ヴァニタスの手記(2期)のアニメ動画を全話無料フル視聴する方法!見逃し配信サービスまとめ

引用元:Amazon

\ヴァニタスの手記(2期)を無料視聴するならココ!/

配信サービス 配信状況 無料期間とポイント 月額料金
primevideoAmazonプライムビデオ

見放題
独占配信

 

30日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
500円

※月額料金は全て税込。2022年2月時点。

 

 

放送 2022年1月14日~
地上波ch TOKYO MXなど
放送日 毎週金曜日24時00分~
話数 放送中
制作会社 ボンズ
監督 板村智幸
登場人物:声優 ヴァニタス:花江夏樹/ノエ:石川界人/ジャンヌ:水瀬いのり/ローラン:河西健吾/オリヴィエ:前野智昭/アストルフォ:村瀬 歩/クロエ:釘宮理恵/ジャン=ジャック:濱野大輝/ルカ:下地紫野/ドミニク:茅野愛衣/ルスヴン:森川智之/ベロニカ:日笠陽子/先生:石田 彰/ダンテ:木内太郎/ヨハン:遊佐浩二/リーチェ:久間梨穂/ネーニア:名塚佳織/ムル:小牧未侑
主題歌 オープニングテーマop「Your Name」 Little Glee Monster

エンディングテーマed「salvation」モノンクル

公式サイト TVアニメ『ヴァニタスの手記』|公式サイト
シリーズ/関連作品 原作:望月 淳「月刊ガンガンJOKER」(スクウェア・エニックス)

ヴァニタスの手記(2期)のあらすじ

吸血鬼のノエ・アーキヴィストは、パリに向かう飛行船の中で、吸血鬼の医者だと名乗る人間ヴァニタスと出会う。

ヴァニタスは、吸血鬼が自分の意思に反して捕食行動をとってしまう「マルノーメン」を治すことができる。

ヴァニタスを治療するための書物「ヴァニタスの書」は、伝統的なヴァンパイア社会を形成する「赤い月のヴァンパイア」たちから嫌われている「青い月のヴァンパイア」である初代ヴァニタスに通じている。

ノエとヴァニタスは力を合わせてヴァンパイアを癒すが、そこには病んだヴァンパイアを堕落させる未知の力 “シャルラタン “の脅威が潜んでいた。

 

TVアニメ[ヴァニタスの手記(2期)]PV第1弾

ヴァニタスの手記(2期)の動画を無料視聴できる配信サイト比較一覧

\ヴァニタスの手記(2期)を配信中のおすすめサービス!/

配信サービス 配信状況 無料期間とポイント 月額料金
primevideoAmazonプライムビデオ
 見放題
先行独占配信
30日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
500円
unextU-NEXT
レンタル
31日間無料
600ポイント今すぐ視聴
2,189円
fodFODプレミアム レンタル
14日間無料
900ポイント今すぐ視聴
976円
musicjpmusic.jp

レンタル

30日間無料
1,600ポイント今すぐ視聴
1,958円
tsutayaTSUTAYA DISCAS
 レンタル
30日間無料
ポイントなし今すぐ視聴
2,052円
danimedアニメストア
未配信
31日間無料
ポイントなし未配信
440円
dtvdTV

未配信

31日間無料
ポイントなし未配信
550円
netflixNetflix

未配信

無料期間なし
ポイントなし未配信
990円
huluHulu

未配信

14日間無料
ポイントなし未配信
1,026円
abemaABEMA
未配信
14日間無料
ポイントなし未配信
960円
telasaTELASA

未配信

15日間無料
ポイントなし未配信
618円
crankinクランクイン!ビデオ

未配信

無料期間なし
3000ポイント未配信
990円
paraviParavi 未配信
14日間無料
ポイントなし未配信
1,017円

※月額料金は全て税込。また付与されるポイントは無料期間中のものになります。

 

Amazonプライムビデオお試し期間を利用すればヴァニタスの手記(2期)の動画を全話無料視聴できます。

特にヴァニタスの手記(2期)も含めAmazonプライムビデオは独占配信の動画が多く、おすすめの配信サービスです。

Amazonプライムビデオの特長一覧表
Amazonプライムビデオの特長一覧表

primevideoAmazonプライムビデオ 月額料金:500円(無料期間終了後に課金開始)
無料期間:30日間
解約料金:0円
Amazonプライム会員特典あり
アニメ作品数:5,000作品以上
【Amazonプライムビデオの特⻑】

 

    • 独占配信アニメなど5000本以上のアニメが用意されています。
    • プライム会員の特典が10種類以上使えるようになります。
    • Amazonで良く買い物をする方はほとんどの商品の送料が無料になるのでお得!
    • kindleを使えば原作の漫画なども一緒に楽しめます。

動画配信サービスの「Amazonプライムビデオ」についての詳細な情報はコチラから

 

ヴァニタスの手記(2期)のアニメ動画をYouTubeなどの動画共有サイトで視聴する方法は?

