天才王子の赤字国家再生術のアニメ動画を全話無料フル視聴する方法!見逃し配信サービスまとめ

 

\天才王子の赤字国家再生術を無料視聴するならココ!/

配信サービス 配信状況 無料期間 月額料金
abemaABEMA 見放題
地上波同時・単独最速配信
14日間無料
今すぐ視聴
960円

※月額料金は全て税込。2022年2月時点。

放送 2022年1月11日~
地上波ch TOKYO MX など
放送日 毎週火曜日23時30分~
話数 放送中
制作会社 横浜アニメーションラボ
監督 玉川真人
キャスト:声優 ウェイン:斉藤壮馬/ニニム:高橋李依/フラーニャ:千本木彩花/ロウェルミナ:東山奈央/フィシュ:日笠陽子/ナナキ:榊原優希/ゼノ:中島由貴/ハガル:菅生隆之/ラークルム:濱野大輝/グリュエール:大塚明夫/トルチェイラ:釘宮理恵/カルドメリア:能登麻美子/ディメトリオ:木島隆一/バルドロッシュ:松田健一郎/マンフレッド:河西健吾
主題歌 オープニングテーマop「LEVEL 」やなぎなぎ × THE SIXTH LIE

エンディングテーマed「ヒトリとキミと」 南條愛乃

公式サイト TVアニメ「天才王子の赤字国家再生術」|公式サイト
シリーズ/関連作品 原作漫画:鳥羽徹「天才王子の赤字国家再生術〜そうだ、売国しよう〜」マンガUP

 

天才王子の赤字国家再生術のあらすじ

ヴァルノ大陸の北の果てに、小さな国、ナトラ王国がある。国王オーウェンが病気で倒れて以来、国の運営はオーウェンの息子で非常に有能な皇太子、現・摂政のウェイン・サレマ・アルバレストによって担われている。美しく有能な側近ニニム・ラーレイとともに、鉄の手で国を統べる天才王子というイメージを作り上げている。しかし、その裏では、自分に課せられた運命を嘆き、祖国を売り払い脱走する謀反の機会を静かに窺っていた。

 

TVアニメ[天才王子の赤字国家再生術]PV第1弾

 

 

天才王子の赤字国家再生術の動画を無料視聴できる配信サイト比較一覧

\天才王子の赤字国家再生術を配信中のおすすめサービス!/

配信サービス 配信状況 無料期間とポイント 月額料金
abemaABEMA

見放題
地上波同時・単独最速配信

14日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
960円
unextU-NEXT

見放題

31日間無料
600ポイント今すぐ視聴
2,189円
fodFODプレミアム

見放題

14日間無料
900ポイント今すぐ視聴
976円
danimedアニメストア

見放題

31日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
440円
huluHulu

見放題

14日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
1,026円
primevideoAmazonプライムビデオ

見放題

30日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
500円
telasaTELASA

見放題

15日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
618円
netflixNetflix

見放題

無料期間なし
ポイントなし今すぐ視聴
990円
musicjpmusic.jp

レンタル

30日間無料
1,600ポイント今すぐ視聴
1,958円
crankinクランクイン!ビデオ

未配信

無料期間なし
3000ポイント未配信
990円
tsutayaTSUTAYA DISCAS

未配信

30日間無料
ポイントなし未配信
2,052円
dtvdTV

未配信

31日間無料
ポイントなし未配信
550円
paraviParavi

未配信

14日間無料
ポイントなし未配信
1,017円

※月額料金は全て税込。また付与されるポイントは無料期間中のものになります。

 

ABEMAプレミアムお試し期間を利用すれば[天才王子の赤字国家再生術]の動画を全話無料視聴できます。

天才王子の赤字国家再生術もそうでしたがアニメの先行配信が多いこともおすすめの理由です。

しかもABEMAプレミアムは、すべての作品が見放題で楽しめるお得な動画配信サービスです。

 

 

ABEMAプレミアムの特長と楽しみ方
ABEMAプレミアムの特長一覧表
abema
月額料金:960円(無料期間終了後に課金開始)
無料期間:14日間
解約料金:0円
アニメ作品数:約500作品
最新アニメの先行配信あり
登録なしで視聴可(期間限定)
【ABEMAプレミアムの特⻑】
  • 【ABEMAプレミアムの特⻑】
      • 最新アニメの先行配信や見放題配信がたくさんある
      • 登録なしにアニメを視聴可能(期間限定)
      • ABEMAプレミアムはほとんどの配信作品が見放題

    動画配信サービスの「ABEMA」についての詳細な情報はコチラから

天才王子の赤字国家再生術のアニメを全部見終わった後、U-NEXTでは天才王子の赤字国家再生術をさらに楽しむことができます。

天才王子の赤字国家再生術の原作はマンガで、U-NEXTで配信されています。

 

 

天才王子の赤字国家再生術の動画をYouTubeなどの動画共有サイトで視聴する方法は?

YouTubeなどを含む海外の動画共有サイトでは非公式にアニメの天才王子の赤字国家再生術が配信されていて無料で視聴できる動画もありますが、画質が悪かったり、余計な広告が出てくる場合もあります。

注意:海外の動画共有サイトからアニメをダウンロードしたり視聴する方法は違法で危険!

海外の動画共有サイトを利用してアニメを視聴する方法はウィルスに感染するなどのリスクは当然つきまといます。

さらに2020年から法律が厳しくなったので海外の動画共有サイトを利用してアニメを視聴していると違法になり処罰される可能性が高くなります。

なので動画配信サービスの無料のお試し期間やポイントを利用して安全に安心して、全話無料でフル視聴しましょう!

特に天才王子の赤字国家再生術の場合はAMEBAプレミアムであれば通常、月額960円ですが登録して最初の2週間は完全無料で全話フル視聴ができるのでおすすめです!

