未配信
2,052円
crankinクランクイン!ビデオ

未配信

無料期間なし
3000ポイント未配信
990円

※月額料金は全て税込。また付与されるポイントは無料期間中のものになります。

 

dアニメストアお試し期間を利用すれば[その着せ替え人形は恋をする]の動画を全話無料視聴できます。

その着せ替え人形は恋をするもそうでしたがdアニメストアは先行配信が多く、おすすめの配信サービスです。

dアニメストアの特長一覧表
dアニメストアの特長一覧表

danime 月額料金:440円(無料期間終了後に課金開始)
無料期間:31日間
解約料金:0円
アニメ専門の動画配信サービス
アニメ作品数:約4,200作品以上
【dアニメストアの5つの特⻑】

    • アニメに特化したの動画配信サービスで、アニメの見放題数は業界1位
    • 月額料金が安い!
    • ダウンロードして場所を問わずアニメが楽しめる!
    • アニソンライブの配信も多い
    • 新作アニメの独占先行配信も多い!

 

その着せ替え人形は恋をするのアニメ動画をYouTubeなどの動画共有サイトで視聴する方法は?

YouTubeなどを含む海外の動画共有サイトでは非公式にアニメのその着せ替え人形は恋をするが配信されていて無料で視聴できる動画もありますが、画質が悪かったり、余計な広告が出てくる場合もあります。

注意:海外の動画共有サイトからアニメをダウンロードしたり視聴する方法は違法で危険!

海外の動画共有サイトを利用してアニメを視聴する方法はウィルスに感染するなどのリスクは当然つきまといます。

さらに2020年から法律が厳しくなったので海外の動画共有サイトを利用してアニメを視聴していると違法になり処罰される可能性が高くなります。

なので動画配信サービスの無料のお試し期間やポイントを利用して安全に安心して、全話無料でフル視聴しましょう!

中でもその着せ替え人形は恋をするはdアニメストアであれば通常、月額440円ですが登録して最初の1ヶ月は完全無料で全話フル視聴ができるのでおすすめです!

 

\登録はこちらから!/

dアニメストアで「その着せ替え人形は恋をする」の動画を無料視聴する

その着せ替え人形は恋をするの登場人物の紹介

喜多川海夢(きたがわ まりん)
声優: 直田姫奈

外向的な性格のギャル風美少女で、若菜と同級生。かなり元気で積極的な性格だが、細かいことに不器用で、特に手先が器用なわけでもない。大のオタクで、魔法少女アニメや乙女ゲーム、アダルトゲームなど、幅広いジャンルを嗜む。コスプレデビューをきっかけに若菜と親密になり、やがて恋に落ちる。幼い頃に母を亡くし、父は仕事で多忙。

五条新菜(ごじょう わかな)
声優 :石毛翔弥

高校1年生。孤児だったため、雛人形の職人である祖父に育てられ、その影響で雛人形の頭を作る職人である頭師(カシラシ)を目指すようになった。身長180センチを超える大柄な若菜だが、幼なじみに「男の子が女の子の人形で遊んでいてはいけない」と批判された苦い思い出から、自尊心が低く、引っ込み思案になっていた。同様に、人形作りの趣味を隠し、マリンと出会うまで本当の友人はいなかった。マリンに片思いしており、一緒に仕事をするうちに親密になっていくばかり。

乾紗寿叶(いぬい さじゅな)
声優 :種﨑敦美

ジュジュ(Juju)」の愛称で活動するコスプレイヤー。私立の女子高に通う2年生。しかし、若菜やマリンより1歳年上にもかかわらず、サジュナは中学生や小学生に間違われるほど若々しい外見をしている。その一方で、マリンのようにはっきりものを言う性格で、目標達成のためには手段を選ばない積極的な面もある。妹の真珠を大切に思っており、彼女の幸せのために全力を尽くす。

乾心寿(いぬい しんじゅ)
声優 :羊宮妃那

サジュナの妹。心中は中学生だが、姉の小柄な体型に比べ、若菜の制服が入りそうなほど体格がいい。身長178cmで豊満な体型をしているため、大人と間違われることもある。しかし、その体格とは裏腹に、驚くほど臆病な性格をしている。姉と仲が良く、姉を高く評価している。サジュナがコスプレをするときは、父親から借りたカメラでカメラマンに扮する。パソコンも得意で、撮影した画像を加工してアップロードしている。内心、自分もコスプレをしたいと思いつつも、姉の高嶺の花になることを恐れている。

五条薫(ごじょう かおる)
声優 :斧アツシ

 

 

その着せ替え人形は恋をするのエピソード別あらすじ

第1話 自分とは真逆の世界で生きている人

あらすじ 2022年1月8日放送
五條若菜は、自信なさげだが情熱的なひな人形仕立て屋。趣味が高じて、バカにされることを恐れて孤立している。ある日、五条はクラスの人気者、北川真凛と出会う。放課後、掃除当番をしていた五條のもとに北川がやってきて、「自分の気持ちに正直になればいい」と語りかける。その夜、五條は北川に言われたことを思い返す。ミシンが動かなくなり、祖父は新しいミシンを買いたいと言う。新しいミシンが届くまでの間、五條は学校の裁縫室にあるミシンを使うことにする。ところがそこに北川がやってきて、笑うどころか、彼の仕立ての腕に感嘆の声を上げる。突然、北川は自分の服を脱いで、五条が取り組んでいるゲームキャラクターのコスプレ衣装を見せ、五条は思わず叱る。北川は五條に、黒江雫というキャラクターが自分にとっていかに大切かを語り、作ってもらえないかと頼む。黒江雫というキャラクターがいかに大切かを語る。五條は人の服を作ったことがないにもかかわらず、彼女の手伝いを引き受け、最善を尽くすことを約束し、北川を喜ばせた。

第2話 さっそく、しよっか?

あらすじ 2022年1月15日放送
北川は、エロゲー「スリッパリーガールズ2」の雫のコスプレをしたいと言い、五条は困惑する。しかし、北川は「楽しむことに性別は関係ない」と言い、五条はそれに同意する。そして、コスプレ衣装の作り方の小冊子を渡す。翌日、熱心な北川が突然五條の店にやってくる。五条は裸で採寸することに不安を覚えるが、北川は平然と水着で来店する。しかし、北川は平然と水着姿で来店し、「恥ずかしいですか」と聞くと、「恥ずかしくない」と答える。そこで五條は、不純な考えを捨て、北川をプロとして測定し始める。しかし、バストや股下がなかなか測れない。そして、五条は北川に雫の参考になるものはないかと尋ねると、北川は二人のスリッパをプレゼントする。その夜、五條は祖父を困らせながらも、研究のためにゲームをプレイする。

第3話 じゃ、付き合っちゃう?