YouTubeなどを含む海外の動画共有サイトでは非公式にアニメのヴァニタスの手記(2期)が配信されていて無料で視聴できる動画もありますが、画質が悪かったり、余計な広告が出てくる場合もあります。

注意:海外の動画共有サイトからアニメをダウンロードしたり視聴する方法は違法で危険!

海外の動画共有サイトを利用してアニメを視聴する方法はウィルスに感染するなどのリスクは当然つきまといます。

さらに2020年から法律が厳しくなったので海外の動画共有サイトを利用してアニメを視聴していると違法になり処罰される可能性が高くなります。

なので動画配信サービスの無料のお試し期間やポイントを利用して安全に安心して、全話無料でフル視聴しましょう!

特にヴァニタスの手記(2期)はAmazonプライムビデオであれば通常、月額500円ですが登録して最初の1ヶ月間は完全無料で全話フル視聴ができるのでおすすめです!

 

\登録はこちらから!/

Amazonプライムビデオで「ヴァニタスの手記(2期)」の動画を無料視聴する

 

ヴァニタスの手記(2期)の登場人物の紹介

ヴァニタス
声優:花江夏樹
ヴァニタスは、人間でありながら「蒼月のヴァンパイア」に噛まれ、ヴァンパイアの能力を持つ「蒼月一族」の一員となった青年である。ヴァニタスの書」と呼ばれる魔導書を持ち、その名も「蒼月のヴァンパイア」から譲り受けた。魔道書は、名前を汚され、血の渇きを抑えられない「呪い持ち」となったヴァンパイアを元に戻すことができると信じている。ノエをその探索に参加させる。幼い頃、両親をヴァンパイアに殺され、シャスール家に引き取られる。しかし、モロー博士の能力強化実験の犠牲となり、ナンバー “69 “と呼ばれるようになる。

ノエ
声優:石川界人
吸血鬼で、シェイプレス・ワンの子供。血を飲むと人の記憶を読み取る力を持つ「血を剥き出しにする牙」アーキビスト・クランの一員である。”先生 “と呼ぶ男に育てられた。ノエをパリに送り込み、『ヴァニタスの書』の力を見極めさせた張本人。ヴァニタスのことを嫌っていたが、呪われたヴァンパイアを救うため、ノエはヴァニタスと共に行動する。ムールという白猫を飼っている。

ジャンヌ
声優:水瀬いのり
元処刑人であり、リュカのシュヴァリエを務める。ジャンヌは “カルペ・ディエム “と呼ばれる真紅のガントレットを操る。両親はルスベン卿の弟子で、かつてジェヴォーダン城に行った際、父アプシエ侯爵が隠していた吸血鬼で、ジャンヌを妹のように可愛がっていた幼い容姿のクロエと知り合う。彼女は後にブールーとして、ジェヴォーダンの獣であるクロエを退治するために派遣される。ジャンヌはヴァニタスに惹かれているが、ヴァニタスから堂々と愛を告白され、照れている。

ローラン
声優:河西健吾
カタコンベで働くシャスール。第六のパラディン、ジャスパーのローランと呼ばれる。パラディンになる前はオリヴィエの副官だった。デュランダル “と呼ばれる強力な槍を操る。

オリヴィエ
声優:前野智昭
ローランの旧友で、シャスール(騎士団)のパラディン。オーテクレール」と呼ばれる凶暴な剣を操る。

アストルフォ
声優:村瀬 歩

最年少のシャスールパラディン。ガーネットのアストルフォの異名を持つ。古くから教会とつながりのある家系だが、幼い頃に仲良くなったヴァンパイアの子に家族を殺され、ヴァンパイアを徹底的に憎むようになる。ルイエット」と呼ばれる強力な槍を操る。

クロエ
声優:釘宮理恵
アプチエ侯爵の娘で、「銀の魔女」の異名を持つ。呪いを背負った吸血鬼であり、ジェヴォーダンの獣である疑いもある。16世紀に吸血鬼であることが判明し、11歳で老化を止めた。彼女の家族は彼女を人間に戻すために、何世紀にもわたって代替エンジンを作ろうとした。オーガスト・ルースベンがジャンヌを連れてきてしばらく滞在したが、ジャンヌを連れ帰ったことで孤独にさいなまれるようになった。

ジャン=ジャック
声優:濱野大輝
クロエの庇護者であり、自分の血液を彼女に供給している。クロエを殺そうとする外敵から守るため、人間性を犠牲にしてジェヴォーダンの獣となった。