\登録はこちらから!/

 

天才王子の赤字国家再生術の登場人物の紹介

ウェイン・サレマ・アルバレスト
声優:斉藤壮馬。
主人公のウェイン王子は、ナトラ王国の王族の後継者として非常に優秀な人物です。天才と称され、国民からも愛されている。しかし、その裏では、自分の義務を極力無視したいという反逆的な態度をとっており、その結果、側近のニニームに痛めつけられることになる。

ニニム・ラレイ
声優:高橋李依。
抑圧された少数民族 “フラーム “出身のヴァイン王子の親友であり、側近。また、ニニムはウェインと共に帝国の王立アカデミーに通っていた。

ファラニャ・エルク・アルバレスト
声優:千本木さやか
ウェイン王子の妹であるファラーニャ姫は、兄には自分が補えるような欠点がないと信じていたが、いずれは兄を助けることができると考えて政治を学んでいた。ミールタース事件では、兄が敵対する陰謀家たちを出し抜くために必要な突破口をファラーニャが開いたことで、ようやくその願いを叶えることができました。

ナナキ・ラーレイ
声優:榊原有希
ファランニャ王女の忍者のボディガードです。

ロウェルミナ・アースワルド
声優:遠山奈央
アースウォルド帝国の第二王女。ウェインとニニムがアカデミーに通っていた頃の友人で、田舎の貴族の娘ロワになりすましていた。

フィッシュ・ブランデル
声優:日笠陽子
帝国とナトラ王国の間の大使

 

天才王子の赤字国家再生術のエピソード別あらすじ

第1話 そうだ、国を売ってトンズラしよう

あらすじ 2022年1月11日放送
ナトラ王国の王子・ウェインは国民に愛されているが、その一方で自分の責任を嫌っており、王国の売却を企てている。ナトラ王国は冬が長く、まともな農地がないため、経済状況は悪く、借金も多い。ウェインの身勝手さを知っているのは、彼を従わせようとしているアシスタントのニニム・ラーレイだけである。金持ちのマーデン王は、無能で市民から嫌われているので、ナトラへの侵攻を成功させて人気者になろうと計画している。ウェインはナトラを徹底的に守り、王国をお金と交換する交渉をしたいと考えている。しかし、数ヶ月前に締結したアースウォルド帝国との資金調達と訓練、そして即興の演説が功を奏し、軍は実際にマーデンを破り、ウェインは大きな不満を抱くことになる。将軍たちの忠誠心を保ち、偉大な支配者としての体面を保つ必要があると考えたウェインは、マーデン最大の金鉱への侵攻を提案する。残念ながら、将軍たちは皆、侵攻に同意してしまう。侵攻が失敗することを願っていたウェインだったが、金鉱は簡単に奪われ、ナトラに富をもたらし、ウェインが偉大な支配者であることを皆に確信させる。

今すぐ天才王子の赤字国家再生術のアニメを視聴する

第2話 戦場のウェイン・サレマ・アルバレスト

あらすじ 2022年1月18日放送
ウェインは主任鉱夫から鉱山が実は価値のないものであることを知る。マーデン国王フシュターレは、悪徳顧問に説得され、国境が無防備になるにもかかわらず、ドラウッド将軍とその軍隊を鉱山の奪還に派遣する。ウェインは、フシュターレが鉱山の価値がないことを知らないのではないかと疑って、1ヶ月間鉱山を守り、その後フシュターレに買い取らせることにした。しかし、ローガンがニニムを侮辱したため、ウェインはローガンの首をはねた後、自らDrawoodのキャンプに潜入し、ニニムを侮辱したDrawoodを殺害し、彼のニニムへの強い思いを明らかにする。ヴァインは、アースウォルドの軍事アカデミーに通い、すべてのクラスでトップの成績を収めていたが、アースウォルドは彼のテストの点数を国家機密にしていたため、恥ずかしい思いをしていたことから、見かけよりも能力が高いことが明らかになる。マーデンがカバリン王国に侵略されたこと、フシチャレが死んだことを知り、鉱山を売り払おうとしていた彼の計画は頓挫する。しかし、鉱夫が新たに収益性の高い金脈を発見する。祝杯をあげようとするウェインったが、ニニムに脅されて仕事に戻ることになり、何とか王国を売って引退したいという思いがさらに強くなる。

今すぐ天才王子の赤字国家再生術のアニメを視聴する

第3話 そうだ、政略結婚しよう

あらすじ 2022年1月25日放送
ウェインとニニムのアカデミー時代の友人であるアースウォルドのロワ姫から政略結婚の申し出があった。ウェインは、ロワがトラブルメーカーとして有名であることを疑う。ロワは3人の兄が皇帝になろうと争っていることを内緒で明かし、ウェインの助けを借りて皇后になりたいと言う。しかし、ローワの訪問と同時にナトラに武器が密輸されたことを知り、ウェインは疑念を抱く。ワインの妹であるファラーニャは、ワインがニニムと結婚しないことを不思議に思うが、ニニムはフラフム族が差別されているために結婚は不可能だと主張し、ワインが自分だけを愛していることに満足している。ロワとNinymは他の友人GlenとStrangを思い出すが、ロワは彼女と結婚したいGerard Antgatalとの間に問題があることを明かす。ウェインはファラーニャにアントガタールを中心とした王国間の政治を教える。現在のアントガタール侯爵であるジェラールの父グルナッシュは、悪名高い暴君である。ローワは、アカデミーでウェインが彼女の野心を認め、欲しいものは戦争を起こしてでも手に入れろと単刀直入に言ったことを覚えている。彼はまた、全力で協力することは避けるとも言っていたので、彼女は策略を使って彼を戦争に引きずり込む必要がある。