あらすじ 2022年1月22日放送
帰校前夜、五条は北川の夢を鮮明に見る。学校では、五條は北川からほとんど逃げ回っていた。学校では、五条は北川からずっと逃げ回っていたが、ある日、学校の玄関で北川を見つける。しかし、五条は渋々それを断る。北川は、五条がいなくなった理由を説明する。北川は、そんな五條の様子を見て、「私たち、友達よ」と言う。そして、二人は複数の店に出向く。その夜、二人はラーメン屋に行き、スリッパリーガールズのゲームの話をして、他の客を困らせ、心配させる。帰り道、五条は北川に、仕事柄、美しいとかきれいとか言うのは本心からでないとできない、と言う。別れ際に北川は、2週間後にコスプレイベントがあると言い出す。その時、北川は2週間後にコスプレイベントがあると言い、五條は心配になる。

 

第4話 これ、彼女のとか?

あらすじ 2022年1月29日放送
次のコスプレイベントが2週間後に迫り、五條はストレスを感じるようになる。そんな折、祖父が五條のカバンの中身を見て倒れてしまう。五條は祖父を病院に連れて行くが、そこには従姉妹の美織もいた。学校では、五條が北川に事情を説明する。心配した北川は、少しでも力になりたいと言い、連絡先を交換する。しかし、祖父との会話を思い出し、元気を取り戻す。翌日、五條は北川に「衣装が完成した」と告げ、北川は驚く。自分の伝え方が悪かったと反省する北川に、五条はまだ間に合うと安堵する。しかし、北川は泣き崩れ、深く謝罪する。しかし、北川は泣き崩れ、深く謝ってしまう。北川が着てみると、その出来栄えに大満足。

 

第5話 この中で一番いい乳袋だからじゃん?

あらすじ 2022年2月5日放送
北川は興奮気味に五條に写真を撮ってくれるよう頼む。すると、「もっと雫のポーズで撮ってよ」と言われる。そして、北川はその写真をSNSにアップする。そして、翌日のコスプレイベントに参加することを五條に伝える。北川は大喜びだが、五條は冷静だった。その後、参加者たちが写真を撮ろうと北川に近づいてくる。北川の楽しそうな様子を見ながら、五條はこれが約束を守ってくれた二人の最後の遊びなのだろうかと思い始める。再会した北川は、猛暑のせいで服が着られなくなったと言い、二人で屋内に入って涼み、ストレス解消を図る。気分が良くなった北川は、五条に最後にもう一度広場に戻ろう、と言う。すると、さっき写真を撮ってくれと言った女性と再会する。帰宅後、北川は五條に次はどんなコスプレをしようかと相談し、五條はほっとする。眠そうな五条は、「きれいだね」と言う。北川は、以前五条が言っていたことを思い出し、唖然とする。

 

第6話 マ!?

あらすじ 2022年2月12日放送
五條の祖父が帰宅し、五條と北川がつるんでいるのを見てショックを受ける。その場を収めた北川は、自分が五條に恋をしていることに気づく。北川は、夕食を共にしながら、自分の家庭の事情や食生活の乱れを打ち明ける。翌日、土砂降りの雨の中、一人の少女が店にやってきて、五条の祖父は彼女を店内に招き入れる。犬井サジュナは、初対面で誤解されたまま、コスプレ衣装を依頼したいと言い出し、自分が以前北川が言っていたコスプレイヤー “ジュジュ “であることを明かし、五条を困らせる。北川はジュジュの存在に驚きを隠せない。話をするうちに、ジュジュは北川が大好きなアニメ『ブレイズ!』のキャラクター、二階堂紫苑のコスプレをしたいと言い出す。ジュジュは北川に、なぜ紫苑のコスプレをしないのかと尋ねると、体格が合わないという答えが返ってきた。そんな北川に、ジュジュはコスプレイヤーとしての尊敬の念を抱くようになる。帰り際、ジュジュは五条に連絡先を聞く。そして、五条と北川が付き合っていないことを知る。

 

第7話 しゅきぴとおうちデートやばっ

あらすじ 2022年2月19日放送
北川と五條がスタジオ代を折半すると言うまで、十朱は北川のグループコスプレの提案を断っていた。そして五條は、研究のために『Flower Princess Blaze!!!』を見ることにする。その夜、祖父は五條の上達ぶりを褒め、北川に仕立てと化粧の練習をするように勧める。翌日、五條は北川の部屋を訪ねるが、そこには変わり果てた彼女の姿があった。五条は、北川に「一緒にドラマを見よう」と言う。その時、北川は自分が五條と家デートをしていることに気づく。その時、彼女のお腹が痛くなり、北川が何か買ってきてくれるという。しかし、北川はどうしても手料理を作りたいと言う。しかし、北川は手料理を作ると言い出し、五条はオムライスを喜んで食べてくれる。家に戻った五条は、十朱に電話をかけ、五条の描いたスケッチを送る。北川の衣装が初めてのコスプレだと知り、ジュジュはショックを受ける。電話を切る前に、彼女は妹が写真を撮ってくれたことを説明し、レストランで会うことを約束する。しかし、五條と北川は、内気で控えめな乾真珠を目の前にして、その大きな体と豊満な曲線に圧倒されるのであった。

 

第8話 逆光、オススメです

あらすじ 2022年2月26日放送
新樹は北川にジュジュの写真を撮るのに使っているカメラを見せ、フィルターや設定の説明を始める。そして一行は、廃墟となった病院にあるスタジオを訪れる。そこで新樹は、北川に逆光撮影の効果を教える。一方、五條は怖がるジュジュを見つけ、それぞれの夢について語り合う。コスプレ衣装の製作を任された理由を話すと、五條は祖父との会話を思い出す。その時、五條は祖父との会話を思い出し、嬉しさのあまり十樹の手を握り、気を失ってしまう。学校の期末テストが終わり、北川は五條を海へ誘う。すると、大きなオオタカが北川のハンバーガーを奪っていく。残ったハンバーガーを分け合いながら、北川は海に入ることを決意する。すると五條は、幼い頃、趣味が高じていろいろな場所に行ったことがないと言う。呆然とする五条に、北川は夏休みにいろいろな場所に連れていってあげると言う。呆然とする五条に、北川は夏休みにいろいろなところへ連れて行ってあげると言う。一人になった彼女は、この状況を嘆き悲しみ、五條の写真を撮るのだった。

 

 

第9話 写真を見たら色々あったからです

あらすじ 2022年3月5日放送
ブラックロベリアの衣装の材料を持って、五条と北川が店からやってくる。そして北川は、五条の服の下にある水着を見せ、コスプレにふさわしいかどうか尋ねる。と聞く。照れくさそうな五條は、「大丈夫です」と答える。その後、北川がやっと役に立ったという喜びを味わうことができたと喜んでいる。その後、五條は完成した衣装をジュジュと北川にプレゼントし、ジュジュの指導のもと北川のメイクをする。彼女たちは病院へ向かい、五条と真珠を待つ。ようやく到着した真珠は、男性のコスプレ衣装で彼女たちを驚かせる。初めて病院を訪れた日、ジュジュと北川が帰宅した後、新樹は、実は自分もコスプレをしたかったのではないかという五条の疑念を晴らす。手伝ってくれることになった彼女は、「花姫ブレイズ!!」の男性キャラ、ソーマのコスプレをしたいと明かした。五條が新珠を自分の店に連れて行くと、Bホルダーという胸を処理するアイテムがあることを知った。その後、Shinjuのウィッグやメイクをしながら会話をしていた。現在に戻り、みんなで集合写真を撮る。