ルカ
声優:下地紫野
若い貴族のヴァンパイア。ルシウスはルスベン卿の甥で、将来のオリフラン大公である。呪いを持つ兄を治すために、「ヴァニタスの書」を探している。

ドミニク
声優:茅野愛衣
ド・サド吸血鬼貴族の令嬢。姉とともにアルトゥスの領主であるド・サド侯爵の娘であり、ド・サド家の跡取りである。侍女は花と花びらを噴き出すクライスラー。幼い頃に双子の兄を亡くしており、その死を自分のせいにしている。

ルスヴン
声優:森川智之
吸血鬼の有力な領主で、吸血鬼と人間の戦争を終結させることに貢献した平和主義者。現在は元老院議員としてヴァンパイアの女王に仕えている。

ベロニカ
声優:日笠陽子
ビースティアのドミニクの姉

先生
声優:石田 彰
ルイ、ドミニク、ベロニカ・ド・サドの祖父で、吸血鬼の女王と関係がある。また、ノエを育て、親しみを込めて「モン・シャトン」「マイ・キティ」と呼ぶ。後にノエをパリに送り、「ヴァニタスの書」を学ばせる。

ダンテ
声優:木内太郎
ヴァニタスの情報を売り込むダンピール。仲間のリッチーとヨハンに助けられている。

 

ヴァニタスの手記(2期)のエピソード別あらすじ

第13話 Forêtd’argent―邂逅―

あらすじ 2022年1月14日放送
ダンテとヨハンは、ジェヴォーダンの獣を追ってヴァニタスとノエを連れ、遠くの村スアゲスに向かう。銀の森に足を踏み入れるが、ノエとはぐれてしまう。雪が降り始め、ヴァニタス、ダンテ、ヨハンはドラグーンの部隊に出くわし、自分たちがタイムスリップしてきたことを知る。その時、突如として “野獣 “と対峙することになる。しかし、ジャンヌが現れ、それを阻止する。一方、ノエは自分を吸血鬼と見抜いた若いシャスール、アストルフォ・グラナトゥムと出会う。アストルフォは生き残ったドラグーンを惨殺し、自らに血清を注射して能力を強化する。そんな彼らの前に、ヴァニタスと共に野獣と戦うジャンヌが現れる。ヴァニタスは、アストルフォをわざと侮辱することで妨害し、シャララタンの使者ナエニアと魔物のパレードを出現させる。アストルフォは正気を失い、ヴァニタスは「ヴァニタスの書」を開いて「獣」を復元しようとするが、ナイフで手から叩き落され、すべてが闇に包まれる。その後、ノエは意識を失って横たわり、クロエは人間の姿に戻っていた。そこにジャン=ジャックが現れ、魔道書を手に取り、一緒にジェヴォーダン城に帰ろうと誘う。

第14話 Château de sorciére―魔女と青年―

あらすじ 2022年1月21日放送
ジャンヌは雪の中でアストルフォの毒入りナイフで傷を負ったヴァニタスを見つける。彼女は彼を廃墟に連れて行き、健康を回復させようとするが、彼女が野獣を倒すためにいる一方で、自分は野獣を救おうとしていることに気づいてしまう。翌朝、ヴァニタスは回復したが、ジャンヌは彼を暖めるために一晩中彼の裸体の隣に横たわっていたことに気づき、狼狽し、恥ずかしがる。ヨハンとダンテは二人の居場所を突き止め、ジャン=ジャックとクロエがノエと魔導書を持ち去ったことを明かす。しかし、ヴァニタスは彼らの動機に疑念を抱き、自分や吸血鬼、教会がなぜ「野獣」を追っているのかを知りたいと要求し、ダンテはそれを伝えることに同意する。一方マルコは、まだ野獣を殺す気でいるアルフォンソが洞窟に避難しているのを発見する。ジェヴォーダン城では、クロエが意識不明のノエから血を吸うが、嫉妬深いジャン・ジャックが介入し、それを止める。その後、ノエが夕食にやってくると、クロエはシャラタンの使者ナエニアと一緒にいるところを目撃する。

第15話 Oiseau et ciel― ダプシェの吸血鬼―

あらすじ 2022年1月28日放送
クロエはノエに、ナエニアが願いを叶えてくれた時、自ら進んで呪い持ちになったことを告げる。ノエはルイを殺された復讐にナエニアを襲うが、クロエが介錯し、気絶させる。一方、ダンテはヴェリタスに、ダプキエ一家がビーストに全滅させられたことを話す。彼らは教会の意向に反して世界式の研究を行っており、ジェヴォーダンの獣を生み出した世界式を改変するための「代替エンジン」を作ろうとしていたのだ。彼は、”エンジン “を求める時計仕掛けの魔人マキナ侯爵フランシス・ヴァーニー卿のために働いていることを明かす。城に戻ったクロエは、家族がオルタネート・エンジンを作るために努力したこと、そして研究を続けてきた歴史を振り返る。数年後、人間とヴァンパイアの戦いの後、オーガスト・ルースベンは彼女の研究成果を要求するが、彼女はそれを拒否する。クロエは今こそオルタネート・エンジンを起動させる時だと決意する。