第4話 二人の知謀

あらすじ 2022年2月1日放送
帝国に征服された国々が反乱を起こしていることを確認したウェイン。そして、ロワの兄弟たちは争いに明け暮れていて気づいていないと推測し、ロワはグルナッシュの婚約を餌にして早期に反乱を起こさせようとしていた。そこへジェラールがローウェルの婚約者としてやってくる。ウェインは、ローウェルがジェラールを操り、ナトラの軍隊を使って父の反乱を終わらせようとするだろうから、ウェインは操られて軍隊を渡さないようにしなければならない、と考える。ジェラードは、ウェインが剣の訓練を受けていたことを知り、実演を依頼する。ウェインは決闘を引き分けにするつもりだったが、Gerardがあまりにも無能なため、ウェインは何もせずに勝ってしまう。激怒したジェラールはウェインの背中を刺そうとするが、酔っていたために窓を突き破って転落死してしまう。グレナッシュはジェラルドがワインとローウェルに暗殺されたと考え、戦争の準備を進める。反乱の陰謀者たちは、戦争によって反乱が発覚することを恐れている。ウェインは、ガイランとの戦争、そしておそらく帝国との戦争に直面することになり、怒りを覚える。ローウェルは、ウェインの協力を得て、反乱軍の鎮圧に専念することを決めるが、ヴァインは、現在の予算ではナトラの軍隊は500人しかいないことを明かし、何とか反乱軍の存在を明らかにして、戦争を完全に回避しなければならないと考える。

第5話 そうだ、罪を被せてみよう

あらすじ 2022年2月8日放送
ジェラールの遺体をグルナッシュに戻し、和平について話し合うため、ウェインがアントガタールを公式訪問する。陰謀家たちはウェインの目的を探るために奔走する。ウェインはロワが反乱のことを知っていることを明かすが、グレナッシュがジェラールを真の陰謀者と主張して無実を主張することを提案する。グルナッシュは考える時間をくれと言い、ウェインはその場を後にするが、グレナッシュはジェラードへの復讐のため、ウェインの後に陰謀家たちを送り込む。ウェインはこれを予想していた。陰謀家たちは皆、西の王国から来ており、グレナッシュを操って反乱のために汚れ仕事をさせようとしていたのは明らかだったが、その計画は失敗に終わる。ウェインの護衛であるナナキが、グレナッシュの城で証拠隠滅を図ろうとする他の陰謀者を阻止している間に、ウェインは陰謀者たちを倒してしまう。グレナッシュはナトラに向かって逃げるウェインを追うが、ウェインは国境に軍隊を駐留させており、帝国軍の兵士を引き連れてやってきたロワとの間にグレナッシュが挟まれてしまう。囚われの身となったグレナッシュはすべてを認める。任務を成功させたロワはウェインとの婚約を解消するが、ニニムに騙されてウェインへの好意を告白する。グラナッシュを倒すにはもっと簡単な方法があったと認めるウェインだったが、この方法によってロワはグラナッシュを将来に渡ってコントロールできるようになった。ロワは、いつか女帝になって、ウェインとニニムが昔のように仲良くできるようになることを願って帝国に戻る。

第6話 そうだ、国際会議に出よう

あらすじ 2022年2月15日放送
レヴェティア教の祭日である精霊祭のためにカヴァリン王国を訪れることになったヴァイン。旅の途中、彼は捕獲した金鉱を訪れるが、将軍ヘーゲルの引退に伴うトラブルの発生を心配していた。アイビスという女性に率いられたナトランの貴族たちが、ウェインの王座を奪おうと企む。ウェインは山賊に扮した兵士に待ち伏せされるが、ゼノ将軍率いるマーデン軍の残党に助けられる。ゼノはウェインがカヴァリンと同盟するのを阻止するために暗殺すると脅すが、ウェインは盗賊がカヴァリンの兵士ではないかと考え、ゼノに外交官としてカヴァリンに接近する機会を与え、カヴァリンに対抗する潜在的な同盟国である他の王国の支配者に会うことを許そうとする。カヴァリンの首都TristoriaでウェインはLevert将軍に会い、彼が偽の山賊の待ち伏せの背後にいると疑う。ゼノがホロニェを暗殺しようとしている間に、ウェインはオルダラッセ王に会う。彼は亡きフシュターレ王の元顧問で、反逆者だった。OrdalasseはウェインをLevetianの支配者であるHoly Eliteに紹介し、ウェインを新しいメンバーとして招待して皆を驚かせる。ウェインはエリートのCaldmelliaと個人的に会うが、CaldmelliaがWeinをエリートとして受け入れる代わりに、Mardenの残党を一掃するよう依頼してきたため、ウェインはその場を去る。Caldmelliaは、ウェインとの決闘で片腕を失ったAntgatalの陰謀者の1人であるOwlと同盟を結んでいることが明らかになる。ニニムは、レバートがウェインを殺してナトラを転覆させようと共謀している証拠を見つける。同じ頃、アイビスと貴族たちはウェインの金鉱を占拠する。

第7話 昨日の敵は今日の

あらすじ 2022年2月22日放送
ヴァインは、オルダラッセが自分をエリートに昇格させることで、ヴァインに恩を着せようと考えていることに気づく。オルダラッセは、自分に失望した娘がいたことをさりげなく明かし、妻が他の男との情事で娘を身ごもったとして、妻を処刑した。そして、ニニムと同じナトラ王国のフラーム族を買い取り、スポーツとして狩ることができると言い出し、ヴァインを激怒させる。ヴァインはオルダラッセを殺害し、ゼノはホロニーを殺害して復讐を遂げる。カルドメリアは、オルダラッセと共謀したレヴェルトを罠にはめ、キャバリンの権力を掌握しようとする。彼女はヴァインに感謝の気持ちを込めて、ナトラがナトラン貴族に占領されたことを伝えるメッセージを送る。この情報をもとに、ヴァインはリヴァートたちを反逆の貴族軍とマルデン兵の罠にはめ、リヴァートに両軍を攻撃させる。さらにヴァインは、ハガル将軍の引退を偽装したことを明かし、ハガル将軍が到着すると、レバートとナトランの裏切り者を撃破する。ゼノは彼女が実際にマーデンの王女であることを明らかにし、ヴァインはこの全体の時間を知っていたのに。アイビスは、さらに混乱を引き起こす方法をプロット開始彼女のマスター、Caldmellia、に報告します。ゼノはマーデンをナトラの属国にするよう要求し、ヴァインがマーデンをも支配できるようにし、ヴァインの人生をさらに困難なものにし、ニニムとゼノの両方を楽しませる。