 

 

第10話 誰にでも色々あるんです

あらすじ 2022年3月12日放送
病院では、北川と乾姉妹の写真撮影が行われる。その後、十朱は五条に、真純がコスプレに目覚めるきっかけを作ってくれたことを感謝する。撮影を終えたジュジュとシンジュは自宅で、ジュジュはシンジュに、こんなコスプレができるなんてうらやましいと言う。そして、五条が写っている写真を嬉しそうに眺める。一方、五条は北川と電話で話していた。五条から、真純が自分の家にいたことを聞かされ、北川は嫉妬する。その後、北川は肌の黒いベロニカのコスプレをしたいと言い出し、二人はデジタルでその効果を得ることに同意する。しかし、翌日、北川はベロニカの肌の色に合わせてファンデーションで肌を真っ黒にした状態で彼の家に現れる。しかし、翌日、北川はベロニカの肌の色を再現するために、ファンデーションで肌を黒くした状態で彼の家に現れる。服を買ってあげたい北川は、五条を洋服店に連れて行く。その帰り道、五条は北川に、ベロニカの服を作るのは無理だと言う。北川は驚いてその理由を尋ねると、五条は緊張しながらも「露出が多いから」と答える。しかし、北川は「露出が多いから」と言い、北川をからかいながら、もっと慎重に服を選ぶようにと言う。

 

 

第11話 俺は今、ラブホテルにいます

あらすじ 2022年3月19日放送予定
 

 

 

 

その着せ替え人形は恋をするのアニメの評判は?感想と見どころをレビュー

やすしさん 総合評価 9

この作品の主人公は、五條若菜(石毛翔也)という引っ込み思案でミーハーな男子高校生(今風に言うとスイッチ)。基本的に彼の子供時代は、ひな人形が好きな彼を馬鹿にした、ある恐ろしい小人によって、その道筋が決められている。幼少期のトラウマというのは、とてつもなく大きな傷になりますからね。若菜のひな人形への思いは変わらないが、ひな人形作りの祖父(小野篤史)だけがその秘密を知っていて、(以前から孤立していたかもしれないが)社会的に孤立してしまう。これは、若菜が家業の人形店を継ぐための修行中であるため、かなりやむを得ないことだ。

正直なところ、タイムスリップで祖父が死んでいるかと思ったが、祖父は元気(ただ老いているだけ)だ。いなくなったのは少年の両親(と、もしかしたら妹、トラックくん?若菜は祖父の足元で学ぶだけで十分幸せだ。この時点では服作りをマスターしただけだが、祖父が孫の社会生活のブラックホールを明らかに心配しているのは正しいことである。北川マリンは、文字通り、彼の人生の中に溶け込んでいく。これは、アニメの偉大な入り口の1つであると言わざるを得ないが、信じられないことである。
若菜にとってマリンは、性別も関係なく、あらゆる面で彼とは正反対に見える。人気者で、強引で、ゴージャスで(しかも、久々にアニメの女子高生を見た)。これは、彼の自己憐憫に満ちた世界観にぴったりなのだが、彼女がオタクであることに気づいて、彼は少し動揺する。しかし、彼女がオタクであることに気づき、少し動揺します。彼は無意識のうちに、マリンが自分と正反対である最も重要な点は、彼女が自分の情熱を秘密にしているのではなく、受け入れ、守っていることだと気づきます。それを見て、若菜は少し恥ずかしくなったのだと思いたいが、それは私の予想に過ぎないのだろう。

幸いなことに、これはアニメであり、運命が針を動かすために介入しているのだ。おじいちゃんのミシンが壊れ、若菜は学校にあるミシンを使わざるを得なくなる。家庭科室がないため、秘密は守られると思ったが、なんと北川さんが入ってきてしまう。そして、北川さんが服作りを知っているとわかると、すぐに服を脱ぎ始める(一応恥ずかしがってはいるが、スカートの長さを考えると、それほどでもない)。なぜか?若菜は、まずいルーベンを食べた後のフランク・リッチのように、反射的にそのコスプレを否定してしまうのです。こうして、新しい友情が生まれる。
これがうまくいったのは、マリンのおかげだと思います。彼女は決して若菜をバカにしたりしない、かなりバカにできる人だ。
社会からはちょっと変だと思われても、自分らしくいることが心地いいんだ、ということを彼女の生き方を通して彼に示したのが、この初演の主旨なのです。また、この2人の間にロマンスが芽生えることは間違いないでしょうが、その前提が自己実現にあることが気に入っています。
その点については、何も釘を刺しただけということはない。もし最後に悲劇的なことが起こらなければ、それはあり得ないことですが、この作品は今放送されているアニメの中で最高の作品の1つです。誰にでもお勧めできる作品です。

らんすさん 総合評価 10

実は、うまく言葉が出てこないんです。この番組はとにかく素晴らしいです。また、ネタバレしないようにレビューします。

人気者のマリンはコスプレ願望があることがわかり、裁縫のできる知り合いがいないため、自分でコスプレを作ろうとするが、ひな人形を作るのが好きな五条と出会うまでは最悪な結果になってしまったが、他の人と趣味が違うため人付き合いが悪く、ギャル人気者のマリンの相手にはならない、そんな物語が始まる。

最初に「園ビスクドール」と聞いたときは、「ヤバそうだな」と思ったのですが、ビジュアルを見て、興味を持ちました。色使いやキャラクターデザインに目を奪われ、次から次へと手が伸びていきました。予告編を見て、ストーリーがユニークで面白そうだと思い、マンガを読んだら、すっかりはまってしまいました。

クローバーワークスのアニメーションは素晴らしい。マリンのあの微妙な動きがたまらなく可愛いんです。実写のように見えて、実はすごいアニメーションなんです。

最後に、VAさんです。五條の「ドキドキ」「照れ」の声もいいし、まりんの「生き生き」とした声もいい。どちらのVAもキャラクターをよく表現しています。
結論から言うと、「そのビスクドール」は素晴らしく良い作品です。

びすこさん 総合評価 9

ストーリー良し、アニメ良し、キャラ良し。この番組からの楽しさは素晴らしい。ストーリーは常に前進している感じで、アニメーションはほとんどの部分で美しく仕上がっており、キャラクターは本当に良く書かれていて、ちょうど良い具合にストーリーに貢献している。これらすべてが組み合わさったとき、見るのに驚くほど楽しい番組ができあがり、おそらく今シーズンのベストのひとつになるでしょう。日曜の夕方にじっくりと見て、ただただ楽しめる番組です。複雑でもなく、ストーリーにひねりがあるわけでもなく、「このシリーズの次はどうなるんだろう」と押し付けることなく、好きなものを見る喜びを感じさせてくれる作品です。どのエピソードも単体で見ても素晴らしく、その楽しみは決して期待することではなく、実際に起こっていることを楽しむことなのです。そんな理由で、このアニメは個人的に今シーズンのお気に入りです。