 

第16話 Chasse aux vampires―“ 獣 ”―

あらすじ 2022年2月4日放送
ジャンヌはヴァニタスを引き連れ、野獣を退治するためにジェヴォーダン城へ向かう。一方、城の中ではジャン・ジャックがノエに血を分け与え、吸血鬼に記憶を共有してもらう。そしてノエは、ジャン・ジャックがクロエを守る力を得るために、シャルラタンと契約したことを知る。クロエは自ら望んで呪いの担い手となったヴァンパイアだが、実は彼こそが “獣 “だったのだ。ヴァニタスは、回復したノエと再会し、これまでに得た情報を共有する。二人は、吸血鬼や未知のものに対する恐怖を国民に抱かせるために、教会が「獣」を公認したのではないかと考える。やがて二人はアストルフォに出会い、ノエが彼の世話をする一方、ヴァニタスはクロエと魔道書を探し出す。ヴァニタスはクロエを見つけるが、クロエは代替エンジンを起動し、驚くことにナエニアに肉体を持たせ、クロエがナエニアと彼女が象徴する悪を始末することを可能にした。

 

第17話 Vengeance― 悪夢に触れる手 ―

あらすじ 2022年2月11日放送
クロエはジャン・ジャックを野獣にした復讐のため、ナエニアの首を絞め始めるが、ヴァニタスはナエニアが自分の正体、つまり真紅の月の最初の吸血鬼であるファウスティナ女王の悪態を思い出すと忠告する。ナエニアはクロエに抵抗し、ビーストは彼女に襲いかかるが、女王はそれを簡単に投げ捨て、クロエは苦痛で倒れてしまう。その後、城は黒に包まれ引き裂かれ、その破片はクロエの作り出した閉ざされた世界にバラバラに浮かび上がり始める。民衆は狼に襲われるが、パラディンであるローランとシャスール、オリヴィエ、ジョルジュ、マリアが到着し、狼を退治していく。ローランドはヴァニタスとノエを再会させ、野獣を殺す前にクロエと話がしたいと説明する。一方、ジャンヌはルスベンにブーローにされ、自分の目的のために武器にされた時のことがフラッシュバックする。

 

第18話 Avec toi―ふたりぼっち―

あらすじ 2022年2月18日放送
ジャンヌは、吸血鬼クロエとジャン・ジャックへの思いと、彼らを殺すというブールーとしての義務に葛藤するが、ヴァニタスは彼らを救うために協力してほしいと懇願する。意識を取り戻したアストルフォは、妹と仲良くなった吸血鬼の少年が、自分の家族をシャスールのパラディンに殺された復讐に、家族と家庭を皆殺しにしたことを思い出す。ヴァニタスは、彼が青い涙石と呼ばれるアスターマイトの特殊な形態によって供給されている代替エンジンを再起動しようとしながら、魔道書を検索するためにダンテを尋ねます。アストルフォはジャン=ジャックに斬りつけ、ノエに襲いかかる。ヴァニタスも傷ついたジャン・ジャックも、クロエが自分とジェヴォーダン城を破壊するつもりだったことを悟る。ジャン・ジャックはクロエに手を伸ばし、二人で永遠に一緒にいることを宣言し、クロエを人間の姿に戻させる。一方、ヴァニタスは魔導書を回収し、城を包むクロエの自滅の呪文を無効にしようと魔導書を開く。

 

第19話 Canorus―雪の花―

あらすじ 2022年2月25日放送
ヴァニタスは、魔道書は悪霊の住む氷と雪の冥界を放棄しない限り無力であることを知り、クロエに魔道書を拒否するよう懇願する。一方、ノエはアストルフォを倒すが、その際に左手を失ってしまう。ヴァニタスはクロエに人間に戻るよう説得し、「雪の花で音楽を奏でる者」であるカノラスの正体を明かすことに成功する。彼女の魔法は解け、大地は白い花びらで覆われる。クロエを人間に戻したジャン=ジャックは、ヴァニタスに自分もそうしてほしいと頼む。そしてヴァニタスは、自分の名をアプリックスと名乗り、「最後の雪に寄り添う者」と言う。こうして、ジェヴォーダンは野獣の呪いから解放される。ジャンヌはクロエが人間に戻り、幼なじみを殺す必要がなくなったことに大喜びし、感極まってヴァニタスに飛びつき、彼の血を飲み干す。

 