 

今すぐ天才王子の赤字国家再生術のアニメを視聴する

第8話 そうだ、私がやってみよう

あらすじ 2022年3月1日放送
ローワは兄たちと王位継承の交渉をするため、ミールタルス商会で開催される皇位継承者会議に出席する。ローワはヴァインを誘うが、代わりにファランヤが出席する。ヴァインは忙しいと言ってローアを困らせるつもりだったが、まさかファランヤが志願するとは思っていなかった。ヴァインはニニムとナナキを付き添いに送り、ファランヤに皇子たちのことを徹底的に教育する。マンフレッドは狡猾さと賄賂で支持を得ており、バルドローシュは軍人で軍の支持を得ており、長男のデメトリオは悪名高い問題児である。ローワはファランヤに公的に支援してもらうことを望むが、ヴァインはローワが帝国の女帝にならない限り、帝国との同盟に興味はないと言われる。ファランヤは、庶民の商人が法律を作る市民会議の存在を知り、ミールタースが市民によって統治されていることをファランヤに興味深く話す。デメトリオは、ヴァインではなくファランヤの存在は侮辱であると判断する。ナトラとの同盟を望むふりをしてファランヤに求婚し、妻になったらひどい仕打ちをしようと考えていた。しかし、ファランヤが政略結婚の知識を示したため、彼は驚き、一時的にプロポーズを拒否することができた。怒ったデミトリオは、皇帝になったらナトラを破滅させると誓うが、デミトリオの怒りを聞いたヴァインが突然現れる。

 

今すぐ天才王子の赤字国家再生術のアニメを視聴する

第9話 偶像少女

あらすじ 2022年3月8日放送
ヴァインは結婚に同意するが、ローアとの結婚も主張する。2組の王族の結婚が実現すれば、ナトラは帝国内で大きな力を持つことになると考えたデメトリオは、この件を後で検討することに同意する。体調不良を訴えるヴァインは、レヴェティア人がミールタルスの帝国への加盟を阻止しようとするのではないかと心配する。ローワは首脳会談が失敗することを心配している。ヴァインの意図を汲んだマンフレートは、ヴァインの暗殺を命じる。ファランヤは市民会議に出席する機会が増え、商人たちから討論に参加するよう誘われ、驚く。デメトリオとの次の会合で、ヴァインはお茶にマンフレッドの刺客が入れた毒があることに気づく。ヴァインが彼のもてなしを侮辱しようとしていると考えたデメトリオは、ヴァインが止める前に自らお茶を飲み、倒れてしまう。Demetrioは一命を取り留めたが、ManfredとBardlocheはMealtarsを非難し、軍隊で町を包囲する。しかし、マンフレッドとバルドローシュからミールターズを救うためと思われるレベティアの軍隊も到着する。この事態にヴァインは体調を崩し、倒れてしまう。パニックに陥った議会にファランヤが演説をする。ヴァインは目を覚まし、ニニムと心を通わせる。市民は街よりも大切だと考えたFalanyaは、3万人の市民を避難させ、呆然とする軍隊を横目に、同じように呆然とするCaldmeliaに亡命を願い出る。3万人の難民に対応できないレベティアは、ヴァインにある提案を持ちかける。

 

今すぐ天才王子の赤字国家再生術のアニメを視聴する

 

第10話 そうだ、バブルに乗ろう

あらすじ 2022年3月15日放送
ヴァインは、ミールタールの市民が自分たちのために戦うために、レベティア軍から兵器を買い取ることを提案する。感銘を受けたカルドメリアは、ヴァインの慌てぶりを見て断りそうになるが、王であるグリュイエールは受け入れる。マンフレッドとバルドローシュは、デメトリオが自ら毒殺を計画して失敗したと主張するヴァインに会う。これが真っ赤な嘘だと知りつつも、戦争を回避するため、バルドローシュとマンフレッドは同意せざるを得ない。ローワは、ファランヤがミールタースを好きで、彼女の最初の政治的経験が失敗に終わることを望んでいなかったので、ヴァインが関与しただけで驚いています。ニニムは、ヴァインがナトラを売る計画を放棄したことに感銘を受ける。グリュイエールはヴァインをソルジェスト王国の儀式に招待する。ヴァインはマーデンを訪れ、ゼノが政略結婚を申し込んでくるのではと疑う。ゼノはマルデンに有利な条件であるにもかかわらず、結婚の話には一切触れない。ゼノは、なぜヴァインが平民の幸福を願うのかと問う。そこでヴァインは、歴史上すべての王家は平民から始まり、その平民が頭角を現して家系を築いたと指摘し、平民は将来貴族になる可能性を秘めており、現在では警戒するのが賢明であることを説く。ゼノを煽って結婚の話をさせようとするが、ヴァインのような王の妃としてはふさわしくないと判断した彼女は、彼を「自分のタイプではない」と主張し、彼女のプロポーズを阻止するための子供じみた計画が失敗したと落ち込んでいる。

 