パイプさん 総合評価 8

その着せ替え人形は恋をするは、面白いけどファンサービスもある、そんなお話です。

この物語は、マリンとゴジュウの関係に焦点を当てています。五条は友達がいない典型的なキャラクターで、意外な趣味を持っている。一方マリンは、コスプレが大好きな、人気者で社交的なオタク(これはシリーズとしては非常に異例だ)だが、ゴジュウと出会うまで、その気持ちを誰かに伝える機会がなかったのである。紙面から見ると、誰でも典型的で一般的な関係だと思うだろう。しかし、その関係はコミカルに展開し始め、ランウェイワラッテのシリーズに似ているところがある。さらに、登場人物の関係も、あのシリーズと非常によく似ているが、設定や問題は異なっている。

このシリーズで最も面白いのは、五条とマリンの関係である。五条のような内気なキャラクターと、マリンのような活発でカリスマ的な少女を混ぜ合わせ、どんなファンでも楽しめるようなアニメに仕上がっています。内気で静かで内向的な五条と、活発で外向的なマリンの対比や、キャラクター同士の相性を良くするために必要なことなのです。

一方、アニメーション、サウンドは非常に良く、3話以降も良い出来である。

最後に、このシリーズが素晴らしいものになるかどうかを判断するのはまだ早いですが、とても楽しく、3話以降は合格点のシリーズだと思います。最後まで視聴者を驚かせ続けるシリーズであることを期待しましょう。

なつきさんじゅーんさん 総合評価:2

このレビューはネタバレを含みます。

このレビューは現在のエピソードに関するものなので、もう一度言いますが、シンプソンはトリガーされません*。

自分の中の自分。くっそー、この番組、俺のことバカにしやがって!!!

このいまいましいショー*のレビューを書く前に私の神経を落ち着かせる。

正直、裏切られた気分でした。でも、予想外のファンサービスには耐えられるとしても、ストーリーは文字通りしっかりしていないし、罪悪感で見ているわけではないのが本音です。期待が大きすぎたのかなぁ…。

さてと・・・。本題に戻ります。このアニメは、マジでワイフの餌の一つで、典型的なキャラクターと、恐ろしいストーリー展開です。ストーリーは「3D彼女 リアルガール」と同じで、男性MCが内気なタイプで華やかな女の子と出会い、女の子から付き合って欲しいと言われるというものです。彼女は性奴隷のコスチュームが欲しいという、なんじゃこりゃみたいなコスプレイヤーです。このアニメが好きな人がいて、みんなが大絶賛してる理由がわからない。ストーリーが良いからか?それとも、アニメとAV女優のマリンのせい?答えは、よくわからない。

第1話は、私にとって時間潰しのようなもので、ちょうどよかったです。しかし、その後、これらの血まみれのとんでもない出来事に遭遇してしまった。

1. ファンサービス。ファンサービスはストーリーに必要ないと思う。この番組にはエッチなタグが付いてないので、気がつかなかった。このアニメを見る理由は、このアニメに良い恋愛のプロットがあればということと、「古見さんは話が通じない」に大きな失望を覚えたからですが、違いますね。他の人が言っているように、ファンサービスは健全ではない。マジで?どこが健全なんだ?まりんちゃん?胸の谷間?いや・・・よくある学園モノです。

2. 第2話では、マリンが五条の家に忍び込み、自分の体のサイズを測ってほしいという。彼女は彼の前で何もなかったように全裸になりました。というか、あれはなんだったんだ?初対面の男の前で裸にされるなんて、天然女子の反応として、まったくもって恥ずべきことだ。まともなアニメスタジオが制作したHENTAIを見ているような気分だったが、マジで真凛ちゃんには申し訳ないが、バツだ。ただ未成年、未成年というだけなのに、なんであんなことするんだろう。デパートで採寸して、それを五条に渡そうとは思わなかったのだろうか?デパートにはプロの女性がいて採寸してくれるから、そっちの方がまともだと思うんだけど。また、3話では五条にデリケートゾーンを覗き込んだだけで、文字通り何でもないような顔をしていました。そんなことする女いるか?作者の妄想と童貞にしか思えません。マリンは女としての威厳を残し、売春婦のような振る舞いをしない方がいい。

3. 3.登場人物があまりにも無骨で、現実離れしている。前提として、五条が幼少期からトラウマを抱えているのは、五条が人形好きであることをクラスの女子に知られたからか?マジでなんなんだよ。友達にフラれたとか、いじめられたとか、初恋で失恋したとか、そういうのが反社会的な行動の原因なら納得できるかもしれないけど?でも、マジでその彼が反社会的な人間であることの理由付けは、絶対にめちゃくちゃだ。あまりにもバカバカしくて信じられないので、それだけが理由でないことを祈ります。マリンはあなたのワイフの餌であり、このメディアを消費する人々のためのマーケティング戦略でしかないのです。他の人は大丈夫です。

4. この漫画を読んでいる一人として、ストーリーはユニークでも堅実でもなく、とても予想通りでした。全編見なくても、30秒以内で章・エピソードをまとめられるような。

まだ終わっていないので、他の作品については言うことはないのですが、このアニメが良い脚色をしているのかどうか、これから見てみようと思っています。このアニメは、普通の人が好きそうな恋愛物ではなく、ただのエッチなSOLコメディ番組なので、当たり外れがあるかもしれないと思います。私の正直な意見では、このアニメは全くひどいもので、なぜこれを好きな人がいるのかわからない。ロマンス」というものがどこに行くのか、「ロマンス」はストーリーの中にあるのか、わからない。もし、すごい面白いエッチを見たいなら、「Interspecies Reviewers」と「A Sister is All You Need」をお勧めします。エロマンガ先生」、「ニセコイ」、「私は私」、「ロザリオとバンパイア」など、もっと良いエッチなロマンス映画もある。これらのアニメはキャラクターがしっかりしていて、ユニークなプロットを持っています。この番組に出てくるティーンエイジャーは、危険で堕落しているように見えました。この番組が好きなファンには申し訳ないが、このフィクションには多くの欠点があり、それを自覚する必要があることを考えなければならない。これは絶対に青年誌の恥です。

ミスター境さん 総合評価 8

この番組は信じられないほどかわいくて、最初の2話を見た後、既存の漫画を全部読んでしまいました。この番組は本当にかわいい前提があり、あなたが期待する典型的なハチャメチャさをすべて貫いている。

美術は素晴らしく、決して限界を押し広げるものでも、ゲームを変えるものでもありませんが、技術的な観点から見ると、クローバーワークスは本当に素晴らしい仕事をしました。例えば、車が通り過ぎるとき、実際にキャラクターに光を当てていますし、机も平らな茶色の板ではなく、頭上のライトの光でハイライトされているのです。しかし、この作品は、クローバーワークスに期待されるアートクオリティに沿ったものであり、革新的なものではありませんが、バニーガール先輩(これも素晴らしいショーです)と比較すると、この数年で大きく進歩したことは間違いないでしょう。ワンダーエッグや約束のネバーランドのように、シーズン後半を台無しにしないことを祈る。