第20話

あらすじ 2022年3月4日放送
ジャンヌに噛まれて以来、衰弱しているようなヴァニタスを連れてパリに戻ったノエは、彼女のことが頭から離れない。その後、ヴァニタスは街でローランとオリヴィエに出会い、自分の状態を説明した後、二人は彼が恋をしていると宣言し、彼の驚きと恐怖を誘う。一方、ジャンヌはリュカにヴァニタスへの想いを打ち明け、リュカは彼女が青い月の吸血鬼に恋をしてしまったことを説明し、驚かせるのだった。

 

 

第21話

あらすじ 2022年3月11日放送予定
 

 

 

ヴァニタスの手記(2期)のアニメの評判は?感想と見どころをレビュー

10まんさん 総合評価 10
アニメ化はこれ、マンガはこれ
この2つの媒体の違いを理解してほしい..

いずれにせよ、いよいよ筋書きが始まる中盤。
ゲバデンの獣」は、基本的にシリーズの方向性を決めるアークであり、いくつかのフォーシャドウイングが行われ、静かに多くのことが明らかにされ、スリリングでありながら予想外の体験ができる作品です。
今までのアニメと漫画の違いは、単純にアニメがイベントの順序を並べ替えたということです。カットされた内容もありますが、ストーリーから逸脱するほどではありません。アニメはそれを視覚的に表現しているし、漫画はそのほとんどを解説しているからね。結局のところ、どちらも「違う」けれど「同じ」なのです。
私はアニメ化された作品はほとんど好きではなく、少数派かもしれませんが、個人的にはアニメ化された作品のアレンジが好きです(カットされたアクションシーンを除けば、アクションシリーズではないので)。

まあ、いずれにせよ
ヴァニタスは、コメディを除いた細部にまでこだわったストーリーになっています。なぜか?小さな積み重ねが、のちのち大きなものにつながっていくからです。シリーズが進むにつれて、展開が「ひねくれ」ていくので(望月らしさ)、軽視できません。
つまり、ストーリーやキャラクターを理解するためには、「集中力」が必要なのです。
この要素が好きな人もいれば嫌いな人もいるだろうが(人それぞれ)、この複雑な物語を否定する人はいないと思う。

通常、シリーズものは最初から目的を明らかにするものですが、「ヴァニタス」の場合、「核となる目的」がなく、「目的」がプロットの進行とともに変化するため、それを隠しているのです。ヴァニタス』は、トラウマや心理描写はもちろんのこと、人は同じではいられない、変わっていくものだということをリアルに描いています。そうですね、登場人物が自分自身と折り合いをつけながら、彼らや彼らの世界全体を取り巻く陰謀を明らかにしていく、というのがこの作品の特徴です。

ヴァニタスは、少年漫画のようなバトルや正義の味方を期待するような作品ではありません。作者は、この作品を少年漫画と見るかどうかは視聴者次第だと言っています。
そうですね、ミステリー、ヴァンパイア・ダークファンタジーといったところでしょうか。
しかし、私は失礼なことを言うつもりはありません。この作品は、「萌え」をテーマにした作品であり、「萌え」だけではありません。

では、ヴァニタスを見るべきでしょうか?
答えはあなた次第です。もし、このシリーズのエキセントリックでひねくれた性質に魅力を感じ、時々混乱することがあっても大丈夫なら、どうぞ。
また、アニメとマンガの両方が素晴らしいです。
でも、アニメは演出、音楽、声優が素晴らしい。
アニメも、先ほど言った「アレンジ」によって、どこでカットされたシーンが追加されているのかが分からないので、マンガを読んでいる人にとっては意外性があると思います。でも、雰囲気は両シリーズとも同じです。
ボンズがアニメオリジナルのエンディングを作らない限りは…いいと思います(パンドラハーツ2.0は勘弁)でもその可能性は低そうなので、今あるものでいい仕事をしてるんだと思います。

点数10点(複雑なストーリーがうまくいっているので、これ以上のものはない)。

編集
マンガを比較することで、一般的な誤解を解くことができると思います。
まず、ヴァニタスの監督やスタッフは、主に脚本家であること。また、原作者はアニメ化される作品を常にチェックし、関わっていることを明記しておきます(彼女はアニメ化される作品のために絵を描いたりもしています)。アニメでは、文体を考えると、必ずしもコマ送りがうまくいくとは限りません。第6話と第7話が、ある意味その証明です。望月淳のストーリーは、テレビ版には合わせにくいんですよね。
つまり、漫画の読者にとっては、漫画とは少し違うけれども、雰囲気や複雑さは同じということが、唯一楽しめない理由かもしれません(特に毎週見ている場合)。
要するに、最後まで見てみないと分からないということです(シーズン1でちょっと懲りた)。