今すぐ天才王子の赤字国家再生術のアニメを視聴する

 

天才王子の赤字国家再生術のアニメの評判は?感想と見どころをレビュー

ドミ5さん 総合評価 7
天才王子の赤鬼国歌斉唱術を収録。
1. ワイフ素材
2. 素直に歓迎するトラップ
3. 普通のブロコンシスコンの関係。”タツヤを見てるよ”
4. 各エピソードから実際のプロットがわかる、良いファンタジーストーリー。
5. 5.環境からキャラクターまで、アートデザインが良い。わかるよね?
6. 戦闘時の音は7/10で、良いという意味だが、何か物足りない感じがする。BGM(OSTではなく、実際のBGM)が少し味気ない。
7. キャラクターが良い、楽しい。特にある部分。(自分が何を言っているのか、優先順位が分かっている)

総合:幻獣使節団が好きならオススメのアニメ

CKIIIのアニメ版をちょっとだけ見ているような..あ、しまった! うっかりジャパニーズビームの瓶を全部落としてしまった!

ヤミスケさん 総合評価 7
このアニメを見る前に、他の多くの第1話を試し、そして完了しなかったので、私の気分はかなり落ち込み、このアニメが主にコメディと記載されているのを見て、私のコメディアニメのヒットと失敗を考えると、必ずしも気分が高揚しませんでした。というのも、もう1つのコメディファンタジーアニメ(「妄想美少女純育お姉さん」)は、開始後10分も経たないうちに打ち切られたからです。

そして、このエピソードが動き出すのに少し時間がかかり、最初はこの天才王子と呼ばれる人物にそれほど興味が持てず、起こる出来事のほとんどが他のアニメを彷彿とさせるものでしたが、エピソードが終わる頃には少なくとも興味を持ち、このシリーズを少なくとももう1話は見てみようと思うほど気になっているのは認めざるを得ません。

天才王子」の主な内容は、父親が病気になったため、この国の王子であるヴァインが、資源が乏しく、周囲を敵に囲まれた小さな王国を支配することを望んでいない、というものです。王国の将来計画を立てるのではなく、王国を売り払うために価値を上げる程度に改良することを念頭に置き、自分の老後を計画しているのだ。

そのため、彼は自分の責任を放棄したがり、機会があるごとに(補佐官のニニムと二人きりになるときは多かれ少なかれ)文句を言うので、最初から比較的憎めないキャラクターになっています。

どちらかというと、自分が率いる人々の生活を改善する方法に目を向ける良心的な人物の代わりに、ヴァインは自分の目標を達成するために、手軽で表面的な変化を求めているだけという、逆リアリスト・ヒーローのようなものです。そして、Realist Heroのように、Weinは明らかに天才であるというレッテルを貼られ、公平に見て、彼は少なくとも合理的で現実的な考えの持ち主ですが、彼は確実にすべての可能な変数を考慮しないので、彼の計画は必然的に(なぜか期待以上に成功することによって)失敗するのです。

この「天才王子の赤鬼国盗り合戦」の第1話を見ながら強く思い出した他のアニメは、奇妙なことにロードマークスマンとヴァナ・ディスです。二人が戦いに赴き、地図上のマーカーを見ながら戦術を説明される場面では、『天才王子』の方がずっと陽気なアプローチをしているのに、何か妙に彷彿とさせるものがあったんです。ヴァインが戦術的に敵将を丘に引き込み、側近が丘に乗り込んで実質的に虐殺する場面では、その印象はさらに強まった。

今後の『天才王者』には、特に大きな期待はしていない。コメディタッチの作品になるのか、それとも一般的なファンタジー作品になり、他の多くのアニメと区別がつかないような作品になるのか、どちらかだと思います。

そしてまた、私はこの作品を十分に評価していないのかもしれません。もしかしたら、「天才王子の赤鬼国盗り合戦」は、キャラクターや世界観に肉付けをして、しっかりとした1シーズンを見せてくれるかもしれません。

いずれにせよ、この第1話はとても見やすかったし、今のところかなりまともな作品に思える。

 

ワイヤーさん 総合評価 7
ストーリーは、ダラダラしたい王子のヴァイン・サレマ・アーバレストが、そのために小国で文字通り収入源のない、肥沃な土地もほとんどない、一年中ほとんど冬の国を売らなければならない、というもの。しかし、彼の才能と不運(国にとっては幸運)がそれを許さない。なぜなら、彼は国ナトラの王位継承者として非常に有能で、天才と賞賛されている(実際その通りなのだが)。しかし、彼が国を豊かにする方法を見つけ、例えば他国との戦争に勝った後にそれを売ることができると考えるたびに、何か悲惨なことが起こり(彼にとっては)それをすることができなくなるのである。しかし、失敗するたびに、彼はその功績で国民から認められ、国民は彼をとても大切に思っている(もちろん、彼が国を裏切りたいと思っていることは知らないのだが)。

メインヒロインのラレイ・ニニムは、フラム民族の特徴である白い髪と赤い瞳を持っている。主人公(王子)の幼なじみであり、補佐役でもある。王子が国を売ろうとしている秘密工作のことを知っているが、その話が出るたびにはぐらかし、彼の本性を知る唯一の人物でもある。怠け者の王子の世話係で、王子が皇太子として必要な職務を果たせるように世話をする。王子は彼女を “HEART “と呼んで大切に思っており、彼女を侮辱するものはすべて殺すと決めている。常にヴァインをからかい、彼の自尊心を傷つけるが、ヴァインの職務を助けるためにできることは何でもする、世話焼きな一面もある。

ファランヤ・エルク・アブラスティは、ヴァイン・サレマ・アーバレストの妹である。茶色のロングヘアーに黄色い瞳を持ち、明るく元気な性格。兄をとても慕っており、もっと一緒にいてほしいと願っている。ニニムも大好きで、結婚してほしいと願っている。