この番組のサウンドデザインは素晴らしく、実際に素晴らしい。五条が動くときの布のざわめき、駅でのビープ音、交通量の多い道路を通る車の音など、びっくりするようなものはないのですが、とてもよくできていて、その世界に入り込むことができます。また、音楽のチョイスも素晴らしく、ちょっとしたことで視聴体験がさらに楽しくなります。

全体として、この番組はその部分の総和以上のものであり、私にとっては全面的にフラット7であるにもかかわらず、この番組は見ていて楽しく、間違いなく視聴に値すると思います。

みおぼあさん 総合評価 8

その着せ替え人形は恋をするは、コスプレや自分らしさ、自分の趣味に忠実であることの大切さを描いたアニメです。

エロゲーやコスプレが好きなことを公言しているマリンは外向的ですが、五条は自分の趣味についてとても恥ずかしがり屋です。その分、二人の相性は常に良く、二人の関係がどのように進展していくのかが見ものです。

コスプレのテーマがうまく書かれていて、急がず、複雑すぎず、コスプレをしたことがない人でも楽しく見ることができるアニメだと思います。
ファンサービスが多いのですが、それがうまく調和して、健全さを損なわないようにしていると思います。

ただ、声優さん(字幕で見ました)のマリンちゃんの声が、思ったより熱っぽくなく、元気がないのがちょっと気になりました。

でも、もしあなたが日常生活、ティーンロマンス、コスプレが好きなら、「そのビスクドールは恋をする」はあなたのためのアニメです。

 

エレンさん 総合評価 9

この番組については、いろいろと言われることがありますが、この番組に関しては触れられていないように感じることがあります。キャストやアニメ、画風に関しては、みんなあれこれと言える。でも、それ以上のものがあるんです。この番組には、人が思っている以上に多くのことがある。それは…

一応、真面目にやっていること。

つまり、女性がちょっとだけおっぱいを出すとか、そういう番組を見たことがありますか?それを変態司会者が、変態のようにジロジロ見ている。アニメでは何度も見たことのある、うんざりするようなパターンです。しかし、このアニメはどうでしょう?しかし、このアニメはどうでしょう?実際にそのような状況を、その力学とストーリーのプロットで真剣に受け止めています。そのおかげで、全体的にリアルなリアクションができるんだ。しかし、それだけではなく、キャラクター編で説明するように、このアニメの主人公は変態ではなく、美しい女性の姿を見たときのリアルな反応をするのです。

キャラクターとストーリー:9
2つの異なる世界が一緒になって、本当にうまく噛み合っている感じがします。五条は、子供の頃、自分の興味や趣味を気持ち悪いと言われた後、そのことを話すために自分の殻を破る自信がなかったんです。一方、マリンは自分の趣味を表現することに長けていて、その点では自信がある。この2人が偶然に出会ったことで、成功のレシピが完成したのです。

マジで。私はそのテーマが好きなだけではありません。でも、そんな二人が結ばれるだけでなく、この番組には大笑いする瞬間がたくさんあって、見ていてとても楽しいんです。主人公の2人、あるいは彼らの周りにいる人たちが登場する瞬間。見ていて楽しいし、嬉しい。間違いのない作品です。

美術・音響:8点
美術と音響の部門も本当によくやってくれました。細かいことを言えば、美術のスタイルが両分野で本当によくできています。明るいシーンにフォーカスが当たっているときと、暗いシーンにフォーカスが当たっているときと。よくできています。もうひとつは、このシリーズのOPの魅力です。

今期はAoTや鬼滅の刃がありますが、こちらも見どころ満載です。

アゲインさん 総合評価 3

明らかにターゲットではない人々が、なぜそうなのかを語らないとき、番組は過大評価される。その代わりに、適合性のために、他の皆が見ていると信じているものを見ようとすることを選ぶ。このような番組がしっかりとした基本的な視聴者を持つことは理にかなっているが、私はこの番組が多くの人のためのものではないと信じており、私自身の断絶を説明することにしよう。

これは、例えばハーレム番組とはるかに隣接する「ロマコメ」である。その理由はいくつかわかりやすい。主人公の性格やデザインが女性向けほど謎めいていない(自己挿入のため)、2話目にして早くも信じられないほどのファンサービスがある!などです。通常、うまく構成されたロマコメは、2人の個性が同じように発揮されるように工夫されています。なぜなら、その番組は2人の両方について描かれているからで、一方を溺愛し、他方を陳腐化させるだけではありません。このような構成は、ハーレムものの番組でよく見られます。
ちなみに、私はハーレムという言葉を流行語大賞的な批判として使っているのではない。ハーレムものは比較的不人気で、嫌悪感や蔑視が平然と存在している。では、なぜこの番組にはそれが改めて見られないのか。

ともあれ、この番組の最大の魅力はマリンについてである。この番組が好きということは、基本的に彼女が好きということに他なりません。この女の子があなたのワイフであっても問題はないのですが、これらをどう切り離すかが重要です。でも、私が彼女に対して問題だと思うのは、あまりにも多くの不可能なトロピーのコレクションを持っていることです。彼女はギャルです。チェック。オタク?チェック エロゲー好き?それもチェック 人柄もよくて、負けず嫌いのMCともすぐに打ち解けられる! ニッチな趣味を侮辱する悪人にも立ち向かう! …. という、文字通り自分の理想の彼女、あるいは視聴者の理想の彼女を作っているような、あからさまなファンタジーが多い。

先に述べたように、第2話は文字通り第2話の番組としては、とんでもない量のファンサービスがありました。(この番組はエッチなタグは付いていません)しかし、問題はそのほとんどがクソまずいことでした。この番組では、主人公が社会不安障害に似た何かを抱えていることを立証していますが、その男がマリンの半裸を見てパニックになっているのです。しかし、本当に見るのが辛かったのは、マリンが彼の感情に全く応えていなかったことです。けど、見ていて本当に辛かったのは、マリンが彼の感情に全く応えていないこと。彼があからさまに不快感を感じていても(大げさなコメディタッチで、それでも)彼女は何もそれを認めようとしない。これはエピソード全体であり、悪いことでした。

この全体は、ただ見せかけのように感じられます。マンガを買わせたり、キャラクターについての同人誌を読ませたりするための空虚な宣伝です。第2話公開後、数日間、同人誌が一世を風靡しましたね。(ショック)こんなののどこに心があるんだ?あと、この作品と3D金城は似ているのに、なぜみんな3D金城にダンクしたんだ!?要するに、この番組はそれだけなんです。ビジュアルは良いけど、3D金城より酷い番組。最悪。よりも。3Dカナジョより。

馬さん 総合評価 4)

“私の失望は計り知れず、一日が台無しになった”

この番組の第1話を見た後、この番組は素晴らしいものになる可能性を持っていると思いました。この番組は、今シーズンのアニメとして予想するところでした。なぜなら、もしそうしていたら、もっとがっかりしていたかもしれないからです。そして、私がこの番組に失望したと言ったら、私を信じてほしい。では、本題に入りましょう。最初の2つのエピソードと3つ目のオープニングのネタバレを含みます。