また、作画に関しては、望月さんの作画は、漫画の作画の中でもトップクラスであることをお伝えしたいと思います。ボンズのアニメーションは、それに比べてどうなんでしょうか?背景はアニメの方がいい、キャラクターは圧倒的に漫画の方がいい、表情は同点。
絵の面では、どちらも素晴らしいです。アニメでは壮大に、漫画では信じられないほど美しく見えます。シーズン1の5話は漫画の絵より簡単に良くなっていましたが、9話は漫画の方が良かったので、どちらが良いとは言えません…。エピソード1も良かったですが、エピソード12は漫画と同じような絵柄でした。私がここで何を言おうとしているのかわかりますか?このように、非常に緻密な判断が必要なため、勝敗を決めることはできないのです。そうですね。でも、一貫性という点では、漫画の方が上ですね。
つまり、主観的なもので、私はどちらのスタイルも好きですし、どちらかが優れているとは言えません。

また、脚色が異なるので、脚本家の強みを生かした作品になっています。漫画は、漫画の持つ強みを活かしています。私自身は脚色をあまり好まないのですが、この作品は好きです。多くの人が2つのメディアの違いを理解していないということです。しかし、いずれにせよ、私は不満があることを理解していますが、それについては、完結するまで何も言いません(一点、漫画の読者はすでにストーリーを知っているので、初めて読んだときのような興奮は得られないということも知っておく必要があります)。
しかし、本当にストーリーに浸りたいのであれば、アニメを見た後にマンガを読むことをお勧めします。読めば納得できるはずです。
いろいろなことがクリアになることを願っています。

 

ケルティさん 総合評価 4
ヴァニタスのカルテ..

アニメ化でいつも漫画と比較されることに怒っている人が多いのは理解できないが、それこそ映画化ではすべてがうまくいくのだ。Vncはオリジナルアニメではないので、原作である漫画と比較するのは当然のことです。

というわけで、第2部、いや、第2部とも、私の感想はこうです。

ヴァニタスのカルテ」パート1は、パート2と同様、まともな作品です。良くもなく悪くもなく、まともな、そう、見るに耐える作品です。なぜ、まともなのか?まず、ボンズが作った絵とアニメーションが嫌いなんです。ヴァニタスのカルテは絵柄がとてもいいのですが、ボーンズがひどい脚色をしたため、台無しになりました。詳しく説明します。

キャラクターのルックス。ゴージャス。特にメインキャラクター(ヴァニタスとノエ)、脇役(ジャンヌ、ドミニク、ルカ、ダムス、アメリアなど)は、漫画の中で誰もがそう見えるんだ。でも、ボーンズは……ボーンズは、彼らをとても汚くしたんだ。しかし、BONESは彼らをとても汚しました。クローズアップで見るといいんだけど、遠景で見ると?そうですね……。アートはとても一貫性がありません。

額縁も。ヴァニタスやジャンヌのファンサービスシーンは、重要なシーンや戦闘シーンよりも良いフレーミングやアングルで描かれているんだ。なぜなんだ?戦闘シーンは短いですが、きちんと演じれば、いい戦闘シーンになるはずです。

次に、テンポの良さ。恐ろしいほどのテンポの悪さ。アニメはアニメで楽しむものだからいいんだけど、漫画は漫画で読むものだから、4コマを削ってまでスピード感を出すのは嫌だなあ。シーンカットも多いし、説明不足も多い。

ストーリーを理解しているのか?敵役は誰だかわかっているのか?すべての登場人物を本当に知っていますか?少なくとも彼らの過去や性格を?今、ゲバダン編に入っていますが、大多数の人はまだ彼らの本当の姿や物語を知らないのではないでしょうか。

その気持ち。この漫画はとてもダークでミステリアスです。寒気を感じたり、鳥肌が立ったり。でも、アニメは?気にしないでください。

次に台詞。アニメの台詞は漫画の台詞とはかけ離れていて、目が痛くなるほどだ。ほとんどの場合、台詞は意味をなさない。

音楽とサウンド。私はそれらに問題はありません。アニメのテーマやジャンルを引き立てているし、意味のある歌詞もある。

はぁ…。

失礼な言い方ですが、これがこのアニメの真実です。あなたにとってはいいことなのかもしれないけど、自分が問題ないからといって、事実を否定することはできないよ。私は、自分の好きな漫画はきちんとアニメ化された方がいいと思います。このアニメは、ストーリーを全く正当化していない。

総合評価(4点)。嫌いです。悪いです。マンガを読んでください。

あじ01さん 総合評価 6
マイナーなネタバレを含みます!!

ストーリー(6)
ヴァニタスのカルテのプロット・ストーリーは、雑である。ストーリーがやたらと単純というような雑さではなく、その逆です。ヴァニタスのカルテ」は、すべてが腑に落ちない、複雑な物語である。作者は物語を深く、謎めいた、複雑なものにし続け、すべてが混乱するほどにしているのです。行き先のない物語が続いていくような。

時には、こう問うことができる。

“この物語はいったい何なのか?”