ロウェルミナ アースワールド アースワールド帝国の第二皇女。主人公の士官学校時代の学友。金髪で青い目をしている。皇女に似た知的で狡猾な性格で、家父長制社会を嫌い、国の支配者になることを望んでおり、そのために主人公の力を借りたいと思っています。主人公の二人とは良い関係を保っている。

全体的にストーリーはシンプルで、王子が無から王国を再建する方法を中心に展開し、良いコメディーシーンを持っているだけでなく、面白いです。また、良い声優を起用し、シーンの状況に応じて声をコントロールすることで、シリアスなキャラクターも、面白いキャラクターも、好感の持てるキャラクターに仕上げていますし、オープニング曲も良いですね。

横浜アニメーション・ラボのアニメーションのほとんどは、最高でも平均的なものであるため、この物語は良い仕事をしました。

しかし、このアニメは、「崖っぷち」なのです。

 

インガさん 総合評価 5
ストーリー: 基本的には、「国を売りたい」「国を借金から救いたい」と思っている、ある適当な王子の話です。だから彼は自分の国を借金から解放するためにできることをした。しかし、実際には、一般的で誤解を招くようなストーリーである。第1話あたりから、隣国の侵略に巻き込まれます。そこで、Weinは自分の国を守るためにできることをする。しかし、この点が問題で、私はこの作品から離れることにしました。また、隣国は特に数で圧倒的に有利です。しかし、彼らは正面攻撃を選択するのでしょうか?本当に第二次世界大戦の将校でさえ考え直すでしょう。これが最初のポイントです。さて、2点目は、ヴァインが突然、王女(アニメでは王女は4世と言っていたので、3人の兄がいることになります)に訪問され、帝国を守り皇后になるために力を貸してほしいと頼まれることです。貧しい国を助けろというのは、その国をもっと貧しくさせたいのか?その後、ヴァインは皇帝になったのですが、やはりこれはおかしいということで、一揆のリーダーを待ち伏せするようなことをします。しかし、一揆のリーダーを待ち伏せするようなものを作るとは。HRE時代の貴族でさえ、魏の行動から何か怪しいと思うのに、これは敵の次のレベルの馬鹿さ加減です。

美術 : いいと思います。でも、アニメの3人の女性のニンニムの顔を使いまわしたのは、本当に嫌です。

サウンド:ノーコメント

キャラクター:幼稚なヴァインとチャド・ニニム

総合評価 : 天才王子とは思えないほど敵がダサい。このアニメは、最初は過小評価されていたが、だんだん過大評価されるようになった。このアニメを見るのは、ワイフが欲しい人以外にはお勧めしません。ハーレムものでも、政治的なものでも、リアリズムの方が好きです。

 

ロビン0さん 総合評価 5
戦争を軍事的観点から見れば絶対におかしい!?(アニメでも戦争はありますが、第1話で始まっているのでネタバレにはなりません)。
敵はありとあらゆるミスをする。トラップ?基本戦術?存在しない。MCがあまりにも知的に見えるが、それは彼が知性的だからではなく(明らかに彼は馬鹿ではない)、敵があまりにも愚かだからである。罠を考えず、数的優位に立てば何があっても絶対に勝てると思っている。敵は木でできた燃えやすい要塞を持っていて、そこが目的地でないから撤退する場所がない?論理的に考えないで、周りを囲んでバリアーを作って、絶対に退却も補給もできないようにする?いや仲間だ、それは絶対に馬鹿げた考えだ。ただ、相手の要塞に押し入って、数的優位に立つことで皆殺しにしようとするのです。

まったくもってバカバカしい

このアニメにはファンサービスがあり、それはいいのですが、ストーリーとは全く関係ないので、意味がありません。
このアニメはファンサービスがありますが、ストーリーに全く関係ないので意味がありません。
このアニメがもっと現実的で良いものになれば、良い番組になると思いますが、今のところ3話なので、私は好きではありません。
読んでくれてありがとうございます。

 

イナさん 総合評価 7
高橋李依がニンニムのVAを務めていること、それだけでこのシリーズを追う理由は十分です。また、今期放送中の「オリエント」シリーズでは、ヴァインのVAが小次郎のVAを担当しているので、そちらも要チェックです。

このシリーズが「リアリスト・ヒーロー」の良いバージョンであり、他の作家に、良い物語を導くのに輸送されるヒーローは必要ないことを教えるものであってほしいと願っています。イセカイの主人公で十分なのです。

3話以降、このシリーズは最初の2話と同じようにはいかないと思います。というのも、帝国から来た王女ローウェルが登場するため、この時点からストーリーが濃くなる一方です。厚くなるということは、より深刻で退屈で、コメディが少なくなる可能性があります。このシリーズの最大の強みは、コメディとVainの部下の誤解にあると思います。例えば、ヴァインが最初の戦争を指揮しようとしたとき、金鉱を守ろうとしたとき。そして、それが将来、謎解きのために変化したら、緩んでしまうかもしれない。

ヴァインのような、頭が良くて面白くて地に足がついている司会者はなかなかいません。神のみぞ知るセカイ」の桂馬や「dr Stone」の千空、「No Game No Life」のソラみたいな感じです。キリトのような強すぎるチャーは見たくないですね。このままでは、ニンニムも誤解されてしまうので、コメディタッチの展開にしてほしいです。

良いシリーズになることを期待しています。コメディが楽しいので、もっと見たいです。ヴァインがなぜあのような行動をとるのか。今後、ヴァインがどのように戦術を駆使して、より多くの勝利を手にするのか。どうしたら国のリーダーから引退できるのか。

 