この番組は最初のエピソードで驚くべき土台を築きました。彼は初めて祖父の作るペイント人形を見て以来、その魅力に取り付かれ、祖父の跡を継ぐことを志すようになりました。しかし、親戚の女性から「男の子なのに女の子っぽいものが好きなのは変態だ」と言われたのが唯一の歯車となった。この出来事がきっかけで、彼は夢をあきらめず、中学時代には社会生活を犠牲にしてまで夢を追い求め、その結果、友達はゼロになった。高校に入ると、クラスには自分と同じ趣味を持つ人がいないため、会話から取り残されたような気分になり、おしゃべりをしようとすることすらできなくなる。

しかし、後になって、それは、何かに熱中することで、他人が自分と話をするようになるのだと気づきます。そして、そのメッセージこそが、この番組が持つべきものだったのです。自分自身に忠実であることが本当に重要であり、会話における共通基盤の欠如は、「自分と同じ種類の人」としか話せないという思い込みによって弱点となるのと同様に、簡単に自分の強みの1つになり得るということです。
たまたま興味がある人であって、たまたま興味がある人ではないのです。

授業が終わった後、五条はみんなの椅子を片付けながら、一人で片付けをしている。自分の性格上、人に利用されやすいので、それを好意でやっていると勘違いしているのだ(絶対に返されないが・・・)。ここで初めてマリンと出会い、マリンから「そんな風に人に振り回されてはいけない」と言われる。マリンは五條とは正反対の性格で、外向的で、自分の関心事をはっきり言い、人が自分の幸せのために人をけなすのを軽蔑している。この言葉は、五條の耳に心地よく響く。そして、五条の古いミシンが壊れたことと、マリンがコスプレに夢中なことから、学校の廃校になった裁縫室で偶然再会する。
しかし、マリンはコスプレに熱中しているが、衣装作りの知識はない。そこで、五条が彼女の衣装作りを手伝うことになる。唯一、「アニメのカメラアングルは時々変だな」と思ったのが、今期一押しの作品になることを期待した理由ですが、突破するために必要な最低限のファンサービスだと思い、無視することにしました。大きな間違いだった…。

第2話では、マリンが五條の祖父の人形店(祖父の家でもある)を訪れ、衣装の寸法を測ってもらうシーンが描かれました。そして、私は言葉を失いました。このエピソードの暗示的なショットの多さは桁外れでした。このエピソードに比べたら、清楚なSoLに見えるようなエッチなショーを見たことがあります。この2人の気の合う仲間を友人として進展させ、その後にロマンスを導入するのが自然だと思うので、この番組がマリンのこの側面に焦点を当てるのはとても奇妙に思えました。でも、そんなことはしなかったんですよね。その代わりに、このエピソードの焦点はすべて五条にも向けられています。五条は、間違っていると自分に言い聞かせようとしながらも、彼女を見つめることに無力なのです。

第3話の冒頭では、五条がマリンのために作るコスチュームを着て、淫らなAFを演じているところを想像する夢シーンがあります。最高! 最高!最高!最高!最高 この後、どうなるんだろう。
子供の頃、人形が好きだったために親戚の女性に変質者だと非難された五条は、何を思ったか、彼女の言うとおりだった。この事実が発覚した後は、まったく意味のない物語になってしまった。要は、友情とそれが五条をより自信に満ちた人間に成長させるということなのに、五条が彼女に惹かれる理由が、彼女の性格ではなく、わざわざ三次元的なキャラクターとして書いたことを思い出して、それを殺してしまったのだ。一度に2つのことを台無しにしています。五条の気持ちには何の問題もないことを示すというストーリーを無にし、まりんのキャラクターをただの目の保養にしかしていないのです。

正直なところ、何と言ったらいいのか…普段はキャラクターを書いたり、物語の土台を作ったりする努力をしないので、また平均的に悪い番組だと見なしていいのでしょう。でも、この作品では、その努力をした上で、あっという間に台無しにしてしまった…だから、余計に残念なんです。

ただ1つ言えることは、もしかしたら、彼らが語っているストーリーではなく、あなたが語りたいストーリーの場合かもしれないということですが、語られているストーリーが絶対的なゴミである場合、それは本当に当てはまらないように思います。

しかし、この番組は、ファンサービスや不必要なカメラアングルの下に、良い番組がどこかにあるのです。

ジクロクシーの口コミさん 総合評価:2

ファンサービスをメインにしたロマンスとスライス・オブ・ライフ。

というわけで、この物語は、トラウマ持ちで孤立している男が、人形というユニークな趣味を持つという話です。彼が出会ったのは、コスプレイヤーの女の子。よし。二人は今、様々なコスプレをしたいと思う。とりあえず、それだけです。とても淡々としている。

さて、通常のSoL番組では、視聴を継続させる最終目的がないため、実際に楽しむためには、エピソードを通して深くて意味のある会話や面白いジョークが必要ですが、このアニメにはそれがありません。笑えたのは10秒間に3回だけで、あとは極度の退屈に悩まされていました。
このアニメの視聴者が得られる唯一の報酬はファンサービスであり、それはダサく、特定の「面白い」視聴者しか楽しめず、さらにそのファンサービスさえも良いものではなかったのです。2話目のファンサービスは間違いなく良いが、その後、常に足に焦点が当てられ、不快だった。

アニメーションの仕事は評価しなければならない、それはきれいで鮮明だった。)
そして、音響は特筆するほどでもなく、実際無視できるレベルでした。

アニメを素晴らしくする残りの側面はキャラクターで、ここでは誰もがなりたいと願う典型的な純朴で間抜けな男の主人公と、彼に好意を寄せるメガハイパーの人気者の女の子がいて、そして彼らは無邪気であるかのように忘れられたゴミ対話をしますが、我々は両者が嵐のようにH3NTSをプレイしたという事実を忘れることが出来ません。

つまり、このアニメは視聴者に何も新しいものをもたらさないのだ。ロマンスならもっといいのがあるし、コメディなら「男子高校生の日常」、ファンサービスなら「ゴールデンボーイ」、正直言って、この際、実際のH3NTを見た方がいいのでは?笑

このアニメは最悪だ。このアニメは最低だ!時間を節約して、何か価値あることをして人生を楽しもう。がんばってください。

 

ドマイ15さん 総合評価 8

ストーリー : 8/10

原作をアニメ化したものとしては完璧な部類に入る。ストーリー、美術、キャラクター、そして一番重要なファンサービスも。

美術 : 8/10

私はこの絵が好きです。なぜか昔の古き良き少女アニメを見ているような気分になります。現代的な絵と古い絵が混在しており、独特の雰囲気を醸し出している。

サウンド:8/10

私はサウンドデザインの専門家ではないので、適切なレビューをすることはできませんが、それでも私はそれを楽しんでいます。

キャラクター:8/10

キャラクター同士のやり取りが全て好きです。一つ一つのやり取りから真摯な気持ちが伝わってきますし、高校生をテーマにした物語なので、高校生の「普通」を感じることができます。

 