“本当に吸血鬼を治す話なのか?じゃあ、なぜバニタスは誰も治さなかったんだ?”

“ヴァニタスが吸血鬼を治す理由・目的は何なのか? 吸血鬼を憎んでいたのに、なぜ治すの?治したいからか?

「吸血鬼と人間の対立なのか、吸血鬼と吸血鬼の対立なのか?

“なぜこの話は自己対戦に近いのか?”

だって、VNCは人間とヴァンパイアが登場するスライス・オブ・ライフみたいなものだから。登場人物たちが自分のトラウマや暗い過去を乗り越えようとする姿がより描かれているんだ。戦闘シーンやアクションはほとんどなく、30秒から1分くらいしか続かないので、あまり期待しない方がいいと思います。

また

この番組の恋愛は最悪です。私の意見では、すべてが面倒になった主な理由です。全てが行き当たりばったりで強引。ケミストリーが全くない。そもそもロマンスに重点を置いていない」と言われるかもしれませんが、そうなんです…最悪な理由がもっとあります。つまり、そもそもストーリーの進行にプラスにならないのに、なぜロマンスを挿入するのか?ファンサービスのため?まあ、それはわかるけどさ。

注意 ヴァニタスのカルテ」には、ファンサービスや、恋愛・カップルの毒々しさ(エッチなシーン、性的暴行、からかい、喘ぎ声、いちゃつき、裸など)が含まれています。

とにかく、否定的な意見はさておき、vncは結末を知りたいと思わせてくれるから、大丈夫だと思う。結末を知りたくなるようなストーリーは今時珍しい。

アニメーションとアート( 4 )
ヴァニタスのカルテという漫画は、絵の面では傑作だと思います。アニメもそうとは言い切れませんが。アニメ化されたバニタスノカルテは駄作です。そう、マンガを読めば、いかにストーリーや絵、テンポを台無しにしているかがわかる。

細部もかなりカットされています。そんな細かいことはどうでもいい」と言われるかもしれませんが、違います。重要なんです。ディテールは、バニタスノカルテで最も重要な要素であり、何が起こっているのか、キャラクターの目的を完全に理解するために、とても重要です。

キャラクターデザイン・背景美術などは、とても一貫性がありません。良い時もあれば、酷い時もある。特にフライトのフレーミングとカメラアングルを修正すれば、もっと良くなったかもしれない。

音楽・サウンド (7)
ヴァニタスのカルテ」の音楽とサウンドは、ストーリーとマッチしており、良い意味で期待を裏切らない。

キャラクター(8)
キャラクターがとてもいい。一人一人がとてもよく書けている。彼らはユニークな性格と背景の物語を持っていて、彼らを描写するだけですぐに誰なのかがわかります。また、親しみやすく、知ることにワクワクするようなキャラクターたちです。

主人公のヴァニタスとノエは、ヴァンパイアと人間がパートナーとして、目的を達成するために共に敵と戦うという、良いコンビネーションをもっています。ヴァンパイアと人間がパートナーとして、目的達成のために共に敵と戦っていく姿がいい。少なくとも見ていて楽しいです。この作者には、良い主人公がいると言えるでしょう。

脇役も非常に面白く、物語の中で様々な役割を担っており、そこが良い。

キャラクターは、この物語の最も強い部分である。

楽しさ (5)
楽しめたか?そうでもないです。でも、これからも見る/読む?そうですね。結末が気になるから。お勧めの作品ですか?まあ、そうですね。ミステリーやスーパーナチュラルが好きなら、ロマンスという大きな欠点はあるものの、バニタスノカルテはそのジャンルに適していると思う。

総合評価(6)
いいんじゃないでしょうか。しかし、私は漫画の読者であることが、アニメの脚色が悪いにもかかわらず、アニメを見続けるのに大いに役立ったことは認めます。あと、VAがいい仕事してるので、そこもポイント高いです。

 

スターフォックスさん 総合評価 6
望月仁さんの前作「パンドラハーツ」が完璧に近いフィクションだったので、その続きの作品に期待が高まりました。私の期待は満たされたのだろうか?イエスでもありノーでもある。

美的感覚は、同じ作者の作品であることを物語っている。パンドラハーツと同様、ヴァニタスのカルテの映像演出は古典的な美しさである。ベル・エポック時代のパリを舞台に、貴族のファッションに身を包んだ印象的なキャストが登場する。