ジミーさん 総合評価 4
一国のリーダーとして、リアリスト・ヒーローに匹敵する。

残念なことに、この作品はリアリスト・ヒーローに似ているが、理論がないと言わざるを得ない。

天才とは何かという愚かな人間の考え。

ゲーム理論で相手を出し抜くとか、パワープレーをするとか、そういうのは全部浅いんです。過去の経験、過去の失敗、研究、戦略的理論、人間の行動に対する理解などなど。それがあったとしても、まるで理解できないバカのためのものであるかのように、簡潔に語られるだけである。

バカな人が考える天才とは、研究や勉強をしなくても、ただ頭がいいだけで、実行すればどこかからやってくるはずのことを「なんとなくわかっている」人です。

この番組で戦略や政治のセオリーを実行することが重要なのは、リアリズムヒーローのように、主人公に自分と同等の敵対勢力や、「デスノート」のように同じ優位性を持つ極端な脅威や、「シュタインズ・ゲート」のように大きな勢力が積極的に対抗することがないため、ストーリー実行のための理論やディテールがより重要になるからです。

誰よりも知的な優位性を持っている人の例としては、『ワンアウト』や『ノーゲーム・ノーライフ』のように、戦略的な理論があるわけではなく、その人の得意分野という文脈の中で、経験を通じて説明されるものが一番だと思うんです。ノーゲーム・ノーライフ』では、主人公が以前プレイしたゲームで、この課題をどう見たかを説明しているんです。

でも、いいキャラクターですよね。

けーだぶさん 総合評価 5
まだ6話までしか見ていないので、感想は変わるかもしれませんが、現状はこんな感じで、たぶんこんな感じの番組だと思います。

ストーリー
中世の王国と王族が戦っていて、特別なことはないですが、悪くはないです。

キャラクター。
王子は仕事の進め方を知っているし、ニニムは基本的に王子をサポートする頼もしい存在で、かわいい。

楽しさ。
この番組がターゲットとしているのはコメディです。コメディは他の作品と同じで、特別なものではありませんし、笑い死にするようなタイプのコメディでもありませんが、良い作品です。私はあまり笑うタイプではないので、コメディの話題となると最悪な相手です。戦いの戦略や駆け引きもなかなかいいし、スマートだし、見ていて楽しい。

この番組で一番楽しかったのは、ヴァインとニニムがただおしゃべりしているときで、見ていてなんだかほっこりします。

結論
この番組は基本的にニニムと彼女のVAの高橋李依(私のお気に入りVA)が担っています。私がこの番組を始めた理由は、VAのためでした。でも、全体的には悪くないと思います。その何か私は振り返ってrewatchまたはさえ覚えていないでしょう。ただ、暇つぶしにはちょうどいい。一度だけ伊勢海老ではないファンタジーアニメを見ることができ、とても満足しています。

 

ぐりさん 総合評価 6
意外といい感じで気持ちよく見れます。

これはイセカイではなく(意外と)、中世のフェイクヨーロッパを舞台にした本格的なファンタジーです。作画はいい感じです。最近のアニメにややありがちなビジュアルではあるが、作画に個性があり、線は柔らかく、キャラクターは可愛く、背景は細かく描かれている。このアニメでは、醜いCGは見当たりません。

特に印象的だったのは、男女の主人公によるコンビです。女性主人公の声優がとても上手で、二人の掛け合いや前後の会話など、とても面白いです。この作品はお笑いを中心にしたものが多いのですが、このコンビの場合、くだらないことでもお笑いが成立してしまうのです。

その結果、何千回も見たことのあるような型にはまっていない、キャラクターを見ているような、楽しい体験ができる。

6/10ストーリー、6/10アート、7/10サウンド、6/10キャラクター、6/10楽しさ、6/10総合的に。

今のところ面白いので、時間があれば見てみることをお勧めします。

 

れん1600さん 総合評価 8
天才王子は素晴らしいアニメで、とても賢く見やすいのですが、キャラクター部門に欠けるところがあります。

このアニメは、OPの王子が、病気のために父親から王国を相続することになった話です。彼は怠けるのが好きなので、この王国を継承するのは非常に面倒なのですが、彼はOPなので問題なく、父親よりもずっとうまく、簡単に物事を処理することができます。

つまり、「天才王子」は、国際的な大問題を、海の魚のように軽々と泳いでいくOPの主人公を追う、そんなアニメなのです。このようなMC一人勝ちの政治アニメには、今期では、デスノート、コードギアス、ノーゲーム・ノーライフ、幻影修行者などが挙げられますね。

私はその手のアニメが好きなので、私の評価は偏っているかもしれませんが、良いアニメを作るのは難しいと思っているので。多くのアニメが、賢いOP MCを登場させ、簡単に土地を征服し、女の子をゲットし、金持ちになる、というテンプレートに挑戦しています。問題は、視聴者の興味を引くためには、少し現実的なアプローチが必要だということです。誰もヒーローが簡単に欲しいものを手に入れるのを見たいとは思いません。だから、シナリオは重要で、その点では、天才王子はよくやったと思う。主人公が解決しようとしている問題は、退屈することなく現実的であり、その解決は簡単すぎるとも言えるのですが。

簡単そうに見えても視聴者の興味を引くには、序盤にMCと同レベルのOPの敵役が必要なんです。

私にとっては、この作品や幻影遊戯のような「良い」番組と、コードギアスやデスノートのような「素晴らしい」番組の違いなのです。

良い番組」はリスクよりも安全を選び、MCを競争相手もいないハードルの高い存在にしてしまう。一方、「素晴らしい番組」は、MCと同じくらい予測不可能で賢い男がいて、彼とは正反対であることを示すことによって、複雑なシナリオを書くリスクを負っている。その分、シナリオは複雑になり、ループホールが発生しやすくなりますが、その分、面白くなります。

それが『天才王子』や他の多くの同系統のアニメの失敗の1つだと思います。

もうひとつは、キャラクターの複雑さです。この作品では、特に感情を感じることはなく、あまりにもスムーズです。登場人物は一本道で、特異性がないのです。みんな多かれ少なかれ、ヴァインのペースに乗っかっているんです。

だから、楽しめるけど、印象に残らないという状況が生まれてしまう。ヴァインが主人公で、彼の視点でアニメを見ることができるので、冷静に楽しむことができます。しかし、それではキャラクターを書くことはできません。ヴァイン以外のキャラクターにも、それぞれの目的、目標、生き方がなければ、それは本当のキャラクターではなく、ヴァインの付属品になってしまいます。

このレビューを読んでいるあなたに一つ質問、アニメのページに戻らなくても、ヴァイン以外のキャラクターの名前を何人知っていますか?