イラストレターさん 総合評価 5

今シーズンの義務的なプレビューを書く時が来た! 2022年冬の2大アニメといえば、「デーモンスレイヤー」パート2と「進撃の巨人」ファイナル・シーズン。しかし、この2大少年アニメのすぐ後ろには、「着せ替えダーリン」という小さな番組があります。インターネットをよく利用する人なら、この漫画のことを耳にしたことがあるのではないでしょうか。この漫画は一般的に好評で、とても健全で甘いロマンスとして見られています。この漫画の評判から、アニメ化には少なくともそれなりの期待があった。たとえそれがクローバーワークスによるもので、非常に不安定な実績があるとしてもです。アニメの方は、あまり期待できないと思います。

エクストリームクレバーさん 総合評価 9

シンプルで上品なストーリーです。雛人形のドレスを作っている内向的で慎重な男が、コスプレ好きな女の子と出会い、一緒にコスプレをするようになる、という内容です。というシンプルなものですが、それ以外にもいろいろあります。あまり多くは語りませんが、この2人のキャラクターが今は友達として関係を築いていく、とても素敵な物語です。

アート。アートスタイルは他のアニメと同じように思えますが、そのアニメーションと同様に、間違いなく予算があります。特に女の子が動くたびに、キャラクターの動きに数フレーム余分に入れることができたような気がします。

サウンド。オープニングとエンディングが好きです。このアニメのジャンルに間違いなくマッチしています。

キャラクター。2人の関係性が好きで、5話の時点で鳥肌が立ちました。確かに、この女の子は少し露出が多いかもしれませんが、この物語はとても優しくて素晴らしいものです。

ちょっとネタバレ:(そして、この男がゆっくりと、しかし確実に自分の殻を破っていくのを見るだけでも、その価値があるのです。この子は、自分が幸せになることで、そしてこの子が作ったコスプレでみんなが幸せになることで、やっとこの子のスキルの凄さを教えてくれたんだ。二人の成長を見守るのは本当にいい経験です。)

楽しむこと。全体的にこの物語が好きです。超甘いです。次のエピソードが待ち遠しいです。

 

フルカウントさん 総合評価 3

このアニメの高評価は本当に納得いきません、、、。まあ、クローバーワークス製だからそうなのかもしれませんが。この番組がクローバーワークスによって作られたことを知ったとき、控えめに言っても、私は魅了されました。彼らは、WEPスペシャルの惨状以来、またもやアニメ「そのビスクドール」を作るために戻ってきたのです。しかも、今回は恋愛ものである。誤解のないように。私はロマコメが大好きで、それが面白くて気分が良くなるなら、「そのビスクドール」はかなり面白いです。確かにエッチなタグが付いているのは分かるのですが、違和感を覚えるところもあります。

まず、気になるのはストーリーです。基本的には、五条という名前の子供の話です。彼は裁縫が好きで、人形の美学を作るのが好きで、それがカッコいい。しかし、ある性差別主義者の女の子に、男の子は人形を作ることに興味がないはずだと言われ、落胆します。このことは、五條にPTSD(心的外傷後ストレス障害)を残すことになる。彼は友達がおらず、基本的に一匹狼であることが、彼の祖父との朝食からわかる。そんな彼が学校に通うようになり、オタク文化にのめり込んでいるとても可愛い女の子、北川と出会う。放課後、人形を作っている五條に気づいた北川は、五條の前で裸になりながら、コスプレをするように頼みます。と、基本的にそれだけです。

ストーリーも淡々としたもので、特に面白いところはない。ただ、「ああ、私の世界はモノトーンなんだ。ある女の子が現れて、私の世界をもっとカラフルに彩ってくれるといいんだけど……」というような内容です。ストーリーは基本的にYLiAと同じようなものです。

絵は、「約束のネバーランド」を作ったクローバーワークスの作品であることを考えると、かなり良い。絵については他に言うことはない。

キャラクター。キャラクター。まあ、かなり悪いです。五条は、時々長瀞の直人みたいな行動をとることを除けば、特に問題はないと思います。マリンは、BGSのマイとDITFの02を除けば、クローバーワークスのアニメで3人目のワイフの餌になっただけです。まともなキャラは五条のじいちゃんだけだな。彼はただそこにいるだけで、重要なことは何もしていない。それが一番いいのかもしれません。

今のアニメは本当に楽しくないし、すぐに良くなるとも思えない。これを見るのは時間を無駄に消費するためだけだ。

 

キリニティさん 総合評価 5

このアニメはちゃんとしたストーリーがあるのですが、先ほど言ったようにFanserBisque Dollはファンサービスに溢れています。CloverWorksはどうして、文字通りファンサービスのために作った1話を台無しにしてしまったのでしょうか?この章はジューシーだから、アニメーターはこの部分で過剰な物理演算をしなさい」ということだったのでしょう。クローバーワークスへの憎しみはありません。でも、CloverWorksは嫌いじゃないです。慣れるしかないでしょう。

でも、さすがクローバーワークス、美術は素晴らしい。これはこのスタジオが得意とするところですが、今回もそれを見せてくれました。きれいです。正直、それしか言えません。

とはいえ、誤解を恐れずに言えば、ファンサービスクドールは基本的にワイフの餌なのです。つまり、今、ネット上では大量のマリンの「ファンアート」が爆発的に流行っているのです。彼女が実際に今年のwaifuになったとしても、私は驚かないだろう。マリンは今のところまともなキャラクターで、ただ、彼女は基本的に内心ムラムラしてるんだ。そして、五条は、予想通り冴えない感じだけど、まあまあのキャラクターだと思う。

さて、今現在、私はこのアニメに対して複雑な意見を持っているので、かなり印象が悪いです。というのも、このアニメには様々な意見があるからです。しかし、私は今、このアニメに対してかなり中立的です。私は、CloverWorksがこのアニメを台無しにしないことを望みます。

 

ミリオンさん 総合評価 5

今これを書くと、人によっては問題ないと思うこともコメントしますが、この恐ろしいアニメを4話まで読んで見たとき、私は続けられませんでした。ネタバレになりますが、ストーリーの隅々まで含みます。

登場人物は14~17歳で、主人公の五条は15歳、マリンは15~16歳です。ファンサービスのせいで、このアニメは本当にダメになりました…真っ赤な子供たちでいっぱいです。13-14歳の子も出てきますが、彼女もセクシャルに描かれていて、まだアニメには出てきませんが、必ず出てきます。

マリンはコスプレが大好きで、最初のコスプレは年相応で可愛かったです しかし、物語が進むにつれ、どんどん服を脱ぎ始め、ラブホテルで撮影をし、さらには…キャラクターそっくりに見えるように肌を黒く塗るようになります。このアニメは、未成年の性的描写と、黒塗りさえなければ、とても良いアニメになるはずです。

って感じです。

オフィシャルブラウンさん 総合評価 6

アニメ界は、恋愛モノが流行ると本当に困惑する。私は恋愛アニメを158本くらい見ているので、だいたいの恋愛は好きなんですけどね。でも、この番組が「ピークフィクション」と言われるように、今は一般的な恋愛ものでしかないのにね。