また、プロットの複雑さからも、同じ作家であることがわかる。モラルのない派閥や小ネタが多すぎて、とても文章ではまとめられないが….一応、書いてみる。

ヴァンパイアを呪いから救い、正気を失わせて暴走させる華麗な主人公ヴァニタス。呪いの正体は、”シャルラタン “と呼ばれる影にかけられたもので、謎のままである。さらに。ヴァニタスは自己中心的で狡猾だが、そもそもなぜヴァンパイアを救うことに執着しているのかを隠している。ヴァニタスがヴァンパイアと対立する種族である人間である場合。彼の動機は、もう一人の男…同じくヴァニタスという名のヴァンパイアで、ヴァニタスの呪いを癒す魔導書の本来の持ち主に戻ることができるのだ。ここまでは、とても複雑だ。
主人公のノエはお人好しの吸血鬼で、吸血鬼を癒すというヴァニタスの目的に早くから加わっている。単なる相棒として機能することもあるが、彼なりの重要な人間関係や筋書きを残している。ノエとは異なり、人間を敵視し、種族間の戦争の再開を望むヴァンパイアも存在する。それと、ヴァンパイアの女王にも何か問題があるようだ。そしてノエの師匠は極めて怪しい人物(この番組でそうでない人なんているのだろうか?) そして、カトリック教会と手を組んでいる人間たちの間で、ヴァンパイアハンターが活動していたり..

そうですね、やはり設定は複雑で、隠蔽された情報と灰色の道徳観に貫かれています。シーズン2では、3つの派閥(ヴァニタスとノエ、ヴァンパイア、教会)が、多くの民間人の死の原因とされる狼のような獣を追うことで、紛争の複雑さをさらに高めている。言うまでもなく、狼生獣の忠誠心や正体も大きな謎としてスタートするのだが・・・ため息が出る。

ヴァニタスのカルテの持ち味は、キャラクターだ。望月はキャラクターの書き方を心得ている。彼らは皆、葛藤し、傷つきやすく、ミステリアスで、外ではあるように振る舞い、心の奥底では別の感情を抱いているのだ。どのキャラクターも一本調子ではなく、何層もの感情を持っています。

ヴァニタスのカルテは、キャラクター・ダイナミクスにも重きを置いています。主人公の男性2人はツンデレな関係で、まるでヤオイの餌のような作品に仕上がっています。しかし、意外なことに、序盤でたくさんの異性との性行為も描かれています。ヴァニタスは女性ヴァンパイアのジャンヌと出会い、2人は互いの手(と口…そして体..)を長い間離すことができないのである。ほとんどが欲望に基づくものでありながら、両者とも傷ついた人間であるため、心理的な深みを欠くことはない。脇役でさえも、なぜそのような行動を取るのかを説明するために、意味のある人間関係が扱われる。ほとんどの人がある程度は共感できる。

では、没入感のある映像と見事な人物描写の「ヴァニタスのカルテ」を阻むものは何だろうか?まあ、いくつか問題はありますね。

まず、何度か触れたストーリーの複雑さ。時には、やりがいよりも、プロットが複雑で、方向性が定まらないこともある。ヴァニタスが、自分が救いたいと願うヴァンパイアと常に戦っていること、ヴァンパイアを何から救っているのか、なぜそんなことをしているのかが明らかにされないこと…それが、読書を混乱させる要因になっている。プロットを前進させる力は影を潜め、定義されないままであり、プロット自体も同様である。パワースケールや魔法のシステムも曖昧なままなので、バトルも表面的なものにしかならない。ちびっこコメディーは、無理矢理、シーンにはめ込んでいる。

このような根本的な欠点はあるものの、「ヴァニタスのカルテ」は共感できる作品である。ただ、パンドラハーツほど完璧な作品とは思えません。

レンチ 総合評価 9
このレビューを始めるにあたって、まず言いたいことがある。なぜ、この番組についてもっと話題にならないのか?というのも、「ヴァニタスのカルテpart2」は、あらゆる点で素晴らしい出来栄えだからです。この番組は、一話一話からあなたの注意を引きつけ、その一瞬一瞬にハラハラドキドキさせるような番組だ。正直言って、このアニメは見た方がいいです。もしまだ第1シーズンを見ていないなら、まずそれを見て、それからこのアニメに戻って始めてください。マジで後悔はさせません。

ストーリーもキャラクターも。9
これです。これだ。これです。

 

ネクストさん 総合評価 8
この番組が本当に好きになりつつある。キャラクターが大好きで、少し混乱しながらも伝承がまとまりつつある。

この番組が大好きになりました。

この番組はまだ新しいので、他のキャラクターはもう少し練り込まれなければなりませんが、皆興味深いバックストーリーを持っていて、良い可能性を持っているように思います。ジーン、ヴァンティアス、ノエの三角関係があるといいんだけど。

このアニメは、他のアニメと違って、とても面白いアニメだと思います。

また、このアニメのコミカルな場面は、アニメで笑うことがない私を笑わせてくれます。