これは、そのアニメにキャラクターの複雑性が欠けているかどうかを判断する簡単な方法です。

でもまあ、それはさておき、私はこのアニメが好きです。テンポもいいし、ワンパターンだけど司会もいいし(ニニムが侮辱されたとき以外はずっとお気楽)、アニメーションはイマイチだけど、軍事政治アニメだから楽しめるしね。

このアニメは、私の偏見で、普通なら7点なのですが、私のストライクゾーンにぴったりなので、8点です。

 

キングすまさん 総合評価 10
アニメを見るとき、スマートでないものもあるが、このアニメはスマートで、楽しく見ることができると断言できる。

ストーリー 自分の王国で他の王国に勝つための戦略や、いかに相手を出し抜くか、勝負を挑む。10点満点です。

美術:まともなアニメで、悪いところは見当たらない。10点です。

サウンド。それはまともな音だと私は何も間違って表示されません。それは10点のスコアを取得します。

キャラクター 面白いし、何事も考えるところが好きです。

楽しさ。アニメが頭を良くしようとするのが好きだし、そういうのが好き。

総合:10点満点で、完璧とは言いませんが、私にとってはとても良い作品なので、ぜひ見てください。

うめさん 総合評価 7
アニメやキャラの書き方を工夫すればもっと良くなるかも。しっかり7点です。このシリーズを始めるとき、私は、MCが全く偶然に馬鹿げた不条理なスタントを行い、それがたまたま彼が本来売り払いたかった王国を救うという、軽快なコメディになると思っていたのですが、実際はそうではありませんでした。その代わりに、説得力のある複雑なプロットと、そこそこのキャラクター、そこそこのアクションを備えた、まあまあの政治的な(緩やかな)物語を手に入れることができた。

ストーリーと文章は、このシリーズのヒーローであり、救世主である。登場人物の掛け合いも楽しいし、随所にひねりが効いている。時折、少し引きずることもあるが、うまく持ち直している。
キャラクター自体に深みはない。MCは明らかに最も狡猾で複雑なスターだが、パワーファンタジーのスーパーキャラクターであることも否定できず、多くの人が気にしないことも知っている。他のキャラクターは少し一面的で、このメディア特有の、ある種のキャラクターを戯画化したようなキャラクターです。
最初のコメディタッチの作品に比べ、ストーリーが重くなったのには驚きました。もっと王国を売り飛ばすようなギャグを盛り込んでほしかった。

アニメーションは最悪です。最悪とまではいかないが、少なくとも私には気になる。いいショットもちらほらありますが、全体的にかなりダサいです。良い戦闘シーンがいくつかあります。

音はまあまあです。このクラスのショーとしては、非常に平凡なサウンドトラックとサウンドデザインです。

 

ぶんたさん 総合評価 6
現在7話目ですが、とても見やすかったと言えます。この作品は、プロットのひねりや戦略に関しては、最高ではないかもしれません。なぜなら、そのほとんどが非常にシンプルで明白であり、それゆえに予測可能だからです。

主人公は必ずしも賢くはないのですが、敵はかなり愚かです。しかし、このシリーズで「賢い」キャラクターを紹介しようとしていることは評価できます(実際、私はそういうキャラクターが好きなのですが)。MCが「強すぎる」感じなのは認めますし、物語の中で起こっている出来事は、文字通り彼が成功し、彼が行うあらゆることを紹介しているだけなのです。

また、彼のワイフは迷惑ではありません。彼女は実際に彼をサポートしていますし、プロットは必ずしも2人を「カップル」にするようなことはしていません。ただ、彼女がもっと戦略立案に貢献してくれればと思いますが、プロットはMCにもっと焦点を当てたいだけなのでしょう。

しかし、私はこの番組が悪いとは言いません。それでもかなり楽しめる番組でした。この番組は、もしあなたが暇で見るべきアニメが見つからなかったら、ぜひ見てほしいです。暇つぶしに見るにはちょうどいい番組だと思います。

 

カンさん 総合評価 8
ライトノベルを初めて読んだとき、このシリーズが大好きになり、ヴァインが常に他の誰よりも優れた戦略を持っていることが分かりました。また、ニニムとヴァインの関係もとてもかわいいです。2人のキャラクターが織り成すダイナミックな関係がとても好きです。ロミオとジュリエットを思い出します。お互いを深く思いやる(愛する)2人。しかし、身分の差や外からの目線の違いから、自分の気持ちを本当に表現することができない。ニニムは世界の半分が奴隷にされている民族の出身で、ヴァインはナトラの摂政の王子。

最初の数話が放送されたとき、私は各話をとても楽しみました。しかし、最初のオープニングはひどかった。誰かのAMVがシリーズの公式オープニングになるとは思ってもみなかった。一方、アニメチームが追いついた後、彼らが作った新しい/現在のオープニングは壮観としか言いようがない。この曲を聴くまで、やなぎなぎ×sixth lieのコラボがこんなにも欲しいとは思いませんでした。とても良い構成になっています。