好きです。
– 音楽が他のアニメよりいい。
– アニメは本当に美しいし、動きも滑らかで楽しい。

嫌いなところ
– この作品は、ただの負け犬の男主人公と、クールで美人で風変わりでオタクな女の子の物語です。あるアニメは理解できるのですが、この男の救いはただ一つ、彼がファッションと裁縫に長けていることです。でも、それ以外はただの負け犬です。アニメの文脈では理解できるけど、この男は『レンタル彼女』のシーズン1のカズヤに似ているんだ。

– 第1話。五条はマリンの服を作ることで何を得るのだろうか?なぜ引き受けたのか、さっぱりわからない。友達ができたのはいいんだけど、なんでそんなことしたんだろう?物語的にすごくダラダラしているように見えるんです。可愛いMCだからなんだろうけど、やっぱり気になる。

– 第2話。ファンサービスはどうでもいいのですが、彼女の寸法を測るのに、14~22分もかかっていますね。最初は面白かったけど、超つまらなかった。

– マリンは確かに今大変なことになっている。コスプレ好きだし、いい子なんだけど、なんで彼女が最高の女主人公だと思われてるんだろう?それ以外は、まあまあかな。

ファイナルの感想。

– でも、彼はただ男が彼に共感するために存在するのであって、だからこそ彼はタブラ・ラサに見えるのです。自己暗示のようなキャラクター。ただ、マリンにからかわれてないときでも、ほとんどのエピソードで赤面しないような、リアルなキャラクターが欲しいです。五条がもじもじしてるのをずっと見てるのが好きな人が多くてなんだかなあと思う。

– このアニメはとてもいいんだけど、このアニメがどのような風に吹聴され、どのようにアニメコミュニティがこの番組を扱うかが、私がこのアニメを好きになれない理由の1つだと思うんだ。アニメコミュニティは非常に特殊なトレンドに従っています。この番組が好きなはずなのに、社会的には「とらドラ」が基本だから嫌いと言われるのですか?しかし、この番組はそうではないのですか?

– 観るなとは言いませんが、この番組が “ピーク “であるとか、高く評価される論理的な理由はありません。アニメーションは素晴らしいが、本当に考えてみれば、この番組はまだ良いとは言えない。

アシャさん 総合評価 5

この番組がこれほどまでに愛され、人気があるのは非常に理解できる。この作品は、男性向けに作られたもので、アートスタイルもすばらしく、すべてが洗練されています。

原作が女性であることは問題ないでしょう。でも、この番組には、本質的に男性向けの何かがあるんです。

この番組について最初に出てくるのは、そのファンサービスです。この時点で、多くの人にとって、基本的に魅力の半分を占めているのです。しかし、それは非常に不要なものであり、ストーリーを大きく損なっています。

キャラクターもリアルに感じられない。できるだけ多くの男性にアピールできるような、さまざまなタイプの女性を戯画化したに過ぎない。マリンはひどいキャラクターだ。私は彼女がとても好きなのですが、全くリアルに感じられません。彼女はハイパーセクシャルだが、売春婦ではないほど控えめだ。自立していて、多くのことを自分でこなせるが、それでもランダムな領域では多くの助けを必要とする。ストーリーは、彼女が多くのことで助けを必要とするように組み立てられていますが、それが迷惑になるほどではありません。彼女は完璧な女の子で、誰が何を言っても気にしない。ある時点まで、彼女の欠点は実際の欠点ではなく、男性視聴者が彼女を完璧なワイフと感じるように作者が仕組んだものに過ぎない。

そして、ロリキャラクター。ロリは多くのアニメ界で常に論争の的となっているが、この作品ではそれがとても気持ち悪く感じられる。最新作のいくつかのエピソードでは、主人公が中学生だと思い込んでいる女の子が、誤って主人公にフラッシュを浴びせてしまうシーンがあります。あれって何のために必要なんだろう?純粋に。脚本家が五条が女の子の要求に自然に屈するようにしたかったのなら、五条がお願いしてお金を払えばよかったのでは?今までのマリンへの対応を考えると、どうせイエスと答えるような気がする。

全体的に、ファンサービスを取り入れることでより悪くなっている、まともな番組だと思います。

ミズノウェブライダーさん 総合評価 5

もう一つのシーズン、このような番組の渇いたファンのための義務的なワイフアニメです。このような番組の長所と短所は、もう自明であるはずだ。

明らかな「マイナス点」。
1. ソフトコア・ポルノであること…。→ 青い玉(同人誌を待つのみ)
2. MCの二人が結ばれることなく延々と続く→ダブル青玉
基本的には、真のマゾヒストだけが楽しめる、終わりのないイジメなのだ。

(願わくば)明らかな「ポジティブ」なこと。
1. プロダクションバリューが桁違い(あのプロットを見ろよ)
2. MCが2人しかいない→ハーレムじゃない!!!! もどかしい三角関係もない!!!!
これだけで、他の恋愛サブジャンルより許容範囲が広いです。

Dress up Darlingは基本的に長瀞と宇崎ちゃん、さらにレンタル彼女を合わせたような作品と言えるでしょう。
長瀞と似ているのは、主人公にある。ちょっと負けず嫌いで弱虫だけど、趣味にはとても熱心。
宇崎ちゃんとの類似点は、恋敵にある。主人公の殻を破ってくれる、明るいがちょっと鈍い女の子。
そして、『レンタル彼女』との類似点は、ドレスと美容に重点を置いた主題にあります(『レンタル彼女』のマンガを読んだ人ならわかると思います)。
他にも同種の番組や漫画との類似点はあるかもしれませんが、私が気づいたのはその点です。

この作品の出来栄えはどうですか?今のところ、かなりまともです。主人公と恋敵は、十分なほどお互いに歩み寄っている。長瀞と宇崎ちゃん」と違って、性格が似ているというより、趣味が似ていることで成立している。長瀞と宇崎ちゃん』は、明るい女の子が一匹狼の負け犬の主人公に興味を持ち始める理由が、哀れみ以外にはないという問題がある。でも、「ダーリンといっしょ」では、趣味をきっかけにして、一緒に行動する中で、少しずつお互いのことを知ることができる。だから、全体としては、今のところポジティブにとらえています。また、コスプレや裁縫というテーマは、純粋に面白いですね。そのためにどれだけの労力が費やされているのか、とても印象的です。

他の2作品と比べると、少なくとも今のところ、コメディの面では少し弱いと思います。あちこちに面白いジョークがありますが、私の予想では、長瀞と宇崎ちゃんの方が全体的に面白いです。それは、長瀞と宇崎ちゃんの性格がより極端で不条理であることと関係があるのかもしれない。

また、「レンタル彼女」の方が、嘘という対立がどんどん膨らんでいくことで、緊張感が生まれ、全体としてより強い前提があったと思います。長瀞や宇崎ちゃんと同じように、「ダーリンを着せよう」に欠けているのは、その緊張感です。2週間以内にドレスを作るというような「脇役」で緊張感を出そうとしていますが、長い目で見れば、もっと大きな葛藤を導入しない限り、この番組の物語にとって大きな問題になることは目に見えています。しかし、現実的に考えて、プロット(実際の筋書き)のためにこれらの番組を見ている人はいるのでしょうか?ただ、季節のワイフアニメを楽しんで、その後、同人誌を楽しんでください。